ロール キャベツ リメイク。 ロールキャベツ リメイク(倍速)

ハンバーグリメイク♪お肉たっぷりボロネーゼとロールキャベツのレシピ☆|AyaboのHAPPYログ♪

ロール キャベツ リメイク

キャベツの食感がアクセント「キャベツのメンチカツ」 玉ねぎとキャベツはみじん切りにし、ひき肉と卵、パン粉などと合わせしっかり混ぜ合わせます。 ジューシーな麺地にするため、低温でじっくり揚げてください。 キャベツのシャキシャキ食感がアクセントのメンチカツ。 カロリーオフにもなっておすすめですよ。 鍋にだし汁を沸騰させ、野菜を加えたらご飯と豆腐も加えて調味料で味付け。 卵でとじればできあがりです。 お豆腐とキャベツでとってもヘルシー。 お好みで刻み海苔や小ネギをトッピングしたり、大根やほうれん草を加えるのもおすすめです。 残ったキャベツで「千切りキャベツのスープ」 キャベツは千切りにし、それぞれの具材を食べやすい大きさに切ります。 鍋に野菜とソーセージ、コンソメを入れて10分ほど煮たら、ミニトマトとブロッコリーも加え、柔らかくなったらできあがりです。 キャベツはシャキシャキ感が出るよう、太めの千切りがおいしいです。 シンプルレシピなので、野菜はお好みのものでアレンジしてみてくださいね。 少し残ったらお弁当に「キャベツの胡麻和え」 ゴマをすり、砂糖・醤油・出汁を加えます。 キャベツはざく切りにしてレンジで加熱し、冷水へ。 水気を絞ったらゴマだれと和えれば完成です。 いつもはほうれん草で作る胡麻和え、余ったキャベツで作ってもとってもおいしいです。 お弁当の隙間にあと1品欲しい時、彩りも良くて簡単に作れるのでおすすめのレシピです。 子供のおやつにおすすめ「キャベツとチーズのお好み焼き」 キャベツは千切りにしてレンジでチン。 水気を絞り、材料を全て混ぜ合わせます。 フライパンに生地を薄く広げ、両面をこんがり焼けばできあがりです。 チーズの塩気と桜エビの風味がおいしい、ヘルシーなおやつです。 お好みで枝豆などを加えても食感が変わって楽しいですね。 栄養満点なのでお子さんのおやつにぴったりですよ。 昨日の余ったキャベツともやしは魚肉ソーセージと炒めてオムレツにして、ラーメンのスープは中華スープにしました。 フォークで刺して酒と塩でチンするとこまでは一緒。 こんど自家製ロースト作ってみたいな — おいなソ oinariDQX 余ったキャベツをスキレットで焼くの巻。

