デーブ スペクター ツイッター。 デーブ・スペクター 反響のtwitter画像↓自宅や年収もヤバい。

デーブ大久保 孫のツイッター画像!子供は3人で嫁とは離婚!?

デーブ スペクター ツイッター

「本当はとても凄い人なのに、ダジャレを言いすぎるせいで日本人から過少評価されている人と、そのダジャレを3分に1回のペースで40年も聞かされている妻」として、デーブの半生を紹介していく。 「海外の特ダネ映像」を日本のメディアに販売するビジネスを行っており、その手腕は海外セレブからも高い評価を受けるほど。 また「世間が思うより100倍すごい過去」も明らかに。 なんとデーブは、アメリカに住んでいた小学生の頃から日本語がペラペラ、すでにシカゴでダジャレ王だったというのだ。 デーブが日本語を学び出したきっかけは、シカゴで出会った日本人の友人。 その友人も大いに驚いた、デーブが初めて発した日本語のワンフレーズも明らかになる。 大勢の日本人が在籍するなか、トップの成績を収める。 そして、国民的人気漫画『おそ松くん』に出会ったデーブ。 ここに書かれていたダジャレがかなり面白く、デーブはそこから毎日ダジャレを考えるように! デーブは、アメリカで出会った現在の妻であるキョウコさんとの初デートでも早速ダジャレを言っていたそう。 その時の気持ちを聞かれるとキョウコさんは、「アメリカのダジャレは考え落ち。 全部を笑わなくてもいい」と返答。 これにはゲストのカズレーザーも「すごく理解がある」と感心しきりだった。

次の

デーブ・スペクター 反響とは?名古屋飛ばしの緊急事態宣言、ツイッターで

デーブ スペクター ツイッター

最終更新: 2020年6月4日 05:26• 出身地 アメリカ・イリノイ州シカゴ• 生年月日 1954年05月05日• 年齢 66歳• 星座 おうし座• 血液型 O型• 略歴 巧みな話術でコメンテーターとして活躍する外国人タレント。 「ダジャレを発するアメリカ人」として、バラエティ番組に多く出演している。 テレビデビューは「笑っていいとも!」で「デーブ・雄三・スペクター」という名前での出演だった。 デーブ・スペクターのSNS Twitter ツイッター デーブ・スペクターの出演映画 2010年 「高校デビュー」 2008年 「20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり」 「ワン・ミス・コール」 2006年 「日本以外全部沈没」 デーブ・スペクターの出演ドラマやテレビ出演情報 2019年 「逆転人生」 2018年 「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 」 2015年 「NHKスペシャル 私たちのこれから」 2012年 「サイエンスZERO」 1992年 「ゴーストスープ」 デーブ・スペクターの関連ニュース•

次の

デーブ・スペクター 反響のtwitter画像↓自宅や年収もヤバい。

デーブ スペクター ツイッター

「日本語上手い面白外人」の先駆けよね! デーブスペクターの頭いいジョークツイッターにハマる コロナ禍で暗くなる一方の世相の中、政治や権力者、社会を風刺するジョークツイッターが注目され、トレンド入りすることもしばしばの デーブスペクターさん。 ほぼほぼ日本人の有識者と同じか、それ以上に上手に日本語を「料理」するため 「頭いい!」と感服する声も多いようです。 そもそも デーブスペクターさんとはどういう方なのでしょうか。 Wikipediaや自身が経営するプロデュース会社サイトなどによれば、デーブさんは 1954年米シカゴ生まれ。 幼い頃は 子役としてCM出演もしていたということで、TV業界は「天職」なのかもしれません。 幼少期から日本に大変興味があり、日本の漫画を読んだり日本語を熱心に習得。 シカゴ日系人主催日本語弁論大会で2年連続優勝し、日系人以外での快挙と騒がれたそうです。 日本の 上智大に留学後、シカゴ放送学校を卒業。 米ABCテレビプロデューサーとして再来日。 エッセイストでもある 青木京子さんと結婚し、長年ホテルで暮らすユニークな日本生活が今に至っています。 80年代から日本のTVでは人気者。 最初は 「住めば都はるみ」「案ずるより横山やすし」などの「面白くないダジャレ」をタモリさん、明石家さんまさんらにイジられるキャラでしたが、今ではすっかり ワイドショーコメンテーターとして欠かせない存在に。 コロナ禍の中、自身の切れ味鋭い ジョークツイッターが面白いと、ネットではたびたびトレンド入りしたり、返しのジョークツイートで 「大喜利祭り」が始まることも。 政治家批判の痛快ギャグが多いことから「胸がすく」とハマる人もかなり多いようです。 最近の話題になった面白いツイートをまとめてみました。 3時間ほどで4万を超える「いいね」が付き、 「語尾に 知らんけど つければ永久に有効になります」「小さくwを付けちゃえ TOKYO2020w」など大喜利状態に。 ウケたネットでは 「両者伊丹分け」「阪神半疑」「それはオーライなんだろう」など大喜利に。 派生して「翔んで兵庫」もトレンド入り。 あまりに滑稽なのでよく見たら、国会中継だった」 その他もごく一部ですがまだまだあります。 小池都知事のマスク大きすぎる。 菅官房長官のマスクちょうどいい。 世の中はうまくできてる」 ・「 緊急の割に緊急事態宣言は 明日か」 ・「三密」「換気悪い」「喫煙者多数」「高齢」「既往症あり」などと聞くと、 国会を思い浮かべてしまうのは、私だけ? ・「【速報】 デーブ・スペクター氏が、アメリカ大使館からの帰国呼びかけではなく、 埼玉県からの外出自粛要請に応じ、自宅にいることが判明」 配布されるマスクが発表。 コロナ世相を斬るデーブスペクターの痛快Twitterがネットで人気• 得意のダジャレやジョークで政治家らを一刀両断。 ネット民大喜利に• 暗いニュースばかりの中で「一服の清涼剤」。 トレンド入りもしばしば デーブさんのTwitterジョーク、ご紹介したように爆笑・痛快ネタが多いのですが、実は毎日ものすごい量のダジャレを連射していて、さすがに中には「残念」「んー、もういっちょ」な(笑)ネタも多いようです(でも超多忙な身なのにツイートを欠かさないだけ凄いことですね!)。 独断で選ぶ〝ややウケ〟バージョンを最後にちょっとだけセレクトして終わりたいと思います。

次の