ギガホ 2。 ドコモ「ギガホ増量キャンペーン2」期間は2020年5月1日~

【ドコモ】二年契約なし「新ギガホ」へのプラン変更は解除料発生の対象外(保留扱い)

ギガホ 2

スポンサーリンク ギガホ、ギガライトへの乗り換えは本当にお得? 今年の5月末頃、ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」のサービスが開始されました。 これまでの料金体系よりも、ずっとシンプルになり、わたしの場合は料金もうんと安くなる計算になります。 ところが、この新プランへの乗り換えは、スマホの端末購入にあたっての割引サービス「月々サポート」などを受けている場合、プラン変更とともに割引が受けられなくなるという条件付きだったのです。 旧プランのまま割引を受ける方が得か?それとも、安くなった新料金プランがお得か?これが悩みどころになりました。 このことについては、過去にドコモショップへ行って相談してきた記事がありますから、どうぞご覧になってください。 わたしは、そんな料金プランの提供が始まったことも知りませんでした。 汗 ですが、たまたま10月いっぱいで「月々サポート」が最後の適用になることと、更新月であることを思い出したのですね。 旧料金プランからギガライトに乗り換えるなら、いまがタイミングと思ってWebで手続きをしようとしたところ、このプランの存在に気づきました。 ですが、同じ名前の「ギガホ2」「ギガライト2」には、同じ名前なのに2つずつプランがあるようで、パッと見た感じでは違いが理解できませんでした。 そこで、ドコモショップの窓口で相談することにしたのです。 結論として「ギガホ2」「ギガライト2」はこれまでのドコモの料金プランのルール変更がポイントになりそうです。 「2年縛り」のルール緩和• 解約金が1,000円に変更• 解約金なしの選択肢もある ドコモショップで聞いてきた話を、ざっくりとまとめるとこんな感じです。 それでは、もう少し詳しく紹介しようと思います。 2年縛りのルールが緩和 これまでのスマホの料金プランは何かと「2年縛り」のイメージがありました。 「2年間の利用を条件に、料金を割引きます。 ただし、途中で解約する場合は9,500円の解約金を頂きます」という内容です。 たしかに割引の恩恵はあったのですが、この解約金というのが、何かとネックになることが多かったのですね。 ところが、この10月からは2年縛りの解除料が1,000円に変更されました。 これは本当にうれしいニュース!解約金が1,000円になることで、2年縛りという呪縛から解放されるのは大きなメリットといえますよね。 解約金1,000円は10月以降の契約が対象 ここがとても大きなポイントです。 解約金が1,000円になるのは、10月1日以降に新規契約した方が対象になります。 つまり「ギガホ2」「ギガライト2」を契約した方が対象になるということですね。 それ以前の旧料金プランで継続利用している方は対象外。 2年縛りのプランであれば、9,500円の解約金が発生するというのですね。 ギガホ、ギガライトも6月のリリース時に契約している方も同様です。 ですが、それだと早くに新プランへの乗り換えをした人にとっては、当然、不満の声があがりますよね。 そこで、次のような資料を頂きました。 【解約金の保留について】 解約金のある料金プランなどをご契約中で、更新期間以外にプラン変更された場合、解約金は保留されるためプラン変更時にはかかりません。 ただし、変更前料金プランなどの契約満了月の前月までに解約などをおこなった場合は、変更前料金プランなどの解約金がかかります。 結局は「ギガホ2」「ギガライト2」にプラン変更はできるけれど、変更前の契約満了までは解約金が、旧体制の9,500円で発生しますよ。 ということですよね? わたしはそういう風に聞こえました。 ですから「解約金が1,000円になったんだよね」と思い込んでいると危ういということだと思います。 「ギガホ2」「ギガライト2」には2つの選択肢がある! 2019年10月からスタートした「ギガホ2」「ギガライト2」には、それぞれに2つの選択肢があります。 解約金がない「定期契約なし」• 解約金がある「2年定期契約」 「定期契約なし」を選んだ場合は、以前のギガホやギガライトの料金よりも170円高くなります。 その代わりに、いつ解約をしても解約金は発生しません。 「2年定期契約」を選んだ場合は、これまでと同様の2年縛りと考えてよさそうです。 ただし、解約金が1,000円に変更になります。 正直、解約金が1,000円になってくれるなら、2年定期契約でよいと思ってしまいました。 だって、定期契約なしを選んだとして、170円が上乗せされるわけですから、解約金の1,000円と比べると、6か月未満で解約しない限りはメリットがないような・・・ どちらにしても、10月1日以降にプラン変更や新規契約をしないと、適用が受けられませんから、自分が現在、どのプランの適用になっているのかを確認してみることをおすすめします。 2年縛りなしのプランを安く利用する方法 これはショップの窓口でお話を聞くことができたのでシェアしますね。 新料金プランのギガホ2・ギガライト2の「定期契約なし」のプランは、いつでも解約金なしで利用できるメリットがあります。 ですが、2年縛りのプランと比べると毎月の料金が170円高くなってしまいます。 ここからがポイントです。 「定期契約なし」のプランを選択した場合でも、支払い方法をdカード(クレジットカード)に指定すれば、2年縛りのプランの料金でOKだというのです。 このあたりが、駆け引きのポイントになりそうですね。 キャッシュレス決済での還元キャンペーンでは、d払いやdポイントなどが使えるお店も増えていますから、わたしは年会費無料のカードを作ることにしました。 ちょうど、ETCカードも作りたいと思っていたので一緒に申し込んできましたよ。 ということで、今回は10月からの新プラン「ギガホ2」「ギガライト2」についてお話しました。 今回の記事がみなさんの参考になればうれしいです!.

