手のひら かゆみ。 手のひらのかゆみの原因や対処法。病院は何科へ行けば良い?

手のひらがかゆい原因は?病気?肝臓が悪い?ぶつぶつ、湿疹ができている場合は?

手のひら かゆみ

スポンサーリンク しかし、体の内側に問題がある場合、湿疹は出来ないことが多いです。 湿疹なしの場合、その原因が病気によるものかもしれません。 そこで、手のひらがかゆいが湿疹なしの場合に考えられる原因として主なものを3つ紹介します。 手のひらがかゆいが湿疹なしの場合に考えられる原因 手のひらがかゆくて湿疹や水泡が出来るのでしたら、 外的要因が主な原因で、手湿疹によるものです。 手湿疹が出来る原因についてはこちらで紹介しています。 手のひらのかゆみは、保湿などをすることでかゆみが治まる場合もありますが、何をやっても治まらなくて辛い思いをする場合もあります。 手のひらのかゆみは、 ヒスタミンという物質が神経を刺激してかゆみを感じるのです。 手のひらは、家事や水作業などで外部からの刺激にさらされることが多いため、これが原因となってかゆくなることが多いです。 このような場合ですと、湿疹や水泡が出来ることが多く、外的要因を改善すれば改善されてきますが、 湿疹がない場合だと体の内側から改善しないといけない場合があります。 手のひらがかゆいが湿疹なしの場合に考えられる原因として主に3つあります。 ひとつは病気によるもので、ほかには乾燥・水虫とストレスです。 それぞれの原因について紹介します。 手のひらがかゆいが湿疹なしなら病気? 手のひらがかゆいが湿疹なしの場合、体の内側に何かしらの問題があるため、手にかゆみが出ている可能性があります。 手のひらのかゆみは肝臓が悪かったり、腎臓が悪かったりすると出やすいです。 肝臓 肝臓の機能が低下してくると、手のひらがかゆくなります。 肝臓の機能が低下してくると、血中に脂肪やタンパク質を分解して消化を助ける胆汁(たんじゅう)の成分が増えてしまいます。 そうなると、末梢神経に刺激を与えることとなり、手のひらがかゆくなります。 手のひらだけではなく、足、腕など体のあちこちがかゆくなるという方が多いです。 手のひらがかゆくなって湿疹が出来ていないのでしたら、 肝臓からの異変を知らせるサインである可能性があるので、お医者さんに診てもらうようにしましょう。 腎臓 腎臓の機能が低下してくると、尿と一緒に体外へ排出されるべき毒素が溜まってしまいます。 毒素が体内に沈着すると皮膚トラブルとしてかゆみがでます。 初めは手のひらなどがかゆくなる程度ですが、ひどくなると全身が激しいかゆみに襲われます。 腎臓の病気が進行すると、5人に1人がかゆみを訴えるほどです。 また腎臓病になると皮膚が乾燥しやすくなります。 手のひらがかゆいが湿疹なしで病気以外の原因 乾燥 手のひらがかゆいが湿疹なしなら、怖いのは病気ですが、全てが病気というわけではありません。 一番多いのは乾燥によるかゆみです。 手のひらというのは、体の中でも皮脂が少ない部位のため乾燥しやすいのです。 乾燥が悪化してくると手のひらがかゆいだけでなく皮が剥けてきます。 ひび割れて皮膚が硬くなってしまうこともあります。 体が乾燥すると手のひらに限らず、あちこちがかゆくなります。 先ほど、腎臓病になると皮膚が乾燥しやすくなると紹介しましたが、腎臓病によって乾燥し、かゆくなっているのかもしれません。 手白癬 乾燥でなく、足によく出来る 水虫が手にできてかゆくなることもあります。 手白癬(てはくせん)という手にできる水虫です。 手白癬は水をよく使う仕事などをする方に多くみられます。 かゆみはあまり強くありませんが、白くて硬いかさぶたのようなものが出来ますできます。 手のひらがかゆいが湿疹なしはストレスが原因かも 手の平がかゆい原因は、色々なことが考えられるのですが、 ストレスによってもかゆくなります。 私たちは強いストレスを感じると自律神経がうまく機能しなくなり、その影響で体の免疫力が下がってしまいます。 そうなると外部からの菌などの侵入がしやすくなるため、病気になりやすくなります。 また、ストレスが原因で内臓に負担がかかることによって、内臓機能が弱くなり手のひらがかゆくなります。 手の平がかゆくなる原因として免疫力の低下が挙げられ、それはストレスが招いているとも言われているのです。

