宅建 比較。 宅建士に受かるコツ【宅建業法】試験で間違えやすい比較まとめ

宅建と二級建築士の合格率と難易度を比較!転職はどちらを先に取得するが有利?

宅建 比較

また、フォーサイトの宅建通信講座受講者の合格率については、 一般合格率の約4.54倍と相当高い合格率を叩き出しており、講座カリキュラムに関しても質の高さを裏付けていると言えます。 あと、不定期 といっても結構頻繁 に割引キャンペーンを行ってますので、 比較的リーズナブルな費用で受講することが可能です。 Web学習システム「道場破り」の利用• フォローメルマガ 受講料 42,800円~ 教育訓練給付制度 指定講座• バリューセット1• また、日本初となるAIが宅建試験の予想問題を作成する 「未来問」という画期的なシステムを導入しており、 その予想問題の本試験的中率がかなりの高さを誇っております! 受講料に関しては講義付きの通信講座としてはリーズナブルな部類となっており、不定期に割引キャンペーンも行ってますので、タイミングによっては格安で受講することも可能です。 なお、資格スクエアでは資料請求は行っておりませんが、 公式サイトで無料体験講義を受講することが可能なので、まずはそちらで資格スクエアの学習システムを体験することをおすすめします! おすすめ度 テキスト教材 市販テキスト+講座オリジナルレジュメ 講義教材 通信講座専用に収録された講義 Web 受講生サポート なし 受講料 70,000円 教育訓練給付制度 指定講座 なし 割引制度・キャンペーン あり 合格祝い制度・キャッシュバック なし スタディングの宅建講座は、テキストや講義、問題練習などの教材すべてがWEBで完結している言わば 次世代型の通信講座のひとつです。 利用できるデバイスについては、PCはもちろんスマホからのアクセスも可能 というかスマホ用に作られている なので、 通勤途中やスキマ時間をフル活用出来る環境が整っているのがなんともありがたいです。 なお、教材がオインラインデータとして提供されていることもあり、 受講料は講義付きの通信講座としては破格の金額となってます。 ただし、受講生サポートが付いてないため、そのあたりを気にされない方であれば試験対策の大きな武器になると言えます。 27倍! を実現しており、初学者の方でも本試験に対応できる実力を高めることが出来ると非常に人気の通信講座です。

