お盆 送り火 は いつ。 迎え火・送り火の日にちはいつ?やり方や意味についても解説します!|終活ねっとのお坊さん

お盆に『迎え火』と『送り火』をしますが、いつやるのですか?お盆の期間中...

お盆 送り火 は いつ

送り火を行う日は8月16日の夕方 今年の2019年だと16日は金曜日になり、一般的なお盆休み期間の中日にあたります。 もしも、16日がどうしても厳しいと言う人がいる場合、前日の15日に行ってもいただいても問題ありません! 地域によっては15日に行うことが一般化しているところもありますので、そのあたりはご自身の予定と照らし合わせながら柔軟に対応すると良いでしょう。 ただ、こちらも日付と同じように、地域によっては敢えて朝や早朝に行うところもありますので、地域に合わせた時間帯で行うことをオススメします。 お盆の時期が近づくと、近所のスーパーやホームセンターなどで数百円で手に入るかと思いますので、事前にチェックしておくと良いと思います。 おがらと焙烙で送り火を行っている風景 本来のやり方は、「焙烙 ほうろく 」と呼ばれる素焼きの平皿の上で麻がらを燃やすのが正しい送り火の方法ですが、焙烙がない場合は耐熱皿などで代用することも可能です。 マンションの方は火災報知器にも お盆の送り火にロウソクや松明を代用することもある? 私のお家では昔からおがらを使用していますが、お家によってはロウソクや松明などを送り火として使用するご家庭もあるそうです。 私もいつか松明を玄関先で燃やせるほど立派な家に住んでみたいものですが、あまり個人宅で松明を燃やしているところは見掛けませんね 笑 他にも、海の送り火としては盆棚の供物を盆船で流す精霊流しや灯籠流しも有名ですね。 札幌護国神社の灯籠流し 山の送り火だと「大文字焼き」も様々なところで行われているので、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 私は和歌山に住んでいますが、毎年お盆の終わりになると様々な山で大の字に火が上がっているのが見ることができます。 有名所で言うと、京都市の五山の送り火が特に人気ですよね。 お盆の送り火の日 まとめ いかがだったでしょうか?お盆の送り火について新たな学びがあったなら幸いです。 私も最近体の調子が良くないことが続いていますので、今年の送り火からは「またぐ」風習を我が家にも取り入れようかと思っています・・・。

次の

お盆の送り火はいつする?方法は?マンションだとどうしたらいい?

