ザノンフィクション 纉。 偏差値66~70の高校の出身有名人

49: 東海実況 (427)

ザノンフィクション 纉

17iT. 同案は具体的な検討課題として、企業などに一定数の雇用を義務付 ける「障害者雇用率制度」の対象に、新たに精神障害者を加えることや、障害者に配 慮したIT(情報技術)機器の開発・普及の促進を打ち出した。 今に始まったことでもない。 あるいは、アエラでうつの特集やってる、とかも含めてもいいのかもしれないし。 確かに。 ま、とりあえず、次スレいくように地道にがんばってみます。 1さん次第だよ。 全然泣いてないから、荒らしている人って誰だか特定できない。 o は分裂病です。 ありがとう。 o は分裂病の発作です。 削除依頼に行かれるぞ。 荒れない時間帯を選べばいいのに。 時間帯によって、荒れ具合が違うっての、 気づきませんでした。。。 ま、あるイミ、早く1000に行っちゃって、 より理想的な立ち方で次ぎスレがたつのもいいかもしれませんが。。。 昔、かなり好きだったのになぁ。 >今後は来春ごろから芸能プロ「オスカープロモーション」のタレントの >プロデュースを手がける予定。 >「歌って雰囲気のある女の子のグループをプロデュースします。 >表に出ないですむ仕事をしていきたい」と話した。 才能がある人って、いいなぁ。。。 自分だったら速攻鬱になって死ぬかも。 ある意味ものすごい精神力で感服するよ。 某カップルとか。 例の、補助金流用問題について、ウェブで謝罪してます。 o は分裂病の発作です。 だって、どうせ、Linuxで作れるもんを わざわざセキュリティかけて交渉したって、 みんなつながってるもん、同じもんじゃない。 見た人いる?こういうのもここに書いていいのかな。 自分はうつのクスリとして出されてるもんで。 >こういうのもここに書いていいのかな。 嫌いです。 そういうのは、わからないので、嫌いです。 無駄なコストはカットしましょう。 いらないものは捨てましょう。 そういうものを拾う人も居ます。 だから、名前は付けないで シェアリングしましょう。 物あまりの国家にはそういうのが売っても つけてもいいと思いました。 住民からは非難の声と早朝の祭りに熱狂する雄叫びがきかれました。 なお自治派の某コテハンにコメントを求めたところ 「今は喪中ですから。 すみません。 」 とコメントを控えられました。 今日は協調しましょう。 そういうことでいきましょう。 そういうのが好きです。 わたしは大好きです。 抗うつ薬、少量でも効果 副作用の減少に期待 名古屋市大・古川教授が研究発表 うつ病の主な治療薬の一つである「三環系抗うつ薬」が、 治療の初期では標準的な投与量より少量でも効果のあることが、 名古屋市立大医学部の古川壽亮教授(精神医学)らの研究でわかった。 量を減らすことで、眠気や口の渇きといった副作用の減少が期待できるという。 (中略) 今後、「薬の量をすぐ増やすのではなく、ある程度の期間は少なめの量を使おう」と 考える医師が増えるのではないか。 「宮城県船形コロニー」(同県大和町)の入所者485人を、10年までに地域の グループホームなどに移行させる。 世界的に「脱施設」の流れが進む中、 日本は入所施設が増え続け、今も約13万人が施設で暮らす。 これだけ大規模な地域移行は全国で初めて。 同事業団はほかの知的障害 児・者入所施設でも同様の移行を行う方針だ。 学業に対するプレッシャーなどから過食、 嘔吐(おうと)などを繰り返す摂食障害を引き起こしたのがきっかけだった。 正式な診断名は「境界性人格障害」。 「天国から地獄にたたき落されたような感じだった」と当時を振り返る。 AERA、メンヘルネタ大好きですね。 swfって付いたらブラクラな。 リタリンを処方された生徒が、学校で別の生徒に「横流し」したり、 陰で「売り買い」するなどの事例も報告されているそうです。 また、リタリンを持っている生徒から脅し取ったり、 盗まれたりといった事件も起こっているそうです。 リタリンの分子構造は覚せい剤と同じとか。 事実上の麻薬取引が学校で行われてしまうんですから、 アメリカって国は・・・何とも・・・です。 リタリンは。 アメリカでリタリンが問題になってる理由のひとつは、 ADHD治療目的で日本の小学生に相当する子供へ、 このような薬を安易に処方してしまった事があります。 まぁ日本では、子供に管理させるような事は少ないでしょうから、 今のところ限られたケースでの問題で済むでしょうが・・・。 ハルシオンの時のように横流しが発生し、 暴力団からストリートドラッグへと流れていくようになるのも、 もしかしたら時間の問題かも。 プロレス好きとしてはなんとも悲しいニュース。 刺した女はたぶんボーダーなんだろうな。 棚橋も振りまわされていっぱいいっぱいだったんだろうな。 プ板では、女はキティとかDQNとか氏ねとか言われまくっているに違いない。 そう思うと怖くてプ板に行けないよ。 情状酌量してやって欲しいけど、彼女はこれから世間から白い眼で見られる のだろうね。 こうやって精神障害者は社会から弾かれていく。 悲しいね。 棚橋は将来性のあるいいレスラーだから、肉体的な傷は問題ないだろうけど、 精神的な傷をなんとか乗り越えて復帰して欲しい。 118 すぐボーダーだと決めつけるのはどうか? 別れ話で頭に血が昇るのは珍しい事じゃ無いと思うが。 良スレですし。 もっと皆の目につくとこに置いといてもいいんじゃないかと思います。 ねた探してきます。 見ず知らずの男女が、死ぬためだけに出会い、そして命を絶った。 その間、わずか1カ月余だった。 以前はIDを表示していなかった同掲示板においては、自作自演や煽りレスが横行により掲示板が荒らされ、大きな問題となっていた。 そのため、同板では強制IDの導入に踏み切ったとみられる。 ニュースの精神医療カテゴリ 「全国精神医療労働組合協議会」の精神医療ニュース とか。 男も女も好きなだけ夫婦を作ってよし。 むしろ自分の子供以外の子供を大切にせよ。 養子縁組大歓迎。 でも性欲不要。 遺伝子治療必要。 なんだったか覚えてないぞ。 と、誘導されましたが、時事ニュース的ではなく、データベース的に情報を得ることが できたらな、と思います。 みなさん、よろしく。 改革が遅れていた南部でも二年前になく なった。 大革命ですが、病院から地域へという世界的な精神医療の流れに沿った ことです。 改革の先頭に立ったF・バザーリア医師(故人)は「精神病院は治療の場とし て適切でない」と考えました。 人権、自由、個人の自立を精神病院が制限してき たからです。 以前はイタリア全土で約十万人が鉄格子の閉鎖病棟に隔離され、患 者は全員、同じ服装で丸坊主だった。 私物も持てず、作業療法の名目で院内清掃 などをやらされたのです。 当時は入院患者が 千百八十二人もおり、90%が強制入院でした。 彼は「病名でレッテルを張るのをやめよう、個人を見つめ直そう」と訴え、ま ず疾患別の病棟を出身地域別に変え、家族が協力的な人から退院を進めました。 作業は有給に変え、協同組合を組織した。 次にアパートやグループホームへの退 院。 受け入れ先のない人は空いた病棟をアパートに改造して住んでもらった。 病 院を地域に開放するうち市民や芸術家の協力も増え、今では九つの協同組合で障 害者と市民がレストランやホテル、農業などを営んでいます。 トリエステ県は最初に病院を閉鎖して、四つの地域ごとに精神保健センターを作 りました。 県の人口は二十五万人で精神医療ユーザーは約三千人。 各センターは 約三十人のスタッフで二十四時間の診療・相談体制をとり、急な入院用のベッド も八床ずつある。 地域に責任を持つので来所を待つだけでなく、医療を放置され た人を積極的に探し、刑務所へも医療提供に出向きます。 救急医療、強制入院は総合病院で行います。 強制入院は七日間(更新あり)で 医師二人の診断をもとに市長が決め、裁判所が事後審査しますが、七一年に百五 十件あった強制入院は九八年で三十六件に減った。 自殺は五十人から四十八人で 変化がない。 この間、精神保健医療スタッフの総数は半減し、コストも半分になっ た。 病院より地域医療の方が安く済むのです。 事件はどうか。 イタリアには刑事事件を起こして責任能力なしとされた障害者 に対する保安処分制度があり、司法精神病院五か所に約千人が収容されているけ れど、トリエステでは七一年に二十件あった保安処分が九八年はゼロ。 十年間で 四人しかいない。 精神病院を閉じて、事件はむしろ減っているわけです。 日本でも保安処分に似た法案が出ているそうですが、司法精神病院は人権上も 治療上も問題が多い。 地域のサポートを充実すれば事件は減らせるのです。 同薬は市販 後の副作用報告を踏まえ、今年7月に「その他の副作用」の項に「高血糖」を追記し て医療関係者への注意喚起を行ったが、その後も糖尿病性ケトアシドーシスなどの症 例が報告されたため。 糖代謝関連副作用により抗精神病薬に緊急安全性情報が発出さ れたのは、今年4月の「ジプレキサ錠」(一般名:オランザピン)に続き2剤目。 小笠原さんは酒に酔っており、父親は外に出て110番。 約5分後に戻ったところ、 小笠原さんが同じ部屋で電気コードで首をつっていた。 女性は間もなく死亡、小笠原さんは意識不明の重体。 警視庁板橋署によると、女性は小笠原さんの婚約者の埼玉県三芳町竹間沢、中嶋慶子さん(28)。 中嶋さんの首には絞められたようなあとがあり、現場に「結婚相手を殺してしまった。 自分も死ぬ」との内容のメモが残っていた。 板橋署は、小笠原さんが中嶋さんの首を絞めた後、自殺を図ったとみて調べている。 2人の間に最近、別れ話が持ち上がっており、心配した父親が同日、小笠原さん方を訪ねたという。 アエラはムックも出してるし。 薬事法違反。 同駅関係者は「イブの夜に亡くなるなんて、悲惨なことです」とつぶやいていた。 福島の方ご注意を。 外務省によると、 アルカイダ関連組織の日本向けテロ予告声明は初。 外務省は声明の一部(日本語訳)を同省 ホームページで公開し、海外渡航者に注意を呼び掛けている。 外務省によると、声明はインドネシア語版と英語版があり、バリ島の爆弾テロの犯行を認めた うえで、米国をアフガンのイスラム国家を破壊した「十字軍」と非難。 米の同盟国として英独豪仏 などと並んで日本を挙げ、「これらの国民と戦い、殺戮し、破滅させる」と警告している。 開始からまだ約3カ月だが、犬との触れ合いによる「癒やし」効果で、患者に笑顔が増えている。 同課は、服用により腹痛や吐き気などの症状を起こす恐れがあると注意を呼び掛ける とともに、未承認医薬品として厚生労働省に報告した。 また同製品を販売していた横浜市のエステサロンなどに販売の自粛と製品の回収を指導した。 地域医療課によると、20日に横浜市内の女性から市福祉保健センターに相談があり、成分検査していた。 健美快通茶は今年3月にエステサロンが輸入。 ティーバッグ60袋を1パックとして、約700パックが販売されたという。 「このソフトを使えば、重い副作用などが出るケースがすぐに分かり、医師に処方の変更を 進言できる」と、薬害防止のため普及に力を入れている。 このソフトを入れたパソコンに、新たに調剤した薬の名前を打ち込むと、佐谷さんが 「裏処方」と呼ぶ副作用や禁忌症の略語が打ち出される。 便秘の副作用があるなら「B」、 妊娠時に服用してはならない場合は「妊」 といった具合だ。 複数の薬を調剤する場合、同じ副作用の薬があったり、飲み合わせで 危険が高まったりすることが分かる。 副作用などは、パソコンに一度入力しておけばよい。 開発のきっかけは約10年ぶりの現場復帰。 昨年3月まで日本薬剤師会の会長を務めた 佐谷さんは、医薬分業と、患者に投与された薬の記録(薬歴)の管理を推進してきたが、 久しぶりに店頭に立って愕然としたという。 「店を離れていた間に、薬の種類が 大幅に増えた。 副作用や悪い飲み合わせの全てを薬剤師が覚えることは、不可能。 店頭で分厚いマニュアルをひっくり返していては仕事にならないので、ソフトがあればと思いました」 ソフトメーカーと交渉し、薬局で広く使われている調剤報酬明細書(レセプト)作成用の ソフトを改良してもらい、11月半ばから使い始めた。 効果は上々で、例えば以前から 「唇の皮が乾いてむける」と訴えていた患者は、そうした副作用を持つ薬が複数処方 されていたことが分かり、医師に処方を変えてもらった所、症状が改善したという。 24』マリンメッセ福岡大会に姿を現し、アントニオ猪木を 訪問。 「いつまでも堅い表情をしないで笑え。 4ドームに試合が組まれない ならリングジャックでもしろ」とのアドバイスを受けた後、リング上では 闘魂注入のビンタも。 「お騒がせしています。 おかげさまで運良くこうやって生きてます。 生きていれば可能性がある。 猪木会長、ありがとうございます!」とマイクで 絶叫し、約8500人の観衆から激励の拍手と歓声を浴びた。 「棚橋! 男とか女とか、新日本プロレスとかアントニオ猪木とか関係ねえ。 お前、レスラーだろ! 安い男になるんじゃねえ。 今度、女をフル時には 俺に言ってこい!」と、健想流の檄を飛ばした。 2人は病院に運ばれたが間もなく死亡した。 自室に女性が残した遺書があることなどから、警視庁竹の塚署は、生活苦から 母子が自室ベランダから飛び降りて自殺したとみている。 調べでは、女性は先月中旬に離婚し、長女と2人暮らしだった。 同月末でマンションの賃貸借契約が切れていた。 遺書は女性の母親あてで、「家賃の滞納分を支払ってくれてありがとう」などと 書かれていた。 ベランダに積まれた高さ約50センチの布団を踏み台にして 飛び降りたらしい。 ただnot foundがあるのが謎。 この研究成果がNational Institute of Mental Healthの研究者・ Teodor T. Postolache医師等によって2002年12月のArchives of General Psychiatry誌 に発表されています。 自殺の予防効能が 認められたのは初めて。 米イーライリリーの統合失調症治療薬「ジプレキサ」(一般名オランザピン) と2年間にわたる比較臨床試験を実施。 クロザリルを使用している患者群は 自殺を予防するための入院や自殺行為そのものが、ジプレキサを使用している 患者群に対し、25%少なかったという。 アメリカすげーな。 国連制裁は「宣戦布告だ」 北朝鮮の朴吉淵・国連大使は10日、国連本部内で記者会見し、 北朝鮮への国連制裁の発動は「宣戦布告」に等しいと述べ、 核拡散防止条約(NPT)脱退に対する報復措置を強く、牽制した。 同大使は、NPTは「米国による敵対的行為の道具になっている」と指摘。 北朝鮮の核問題は同国と米国との間で解決すべきなのに、 米国が交渉を拒否しているのはおかしいと米ブッシュ政権を非難した。 また大使は、将来の北朝鮮の核政策は米国次第だと言明した。 かつて2ちゃんねるは「IPを記録しない」というのがひとつの特徴でもあったわけですが、 もはや2ちゃんねるを知らないという人の方がめずらしいというまでに巨大化し、荒らし行為や、 犯罪予告が日常化してしまいつつあります。 そのため、IPを記録することにより それらを牽制するのが今回の処置のひとつの目的として挙げられています。 また、ひろゆきによれば、これは2ちゃんねるのクオリティを上げるための措置でもある、 ということだそうです。 昔を知る人にとっては寂しいできごとかもしれません。 しかし、2ちゃんねるがひとつの「媒介」としてステップアップするためには 越えなくてはならない山なのかも知れません。 なお、この全レスIP保存の仕組みは実験段階です。 (実験とはいえ、記録はされてます) IP記録実験 Part3 【批判要望】 IP記録実験Part4 【批判要望】 ある意味、さようなら2ch、、、懐かしき日々よ。 10 『MRI May Give Early Warning of Mental Illness 』 オーストラリア メルボルン大学のChristos Pantelisが行った研究によるとMRIで脳を検査することによって統合失調症の早期発見につながる、と発表。 通常の10倍に上る量の投与を受け、循環器不全で死亡した例もあった。 専門家は「医師が安易な薬漬けで不登校などに対処する傾向が強まっている」と警告している。 ひきこもりがちだった神奈川県内の男性(当時24歳)は薬をいやがったが、病院がひそかに食事に薬を混ぜるよう家族に指導し、体がだるくなって1カ月後入院した。 病院は、統合失調症に使う向精神薬「ハロペリドール」を、医師向けの説明文書(添付文書)で定めた1日当たりの上限量の10倍投与した。 入院2カ月後の94年11月に循環器不全を起こして死亡した。 親が病院を訴えた裁判で病院が過剰投与の過失を認め、00年11月に和解した。 転院先では9カ月間、ハロペリドールなど9種類の薬を処方された。 父親は「いつもぼんやりして、話しかけても反応が鈍くなってしまった」と話す。 抗うつ剤、抗精神病薬など向精神薬7種類を約1年間処方された。 飲み始めてすぐに声が震え、白目がちになり、尿が出にくくなる副作用が出た。 体が重くなり、数週間して起き上がれなくなった。 病院をかえると「こんなに強い薬は必要ない」と2種類に減らされ、副作用は消えた。 母親は「最初の医師に副作用を訴えたが、減らしてもらえず、どんどん具合が悪くなった」と憤る。 不登校問題に詳しい鳥取県国府町の小児科医、森英俊さん(47)は「幻覚や不眠には薬も必要だが、対人関係の悩みが治るわけではない。 多種多量の薬の副作用で、かえって症状が悪化することもある」と話している。 別な病院に行ったら、ただの神経症だったけど。 抗鬱剤や抗精神病薬はお灸のような物と思う。 そういう医者に言わせると、 苛めや悪口が気になって学校に行けないのは被害妄想と自閉症状があるからなんだってさ。 メジャーを飲めばその被害妄想とやらが抑えられて、 快活に学校に行けるようになるんだってさ。 メジャーで太ろうがアカシジアがでようが、 突然服用をやめてお口をモグモグさせる遅発性ジスキネジアがでようが、 学校や会社に行ければそれでいいのです、 とな。 医者選びは大変だ罠 しかし、文部科学省 で、良かったけ? の 『引きこもりガイドライン 暫定版 』は、実際どこまで活用されてんのかな。 と思ふ。 うつ病患者が依存症に陥るだけでなく、 覚せい剤と似た快感を求め、うつ病を装って医師の処方を受けるケースも増えている。 心身に変調をきたし自殺にまで至る場合もあり、専門家は「医師の安易な処方に歯止め をかけないと、問題は深刻化する」と訴えている。 大宮西署員が駆け付けたが、橋本さんは既に死亡していた。 同署は飛び降り自殺とみて調べている。 調べによると、橋本さん方のベランダの手すりに、足を擦ったような跡があった。 遺書は見つかっていないが、妻(53)の話によると、 橋本さんは2、3日前から元気がなく、 同日午前零時ごろに妻が就寝した際は、居間のこたつに入って寝ていたという。 ヤミ金借金で一家離散別れた子供に会いたい。 Myriad社はAbbott社と組んで、今後DEP1タンパク質をターゲットとした新しいうつ病 治療薬を開発していく予定です。 中略 現在うつ病治療の主役はSSRIというセロトニンの作用を強化させる薬です。 今回 発見されたDEP1遺伝子は、SSRIが効果を発揮する経路以外の部分で役割を担って いるとのことです。 すなわち、DEP1遺伝子をターゲットとした薬は全く新しい薬になる でしょう。 うつ病なんて間違いなく遺伝子と関連してそうだから期待しちゃいそう。 吉本興業によると、相手は以前から交際していた28歳の女性で 4月に出産予定。 現在東京都内で同居している。 中川家は兄の剛と弟・礼二(31)のコンビで、2001年に上方お笑い大賞最優秀技能賞を受賞 するなど若手実力派として知られる。 ので何カ所かけもち受診してもわから ない。 と、かけもち受診を批判していることと、保険証に医療機関の印を 押すことを暗に求めていることです。 健康記事専門の記者さんにとっては、医者をあわないで変える患者の気持 ちや、保険証から通院がばれるのが怖くて受診を悩んでいる患者の気持ち がわかってないんだろうなぁーーと、思いました。 こういう記事が連載されるとそれが「世論」であるかのように厚生省が利 用して、かけもち受診抑制のために、保険証に医療機関の印を押すことを 義務づけるように通知を出されそうで非常に不安です。 覚醒剤じゃないが、最低3日に一回! 私は一週間に一回、飲むか飲まないか。 全国から 参加した約220人が、参院で継続審議中の法案を今国会で廃案にするよう決議し、 JR有楽町駅前で署名活動を行って支援を呼びかけた。 法案は昨年12月の臨時国会の衆院法務委で、野党が継続審議にするよう求めたが、 与党が採決して可決され、参院に送られた。 集会では、仙台市の男性が「私たち精神障害者は、これまで『何もできない』と言われ、 人間としての誇りを踏みにじられてきた。 誇りを取り戻すためには、病院ではなく、地域で 当たり前に生活できる施策こそ必要なのに、国は逆に、法案で『精神障害者は危険だ』 という偏見をあおっている」と批判した。 全文・詳細は配信記事参照。 消防署員らが駆けつけたところ、3人は川の字に並んで あおむけの状態で倒れていた。 病院に運ばれたが、すでに死亡していた。 死亡したのは、近くの無職男性(26)と、20歳代くらいの女性2人。 狭山署で女性の身元の確認を急いでいる。 室内には練炭入りの七輪が部屋の四方に1つずつ置かれていたほか、 練炭入りのバーベキューコンロも2つ置かれていた。 いずれも大部分が燃え尽きていた。 部屋のガラス戸は、 内外から粘着テープで目張りしてあり、同署で自殺とみて、 動機などについて調べている。 遺書などは見つかっていない。 現場のアパートは、4世帯入居できるが、いずれも空き室で、無施錠になっていたという。 日テレのニュースでは、自殺志願者サイトで知り合った3人と報道されてた。 方法は、練炭による一酸化炭素中毒死です。 理想は、 こんな具合です。 練炭・コンロ・睡眠薬・密封できる部屋。 全て揃え終わりました。 参加したい人には、睡眠薬などを差し上げます。 ただし、女性に限ります。 男性だと、トラブルや犯罪に巻き込まれる恐れもありますので。 年齢は問いません。 やっぱり、独りだと寂しいですからね。 場所は埼玉県です。 時期は、1月~2月中を 計画しています。 本気の方お待ちしております。 魚津署員が駆け付けたところ、 運転席から、切断された頭部とともに、横浜市の無職男性(54)の遺体を発見した。 同署は、現場の状況から男性が自殺した可能性が高いとみて捜査している。 消火後、貝塚署員が確認したところ、車内から2人の遺体が見つかった。 遺体は焼損が激しく、身元などは不明だが、車の所有者が10日、 家族に「死にたい」と電話をかけていたといい、同署は 所有者夫婦が心中を図った可能性もあるとみて調べている。 作家のA氏の言い分も分かるんだけど、 この人にとって鬱病や自殺は逃げなんだろうな。 