次の

ロールキャベツの残り↓レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

ロール キャベツ リメイク

ハンバーグをリメイクしてロールキャベツを作ろう! ではまずハンバーグをリメイクしてロールキャベツを作るレシピを紹介していきます。 ロールキャベツは手間がかかるようなイメージがあるかと思いますが、驚くほど簡単に仕上がるのでハンバーグのリメイク術としておススメですよ! 普通に作ったハンバーグを使って作っていきます! キャベツに巻いてゆでていくので、冷蔵庫に入った冷たいままでも大丈夫です。 冷えて脂が固まっているほうが、巻いている途中にキャベツの中から肉汁が出ていかないのでかえっていい感じに作っていけます。 【材料】 3人分 調理済みハンバーグ 1個半 キャベツの葉 3枚 水 300ml 顆粒コンソメ 小さじ1 ケチャップ 大さじ2 塩 少量 こしょう 少量 【作り方】 1.キャベツの葉を広げて、その上にハンバーグ半個を置く。 2.キャベツを折りたたんでつまようじで閉じる。 ロールキャベツの準備はこれでOKです。 続いて、煮込むスープの準備に入っていきましょう! 3.水にコンソメ顆粒とケチャップを入れて煮立てる。 スープが煮立って塩とこしょうで味を調えたら、スープの準備もOKです。 いよいよロールキャベツを煮ていきましょう! 4.巻き目を下にしてそっと入れて蓋をして煮る。 5.キャベツがしんなりしたら完成。 ハンバーグにもともと火が入っているので、生焼けの心配がありません。 キャベツがしんなりしたら火を止めていいので、煮込む時間も少なくて済み、時短にもつながります。 このレシピだけでも十分おいしく仕上がりますが、ベーコンやウインナーと一緒に煮るとよりコクも出ておいしく仕上がります。 また、人参やキノコなど家にある余った野菜を一緒に煮ると、ポトフのような感覚になっておいしいですよ。 かさ増しにもなるので、食べ盛りの家族がいても安心です。 火が通りにくい野菜を加える場合は、先にレンジで少し加熱しておくと時短で仕上がります。 ハンバーグをリメイクして作ったロールキャベツの断面図です。 気になるお味は、まるっきりロールキャベツです。 ハンバーグだったとは思えないようなしっとりとした食感で、肉汁もあふれてきてジューシーです。 ハンバーグに火が通っているので、煮込むのは短時間なのですが、それでも本格的なロールキャベツの味になるのですごく簡単に作れておススメですよ! ハンバーグをリメイクしてボロネーゼを作ろう! 続いて紹介するのが、ハンバーグをリメイクしてボロネーゼを作るレシピです。 ハンバーグは作り置きして冷蔵庫に入れてあるものを、そのまま使用できますよ! レンジなどで温め直す手間も要らないので時短につながります。 【材料】 2人分) 調理済みハンバーグ 1個半 パスタ 200g ケチャップ 大さじ2 ソース 大さじ2 スライスチーズ 1枚 オリーブオイル 適量 【作り方】 1.袋に記載されている時間通りにパスタをゆでる。 2.フライパンにオリーブオイルをひき、前日の残りのハンバーグを冷たいまま入れて加熱していく。 3.木べらでハンバーグをそぼろ状になるまで砕いていく。 4.ハンバーグがそぼろ状になったら調味料を加えて混ぜる。 5.調味料がなじんだらスライスチーズをちぎって溶かしていく。 今回はスライスチーズで作っていますが、スライスチーズでなくても、チーズなら何でもOKです! 粉チーズでも、ピザの上にのせるようなチーズでもどれでも溶けていくのでおいしく作れます。 6.チーズが溶けたら、ゆでた麺を加えて馴染ませていく。 7.挽き肉が麺全体に絡んだら完成。 お好みでバジルをかけてもおいしくいただけます! 気になるハンバーグをリメイクして作ったボロネーゼは、ハンバーグに塩・コショウ、ナツメグといった下味がついているからか風味豊かでおいしいです。 下味があるからといって、ハンバーグの味を主張しすぎるわけではないので、私たちのよく知るボロネーゼそのものの味になりますよ! ハンバーグの中には玉ねぎも入っているので野菜を追加する必要もなし。 前日に調理済みのハンバーグを砕いて、調味料を合わせるだけなので、忙しい日の夕食でもパパッと準備ができるのでおすすめです。 まとめ 作ったハンバーグをリメイクしてロールキャベツやボロネーゼへと変身させるレシピを紹介いたしました。 どちらのレシピもめちゃくちゃ簡単に調理することができるので時短にもなります。 前日の残りのハンバーグをキャベツで包んでサッとゆでるだけだったり、ハンバーグを砕いて調味料と合わせて麺と絡めるだけなので、どちらのレシピも15分もあれば余裕で完成できちゃうはずです。 忙しい日に備えてわざと余分にハンバーグを作っておくのもアリです。 ぜひ、ハンバーグのリメイク術を活用してみてください!.

次の

「ロールキャベツ」の時短アレンジレシピ5選(作るの簡単)

ロール キャベツ リメイク

作り方• キャベツはざく切り、ぶなしめじは小房に分ける。 ベーコンは7~8mm幅に切る。 ボウルにひき肉、みじん切りの玉ねぎを入れて粘りが出るまで混ぜ合わせ、(a)を加えて混ぜる。 さらにごはんを加えて混ぜ、4等分にし、ハンバーグのように丸くまとめる。 厚手の鍋にサラダ油を熱し、薄切りの玉ねぎ、ぶなしめじ、ベーコンを加えて炒める。 玉ねぎが透き通ってきたら、キャベツの半量を敷き詰め、その上に 2 の肉を間隔をあけて並べる。 残りのキャベツを肉全体にかぶせるようにのせ、上から軽く抑える。 水を加えて、落としぶたをし、ふたをする。 沸騰したら弱火で約20分煮込む。 いったん火を止め、スープを残したまま、キャベツを崩さないように肉を取り出し、皿に盛る。 残ったスープにルウを割り入れて溶かし、再び弱火でとろみがつくまで約5分煮込み、 6 の上にかける。

次の