次の

【比較】宅建独学におすすめのテキストランキング7選【選び方も解説】|宅建カレッジ

宅建 比較

教材のクオリティー• テキストの見やすさ• 価格の妥当性• 使用者の口コミ・評判が高い それぞれ1つずつ解説していきます。 教材のクオリティー 教材のクオリティーは、テキストの情報が試験の出題範囲を網羅しているかです。 テキストによっては出題範囲をカバーしきれていないものもあれば、逆に情報が多すぎて読む気になれないというものもあります。 的確に出題範囲だけを網羅している教材こそがおすすめの宅建テキストだと言えます。 テキストの見やすさ テキストの見やすさはイラストや図が使われているかで大きく変わりますね。 人によってはイラストは全くなくても大丈夫!という方もいるかもしれませんが、おそらく大半の方がイラストや図が多用されていて見やすいテキストを好むはずです。 イラストが多く、言葉も初学者の人に分かりやすいように書かれているかを比較しながらおすすめのランキングを紹介します。 価格の妥当性 テキストの価格も気になるポイントですね。 高いものを買えば良いというわけではもちろんありません。 同じ3千円でも内容が情報が網羅的に書かれており、クオリティーが高いものとそうでないものに分かれます。 なので販売されている値段がこのテキストに対して妥当なのか?という点も考慮してランキングを作りました。 使用者の口コミ・評判が良い 4つ目が実際に教材を使った人の口コミ・評判が良いかどうかです。 やはり気になるのが実際に使った人の感想がどうかという点ですよね。 この辺りは様々な口コミを比較しながらおすすめのランキングを決めました。 【比較】宅建独学におすすめのテキストランキング では宅建独学におすすめのテキストランキングを紹介します。 結論としては宅建独学におすすめのテキストランキングは次のようになります。 試験に出るとこピックアップされてるし、どんなひっかけで試験に出されるかなど、とても分かりやすくまとめられてます。 宅建独学におすすめのテキストランキング第2位は、『スッキリわかる宅建士』です。 ページ数を見てもらえれば分かると思いますが、 948ページというかなり分厚くボリュームのある一冊です。 ただこれは過去問題集もセットになっているからです。 ページ数は多いですがテキスト編、過去問スーパーベスト編とも、分野ごとに4冊に取り外すことができるので、持ち運びには非常に便利です。 可愛いキャラクターたちがストーリー仕立てに説明してくれるので初学者でも理解がしやすく、オススメの1冊です。 宅建おすすめテキストランキング3位:宅建士合格のトリセツ基本テキスト 本書に関しては入門テキストの延長線上にあるテキストといったところ。 いずれの内容に関してもうまくまとめた簡潔な説明で、整然と整理されているような内容だ。 そのため初学者にとっては逆に非常に取り組みやすく、さっと目から頭に入りやすいと思う。 宅建独学におすすめのテキストランキング第3位は、東京リーガルマインドが出版している、『宅建士合格のトリセツ基本テキスト』です。 この教材は初心者にも分かりやすいのようにテキストやイラストも多めなので初学者の方でも読みやすい一冊と言えます。 さらに出題傾向にあわせた重要度ランクなども表示されているので効率よく学習を進めることもできます。 購入者の評判もよく、おすすめの1冊ですが必要な情報だけがまとめられているので少し説明が足りないと感じる箇所があるかもしれません。 宅建おすすめテキストランキング4位:らくらく宅建塾 必要なことだけに絞られているのか、その事柄の詳細に触れていない部分があり、そういう部分を疑問に思うとモヤモヤします。 宅建独学におすすめのテキストランキング7位は有名通信講座のユーキャンが出版している『ユーキャンの宅建士速習レッスン』です。 ユーキャンの教材に似ていますが、イラストが少なくて疲れるという声もあります。 また説明が不足しているような箇所もあるようであまりおすすめできません。 私自身は通信講座のユーキャンを利用して宅建試験に合格したので、この教材を使うのであれば通信講座のユーキャンをおすすめします。 宅建独学におすすめのテキストまとめ 今回は宅建独学におすすめのテキストランキングを完全徹底比較で紹介してきました。

次の

【2020最新】宅建通信講座ランキング|おすすめ17社を徹底比較!

