韓国 フッ 化 水素 国産 化。 韓国がフッ化水素の国産化に成功、日本依存脱却へ=韓国ネット歓喜|レコードチャイナ

【韓国】国産化も日本依存脱却もならず レジストの日本シェア88.6% フッ化ポリイミドの日本シェア93.9% [動物園φ★]

韓国 フッ 化 水素 国産 化

韓国経済、【国産化成功とは何だったのか】韓国のフッ化水素、日本からの8月の輸入量がゼロに 代わりに台湾の輸入量が6倍に増加 記事要約:先ほど、韓国のソルブレインが今月中にフッ化水素の国産化できるとか、明らかに嘘ぽい記事を紹介したわけだが、どうやら読者様からコメントで得た情報だと、8月の日本からの輸入量はゼロになった代わりに、台湾の輸入量が6倍に増加したそうだ。 つまり、国産化と偽って,台湾から輸入していただけという。 ああ、本当、情けない国家だな。 嘘しか付かないのか。 毎日、株価対策か何か知らないが、フェイクニュースばかり垂れ流して恥ずかしいと思わないのか。 > 8月からの対韓輸出規制が、本格的な数字として確認されているようだ。 半導体プロセスに使われる超高純度フッ化水素(HF・エッチングガス)の、日本からの輸入量が8月は「ゼロ」となった。 各企業の代替先の確保の努力も確認された。 台湾からのフッ化水素の輸入量が、2カ月ぶりに6倍以上に増えた。 8月の輸入量はゼロ。 よほど書類を書くのが嫌らしい。 でも、台湾から輸入できるならいいよな。 後は自由に台湾でも、中国でも好きなところに輸入したらいい。 日本は書類を提出しない限りは売らないということで。 しかし、こんなリンクのサイトは初めてだな。 韓国の今を伝えるそうだが、ほとんど捏造やフェイクだからなあ。 韓国経済、【国産化成功とは何だったのか】韓国のフッ化水素、日本からの8月の輸入量がゼロに 代わりに台湾の輸入量が6倍に増加 日本からのフッ化水素…先月は「ゼロ」 台湾産の輸入は二か月のあいだで6倍に 8月からの対韓輸出規制が、本格的な数字として確認されているようだ。 半導体プロセスに使われる超高純度フッ化水素(HF・エッチングガス)の、日本からの輸入量が8月は「ゼロ」となった。 各企業の代替先の確保の努力も確認された。 台湾からのフッ化水素の輸入量が、2カ月ぶりに6倍以上に増えた。 16日の関税庁の輸出入統計によると、8月の日本からのフッ化水素輸入量は0だ。 毎月平均3000トン程度を日本から輸入していたエッチングガスは、7月には529トンで6分の1まで減ったが、8月にはそもそも輸入されなかった。 日本の対韓輸出規制に対応して、代替先の確保に乗り出した韓国企業の努力も数字で確認された。 台湾から輸入した高純度フッ化水素が6月の234トンから7月には594トンに、8月には1320トンと、2カ月ぶりに6倍に増加した。 ビビビの細川のおかげで日本は目的を失くして、単なる戦略物資の管理改善になってしまいましたが、どうやら元々韓国は日本を敵視していたことが分かってきたので、もし日本が関係改善努力をしても徒労に終わったことでしょう。 今となっては、日本人のどれだけが、日本と韓国が元の関係に戻れると考えているのでしょうか。 ムン政権のままでは、明らかに無理だと思われます。 「政府は外交努力で何とか改善する努力をしろ」などの声も聞かれますが、韓国が無益な旭日旗、日本海、福島まで取り上げて紛争にしてしてしまった以上、これはどうしたって譲歩のしようがない話なります。 これらを譲歩しても関係改善をしよう考える日本人はいないでしょうが、ホリエモンは「それでも韓国は手放せない」と言っています。 お金で主権を売ることに何の未練もないようでです。 普通の人には、国があってのビジネスですが、ホリエモンにとっては「ビジネスに祖国は必要ない」のだろうと思われます。 数%の特殊な拝金主義者の考えです。 それで気づきましたが、日本人の内で、一部の社会主義者どもと、本来対極にいるはずの拝金主義者どもとが、目的は違えどプロセスが一致してしまい、韓国は大切だ、関係改善が必要だと声を上げているようです。 拝金主義者の存在を忘れていました。 この両極は、祖国よりも自分たちのイデオロギーやビジネスが大切な連中なので、メディアに露出して正論のように扱われますが、これは日本人の平均的主張ではなく、自由や平等を巧みに利用した洗脳でしかありません。 韓国に譲歩して関係改善すれば、奴らの思想信条や経営拡大は実現しても、日本人の心は貧しく荒んでしまうでしょう。 まずは、ムン政権のうちに韓国が赤組宣言をして無謀な反日を強く進め、この拝金主義者どもを諦めさせるところからスタートです。 その後に社会主義者どもをどう処理するかになります。 フッ化水素の製造自体は意外と簡単な、蛍石に硫酸だったかな!?をかけるとフッ化水素の気体が発生する。 これを直接水に溶かしたものが通常のフッ化水素で森田が100年前に作った時で70%程度今はもっとまし。 気体状態のまま冷したものが無水フッ化水素と呼ばれ、3N~4N程度の低純度になる、まあフッ化水素だけを集めて冷やす事になるから単純ではない! 問題は量産した場合のコストで、劇薬で配管や容器を高純度ほど溶かして純度が下がる。 中国の場合、まだ半導体ではさほど高純度が必要なものを製造してないし、国が金を出すから歩留まりもあまり気にしてないかと思われる。 それをそのまま持ってくれば日本製とは質が異なるから歩留まりも変わるし、韓国政府が金を出すような事はないだろうから採算が取れなくなる。 まあ、最先端の日本の技術を海外に持ち出し製造してる企業はないはずだし、容疑等も少しは使い回せてもすぐに限界になるだろうから、これから歩留まり悪化で採算が取れなくなると予想します! 検査機器等もメンテ等で影響がで出したら不良返品等で企業としての存続も難しくなってきそうかと思う。

