熊本 市 プレミアム 商品 券。 消費増税迫る!「プレミアム付き商品券」が販売されるのはご存知ですか?

消費増税迫る!「プレミアム付き商品券」が販売されるのはご存知ですか?

熊本 市 プレミアム 商品 券

新型コロナウイルス(新型肺炎・COVID-19)の感染拡大により地域経済に深刻な影響が出ていることを受け、2020年度(令和2年度)予算を活用し、プレミアム商品券や宿泊券・食事券の販売を予定している自治体に注目し、なかでも全国の皆さんがインターネットを通して購入できる地域に限定し紹介します。 新型コロナの影響で、観光客が激減し、多くの人が不要不急の外出を控えていることもあり、日本でも大きな景気刺激策が必要となってきました。 政府も国民への現金給付等を検討していますが、早急に支援が必要と判断した各自治体が自ら観光支援や地域経済の活性化に取り組んでいます。 現在、こういった商品券類は、クラウドファンディングが主流となっていますので、それらも含めて紹介しています。 誰でも購入できる!プレミアム付き商品券・食事券の販売情報 以下に紹介するプレミアム商品券販売情報は、 記事投稿日時点の情報であり、商品券販売が確約されたものではありません。 政府の経済対策は一人当たり10万円!新型コロナ・地域経済への復興支援 自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急経済対策」の柱の一つであった国民への直接給付について「現金10万円」とし、商品券での給付はしない方針となりました。 地域によっては、プレミアム付き商品券などの配布を行い、さらなる支援強化を行い、地域経済活性化を目指します。 クラウドファンディングによる支援について 地域によっては、クラウドファンディングを利用したプロジェクトを立ち上げ、「商品券」や「食事券」を返礼品としています。 クラウドファンディングは、応援して欲しい事業(プロジェクト)に対して全国から賛同者を募り、資金を集める手段で新型コロナウイルスや近年の災害等により、注目を集めています。 詳細は、公式サイトにてご確認ください。 北海道 東北地方 岩手県大船渡市「未来のうんめぇプロジェクト」(1割お得!) 大船渡市商工会議所青年部らは、市内の飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の1割増となる「応援チケット」です。 関東地方 茨城県大洗町「大洗おかえりミッション!」(1割お得!) 大洗観光協会は、市内の宿泊施設や飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の1割増となる「応援チケット」です。 茨城県桜川市「未来のお買い物プロジェクト」(3割お得!) 桜川市商工会青年部は、市内の飲食店や小売店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の3割増となる「未来のお買い物券」です。 茨城県つくば市「飲食店応援プロジェクト」(2割お得!) つくば市は、市内の飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の2割増となる「応援チケット」です。 中部地方 新潟県長岡市「やっぱり好きんが長岡 未来応援プロジェクト」(1割お得!) 長岡商工会議所青年部は、市内の飲食店や小売店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の1割増となる「応援チケット」です。 静岡県下田市「伊豆下田応援プロジェクト」(1割お得!) 下田市は、市内の宿泊施設や飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の1割増となる「下田LOVEチケット」(魅力的な特産品もあります。 )です。 関西地方 三重県 桑名市プレミアム付き応援食事券(4割お得!) 三重県桑名市は、市内の飲食店を応援するため、「桑名市プレミアム付き応援食事券」を販売します。 【額面等】 7,000円分の食事券を5,000円で販売 【実施時期】 2020年5月7日~10月31日 三重県 オール四日市!飲食店応援「さきめし券」(4割お得!) 四日市市は、市内の飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、4割お得な「さきめし券」で、すでに2億円以上の支援金が集まっているほどの大人気プロジェクトです。 滋賀県 滋賀の「おいしい」を守りたいプロジェクト(1割お得!) 滋賀県内の飲食店を営む有志らは、飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、1割お得な「お食事券」です。 中部地方 四国地方 九州・沖縄地方 鹿児島県霧島市「飲食店を支援するプロジェクト」(2割お得!) 霧島市は、市内の飲食店を支援するため、クラウドファンディング(CAMPFIRE)を通して全国から応援者を集めています。 返礼品は、支援額の2割増となる「応援チケット」です。 新型コロナウイルスの復興支援が始まっています! 新型コロナウイルスによる経済対策は、プレミアム商品券の発行以外にも旅行者の宿泊料の一部を割り引く「ふっこう割」や特産品を割引価格で販売するかつての「ふるさと割」のような支援策が各自治体で検討されています。 また、農林水産省は卒業式やイベントの中止により、余った花を支援しようと「花いっぱいプロジェクト」を立ち上げました。 こういった制度を活用し、少しでも地域経済の活性化に役立てればと思います。