次の

【ドコモ】ギガホ⇒ギガホ2へのプラン変更は違約金が発生する?変更時の2年縛りとその後の契約内容について

ギガホ 2

ギガホはたっぷり使える30GBの定額プラン ギガホとは? ギガホは「家族間国内通話無料」「データ通信」「インターネット接続サービス(ISP)」のがセットで使える定額料金プランです。 従来のプランは「基本料金(通話プラン)」「データプラン」をそれぞれ選択し、そこに「ISP」料金をプラスして毎月の料金が決定していました。 自分で使い方に合わせたプランを組める半面、ある程度詳しくないと自分にあったプラン設定をするのが難しかったと思います。 従来プランに比べて大変わかりやすくなっています。 定期契約ありは、2年ごとの更新月以外に解約すると、1,000円の解約金がかかります。 ウルトラデータLLパックから3割安い また、従来のプランはデータ容量の上限が達すると、通信速度は翌月まで最大128kbpsに制限されていました。 しかし新プランでは 最大1Mbpsでの通信ができるので、通信制限にかかったとしても以前より速い速度で利用できます。 従来プランではウルトラデータLLパックが30GBで8,000円だったので、同じデータ量でも月額料金が安くなったことがわかります。 ギガライトは使ったデータ量で料金がかわる従量制プラン ギガライトとは? ギガライトはギガホと同じく「家族間国内通話無料」「データ通信」「インターネット接続サービス(ISP)」の3つがセットで使える定額料金プランです。 ギガホとの違いは利用したデータ量によって料金が変わる従量制プランという点です。 定期契約ありの期間も同じく2年間で、更新月以外に解約すると、1,000円の解約金です。 従来プランより最大4割安い 従来プランの「ベーシックシェアパック」が従量制プランでした。 それぞれステップで2~4割月額料金が安くなりました。 ギガライトの制限速度はギガホと違い、最大128kbpsとなるので注意が必要です。 基本プランが変更!通話はオプションで選択 通話はオプションサービスで選択 従来のプランでは基本プラン(980円~)としてデータプランとは別に必ず音声プランの加入が必要でした。 新プランはギガホ・ギガライトのオプションとして音声プランの選択が出来るようになり、より必要な人だけが利用できるものとなりました。 基本プラン(従来プラン)との違い 基本プラン(従来プラン)と音声オプション(新プラン)の違いをサービス内容別に比較してみます。 また、 月額料金はどのオプションも約1,000円安くなっています月額料金はどのオプションも約1,000円安くなっています 家族間の通話料金が無料なので、家族全員でドコモを利用すると、オプションをつけないという選択肢もでてくるのでよりお得にご利用いただけますね。 ギガホとギガライトに使える割引サービス ギガホとギガライトで適応できる割引サービスが用意されています。 安く利用できるポイントになってくるのでぜひ抑えておいてください。 ファミリー割引のグループ内の対象音声回線の数に応じて、最大1,000円が割引されます。 各回線ごとに割引がはいるので、家族でドコモを利用している場合はぜひファミリー割引のグループを組んでおきましょう。 みんなドコモ割が適応できるファミリー割引のグループは、同居・別居にかかわらず三親等以内の親類になります。 ドコモでも他社からでも対象になります。 ギガホとギガライトの料金が、 最大12ヶ月月額1,000円割引されます。 半年間とはいえ破格の料金ですね。 新プランと従来プランを比較。 本当にお得? 月額料金は安くなる? ここまで新プランについて紹介してきました。 次は旧プランと比較して新プランは本当にお得なのかどうかを比べてみます。 