タイピング用 長文。 長文タイピングのコツとおすすめ練習方法

長文タイピング2nd約3360打鍵です

タイピング用 長文

タイピング 初級者〜上級者(ランキング付き) Flashタイピング「寿司打」のWebGL移植版です。 お皿が流れていってしまう前に文字をタイプしてどれだけモトを取れるかを競います。 クイズ+タイピング 漢字クイズとタイピングを合体させたようなゲームです。 「魚へん」のついた漢字1文字の読み方を当てて、ローマ字でタイピングしてください。 初級者〜上級者(ランキング付き) (なぜか)タイピングでポップコーンを召喚して、1分間でどれだけ多くのポップコーンを召喚できるかに挑戦するゲームです。 迅速かつ正確無比なタイピングで『伝説のポップコーンマスター』を目指しましょう。 初心者におすすめ 練習用タイピング EasyタイピングのWebGL版です。 単語の長さや練習量などを自分の好きなように設定できるタイピング練習ツールです。 クイズ+タイピング 県庁所在地当てクイズとタイピングを合体させたようなタイピングゲームです。 日本地図上でオレンジ色に光っている都道府県の 県庁所在地を当てて、キーボードでタイプしてください。 クイズ+タイピング 県名当てクイズとタイピングを合体させたようなミニゲームです。 日本地図を見て、ランダムにオレンジ色で表示される都道府県の名前を当ててタイピングします。 ミニタイピング 右から流れてくるランダムなアルファベットをタイピングで壊していく簡単なタイピングゲームです。 タイピング測定ツール 15問をタイプしてタイピングの速度を測定し、簡単にTwitterでつぶやけるツールです。 問題が長めの傾向&たまに変な言葉が出現します。 タイピング測定ツール 20単語をタイプしてタイピングの速度や正確性を測定し、簡単にTwitterでつぶやけるツールです。 初級者〜上級者 食べ物を狙って集まって来る小人さん達をタイピングで撃退して料理を守りましょう。 難易度は4段階、全8ステージで自動セーブ機能つき。 初心者〜上級者 ランキング付き とりあえず面倒なこと抜きで気軽にタイピングスピードを測ってみようというコンセプトです。 結果画面を画像でお持ち帰りできます。 初心者〜上級者 ランキング付き 変語バージョンでは2つの言葉をランダムに組み合わせて問題を生成するため、意味不明な言葉や不思議な言葉が出現します。 (やや長文な傾向あり) 結果画面を画像でお持ち帰りできます。 初心者〜上級者 ランキング付き 真夏の暗い森を舞台にしたAVG風のタイピングゲームです。 ちょっとだけホラーな部分があるかもだけど基本は脱力系です。 クリアすると遊べるモードが増えたりするよ。 初心者〜中級者 ランキング付き 回転寿司をモチーフにしたタイピングです。 お皿が流れていってしまう前に文字をタイプしてどれだけモトを取れるかを競います。 ゆっくり流れる「練習」からミスすると終わりの「一発勝負」など、自分のスキルにあったモードを選んでプレイできます。 ゴーストはタイプスピード、ミス、キータッチのリズムをほぼ忠実に再現します。 タイピング練習Flash 初心者〜中級者 シンプルなタイピング練習Flashです。 単語の長さや練習量を設定でき、プレイ中は画面にキーボードと次に打つべきキーの位置が表示されるので、タッチタイプを真面目にゆっくり練習したい方におすすめです。 キーボードはと配列を選べます。 ミニタイピングゲーム 初心者〜中級者 的に書いてあるアルファベットを時間内にどれだけ打てるかというミニゲーム。 最後にスナイパーとしての評価が出ます。