ちなみに550円。 次号発売が2月24日なので それまでは本屋、駅書店、キオスクなどにあるかと。 氷室真裁判長は、頼りにし ていた病院から入院を拒否されたことなどの事情を酌み、「娘の将来を悲観した もので、(殺害は)誤った方法だが愛情の発現とみえる面もある」と異例の言及を した。 レールの間にうつぶせの状態で倒れたため、直後に進入して来た電車は 男性をひかず、約250メートル通過して緊急停止した。 男性は奇跡的に無傷で、約500人の乗客にもけがはなかった。 捜査当局は猟銃による自殺と見ている。 ソーリューで同氏が経営するミシュラン・ガイドの3ツ星レストラン「ラ・コートドール」は最近、ミシュランと並ぶガイド「ゴー・ミヨー」で評価を落とされ、これが原因では、との憶測が浮上している。 バターやクリームを抑えて素材の持ち味を生かす独特の調理法を開発して「水の料理人」の異名を得た。 「ラ・コートドール」は91年にミシュランで3ツ星を獲得。 同レストランが出す朝食は、仏高級ホテルチェーンから「世界一の朝食」との称号を与えられた。 一時は神戸にも支店を出し、日本でもファンが多い。 20点評価のゴー・ミヨーでも最高レベルの19点を維持していたが、03年版同ガイドでは17点に格下げされた。 同氏と並ぶ著名なシェフのポール・ボキューズ氏は「前日彼と話したが少し落ち込んでいた。 ゴー・ミヨーが殺したようなものだ」と非難。 ゴー・ミヨーのマイノーブ社長はテレビで「彼ほどの人物が単に格下げだけで命を絶つとは思えない」と語った。 米国では大リーグの若手投手が最近急死。 日本でも、ダイエットなどのために個人で輸入される エフェドリンの副作用が社会問題化しつつある。 西村です。 それでは、解除しておきます。 次回は素早い対応を期待しております。 ではでは、今後とも宜しくお願い致します。 同県警津署員が調べたところ、男女3人はすでに死亡していた。 助手席に練炭の入った 七輪が置かれていたことから、同署は集団自殺の可能性があるとみて3人の関係を 調べている。 死亡していたのは、津市の無職男性(24)と愛知県蒲郡市の無職女性(20)、北九州市の 事務員の女性(23)の3人。 車内には、「車の中で七輪で練炭をたき、一酸化炭素中毒で死亡する」という自殺の手順を 書いたと見られるメモがあった。 「ごめんなさい」などと書かれた家族にあてた遺書があった ほか、ノートパソコンなども見つかった。 3人は今月1日ごろから、行方不明となり、それぞれの家族が警察に捜索願を出していた。 また、津市の男性と蒲郡市の女性は最近、別々に交通事故を起こし、相手にけがを 負わせたことから、悩んでいたという。 男子生徒は病院に運ばれたが間もなく 失血死した。 消防からの通報で駆け付けた姫路署員が殺人未遂の現行犯で父親を逮捕。 容疑を 殺人に切り替えて調べている。 調べでは、男子生徒は長男。 同日夜、父親と口論になり、父親が刃渡り約11センチ のナイフで左胸を刺した。 父親は約7年前から精神科に通院中といい、同署は刑事責任能力を慎重に調べている。 仙台市泉区鶴が丘、会社員秋田功さん(54)と、父の富谷町東向陽台、 克夫さん(81)で、同署は一酸化炭素中毒死とみている。 調べでは、二人は四日午前四時ごろに自宅を出て、湖でワカサギ釣りをしていた。 テント(高さ約一・八メートル、直径二メートル)の出入り口はファスナーで閉め切られ、 中には携帯型コンロがあり、豆炭とみられる燃料が燃え尽きていた。 四日は終日雪が降っていたという。 知人によると、克夫さんは年間を通じて一週間に一度は釣りに行くほど元気だったという。 長男の功さんも時々一緒に釣りに行くなど親子の仲が良く、 別の知人は「冬はワカサギ釣りに通うベテランなのに」と声を詰まらせていた。 同省は「長引く不況や高齢化が要因」としている。 最新の02年10月の速報値では、 約124万8000人(前年同月比8.5%増)に増えている。 受給者は95年度の約88万2000人から増加に転じ、99年度が約100万4000人(前年度比6.1%増)、 00年度が約107万2000人(同6.7%増)と増え続けてきた。 受給者は95年度から01年度の間に約26万6000人増え、そのうち60歳以上が6割を占めている。 大半が都市部で、特に埼玉県(69%増)、千葉県(56.7%増)、東京都(54%増)、 大阪府46.6%増)などで増加率が大きい。 受給者の急増に伴って、保護の申請や相談に応じるケースワーカーの不足が 都市部を中心に目立っている。 生活保護世帯に対するケースワーカーの必要数は決められており、 市部の場合は80世帯に1人配置することになっている。 しかし、02年度は全国約1200の福祉事務所のうち、21%にあたる 251事務所が基準を満たせない状態となっている。 自治体の財政難もあって増員が追いつかず、 影響が心配されている。 この研究成 果がHarvard Universityの研究者等によって2003年1月の Pediatrics誌に発表されました。 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、. j ゝ. トソ \ \. 終値は、日経平均株価(225種)が前日比179円83銭安 の7862円43銭となり、1983年1月25日(7803円18銭)以来、 約20年2か月ぶりに7900円台を割り込み、 前日に付けたバブル経済崩壊後の最安値(8042円26銭)を下回った。 東証株価指数(TOPIX)の終値も同13・90ポイント低い 770・62となり、前日に付けたバブル崩壊後の 最安値(784・52)を更新した。 グループのデイビッド・ディンジェス同大教授は 「寝不足の影響は徐々に蓄積し、人間の作業能力に 大きな影響を与える」と、睡眠の大切さを強調している。 グループは、21歳から38歳までのボランティアを、1日4時間、 6時間、8時間の睡眠を取る3つのグループに分け、 日常生活をしてもらった。 その間、記憶力や認知能力、問題処理能力などを 試す試験をした所、6時間睡眠と4時間睡眠の グループでは脳の活動能力が徐々に低下。 2週間後は、3日間寝ていない人と同レベルにまで 下がっていたという。 坂元続園長の暴行疑惑などの実態解明に向け、 指導員らから事情を聴いた。 傷害や暴行、 保護責任者遺棄容疑での刑事告発が可能か検討している。 調査は14日も続ける。 宅間被告の人格を『情性欠如者』と診断。 事件当時の精神状態を「精神病の症状はなかった」とし、 責任能力が完全だったことを示唆した。 「『ただ待つ』から『早期の対応へ』」とのスローガンを掲げ、 子供への学校復帰、自立を促す周囲の働きかけを勧めている。 23日まで一般の意見を募集し、来月、最終報告を まとめて各教委に通知する。 まとめでは、11年前の不登校問題の報告書が、 「登校の促しは、状況を悪化してしまう事もある」とした事が誤解され、 子供への働きかけをしない教員や親があることの反省に立ち、 「放っておくことで状況は改善しない。 早期の適切な対応が重要」と強調。 学校に公的機関、非営利法人(NPO)等との連携強化を訴えている。 報告では適応指導教室の質・量の充実を求め、 不登校指導に実績のあるフリースクールなどに運営を委託する 「公設民営型」の適応指導教室についても検討すべきだとしている。 専門家会議は来月中旬に最終報告をまとめる。 鉄道会社ではSASを 想定していなかった企業がほとんどだったが、 その他の業種では既に社員に対してSASの検査を 始めている企業もある。 13日から福岡市で開かれる日本呼吸器学会でも 幾つかの調査が報告され、専門医らは 「潜在的な患者はかなりいるのでは」と指摘している。 センターは「SASと居眠り事故の具体的な関係が 明らかにされたのは初めて」と話している。 睡眠中に何度も呼吸が止まる為、日中に眠気を催す SASの検査で、同センターに入院した患者のうち 運転免許を持つ1108人を対象に、 1997年11月から昨年12月までアンケートを実施した。 睡眠中の1時間に呼吸の止まる回数が5回未満を 「SASでない人」、5回以上を「SAS患者」とすると、 「過去5年に事故を起こした」との答えは 「SASでない人」の4・5%に対し「SAS患者」は10・1%と2倍以上だった。 塩見部長は「重症者は事故を起こす前に 専門医の治療を受けないと危ない」と警告している。 検査は広島市の病院で行われ、睡眠中の呼吸数が少ない 「低呼吸」の症状が確認された。 当日、運転前に2時間の 仮眠をとったが、それ以前の睡眠不足も重なり、 深い眠りに落ちたという。 同社は、全運転士についてSAS症状の有無を調べ、 再発を防ぎたいとしている。 弁護士が過労死を告発するのは珍しく、メンバーは 「違法労働を放置させないため」と説明している。 JR山陽新幹線の居眠り運転で問題になった 睡眠時無呼吸症候群(SAS)はSDBの1つ。 治療せずに 放置した場合の弊害があらためて浮き彫りになった。 鈴木医長らは、昨年の大相撲秋場所後の9-10月、 東京都内にある相撲部屋の力士23人を対象に 睡眠時の血液中の酸素飽和度を計測。 SDBでは気道が狭まって酸素供給量が減る為 飽和度が低下するが、11人で飽和度90%未満の状態が 睡眠時間の1%を超え、SDBと診断された。 このうち6人は5%以上の重症だった。 事故情報の収集や分析などの為、新たに第三者機関を設立する。 事故情報の報告制度について検討してきた 厚労省の検討部会(部会長=堺秀人・東海大学病院副院長)が11日、 報告書案をまとめた。 それによると、制度開始当初は、患者が死亡したり重い障害が残ったりした ケースについては、院内での事故報告・分析が義務化されている 特定機能病院などに対し、第三者機関への報告を義務付ける。 報告を怠った場合の罰則は設けない方針だが、報告しなかった事が 発覚した場合、医療機関の信頼性が大きく低下することになる。 他の医療機関についても、報告は任意とはするものの、 重大事故の報告を強く促す他、事故の規模を限定せず、 幅広く事故情報を求める。 又、患者・家族からの情報も集める。 第三者機関は中立機関とし、収集した情報や報告について、 医師ら専門家が原因を分析。 改善策などを公表し、 他の医療機関を含めた事故防止に役立てる。 現状では、医療事故が起きた場合、医療機関は任意で 都道府県に報告するという仕組みしかなく、国内でどの位の医療事故が 起きているのか、国も含めて把握できていない。 引きこもりは、周囲から「怠けているだけ」などと誤解されがちだが、 パンフレットは「ストレスが大き過ぎて自分の力では どうにもできなくなった」状態とし、「罪悪感を持つ事はない」と説明。 引きこもり経験者の話を紹介しながら、 回復の為のヒントを易しい言葉で説いている。 パンフレットの内容は厚生労働省のホームページ -2.html に全文掲載されている。 回収の対象となるのは、 3~4年前までに製造されたものが多く、店頭で現在販売されている 商品は少ないとみられる。 ただ、「損害は1000万円を若干超える」(藤沢薬品工業)など の指摘もあり、賠償請求を検討する動きもありそうだ。 判決理由で林田裁判長は「事件当時は統合失調症の末期で、 人格の荒廃が認められた。 妄想を伴う異常体験に 突き動かされた犯行で、是非弁別能力、 行動制御能力は失われていた」との判断を示した。 公判で弁護側は「刑事責任能力はなかった」と無罪を主張。 弁護側の申請により同地裁が実施した精神鑑定では 心神喪失だったとの結果が出され、検察側は論告で 「責任能力は相当程度減退しており、心神耗弱だった」と主張していた。 判決によると、男性被告は同月13日午後3時頃、 自宅で母親=当時(73)=が用意した昼食を食べている途中で、 母親の胸を包丁で突き、殺害した。 パワハラとはパワーハラスメントの略で「会社の上司などが 度を超して圧力や嫌がらせを繰り返し、部下が 精神的苦痛を受ける」ことを意味する。 これまでパワハラは指導や命令の範囲内とされ 表面化することが少なかったが、厳しい指導を嫌う 若い社員が増えたことなどから、 その被害を訴える声が高まっている。 番組ではパワハラに苦しむ被害者の声や 戸惑う管理職の姿を追い、対策について考える。 パイロットの場合は、服用を拒絶すれば 飛行任務を解除され得る、という条件付きだ。 しかしこの薬剤に は深刻な副作用があり、精神病性の異常行動や、抑鬱、不安、妄 想などを招く怖れがある。 昨年アフガニスタンで発生した誤爆事 件では、兵士の弁護士が、空軍の処方した覚醒剤が誤爆の原因だ と主張した。 調べでは、女性は同県岡崎市の無職女性(35)で、 子供は女性の中学1年の二男(13)と小学6年の三男(12)。 車内の七輪2個で練炭が燃えていたこ事から、同署は 女性が一酸化炭素中毒による無理心中を図ったとみて調べている。 車は国道1号の歩道脇にエンジンがかかったまま止まっており、 母親は運転席に倒れ込むようにして座り、二男は後部座席の床、 三男は助手席にそれぞれ毛布をかけられた状態で倒れていた。 3人に外傷は無いという。 ドリンク飲み放題に加え、 1時間わずか100~400円でパソコン、ゲーム機、DVDも自由に使える電脳化ぶり。 最近は個室化された店舗が人気で、カップルやサラリーマンの利用者も 増えている。 設備充実のあまり、ネット犯罪の舞台としても話題となった マンガ喫茶は今、どうなっているのか。 料金は1時間100円。 「以前は1人でマンガを読む人が中心だったが、昨春から ネットゲームやDVDなどデジタルコンテンツを楽しみに来る人が増えた」(店員) マンガ喫茶は名古屋が発祥の地とされ、昭和50年代に最初の ブームがあった。 昨年来の第3次は『電脳マンガ喫茶』ブーム。 今やマンガ喫茶のネット完備率は100%に近く、インターネットカフェの 業態を完全に吸収している。 業界団体の日本複合カフェ協会の調べでは、 1月末現在の加盟店舗数は80社416店で、昨年1月末の 16社157店から急増。 全国に約2500店が営業しているとされる。 警察からの連絡で駆け付けた救急隊員が、乗用車内で ぐったりとしている男性3人と女性1人を見つけた。 近くの病院に運んだが、4人とも一酸化炭素中毒で意識不明の重体。 富士吉田署の調べでは、車内は七輪で練炭が焚かれており、 集団で自殺を図ったとみている。 乗用車は大宮ナンバーだった。 4人の内2人は、所持品などから埼玉県出身の男性(23)と 静岡県出身の男子大学生(22)とみられ、他の男女も20代と みられる。 同署で4人の身元の確認を急ぐと共に、関係などを調べている。 現場は富士北ろくの民家が点在する酪農地帯。 車内にあった バッグから「先立つ不孝をお許し下さい」などと記された 手書きの遺書が見つかった。 仕事や育児、介護などによるストレスが 関係していると見られる。 3人に1人が、よく眠れなかった翌日は 「居眠りする」と答えた。 都会の女性に睡眠障害が 万延している実態が浮き彫りになった。 調査は昨年12月にインターネットで実施、首都圏に住む20歳代、 30歳代、40歳代のそれぞれ150人ずつ、計450人から有効回答を得た。 平日の睡眠時間は平均6.3時間。 寝つくまでの時間は 平均44.7分だが、4割近くの人が寝床に入ってから 眠りにつくまでに1時間以上かかっている。 国立精神・神経センター研究所の 白川修一郎老人精神保健研究室長は、 「女性の睡眠障害は放置されて深刻化する傾向が強い。 調査は睡眠障害によって脳機能が乱れ、日常生活に支障が 出ていることを示している。 『睡眠弱者』である女性に よい眠りのノウハウを学ぶ機会を増やすことが急務だ」と話している。 ネットワーク機器に不具合が生じた為とみられるが、 午前10時50分頃に全面復旧したという。 同部長は患者に謝罪文を郵送した。 病院によると、名簿は、脳神経外科で脊髄から髄液が 漏れる「低髄液圧症候群」の治療を受けた患者約300人分。 大半の患者は同協会に入会しているが、無関係の患者 約60人分も含まれていた。 協会が2月中旬、患者らに 治療後の状態を尋ねるアンケートと寄付を求める文書を発送。 協会に無関係の患者にも送られたため発覚した。 協会は「脳神経外科部長の了承を得たと思っていたが 行き違いがあった。 名簿は破棄した」と話している。 徳島県警板野署員が駆け付けたと ころ、男性1人が運転席で、女性2人が後部座席ですでに死亡していた。 調べでは、3人はいずれも20歳前後。 外傷はなく、後部座席にガスコンロと炭があり、 車内で炭を焼き、集団自殺したとみられる。 車は神戸ナンバーのレンタカーで、同署で身 元や詳しい死因を調べている。 現場は徳島市から西約20キロの山中で、徳島自動車道・上板サービスエリアの北西 約2キロ。 また、3人とも死後3、4日経過していることも分かった。 施錠した車内の後部座席に練炭火鉢が置いてあり、 窓に内側から粘着テープが張られていたことなどから、 同署は親子心中とみて捜査している。 医薬分業が進み、薬物療法が高度化する中、薬剤師の専門性を 高めて投薬ミスや副作用被害防止につなげるのが狙い。 今後は文部科学省と協議し、早ければ来年の通常国会に 関連法案を提出、早期実施を目指す。 現在、薬剤師国家試験を受けるためには大学の薬学部卒業が条件。 この教育期間を4年から6年に延長する。 一貫教育できるよう 薬学部の6年への延長が検討されているが、4年制を据え置いたまま 大学院2年を加える考え方もあり、文科省と協議を進める。 薬学部を6年制にする場合は学校教育法を改正し、大学院の 必修化で対応するときは薬剤師法の受験資格規定を 「修士課程を修了した者」と改正する必要がある。 また受験要件として、病院や薬局など臨床現場での 最低6カ月程度の実務実習を加える方針。 さらに、ネットを通じた請負殺人まで起き、社会問題化した。 昨年4月19日、ソウル市内の高層マンションで、34歳の男性と 女子高生2人が一緒に飛び降り自殺。 3人は住所がソウル、京畿道、 大邱市とバラバラで、自殺に関するサイトで知り合ったことが分かった。 5月4日にはソウル近郊の平沢市で、10代の2人と35歳の男性が 乗用車の中に排ガスを引き込んで自殺。 3人は男性が開設した 自殺サイトで知り合った。 このほか、自殺サイトを立ち上げた男性(22)が2月に自殺幇助容疑で 逮捕されたが、取り調べ中に服毒自殺。 自殺サイトで知り合った5人を 心中に勧誘したとして、女子大学生(19)も6月に逮捕された。 一方、2月にはソウル近郊に住む女性(23)が浪費癖の ひどい母親(55)の殺害を、ネット上の「チャット」で 知り合った男性(28)に依頼。 この男性がさらにネットを通じて 依頼した男子高校生(18)が女性の母親を殺害するという ショッキングな事件が発生。 事件を機に殺人請負サイトが問題となり、 6つのサイトが摘発された。 鎮痛剤などに使われる抗ヒスタミン成分が使用され、 「寝付きが悪い」など一時的な不眠を改善する効果があるという。 ただ、不眠症は対象外で、風邪薬などとの併用はできない。 連日の服用や妊婦の服用も避ける必要があり、メーカー側が 薬局などへ使用方法を十分に説明するなどの対策が 求められそうだ。 抗ヒスタミン剤を使った睡眠改善薬は 約10年前から米国で発売されているが、 日本で認可されたのは初めて。 同署によると、車の中にあった家族らにあてた数通の遺書らしい 走り書きや4人の所持品などに、ネット上で知り合ったことを示す 内容の文面が残されていた。 また、ネットの掲示板に4人のうち1人が書いたとみられる書き込みも見つかった。 今後金額を詰め、2004年度予算の 概算要求に盛り込む。 96年のらい予防法廃止に伴い、旧厚生省は元患者らの 社会復帰支援のため、療養所退所に際し一時金の支給を 同年4月2日に開始。 現在1人当たり最高250万円が 支払われているが、制度創設前の退所者は対象外で、 原告・弁護団が改善を要求していた。 一方、療養所に入所したことがない元患者らの 経済支援策についても、厚労省は実施に向け検討する 姿勢を示した。 療養所に入所した経験がある元患者らには、 入所期間や世帯構成などに応じて「退所者給与金」が 支給されている。 成田税関支署によると、1度に持ち込もうとした MDMAの押収量としては過去2番目。 調べでは、同容疑者は4日午後、パリから成田に 到着した際に、二重底に加工したスーツケース内に MDMAを隠し密輸した疑い。 車内に3人の携帯電話が残されており、メールの着信記録から 男性が女性の1人に心中を呼びかけ、この女性が もう1人の女性を誘っていた。 調べによると、着信記録は 3月9日から残っており、男性が「インターネットカフェにいます」と パソコンからメールを送ったうえで、「山」「密室」などの場所や 時期を尋ねる言葉が並び、女性の「どんな方法があるの」との 質問に「一酸化炭素がいいですね」と答えていた。 その後、携帯電話による3人のメールのやり取りは12日夜までに 約80回あったが、大半は最初の着信記録がある男性と 女性のもので、この女性は「1人ぼっちで寂しい」などと送り、 終始、男性がリードしているようだったという。 メールのやり取りが行われる以前に2人の間に接点は見当たらず、 同署はインターネット上の自殺志願サイトで知り合った 可能性が高いとみている。 専門医が監修し、SASの症状や関連する事故データ、 自己診断テストや治療法などを紹介している。 押上から東武鉄道が建設した連絡線も完成し、 東武の南栗橋から半蔵門線を挟んで東急田園都市線の 中央林間まで直通運転が始まった。 半蔵門線は1978年に最初の渋谷-青山一丁目間 2.7キロが開業して以来、25年ぶりの全通。 東武、営団、東急の直通運転開始を記念して、29日には 中央林間から東武日光・鬼怒川温泉行き、30日には 東武日光・鬼怒川温泉から中央林間行きの臨時列車が 各1本運転される。 メールは女性が自己紹介して男性の死への願望に同調する内容で、 男性は女性に返事を出していた。 県警はサイトへの 男性の書き込みに女性が応えたとみて、男性宅のパソコンも調べている。 調べでは、女性のパソコンに8日以前に自殺志願者サイトに複数回 接続した履歴が残っていた。 女性は8日、男性に 「愛媛の23歳です。 ご返事待っています」とメールを送り、 9日に男性が返事を出していた。 その後、女性が高校時代に 同級生だった愛媛県の別の女性(23)を誘ったらしい。 多数の来園者が見込まれる週末の3連休に向け、 園内の安全を確保する狙いがある。 大正製薬は4月4日、 不眠症状の改善効果がある催眠鎮静剤「レスティ錠」を発売する。 19日は県保健福祉部などの職員7人が 園職員を事情聴取した。 2000年には8・5%だった社会保障費は 少子高齢化によって急増することになる。 これに所得税や消費税などの税金を合わせると、2000年は 計18・2%だった負担が、2025年には計27・5%となる見通しだ。 