単体契約で新プランで契約の場合 ひとり利用した場合の料金はどれくらいになるか、5GB未満だった場合と30GBの2パターンで比較をしてみます。 なお、この比較での通話プランは旧料金ではシンプルプラン、新プランではオプションはつけない場合で計算。 新プランでは5GBはギガライト、30GBはギガホで比較します。 シンプルになっただけでなく、月額料金も抑えられるのはとても嬉しいですね。 ちなみにギガホとギガライトを選択するポイントは、 毎月のデータ利用が5GB以上か以下で決定するのがおすすめです。 ギガライトで5GB以上のデータ通信を使用すると7GBの料金が適用され、月額料金が5,980円となります。 ギガホとの料金は1,000円しか変わらず、利用できるデータ量や制限まで使い切ったあとの制限速度の違いなど考えるとギガホ契約するのがお得です。 家族利用で新プランで契約の場合 続いて家族利用をした場合の料金を比較します。 家族3人で利用した際の料金がいくらになるかをひとり利用と同じように、5GBと30GBの月額を比べます。 なお、月額料金は3人での合計料金で、従来プランはウルトラシェアパック50の料金を、新プランは みんなドコモ割を適応した金額で比べます。 シェアプランはデータ容量を分け合って使うため、家族の誰かが多くのデータ量を使ってしまうと必ず5GB使えるものではありません。 安心して決められた容量を使うということであれば、ギガライトをおすすめします。 今回比較した従来プランのシェアパックは50GBなので、一人あたり利用できるデータ量は16GB程度。 料金だけでなく使えるデータ通信量も新プランのほうが大きいので、データ通信を沢山するという方であれば、 新プランにしたほうが圧倒的にお得です。 新料金プランの注意点 新料金プランには良い面があるだけではなく、移行前に注意しないといけないことがあります。 ポイントに分けて解説していきます。 従来プランは受付終了 新プランの提供とともに、従来プランの新規受付は終了となります。 変更後にプランを戻したいということはできないので、よく確認した上で変更をしてください。 現在従来のプランを利用している方はそのまま継続利用ができますし、パケットプランの変更をすることも可能です。 「docomo with」から新プランに移行すると割引が外れる docomo withの割引が外れる docomo withは対象機種の購入で月額料金を1,500円割引してくれるサービスです。 しかしプラン変更をすると、当然この割引の適用が外れてしまいます。 docomo withは2年を過ぎて、端末の分割代金を払い終えても割引が継続するので、こちらから新プランに変更するとかえって高くなってしまう場合があります。 同じスマホ端末を長く使い続けたいという方はそのまま継続で使った方がいいかもしれません。 「月々サポート」適応中に移行すると月々サポートが外れる 月々サポートが外れる 月々サポートは、ご購入日の翌月を1か月目とし24ヶ月間一定の額を利用料から割引するサービスです。 同様に月々サポートを利用している人も、プラン変更してしまうと割引が外れます。 24ヶ月間の割引期間がありますが、途中解約してしまうと残りの割引は適応にならないので、存してしまうことがあります。 期間がどのくらい残っているか確認が必要です。 「端末購入サポート」は期間前に変更すると解除料がかかる 端末購入サポートは、購入日の翌月を1か月目とし12ヶ月目まで使い続けることで、機種代金の一部が割引されるサービスです。 端末購入サポートもプラン変更すると外れてしまいます。 端末購入サポートに関しては端末の残債+割引の半額分の違約金が発生するので、こちらも期間と残債額の確認を必ず行いましょう。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

