キー ノート windows。 Windowsパソコンのキーボードで覚えると便利な特殊キーを15個紹介します!

ノートPCにて、ctrl+alt+endが使用できない

キー ノート windows

レジストリでinsertキーを無効化するには、下記の手順で行います。 スタートボタンを右クリックし「regedit」と入力します。 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と表示されるので「はい」をクリックします。 「新しい値 1」を名前の変更で「Scancode Map」にします。 「Scancode Map」をダブルクリックし、000000000000000002000000000052E00000000と入力します。 7.PCを再起動してinsertキーが無効化されていることを確認します。 insertキーが効かない時に、原因を調べます。 まず確認しなければいけないのはいつまでinsertキーが効いてていつから効かなくなったかの絞り込みです。 直前まで効いていて、急に効かなくなったのならまずはパソコンを再起動してみましょう。 再起動しても症状が変わらないときは、キーボードの故障が考えられます。 キーボードを交換するか、Windows簡単操作の中にあるスクリーンキーボードを使用しましょう。 insertキーが、いつから効かなくなったかわからないときは、無効化の設定をしている可能性があります。 ツールを利用したりレジストリを直接書き換えて有効に戻します。 それでもうまくいかない場合は、復元ポイントで正常な時点に復元する方法もあります。

次の

Windowsでキーマッピング(キーボード割り当て)を変更する方法

キー ノート windows

【超便利な122個!】Windows 10 ショートカットキー 一覧 【超便利な122個!】Windows 10 ショートカットキー 一覧 Windows 10 のショートカットキーの一覧を表示します。 個人的な判断で便利な物を順番に紹介します。 よく使う操作を簡単に起動できるようになると、作業効率が良くなり仕事も早く終わるになるでしょう。 特に文書を扱う場合はとても有用です。 是非よく使う操作のショートカットキーをマスターしてください。 スポンサード リンク No 概要 ショートカット カテゴリ 詳細説明 スタートメニューを表示する あるいは Windows一般 新規にフォルダを作成する Windows一般 システムを表示する Windows一般 画面やファイルを共有する Windows一般 すべてのアプリを最小表示する あるいは Windows一般 最小表示したアプリを元に戻す Windows一般 開いているアプリケーション一覧を表示しスイッチする Windows一般 アクティブなウインドウを閉じる Windows一般 エクスプローラを起動する Windows一般 実行中のアプリケーションを切り替える Windows一般 11. アプリケーションを開いた順番で切り替える Windows一般 12. タスクマネージャーを起動する Windows一般 13. タスクビューを表示する。 Windows一般 14. マルチタブを閉じる Windows一般 15. 画面全体をキャプチャする Windows一般 17. アクティブなウィンドウのみキャプチャする Windows一般 18. 操作をキャンセルする Windows一般 19. 次の言葉に移動する Windows一般 20. 前の言葉に移動する Windows一般 21. 次の段落に移動する Windows一般 22. 前の段落に移動する Windows一般 23. 段落単位で選択する [矢印キー] Windows一般 24. アプリを全画面表示する Windows一般 29. モニタの出力先を変更する Windows一般 30. ファイル名を指定して実行する Windows一般 31. アプリをフルサイズで表示する Windows一般 32. フォルダを新しいエクスプローラで開く エクスプローラ 33. 新規にIEを起動する InternetExplorer 35. 選択中の文字や画像やファイルなどをクリップボードへコピーする(コピー あるいは Windows一般 36. 選択中の文字や画像やファイルなどをクリップボードへ切り取りする カット Windows一般 37. クリップボードの中身を貼り付ける ペースト あるいは Windows一般 38. 前回の操作を取り消す UNDO Windows一般 39. ファイル名やフォルダ名を変更する Windows一般 40. ファイルを検索する Windows一般 41. エクスプローラのアドレスバーを表示する Windows一般 42. 