お盆 送り火 は いつ

お盆っていつからいつまで? お盆の期間は、一般的には8月13日~16日の4日間とされています。 2020年は、8月13日(木)~16日(日)です。 10日(月)が祝日なので、11・12日にお休みできたら、9連休になりますね。 かつては、旧暦の7月13~16日がお盆でした。 新暦でいうと、8月中旬~9月初旬ごろです。 お盆の起源はよく分かっていませんが、日本では古くから真夏にご先祖様を供養する風習があったようです。 そこに、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という、旧暦7月13~16日に行われる行事が伝わり、だんだんと一つの行事になっていったと考えられています。 明治6(1873)年に日本は新暦になり、多くの地域では、分かりやすくちょうど1カ月ずらして 月遅れにして 、8月15日前後に行うようになりました。 このお盆は、かつての旧暦のままに近いので「旧盆」「旧のお盆」と呼ばれることもあります。 地域によるお盆期間の違い 地域によって、お盆の期間は異なります。 「旧盆」も含め、代表的な3パターンを挙げてみます。 「新のお盆」、または「東京盆」と呼ばれることもあります。 他の地域より1日短く、旧暦7月13日~15日の3日間が一般的です。 沖縄の伝統芸能「エイサー」はいわゆる盆踊りで、ウークイと呼ばれる3日目に演舞が披露されます。 新盆(初盆)とは? 「旧盆」と呼ぶんだから、「新のお盆」を「新盆(しんぼん)」とは呼ばないの?と疑問がわきますね。 呼ぶこともありますが、新盆という言葉には、また別の意味もあるのです。 「新盆」とは、人が亡くなって、四十九日の法要を終えてから、初めて迎えるお盆のことを指します。 にいぼん、あらぼん、しんぼん、または「初盆(はつぼん)」と呼びます。 ちなみに「しんぼん」は千葉県や長野県、「あらぼん」は北関東、「にいぼん」は中部以東での呼び方の多数派だとか。 西日本では「初盆」が多いようです。 お盆には何をするの? お盆の前の準備は? お盆は地域によってさまざまな風習がありますが、一般的な例を紹介します。 この日を境にお盆入りと考え、準備をしていきます。 ・お墓の掃除、お墓参り ・仏壇の掃除 ・盆提灯などの用意 などを行っていきましょう。 台の上に敷物を敷き、ナスやキュウリで作った精霊馬(しょうりょううま)などを用意します。 精霊馬は、ご先祖様があの世とこの世を行き来するための乗り物です。 キュウリは馬、ナスは牛を表していて、来るときは馬で早く、戻るときは牛のようにゆっくり帰っていってほしい…との願いからだとか。 火を焚くのは、ご先祖様が迷子にならないように…との願いを込めたものです。 果物や甘味、お膳などをお供えしましょう。 夕方暗くなってきたら、「送り火」を焚いて送り出します。 とはいえ現実問題、火なんて焚けない!という人がほとんどのはず。 現代では、電気式の盆提灯がよく使われています。 お盆の行事といえば盆踊り。 ご先祖様の霊をなぐさめるための念仏踊りがルーツともいわれ、そこに豊作祈願や、庶民の娯楽としての要素が加わり、各地でさまざまな形の盆踊りが発達しました。 お盆の片付けはいつするの? 送り火が終わったら、その日のうちに片付けましょう。 16日の夕方~夜ということになりますね。 最終日の夜遅くまで送り火をする場合もあり、その場合は翌日に片付けを行います。 お盆の行事にはどんなものがあるの? お盆の行事や風習は、地域によって本当にさまざまです。 各地で育まれてきた個性豊かな行事の中には、今も地域の風物詩として息づいているものがあります。 その一例をご紹介します。 五山送り火(ござんおくりび) 8月16日、京都を囲む東山如意ヶ嶽、松ヶ崎西山・東山、西賀茂船山、大北山、曼荼羅山の5つの山で行われる送り火。 お精霊(しょらい)さんと呼ばれるお盆の精霊を送る伝統行事で、「大文字」とも呼ばれています。 精霊流し(しょうろうながし) 毎年8月15日に長崎県で行われる、故人の霊を極楽へ送り出す伝統行事。 川に流すのではなく、新盆(初盆)を迎えた遺族がおみこしのように大きな精霊船(車輪付き)を引いて、街中を練り歩きます。 「ドーイドーイ」という掛け声とともに、鐘を打ち鳴らし、大量の爆竹をバンバン鳴らすという大音響のイベントです。 まとめ もっとも多くの人がふるさとを思い出す日が、お盆ではないでしょうか。 地域や各家庭で大切にされてきた行事を振り返ってみると、新しい発見があるかもしれませんね。 お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください•