次の

長文タイピングのコツとおすすめ練習方法

タイピング用 長文

長文の文章のタイピング練習する時の方法は決して一つだけではなく、複数ありますので、それらを積極的に試してみると良いでしょう。 方法がさまざまにある事で、長文の文章のタイピングに飽きる事が無くなり、ずっと続ける事ができます。 途中で止めてしまうと、長文の文章を早くタイピングできなくなりますので、上手く方法を変えて、持続させましょう。 今の内に、長文の文章のタイピング練習をしておけば、レポートを作成する時などに、本当に役に立ってきます。 短時間で長文の文章を書く事ができるようになり、レポートにかける時間を簡単に削減させられます。 そのため、長文の文章のタイピング練習は意味がある物で、自分自身のためになってきます。 長文の文章のタイピング練習方法1 長文の文章のタイピング練習方法の2つ目は、新聞紙を活用する事です。 新聞紙も、文章が長文で書かれていますので、タイピングの練習には持ってこいの物になっています。 特に、新聞紙に関しては、現在の日本や世界で起きている事を知る部分にも繋がってきますから、知識を増やす面でも非常に良い影響をもたらします。 最近では、新聞紙を読まない人が増えていますから、長文の文章のタイピング練習も兼ねて、読んでみると適当でしょう。 新聞紙の内容は知っておいて、損は無い物ばかりですので、非常に良い物とされています。 よって、新聞紙を活用して、知識を増やすと共に、長文の文章のタイピング練習に役立てましょう。 長文のタイピング練習におすすめの例文は何か 長文のタイピング練習におすすめの例文もいくつかありますので、意識的に使用していきましょう。 おすすめの例文ですから、充分に効き目を期待でき、本当に長文をタイピングする時に生きてきます。 そのため、練習の際におすすめの長文を参考にして、自分の長文のタイピングに良い影響を与えるようにしましょう。 長文のタイピング練習をする時には、できる限り難しい文章が適切と考える人も多いですが、簡単な文章を何回も繰り返す方が賢明とされています。 簡単な文章ならば、誰でもしっかりとキーボードを打つ事ができて、徐々にタイピングの良い打ち方が身に付いてくるようになっています。 難しい文章よりも簡単な文章に絞る方が充分な効果を受けられる可能性が大きいですから、集中して、簡単な文章でタイピング練習をすると適当でしょう。 日本語 長文のタイピング練習におすすめの日本語の例文は、「おはようございます」や「こんにちは」などの挨拶から、「ありがとうございます」や「おめでとうございます」などの感謝・気持ちを伝えるような物を参考にすると良いでしょう。 日本人ならば、それらを日本語を早くタイピングする事は簡単ではありますが、基本的な部分こそ徹底して行いましょう。 「おはようございます」や「こんにちは」は一つの単語で、全く長文では無いですが、まず単語を早くタイピングできなければ、長文に関しもてこづる可能性がありますから、まずは単語からが適切でしょう。 そこから、徐々に長文のタイピング練習も行うようにしていけば、本当に上手くタイピングできるようになってきます。 長文のタイピング練習におすすめのツールとは 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさんありますので、上手く使っていきましょう。 自分自身の力で頑張る事も非常に良いですが、ツールを使う方がより早く長文のタイピング練習を行えますので、有効な方法とされています。 したがって、ツールをまだ使った事が無い人がいれば、まずは試しに手に取ってみると良いでしょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールのそれぞれには、違った特徴が存在していますから、そこをまず理解すると適当でしょう。 自分に合っているかどうかもありますため、前もって本当に合うかを調べておけば、より上手く活用できます。 そのため、おすすめのツールを使うには、事前の確認も大切になってきます。 漢字変換つき 長文のタイピング練習におすすめのツールの1つ目は、漢字変換つきのタイピング練習の物です。 本当に長文のタイピングをする時に、漢字の変換がわからなければ、そこで止まってしまう可能性がありますので、漢字変換つきタイピング練習で、ひらがなやカタカナをどの漢字にすれば良いかを学びましょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールの3つ目は、10分間で、どれだけの文字をタイピングできるかと言う物です。 