表示を更新する リロード あるいは Windows一般 43. ウィンドウ内での項目の移動する Windows一般 44. アクティブウィンドウのメニューのショートカットを表示 Windows一般 45. プロパティを表示する あるいは [マウス左のダブルクリック] Windows一般 47. アクティブウィンドウのショートカットメニューを表示する Windows一般 48. ブラウザやエクスプローラで一つ前に戻る Windows一般 49. ブラウザやエクスプローラで一つ後に進む Windows一般 50. メニューを右に移動する Windows一般 51. メニューを左に移動する Windows一般 52. 1ページ分だけ上に移動する [Page Up] Windows一般 53. 1ページ分だけ下に移動する [Page Down] Windows一般 54. ドキュメントなどを全て選択する Windows一般 55. ファイルやフォルダを削除する deleteキーと同じ Windows一般 57. 現在のアイテムのショートカットメニューを表示する Windows一般 59. ごみ箱に入れずに削除する Windows一般 60. 設定アプリ内を検索する Windows一般 61. Windows link アプリを起動する Windows一般 62. Windowsメニューを表示する Windows一般 63. 仮想デスクトップを新規に作成する 仮想デスクトップ 64. 仮想デスクトップを切り替える あるいは 仮想デスクトップ 65. 仮想デスクトップを閉じる 仮想デスクトップ 66. アクションセンターを起動する Windows一般 67. 設定アプリを起動する Windows一般 68. ヘルプを表示する Windows一般 69. PCをロックする Windows一般 70. 選択範囲の文字を太字にする 文書操作 71. 選択範囲の文字にアンダーラインを付ける 文書操作 72. 選択範囲の文字を斜体に 文書操作 73. 挿入・上書きモードを切り替える 文書操作 74. ドロップダウンリストボックスを開く コントロール 75. 次のコントロールへ移動する コントロール 76. 前のコントロールへ移動する コントロール 77. チェックボックスをオン・オフする コントロール 78. キャンセルをクリックする コントロール 79. ボタンをクリックする コントロール 80. 一つ上のフォルダに移送する エクスプローラ 84. フォルダ以下を折りたたんで表示する [-] エクスプローラ 87. フォルダを展開するか移動する エクスプローラ 88. フォルダを折りたたむか上に移動する エクスプローラ 89. プロパティタブを切り替える エクスプローラ 90. 固定キー機能を有効化する を5回 アクセシビリティ 92. フィルターキー機能を有効化する 右の を8秒間押しっぱなし アクセシビリティ 93. 切り替えキー機能を有効化する を5秒間押しっぱなし アクセシビリティ 94. マウスキー機能を有効化する 左 左 アクセシビリティ 95. ハイコントラスト機能を有効化する 左 左 アクセシビリティ 96. Windowsのヘルプをインターネットで検索する Windows一般 97. フィードバックを起動する Windows一般 98. Active Directory を検索する Windows一般 99. 入力中の文字を全角カタカナにする 文字入力 100. 入力中の文字を半角カタカナにする 文字入力 101. 入力中の文字を全角英数にする 文字入力 102. 入力中の文字を半角英数にする 文字入力 103. お気に入りの整理を表示する InternetExplorer 106. お気に入りに追加する InternetExplorer 107. 検索ツールを表示する Windows一般 108. 履歴を表示する InternetExplorer 109. お気に入りを表示する InternetExplorer 110. アドレスバーにフォーカスを当てる InternetExplorer 111. 印刷用のダイアログを表示する Windows一般 112. ファイルを開く Windows一般 113. ファイルを上書き保存する Windows一般 114. タブを閉じる InternetExplorer 115. デスクトップを表示する Windows一般 117. 設定画面を表示する Windows一般 118. ワイヤレスディスプレイとワイヤレスオーディオに接続する Windows一般 119. 検索アプリを起動する あるいは Windows一般 120. タスクバーアプリのサムネイルを表示 Windows一般 121. クリップボードの履歴を表示する Windows一般 スポンサード リンク スポンサード リンク.