推計は、平均的なサラリーマン世帯 (収入は月55・1万円、世帯人員3・47人)について、 厚生年金、医療、介護、雇用の各保険料負担が 家計に占める割合を算出した。 一方、家計のうち消費支出は72・9%から66・9%に減り、 預貯金の割合は9%から5・6%に減少するという。 同審議会では今後、社会保障制度全体でどの程度の 保険料を負担できるか、議論を深める予定だ。 おそらく知り合いだと思うのでどうしても気になって。 お見舞いこうか悩んでいます。。 俺もここの病院に逝って、彼らを(略 って思ってますし。 彼らを心配して下さって。。。 一緒に行きたい気持ちです。。 一人で行くの恐くて。。 つらくて。。 福岡県出身。 連絡先は東京都杉並区西荻北3の40の3の 矢島聰子事務所。 葬儀は25日正午から 北九州市若松区白山1の9の50のカトリック若松教会で。 喪主は姉久野鈴(ひさの・すず)さん。 東京大学法学部を中退して俳優座同人会に入り、 劇団四季を経てフリー。 舞台の代表作に「ファンタスティックス」 「山吹」などがある。 映画では、岡本喜八監督作品の多くに出演、 独特の風ぼうを生かした個性的な悪役として活躍した。 テレビ番組「仮面ライダー」の死神博士役で知られ、 バラエティ番組「平成教育委員会」でも人気を集めた。 同労働局によると、過労自殺を巡って、使用者側が 書類送検されたのは初めて。 書類送検されたのは、東京都中央区の アウトドア用品販売会社「ダヴオス」と同社の役員(33)。 自殺した男性は同社に販売員として勤務。 遺族は 「自殺は、半年間で500時間に上った超過勤務が原因だ」として、 昨年2月に労災認定を請求していた。 2月4日には「やっと見つけたと思った相手は、生きるほうへ いってしまいました」と心中が叶なわなかったことを仄めかし、 「本気で一緒に逝ってくれる人、募集します」と呼び掛けていた。 県警では、集団自殺未遂に至った経緯を調べている。 男子大学生は昨年12月31日、サイト上で「1人で死ぬのは 寂しいので一緒に逝ってくれる方を募集します」と書き、 1月7日に「凍死に使えそうな睡眠薬が欲しいです。 どなたか売っていただけませんか?」と要望していた。 このサイトには、2月11日に埼玉県入間市のアパートで 練炭を焚いて集団自殺した同市の無職男性(26)のものと みられる、心中相手を探す書き込みもあった。 男子大学生は他の自殺サイトでも2月7日、 「なるべく早く一緒に逝ってくれる方、メール下さい」と書いていた。 この事故で同線の 上下計8本が12~8分遅れ、約1万2000人に影響が出た。 平塚署の調べでは、線路に横たわっている男性を 運転士が見付け、急停止しようとしたが間に合わなかった。 調べでは、男性は25~35歳、身長約177センチ。 緑色ジャンパーに茶色の靴着用。 駐車場屋上(地上約13メートル)から フェンス(高さ約1メートル)を飛び越え自殺を図ったとみている。 人事院は「国家公務員も心のケアが大きな課題と なっている。 相談窓口利用のPRや関係職員の研修拡大など 対策を講じていきたい」としている。 調査は5年ごとに実施。 01年度に病気や怪我などで長期間休みを 取ったのは、6591人(男性4375人、女性2216人)で全職員の1.36%。 1996年の調査に比べ、435人減少している。 原因でみると、精神疾患が1912人(男性1483人、女性429人)で、 前回調査の1050人に比べ大幅に増加した。 前回トップだった 「癌などの腫瘍」は、1045人(15.9%)で2番目。 DV被害者の母親が逆に児童虐待を行うケース等、家庭内暴力の被害者と 加害者は表裏一体の関係にある。 加害者ケアに携わる支援者らが 「加害者と被害者を分けずに複合的に支援する組織が必要」と、 全国初の取り組みに乗り出した。 所長に就任予定の味沢道明さん(49)は、大阪や京都でDV加害者らの ケアに取り組む「メンズサポートルーム」の共同代表。 加害者約300人と 向き合い、被害者が加害者の側面も持ち得る家族の暴力の複雑さに 何度も直面。 暴力を根本的になくすためには加害、被害両面のケアを 1カ所で統合すべきだと痛感した。 行政にも家庭内暴力の相談窓口はあるが、 DVと虐待が別々で、加害者ケアには目を向けようとしないのが現状だ。 味沢さんは、 同じ思いでカウンセリング等を共にしてきた「虐待当事者の会」代表、 小井香欧里さん(36)と約2年前から構想を練ってきた。 保育サポートも計画しており、 子供を預けてカウンセリングに専念できる。 スタッフ5人程度でスタート。 初期面接費500円など有償。 味沢さんらは「縦割り行政ではできないサービスを 提供し、家族を再生していきたい」と話している。 問い合わせは(075・502・4853)。 戸籍上は男性だが、女性での届け出を希望した。 同選管は4月20日の告示までに 総務省や都選管と協議し、判断する。 選挙では、GIDへの理解と 社会的弱者の生活向上を訴える。 GIDは、身体上の性別と、自分が認識する自分の性別が一致しない症例。 医療機関で身体的、精神学的診察を受け、該当するか判断される。 上川さんは98年、医療機関でGIDと診断された。 上川さんは違和感を持ちながらも幼少期から男性として暮らし、 27歳で「架空の人物を演じる様な苦痛に耐えきれず、女性として 生きる事を決意した」という。 99年に戸籍の変更手続きを取り改名した。 「同じ障害を持つ人だけでなく、社会的弱者の声を拾い、地方自治から 世の中を変えたい」と、出馬の動機を語る。 総務省選挙部管理課によると、公職選挙法では候補者の性別の扱いについて 特段の規定は無いが、戸籍上の性別で立候補の届け出を行うのが通例。 過去に国内の選挙で性同一性障害を持つ人が戸籍と違う性で立候補を 希望した事例は無いという。 妻の119番通報で、2人は市内の病院に運ばれたが、長男は間もなく死亡、 男性も意識不明の重体。 浦和署は、男性が無理心中を図った疑いが 強いとみて調べている。 車内には灯油の燃えた形跡があり、後部座席で飼っていた柴犬の子犬が 死んでいた。 死因は一酸化炭素中毒。 同署は自殺とみて調べている。 同署によると、主婦はこの日午後2時頃に「友人宅に行く」と言って 家を出たが、夜になっても帰らず、家人が捜索願を出した。 更年期障害で悩んでいたという。 警視庁は自殺とみて調べている。 県警は留置管理に問題がなかったかどうか調査を始めると共に、 26日に司法解剖して死因を詳しく調べる。 県警によると、同容疑者は、 大阪府内で昨年12月に盗まれた乗用車を富山県内で運転していたとして、 2月17日に盗品等運搬の疑いで同署に逮捕され、その後、 別の容疑で再逮捕された。 同容疑者は、この日午後1時頃から 1人で入浴を始めたが、出てこない為、署員が様子を窺うと、 浴室の窓の金網にタオル状の垢擦りの布を掛け、首を吊っていた。 東京消防庁の救急隊が現場に駆け付けたが、現場で死亡が確認された。 警視庁大塚署は自殺とみて家族から事情を聞いている。 古尾谷さんは1977年、映画「女教師」でデビュー。 「ヒポクラテスたち」に医大生役で主演し注目された。 神吉正則裁判長は虐待の事実を認めた上で「(知的障害者を救済する)何の措置も とらなかった」と行政の違法行為を認定し、被告に総額2億7000万円の支払いを命じた。 判決によると、同社の和田繁太郎元社長 56 は障害のある男性に対し、 向精神薬の服用を許さず暴行を加えた。 男性は1990年2月、工場の床に寝かされた後死亡、 判決は「男性の死亡と社長の暴行等との間には因果関係がある」とした。 又、和田元社長は92年頃から、他の従業員にも暴行を加え、給料の未払いや 障害者基礎年金を横領するなどした。 判決では、原告が8日市労働基準監督署に 和田元社長の暴行や賃金不払いを告発していた事実などを踏まえ 「必要な調査をしていれば、会社の労基法違反を確認し是正勧告できたが、 その様な対応を取らなかった」と国の怠慢を指摘。 死亡した男性が会社就職前に入所していた、県の知的障害者更正施設に対しても 「和田元社長の暴行などを認識し得たのに、会社を訪問する等して男性の就労や 生活状況を確認しなかった」と不法行為を認めた。 和田元社長は97年1月、従業員の障害者基礎年金を着服した横領罪で 懲役1年6月の実刑判決を受けている。 厚生労働省滋賀労働局の吉田康夫 総務部長「今後の対応は、判決内容を10分に検討し、関係省庁とも協議した上で判断したい。 3人に外傷はなく、 車内には練炭用の火鉢2個と遺書があったことから、 和泉署は心中とみている。 調べでは、3人は和泉市内の 無職男性(74)とその妻(76)、男性の知人で大阪市の 無職女性(59)。 男性は昨年12月から同府堺市内の病院に 鬱病で入院中で、女性とは病室が同じ階だった。 男性は24日から、女性は25日からの外泊届を病院に 出しており、夫婦は25日夕方に乗用車で自宅を出たままだったという。 遺書は後部席近くに約10通あり、後部席裏の荷台に 積んであった火鉢の練炭は発見時、燃え尽きていた。 調べによると、藤井被告らは昨年9月13日夜、江戸川区の路上で、 帰宅途中だった女子中学生をワゴン車に連れ込んで乱暴、 携帯電話を奪った疑い。 藤井被告は昨年2月、 インターネットの掲示板に「暴行に興味のある人はいませんか」と 書き込み、高橋被告や少年と知り合ったが、 3人は互いに本名を知らなかった。 男性被告の無罪が確定する。 控訴期限は26日午前零時。 那覇地検の奥村淳一次席検事は、控訴断念の理由について 「一審で責任能力を否定した精神鑑定が採用されている。 控訴審で無罪判決を覆すのは理論的に困難。 遺族に処罰感情がなく、 措置入院しているので処罰の必要性も低い」と説明した。 弁護人の亀川栄一弁護士は「控訴断念は当然の結論だし 正しい判断と言える」、男性被告を支援する県精神障害者福祉会連合会の 比嘉秀次会長は「無罪が確定すると聞いて嬉しい。 今後も男性と 家族を孤立させない様協力していく。 行政の皆さんにも、医療面、 生活面で応援してほしい」等と話した。 判決などによると、男性被告は統合失調症の為26年余の 入院生活を送り、01年5月頃から中部の自宅で在宅療養していたが、 同年7月13日、自宅内で山里さんの胸を包丁で刺し死亡させた。 検察側の捜査段階の精神鑑定は被告の責任能力を肯定し、 公判での弁護側申請の再鑑定は同能力を否定した。 林田裁判長は11日の判決で、被告の病状により適合するとして 再鑑定を判断の根拠とし、弁護側の主張を全面的に認めて 無罪を言い渡した。 調べによると、シンドウ容疑者は昨年12月22日、タイから新千歳空港に 到着した際、向精神薬44錠をボストンバッグに隠し持ったほか、 今年2月11日にタイの知人を使い、向精神薬1120錠を隠した縫いぐるみを、 苫小牧の知人宛国際郵便で発送させた疑い。 密輸した薬は鎮静や興奮の作用があるほか、肥満治療にも使われている。 シンドウ容疑者は少なくとも3人の知人に、「やせ薬」として一ヶ月分 6000~1万円で販売。 これまでに密輸した向精神薬は約5300錠に 上るという。 道内で1000錠を超える向精神薬密輸の摘発は初めて。 八田容疑者は ホームページで、商品名の一部を伏せ字にして宣伝していた。 バイアグラの伏せ字広告の摘発は初めてという。 西信雄助教授は「鬱病が薬で治ることを もっと知ってもらい、相談所を利用するなど早めに対処してほしい」と話している。 調査は久慈市、種市町、野田村、山形村、大野村、普代村の 久慈地区が対象。 隣接しながら自殺率が低い宮古市、岩泉町、 田老町、新里村の宮古地区を比較対象に選び、両地区から 無作為に選んだ計7293人に調査(回答率80・1%)した。 「かかりつけの医師に心の問題を相談できる」「精神病院がどこに あるか知っている」と回答した久慈地区の住民は、いずれも 宮古地区よりも少なく、住民が気軽に精神科を利用していない 現状が明らかになった。 又、自殺率が高いことを知っている 久慈地区の住民は15・4%(445人)にとどまった。 一方「自殺という手段をとるべきではない」と考えている人は 60・8%(1757人)に上った。 特に久慈地区は、41・8人(同)と高い。 このため、同大、久慈保健所、地元自治体が連携し、自殺予防の ネットワークを設立し、自殺予防の取り組みを進めている。 大都市ムンバイ 旧ボンベイ の喧噪にも掻き乱される事なく、 古代から伝わる儀式は厳かに続き、亡骸は『沈黙の塔』に運び込まれる。 白い布に包まれた死者たちは大理石の台に寝かされる。 ハゲワシなどの猛禽が遺体をついばみ、太陽の熱が水分を奪う。 そして4日が経つと、善行を積んだ者の魂は霊界に迎えられ、 そうしなかった者の魂は罰を受ける。 ところが、ムンバイの猛禽類は全滅寸前だし、雨期の3ヵ月間は 太陽の光もあまり頼りにならない。 この問題をめぐって、パールシーと 呼ばれるインドのゾロアスター教徒たちの間に緊張が生じた。 容赦なく押し寄せてくる時代の波とテクノロジーが、この世界最古の 宗教の信者たちを改革派と正統派に分けてしまったのだ。 改革派は遺体の処理に太陽光反射器を利用しようとするが、 正統派の長老たちはそんな方法を冒涜と考えている。 女性の専門医とスタッフが診療にあたる。 外来棟1階に専用スペースを設け、二つの診察室と健康指導室を設置。 内科を中心に外科、整形外科、精神科、皮膚科、産婦人科の医師10人と 看護師、助産師、薬剤師、健康運動指導士、管理栄養士らは全員女性。 室内の壁紙や調度品なども温かい雰囲気にした。 沖田極病院長は「女性特有の疾患は男性医師が理解しにくいこともある。 何でも相談してほしい」。 松田昌子主任医師(内科)は 「患者の訴えを時間をかけて聴き、診療にあたる。 健康セミナーの 開催など社会還元にも努めたい」と話している。 診療は完全予約制で、月~金曜午前8時半~正午。 予約受け付けは月~金曜午後1~5時(0836・22・2500)。 (2)催眠鎮静(中枢抑制)作用に優れた抗ヒスタミン剤: 塩酸ジフェンヒドラミンの働きで、寝つけない、眠りが浅い等の症状を改善します。 (同様の効果を狙った塩酸ジフェンヒドラミン製剤は、アメリカ、イギリス、 ドイツ等で広く一般に販売されています。 ) (3)快適な睡眠を確保する事により、生活全体も充実し、生活の向上に貢献します。 (4)服用しやすいフィルムコーティング錠で、PTP包装ですから旅行・出張時の携帯にも便利です。 中略 厚生労働省の諮問機関、一般用医薬品承認審査合理化等検討会の 中間報告「セルフメディケーションにおける一般用医薬品の存り方について」 公表以降、国民から求められる「生活の質の改善・向上」を目指す OTC初のケースとなります。 売上目標は店頭価格ベースで初年度6億円、 その後3年間を目処に15億円商品に育成し、新たな市場の創造を目指します。 調べによると、関沢容疑者は昨年11月27日午後10時15分頃、 自宅のパソコンからネット掲示板の「2ちゃんねる」に 「小田急鉄道明日午後1時爆破予告。 うっひっひっひ」と書き込んだ。 小田急電鉄は翌28日、240人の社員が車両点検やホームでの 警戒に当たった。 県は今月中旬、9人の メンタルヘルス調査を実施。 PTSDの症状がなくなった元実習生が 昨年4月調査の1人から4人に増えた一方、5人には昼夜が逆転する等の 症状が引き続き見られた。 9人は昨年春に同校を卒業し、現在は生活環境が 異なる事等から、県は今後、個別事情に合わせた心のケアを進めていく方針。 元実習生のケアに当たっている同県宇和島中央保健所は 「人によって差はあるが、全体的には改善の方向に向かっている。 今後も専門家らと連携して問題を解決していきたい」としている。 年齢が上になる程 長期化の傾向があった。 自由記述欄では、子供の進路・将来に対する 不安や、不登校を巡る周囲の誤解、偏見で辛い思いをしている事を 訴える意見が目立った。 旧文部省が1992年に、保護者約300人から聞き取り調査した事は あるが、大規模な調査は初めて。 伊藤美奈子お茶の水女子大助教授に 委託して今年から調査を始め、約3400人(回収率85%)から回答を得た。 中学生の保護者が全体の約80%を占め、回答者の91%は母親だった。 約3400人の内、学校に全く通っていない子供は60%で、 週に3日以上登校している子供は21%。 これに対し、検察側は冒頭陳述で「被告が独断で延命治療を中止。 被告は回復困難な患者への治療を早期に打ち切る考え方が強かった」と指摘し 「特異な死生観」(横浜地検幹部)を動機と位置付けた。 須田被告は罪状認否で「弁護士から述べさせて頂きたい」とした。 弁護側は「被告の意図は、家族の要請で自然な死を迎えさせる というものだった。 筋弛緩剤は患者の苦悶の呼吸を軽減する為だった」と主張。 筋弛緩剤は被告が点滴で投与し、起訴事実より少量だったとした。 検察側は冒頭陳述で「被告は家族の負担除去を考え、痰などで汚れた 患者の姿を家族に見せるのは忍びないとの気持ちから、窒息死させる事を 決意した。 家族は回復に向かっていると理解していた」と指摘した。 弁護側は、検察側が提出した家族の供述調書などを不同意とした。 男は配偶者暴力防止・被害者保護法(DV防止法)に基づき、裁判所から 接近禁止を命じられたにも拘らず、妻の自宅周辺を徘徊。 昨年10月に 同法違反で現行犯逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。 昨年11月、全家連の補助金流用問題が報道され、厚労省等が 調査を進めていた。 堅田署によると、男性は線路に立っていたといい、自殺とみて詳しく調べている。 この影響で同線は上下線9本が運休、約4800人に影響が出た。 祭壇には、古尾谷さんが好きだったウイスキーや日本酒、ショートホープ2箱のほか、 大ファンだった巨人のキャップと試合のビデオが9本、「あしたのジョー2」の ビデオシリーズ10巻が供えられた。 戒名は、天国でも鳥のように羽ばたき演じてほしいという願いが込め、 天鴻院漲演日雅居士(てんこういんちょうえんにちがこじ)。 代表作「ヒポクラテスたち」の大森一樹監督(51)は 「男50年生きたら一緒じゃないか。 苦しいのはおまえだけじゃない」。 映画で共演した竹中直人(46)も「悔しい。 非常に集中力があって存在感のある 俳優だった。 同年代として共演を楽しみにしていたのに実現できなくて残念」と涙。 一方、日本テレビ系「金田一少年の事件簿」で古尾谷さんと共演した KinKi Kidsの堂本剛、ともさかりえは口を閉ざしたまま。 喪主の登志江夫人(48)=女優・鹿沼えり、所属事務所の正木典広社長(45)も コメントはなかった。 一部スポーツ紙では、 「金銭トラブルなどに関するメモ」の存在を指摘。 また、平成4-8年の 都・区民税滞納で東京・目白台の自宅マンションに「文京区役所から450万円の 抵当権が設定」などとも報じられ、「金銭問題」説も指摘されている。 一方、映画関係者の間では、「毎年必ず来ていた夫婦連名の年賀状が、 ここ数年なくなった」として、夫婦仲にふれる声も上がっている。 同法案は、心神喪失で不起訴・無罪などとされた 精神障害者の再犯を防ぎ、治療と社会復帰を促進するのが目的。 裁判官と精神科医の2人が「再犯の恐れがある」と判断した場合、 裁判所が入院、通院を命じる。 昨年、衆院を通過し、開会中の 通常国会で審議されている。 県弁護士会は「2人だけの審査会では、 再犯予測は難しく、不必要に長期入院させられる恐れがある」と指摘、 「精神医療を充実せずに、重大犯罪を犯した精神障害者だけを ターゲットにする法律はおかしい」としている。 宅間守被告は、一昨年6月、大阪教育大学附属池田小学校に乱入し、 児童や教師ら23人を殺傷した罪などに問われています。 きょうの法廷では、 宅間被告の再鑑定を行った2人の精神科医に対する3回目の証人尋問が 行われました。 2人は、「被告が自分をコントロールするためには どうしたらよかったのか」との弁護人の問いに対し、「人との出会いなど、 幸いな偶然が重なっていれば可能だったかもしれない」と証言しました。 その上で、「被告は人格障害であり、統合失調症などの精神症状はなかった」と あらためて結論づけました。 研究グループの山崎喜比古・東大大学院助教授(健康社会学)は 「薬害エイズが被害者だけでなく遺族にとっても、いかに過酷で 凄まじい経験だったかを示している。 遺族も対象とした国の 恒久対策の抜本的拡充が必要だ」と指摘している。 アンケートは昨年10月から12月にかけ実施し、遺族計294人から 回答を得た。 PTSD診断に使われる評価尺度に基づき回答を 分析した結果、PTSDが疑われる遺族は55・2%で、被害者の母親で 69・5%、父親で63・1%に上った。 貴之ちゃんは病院に運ばれたが、頭の骨を折って重体。 男は殺人未遂の疑いで北署に身柄を確保されたが、知的障害があり、 同署は男を入院させた上で責任能力の有無などを調べる。 利用者20人は弘前、大鰐など 近隣5市町村の施設に移る。 県内の社会福祉法人に業務停止命令が 出たのは初めて。 県は「期間内に運営が改善されなければ、 法人解散命令も辞さない」としている。 同会が法人認可時に 「自己資金に充てる」と説明していた寄付金2150万円が存在しない 疑惑も出ていた。 02年8月に通所者送迎車の購入代金約150万円の未払い、 同年11月には施設改築工事の代金約1350万円の未払いを理由に、 青森地裁弘前支部が施設の土地と建物を差し押さえ、競売開始を決めた。 坂元園長の法人理事長と理事職の退任も決めた。 園関係者によると、法人理事は坂元園長と妻のミツ子副園長(71)を含む6人。 24日の理事会で、坂元園長の理事長職、園長職の解任について 園長、副園長を除く4人が同意した。 同席した坂元園長とミツ子副園長も了承した。 さらに25日の理事会で、坂元園長の理事職解任とミツ子副園長の減俸処分も決めた。 理事会は園長職の解任を既に県に報告している。 後任は外部の福祉施設の勤務経験者とする方向で県と協議している。 複数の園関係者の証言によると、坂元園長は94年頃から、利用者を ハエ叩きで叩くなどの暴力や体を紐で縛る等の虐待を繰り返してきた。 鹿児島地方法務局は、人権侵害の疑いがあるとして2回にわたって園を 立ち入り調査。 鹿児島県も今月5日から特別監査を始めている。 計画期間は 2003年度から7年間。 又、スポーツや芸術、文化活動を積極的に推進する等、 学習カリキュラムも見直し、一人一人の特性や能力を最大限に伸ばして 進路選択の幅を持たせる。 軽度児の職業的自立を目指す高等養護学校を 新設する。 中・重度児の自立に向けて授産施設等との連携した作業学習を行う。 福岡市教委によると、市内の知的障害養護学校高等部卒業生の就職率は、 2001年で10. 2年前の2倍を超えたものの県平均の25. 0%、全国平均の 25. 5%を下回り、福岡市の障害児教育は遅れている。 障害が重複している子供が 増えていることを踏まえ、盲、ろう、養護学校など障害の種類ごとに 通う学校を定めた現行制度を見直す。 