次の

迎え盆と送り盆はいつ?どうやって行う?流れを徹底解説します!|終活ねっとのお坊さん

お盆 送り火 は いつ

お盆っていつからいつまで? お盆の期間は、一般的には8月13日~16日の4日間とされています。 2020年は、8月13日(木)~16日(日)です。 10日(月)が祝日なので、11・12日にお休みできたら、9連休になりますね。 かつては、旧暦の7月13~16日がお盆でした。 新暦でいうと、8月中旬~9月初旬ごろです。 お盆の起源はよく分かっていませんが、日本では古くから真夏にご先祖様を供養する風習があったようです。 そこに、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という、旧暦7月13~16日に行われる行事が伝わり、だんだんと一つの行事になっていったと考えられています。 明治6(1873)年に日本は新暦になり、多くの地域では、分かりやすくちょうど1カ月ずらして 月遅れにして 、8月15日前後に行うようになりました。 このお盆は、かつての旧暦のままに近いので「旧盆」「旧のお盆」と呼ばれることもあります。 地域によるお盆期間の違い 地域によって、お盆の期間は異なります。 「旧盆」も含め、代表的な3パターンを挙げてみます。 「新のお盆」、または「東京盆」と呼ばれることもあります。 他の地域より1日短く、旧暦7月13日~15日の3日間が一般的です。 沖縄の伝統芸能「エイサー」はいわゆる盆踊りで、ウークイと呼ばれる3日目に演舞が披露されます。 新盆(初盆)とは? 「旧盆」と呼ぶんだから、「新のお盆」を「新盆(しんぼん)」とは呼ばないの?と疑問がわきますね。 呼ぶこともありますが、新盆という言葉には、また別の意味もあるのです。 「新盆」とは、人が亡くなって、四十九日の法要を終えてから、初めて迎えるお盆のことを指します。 にいぼん、あらぼん、しんぼん、または「初盆(はつぼん)」と呼びます。 ちなみに「しんぼん」は千葉県や長野県、「あらぼん」は北関東、「にいぼん」は中部以東での呼び方の多数派だとか。 西日本では「初盆」が多いようです。 お盆には何をするの? お盆の前の準備は? お盆は地域によってさまざまな風習がありますが、一般的な例を紹介します。 この日を境にお盆入りと考え、準備をしていきます。 ・お墓の掃除、お墓参り ・仏壇の掃除 ・盆提灯などの用意 などを行っていきましょう。 台の上に敷物を敷き、ナスやキュウリで作った精霊馬(しょうりょううま)などを用意します。 精霊馬は、ご先祖様があの世とこの世を行き来するための乗り物です。 キュウリは馬、ナスは牛を表していて、来るときは馬で早く、戻るときは牛のようにゆっくり帰っていってほしい…との願いからだとか。 火を焚くのは、ご先祖様が迷子にならないように…との願いを込めたものです。 果物や甘味、お膳などをお供えしましょう。 夕方暗くなってきたら、「送り火」を焚いて送り出します。 とはいえ現実問題、火なんて焚けない!という人がほとんどのはず。 現代では、電気式の盆提灯がよく使われています。 お盆の行事といえば盆踊り。 ご先祖様の霊をなぐさめるための念仏踊りがルーツともいわれ、そこに豊作祈願や、庶民の娯楽としての要素が加わり、各地でさまざまな形の盆踊りが発達しました。 お盆の片付けはいつするの? 送り火が終わったら、その日のうちに片付けましょう。 16日の夕方~夜ということになりますね。 最終日の夜遅くまで送り火をする場合もあり、その場合は翌日に片付けを行います。 お盆の行事にはどんなものがあるの? お盆の行事や風習は、地域によって本当にさまざまです。 各地で育まれてきた個性豊かな行事の中には、今も地域の風物詩として息づいているものがあります。 その一例をご紹介します。 五山送り火(ござんおくりび) 8月16日、京都を囲む東山如意ヶ嶽、松ヶ崎西山・東山、西賀茂船山、大北山、曼荼羅山の5つの山で行われる送り火。 お精霊(しょらい)さんと呼ばれるお盆の精霊を送る伝統行事で、「大文字」とも呼ばれています。 精霊流し(しょうろうながし) 毎年8月15日に長崎県で行われる、故人の霊を極楽へ送り出す伝統行事。 川に流すのではなく、新盆(初盆)を迎えた遺族がおみこしのように大きな精霊船(車輪付き)を引いて、街中を練り歩きます。 「ドーイドーイ」という掛け声とともに、鐘を打ち鳴らし、大量の爆竹をバンバン鳴らすという大音響のイベントです。 まとめ もっとも多くの人がふるさとを思い出す日が、お盆ではないでしょうか。 地域や各家庭で大切にされてきた行事を振り返ってみると、新しい発見があるかもしれませんね。 お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください•

次の