次の

韓国経済、【フッ化水素に続いて国産化ニダ】日本だけが生産していた「10倍高い」レンズ素材、これからは韓国でも生産│韓国経済危機&崩壊特集

韓国 フッ 化 水素 国産 化

中国メディアの環球時報は9日、日本の輸出規制を受け、韓国が半導体材料の自主開発に乗り出したと報じた。 中国メディアのは9日、日本の輸出規制を受け、が半導体材料の自主開発に乗り出したと報じた。 4日から輸出規制が強化されたのは、スマートフォンのディスプレーに使われるフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、フッ化水素の3品目。 半導体・ディスプレーの製造には欠かせない素材で、日本企業が7~9割という高い世界シェアを持つ。 やLGなどは、ほぼすべてを日本企業からの輸入に頼っている。 長期保存がきかないため、2~4週間程度で影響が出るとも言われている。 韓国・文化日報によると、業界関係者は「半導体の特性から、短期間であっても生産が止まると大きな損失を招く。 原材料の供給ストップは数兆ウォン(数千億円)単位の損失になる」とした。 2018年3月にサムスン電子の半導体工場で30分間の停電があったが、この時の損失は500億ウォン(約46億円)に上った。 全国経済人連合会の関係者は「3日間生産が停止すると損失は7兆ウォン(約6450億円)になる」と話しているという。 韓国は1965年の国交正常化以降、ずっと日本に対して貿易赤字が続いてきた。 中央日報は8日付の記事で「韓国の対日貿易赤字は累計で6046億ドル。 昨年は240億ドルで、主要な貿易相手国の中で最大規模だった」と伝えた。 亜洲日報は、「貿易赤字の主因は、原子炉・ボイラーなどの機械類、光学機器や精密機器、半導体や集積回路の生産設備、チップ・コントローラーなどの輸入。 これらは日本製品が圧倒的な市場シェアを占めており、早期の国産化は難しい。 一方、対日貿易で黒字となっているのは鉱物性燃料や天然真珠・貴金属、魚介類などで、日本にとってはいずれも容易に輸入代替先が見つかるものだ」としている。 記事は、「韓国の半導体やディスプレー産業は拡大しているが、重要な領域では日本頼みとなっており、しかも長時間の技術の蓄積があって初めて生産が可能になる部品や材料がほとんどだ」と指摘。 韓国政府などは半導体の材料や部品、設備の開発に毎年1兆ウォン(約920億円)規模の集中投資を行う方針を示し、ネット上でも「国産化」「自主開発」が叫ばれているが、延世大学の成太胤(ソン・テユン)教授は「資金を投入して解決できるなら、問題はとっくに解決している」「人材と技術こそが長期的な課題なのだ」と指摘している。