同省は中央教育審議会に諮った後、 来年の通常国会に関連法の改正案を提出する方針。 現在は、視覚障害児は「盲学校」、聴覚障害児は「聾(ろう)学校」、 知的障害や肢体不自由児は「養護学校」と決められているが、 盲・ろう・養護学校の小、中学部の児童生徒数に占める重複障害者の割合は 平均で43%(02年5月現在)に上り、さらに増加傾向にある。 この為報告は、複数の障害に対応出来る「特別支援学校」を都道府県の判断で 設置出来るよう制度改革を求めた。 地域の小中高校や大学、病院、 福祉施設などが連携して、障害のある子や保護者の相談などに当たる 「広域支援体制」を作ることも提言している。 小中学校や特別支援学校に、学校と医療、福祉機関、保護者らとの 連絡調整役をする「特別支援教育コーディネーター」の教員を置く事や 学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)も特別支援教育の対象と することも求めた。 ADHDについては、子供の判断基準や指導法等も 試案としてまとめた。 障害者の就労支援の為のガイドブックが 発刊されるのは県内で初めて。 ガイドブックは2002年度社会福祉・医療事業団助成事業で刊行された。 県内に約140か所ある社会資源を北部、中部、南部、宮古、八重山の 5地区に分けて紹介。 1か所ずつ住所、電話番号、作業内容などが 分かりやすく掲げられている。 作業所、授産施設等には「知的」「精神」 「身体」といった対象となる障害も明示されている。 ミラソル会理事長の 一杉光男さんは「障害のある人が就労するのが難しい社会的状況はあるが、 1人でも多くの人がガイドブックを利用して地域で働いてほしい」と話している。 500部発刊。 施設等に配布される。 身体障害者は全体で124万6000人、うち就業者が52万人、 知的障害者は全体で26万4000人、うち就業者が13万人と推計される。 就業者の年齢別の割合は、身体障害者は25-29歳の57・5%が最も多く、 次いで35-39歳の53・3%が高い。 知的障害者は25-29歳の66・0%が 最も高く、次いで20-24歳の64・3%が高かった。 又、働いていない人では、身体障害者のうち就業経験がある人が46・8%で、 前職の離職理由は病気(42・3%)のほか、倒産・人員整理(9・1%)、 人間関係がうまくいかない(4・5%)との回答もあった。 運転士が急ブレーキを掛けたが間に合わず、女性は頭部を強く打ち即死。 警視庁四谷署は、現場の状況から自殺とみている。 この事故により、朝の通勤客ら約8万3000人に影響が出た。 2人は共に年間50日以上欠席し、校長が「責任を持って卒業させられない」と 卒業認定をしていなかった。 出席日数がゼロでも卒業を認める学校が大半で、 厳格な卒業認定は一石を投じそうだ。 この学校は埼玉県の川口市立東本郷小学校。 2人はいずれも転校生で、 学年初めに転校してきた1人は年間24日しか登校しなかった。 もう一人は2学期の転校で、2~3学期で計53日欠席した。 この為、桑原清四郎校長は教育課程の修了を認定する先月初めの 職員会議で、「責任を持って卒業させられない」とこの2人の卒業認定を 見合わせた。 25~30日まで補習し、結果をみて卒業を認めるかどうか 判断したいと提案し、保護者の了解も得た上で、24日の卒業式では 皆と一緒に卒業することを認めず、春休みに6日間補習を受けた。 テストでまずまずの成績だった為、31日にようやく卒業を認めた。 文部科学省の調査では、01年度に年間30日以上欠席した不登校の小中学生は 約13万8000人。 卒業を認めるかどうかは校長の権限だが、大半の学校は 出席日数がゼロでも卒業を認めており、同校の様なケースは最近では異例。 桑原校長は「小学校修了の力があるかどうか分からないのに、中学校に 丸投げするのは無責任。 できれば皆と一緒に卒業させたかったが、 問題提起の意味をあって、あえて課題を課した」と話している。 これに対し、不登校の子らが通う東京シューレの奥地圭子理事長は 「同級生と一緒に卒業させず、子供の心を傷つけるようなやり方は間違っている。 校長は子供たちの支援者であるべきで、学校に来ないからといって卒業を 認めなかったり、補習を強制するのはおかしい」と批判している。 同様の行為は4年程前から続いており、県が改善を指導。 同園は「今後は行わない」としている。 同法の適用を巡る初の司法判断で、高橋利文裁判長は 「内容が真実でないなどの証明があれば、業者は全ての身元情報を 開示しなければならない」との見解を示した。 02年5月施行の同法は、ネット上の表現に明らかな権利侵害があった場合、 訴訟を起こすなど相当な理由があれば、管理者に氏名、住所、IPアドレス (コンピューターに割り当てられた番号)等の開示を求められると規定している。 ヤフーは提訴後、投稿者のメールアドレスだけは開示し、本人が原告側に 氏名を明かして謝罪した。 しかし、投稿者が別の医療機関の社員だった為、 原告側は「組織ぐるみの疑いがあり、発信元のパソコンも特定する必要がある」と 主張して、IPアドレスと発信時刻の開示を求めた。 判決は、ヤフー側の「内容が名誉棄損に当たるかの判断を管理者はできない」との 主張に沿う形で「真実でないとの証明は、被害者側が行うべきだ」と指摘したが、 今回は「原告側の証拠により、真実でないと認められる」と判断した。 その上で 「企業の社員が業務で送信した場合は、企業に損害賠償を求めることが出来、 投稿者が特定されたとしても、それ以上の開示を拒んではならない」と結論付けた。 原告は近視レーザー治療で知られる「錦糸眼科」を全国で展開。 同病院を名指しで「3人失明させている」などと書いた 02年2月の匿名の投稿が問題になった。 症状が酷い場合は、 専門医の診断を受け、配置転換も検討する。 国土交通省の鉄道事業者に対する再発防止要請を受けたもので、 他のJR6社はすでに同様の対策をとることを決めている。 能代署によると、同日午後1時半ごろ、自宅縁側で首をつっているのを家族が発見。 病院に運ばれたが約11時間後に肺水腫で死亡した。 遺書などはなかったが、同署は自殺とみて調べている。 同省の調査によると、会津総合病院は同法や同省の告示に反して、 1つの病室に2人の患者を隔離していた。 また、隔離中の患者は、1日1回は 医師による診察を行わなければならないが、13日間の隔離期間中に6回の 診察記録しか残っていないケースもあった。 一方、松口病院では、任意で入院している患者から退院の申し出が あったにも拘らず、必要な手続きを取らずに入院を継続させていた。 患者の電話使用も不当に制限していた。 身体拘束を行った患者の 診療録に、拘束理由や精神保健指定医の署名が記載されていない 等の不備もあった。 学校の化学物質が原因の 「シックスクール」を巡る全国初の訴訟となった。 訴状によると、化学物質過敏症になっていた兄は、大阪府内の私立中2年だった97年以降、 教室の床へのワックスがけ等で頭痛が酷くなったり、病気に無理解な教師の対応で PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった上、高校に進学後、化学物質過敏症を理由に 除籍処分にされた。 弟は軽症だったが、大阪市立小4年だった97年、 校内エレベーター工事で化学物質を吸ったのをきっかけに症状が悪化した。 兄は無職。 弟はこの春から定時制高校に通う予定。 兄弟は 「学校の化学物質で苦しむ児童・生徒の存在が広く知られるきっかけにしたい」と 話している。 大阪市教委、学校法人とも「訴状が届いていないのでコメント出来ない」としている。 シックスクールをめぐっては大阪府堺市の市立保育所の保育士4人が 02年5月に労災認定された事例がある。 社会保障関連では、 サラリーマンが病院の窓口で支払う医療費自己負担が2割から3割に増えた。 市町村が運営する介護保険も、ほとんどの市町村で保険料がアップ (厚生労働省の昨夏見通しで平均11.3%増)。 高齢者への年金の給付は、 物価スライドの適用で0.9%引き下げられるほか、雇用保険も 今国会提出の改正案が通れば給付水準が下がる。 一方、「平成の大合併」開始以来、最大規模の市町村合併が1日実施され、 全国33の市町村が11の市町に統合された。 すでに市名として存在する静岡市は 清水市、宗像市は玄海町と合併したが、自治体新設の形を取った。 広島県呉市は下蒲刈町、愛媛県新居浜市は別子山村を編入合併した。 新設9市町は、50日以内に新たな首長の選挙を行う。 崇慈さんは1週間の怪我。 同容疑者は多摩中央署員に傷害の現行犯で逮捕された。 調べによると、田中容疑者は崇慈さんと日ごろから折り合いが悪く、 この日も崇慈さんの部屋を訪れて口論の末、切り出しナイフで刺した。 同容疑者は「(崇慈さんが)定職に就かずブラブラしている事で 口論となった」と供述しているという。 (時事通信) [4月1日9時4分更新] 何も刺す事ないじゃん。 コンビニ店長務めてるなんて 私より遥かに立派。 関東に住む父親は、毎日新聞に掲載された、男性が 体を縛りつけられた写真を見て怒りに震え、退所を決めた。 「信頼を裏切った園は絶対に許せない」。 父親は息子の手を引いて 園を後にした。 【障害者虐待問題取材班】 「息子に間違いありません」。 写真を前に父親はハンカチで目を覆った。 先月12日、父親は鹿児島県内の喫茶店で取材に応じた。 その1週間前、取材班に涙声の電話があった。 「新聞に載っているのは 私の子と思う。 元の写真を見せてくれませんか。 はっきりすれば 子供を帰そうと思います」関係者の証言によると、 男性は00年7月、坂元続(つづく)前園長(72)に車庫の支柱にロープで 縛られ、バッグで顔を殴られた。 取材班は写真を掲載した記事コピーを 父親に送った。 男性は初めての子だった。 最重度の障害があり、 養護学校を卒業後は自宅で暮らした。 公園に行くと、遊んでいる人の輪に 加わりたがったが、結局仲間外れ。 家族以外に相手はなかった。 「施設に入れば親がいなくても生活出来る。 その方が仲間も出来、 自由に暮らせる」。 反対する妻を説得して95年秋、自分の母親の 家に近い園に預けた。 入所から2、3年後、両親は息子の成長に驚いた。 帰省時に出掛けたスーパーで買い物かごを持ってくれ、家では挨拶する。 「やっぱり入れてよかった」。 妻も帰省時の送り迎えをする様になった。 しかし、気になる事もあった。 帰省の途中で寄る妻の母親宅から 「孫の手」を何本も持ち出したり、家族の何気ない仕草や声かけに 怯える様になった。 乗客乗員に怪我は無かった。 電車は現場に停車し、東海道線は上り線で一時運転を見合わせた。 接続する福知山線、東西線、片町線でも運休や遅れが出る等 朝の通勤ダイヤが大幅に乱れ、約17万人に影響した。 私鉄線等で振り替え輸送した為、阪急電鉄も京都線等 計約50本に遅れが出た。 京都駅は、乗客が乗ったまま発車を待つ 電車がホームに並ぶ等混雑。 大阪駅でも駅係員らが対応に追われ、 北海道から観光に来た無職女性(72)は 「京都へ行くつもりだったのに…。 どの電車に乗ればいいのか」と戸惑っていた。 向日町署の調べでは、男性は京都府内の高校3年生(17)で、 直前に線路に入ってきた。 自殺の可能性が高いという。 調べでは、相星容疑者は同日午後9時頃、 自宅で就寝中の二男(46)の後頭部を金づち(長さ約30センチ)で殴り、 殺害しようとした疑い。 二男は頭部打撲、右手小指骨折などの怪我。 相星容疑者は二男と2人暮らし。 二男は精神的に不安定な面があり、相星容疑者が普段から悩んでいた。 同署は無理心中を図ったとみている。 日本でも根強い人気を誇る俳優で、 先頃45歳で自殺した故古尾谷雅人さんに続く中年俳優の突然の死は、 大きな衝撃を与えている。 現場には報道陣やファンらが駆けつけて、 騒然とした雰囲気に。 ネット上のチャンさんのファンサイトでも、昨夜から 今朝にかけて、ファンからの書き込みが殺到。 「どうしてなんだ。 まだこれからじゃないか」等、悲しみの声が寄せられている。 地元ラジオなどによると、チャンさんは香港中心部の高級ホテル 「マンダリンオリエンタル」から転落し、病院搬送されたが間もなく死亡。 「精神的に疲れた」等とする遺書を身に付けていたとされ、 警察当局は自殺とみて調べている。 遺書には、最近精神状態が思わしくなかった事や、長期に渡り 胃を患っていた事等が書かれていたという。 チャンさんは78年に歌手としてデビュー後、映画「男たちの挽歌」や、 カンヌ映画祭グランプリ作品「さらば、わが愛 覇王別姫」(93年)、 今年2月に日本公開された映画「異度空間」(邦題・カルマ)等で活躍していた。 日本とも縁が深く、84年に吉川晃司の「モニカ」をカバー。 99年には映画「もういちど逢いたくて/星月童話」で 女優の常盤貴子(30)と共演もした。 これまで 計画が分かれていた身体、知的、精神の3つの障害を統括した プランと位置付け、在宅介護の支援や精神科救急医療システムの 充実等27項目の重点施策を掲げた。 市は身体・知的障害と精神障害の2つの分野に分けて施策を進めてきたが、 各分野の推進計画が02年度で終了した事や支援費制度が 4月から導入されたのに合わせ、1本化した同プランをまとめた。 計画の期間は2003-12年度の10年間。 143項目の具体策の内 27項目を重点項目とし、前半の5年間で積極的に取り組むとしている。 在宅介護や自立生活の支援、精神科救急医療システムの充実の他、 養護学校高等部での職業学科の設置、公的施設の管理業務での 働く場の確保など就業をサポートする体制も整える。 施設面では、07年度までに入所施設で身体障害者70人分、 知的障害者120人分を新たに整備する等の数値目標を設定。 自閉症・発達障害に対応する支援センターの設置も検討するとしている。 同様の施設は全国でも 21カ所(3月31日現在)しかなく、県内では初めて。 情緒障害児は、児童虐待やいじめなどが原因で、集団行動への不適応、 自傷行為、言葉がでなくなるなど情緒に障害をきたした状態の子供。 一時的なもので精神障害ではないという。 同施設はこうした児童(十八歳未満)を受け入れ、心理学的治療や 生活指導を通じて社会復帰を目指すのが目的。 定員は入所35人と 通所15人の計50人で、精神科医やセラピスト、児童指導員、 保育士等25人の常駐スタッフが支援にあたる。 総工費約3億円(内4分の3を国や県が助成)で、 社会福祉法人「カメリア」(長岡和理事長)が運営。 個室23室、 4人部屋3室の他、親子が共同生活し親子関係の修復を図る 生活訓練室も整備。 小中学生向けに学習室も設置し、地元の 小中学校から派遣される教諭が出張授業を行う。 宮田園長は「虐待を受けた子供達が少しでも大人、そして自らの事を 信じられる様に支援出来る施設を目指したい」。 県児童家庭課によると、2001年度に県内の児童相談所が処理した 児童虐待の相談件数は323件。 00年度より136件も多い。 初日に同施設へ入所した6人の多くも虐待を受けているという。 文部科学省が2000年度に導入した問題教員の認定・処遇制度による 分限免職は全国で初めて。 府教委によると、この教諭は1973年に採用。 小学校勤務の 85年頃から言動に問題が出始めたという。 病気で高熱の児童を 3時間も教室に放置したり、1学級分の宿題をごみ箱に捨てたりし、 約5年前、現在の養護学校に転勤した。 府教委は、弁護士や精神科医らの「指導力審査委員会」に諮り、 昨年4月、この教諭を「指導力不足」と認定。 模擬授業等の研修でも 改善が見られず、「復帰は不適当」と判断した。 府人事委員会に処分の不服申し立てが出来る。 同病院ではベッド数や診療科目が大幅に増える他、最新医療機器や 電子カルテ等を導入しており、市内の医療体制の向上が期待される。 今後は移転作業を行い、5月1日に開院する。 同病院は総事業費約310億円で2年かけ完成。 地上5階、延べ床面積2万8245平方メートル。 病床数は380床で 現市立病院に比べ108床増、診療科目も皮膚、泌尿器、眼、 耳鼻咽喉、歯の5科を新設、職員も89人増員した。 さらに特殊医療として 血液疾患や精神科合併症等に取り組む他、在宅医療支援病床の拡大や 老人性痴呆疾患医療を実施する等、診療機能も強化。 全国で数台しかない検査器具を配備すると共に、電子カルテやX線画像の デジタル化等で検査や会計時間の短縮も実現した。 又、同病院の稼動により、市内の夜間外科救急体制が実現する。 これまでは夜間の外科救急対応としては市内には民間医療機関の 初期診療しかなかったが、5月1日からは初期診療で対応出来ない 重症者に対し同病院と市立海浜病院、民間協力病院が 二次診療に当たる体制となる。 一方、全家連は同日、一部幹部の降格や、職員全員の給与の 1年間10%カットなどの内部処分を行ったことを明らかにした。 返還命令について、全家連の小松正泰理事長は「深く反省しており、 出来る限り早く返還したい」と述べた。 この事故で小田急線は上下線59本が運休し、約7万人に 影響が出たほか、最大で1時間程度の遅れが出た。 貝塚署の調べによると、子供の首には絞められたような跡があった。 玄関と勝手口の鍵は閉まっていた。 会社員の話では、夫婦の間では離婚話が進んでおり、子供の親権を 巡る争いがあったという。 同署は、妻が子供を道連れに無理心中した 可能性が高いとみている。 SAS患者に多い低酸素血症が重症な程、突然死に繋がりやすい 動脈硬化等の血管障害の危険が高くなる事も判明。 木村教授は 「危険である事を認識し、早めに治療を受けて欲しい」としている。 第26回日本医学会総会(福岡市)で5日、発表する。 木村教授が死亡した17例を分析した所、 心筋梗塞や脳梗塞などの突然死が8人で、その多くが起床後数時間以内に 死亡していたと見られる。 睡眠中の死亡者は3人だった。 木村教授は別の調査で、40歳未満のSAS患者34人を対象に、動脈硬化の 程度を示す首の血管壁の厚さと、コレステロール値など動脈硬化の 危険因子15との関係を分析。 この結果、血液の酸素濃度が低くなる 低酸素血症が重症な程、動脈硬化の程度も進んでいるという SAS患者に特有な傾向が明確になった。 申立書によると同学園では夜間、子供の監護が不充分な為 睡眠不足で集団遅刻がある他、清掃が行き届かず、 子供同士のいじめや暴力なども起きているという。 同学園には、両親の離婚や入院、虐待等の為、 養育出来なくなった2-19歳の男女74人が入所している。 これに対し学園側は「指摘の点は常時起きている訳ではない。 いじめ等にも充分注意している。 問題を発見すればその都度対応しており、 放置している訳ではない」と反論している。 園を運営する社会福祉法人「光千(こうせん)会」の理事会が、県に新園長と 指導員の紹介を依頼していた。 2日の理事会で佐多氏と女性指導員(35)の 受け入れが承認された。 又、同じ席で、前園長の妻のミツ子副園長(71)の 理事辞任も決まった。 ある理事が「今後の運営のため降りて頂きたい」と申し入れ、 副園長も了承した。 佐多氏は同事業団が運営する重度身体障害者更生援護施設 (今年4月から肢体不自由者更生施設)「ゆすの里」(同県伊集院町)の総務課長を 務めていた。 理事会は3月24日、多くの虐待疑惑が持たれている坂元前園長を 「世間を騒がせた社会的責任などを取ってもらう」として理事長職と園長職を 解任していた。 高度な医療知識を備えた裁判官が担当する事で、 訴訟の迅速化を図る。 医療訴訟の専門部発足は九州では初めて。 医療過誤訴訟は、医師の過失の医学的立証が争点となる ケースが多く、裁判官も専門的な医療知識が必要とされる。 福岡地裁には民事部が5部あり、医療過誤訴訟も、これまでは 受け付け順に各部に振り分けていた。 だが、裁判に時間が掛かり、 今年1月末に判決が言い渡された「うつぶせ寝訴訟」では、 乳児の死因を巡って専門家の意見が分かれ、判決まで4年近く掛かった。 こうした事情から、同地裁は2月から専門部の発足を検討。 主に行政訴訟を担当していた第3民事部が医療訴訟も審理する事にした。 医療訴訟の専門部は、東京地裁が2000年4月にスタートさせた他、 大阪、名古屋、千葉の各地裁も置いている。 山陽新幹線で居眠りをした運転士が「睡眠時無呼吸症候群」と診断される等、 睡眠への関心が高まっている時期に発売が重なった為らしい。 3月中旬から、成分や効き目に関する問い合わせが 連日50件以上ある等、「これまでに無い反響」(広報室)。 同社は「睡眠の質が日常生活に影響を及ぼすという認識が浸透してきた」と 分析している。 但し、利用者が急速に膨らむ可能性がある為、薬局で 使用上の注意を呼び掛ける文書を配布している他、3000件の服用例を 調査して副作用等を調べる。 ドリエルは、医師の処方箋が必要な従来の睡眠薬よりも効き目が 穏やかといい、医療費抑制を狙った規制緩和の一環として、 一般向けの発売が認められた。 大山町消防署の救急車が心肺蘇生術をしながら 富山市内の病院に運んだが、午後5時35分、死亡した。 同県警大沢野署は自殺とみて、動機等を調べている。 椙田町長は大山町の総務課長、収入役等を歴任。 今年1月の町長選で他の2人の候補者を破り初当選したばかりだった。 家には鍵が掛かっており、荒らされた形跡も無かった事から、 矢板署はハツさんが長女を殺害後、自殺したとみている。 遺書は見付かっていない。 調べでは、花塚さん方は2人暮らし。 長女は約10年前から、病気で入退院を繰り返していたという。 理事長の塩飽志郎弁護士は「長い間刑事弁護もしてきたが、被告に 有利な判決を得ようとし過ぎたのではないか、被害者への配慮が 不足していたのではないか、と反省して参加した。 被害者を少しでも 勇気付けたい」と挨拶した。 この後、4年前に飲酒運転による交通事故被害で長男を亡くした 山本泰子さん(39)が記念講演。 講演後に「被害者に直接会い、被害者が 求めている事を実感し、一緒に行動していく事が必要」と話していた。 センターは毎週土曜日午後1~4時、法学や精神医学等の研修を受けた 相談員による電話相談(電話095・820・4977)を始める。 業務は9日からスタートする。 設立総会で、同センターの初代会長には建設機械製造会社「タダノ」最高顧問、 多田野弘氏が選出された。 多田野氏は「底知れない悲しみを覚えながらも 公的機関に相談する事に抵抗を感じて悩んでいる人達の心の助けになる様な センターを作っていきたい」と挨拶した。 被害者らに対する電話相談(ファクスと電子メールを含む)は 毎週水、木曜日の午後3~6時で、面接相談は予約を受けた上で 毎週月~金曜日午前10時から午後4時まで。 香川医大内の地域支援センターで実施する。 相談は無料。 業務開始当初は、香川医大内外の精神科医や臨床心理士等6人体制で 相談業務に当たる予定。 当局者がロイター通信に語った。 検察側は、被告の男性が裁判に耐えられる状態ではないとして 審理を打ち切ると共に、精神衛生法に基づいて男性を拘束した。 