次の

手のひらで分かる病気のサイン かゆいとか赤いとか

手のひら かゆみ

昔はこんなこと無かったのに、ここ最近ひどくなったのは年のせい?と考えている人も多いのでは無いでしょうか。 手のひらが熱いと感じる事が多くなってきたら、これからご紹介する6つの原因が考えられます。 自分の症状と照らし合わせながら、何が原因で手が熱いと感じるようになったのかを考えてみてくださいね。 更年期障害が原因 更年期になると汗をかきやすくなると聞いた事はないでしょうか。 急に手のひらが熱いと感じて汗がたくさん出てくるというのも、更年期の女性には多く見られる症状です。 45歳から55歳が更年期と言われていますが、実際には個人差があり、もっと早くから更年期になる人や60歳になって更年期の症状が現れてくる人もいます。 更年期障害は、徐々に40代半ば頃から減少していく女性ホルモン「エストロゲン」の変化していく過程に、体が付いていくことができなくなる事が原因で体の不調として現れてしまうのです。 脳が「エストロゲン」の分泌を促す事を命令しますが、年齢と共に体が機能しなくなり、分泌量がどんどん減少していく事で脳の混乱を招きます。 これが原因で更年期障害が起こり、手のひらが熱いと感じるようになったり、手汗も出てきてしまうようになるのです。 脳の混乱は自律神経にまで影響を与える事となり、手のひら以外にも体全体が熱くなりやすくなる場合があります。 更年期障害には、この他にも痒みやしびれ、痛みなども伴う場合がある事も覚えておいてください。 自律神経失調症 呼吸器や循環器、消化器などを正常に機能させるために24時間管理し続けている神経が自律神経です。 自律神経には体を動かしている時間に働いている交感神経と、体を休ませている間に働く副交感神経の二つがありますが、この二つのバランスが崩れてしまうと自律神経失調症になります。 自律神経失調症には色々な症状がありますが、手のひらが熱くなり大量の汗が出るようになる多汗症もその中の一つです。 では、自律神経失調症になる原因にはどのような事があるでしょう。 睡眠の足りていない状態が長く続く• 昼と夜が逆になる生活を続けている• 精神面の強いストレス• 気温の変化や騒音などによる肉体的ストレス• ホルモンバランスが崩れる これらの原因から、自律神経失調症になりやすいと言われています。 手のひらが熱いと感じ手汗を大量にかくようになる以外にも、肩こりや頭痛、動悸やめまい、吐き気など健康的な日常の生活を送る事ができないほどの苦痛を感じる症状が出る場合も少なくありません。 熱が上がっている お子さんの手を握ったら熱いと感じ、熱を測ってみたら高熱だったなんて事、ありませんでしたか? 大人も同じで、手のひらが熱い原因は熱が上がっていたせいだったという事は珍しい事ではありません。 発熱が始まった頃の手足は冷たいのですが、38度近くなるにつれてどんどん熱くなっていきます。 手のひらが熱いと感じる頃には、熱が相当上がってしまっている可能性があるのです。 風邪をひいているけれど仕事が忙しくて寝込んでいる場合では無い!という頑張り屋さんは、なかなか熱を測ったりしないのではないでしょうか。 風邪っぽい、さっきまで手が冷たかったのに急に熱くなってきたという時は、体温が上がってきているサインかもしれません。 また、妊娠初期などに体温が高くなると手のひらも熱いと感じるようになります。 妊娠の可能性がある場合は、疑ってみた方が良いでしょう。 緊張している時 「緊張して手に汗握る」と言うように、特別な場面で緊張したりあがってしまうと手のひらが熱くなる事があります。 汗も次から次へと出てきて、ますます緊張感が高まってしまいますよね。 例えば好きな人との初デートで、手のひらが熱くなって手汗がひどい!そんな時に相手が手をつなごうとしてきたら最悪です。 こんな時は緊張を解きほぐしてやると、手のひらが熱くなる症状も和らいでくれるのではないでしょうか。 リラックスする方法はこれ!という誰にでも効果があるような絶対的なものは残念ながら無いので、自分に合った方法を探してみましょう。 緊張で手が熱いと感じたら、深呼吸をするとか好きな音楽を聴くなど色々な方法を試してみて、自分に一番合った方法で緊張を和らげてあげてください。 内臓の冷えからの冷え性 普通、冷え性と言えば手足の先まで冷え切ってしまう末端冷え性の人が多数を占めるので、内臓の冷えによる冷え性は意外と見落とされがちになります。 と言うのも、内臓の冷えは手のひらが熱くなるので体の中が冷えていると思わないのです。 内臓が冷えていると、手のひらや足などの末端部分はポカポカして熱いくらいなのに、体はとても寒くてついつい厚着をしてしまう、疲労感がなかなか取れない、すぐ風邪をひいてしまう、肌トラブルが最近急に多くなってきた、などの症状があります。 