次の

韓国、フッ化水素国産化か 高純度で大量生産可能な製造技術を確立と発表

韓国 フッ 化 水素 国産 化

100%日本依存の素材国産化に続々と成功 の J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、2019年8月30日付「」で、韓国では日本の輸出規制の標的にされた半導体素材を中心に「国産化」の動きが高まるなか、韓国核融合研究所が日本に100%依存してきた半導体素材の開発に成功したと報道した。 その後も「国産化に成功した」というニュースが続々と飛び込んでいる。 中央日報(2019年9月2日付)「日本から輸入していた『高純度フッ化水素』、LGディスプレーが国産化に成功」はこう伝えている。 「韓国のパネルメーカー大手LGディスプレーが、日本から輸入してきた『高純度フッ化水素』の国産品代替に成功した。 LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月(9月)中に生産工程に適用する予定だ」 フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な重要素材だ。 日本は7月4日、韓国に対する輸出規制強化を発表して「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォトレジスト」の3品目を規制対象に指定していた。 ただ、国産品代替に成功したといっても、問題が解決したわけではもちろんない。 この国産フッ化水素は生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入と併行する方針だ。 その日本産がいつ入ってくるのかは、日本政府の審査次第なのだ。 そして、フッ化水素の国産化に成功したのは、LGディスプレーだけではない。 サムスン電子グループのサムスンディスプレーも9月中に国産化テストを終わらせるという。 中央日報(9月2日付)「サムスン・SK、2か月ぶりに半導体材料供給安定... 年内『克日』可視化」がこう伝える。 「サムスン電子用の国産フッ化水素の試作品が、今月(9月)内に登場する。 韓国企業ソルブレインは今月内にDRAM・NAND型フラッシュメモリー工程に使われる高純度フッ化水素の試作品を量産する計画だ。 日本企業に劣らない『ファイブナイン』(99. 999%)の高純度のフッ化水素液状形態製品だ。 中国産の原料(無水フッ酸)を使って生産した。 今月内に工場増設を終えると同時に量産に入る」 サムスン電子に続く半導体業界2位のSKハイニックスも子会社であるSKマテリアルズを通じ、年末までにフッ化水素の試作品を生産する計画だ。 一方、「ファイブナイン」(99. 999%)ほどではなく、半導体よりも低純度のフッ化水素を使うディスプレー業界では、これよりも早く日本産材料の代替作業が進んでいる。 前述の中央日報が、こう伝える。 「すでにLGディスプレーは液晶(LCD)だけでなく、有機発光ダイオード(OLED)テレビ生産工程で、国産フッ化水素製品を活用して日本製品の代替に成功した。 サムスンディスプレーも現在の工程ラインに投じて進行中の国産フッ化水素の一斉テストを今月中に終えるという計画だ」 どんどん「日本外し」が進んでいるのだ。 日本に依存してきた製品の国産化だけでなく、他国からの調達も進んでいる。 中央日報が、こう報じている。 「日本が核心材料3品目に対する輸出規制を始めて2か月、韓国企業の供給先多角化と国産化戦略が相当な成果を上げている。 サムスン電子やSKハイニックスなどの『脱日本』を通した材料供給が支障なく進行されたことを受け、むしろ日本の素材メーカーの市場での存在感が薄れるだろうとの分析が多く出ている」 日本企業の海外拠点から調達する「迂回作戦」 ほぼ今年の12月末までの素材確保は完了しているという。 そこでおもしろい現象が起きている。 