次の

山鹿市脱コロナプレミアム商品券について

熊本 市 プレミアム 商品 券

電話 : 092-715-9017• 開設期間 : 令和2年5月29日まで• 福岡市においても、対象となる方々に対して、プレミアム付商品券の販売を行いました。 購入対象者について 購入対象者1(市民税非課税の方) 平成31年度市民税(均等割)が課税されておらず、平成31年1月1日時点で福岡市に住民票がある方 ただし、課税者と生計同一の配偶者・扶養親族等、生活保護の受給者 などを除きます。 購入対象者2(子育て世帯) 平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれた子が属する世帯の世帯主で、お子さんの誕生日に応じた各時点において福岡市に住民票がある方 各時点については以下のとおり• 平成28年4月2日~令和元年6月1日生まれの子については、令和元年6月1日時点• 令和元年6月2日~令和元年7月31日生まれの子については、令和元年7月31日時点• 利用可能期間:令 和元年10月1日~令和2年3月31日 利用登録店舗 福岡市内の店舗から利用登録店舗を募集しました。 利用登録店舗一覧は下記に掲載しております。 商品券の購入方法について 指 定の商品券販売所にて,商品券を販売しました。 購入対象者1(市民税非課税の方) 購入を希望される方には、申請書を提出いただき、審査を行ったうえで購入引換券を交付しました。 購入対象者2(子育て世帯) 対象の方には、購入引換券をお送りしました。 (申請手続きは不要) 他市区町村から福岡市に転入された方について 他市区町村から福岡市に転入された方で、転入前の市区町村で発行された購入引換券をお持ちの方については、転入前の市区町村で発行された購入引換券と、福岡市が発行する購入引換券との交換手続きを行いました。 募集期間:令和元年7月1日~令和2年1月31日 プレミアム付商品券に関するお問い合わせ先 福岡市プレミアム付商品券に関するお問い合わせ先(コールセンター) 福岡市プレミアム付商品券コールセンター (購入者・利用者向け).

次の

増税対策商品券不評 低所得者の申請九州2割 購入費「余裕ない」|【西日本新聞ニュース】

熊本 市 プレミアム 商品 券

新型コロナウイルス感染拡大を受けた市町村独自の住民支援策で、熊本県内45市町村のうち、少なくとも7町村が現金や商品券を全ての住民に配布することが23日、熊本日日新聞社の調査で分かった。 また子育て世帯を対象にした10万円の給付など、39市町村が住民へのなんらかの生活支援や経済支援を予定。 検討中の自治体もあり、さらに増えるとみられる。 全住民や世帯に現金や商品券を配るのは玉東町と南関町、和水町、産山村、南阿蘇村、氷川町、水上村。 産山村は全村民に現金1万円に加え、全世帯に1万円分の商品券を配布。 その他6町村は5千円分の商品券を配る。 子どもや子育て世帯に限定した支援は少なくとも19市町村が予定。 芦北町と和水町は大学生ら1人につき最大10万円を支給。 水上村は全児童・生徒に2万円の商品券を配布し、高校2~3年生にはさらに1万円を支給する。 山鹿市は国の「特別定額給付金」(10万円)の対象外となる4月28日以降から来年3月末までに生まれた赤ちゃん1人ごとに10万円を母親に支給する。 親元を離れた大学生らに対しては、美里町、南小国町、あさぎり町が農産物を送るなどのユニークな支援もある。 商品券の大半は地域限定だが、西原村や益城町が全小中学生に図書カード(3千~5千円)を配布する。 高森町はケーブルテレビで中学生向け受験対策講座を放送した。 上天草市は市内旅館・ホテルの宿泊費の半額助成を決め、玉名市も宿泊をセットにクーポン券を発行する。 一方、熊本市や八代市など15市町村が、プレミアム付き商品券や食事券などを発行するか、発券を計画する商店街や商工会などに助成する。 割増率は20~500%までさまざまだった。 飲食店の宅配やテークアウト利用者への助成も3市町が実施予定。 人吉市や相良村などは検討中としている。 同じ家族構成でも、居住地によって受け取る金額は10万円以上の開きが生じるケースがあり、識者は「県民全体から見ると不公平感は否めない」と指摘している。 例えば、大学生と高校3年生の子どもがいる4人家族の場合、和水町なら商品券(5千円)が4人、大学生10万円、高校生1万円の合計13万円分を世帯で受給できる計算だ。 一方、熊本市などでは現金等の給付は受けられない。 支援策は全般的に人口が少ない町村の方が手厚い。 比較的少ない予算で実施できることや、首長の考え方が施策に反映されやすいためとみられる。 それぞれの市町村で財政事情は異なるが、独自支援の財源の多くは地方創生臨時交付金や財政調整基金などが活用された。 新型コロナは終息したわけではなく、今後の第2波に備えるためには、財源の健全性を十分考慮しておく必要もある。 県立大総合管理学部の小泉和重教授(地方財政論)は「自治体間のアイデア競争の様相で、政策がどのような効果を期待しているのか見えにくい。 本当に困っている人を把握し、優先的に支援を届けることが重要だ」と指摘。 その上で「県民全体で見ると、市町村で異なる支援策は不公平感がある。 新型コロナはオール熊本で検討すべき課題であり、県が中心となって支援策を統一していくべきではないか」と話している。 LINEで「友だち」追加していただくと、取材班への情報提供やチャットでのやりとりができます。 意見募集やアンケートなども実施します。 投稿フォームなどからの情報提供も受け付けています。

次の