時間制限がある事で、文字を打つ人の集中力を上げてくれますので、長文のタイピングを短時間でしたい人にとっては、非常に有効とされています。 よって、10分間の時間制限があるタイピングのツールも、長文のタイピングの練習にはもってこいの方法です。 歌詞 長文のタイピング練習におすすめのツールの4つ目は、歌詞のタイピングをする事です。 歌詞のジャンルは全く問わなくても良いですが、なるべく続けていけるように、自分の好きな歌手の歌詞にすると適当でしょう。 どの歌詞を選択するかによって、タイピングの慣れ具合も多少違ってきますので、どの歌詞にするかにも、可能な限り気を付ければ良いとされています。 長文のタイピングのコツはどこか 長文のタイピングのコツに関しても、複数あると言われています。 それらのコツをどういう風に生かすにより、どれだけ短時間で、長文のタイピングをできるかが変わってきます。 そのため長文のタイピングを行う時に、コツはかなり重要な物になっています。 もし、長文のタイピングをより早くしたい人がいれば、コツに頼る事も一つの手段です。 コツについては、少し意識しているだけでも効果が現れますから、使用の難しさはほとんど無いです。 実際にコツを使う事で、不利益を講じる部分もほとんどないですので、あまり心配し過ぎない方が良いでしょう。 したがって、コツは自分自身を助けてくれる物になり得て、長文のタイピングをより早くする事ができます。 コツ1 長文のタイピングのコツの1つ目は、キーボードの位置を覚える事です。 キーボードのどこに、どの文字があるかを頭の中に入れておけば、脳内で考えなくても良くなり、手が勝手に動きます。 少しでも脳内で考えていると、時間にロスが生まれますので、キーボードの位置を覚える事は、とても役に立ってきます。 最初の段階では、キーボードの位置を全て覚える事は不可能に近いですが、長文のタイピングの練習をしている内に、慣れてきますので、それほど心配しなくても良いでしょう。 本当にキーボードの位置を覚える事ができれば、今まで以上に多くの文字をタイピングする事が可能になってきます。 そこで、キーボードの位置を覚える事がどれだけ凄いかがわかります。 コツ2 長文のタイピングのコツの2つ目は、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事です。 できる限り先読みしていく事で、次に何の文字を打てば良いかを把握して、少しでも手が早く動くようにしましょう。 そうすると、長文のタイピングの早さが違ってきて、今までよりも本当に短時間で、長文をタイピングをする事ができます。 文字を打っている最中に、次の文字を見るかどうかにより、文字を打つスピードなどは異なってきますので、多少なりとも効果は表れます。 どれだけ早く脳内に次の文字を認識させるかが重要になってきますから、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事をやってみたい人や、興味や関心がある人は積極的に試してみると適当でしょう。 コツ3 長文のタイピングのコツの3つ目は、可能な限り短時間で、多くの文字を打てるように、頭の中で意識する事です。 意識するだけでは、全く効果は無いと言う人も中にはいますが、実際には意識する事は、かなり大事になっていますので、なるべく実践で試してみると良いでしょう。 どれぐらいタイピングをできるかが本当に違ってきますから、効果は充分に期待できます。 もし、頭の中で意識する事が本当に効果があるかを信じる事ができない人は、自分自身で一回でも行う事が大切です。 そこで、どれほどの効果があるかを実感する事で、効果を理解できる場合もあります。 したがって、頭の中で意識する事がピンと来ない人がいれば、自分で行動に移してみましょう。 長文タイピングをマスターしよう 長文の文章のタイピング練習方法は、教科書や新聞紙を活用するなど、決して一つでは無いですので、さまざまに試してみましょう。 ただ一つの練習方法を続ける事も良いのですが、それだと飽きる可能性も充分にありますので、他の方法にも目を向ける方が適切でしょう。 そうすれば、タイピングの練習によりバリエーションを持たせる事が可能になってきます。 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさん増えていますので、それらを使用する事も良いやり方の一つとされています。 具体的なツールとしては、漢字変換つきの物、無料の物、10分間の制限がある物、歌詞などがあります。 これらのツールは、長文んおタイピングにかなり役立てる事が可能ですから、積極的に使っていきましょう。