只、男性が回復した場合は、審理を再開する可能性が有るという。 県警は「無理な捜査はなかった」と説明しているが、捜査は難航しており、 事件は長期化している。 県警によると、男性は今月3日、事情聴取を受けた。 同日午前7時頃、県警捜査本部の捜査員が自宅を訪れ、任意同行を求めたが、 拒む様子は無かったという。 同署で午前7時半から午後11時15分まで、 昼と夜の計約1時間半の休憩を除いて、約14時間の事情聴取が行われた。 男性はパジャマ姿で自宅の階段からロープを使って首を吊ったらしい。 男性は1人暮らしで、殺害された高橋キヨさん(70)と顔見知りだったという。 2階の寝室に「事件とは関係ありません」と記した紙片が見付かったが、 県警は「数十人いる参考人の一人として事情を聴いた」と話している。 調査結果を受けて日本財団は、同日までに、加算金を加えた 約1億8400万円の返還を全家連に求めた。 日本財団分を含め、これまでに判明した全家連の流用額は、 6団体から交付された補助金や助成金など計約4億1000万円。 返還額は計5億7000万円余に上り、全家連が今後、これら巨額の返還金を どの様に支払っていくかが焦点となる。 日本財団の調査によると、全家連は同財団から受給した 「ブロック研修事業」や「総合相談事業」等の助成金を、 一旦、裏会計用口座にプールした上で、助成金の一部を 同財団関連事業以外の経費に流用していた。 流用が発覚しない様、 全家連は、実際には製作していない印刷物を作ったかの様に装うなど、 架空取引や領収書の偽造を繰り返していた。 町によると椙田町長は、前日は午後5時頃から正橋寛助役らと県議選で 無投票当選した県議の祝勝会に出席。 約1時間後に役場に戻り帰宅したという。 知らせを聞いて役場に駆けつけた正橋助役は 「特に変わった様子はなく、驚いている。 あれが最後の姿になるとは……」と 言葉少なに話した。 町では町長死去を受け、正橋助役が職務代理者に なる事を決めた。 今後、助役が5日以内に町選挙管理委員会に 町長不在を通知。 通知を受けた選管は50日以内に選挙を行う。 しかし、統一地方選挙に関わる特例法で、統一選告示日の10日前までに 通知を受けた場合統一選に合流するという規定がある為、第2ラウンドの 他の町村長、町村議選と同じく22日告示、27日投開票となる見込み。 葬儀は9日午前10時から同ホールで。 喪主は妻・修子(なおこ)さん。 花束を抱えた20歳の学生は、子供の頃からファンだったチャンの訃報に、 数日間涙に暮れていたと語った。 会場の外には式が始まる数時間前から 長蛇の列が出来、涙を拭うファンや、チャンのヒット曲を口ずさむファンの姿が見られた。 遺体が荼毘に付される8日には、仏教徒のグループが故人の為に 祈りの集会を予定している他、香港と台湾の同性愛者組織の間では、 4月1日を「レスリー・デー」とする計画が持ち上がっている。 93年に「さらば、わが愛/覇王別姫」で京劇の女形を演じたチャンは、 アジア映画で同性愛者の役をオープンに演じた先駆け的存在として知られる。 研修所は1999年から2000年に 起きた児童虐待の中から40件を対象に調べた。 それによると、虐待が深刻化している家庭の多くは、親が「躾だ」 「子供が言う事を聞かないからだ」と正当化したり、「階段で転んだ」等と 嘘をついて虐待を否定していた。 子供の反応で虐待がエスカレートする ケースも多い。 12歳のは、遅刻や宿題忘れで両親から受けていた体罰を 逃れる為、しばしば外出。 親はそれをさらに責めて食事も与えず、 手錠をかけて軟禁したという。 児童虐待等が原因で、家裁が子供を 強制的に親から離して施設に入所させるケースは、 93年は全国で15件だったが、01年には169件と急増している。 本部署員が駆け付けた所、 内装業渡慶次道弘さん(49)が自宅前の路上で、胸の付近から 血を流して倒れており、病院に運ばれたが、間もなく死亡。 又、兄の道紀さん(67)と見られる男性が、道弘さん宅離れの一階で 首を吊って死亡していた。 男性教諭はクラス内で 生徒とやり取りする「班ノート」にも自分の趣味を「放火」と書いており、 学校側は今年度になって教諭を学級担任から外した。 市教委によると、男性教諭は、学級担任になって初めて出した 昨年4月30日号の学級通信に「埋めたい生徒」として3位までの順位をつけ、 男子2人、女子1人の名前を書いた。 さらに、同月23日には「班ノート」に、 趣味を「放火」と記した。 保護者側からの抗議を受け、教諭は昨年5月、 名前を載せた生徒と保護者に謝罪。 6月の保護者会でも改めて謝った。 学校側は「教諭は反省しており、学校側も再発防止の指導をしている」として、 昨年度は学級担任を続けさせた。 市教委の調査に、教諭は「生徒に受けると思った」と話している。 市教委指導課は「軽率と言うしかない。 今月から個人的に研修をし、 生徒への対し方などを改めて指導したい」としている。 宅間被告は、初公判 の罪状認否で述べた「生命をもって償いたい」との発言を、「そんな気持ちはな い」と撤回するなど、最後まで反省も謝罪の意思も見せなかった。 実質審理は この日で終了、5月22日に検察側の論告求刑、6月26日に弁護側の最終弁 論が行われて結審し、早ければ8月にも判決が言い渡される見通し。 弁護側の被告人質問で宅間被告は「実行犯は自分でも、両親や周囲の何 百人、何千人のせい」と責任転嫁の主張を展開。 謝罪の意思を問われても 「求刑死刑、判決死刑でええんちゃう」と投げやりに答えた。 さらに検察側が犯 行状況について質問すると、顔を紅潮させ「絞首台に上る時まで秘密や。 答え たら釈放してくれるんか」と言い放った。 傍聴した遺族のうち、2年南組の女児の父親は「真相を知るため公判を見守 ってきたが、全く無駄な時間だった。 今は一刻も早く死刑にしてほしいだけ」と 落胆の表情で語った。 市原署員が駆け付けたところ、車の窓が全て閉められ、助手席の足元に 火の点いた七輪1個があり、3人とも死亡していた。 死因は一酸化炭素中毒とみられる。 同署は集団自殺とみて身元確認を急いでいる。 調べによると、男性1人は運転席、男女2人は後部座席に座っていた。 外傷や衣服の乱れはなかった。 車内に睡眠薬の箱があり、 「他人には関係ない」という趣旨の言葉が書かれたメモが残されていた。 車の所有者は千葉市美浜区の男性で、通報した会社員は同日午前で 10時頃にも、現場にこの車が止まっているのを見たという。 現場は養老川近くの山林内で、ほとんど人通りのない場所。 検察側は同被告に懲役10月を求刑、即日結審した。 判決は来月26日に言い 渡される。 検察側は冒頭陳述などで、起訴事実を認めた中島被告が19歳で大麻に手を出し、 数十キロ単位で栽培していたことや、覚せい剤使用など薬物依存の実態を指摘。 「常習的犯行で、再犯の恐れは極めて大きい」とした。 府によると、引きこもり対策が専門の児童自立支援施設は全国でも初めてで、 中学卒業後から18歳未満の若者が入所や通所をしながら社会復帰を目指す。 児童福祉法に基づく児童自立支援施設は全国に約50カ所あり、 従来は非行の子どもが対象だったが、1998年の法改正で 「家庭環境に問題を抱える」子供に対象が拡大された。 定員は入所50人、通所が30人で、近く10数人が入所、今後も順次受け入れる。 自立の意思のある若者が1年程度の期間、精神科医やケースワーカーの 指導の下、集団生活をしながら進学や資格取得、就労など各自の目標に向けた 学力や技能の習得に取り組む。 精神科医と心理専門職各1人による「メンタルヘルス部会」の指導で、原則4週間の 「復職プログラム」に従ってもらう。 同部会が該当者と月1回面接し、復職プログラムの適用が 可能と判断されれば、プログラムを作成し慣らし期間を経て、スムーズな職場復帰を図る。 プログラムは基本的に次の4段階で構成される。 (1)1日3時間程度で週3回、学校の雰囲気に慣れる (2)文書作成など軽い業務を毎日4時間程度こなし仕事内容に慣れる (3)休み時間や授業参観など1日2時間程度の授業を担当する (4)1日4時間程度の授業を担当する。 県教委福利課健康管理係は「専門家も交えたシステムは全国的にも珍しい。 復職までだけでなく、復職後もサポートしていける様にしたい」と話している。 文部科学省によると、精神疾患などで休職する教職員の数は年々増加しており、 県内でも01年度には休職者96人の内52人が精神疾患。 復職後、半年以内に再休職する人が目立つという。 県教委は01年度に精神科医や臨床心理士、小中高校校長の代表からなる 「メンタルヘルス対策委員会」を設置し、02年度から復職支援システムについて 協議を重ねてきた。 容疑が固まり次第、逮捕する。 調べによると、この薬剤師は昨年6月、同薬局の曽祢、小木両調剤店で、 子供用の抗アレルギー剤が入った瓶に、抗精神薬剤を混入させた疑いが 持たれている。 両店で処方を受けた2歳から9歳までの子供3人が首等に 痙攣を訴え、一時入院する等、同年5月から6月にかけ、計16人が体調不良を訴えた。 県警では、外部から侵入した形跡が無かった事等から、 内部関係者の犯行と見て捜査を進めていた。 その結果、調剤室に入る事が 出来るのは、鍵を管理している5人の薬剤師だけで、この薬剤師が普段から 上司らに不満を持っていた事等が分かり、事情聴取に踏み切った。 両店は昨年末までに廃業している。 多芸代表は「差別や偏見に苦しむ精神障害者の立場を理解しない悪意に 満ちたメールが多く、許せない」と話している。 今月4日放送の番組の中で、 出演者が犯人像について「統合失調症の可能性がある」等と発言し、 同会は「障害者差別を助長する」として抗議。 TBSは7日の放送で謝罪し、 同会にも謝罪文書を送った。 多芸代表によると、メールの中には 「精神障害の方は自分のした事に過ちとか感じないでしょう? そんな人に人権なんてあるのですか」等と書いた心無いものがあるという。 「4年間、店を育ててくれた人たちに感謝したい」と同作業所は 14日から喫茶店の営業時間を延長、ありがとうセールを催す。 同作業所は1999年3月に、下京区内から現在の場所に移転し、 喫茶店を開いた。 20人の利用者が交代で、調理や接客を担当して運営してきた。 最初は週3日だった営業日を、月曜から金曜までの週5日に増やし、 飲み物だけだったメニューに菓子や軽食を加えるなど、次第に力をつけてきた。 「現在の内容では物足りず、本格的な料理を出したい」と希望する利用者もいた為、 同作業所は喫茶店と新店舗の2店の運営を計画。

次の

偏差値66~70の高校の出身有名人

ザノンフィクション 纉

17iT. 同案は具体的な検討課題として、企業などに一定数の雇用を義務付 ける「障害者雇用率制度」の対象に、新たに精神障害者を加えることや、障害者に配 慮したIT(情報技術)機器の開発・普及の促進を打ち出した。 今に始まったことでもない。 あるいは、アエラでうつの特集やってる、とかも含めてもいいのかもしれないし。 確かに。 ま、とりあえず、次スレいくように地道にがんばってみます。 1さん次第だよ。 全然泣いてないから、荒らしている人って誰だか特定できない。 o は分裂病です。 ありがとう。 o は分裂病の発作です。 削除依頼に行かれるぞ。 荒れない時間帯を選べばいいのに。 時間帯によって、荒れ具合が違うっての、 気づきませんでした。。。 ま、あるイミ、早く1000に行っちゃって、 より理想的な立ち方で次ぎスレがたつのもいいかもしれませんが。。。 昔、かなり好きだったのになぁ。 >今後は来春ごろから芸能プロ「オスカープロモーション」のタレントの >プロデュースを手がける予定。 >「歌って雰囲気のある女の子のグループをプロデュースします。 >表に出ないですむ仕事をしていきたい」と話した。 才能がある人って、いいなぁ。。。 自分だったら速攻鬱になって死ぬかも。 ある意味ものすごい精神力で感服するよ。 某カップルとか。 例の、補助金流用問題について、ウェブで謝罪してます。 o は分裂病の発作です。 だって、どうせ、Linuxで作れるもんを わざわざセキュリティかけて交渉したって、 みんなつながってるもん、同じもんじゃない。 見た人いる?こういうのもここに書いていいのかな。 自分はうつのクスリとして出されてるもんで。 >こういうのもここに書いていいのかな。 嫌いです。 そういうのは、わからないので、嫌いです。 無駄なコストはカットしましょう。 いらないものは捨てましょう。 そういうものを拾う人も居ます。 だから、名前は付けないで シェアリングしましょう。 物あまりの国家にはそういうのが売っても つけてもいいと思いました。 住民からは非難の声と早朝の祭りに熱狂する雄叫びがきかれました。 なお自治派の某コテハンにコメントを求めたところ 「今は喪中ですから。 すみません。 」 とコメントを控えられました。 今日は協調しましょう。 そういうことでいきましょう。 そういうのが好きです。 わたしは大好きです。 抗うつ薬、少量でも効果 副作用の減少に期待 名古屋市大・古川教授が研究発表 うつ病の主な治療薬の一つである「三環系抗うつ薬」が、 治療の初期では標準的な投与量より少量でも効果のあることが、 名古屋市立大医学部の古川壽亮教授(精神医学)らの研究でわかった。 量を減らすことで、眠気や口の渇きといった副作用の減少が期待できるという。 (中略) 今後、「薬の量をすぐ増やすのではなく、ある程度の期間は少なめの量を使おう」と 考える医師が増えるのではないか。 「宮城県船形コロニー」(同県大和町)の入所者485人を、10年までに地域の グループホームなどに移行させる。 世界的に「脱施設」の流れが進む中、 日本は入所施設が増え続け、今も約13万人が施設で暮らす。 これだけ大規模な地域移行は全国で初めて。 同事業団はほかの知的障害 児・者入所施設でも同様の移行を行う方針だ。 学業に対するプレッシャーなどから過食、 嘔吐(おうと)などを繰り返す摂食障害を引き起こしたのがきっかけだった。 正式な診断名は「境界性人格障害」。 「天国から地獄にたたき落されたような感じだった」と当時を振り返る。 AERA、メンヘルネタ大好きですね。 swfって付いたらブラクラな。 リタリンを処方された生徒が、学校で別の生徒に「横流し」したり、 陰で「売り買い」するなどの事例も報告されているそうです。 また、リタリンを持っている生徒から脅し取ったり、 盗まれたりといった事件も起こっているそうです。 リタリンの分子構造は覚せい剤と同じとか。 事実上の麻薬取引が学校で行われてしまうんですから、 アメリカって国は・・・何とも・・・です。 リタリンは。 アメリカでリタリンが問題になってる理由のひとつは、 ADHD治療目的で日本の小学生に相当する子供へ、 このような薬を安易に処方してしまった事があります。 まぁ日本では、子供に管理させるような事は少ないでしょうから、 今のところ限られたケースでの問題で済むでしょうが・・・。 ハルシオンの時のように横流しが発生し、 暴力団からストリートドラッグへと流れていくようになるのも、 もしかしたら時間の問題かも。 プロレス好きとしてはなんとも悲しいニュース。 刺した女はたぶんボーダーなんだろうな。 棚橋も振りまわされていっぱいいっぱいだったんだろうな。 プ板では、女はキティとかDQNとか氏ねとか言われまくっているに違いない。 そう思うと怖くてプ板に行けないよ。 情状酌量してやって欲しいけど、彼女はこれから世間から白い眼で見られる のだろうね。 こうやって精神障害者は社会から弾かれていく。 悲しいね。 棚橋は将来性のあるいいレスラーだから、肉体的な傷は問題ないだろうけど、 精神的な傷をなんとか乗り越えて復帰して欲しい。 118 すぐボーダーだと決めつけるのはどうか? 別れ話で頭に血が昇るのは珍しい事じゃ無いと思うが。 良スレですし。 もっと皆の目につくとこに置いといてもいいんじゃないかと思います。 ねた探してきます。 見ず知らずの男女が、死ぬためだけに出会い、そして命を絶った。 その間、わずか1カ月余だった。 以前はIDを表示していなかった同掲示板においては、自作自演や煽りレスが横行により掲示板が荒らされ、大きな問題となっていた。 そのため、同板では強制IDの導入に踏み切ったとみられる。 ニュースの精神医療カテゴリ 「全国精神医療労働組合協議会」の精神医療ニュース とか。 男も女も好きなだけ夫婦を作ってよし。 むしろ自分の子供以外の子供を大切にせよ。 養子縁組大歓迎。 でも性欲不要。 遺伝子治療必要。 なんだったか覚えてないぞ。 と、誘導されましたが、時事ニュース的ではなく、データベース的に情報を得ることが できたらな、と思います。 みなさん、よろしく。 改革が遅れていた南部でも二年前になく なった。 大革命ですが、病院から地域へという世界的な精神医療の流れに沿った ことです。 改革の先頭に立ったF・バザーリア医師(故人)は「精神病院は治療の場とし て適切でない」と考えました。 人権、自由、個人の自立を精神病院が制限してき たからです。 以前はイタリア全土で約十万人が鉄格子の閉鎖病棟に隔離され、患 者は全員、同じ服装で丸坊主だった。 私物も持てず、作業療法の名目で院内清掃 などをやらされたのです。 当時は入院患者が 千百八十二人もおり、90%が強制入院でした。 彼は「病名でレッテルを張るのをやめよう、個人を見つめ直そう」と訴え、ま ず疾患別の病棟を出身地域別に変え、家族が協力的な人から退院を進めました。 作業は有給に変え、協同組合を組織した。 次にアパートやグループホームへの退 院。 受け入れ先のない人は空いた病棟をアパートに改造して住んでもらった。 病 院を地域に開放するうち市民や芸術家の協力も増え、今では九つの協同組合で障 害者と市民がレストランやホテル、農業などを営んでいます。 トリエステ県は最初に病院を閉鎖して、四つの地域ごとに精神保健センターを作 りました。 県の人口は二十五万人で精神医療ユーザーは約三千人。 各センターは 約三十人のスタッフで二十四時間の診療・相談体制をとり、急な入院用のベッド も八床ずつある。 地域に責任を持つので来所を待つだけでなく、医療を放置され た人を積極的に探し、刑務所へも医療提供に出向きます。 救急医療、強制入院は総合病院で行います。 強制入院は七日間(更新あり)で 医師二人の診断をもとに市長が決め、裁判所が事後審査しますが、七一年に百五 十件あった強制入院は九八年で三十六件に減った。 自殺は五十人から四十八人で 変化がない。 この間、精神保健医療スタッフの総数は半減し、コストも半分になっ た。 病院より地域医療の方が安く済むのです。 事件はどうか。 イタリアには刑事事件を起こして責任能力なしとされた障害者 に対する保安処分制度があり、司法精神病院五か所に約千人が収容されているけ れど、トリエステでは七一年に二十件あった保安処分が九八年はゼロ。 十年間で 四人しかいない。 精神病院を閉じて、事件はむしろ減っているわけです。 日本でも保安処分に似た法案が出ているそうですが、司法精神病院は人権上も 治療上も問題が多い。 地域のサポートを充実すれば事件は減らせるのです。 同薬は市販 後の副作用報告を踏まえ、今年7月に「その他の副作用」の項に「高血糖」を追記し て医療関係者への注意喚起を行ったが、その後も糖尿病性ケトアシドーシスなどの症 例が報告されたため。 糖代謝関連副作用により抗精神病薬に緊急安全性情報が発出さ れたのは、今年4月の「ジプレキサ錠」(一般名:オランザピン)に続き2剤目。 小笠原さんは酒に酔っており、父親は外に出て110番。 約5分後に戻ったところ、 小笠原さんが同じ部屋で電気コードで首をつっていた。 女性は間もなく死亡、小笠原さんは意識不明の重体。 警視庁板橋署によると、女性は小笠原さんの婚約者の埼玉県三芳町竹間沢、中嶋慶子さん(28)。 中嶋さんの首には絞められたようなあとがあり、現場に「結婚相手を殺してしまった。 自分も死ぬ」との内容のメモが残っていた。 板橋署は、小笠原さんが中嶋さんの首を絞めた後、自殺を図ったとみて調べている。 2人の間に最近、別れ話が持ち上がっており、心配した父親が同日、小笠原さん方を訪ねたという。 アエラはムックも出してるし。 薬事法違反。 同駅関係者は「イブの夜に亡くなるなんて、悲惨なことです」とつぶやいていた。 福島の方ご注意を。 外務省によると、 アルカイダ関連組織の日本向けテロ予告声明は初。 外務省は声明の一部(日本語訳)を同省 ホームページで公開し、海外渡航者に注意を呼び掛けている。 外務省によると、声明はインドネシア語版と英語版があり、バリ島の爆弾テロの犯行を認めた うえで、米国をアフガンのイスラム国家を破壊した「十字軍」と非難。 米の同盟国として英独豪仏 などと並んで日本を挙げ、「これらの国民と戦い、殺戮し、破滅させる」と警告している。 開始からまだ約3カ月だが、犬との触れ合いによる「癒やし」効果で、患者に笑顔が増えている。 同課は、服用により腹痛や吐き気などの症状を起こす恐れがあると注意を呼び掛ける とともに、未承認医薬品として厚生労働省に報告した。 また同製品を販売していた横浜市のエステサロンなどに販売の自粛と製品の回収を指導した。 地域医療課によると、20日に横浜市内の女性から市福祉保健センターに相談があり、成分検査していた。 健美快通茶は今年3月にエステサロンが輸入。 ティーバッグ60袋を1パックとして、約700パックが販売されたという。 「このソフトを使えば、重い副作用などが出るケースがすぐに分かり、医師に処方の変更を 進言できる」と、薬害防止のため普及に力を入れている。 このソフトを入れたパソコンに、新たに調剤した薬の名前を打ち込むと、佐谷さんが 「裏処方」と呼ぶ副作用や禁忌症の略語が打ち出される。 便秘の副作用があるなら「B」、 妊娠時に服用してはならない場合は「妊」 といった具合だ。 複数の薬を調剤する場合、同じ副作用の薬があったり、飲み合わせで 危険が高まったりすることが分かる。 副作用などは、パソコンに一度入力しておけばよい。 開発のきっかけは約10年ぶりの現場復帰。 昨年3月まで日本薬剤師会の会長を務めた 佐谷さんは、医薬分業と、患者に投与された薬の記録(薬歴)の管理を推進してきたが、 久しぶりに店頭に立って愕然としたという。 「店を離れていた間に、薬の種類が 大幅に増えた。 副作用や悪い飲み合わせの全てを薬剤師が覚えることは、不可能。 店頭で分厚いマニュアルをひっくり返していては仕事にならないので、ソフトがあればと思いました」 ソフトメーカーと交渉し、薬局で広く使われている調剤報酬明細書(レセプト)作成用の ソフトを改良してもらい、11月半ばから使い始めた。 効果は上々で、例えば以前から 「唇の皮が乾いてむける」と訴えていた患者は、そうした副作用を持つ薬が複数処方 されていたことが分かり、医師に処方を変えてもらった所、症状が改善したという。 24』マリンメッセ福岡大会に姿を現し、アントニオ猪木を 訪問。 「いつまでも堅い表情をしないで笑え。 