何 やっ て も あかん わ 歌。 なにをやってもあかんわの歌詞

岡崎体育「なにをやってもあかんわ」のMVに同志社大学京田辺キャンパスが登場してる!【京田辺市】

何 やっ て も あかん わ 歌

岡崎体育が、今年1月にリリースした3rdアルバム『SAITAMA』より渾身の"捨て曲"「なにをやってもあかんわ」のミュージック・ビデオを公開した。 先日6月9日に行われたさいたまスーパーアリーナでのワンマン公演で初公開されていたこのミュージック・ビデオ。 映像の撮影は岡崎体育が手掛け、ミュージック・ビデオの制作にかかった費用は0円とのこと。 また、岡崎体育がヤバイTシャツ屋さんと共に務めているレギュラー番組、NHK"テンゴちゃん"の"#腹太鼓ダンス"特集でも取り上げられ、同楽曲がTikTokでも話題になっているという。 では、岡崎体育の3rdアルバム『SAITAMA』に迫ったインタビューを公開中。 さらに、さいたまスーパーアリーナでのワンマン公演のライヴ・レポートも公開中。 No Touch Service Ace 2. からだ 3. PTA 4. 弱者 5. なにをやってもあかんわ 6. 確実に2分で眠れる睡眠音楽 Interlude 7. Calculated 8. Okazaki Unreal Hypothesis 9. Jack Frost 10. 私生活 11. 龍 12. なんと今回はそんな"ネタ曲"一切なし。 ミニマリズムを追求した「弱者」や「確実に2分で眠れる睡眠音楽 Interlude 」を挟んだ後半の自由で奔放で美しさすら放つサウンドスケープは、意外と言えば意外。 しかし、ネタを排除しても同じ人間の作るもの。 彼の持つユーモアや生活感が新たなフェーズで輝く、そのパフォーマンス性が厚みを増した作品だと言っていいだろう。 先行してMVが公開された「感情のピクセル」はタイトルも秀逸だが、最高に好きでイケてると思うサウンドの上で自分なら何を共振させられるのか? を突き詰めるとこうなるのだろう。 スキルフルなエレクトロ・ファンクに英語にしか聞こえない発音の日本語詞が乗る「Natural Lips」、妬みもなぜかピュアに聞こえる王道ギター・ロック「鴨川等間隔」、USのラッパーのごとく独自のフロウを聴かせる「Snack」など、常軌を逸した音楽の深堀りと楽しい着地点にこの人の生き方を見る。 (石角 友香) "ミュージック・ビデオあるある"を題材にした「MUSIC VIDEO」など数々の"バズ"を生み出し、2016年最注目の若手アーティストと言っても過言ではない岡崎体育の1stシングルの表題曲は、アニメ"舟を編む"のオープニング・テーマ書き下ろし。 対極な性格を持つ同作の主人公ふたりの"人間的対義性"を描いた歌詞は対義語がリズム良く並び、まさに言葉を編んでいくような描写と、それを軽快且つキャッチーなメロディの波に乗せる手腕に、彼のソングライティング・センスの高さが窺える。 カップリングの「チューリップ」は初の生音録音で、ピアノやヴァイオリンをフィーチャーした流麗なサウンドやシリアスなムードを纏ったナンバー。 冒頭に書いたようなネタ曲で知ったリスナーは意外に感じるだろうが、それはあくまで入り口。 彼の真価は間違いなくその音楽にある。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

岡崎体育『なにをやってもあかんわ』歌詞の意味を考察・解釈

何 やっ て も あかん わ 歌

合唱団に入ったのはいいけど、なかなか歌が上手くならないと思っている方は多いかと思います。 例えば、カラオケに行っても合唱をしていない同僚のほうが上手だったりする。 私自身も、音大の合唱団で歌って、音は読めてアンサンブルの経験もあるので、すぐに歌えましたし、ハモるのは得意でした。 しかし、素晴らしいボイストレーニングの指導者についても歌はあまり上達しませんでした。 結局、いくら良い方法を教えていただいたとしても、日々継続し、定着しないのでうまくならなかったのは当然といえます。 本当に上手になろうと思ったら、ソロ(一人で歌うこと)の歌をそれなりのレベルの高い先生に個人レッスンしていただかないとなかなか上手にはなりません。 音大生でもそうですから、社会人合唱団で1週間に一回歌うだけでは急に良くなるのは難しいといえます。 まず定着しようとしても、ボイストレーニングを自宅で練習する環境がありません。 皆さんが出来ない理由として、 ・防音室ではないので大きな声が出せない ・ピアノがない ・トレーニングの方法が難しくて一人でできないし出来ているかわからない ・仕事の帰りが遅くて練習する時間が無い ・まとまった時間がとれずについつい忘れてしまう などがあげられます。 私は、毎日少しの時間でも、すぐに、簡単に、誰でも、どこでもできて、一人で行っていても失敗がなく効果があるトレーニングでなくては社会人は難しいと思っています。 ボイストレーニングでよくあるのが、音が難しいタイプです。 これは、ピアノが流暢に弾けないとできませんから、ピアノの不得意なアマチュアでは厳しいですね。 だから、私の運営する合唱団「コール・リバティスト」では、簡単なボイストレーニングを毎週お教えし、家に帰っても定着して実行していただくようにお勧めしています。 音は、一番簡単な単音でロングトーンが基本です。 指一本で、小さなキーボードをおさえれば出来る程度です。 、、、などが基本で、コツさえつかめばきちんと効果があがるトレーニングです。 私自身も、ほとんどこのトレーニングばかり行っています。 以前はまったく効果が上がらなかったのに、みるみる上達するのが分かりました。 合唱を何年やってても、高音が苦しかったり、「あなたは音が下がっている」「声がかすれている」と言われ続けるのは辛いものです。 ぜひ、ボイストレーニングを定着化させて続けてみてください。