ギガホ増量キャンペーン2

ギガホ 2

ドコモの料金プラン「ギガホ」とは? 「ドコモにはさまざまな料金プランがあって、正直よくわからない…」という人もいるでしょう。 今回は、「ギガホ」という料金プランに絞ってわかりやすく解説します。 ギガホは2019年6月開始の新料金プラン 「ギガホ」とは、2019年6月からスタートした、 月額・定額制の新料金プランです。 毎月、データの使用量が多く、通話よりも動画を見たり、インターネットをするためにスマホを利用するという方向けのプランです。 「ギガホ」と「ギガホ2」の特徴を比較 「ギガホ」は2019年6月にスタートした料金プランですが、実は2019年10月1日から 「ギガホ2」という料金プランもスタートしているのです。 同じ名前なのでとても分かりにくいのですが、2つの料金プランの特徴をまとめました。 ギガホの特徴 2019年9月30日までの「ギガホ」という料金プランです。 ギガホは、月額料金を払うことで、 容量30GBまで利用可能なプランです。 上限を超え、速度制限がかかっても 送受信最大1Mbpsで引き続き利用することが可能です。 以下のような特徴があります。 2年定期契約なしの場合、ギガホ2は7,150円と定期契約より170円高いですが、dカード支払を選択すると「dカードお支払割」が適用され、-170円になり相殺されます。 また、ギガホとギガホ2では、更新月以外の解約時に発生する「解約金」に大きな差があります。 ギガホは9,500円ですが、ギガホ2ではそれが1,000円とかなり安くなっています。 ギガホ2は、すべての割引を最大限適用することで、月額3,980円~というお得な料金で利用できるようになります。 しかし、2019年9月30日以前のギガホプランを利用している方は、 見直しが必要なんです! ドコモでは、2020年1月1日から「ギガホ増量キャンペーン」といって、通常最大30GBの容量を、プラス30GBで最大60GBに増量するキャンペーンを行っています。 しかも、速度制限がかかっても送受信最大1Mbpsというのは変わらないため、事実上「使い放題」だと話題になっているのです。 旧ギガホプランの方は2020年4月30日で終了! このキャンペーン、実は2019年9月30日までの旧ギガホプランの方は、 2020年4月30日で終了してしまいます。 「ギガホ増量キャンペーン」は一度2020年4月30日で終わり、5月1日からまったく同じ内容で終了時期が未定の「ギガホ増量キャンペーン2」がスタートします。 この「ギガホ増量キャンペーン2」は、対象プランが「 ギガホ2のみ」ということなのです! つまり、旧ギガホプランの方は対象外のため、「ギガホ増量キャンペーン2」を適用するためには ギガホ2へ変更しなければならないということです。 「5月以降もギガホ増量プランを引き続き利用したい!」という方は、ギガホ2へ変更しましょう。 ギガホ2への変更は、ドコモの公式サイトで手続き可能です。 ギガホ2に変更することによって、5月以降も引き続き60GBという大容量でプランの継続ができます。 はこちらから確認できます。 2年定期契約なしの方も、ギガホ2なら「dカードお支払割」で月額使用料の差額が実質0円になる。 ギガホのままだと増量できない まず、先ほどご紹介した「ギガホ増量キャンペーン」は2020年4月30日で一度終了し、新たに「ギガホ増量キャンペーン2」へと移行します。 このとき、旧ギガホ(20197年9月30日までに申し込み)の方は対象外となってしまいます。 変更しないままでいると、最大容量30GBになってしまい、事実上30GB分も損をしてしまうのです。 ギガホのままだと月額使用料と解約金で損をする 「最大容量30GBでもいいから、変更するのは面倒…」と思っている方は、月額使用料と解約金をチェックしてみましょう。 旧ギガホの方は、解約金が9,500円かかるので更新月以外に解約するときには9,500円支払うことになります。 ギガホ2に変更した場合、この解約金が1,000円になるのです。 旧ギガホの方は、2年定期契約なしの場合、解約金は0円ですが、2年定期契約の場合と比べて1,500円も月額使用料が高く損をしてしまいます。 さらに、ギガホ2なら月々のお支払をdカードにすれば、「dカードお支払割」が適用されるため-170円になり、 実質差額が0円になるのです。 はこちらからご確認ください。 ギガホのままでプラン変更しなくても問題ありませんが、ギガホ2に変更したほうがいろいろとお得になります。 「ギガホ増量キャンペーン2」がはじまる前に、ぜひギガホ2への変更をおすすめします! ギガホからギガホ2への変更は無料 ギガホでは9,500円 税抜 の解約金が設定されています。 この解約金が気になってギガホ2への変更をためらっているという方も多いことでしょう。 しかし既にギガホを利用している方がギガホ2へ移行する場合、 更新月以外でも解約金は必要ありません。 