内臓の冷えは、冷たい飲み物を摂り過ぎている場合などにはもちろん起こりやすいのですが、自律神経の働きが悪くなってきている場合にも起こります。 根菜類などの体を温める効果がある食材を摂り入れたり、腹巻で体の中心を温めてやると良いでしょう。 頚椎椎間板ヘルニア 頸椎の中の脊髄は、手足に繋がるとても重要な神経が通っています。 ですから頸椎に何かしらのトラブルがある場合、手のひらが熱くなる事があるのです。 医師から頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けている場合は、それが原因で手のひらが熱いと感じるようになった可能性があります。 頚椎椎間板ヘルニアという診断を受けている訳ではないけれど、首や肩のコリがひどかったり眩暈や耳鳴り、手が熱いだけでなくしびれやむくみがある場合などは、頚椎椎間板ヘルニアの疑いがあるので病院で診察してもらった方が良いでしょう。 手のひらが熱くて痛みもある時に考えられる原因 手のひらがただ熱いだけでは無く、痛みも伴っているのであれば炎症に伴う熱である事が考えられます。 手のひらに痛みがあると、家事や育児などの日常生活に支障を来すので辛いですよね。 ここでは、手のひらが熱くなっていて痛みや腫れ、浮腫みなどがある場合に考えられる手の病気についてお教えします。 思い当たる症状があれば参考にしていただき、直ぐにでも専門の病院で受診されることをおすすめします。 手根管症候群 手根管症候群になると、中指、薬指、人差し指、親指の順に指に痛みを感じ始めます。 痛みはかなり強く出てくるので、その炎症により手のひらも熱を持ち、熱いと感じる場合があります。 手根管症候群は、妊娠や出産、更年期などでホルモンバランスが崩れたり、パソコンを使う時間が長い、手を良く使うスポーツや仕事をしている人がなりやすく、手首に近いところや指先など手のひらの一部が熱いと感じられます。 手を使わないでしばらく安静にしても改善されないようであれば、整形外科を受診されてみる事をおすすめします。 関節リウマチ リウマチと聞くと、ある程度の年齢にならないと心配無いと思われている人も多いようですが、30代や40代から発症する女性が一番多いのです。 症状が出やすいのが朝目覚めた時で、手のひらが熱いと感じられたり指を上手く動かす事ができなかったりという状態になります。 そのまま放置しておくと、股関節や膝などにも痛みが出てくるようになり、生活に支障を来すほどになってしまいます。 関節以外にも、倦怠感や微熱など体にも異変が起こる場合もあり、放置しておくと関節が変形してしまうので早めの治療が必要です。 バセドウ病 バセドウ病は甲状腺機能に異常を来す病気で、息切れや動機、倦怠感や微熱などが主な症状ですが、手のひらが熱いと感じるようになり痒みや浮腫み、汗が多く出てくるのも特徴です。 男性よりも女性に多く見られる病気で、精神面では不安に感じる事が多くなったり、怒りっぽくなったり、睡眠障害なども起こるようになります。 バセドウ病になる原因は遺伝的な要素が多いと言われていますが、ストレスや免疫力の低下、出産などでの体質変化で発症する人もいるので、誰にでもかかり得る病気であると言えるでしょう。 金属アレルギー 手のひらが熱くなり、水疱や湿疹が出ている場合は金属アレルギーの可能性もあります。 女性の場合、手のひらの湿疹は家事による手荒れと判断しがちですが、水疱や湿疹ができている場所が、手のひら全体であったり指の中心部などあまり洗剤に触れないようなところである場合、金属アレルギーを疑ってみる必要があります。 金属を触ったわけでも無いのになぜアレルギーが起こるのか?と、多くの人が最初は疑問に思うのですが、意外と多い原因は歯科治療により口腔内に固定された金属によるアレルギー反応です。 長い年月をかけて体の中に溶け出していくのできっかけが分かりづらく、手のひらや足の裏にもアレルギー反応が出る場合が多いと言われています。 へバーデン結節 リウマチと間違われやすいへバーデン結節という病気は、指の第一関節に痛みを生じたり腫れを伴い、炎症を起こし始めると手のひらや指の関節が熱いと感じるようになります。 予防法として、第一関節に痛みがあると感じた時には、なるべく手を使わないようにして安静にしてください。 どうしても安静にしている事ができない場合には、テーピングを使って悪化を防ぎましょう。 手のひらが熱く感じるときは生活スタイルを考え直してみましょう 手のひらが熱くなるという事は頻繁に起こる事では無いので、原因も分からず突然手のひらが熱くなると驚きますし、手汗もどんどん出てきてしまうので困りものです。 この症状で悩んでいるのであれば、日々の生活を見直して改善を図りましょう。 温かい飲み物などで内臓を温める• 軽度な運動を定期的に行う• バランスの良い食生活を心がける• 睡眠不足にならないようにする• リラックスできる事を探してみる• マッサージをする.