次の

ノート:Windowsキー

キー ノート windows

Windows OS自体が処理するもの(例:[Windows]+[L](画面ロック)など)• Windows OSで標準的に使われるが処理するのはアプリケーション(例:[Ctrl]+[X](切り取り)や[Ctrl]+[C](コピー)など)• アプリが独自に定義するもの これらのうち「2. 」と「3. 」については、該当するアプリケーションのウィンドウがアクティブなときのみ有効となる。 これらは、「キーボードアクセラレーター」と呼ばれることがある。 厳密な意味での「Windowsのショートカットキー」とは、「1. 」のWindows自体が処理するものを指す。 本TIPSでは、「1. 」のWindows OSが処理するショートカットキーについて解説する。 ショートカットキーとホットキーの違い ショートカットキーと似たような動作をするものとして「ホットキー」がある。 これは、アプリケーションがAPIを介してWindows OSに登録を行い、自身の起動などを行わせるものだ。 前述の「2. 」や「3. 」と違うのは、アプリケーションがアクティブになっていない場合でも有効であること。 ただし、永続的に登録することはできず、システムを起動するごとに登録を行う必要がある。 アプリケーションが定義するものであるため、環境により違いが出る。 例えば、「インテルHDグラフィックスコントロールパネル」アプリ(プロセッサ内蔵のグラフィックス機能を設定するためのアプリケーション)は独自のホットキーを定義しており、[Ctrl]+[Alt]+[F12]でいつでも起動が可能になっている。 ホットキーに関しては、登録の重複などを管理する仕組みがなく、同じキーの組み合わせを後から登録しようとするとAPIが失敗する。 つまり、早い者勝ちである。 ホットキーは、アプリケーションが登録するものなので、アプリケーションがインストールされていなければ有効にならない。 そのため、常に利用可能なショートカットキーとは違うのだが、標準でインストールされているアプリケーションがホットキーを登録している場合には、ショートカットキーと区別がつかない。 例えば、[Windows]+[N]は、OneNoteのミニノートを開くキーコンビネーションだが、OneNoteが標準でWindows OSに付属するため、全てのWindows 10マシンで利用できる。 Windows 10のTH1(Windows 10のRTM版)の頃に紹介されたWindows 10のショートカットリストには、このOneNoteの起動が含まれていたが、いつの頃からか、Microsoftが公開しているWindows OSのショートカットキーのリストから消えていた。 (Microsoft)• (Microsoft)• (Microsoft)• (Microsoft) 同じようなものに[Windows]+[F](フィードバックHubアプリの起動)、[Windows]+[Alt]+[F](ランゲージコミュニティアプリ)などがある。 フィードバックHubアプリは標準搭載であるのに対して、ランゲージコミュニケーションアプリは、現時点ではユーザーがMicrosoftストアからインストールする必要がある。 この点からいえば、[Windows]+[F]はショートカットキーといえるが、[Windows]+[Alt]+[F]はホットキーである。 しかし厳密な区別をするよりも、キーの組み合わせを押したときに何が起こるのかを知ることが重要と考え、Windows 10のショートカットキーのリストには含めてある。 どこまでを登録するかは議論のあるところだが、今回は、Windows OSに標準搭載されているものや、それに準じるMicrosoftのアプリのものを含めた(ただし全てではない)。 Windows 10の[Windows]キーのショートカットキー 下表は、Windows 10の[Windows]キーを併用するショートカットキーだ。 多くのものはアルファベット文字との組み合わせで、A〜Zまでの全てが埋まっている。 また、記号キーに関しては、キーボードレイアウトの違いなどから、全ての記号文字を組み合わせることができない。 カンマ [. しかしキートップの文字はキーボードによって違いがある。 例えば、英語レイアウトでは、「;(セミコロン)」のキーをシフトしながら打てば「:(コロン)」となるが、日本語レイアウトでは「:(コロン)」はその右隣にあるキーでシフトなしに入力できる。 一方、英語レイアウトではそのキーは「'(シングルクオート)」文字になっている。 英語レイアウトと日本語レイアウトのキー配置の違い(一部) キーボードの左側の部分を抜き出した。 英語レイアウトと日本語レイアウトでは記号キーの配置が異なる。 こうしたレイアウトによるキートップの違いがあるため、記号文字と[Windows]キーの組み合わせには、一部のキーボードでは利用できない組み合わせが生じる。 こうした問題に引っ掛かるショートカットキーの1つに、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)で搭載された「絵文字パネル」をオン/オフするショートカットキーがある。 これは、[Windows]キーと「. (ピリオド)」または「;(セミコロン)」を併用する。 同じ動作に2つのキーが定義されているのは、一部のレイアウトでは、片方が利用できないからだ。 このため、日本語キーボードでは絵文字パネルを開くのに[Windows]キーと[;(セミコロン)]キーの組み合わせは利用できない。 もう1つ、ノートPCやミニノートなどでは、変則的なキーレイアウトが使われることがあり、キートップの不足を補うため、一部のキーを重複して定義し、[Fn(ファンクション)]キーなどを併用することがある。 このような場合、複数のキーの同時押しが認識されない場合がある。 Surface Pro 3のタイプカバー ファンクションキーが独立しておらず、[Fn]キーとの組み合わせで[F1]から[F12]、のキーが入力できるようになっている。 このようにノートPCでは、物理的に配置できるキートップの数が限られていることから、このような変則的に一部のキーを重複して定義している。 また、ハードウェアにより違いがあるが、複数のキーを同時押ししたときに、押していないキーも押されたと誤判定することがある。 こうした問題のため、一部のショートカットキーが利用できない可能性もある。 ファンクションキーは原則、アプリケーションが利用するものであるため、[F1]と[F4]を除いて、Windows OSのショートカットキーでは使っていない。 ただし、MS-DOSの頃からファンクションキーの基本的なルールがあり、[F1]キーはヘルプ関連などとされている。 次ページでは、カテゴリー(用途)ごとにどのようなショートカットキーがあるのか、注意点や利用する場合のポイントなどを紹介する。

次の