【要注意】更新月は引き継がれる ギガホからギガホ2へ移行する際の注意点• 解約金9,500円 税抜 は【保留】となる• ギガホ2に移行しても更新月以外なら解約金9,500円 税抜 が必要• プランを移行して更新月を過ぎると解約金は1,000円 税抜 になる 更新月以外にギガホからギガホ2へ移行した場合、上記の通り解約金9,500円 税抜 は必要ありません。 ただしこれは「次の更新月まで保留」となっただけで解約金がなくなったわけではありません。 ギガホ 旧プラン の 契約更新月はそのまま引き継がれているため、それ以前にギガホ2を解約した場合解約金9,500円 税抜 が発生してしまいます。 ドコモの解約を考えている方は事前にギガホの更新月を確認しておくようにしましょう。 もちろん、契約更新月以降はギガホ2の解約金などが適用されます。 CPUにはSnapdragon 855を搭載しており、6GBのRAM・64GBのROMとハイエンドモデルとして十分な基本スペックを持ちます。 最大の特徴は約6. 1インチの有機ELディスプレイが 21:9という縦長の比率となっている事で、これにより映画・動画を大迫力で堪能する事が可能。 更に背面のトリプルレンズカメラで美しい写真撮影が楽しめますし、シネマ撮影機能で映画のような動画作りも行えます。 もちろん、21:9のシネマワイドディスプレイはゲームプレイ時にも快適な操作感・視認性を実現。 Xperia 5 SO-01Mは映像・音楽・ゲームなど、エンターテイメントを存分に楽しみたい方におすすめできる機種となっているのです。 AQUOS zero2 SH-01M約6. 4インチの有機ELディスプレイを搭載していながら 約141gという超軽量が魅力のスマホです。 更にCPUにはSnapdragon 855、8GBのRAM・256GBのROMとスペックも高くまとまっています。 背面カメラこそデュアルレンズですが、広角+超広角で美しい撮影が可能です。 また、タッチパネルのレスポンス向上・専用メニューの搭載など特にゲームに特化した機能が強化されている点は見逃せません。 外部メモリこそ対応していませんが、ストレージが256GBあるため不足するような事はないでしょう。 淡いピンク色と濃いピンク色の2種類のピンクに、ベーシックカラーのブラック・シルバーホワイトの4色展開で男女問わず取り入れやすいカラーバリエーションが人気です。 AQUOS史上最長といわれる 1週間の電池持ちを実現。 わずらわしい充電の頻度を抑えることができます。 スマートフォン初心者でも扱いやすいよう「かんたんモード」が搭載されており、シンプル操作と見やすい大きな文字で使いやすい機種です。 初心者のみならず、「使いやすくてシンプルなスマートフォンが欲しい!」というすべての方におすすめです。 シックな色合いがお好みの方に適しています。 コンパクトサイズで持ちやすいので、女性にも支持されています。 コンパクトながら、大画面で、 約5. ソニー独自のトリルミナスディスプレイ for mobile搭載で、美しく豊な色彩が魅力です。 カメラは持ち歩かず、写真を撮るときはいつもスマートフォンを使うという方にピッタリ。 もっとおすすめ機種を見たい方は、をご紹介しているので是非チェックしてみてください。 2020年5月以降「ギガホ増量キャンペーン2」としてギガホ増量サービスを受ける場合は、ギガホ2への変更手続きが必要です。 ギガホ2への変更は ドコモのサイトから申し込みできます。 ギガホ増量は、実質使い放題といわれるほど容量が大きく、魅力的です。 旧ギガホプランの方は、ぜひギガホ2の料金プランへ変更して、お得なサービスを継続して受けましょう! この記事を読んだ人におすすめの記事• 今回は、ドコモ光セット割で携帯料金を最大4,257円安くする方法を解説します。 ドコモならドコモ光セット割で、携帯料金を最大4,257円安くできます。 本記事では、過去のシェアパックの情報も含めつつ、ドコモ光セット割で携帯料金を安くする方法を解説。 ドコモ光と […]• 大手キャリアの中でも根強い人気を持つドコモですが、なぜドコモはこんなにもユーザーに支持されるキャリアとなっているのでしょうか。 今回は、長年ドコモを使い続けている筆者が、ドコモを使い続けている理由、ドコモが選ばれる理由について解説していきます。 ドコモを選ぶメリット […]• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• グローバル化が進んでいるため、仕事やプライベートなどさまざまなシーンにおいて海外にてスマートフォンを使えることは重要です。 そこで、ドコモから提供されている「海外パケ・ホーダイ」が注目されています。 この記事では、「海外パケ・ホーダイ」とはどういった内容なのかを解説 […]• そこで今回は、ドコモの5G専用のプラン5Gギガホと5Gギガライトを分 […].

次の