次の

『あかにんじゃ』はどこからやってきた?穂村弘さんインタビュー(1/3)

何 やっ て も あかん わ 歌

この忍者にはモデルがいるそうですが……? 今の若いお母さんたちはご存知ないと思いますが、往年のお笑いコンビ「コント55号」。 その中に「赤忍者」というコントがあるんです。 坂上二郎さん演じる「赤忍者」が、もう登場シーンだけで笑えるんです。 そのインパクトが強かったもので、そこから着想を得ました。 ただ、改めて「あかにんじゃ」について書こうと思ったとき、人間の自意識の中にある、自分だけが特別で、周りと違う存在だと考える思考が「あかにんじゃ」なのではないかと思い至りました。 最近では「中二病」という言葉がありますが、誰もが自分は不器用で人に理解されないと思っている部分があるんじゃないかと思います。 そういった思いをキャラクターにしたのが「あかにんじゃ」なのではないかと。 そう考えたら、赤い忍者というのは、突飛な存在だけど、普遍性のあるキャラクターのように思い、おはなしが誕生しました。 文章だけのときと、絵がついたときはやはり、印象が大きく変わると思うのですが、表紙の真ん中にドンと、真っ赤な忍者がいる、そのインパクトに驚きました。 この表紙が良いですよね。 木内達朗さんは何パターンか表紙の候補を描いてくださったのですが、「忍術なら水蜘蛛!」とぼくの中で思いがあり、この表紙をお願いしました。 この、水の色と赤忍者の対比が美しいですよね。 穂村さんご自身もやはり忍者好きなのですか? 本物の忍者には出会ったことがないのに、どうしてこんなに好きなのか……、自分でもふしぎに思うくらい好きですね。 子どもの頃には、『カムイ伝』、『サスケ』、『仮面の忍者 赤影』、「忍法帖シリーズ」など超絶忍術を駆使して活躍する忍者が出てくる作品をたくさん読みました。 こういう細かい所は木内さんにお任せなのですか? そうですね。 原稿によっては、ト書きで状況を画家さんにお伝えすることもあるのですが、この原稿は特にト書きを付けず、木内さんにお任せだったと思います。 絵ができてから、ぼくが文章を直す作業をしました。 例えば「あかにんじゃ」が侍たちに追いつめられる場面。 最初の原稿では「あかにんじゃは おいつめられてしまいました」というようなちょっと説明的な文章だったと思うんです。 でも、絵を見たら追い詰められていることが一目で分かるので、「あ、あぶない!」のみに変えました。 全体的な文体も、もっと抒情的だったように記憶しています。 なので、大変どころか楽しい発見ばかりでしたね。 特に面白かったのが、文章の配置。 先ほどの「あ、あぶない!」も「あかにんじゃ」の側にあるからより臨場感が出る。 これが離れてしまうと、あぶない感じも薄れてしまうような気がします。 それと「ドロンドローン」という文章。 厳密にいうとこれは変身時の効果音で、実際には「オンコロコロナントカソワカ……」のような呪文が別にあるはずなんです。 ぼくも、最初の原稿には書いていたと思うのですが、木内さんの絵ができて、改めて文章をチェックしたら、リズムが悪いような気がして、カットしました。 絵があれば、「ドロンドローン」だけで通じるんじゃないかと思ったんです。 ぼくは普段、短歌や詩など韻文を書いているのですが、声に出して読む行為があるところは、絵本と近しいジャンルだと、絵本に対して親近感を持っていました。 ただ、絵がついたときの文字の位置などは未知の要素でした。 文字の位置によって、読者が受ける印象がこんなにも違ってくるのか……とすごく感動しました。 「ドロンドローン」という言葉も、読者によっては、ページをめくりながら読む人もいると思うんです。 そういう読者がどう読んでくれるだろう……と考えながら、自分でも声に出して何度も読み返す作業をしたのも、絵本ならではだと思いました。 木内達朗さんは絵本の世界では穂村さんの先輩だと思います。 木内さんから『あかにんじゃ』について、何かアドバイスはあったのでしょうか? よく覚えているのは、「あかにんじゃ」が「あかカラス」に変身して、そのあと、カラスから攻撃されて「あかチョウチョ」になる場面。 ぼくが最初書いたテキストには、チョウチョが隠れる予定の祠(ほこら)がなくて、チョウチョは普通に飛んで逃げる設定だったんです。 でも、カラスもチョウチョも飛べるから、チョウチョになる意味がないと言われました。 そこで、祠を登場させて、カラスは入れないけれど、チョウチョなら入って逃げられる理由を作ったんです。 文章を書いたときは気が付かなかった違和感を、絵を描く人はちゃんと見抜くんだなぁと思いました。

次の