次の

今週のタイピング練習118

タイピング用 長文

パソコンを使ってブログの記事やメールの入力、打ち合わせの議事をタイピングする方は、スピーディーに長文をタイピングすることが多いでしょう。 そこで今回は、長文をタイピングするコツと、実際どのくらいのタイピング速度が必要なのか、さらに長文のタイピングを練習できるサイトを紹介していきます。 なおスピーディに入力するためのタイピング技術として、ホームポジションとブラインドタッチが必要ですが、それらについての説明はの記事を参考にしてください。 長文をタイピングするときのコツ あなたは一度にどのくらいの長文を入力したことがありますか?一気に長文をタイピングすると時間も集中力も必要なので肉体的、精神的な疲労が発生します。 そこで、一般的にタイピングしやすいと言われている姿勢が大切になってきます。 具体的には、背筋を伸ばす、ディスプレイは視線の高さより低く配置して40cmは距離を離す、肘の角度を90度以上にするということがよいと言われています。 まずはこの姿勢をとって疲労に負けない態勢をつくっていきましょう。 そして、長文をタイピングしていると、何度も同じ単語を入力すると思います。 何度も出てくる単語は日本語IMEの辞書に単語登録しておくと、変換効率やタイピングの手間が省けて楽ができます。 また、あなたの指や手のサイズとキーボードの間隔はどうでしょうか?何か違和感があるのならば、タイピングしやすいキーボードに変更するというのも、長文を早くタイピングするには良い方法です。 タイピング速度の目標となる数値 長文をタイピングするケースとして、自分の考えをブログやメールに向けてタイピングする、文字を見ながらタイピングする、もうひとつは音声を聞きながらタイピングする、ということが考えられます。 自分の考えをタイピングすることはあまりスピードを意識しなくてもいい場合が多いですが、文字を見ながらや他人の発言を聞きながらの場合はスピードが必要になります。 一般的に1分間当たりに人が話し続ける文字数は、250文字から300文字といわれています。 全日本情報学習振興協会で行っているでは会話や説明文を聞いて、ダイレクトに入力する能力を評価し、10分あたり3000文字を入力できる方は速記認定者となります。 しかしこれは超上級者なので、かなり修練が必要です。 まずは文字を見ながら10分あたり400文字を目標にして、クリアできるようであればヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 これだけでもかなりの熟練が必要ですので、まずは次にご紹介するサイトで地道に練習しましょう。 長文タイピングの練習ができるサイト こちらはブラウザでタイピングするタイプで、20000を超えるタイピングアプリが無料で使用できます。 長文のタイピングを目指す前にホームポジションから練習したい方にもおすすめです。 ただ言葉を入力するだけではなく、やる気の出る言葉や人生に役立つ言葉を中心に練習コンテンツを提供しています。 こちらも無料ですので、ポジティブな言葉の入力でご機嫌になりながら長文のタイピング練習をしてください。 長文はもちろん、いろいろなタイピング練習ができるサイトです。 太宰治の小説を入力しながら長文のタイピング練習ができます。 こちらのサイトでは、日本情報学習振興協会で行っている会話や説明文を入力する体験が可能です。 体験は3級試験の練習問題で、長文ではなく短文ですが改めて話し言葉のスピードが速いことを認識できるでしょう。 まとめ 長文タイピングは、文字を見ながらでは10分あたり400文字を目標にして、慣れてきたらヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 今回ご紹介したサイトで長文のタイピングを練習しながら、必要に応じて入力するタイピングする姿勢、単語登録などのツール、指や手にあうキーボードなどの機器を見直してください。 根気よく続けていて頂き、スピーディなタイピングを目指しましょう。

次の