4ドームに試合が組まれない ならリングジャックでもしろ」とのアドバイスを受けた後、リング上では 闘魂注入のビンタも。 「お騒がせしています。 おかげさまで運良くこうやって生きてます。 生きていれば可能性がある。 猪木会長、ありがとうございます!」とマイクで 絶叫し、約8500人の観衆から激励の拍手と歓声を浴びた。 「棚橋! 男とか女とか、新日本プロレスとかアントニオ猪木とか関係ねえ。 お前、レスラーだろ! 安い男になるんじゃねえ。 今度、女をフル時には 俺に言ってこい!」と、健想流の檄を飛ばした。 2人は病院に運ばれたが間もなく死亡した。 自室に女性が残した遺書があることなどから、警視庁竹の塚署は、生活苦から 母子が自室ベランダから飛び降りて自殺したとみている。 調べでは、女性は先月中旬に離婚し、長女と2人暮らしだった。 同月末でマンションの賃貸借契約が切れていた。 遺書は女性の母親あてで、「家賃の滞納分を支払ってくれてありがとう」などと 書かれていた。 ベランダに積まれた高さ約50センチの布団を踏み台にして 飛び降りたらしい。 ただnot foundがあるのが謎。 この研究成果がNational Institute of Mental Healthの研究者・ Teodor T. Postolache医師等によって2002年12月のArchives of General Psychiatry誌 に発表されています。 自殺の予防効能が 認められたのは初めて。 米イーライリリーの統合失調症治療薬「ジプレキサ」(一般名オランザピン) と2年間にわたる比較臨床試験を実施。 クロザリルを使用している患者群は 自殺を予防するための入院や自殺行為そのものが、ジプレキサを使用している 患者群に対し、25%少なかったという。 アメリカすげーな。 国連制裁は「宣戦布告だ」 北朝鮮の朴吉淵・国連大使は10日、国連本部内で記者会見し、 北朝鮮への国連制裁の発動は「宣戦布告」に等しいと述べ、 核拡散防止条約(NPT)脱退に対する報復措置を強く、牽制した。 同大使は、NPTは「米国による敵対的行為の道具になっている」と指摘。 北朝鮮の核問題は同国と米国との間で解決すべきなのに、 米国が交渉を拒否しているのはおかしいと米ブッシュ政権を非難した。 また大使は、将来の北朝鮮の核政策は米国次第だと言明した。 かつて2ちゃんねるは「IPを記録しない」というのがひとつの特徴でもあったわけですが、 もはや2ちゃんねるを知らないという人の方がめずらしいというまでに巨大化し、荒らし行為や、 犯罪予告が日常化してしまいつつあります。 そのため、IPを記録することにより それらを牽制するのが今回の処置のひとつの目的として挙げられています。 また、ひろゆきによれば、これは2ちゃんねるのクオリティを上げるための措置でもある、 ということだそうです。 昔を知る人にとっては寂しいできごとかもしれません。 しかし、2ちゃんねるがひとつの「媒介」としてステップアップするためには 越えなくてはならない山なのかも知れません。 なお、この全レスIP保存の仕組みは実験段階です。 (実験とはいえ、記録はされてます) IP記録実験 Part3 【批判要望】 IP記録実験Part4 【批判要望】 ある意味、さようなら2ch、、、懐かしき日々よ。 10 『MRI May Give Early Warning of Mental Illness 』 オーストラリア メルボルン大学のChristos Pantelisが行った研究によるとMRIで脳を検査することによって統合失調症の早期発見につながる、と発表。 通常の10倍に上る量の投与を受け、循環器不全で死亡した例もあった。 専門家は「医師が安易な薬漬けで不登校などに対処する傾向が強まっている」と警告している。 ひきこもりがちだった神奈川県内の男性(当時24歳)は薬をいやがったが、病院がひそかに食事に薬を混ぜるよう家族に指導し、体がだるくなって1カ月後入院した。 病院は、統合失調症に使う向精神薬「ハロペリドール」を、医師向けの説明文書(添付文書)で定めた1日当たりの上限量の10倍投与した。 入院2カ月後の94年11月に循環器不全を起こして死亡した。 親が病院を訴えた裁判で病院が過剰投与の過失を認め、00年11月に和解した。 転院先では9カ月間、ハロペリドールなど9種類の薬を処方された。 父親は「いつもぼんやりして、話しかけても反応が鈍くなってしまった」と話す。 抗うつ剤、抗精神病薬など向精神薬7種類を約1年間処方された。 飲み始めてすぐに声が震え、白目がちになり、尿が出にくくなる副作用が出た。 体が重くなり、数週間して起き上がれなくなった。 病院をかえると「こんなに強い薬は必要ない」と2種類に減らされ、副作用は消えた。 母親は「最初の医師に副作用を訴えたが、減らしてもらえず、どんどん具合が悪くなった」と憤る。 不登校問題に詳しい鳥取県国府町の小児科医、森英俊さん(47)は「幻覚や不眠には薬も必要だが、対人関係の悩みが治るわけではない。 多種多量の薬の副作用で、かえって症状が悪化することもある」と話している。 別な病院に行ったら、ただの神経症だったけど。 抗鬱剤や抗精神病薬はお灸のような物と思う。 そういう医者に言わせると、 苛めや悪口が気になって学校に行けないのは被害妄想と自閉症状があるからなんだってさ。 メジャーを飲めばその被害妄想とやらが抑えられて、 快活に学校に行けるようになるんだってさ。 メジャーで太ろうがアカシジアがでようが、 突然服用をやめてお口をモグモグさせる遅発性ジスキネジアがでようが、 学校や会社に行ければそれでいいのです、 とな。 医者選びは大変だ罠 しかし、文部科学省 で、良かったけ? の 『引きこもりガイドライン 暫定版 』は、実際どこまで活用されてんのかな。 と思ふ。 うつ病患者が依存症に陥るだけでなく、 覚せい剤と似た快感を求め、うつ病を装って医師の処方を受けるケースも増えている。 心身に変調をきたし自殺にまで至る場合もあり、専門家は「医師の安易な処方に歯止め をかけないと、問題は深刻化する」と訴えている。 大宮西署員が駆け付けたが、橋本さんは既に死亡していた。 同署は飛び降り自殺とみて調べている。 調べによると、橋本さん方のベランダの手すりに、足を擦ったような跡があった。 遺書は見つかっていないが、妻(53)の話によると、 橋本さんは2、3日前から元気がなく、 同日午前零時ごろに妻が就寝した際は、居間のこたつに入って寝ていたという。 ヤミ金借金で一家離散別れた子供に会いたい。 Myriad社はAbbott社と組んで、今後DEP1タンパク質をターゲットとした新しいうつ病 治療薬を開発していく予定です。 中略 現在うつ病治療の主役はSSRIというセロトニンの作用を強化させる薬です。 今回 発見されたDEP1遺伝子は、SSRIが効果を発揮する経路以外の部分で役割を担って いるとのことです。 すなわち、DEP1遺伝子をターゲットとした薬は全く新しい薬になる でしょう。 うつ病なんて間違いなく遺伝子と関連してそうだから期待しちゃいそう。 吉本興業によると、相手は以前から交際していた28歳の女性で 4月に出産予定。 現在東京都内で同居している。 中川家は兄の剛と弟・礼二(31)のコンビで、2001年に上方お笑い大賞最優秀技能賞を受賞 するなど若手実力派として知られる。 ので何カ所かけもち受診してもわから ない。 と、かけもち受診を批判していることと、保険証に医療機関の印を 押すことを暗に求めていることです。 健康記事専門の記者さんにとっては、医者をあわないで変える患者の気持 ちや、保険証から通院がばれるのが怖くて受診を悩んでいる患者の気持ち がわかってないんだろうなぁーーと、思いました。 こういう記事が連載されるとそれが「世論」であるかのように厚生省が利 用して、かけもち受診抑制のために、保険証に医療機関の印を押すことを 義務づけるように通知を出されそうで非常に不安です。 覚醒剤じゃないが、最低3日に一回! 私は一週間に一回、飲むか飲まないか。 全国から 参加した約220人が、参院で継続審議中の法案を今国会で廃案にするよう決議し、 JR有楽町駅前で署名活動を行って支援を呼びかけた。 法案は昨年12月の臨時国会の衆院法務委で、野党が継続審議にするよう求めたが、 与党が採決して可決され、参院に送られた。 集会では、仙台市の男性が「私たち精神障害者は、これまで『何もできない』と言われ、 人間としての誇りを踏みにじられてきた。 誇りを取り戻すためには、病院ではなく、地域で 当たり前に生活できる施策こそ必要なのに、国は逆に、法案で『精神障害者は危険だ』 という偏見をあおっている」と批判した。 全文・詳細は配信記事参照。 消防署員らが駆けつけたところ、3人は川の字に並んで あおむけの状態で倒れていた。 病院に運ばれたが、すでに死亡していた。 死亡したのは、近くの無職男性(26)と、20歳代くらいの女性2人。 狭山署で女性の身元の確認を急いでいる。 室内には練炭入りの七輪が部屋の四方に1つずつ置かれていたほか、 練炭入りのバーベキューコンロも2つ置かれていた。 いずれも大部分が燃え尽きていた。 部屋のガラス戸は、 内外から粘着テープで目張りしてあり、同署で自殺とみて、 動機などについて調べている。 遺書などは見つかっていない。 現場のアパートは、4世帯入居できるが、いずれも空き室で、無施錠になっていたという。 日テレのニュースでは、自殺志願者サイトで知り合った3人と報道されてた。 方法は、練炭による一酸化炭素中毒死です。 理想は、 こんな具合です。 練炭・コンロ・睡眠薬・密封できる部屋。 全て揃え終わりました。 参加したい人には、睡眠薬などを差し上げます。 ただし、女性に限ります。 男性だと、トラブルや犯罪に巻き込まれる恐れもありますので。 年齢は問いません。 やっぱり、独りだと寂しいですからね。 場所は埼玉県です。 時期は、1月~2月中を 計画しています。 本気の方お待ちしております。 魚津署員が駆け付けたところ、 運転席から、切断された頭部とともに、横浜市の無職男性(54)の遺体を発見した。 同署は、現場の状況から男性が自殺した可能性が高いとみて捜査している。 消火後、貝塚署員が確認したところ、車内から2人の遺体が見つかった。 遺体は焼損が激しく、身元などは不明だが、車の所有者が10日、 家族に「死にたい」と電話をかけていたといい、同署は 所有者夫婦が心中を図った可能性もあるとみて調べている。 作家のA氏の言い分も分かるんだけど、 この人にとって鬱病や自殺は逃げなんだろうな。 ちなみに550円。 次号発売が2月24日なので それまでは本屋、駅書店、キオスクなどにあるかと。 氷室真裁判長は、頼りにし ていた病院から入院を拒否されたことなどの事情を酌み、「娘の将来を悲観した もので、(殺害は)誤った方法だが愛情の発現とみえる面もある」と異例の言及を した。 レールの間にうつぶせの状態で倒れたため、直後に進入して来た電車は 男性をひかず、約250メートル通過して緊急停止した。 男性は奇跡的に無傷で、約500人の乗客にもけがはなかった。 捜査当局は猟銃による自殺と見ている。 ソーリューで同氏が経営するミシュラン・ガイドの3ツ星レストラン「ラ・コートドール」は最近、ミシュランと並ぶガイド「ゴー・ミヨー」で評価を落とされ、これが原因では、との憶測が浮上している。 バターやクリームを抑えて素材の持ち味を生かす独特の調理法を開発して「水の料理人」の異名を得た。 「ラ・コートドール」は91年にミシュランで3ツ星を獲得。 同レストランが出す朝食は、仏高級ホテルチェーンから「世界一の朝食」との称号を与えられた。 一時は神戸にも支店を出し、日本でもファンが多い。 20点評価のゴー・ミヨーでも最高レベルの19点を維持していたが、03年版同ガイドでは17点に格下げされた。 同氏と並ぶ著名なシェフのポール・ボキューズ氏は「前日彼と話したが少し落ち込んでいた。 ゴー・ミヨーが殺したようなものだ」と非難。 ゴー・ミヨーのマイノーブ社長はテレビで「彼ほどの人物が単に格下げだけで命を絶つとは思えない」と語った。 米国では大リーグの若手投手が最近急死。 日本でも、ダイエットなどのために個人で輸入される エフェドリンの副作用が社会問題化しつつある。 西村です。 それでは、解除しておきます。 次回は素早い対応を期待しております。 ではでは、今後とも宜しくお願い致します。 同県警津署員が調べたところ、男女3人はすでに死亡していた。 助手席に練炭の入った 七輪が置かれていたことから、同署は集団自殺の可能性があるとみて3人の関係を 調べている。 死亡していたのは、津市の無職男性(24)と愛知県蒲郡市の無職女性(20)、北九州市の 事務員の女性(23)の3人。 車内には、「車の中で七輪で練炭をたき、一酸化炭素中毒で死亡する」という自殺の手順を 書いたと見られるメモがあった。 「ごめんなさい」などと書かれた家族にあてた遺書があった ほか、ノートパソコンなども見つかった。 3人は今月1日ごろから、行方不明となり、それぞれの家族が警察に捜索願を出していた。 また、津市の男性と蒲郡市の女性は最近、別々に交通事故を起こし、相手にけがを 負わせたことから、悩んでいたという。 男子生徒は病院に運ばれたが間もなく 失血死した。 消防からの通報で駆け付けた姫路署員が殺人未遂の現行犯で父親を逮捕。 容疑を 殺人に切り替えて調べている。 調べでは、男子生徒は長男。 同日夜、父親と口論になり、父親が刃渡り約11センチ のナイフで左胸を刺した。 父親は約7年前から精神科に通院中といい、同署は刑事責任能力を慎重に調べている。 仙台市泉区鶴が丘、会社員秋田功さん(54)と、父の富谷町東向陽台、 克夫さん(81)で、同署は一酸化炭素中毒死とみている。 調べでは、二人は四日午前四時ごろに自宅を出て、湖でワカサギ釣りをしていた。 テント(高さ約一・八メートル、直径二メートル)の出入り口はファスナーで閉め切られ、 中には携帯型コンロがあり、豆炭とみられる燃料が燃え尽きていた。 四日は終日雪が降っていたという。 知人によると、克夫さんは年間を通じて一週間に一度は釣りに行くほど元気だったという。 長男の功さんも時々一緒に釣りに行くなど親子の仲が良く、 別の知人は「冬はワカサギ釣りに通うベテランなのに」と声を詰まらせていた。 同省は「長引く不況や高齢化が要因」としている。 最新の02年10月の速報値では、 約124万8000人(前年同月比8.5%増)に増えている。 受給者は95年度の約88万2000人から増加に転じ、99年度が約100万4000人(前年度比6.1%増)、 00年度が約107万2000人(同6.7%増)と増え続けてきた。 受給者は95年度から01年度の間に約26万6000人増え、そのうち60歳以上が6割を占めている。 大半が都市部で、特に埼玉県(69%増)、千葉県(56.7%増)、東京都(54%増)、 大阪府46.6%増)などで増加率が大きい。 受給者の急増に伴って、保護の申請や相談に応じるケースワーカーの不足が 都市部を中心に目立っている。 生活保護世帯に対するケースワーカーの必要数は決められており、 市部の場合は80世帯に1人配置することになっている。 しかし、02年度は全国約1200の福祉事務所のうち、21%にあたる 251事務所が基準を満たせない状態となっている。 自治体の財政難もあって増員が追いつかず、 影響が心配されている。 この研究成 果がHarvard Universityの研究者等によって2003年1月の Pediatrics誌に発表されました。 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、. j ゝ. トソ \ \. 終値は、日経平均株価(225種)が前日比179円83銭安 の7862円43銭となり、1983年1月25日(7803円18銭)以来、 約20年2か月ぶりに7900円台を割り込み、 前日に付けたバブル経済崩壊後の最安値(8042円26銭)を下回った。 東証株価指数(TOPIX)の終値も同13・90ポイント低い 770・62となり、前日に付けたバブル崩壊後の 最安値(784・52)を更新した。 グループのデイビッド・ディンジェス同大教授は 「寝不足の影響は徐々に蓄積し、人間の作業能力に 大きな影響を与える」と、睡眠の大切さを強調している。 グループは、21歳から38歳までのボランティアを、1日4時間、 6時間、8時間の睡眠を取る3つのグループに分け、 日常生活をしてもらった。 その間、記憶力や認知能力、問題処理能力などを 試す試験をした所、6時間睡眠と4時間睡眠の グループでは脳の活動能力が徐々に低下。 2週間後は、3日間寝ていない人と同レベルにまで 下がっていたという。 坂元続園長の暴行疑惑などの実態解明に向け、 指導員らから事情を聴いた。 傷害や暴行、 保護責任者遺棄容疑での刑事告発が可能か検討している。 調査は14日も続ける。 宅間被告の人格を『情性欠如者』と診断。 事件当時の精神状態を「精神病の症状はなかった」とし、 責任能力が完全だったことを示唆した。 「『ただ待つ』から『早期の対応へ』」とのスローガンを掲げ、 子供への学校復帰、自立を促す周囲の働きかけを勧めている。 23日まで一般の意見を募集し、来月、最終報告を まとめて各教委に通知する。 まとめでは、11年前の不登校問題の報告書が、 「登校の促しは、状況を悪化してしまう事もある」とした事が誤解され、 子供への働きかけをしない教員や親があることの反省に立ち、 「放っておくことで状況は改善しない。 早期の適切な対応が重要」と強調。 学校に公的機関、非営利法人(NPO)等との連携強化を訴えている。 報告では適応指導教室の質・量の充実を求め、 不登校指導に実績のあるフリースクールなどに運営を委託する 「公設民営型」の適応指導教室についても検討すべきだとしている。 専門家会議は来月中旬に最終報告をまとめる。 鉄道会社ではSASを 想定していなかった企業がほとんどだったが、 その他の業種では既に社員に対してSASの検査を 始めている企業もある。 13日から福岡市で開かれる日本呼吸器学会でも 幾つかの調査が報告され、専門医らは 「潜在的な患者はかなりいるのでは」と指摘している。 センターは「SASと居眠り事故の具体的な関係が 明らかにされたのは初めて」と話している。 睡眠中に何度も呼吸が止まる為、日中に眠気を催す SASの検査で、同センターに入院した患者のうち 運転免許を持つ1108人を対象に、 1997年11月から昨年12月までアンケートを実施した。 睡眠中の1時間に呼吸の止まる回数が5回未満を 「SASでない人」、5回以上を「SAS患者」とすると、 「過去5年に事故を起こした」との答えは 「SASでない人」の4・5%に対し「SAS患者」は10・1%と2倍以上だった。 塩見部長は「重症者は事故を起こす前に 専門医の治療を受けないと危ない」と警告している。 検査は広島市の病院で行われ、睡眠中の呼吸数が少ない 「低呼吸」の症状が確認された。 当日、運転前に2時間の 仮眠をとったが、それ以前の睡眠不足も重なり、 深い眠りに落ちたという。 同社は、全運転士についてSAS症状の有無を調べ、 再発を防ぎたいとしている。 弁護士が過労死を告発するのは珍しく、メンバーは 「違法労働を放置させないため」と説明している。 JR山陽新幹線の居眠り運転で問題になった 睡眠時無呼吸症候群(SAS)はSDBの1つ。 治療せずに 放置した場合の弊害があらためて浮き彫りになった。 鈴木医長らは、昨年の大相撲秋場所後の9-10月、 東京都内にある相撲部屋の力士23人を対象に 睡眠時の血液中の酸素飽和度を計測。 SDBでは気道が狭まって酸素供給量が減る為 飽和度が低下するが、11人で飽和度90%未満の状態が 睡眠時間の1%を超え、SDBと診断された。 このうち6人は5%以上の重症だった。 事故情報の収集や分析などの為、新たに第三者機関を設立する。 事故情報の報告制度について検討してきた 厚労省の検討部会(部会長=堺秀人・東海大学病院副院長)が11日、 報告書案をまとめた。 それによると、制度開始当初は、患者が死亡したり重い障害が残ったりした ケースについては、院内での事故報告・分析が義務化されている 特定機能病院などに対し、第三者機関への報告を義務付ける。 報告を怠った場合の罰則は設けない方針だが、報告しなかった事が 発覚した場合、医療機関の信頼性が大きく低下することになる。 他の医療機関についても、報告は任意とはするものの、 重大事故の報告を強く促す他、事故の規模を限定せず、 幅広く事故情報を求める。 又、患者・家族からの情報も集める。 第三者機関は中立機関とし、収集した情報や報告について、 医師ら専門家が原因を分析。 改善策などを公表し、 他の医療機関を含めた事故防止に役立てる。 現状では、医療事故が起きた場合、医療機関は任意で 都道府県に報告するという仕組みしかなく、国内でどの位の医療事故が 起きているのか、国も含めて把握できていない。 引きこもりは、周囲から「怠けているだけ」などと誤解されがちだが、 パンフレットは「ストレスが大き過ぎて自分の力では どうにもできなくなった」状態とし、「罪悪感を持つ事はない」と説明。 引きこもり経験者の話を紹介しながら、 回復の為のヒントを易しい言葉で説いている。 パンフレットの内容は厚生労働省のホームページ -2.html に全文掲載されている。 回収の対象となるのは、 3~4年前までに製造されたものが多く、店頭で現在販売されている 商品は少ないとみられる。 ただ、「損害は1000万円を若干超える」(藤沢薬品工業)など の指摘もあり、賠償請求を検討する動きもありそうだ。 判決理由で林田裁判長は「事件当時は統合失調症の末期で、 人格の荒廃が認められた。 妄想を伴う異常体験に 突き動かされた犯行で、是非弁別能力、 行動制御能力は失われていた」との判断を示した。 公判で弁護側は「刑事責任能力はなかった」と無罪を主張。 弁護側の申請により同地裁が実施した精神鑑定では 心神喪失だったとの結果が出され、検察側は論告で 「責任能力は相当程度減退しており、心神耗弱だった」と主張していた。 判決によると、男性被告は同月13日午後3時頃、 自宅で母親=当時(73)=が用意した昼食を食べている途中で、 母親の胸を包丁で突き、殺害した。 パワハラとはパワーハラスメントの略で「会社の上司などが 度を超して圧力や嫌がらせを繰り返し、部下が 精神的苦痛を受ける」ことを意味する。 これまでパワハラは指導や命令の範囲内とされ 表面化することが少なかったが、厳しい指導を嫌う 若い社員が増えたことなどから、 その被害を訴える声が高まっている。 番組ではパワハラに苦しむ被害者の声や 戸惑う管理職の姿を追い、対策について考える。 パイロットの場合は、服用を拒絶すれば 飛行任務を解除され得る、という条件付きだ。 しかしこの薬剤に は深刻な副作用があり、精神病性の異常行動や、抑鬱、不安、妄 想などを招く怖れがある。 昨年アフガニスタンで発生した誤爆事 件では、兵士の弁護士が、空軍の処方した覚醒剤が誤爆の原因だ と主張した。 