「(日本の規制3品目の一つ)フォトレジストの場合、サムスン電子、SKハイニックスともにベルギー現地に生産工場を置いている日本企業JSRとの提携に道筋がついた。 JSRとベルギー研究センターIMECは2016年に合併法人を設立して極端紫外線(EUV)用フォトレジストを生産しているからだ」 皮肉なことに韓国の半導体企業は、日本企業の海外拠点(韓国内を含む)を通じて、日本政府が輸出規制をしている3品目を巧みに調達しているのだ。 「仁川松島(インチョン・ソンド)に工場がある東京応化工業(神奈川県川崎市)も、増産までしながらサムスン電子納品量を合わせる計画だ。 日本政府が最近、フッ化水素輸出を承認する前にフォトレジストの輸出を先に2件承認したのも自国企業のこのような動きのためだ。 SKハイニックスDRAM研究所出身であるNH投資証券のト・ヒョンウ研究員は『日本政府の規制は初めから韓国政府との政治交渉のための用途だった。 グローバルプレーヤーであるサムスン電子とSKハイニックスの半導体生産に打撃を与えるのは難しかった』と話した」 日本の半導体素材企業は、インテルと並び世界の半導体業界のビッグスリーであるサムスン電子とSKハイニックスのグローバル素材供給システムに組み込まれている。 たとえ日本にある本社が日本政府に「規制」されても、海外の拠点は両社の支配下にある。 だから、日本政府がどこまで本気で韓国半導体メーカーに打撃を与えるつもりだったか、疑問だというのだ。 なぜ日本政府はサムスンの品目ばかりに許可を出す? こうしたなか、韓国経済(9月2日付)「日本の素材輸出許可物量がすべてサムスン向けの理由...... 」は、興味深い謎解きを報道している。 「日本政府が輸出規制措置以降3回にわたり半導体素材の韓国向け輸出を許可したが、すべてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスンと違いSKハイニックスは2か月間物量を確保できておらず、背景に関心が集まる」 「日本の経済産業省は7月に韓国をホワイト国から除外する方針を明らかにしてから韓国向けの半導体素材輸出を3回許可した。 8月7日と19日にそれぞれ極端紫外線(EUV)用フォトレジスト(感光液)の輸出を許可した。 続けて同月29日には規制措置以降初めてフッ化水素の輸出を許可した。 韓国に輸入されるフォトレジストとフッ化水素はいずれも韓国国内の協力会社を通じてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスン電子に続きメモリー半導体世界2位であるSKハイニックス向けの素材はなかった」 「これはなぜだ?」と、韓国経済記者は疑問を投げかける。 理由の一つに、同じ半導体業界でもSKハイニックスの事業構造が、サムスン電子と違っていることが考えられるという。 フォトレジストを使う工程が、両社では違うのだ。 また工程の中でフッ化水素を必要とする量も、サムスン電子がSKハイニックスよりはるかに多いという違いがある。 こうした違いを考慮したうえでも、韓国経済記者は、世界経済に与える影響を日本の経済産業省が「忖度」したのではないかと推測する。 「サムスン電子が(SKハイニックスと違って)メモリー半導体をはじめ、スマートフォンやテレビなどで世界1位のグローバル企業という象徴性のために、日本政府がサムスン電子向けに物量をまず配分したという分析も出ている。 ただ日本が現在のように半導体素材輸出を制限的に許容すれば、近く物量を確保する可能性が大きいというのが業界の観測だ。 業界関係者は『SKハイニックスも近く日本製フッ化水素の納品を受けられるだろう』と話した」 「サムスンをつぶせば、世界経済に大打撃を与えてしまう」という配慮から日本政府が少しずつ規制を緩めていくなら、いずれSKハイニックスにも素材が許可されるだろうと、韓国業界は読んでいるのだ。 (福田和郎).

次の