次の

手のひらがかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

手のひら かゆみ

冬が近づくにつれて空気が乾燥しはじめ、腕や足、顔など肌が乾燥してかゆみを伴うことがあります。 この乾燥によるかゆみは手のひらにも現れます。 手のひらはほかの部位に比べて皮脂が少ないため乾燥しやすく、かゆみを感じやすい場所です。 乾燥が進むと手のひらの皮がむけたり、ひび割れて硬くなってしまうこともあります。 乾燥による手のひらのかゆみを防ぐためには、ハンドクリームをこまめに塗りなおすことをおすすめします。 保湿力の高いハンドクリームをつけることで、乾燥した空気から肌を守り、潤いを保つことができます。 また、手のひらの血行不良によって乾燥が進行することもあります。 ハンドクリームを伸ばしながら手のひら全体をマッサージすると血行も良くなり、手のひらの乾燥を防ぐことができます。 さまざまなアレルギーが原因で手のひらにかゆみを感じることもあります。 アレルギーの原因物質に手のひらが触れたことによってアレルギー反応を起こし、かゆみを発症します。 原因物質の中には、ダニなどの目に見えないものもあり、知らないうちに原因物質に触れてしまっていることもあります。 また、アレルギーの原因物質に直接触れていなくても、食べ物によるアレルギー反応によっても手のひらがかゆくなることもあります。 病院では、血液検査によって自分が何に対してアレルギー反応を起こしてしまうのかを検査することができます。 食べ物が原因物質だった場合は、知らずに摂取してしまい、手のひらだけでなく体中に症状が出たり、重篤な症状が発症することもあるので、一度検査をしてみましょう。 手湿疹は女性に多く見られる症状で、「主婦湿疹」と呼ばれることもあります。 乾燥やアレルギーなどによって手のひらに湿疹が現れる場合もありますが、手湿疹は主に日常の水仕事によって発症することが多くあります。 食器洗いや洗濯、掃除などで手のひらに水が当たると、手の皮脂が水で流されてしまいます。 その状態で刺激の強い洗剤などを使うと皮膚が炎症を起こし、手のひらや指に湿疹が現れてしまいます。 手湿疹によるかゆみを防ぐために、水仕事を終えた後はすぐにハンドクリームを塗って保湿するようにしましょう。 ゴム手袋をつけて作業すると、水が皮膚に直接触れないので手のひらの皮脂を守ることができます。 ゴム手袋の素材や種類によっては、アレルギー反応を起こしてしまうこともあります。 刺激のない肌に優しい素材の手袋も販売されているので、自分の肌に合ったものを使いましょう。 手のひらのかゆみと肝臓病は一見関連していないと思われがちです。 しかし肝臓の機能が低下してくると、手のひらや足、腕など体のあちこちがかゆくなるという症状が現れてくることがあります。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、異変が症状などで現れにくい臓器です。 そのため、異変に気づいたときには病気が進行し悪化している場合も多く見られます。 そんな肝臓からの異変のサインのひとつが、手のひらや足の裏、腕などのかゆみです。 肝機能が低下すると体内でかゆみを起こす物質が増え、全身に激しいかゆみを感じるようになります。 抗ヒスタミン成分入りのかゆみ止めの薬を塗ってもかゆみが治まらない場合や、耐えられないほど激しいかゆみを感じる場合は、早めに内科などで医師による診察を受けましょう。

次の