調べでは、女性は同県岡崎市の無職女性(35)で、 子供は女性の中学1年の二男(13)と小学6年の三男(12)。 車内の七輪2個で練炭が燃えていたこ事から、同署は 女性が一酸化炭素中毒による無理心中を図ったとみて調べている。 車は国道1号の歩道脇にエンジンがかかったまま止まっており、 母親は運転席に倒れ込むようにして座り、二男は後部座席の床、 三男は助手席にそれぞれ毛布をかけられた状態で倒れていた。 3人に外傷は無いという。 ドリンク飲み放題に加え、 1時間わずか100~400円でパソコン、ゲーム機、DVDも自由に使える電脳化ぶり。 最近は個室化された店舗が人気で、カップルやサラリーマンの利用者も 増えている。 設備充実のあまり、ネット犯罪の舞台としても話題となった マンガ喫茶は今、どうなっているのか。 料金は1時間100円。 「以前は1人でマンガを読む人が中心だったが、昨春から ネットゲームやDVDなどデジタルコンテンツを楽しみに来る人が増えた」(店員) マンガ喫茶は名古屋が発祥の地とされ、昭和50年代に最初の ブームがあった。 昨年来の第3次は『電脳マンガ喫茶』ブーム。 今やマンガ喫茶のネット完備率は100%に近く、インターネットカフェの 業態を完全に吸収している。 業界団体の日本複合カフェ協会の調べでは、 1月末現在の加盟店舗数は80社416店で、昨年1月末の 16社157店から急増。 全国に約2500店が営業しているとされる。 警察からの連絡で駆け付けた救急隊員が、乗用車内で ぐったりとしている男性3人と女性1人を見つけた。 近くの病院に運んだが、4人とも一酸化炭素中毒で意識不明の重体。 富士吉田署の調べでは、車内は七輪で練炭が焚かれており、 集団で自殺を図ったとみている。 乗用車は大宮ナンバーだった。 4人の内2人は、所持品などから埼玉県出身の男性(23)と 静岡県出身の男子大学生(22)とみられ、他の男女も20代と みられる。 同署で4人の身元の確認を急ぐと共に、関係などを調べている。 現場は富士北ろくの民家が点在する酪農地帯。 車内にあった バッグから「先立つ不孝をお許し下さい」などと記された 手書きの遺書が見つかった。 仕事や育児、介護などによるストレスが 関係していると見られる。 3人に1人が、よく眠れなかった翌日は 「居眠りする」と答えた。 都会の女性に睡眠障害が 万延している実態が浮き彫りになった。 調査は昨年12月にインターネットで実施、首都圏に住む20歳代、 30歳代、40歳代のそれぞれ150人ずつ、計450人から有効回答を得た。 平日の睡眠時間は平均6.3時間。 寝つくまでの時間は 平均44.7分だが、4割近くの人が寝床に入ってから 眠りにつくまでに1時間以上かかっている。 国立精神・神経センター研究所の 白川修一郎老人精神保健研究室長は、 「女性の睡眠障害は放置されて深刻化する傾向が強い。 調査は睡眠障害によって脳機能が乱れ、日常生活に支障が 出ていることを示している。 『睡眠弱者』である女性に よい眠りのノウハウを学ぶ機会を増やすことが急務だ」と話している。 ネットワーク機器に不具合が生じた為とみられるが、 午前10時50分頃に全面復旧したという。 同部長は患者に謝罪文を郵送した。 病院によると、名簿は、脳神経外科で脊髄から髄液が 漏れる「低髄液圧症候群」の治療を受けた患者約300人分。 大半の患者は同協会に入会しているが、無関係の患者 約60人分も含まれていた。 協会が2月中旬、患者らに 治療後の状態を尋ねるアンケートと寄付を求める文書を発送。 協会に無関係の患者にも送られたため発覚した。 協会は「脳神経外科部長の了承を得たと思っていたが 行き違いがあった。 名簿は破棄した」と話している。 徳島県警板野署員が駆け付けたと ころ、男性1人が運転席で、女性2人が後部座席ですでに死亡していた。 調べでは、3人はいずれも20歳前後。 外傷はなく、後部座席にガスコンロと炭があり、 車内で炭を焼き、集団自殺したとみられる。 車は神戸ナンバーのレンタカーで、同署で身 元や詳しい死因を調べている。 現場は徳島市から西約20キロの山中で、徳島自動車道・上板サービスエリアの北西 約2キロ。 また、3人とも死後3、4日経過していることも分かった。 施錠した車内の後部座席に練炭火鉢が置いてあり、 窓に内側から粘着テープが張られていたことなどから、 同署は親子心中とみて捜査している。 医薬分業が進み、薬物療法が高度化する中、薬剤師の専門性を 高めて投薬ミスや副作用被害防止につなげるのが狙い。 今後は文部科学省と協議し、早ければ来年の通常国会に 関連法案を提出、早期実施を目指す。 現在、薬剤師国家試験を受けるためには大学の薬学部卒業が条件。 この教育期間を4年から6年に延長する。 一貫教育できるよう 薬学部の6年への延長が検討されているが、4年制を据え置いたまま 大学院2年を加える考え方もあり、文科省と協議を進める。 薬学部を6年制にする場合は学校教育法を改正し、大学院の 必修化で対応するときは薬剤師法の受験資格規定を 「修士課程を修了した者」と改正する必要がある。 また受験要件として、病院や薬局など臨床現場での 最低6カ月程度の実務実習を加える方針。 さらに、ネットを通じた請負殺人まで起き、社会問題化した。 昨年4月19日、ソウル市内の高層マンションで、34歳の男性と 女子高生2人が一緒に飛び降り自殺。 3人は住所がソウル、京畿道、 大邱市とバラバラで、自殺に関するサイトで知り合ったことが分かった。 5月4日にはソウル近郊の平沢市で、10代の2人と35歳の男性が 乗用車の中に排ガスを引き込んで自殺。 3人は男性が開設した 自殺サイトで知り合った。 このほか、自殺サイトを立ち上げた男性(22)が2月に自殺幇助容疑で 逮捕されたが、取り調べ中に服毒自殺。 自殺サイトで知り合った5人を 心中に勧誘したとして、女子大学生(19)も6月に逮捕された。 一方、2月にはソウル近郊に住む女性(23)が浪費癖の ひどい母親(55)の殺害を、ネット上の「チャット」で 知り合った男性(28)に依頼。 この男性がさらにネットを通じて 依頼した男子高校生(18)が女性の母親を殺害するという ショッキングな事件が発生。 事件を機に殺人請負サイトが問題となり、 6つのサイトが摘発された。 鎮痛剤などに使われる抗ヒスタミン成分が使用され、 「寝付きが悪い」など一時的な不眠を改善する効果があるという。 ただ、不眠症は対象外で、風邪薬などとの併用はできない。 連日の服用や妊婦の服用も避ける必要があり、メーカー側が 薬局などへ使用方法を十分に説明するなどの対策が 求められそうだ。 抗ヒスタミン剤を使った睡眠改善薬は 約10年前から米国で発売されているが、 日本で認可されたのは初めて。 同署によると、車の中にあった家族らにあてた数通の遺書らしい 走り書きや4人の所持品などに、ネット上で知り合ったことを示す 内容の文面が残されていた。 また、ネットの掲示板に4人のうち1人が書いたとみられる書き込みも見つかった。 今後金額を詰め、2004年度予算の 概算要求に盛り込む。 96年のらい予防法廃止に伴い、旧厚生省は元患者らの 社会復帰支援のため、療養所退所に際し一時金の支給を 同年4月2日に開始。 現在1人当たり最高250万円が 支払われているが、制度創設前の退所者は対象外で、 原告・弁護団が改善を要求していた。 一方、療養所に入所したことがない元患者らの 経済支援策についても、厚労省は実施に向け検討する 姿勢を示した。 療養所に入所した経験がある元患者らには、 入所期間や世帯構成などに応じて「退所者給与金」が 支給されている。 成田税関支署によると、1度に持ち込もうとした MDMAの押収量としては過去2番目。 調べでは、同容疑者は4日午後、パリから成田に 到着した際に、二重底に加工したスーツケース内に MDMAを隠し密輸した疑い。 車内に3人の携帯電話が残されており、メールの着信記録から 男性が女性の1人に心中を呼びかけ、この女性が もう1人の女性を誘っていた。 調べによると、着信記録は 3月9日から残っており、男性が「インターネットカフェにいます」と パソコンからメールを送ったうえで、「山」「密室」などの場所や 時期を尋ねる言葉が並び、女性の「どんな方法があるの」との 質問に「一酸化炭素がいいですね」と答えていた。 その後、携帯電話による3人のメールのやり取りは12日夜までに 約80回あったが、大半は最初の着信記録がある男性と 女性のもので、この女性は「1人ぼっちで寂しい」などと送り、 終始、男性がリードしているようだったという。 メールのやり取りが行われる以前に2人の間に接点は見当たらず、 同署はインターネット上の自殺志願サイトで知り合った 可能性が高いとみている。 専門医が監修し、SASの症状や関連する事故データ、 自己診断テストや治療法などを紹介している。 押上から東武鉄道が建設した連絡線も完成し、 東武の南栗橋から半蔵門線を挟んで東急田園都市線の 中央林間まで直通運転が始まった。 半蔵門線は1978年に最初の渋谷-青山一丁目間 2.7キロが開業して以来、25年ぶりの全通。 東武、営団、東急の直通運転開始を記念して、29日には 中央林間から東武日光・鬼怒川温泉行き、30日には 東武日光・鬼怒川温泉から中央林間行きの臨時列車が 各1本運転される。 メールは女性が自己紹介して男性の死への願望に同調する内容で、 男性は女性に返事を出していた。 県警はサイトへの 男性の書き込みに女性が応えたとみて、男性宅のパソコンも調べている。 調べでは、女性のパソコンに8日以前に自殺志願者サイトに複数回 接続した履歴が残っていた。 女性は8日、男性に 「愛媛の23歳です。 ご返事待っています」とメールを送り、 9日に男性が返事を出していた。 その後、女性が高校時代に 同級生だった愛媛県の別の女性(23)を誘ったらしい。 多数の来園者が見込まれる週末の3連休に向け、 園内の安全を確保する狙いがある。 大正製薬は4月4日、 不眠症状の改善効果がある催眠鎮静剤「レスティ錠」を発売する。 19日は県保健福祉部などの職員7人が 園職員を事情聴取した。 2000年には8・5%だった社会保障費は 少子高齢化によって急増することになる。 これに所得税や消費税などの税金を合わせると、2000年は 計18・2%だった負担が、2025年には計27・5%となる見通しだ。 推計は、平均的なサラリーマン世帯 (収入は月55・1万円、世帯人員3・47人)について、 厚生年金、医療、介護、雇用の各保険料負担が 家計に占める割合を算出した。 一方、家計のうち消費支出は72・9%から66・9%に減り、 預貯金の割合は9%から5・6%に減少するという。 同審議会では今後、社会保障制度全体でどの程度の 保険料を負担できるか、議論を深める予定だ。 おそらく知り合いだと思うのでどうしても気になって。 お見舞いこうか悩んでいます。。 俺もここの病院に逝って、彼らを(略 って思ってますし。 彼らを心配して下さって。。。 一緒に行きたい気持ちです。。 一人で行くの恐くて。。 つらくて。。 福岡県出身。 連絡先は東京都杉並区西荻北3の40の3の 矢島聰子事務所。 葬儀は25日正午から 北九州市若松区白山1の9の50のカトリック若松教会で。 喪主は姉久野鈴(ひさの・すず)さん。 東京大学法学部を中退して俳優座同人会に入り、 劇団四季を経てフリー。 舞台の代表作に「ファンタスティックス」 「山吹」などがある。 映画では、岡本喜八監督作品の多くに出演、 独特の風ぼうを生かした個性的な悪役として活躍した。 テレビ番組「仮面ライダー」の死神博士役で知られ、 バラエティ番組「平成教育委員会」でも人気を集めた。 同労働局によると、過労自殺を巡って、使用者側が 書類送検されたのは初めて。 書類送検されたのは、東京都中央区の アウトドア用品販売会社「ダヴオス」と同社の役員(33)。 自殺した男性は同社に販売員として勤務。 遺族は 「自殺は、半年間で500時間に上った超過勤務が原因だ」として、 昨年2月に労災認定を請求していた。 2月4日には「やっと見つけたと思った相手は、生きるほうへ いってしまいました」と心中が叶なわなかったことを仄めかし、 「本気で一緒に逝ってくれる人、募集します」と呼び掛けていた。 県警では、集団自殺未遂に至った経緯を調べている。 男子大学生は昨年12月31日、サイト上で「1人で死ぬのは 寂しいので一緒に逝ってくれる方を募集します」と書き、 1月7日に「凍死に使えそうな睡眠薬が欲しいです。 どなたか売っていただけませんか?」と要望していた。 このサイトには、2月11日に埼玉県入間市のアパートで 練炭を焚いて集団自殺した同市の無職男性(26)のものと みられる、心中相手を探す書き込みもあった。 男子大学生は他の自殺サイトでも2月7日、 「なるべく早く一緒に逝ってくれる方、メール下さい」と書いていた。 この事故で同線の 上下計8本が12~8分遅れ、約1万2000人に影響が出た。 平塚署の調べでは、線路に横たわっている男性を 運転士が見付け、急停止しようとしたが間に合わなかった。 調べでは、男性は25~35歳、身長約177センチ。 緑色ジャンパーに茶色の靴着用。 駐車場屋上(地上約13メートル)から フェンス(高さ約1メートル)を飛び越え自殺を図ったとみている。 人事院は「国家公務員も心のケアが大きな課題と なっている。 相談窓口利用のPRや関係職員の研修拡大など 対策を講じていきたい」としている。 調査は5年ごとに実施。 01年度に病気や怪我などで長期間休みを 取ったのは、6591人(男性4375人、女性2216人)で全職員の1.36%。 1996年の調査に比べ、435人減少している。 原因でみると、精神疾患が1912人(男性1483人、女性429人)で、 前回調査の1050人に比べ大幅に増加した。 前回トップだった 「癌などの腫瘍」は、1045人(15.9%)で2番目。 DV被害者の母親が逆に児童虐待を行うケース等、家庭内暴力の被害者と 加害者は表裏一体の関係にある。 加害者ケアに携わる支援者らが 「加害者と被害者を分けずに複合的に支援する組織が必要」と、 全国初の取り組みに乗り出した。 所長に就任予定の味沢道明さん(49)は、大阪や京都でDV加害者らの ケアに取り組む「メンズサポートルーム」の共同代表。 加害者約300人と 向き合い、被害者が加害者の側面も持ち得る家族の暴力の複雑さに 何度も直面。 暴力を根本的になくすためには加害、被害両面のケアを 1カ所で統合すべきだと痛感した。 行政にも家庭内暴力の相談窓口はあるが、 DVと虐待が別々で、加害者ケアには目を向けようとしないのが現状だ。 味沢さんは、 同じ思いでカウンセリング等を共にしてきた「虐待当事者の会」代表、 小井香欧里さん(36)と約2年前から構想を練ってきた。 保育サポートも計画しており、 子供を預けてカウンセリングに専念できる。 スタッフ5人程度でスタート。 初期面接費500円など有償。 味沢さんらは「縦割り行政ではできないサービスを 提供し、家族を再生していきたい」と話している。 問い合わせは(075・502・4853)。 戸籍上は男性だが、女性での届け出を希望した。 同選管は4月20日の告示までに 総務省や都選管と協議し、判断する。 選挙では、GIDへの理解と 社会的弱者の生活向上を訴える。 GIDは、身体上の性別と、自分が認識する自分の性別が一致しない症例。 医療機関で身体的、精神学的診察を受け、該当するか判断される。 上川さんは98年、医療機関でGIDと診断された。 上川さんは違和感を持ちながらも幼少期から男性として暮らし、 27歳で「架空の人物を演じる様な苦痛に耐えきれず、女性として 生きる事を決意した」という。 99年に戸籍の変更手続きを取り改名した。 「同じ障害を持つ人だけでなく、社会的弱者の声を拾い、地方自治から 世の中を変えたい」と、出馬の動機を語る。 総務省選挙部管理課によると、公職選挙法では候補者の性別の扱いについて 特段の規定は無いが、戸籍上の性別で立候補の届け出を行うのが通例。 過去に国内の選挙で性同一性障害を持つ人が戸籍と違う性で立候補を 希望した事例は無いという。 妻の119番通報で、2人は市内の病院に運ばれたが、長男は間もなく死亡、 男性も意識不明の重体。 浦和署は、男性が無理心中を図った疑いが 強いとみて調べている。 車内には灯油の燃えた形跡があり、後部座席で飼っていた柴犬の子犬が 死んでいた。 死因は一酸化炭素中毒。 同署は自殺とみて調べている。 同署によると、主婦はこの日午後2時頃に「友人宅に行く」と言って 家を出たが、夜になっても帰らず、家人が捜索願を出した。 更年期障害で悩んでいたという。 警視庁は自殺とみて調べている。 県警は留置管理に問題がなかったかどうか調査を始めると共に、 26日に司法解剖して死因を詳しく調べる。 県警によると、同容疑者は、 大阪府内で昨年12月に盗まれた乗用車を富山県内で運転していたとして、 2月17日に盗品等運搬の疑いで同署に逮捕され、その後、 別の容疑で再逮捕された。 同容疑者は、この日午後1時頃から 1人で入浴を始めたが、出てこない為、署員が様子を窺うと、 浴室の窓の金網にタオル状の垢擦りの布を掛け、首を吊っていた。 東京消防庁の救急隊が現場に駆け付けたが、現場で死亡が確認された。 警視庁大塚署は自殺とみて家族から事情を聞いている。 古尾谷さんは1977年、映画「女教師」でデビュー。 「ヒポクラテスたち」に医大生役で主演し注目された。 神吉正則裁判長は虐待の事実を認めた上で「(知的障害者を救済する)何の措置も とらなかった」と行政の違法行為を認定し、被告に総額2億7000万円の支払いを命じた。 判決によると、同社の和田繁太郎元社長 56 は障害のある男性に対し、 向精神薬の服用を許さず暴行を加えた。 男性は1990年2月、工場の床に寝かされた後死亡、 判決は「男性の死亡と社長の暴行等との間には因果関係がある」とした。 又、和田元社長は92年頃から、他の従業員にも暴行を加え、給料の未払いや 障害者基礎年金を横領するなどした。 判決では、原告が8日市労働基準監督署に 和田元社長の暴行や賃金不払いを告発していた事実などを踏まえ 「必要な調査をしていれば、会社の労基法違反を確認し是正勧告できたが、 その様な対応を取らなかった」と国の怠慢を指摘。 死亡した男性が会社就職前に入所していた、県の知的障害者更正施設に対しても 「和田元社長の暴行などを認識し得たのに、会社を訪問する等して男性の就労や 生活状況を確認しなかった」と不法行為を認めた。 和田元社長は97年1月、従業員の障害者基礎年金を着服した横領罪で 懲役1年6月の実刑判決を受けている。 厚生労働省滋賀労働局の吉田康夫 総務部長「今後の対応は、判決内容を10分に検討し、関係省庁とも協議した上で判断したい。 3人に外傷はなく、 車内には練炭用の火鉢2個と遺書があったことから、 和泉署は心中とみている。 調べでは、3人は和泉市内の 無職男性(74)とその妻(76)、男性の知人で大阪市の 無職女性(59)。 男性は昨年12月から同府堺市内の病院に 鬱病で入院中で、女性とは病室が同じ階だった。 男性は24日から、女性は25日からの外泊届を病院に 出しており、夫婦は25日夕方に乗用車で自宅を出たままだったという。 遺書は後部席近くに約10通あり、後部席裏の荷台に 積んであった火鉢の練炭は発見時、燃え尽きていた。 調べによると、藤井被告らは昨年9月13日夜、江戸川区の路上で、 帰宅途中だった女子中学生をワゴン車に連れ込んで乱暴、 携帯電話を奪った疑い。 藤井被告は昨年2月、 インターネットの掲示板に「暴行に興味のある人はいませんか」と 書き込み、高橋被告や少年と知り合ったが、 3人は互いに本名を知らなかった。 男性被告の無罪が確定する。 控訴期限は26日午前零時。 那覇地検の奥村淳一次席検事は、控訴断念の理由について 「一審で責任能力を否定した精神鑑定が採用されている。 控訴審で無罪判決を覆すのは理論的に困難。 遺族に処罰感情がなく、 措置入院しているので処罰の必要性も低い」と説明した。 弁護人の亀川栄一弁護士は「控訴断念は当然の結論だし 正しい判断と言える」、男性被告を支援する県精神障害者福祉会連合会の 比嘉秀次会長は「無罪が確定すると聞いて嬉しい。 今後も男性と 家族を孤立させない様協力していく。 行政の皆さんにも、医療面、 生活面で応援してほしい」等と話した。 判決などによると、男性被告は統合失調症の為26年余の 入院生活を送り、01年5月頃から中部の自宅で在宅療養していたが、 同年7月13日、自宅内で山里さんの胸を包丁で刺し死亡させた。 検察側の捜査段階の精神鑑定は被告の責任能力を肯定し、 公判での弁護側申請の再鑑定は同能力を否定した。 林田裁判長は11日の判決で、被告の病状により適合するとして 再鑑定を判断の根拠とし、弁護側の主張を全面的に認めて 無罪を言い渡した。 調べによると、シンドウ容疑者は昨年12月22日、タイから新千歳空港に 到着した際、向精神薬44錠をボストンバッグに隠し持ったほか、 今年2月11日にタイの知人を使い、向精神薬1120錠を隠した縫いぐるみを、 苫小牧の知人宛国際郵便で発送させた疑い。 密輸した薬は鎮静や興奮の作用があるほか、肥満治療にも使われている。 シンドウ容疑者は少なくとも3人の知人に、「やせ薬」として一ヶ月分 6000~1万円で販売。 これまでに密輸した向精神薬は約5300錠に 上るという。 道内で1000錠を超える向精神薬密輸の摘発は初めて。 八田容疑者は ホームページで、商品名の一部を伏せ字にして宣伝していた。 バイアグラの伏せ字広告の摘発は初めてという。 西信雄助教授は「鬱病が薬で治ることを もっと知ってもらい、相談所を利用するなど早めに対処してほしい」と話している。 調査は久慈市、種市町、野田村、山形村、大野村、普代村の 久慈地区が対象。 隣接しながら自殺率が低い宮古市、岩泉町、 田老町、新里村の宮古地区を比較対象に選び、両地区から 無作為に選んだ計7293人に調査(回答率80・1%)した。 「かかりつけの医師に心の問題を相談できる」「精神病院がどこに あるか知っている」と回答した久慈地区の住民は、いずれも 宮古地区よりも少なく、住民が気軽に精神科を利用していない 現状が明らかになった。 又、自殺率が高いことを知っている 久慈地区の住民は15・4%(445人)にとどまった。 一方「自殺という手段をとるべきではない」と考えている人は 60・8%(1757人)に上った。 特に久慈地区は、41・8人(同)と高い。 このため、同大、久慈保健所、地元自治体が連携し、自殺予防の ネットワークを設立し、自殺予防の取り組みを進めている。 大都市ムンバイ 旧ボンベイ の喧噪にも掻き乱される事なく、 古代から伝わる儀式は厳かに続き、亡骸は『沈黙の塔』に運び込まれる。 白い布に包まれた死者たちは大理石の台に寝かされる。 ハゲワシなどの猛禽が遺体をついばみ、太陽の熱が水分を奪う。 そして4日が経つと、善行を積んだ者の魂は霊界に迎えられ、 そうしなかった者の魂は罰を受ける。 