宅建 比較

しかし、一般的には 「宅建は全然難しくないよ~」という意見も多くあり、実際のところどの情報を信じればいいのか気になるところでしょう。 そこでこの記事では、宅建試験の難易度が高いのか低いのかを白黒ハッキリさせるべく、 他のビジネス系資格と3つのポイントに絞って比較をしてみました。 難易度比較その1: わかりやすく合格率で比較 まずはパッと見ただけでおおよその難易度がわかる合格率で比較してみましょう。 下記は2017年度の各資格試験の合格率です。 資格名 合格率 2017年度 司法書士 4. ちなみに税理士って超難関なわりに、合格率がそこそこ高いのには理由があって、税理士の場合は科目合格制度があり1科目でも受かってしまえば半永久的にその権利が保有できるので、比較的合格率が高い傾向にあります。 資格名 合格到達目安勉強時間 司法書士 約3,000時間 公認会計士 約3,000時間 弁理士 約3,000時間 不動産鑑定士 約2,000時間 税理士 約2,000時間 土地家屋調査士 約1,500時間 社会保険労務士 約1,000時間 行政書士 約800時間 マンション管理士 約600時間 宅地宅建取引士 約300時間 こうして試験の合格に必要な勉強時間を見てみると、これまた宅建は群を抜いて少ないことがわかります。 正直、3,000時間と言われても大きな数字過ぎてどれくらいかイメージが湧かなそうなので、勉強期間を1年/半年と仮定した場合の1日あたりの必要な勉強時間で算出してみました。 42時間 こんなもん事実上半年で合格なんて不可能って言ってるようなもんですよねw 勉強期間1年で考えてみても1日8時間以上は勉強しなくてはならない計算になり、それこそ働きながら1年で資格取得を目指すなんてかなり厳しいことがわかります。 単純に9時間拘束の会社で働いていたとして、勉強8時間、通勤1時間、ご飯やお風呂1時間となると…1日の睡眠時間5時間w まぁ無理とは言いませんが、これを1年間続けるとなると相当な覚悟と信念、あと体力がないと続かないでしょうね。。 何年も受験してそれでもなかなか受からないという方が多いのも、この数字でうなずけるのではないでしょうか。 一方、宅建の300時間を同じ期間で算出した場合はこんな感じ。 64時間 う~ん…。 正直、司法書士や公認会計士が飛び抜けて勉強時間を要するだけに、これだけ見てると 「宅建なんて誰でも受かるんじゃね?」って思っちゃいそうですねw 実際、勉強を始めてから半年で合格を目指す場合でも全然無理な数字ではないですし、1年後の取得を考える場合では1日あたり1時間の勉強で充分事足りることになります。 ただ、それでも約300時間の勉強というのは勉強が苦手な方にとっては莫大な数字に思われるでしょう。 他のビジネス系資格がちょっと凄まじ過ぎるので、宅建がかすんで見えているというのも頭に置いておいた方がいいでしょう。 難易度比較その3: 試験方式、試験範囲 問題数 で比較 最後に試験方式、試験範囲 問題数 で比較してみましょう。 資格名 科目別合格制度 科目数 出題数 司法書士 なし 11科目 72問 公認会計士 あり 9科目 受験科目による 弁理士 あり 7科目 60問 不動産鑑定士 あり 5科目 80問 税理士 あり 11科目 受験科目による 土地家屋調査士 なし 5科目 33問 社会保険労務士 なし 10科目 78問 行政書士 あり 8科目 60問 マンション管理士 なし 4科目 50問 宅地宅建取引士 なし 4科目 50問 まず注目したいのが、 科目別合格制度があるかどうか。 科目別合格制度とは各科目毎に合格ラインが設定されており、そのボーダーを全ての科目で超えないと合格にはならないという制度です。 極端に言うと、トータルの合格点をゆうに超える得点を取っていても、ある科目が0点だったら不合格になるということです。 これはつまり 中学の時の成績がオール3の私みたいな超平均的人間の方が受かりやすいということです。 オール3では無理かw まぁ、苦手科目を1つも作れないという事は確かなので、相当難易度が上がることがお分かりいただけるのではないでしょうか。 その厄介な科目別合格制度が宅建にはなく、科目数や問題数もご覧いただいた通り他の資格試験よりも少なく設定されているため、合格には比較的たどり着きやすいでしょう。 また、表には記載していませんが弁理士や不動産鑑定士などは1度の試験では結論は出ず、1次試験が終われば2次、2次が終われば3次と数回行われるため、それに伴って合格率も非常に低くなっています。 上記で挙げた2つの資格試験では短答式試験のあとに論文式試験も待ち構えているため、丸暗記だけで受かる試験ではないことがお分かりいただけるかと思います。 一方で宅建の解答方式はマークシートで四肢択一方式により行われ、記述式の問題がないことからも比較的取り組みやすい試験であることが言えるでしょう。 宅建試験の難易度まとめ 以上、3つのポイントで比較してみましたが、トータルして見てみると 「他のビジネス系資格よりは難易度は易しい」ということが言えるのではないでしょうか。 管理人が判定した難易度はこのようになります。 資格名 難易度 司法書士 公認会計士 弁理士 不動産鑑定士 税理士 土地家屋調査士 社会保険労務士 行政書士 マンション管理士 宅地宅建取引士 ただ、他のビジネス系資格の合格率や必要勉強時間がエグ過ぎるのも確かなので、それらと比べると宅建の難易度がショボく見えるだけというのもあります。 そのため、基礎からキッチリ勉強をして本質の理解と応用力を磨き、問題解答の力を着実につけていくことが大事だと言えると思います。 逆に言えば、中途半端な学習・勉強方法で取り組んでしまうと、専門的な知識も身にならず非常に難しい試験だと感じるでしょう。 ようは自分がしっかり頑張れるかどうかによって感じる難易度が変わるだけなので、表面的な合格率などに踊らされず、自分がするべき事に注力していきましょう!.

次の