ところが、ムンバイの猛禽類は全滅寸前だし、雨期の3ヵ月間は 太陽の光もあまり頼りにならない。 この問題をめぐって、パールシーと 呼ばれるインドのゾロアスター教徒たちの間に緊張が生じた。 容赦なく押し寄せてくる時代の波とテクノロジーが、この世界最古の 宗教の信者たちを改革派と正統派に分けてしまったのだ。 改革派は遺体の処理に太陽光反射器を利用しようとするが、 正統派の長老たちはそんな方法を冒涜と考えている。 女性の専門医とスタッフが診療にあたる。 外来棟1階に専用スペースを設け、二つの診察室と健康指導室を設置。 内科を中心に外科、整形外科、精神科、皮膚科、産婦人科の医師10人と 看護師、助産師、薬剤師、健康運動指導士、管理栄養士らは全員女性。 室内の壁紙や調度品なども温かい雰囲気にした。 沖田極病院長は「女性特有の疾患は男性医師が理解しにくいこともある。 何でも相談してほしい」。 松田昌子主任医師(内科)は 「患者の訴えを時間をかけて聴き、診療にあたる。 健康セミナーの 開催など社会還元にも努めたい」と話している。 診療は完全予約制で、月~金曜午前8時半~正午。 予約受け付けは月~金曜午後1~5時(0836・22・2500)。 (2)催眠鎮静(中枢抑制)作用に優れた抗ヒスタミン剤: 塩酸ジフェンヒドラミンの働きで、寝つけない、眠りが浅い等の症状を改善します。 (同様の効果を狙った塩酸ジフェンヒドラミン製剤は、アメリカ、イギリス、 ドイツ等で広く一般に販売されています。 ) (3)快適な睡眠を確保する事により、生活全体も充実し、生活の向上に貢献します。 (4)服用しやすいフィルムコーティング錠で、PTP包装ですから旅行・出張時の携帯にも便利です。 中略 厚生労働省の諮問機関、一般用医薬品承認審査合理化等検討会の 中間報告「セルフメディケーションにおける一般用医薬品の存り方について」 公表以降、国民から求められる「生活の質の改善・向上」を目指す OTC初のケースとなります。 売上目標は店頭価格ベースで初年度6億円、 その後3年間を目処に15億円商品に育成し、新たな市場の創造を目指します。 調べによると、関沢容疑者は昨年11月27日午後10時15分頃、 自宅のパソコンからネット掲示板の「2ちゃんねる」に 「小田急鉄道明日午後1時爆破予告。 うっひっひっひ」と書き込んだ。 小田急電鉄は翌28日、240人の社員が車両点検やホームでの 警戒に当たった。 県は今月中旬、9人の メンタルヘルス調査を実施。 PTSDの症状がなくなった元実習生が 昨年4月調査の1人から4人に増えた一方、5人には昼夜が逆転する等の 症状が引き続き見られた。 9人は昨年春に同校を卒業し、現在は生活環境が 異なる事等から、県は今後、個別事情に合わせた心のケアを進めていく方針。 元実習生のケアに当たっている同県宇和島中央保健所は 「人によって差はあるが、全体的には改善の方向に向かっている。 今後も専門家らと連携して問題を解決していきたい」としている。 年齢が上になる程 長期化の傾向があった。 自由記述欄では、子供の進路・将来に対する 不安や、不登校を巡る周囲の誤解、偏見で辛い思いをしている事を 訴える意見が目立った。 旧文部省が1992年に、保護者約300人から聞き取り調査した事は あるが、大規模な調査は初めて。 伊藤美奈子お茶の水女子大助教授に 委託して今年から調査を始め、約3400人(回収率85%)から回答を得た。 中学生の保護者が全体の約80%を占め、回答者の91%は母親だった。 約3400人の内、学校に全く通っていない子供は60%で、 週に3日以上登校している子供は21%。 これに対し、検察側は冒頭陳述で「被告が独断で延命治療を中止。 被告は回復困難な患者への治療を早期に打ち切る考え方が強かった」と指摘し 「特異な死生観」(横浜地検幹部)を動機と位置付けた。 須田被告は罪状認否で「弁護士から述べさせて頂きたい」とした。 弁護側は「被告の意図は、家族の要請で自然な死を迎えさせる というものだった。 筋弛緩剤は患者の苦悶の呼吸を軽減する為だった」と主張。 筋弛緩剤は被告が点滴で投与し、起訴事実より少量だったとした。 検察側は冒頭陳述で「被告は家族の負担除去を考え、痰などで汚れた 患者の姿を家族に見せるのは忍びないとの気持ちから、窒息死させる事を 決意した。 家族は回復に向かっていると理解していた」と指摘した。 弁護側は、検察側が提出した家族の供述調書などを不同意とした。 男は配偶者暴力防止・被害者保護法(DV防止法)に基づき、裁判所から 接近禁止を命じられたにも拘らず、妻の自宅周辺を徘徊。 昨年10月に 同法違反で現行犯逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。 昨年11月、全家連の補助金流用問題が報道され、厚労省等が 調査を進めていた。 堅田署によると、男性は線路に立っていたといい、自殺とみて詳しく調べている。 この影響で同線は上下線9本が運休、約4800人に影響が出た。 祭壇には、古尾谷さんが好きだったウイスキーや日本酒、ショートホープ2箱のほか、 大ファンだった巨人のキャップと試合のビデオが9本、「あしたのジョー2」の ビデオシリーズ10巻が供えられた。 戒名は、天国でも鳥のように羽ばたき演じてほしいという願いが込め、 天鴻院漲演日雅居士(てんこういんちょうえんにちがこじ)。 代表作「ヒポクラテスたち」の大森一樹監督(51)は 「男50年生きたら一緒じゃないか。 苦しいのはおまえだけじゃない」。 映画で共演した竹中直人(46)も「悔しい。 非常に集中力があって存在感のある 俳優だった。 同年代として共演を楽しみにしていたのに実現できなくて残念」と涙。 一方、日本テレビ系「金田一少年の事件簿」で古尾谷さんと共演した KinKi Kidsの堂本剛、ともさかりえは口を閉ざしたまま。 喪主の登志江夫人(48)=女優・鹿沼えり、所属事務所の正木典広社長(45)も コメントはなかった。 一部スポーツ紙では、 「金銭トラブルなどに関するメモ」の存在を指摘。 また、平成4-8年の 都・区民税滞納で東京・目白台の自宅マンションに「文京区役所から450万円の 抵当権が設定」などとも報じられ、「金銭問題」説も指摘されている。 一方、映画関係者の間では、「毎年必ず来ていた夫婦連名の年賀状が、 ここ数年なくなった」として、夫婦仲にふれる声も上がっている。 同法案は、心神喪失で不起訴・無罪などとされた 精神障害者の再犯を防ぎ、治療と社会復帰を促進するのが目的。 裁判官と精神科医の2人が「再犯の恐れがある」と判断した場合、 裁判所が入院、通院を命じる。 昨年、衆院を通過し、開会中の 通常国会で審議されている。 県弁護士会は「2人だけの審査会では、 再犯予測は難しく、不必要に長期入院させられる恐れがある」と指摘、 「精神医療を充実せずに、重大犯罪を犯した精神障害者だけを ターゲットにする法律はおかしい」としている。 宅間守被告は、一昨年6月、大阪教育大学附属池田小学校に乱入し、 児童や教師ら23人を殺傷した罪などに問われています。 きょうの法廷では、 宅間被告の再鑑定を行った2人の精神科医に対する3回目の証人尋問が 行われました。 2人は、「被告が自分をコントロールするためには どうしたらよかったのか」との弁護人の問いに対し、「人との出会いなど、 幸いな偶然が重なっていれば可能だったかもしれない」と証言しました。 その上で、「被告は人格障害であり、統合失調症などの精神症状はなかった」と あらためて結論づけました。 研究グループの山崎喜比古・東大大学院助教授(健康社会学)は 「薬害エイズが被害者だけでなく遺族にとっても、いかに過酷で 凄まじい経験だったかを示している。 遺族も対象とした国の 恒久対策の抜本的拡充が必要だ」と指摘している。 アンケートは昨年10月から12月にかけ実施し、遺族計294人から 回答を得た。 PTSD診断に使われる評価尺度に基づき回答を 分析した結果、PTSDが疑われる遺族は55・2%で、被害者の母親で 69・5%、父親で63・1%に上った。 貴之ちゃんは病院に運ばれたが、頭の骨を折って重体。 男は殺人未遂の疑いで北署に身柄を確保されたが、知的障害があり、 同署は男を入院させた上で責任能力の有無などを調べる。 利用者20人は弘前、大鰐など 近隣5市町村の施設に移る。 県内の社会福祉法人に業務停止命令が 出たのは初めて。 県は「期間内に運営が改善されなければ、 法人解散命令も辞さない」としている。 同会が法人認可時に 「自己資金に充てる」と説明していた寄付金2150万円が存在しない 疑惑も出ていた。 02年8月に通所者送迎車の購入代金約150万円の未払い、 同年11月には施設改築工事の代金約1350万円の未払いを理由に、 青森地裁弘前支部が施設の土地と建物を差し押さえ、競売開始を決めた。 坂元園長の法人理事長と理事職の退任も決めた。 園関係者によると、法人理事は坂元園長と妻のミツ子副園長(71)を含む6人。 24日の理事会で、坂元園長の理事長職、園長職の解任について 園長、副園長を除く4人が同意した。 同席した坂元園長とミツ子副園長も了承した。 さらに25日の理事会で、坂元園長の理事職解任とミツ子副園長の減俸処分も決めた。 理事会は園長職の解任を既に県に報告している。 後任は外部の福祉施設の勤務経験者とする方向で県と協議している。 複数の園関係者の証言によると、坂元園長は94年頃から、利用者を ハエ叩きで叩くなどの暴力や体を紐で縛る等の虐待を繰り返してきた。 鹿児島地方法務局は、人権侵害の疑いがあるとして2回にわたって園を 立ち入り調査。 鹿児島県も今月5日から特別監査を始めている。 計画期間は 2003年度から7年間。 又、スポーツや芸術、文化活動を積極的に推進する等、 学習カリキュラムも見直し、一人一人の特性や能力を最大限に伸ばして 進路選択の幅を持たせる。 軽度児の職業的自立を目指す高等養護学校を 新設する。 中・重度児の自立に向けて授産施設等との連携した作業学習を行う。 福岡市教委によると、市内の知的障害養護学校高等部卒業生の就職率は、 2001年で10. 2年前の2倍を超えたものの県平均の25. 0%、全国平均の 25. 5%を下回り、福岡市の障害児教育は遅れている。 障害が重複している子供が 増えていることを踏まえ、盲、ろう、養護学校など障害の種類ごとに 通う学校を定めた現行制度を見直す。 同省は中央教育審議会に諮った後、 来年の通常国会に関連法の改正案を提出する方針。 現在は、視覚障害児は「盲学校」、聴覚障害児は「聾(ろう)学校」、 知的障害や肢体不自由児は「養護学校」と決められているが、 盲・ろう・養護学校の小、中学部の児童生徒数に占める重複障害者の割合は 平均で43%(02年5月現在)に上り、さらに増加傾向にある。 この為報告は、複数の障害に対応出来る「特別支援学校」を都道府県の判断で 設置出来るよう制度改革を求めた。 地域の小中高校や大学、病院、 福祉施設などが連携して、障害のある子や保護者の相談などに当たる 「広域支援体制」を作ることも提言している。 小中学校や特別支援学校に、学校と医療、福祉機関、保護者らとの 連絡調整役をする「特別支援教育コーディネーター」の教員を置く事や 学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)も特別支援教育の対象と することも求めた。 ADHDについては、子供の判断基準や指導法等も 試案としてまとめた。 障害者の就労支援の為のガイドブックが 発刊されるのは県内で初めて。 ガイドブックは2002年度社会福祉・医療事業団助成事業で刊行された。 県内に約140か所ある社会資源を北部、中部、南部、宮古、八重山の 5地区に分けて紹介。 1か所ずつ住所、電話番号、作業内容などが 分かりやすく掲げられている。 作業所、授産施設等には「知的」「精神」 「身体」といった対象となる障害も明示されている。 ミラソル会理事長の 一杉光男さんは「障害のある人が就労するのが難しい社会的状況はあるが、 1人でも多くの人がガイドブックを利用して地域で働いてほしい」と話している。 500部発刊。 施設等に配布される。 身体障害者は全体で124万6000人、うち就業者が52万人、 知的障害者は全体で26万4000人、うち就業者が13万人と推計される。 就業者の年齢別の割合は、身体障害者は25-29歳の57・5%が最も多く、 次いで35-39歳の53・3%が高い。 知的障害者は25-29歳の66・0%が 最も高く、次いで20-24歳の64・3%が高かった。 又、働いていない人では、身体障害者のうち就業経験がある人が46・8%で、 前職の離職理由は病気(42・3%)のほか、倒産・人員整理(9・1%)、 人間関係がうまくいかない(4・5%)との回答もあった。 運転士が急ブレーキを掛けたが間に合わず、女性は頭部を強く打ち即死。 警視庁四谷署は、現場の状況から自殺とみている。 この事故により、朝の通勤客ら約8万3000人に影響が出た。 2人は共に年間50日以上欠席し、校長が「責任を持って卒業させられない」と 卒業認定をしていなかった。 出席日数がゼロでも卒業を認める学校が大半で、 厳格な卒業認定は一石を投じそうだ。 この学校は埼玉県の川口市立東本郷小学校。 2人はいずれも転校生で、 学年初めに転校してきた1人は年間24日しか登校しなかった。 もう一人は2学期の転校で、2~3学期で計53日欠席した。 この為、桑原清四郎校長は教育課程の修了を認定する先月初めの 職員会議で、「責任を持って卒業させられない」とこの2人の卒業認定を 見合わせた。 25~30日まで補習し、結果をみて卒業を認めるかどうか 判断したいと提案し、保護者の了解も得た上で、24日の卒業式では 皆と一緒に卒業することを認めず、春休みに6日間補習を受けた。 テストでまずまずの成績だった為、31日にようやく卒業を認めた。 文部科学省の調査では、01年度に年間30日以上欠席した不登校の小中学生は 約13万8000人。 卒業を認めるかどうかは校長の権限だが、大半の学校は 出席日数がゼロでも卒業を認めており、同校の様なケースは最近では異例。 桑原校長は「小学校修了の力があるかどうか分からないのに、中学校に 丸投げするのは無責任。 できれば皆と一緒に卒業させたかったが、 問題提起の意味をあって、あえて課題を課した」と話している。 これに対し、不登校の子らが通う東京シューレの奥地圭子理事長は 「同級生と一緒に卒業させず、子供の心を傷つけるようなやり方は間違っている。 校長は子供たちの支援者であるべきで、学校に来ないからといって卒業を 認めなかったり、補習を強制するのはおかしい」と批判している。 同様の行為は4年程前から続いており、県が改善を指導。 同園は「今後は行わない」としている。 同法の適用を巡る初の司法判断で、高橋利文裁判長は 「内容が真実でないなどの証明があれば、業者は全ての身元情報を 開示しなければならない」との見解を示した。 02年5月施行の同法は、ネット上の表現に明らかな権利侵害があった場合、 訴訟を起こすなど相当な理由があれば、管理者に氏名、住所、IPアドレス (コンピューターに割り当てられた番号)等の開示を求められると規定している。 ヤフーは提訴後、投稿者のメールアドレスだけは開示し、本人が原告側に 氏名を明かして謝罪した。 しかし、投稿者が別の医療機関の社員だった為、 原告側は「組織ぐるみの疑いがあり、発信元のパソコンも特定する必要がある」と 主張して、IPアドレスと発信時刻の開示を求めた。 判決は、ヤフー側の「内容が名誉棄損に当たるかの判断を管理者はできない」との 主張に沿う形で「真実でないとの証明は、被害者側が行うべきだ」と指摘したが、 今回は「原告側の証拠により、真実でないと認められる」と判断した。 その上で 「企業の社員が業務で送信した場合は、企業に損害賠償を求めることが出来、 投稿者が特定されたとしても、それ以上の開示を拒んではならない」と結論付けた。 原告は近視レーザー治療で知られる「錦糸眼科」を全国で展開。 同病院を名指しで「3人失明させている」などと書いた 02年2月の匿名の投稿が問題になった。 症状が酷い場合は、 専門医の診断を受け、配置転換も検討する。 国土交通省の鉄道事業者に対する再発防止要請を受けたもので、 他のJR6社はすでに同様の対策をとることを決めている。 能代署によると、同日午後1時半ごろ、自宅縁側で首をつっているのを家族が発見。 病院に運ばれたが約11時間後に肺水腫で死亡した。 遺書などはなかったが、同署は自殺とみて調べている。 同省の調査によると、会津総合病院は同法や同省の告示に反して、 1つの病室に2人の患者を隔離していた。 また、隔離中の患者は、1日1回は 医師による診察を行わなければならないが、13日間の隔離期間中に6回の 診察記録しか残っていないケースもあった。 一方、松口病院では、任意で入院している患者から退院の申し出が あったにも拘らず、必要な手続きを取らずに入院を継続させていた。 患者の電話使用も不当に制限していた。 身体拘束を行った患者の 診療録に、拘束理由や精神保健指定医の署名が記載されていない 等の不備もあった。 学校の化学物質が原因の 「シックスクール」を巡る全国初の訴訟となった。 訴状によると、化学物質過敏症になっていた兄は、大阪府内の私立中2年だった97年以降、 教室の床へのワックスがけ等で頭痛が酷くなったり、病気に無理解な教師の対応で PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった上、高校に進学後、化学物質過敏症を理由に 除籍処分にされた。 弟は軽症だったが、大阪市立小4年だった97年、 校内エレベーター工事で化学物質を吸ったのをきっかけに症状が悪化した。 兄は無職。 弟はこの春から定時制高校に通う予定。 兄弟は 「学校の化学物質で苦しむ児童・生徒の存在が広く知られるきっかけにしたい」と 話している。 大阪市教委、学校法人とも「訴状が届いていないのでコメント出来ない」としている。 シックスクールをめぐっては大阪府堺市の市立保育所の保育士4人が 02年5月に労災認定された事例がある。 社会保障関連では、 サラリーマンが病院の窓口で支払う医療費自己負担が2割から3割に増えた。 市町村が運営する介護保険も、ほとんどの市町村で保険料がアップ (厚生労働省の昨夏見通しで平均11.3%増)。 高齢者への年金の給付は、 物価スライドの適用で0.9%引き下げられるほか、雇用保険も 今国会提出の改正案が通れば給付水準が下がる。 一方、「平成の大合併」開始以来、最大規模の市町村合併が1日実施され、 全国33の市町村が11の市町に統合された。 すでに市名として存在する静岡市は 清水市、宗像市は玄海町と合併したが、自治体新設の形を取った。 広島県呉市は下蒲刈町、愛媛県新居浜市は別子山村を編入合併した。 新設9市町は、50日以内に新たな首長の選挙を行う。 崇慈さんは1週間の怪我。 同容疑者は多摩中央署員に傷害の現行犯で逮捕された。 調べによると、田中容疑者は崇慈さんと日ごろから折り合いが悪く、 この日も崇慈さんの部屋を訪れて口論の末、切り出しナイフで刺した。 同容疑者は「(崇慈さんが)定職に就かずブラブラしている事で 口論となった」と供述しているという。 (時事通信) [4月1日9時4分更新] 何も刺す事ないじゃん。 コンビニ店長務めてるなんて 私より遥かに立派。 関東に住む父親は、毎日新聞に掲載された、男性が 体を縛りつけられた写真を見て怒りに震え、退所を決めた。 「信頼を裏切った園は絶対に許せない」。 父親は息子の手を引いて 園を後にした。 【障害者虐待問題取材班】 「息子に間違いありません」。 写真を前に父親はハンカチで目を覆った。 先月12日、父親は鹿児島県内の喫茶店で取材に応じた。 その1週間前、取材班に涙声の電話があった。 「新聞に載っているのは 私の子と思う。 元の写真を見せてくれませんか。 はっきりすれば 子供を帰そうと思います」関係者の証言によると、 男性は00年7月、坂元続(つづく)前園長(72)に車庫の支柱にロープで 縛られ、バッグで顔を殴られた。 取材班は写真を掲載した記事コピーを 父親に送った。 男性は初めての子だった。 最重度の障害があり、 養護学校を卒業後は自宅で暮らした。 公園に行くと、遊んでいる人の輪に 加わりたがったが、結局仲間外れ。 家族以外に相手はなかった。 「施設に入れば親がいなくても生活出来る。 その方が仲間も出来、 自由に暮らせる」。 反対する妻を説得して95年秋、自分の母親の 家に近い園に預けた。 入所から2、3年後、両親は息子の成長に驚いた。 帰省時に出掛けたスーパーで買い物かごを持ってくれ、家では挨拶する。 「やっぱり入れてよかった」。 妻も帰省時の送り迎えをする様になった。 しかし、気になる事もあった。 帰省の途中で寄る妻の母親宅から 「孫の手」を何本も持ち出したり、家族の何気ない仕草や声かけに 怯える様になった。 乗客乗員に怪我は無かった。 電車は現場に停車し、東海道線は上り線で一時運転を見合わせた。 接続する福知山線、東西線、片町線でも運休や遅れが出る等 朝の通勤ダイヤが大幅に乱れ、約17万人に影響した。 私鉄線等で振り替え輸送した為、阪急電鉄も京都線等 計約50本に遅れが出た。 京都駅は、乗客が乗ったまま発車を待つ 電車がホームに並ぶ等混雑。 大阪駅でも駅係員らが対応に追われ、 北海道から観光に来た無職女性(72)は 「京都へ行くつもりだったのに…。 どの電車に乗ればいいのか」と戸惑っていた。 向日町署の調べでは、男性は京都府内の高校3年生(17)で、 直前に線路に入ってきた。 自殺の可能性が高いという。 調べでは、相星容疑者は同日午後9時頃、 自宅で就寝中の二男(46)の後頭部を金づち(長さ約30センチ)で殴り、 殺害しようとした疑い。 二男は頭部打撲、右手小指骨折などの怪我。 相星容疑者は二男と2人暮らし。 二男は精神的に不安定な面があり、相星容疑者が普段から悩んでいた。 同署は無理心中を図ったとみている。 日本でも根強い人気を誇る俳優で、 先頃45歳で自殺した故古尾谷雅人さんに続く中年俳優の突然の死は、 大きな衝撃を与えている。 現場には報道陣やファンらが駆けつけて、 騒然とした雰囲気に。 ネット上のチャンさんのファンサイトでも、昨夜から 今朝にかけて、ファンからの書き込みが殺到。 「どうしてなんだ。 まだこれからじゃないか」等、悲しみの声が寄せられている。 地元ラジオなどによると、チャンさんは香港中心部の高級ホテル 「マンダリンオリエンタル」から転落し、病院搬送されたが間もなく死亡。 「精神的に疲れた」等とする遺書を身に付けていたとされ、 警察当局は自殺とみて調べている。 遺書には、最近精神状態が思わしくなかった事や、長期に渡り 胃を患っていた事等が書かれていたという。 チャンさんは78年に歌手としてデビュー後、映画「男たちの挽歌」や、 カンヌ映画祭グランプリ作品「さらば、わが愛 覇王別姫」(93年)、 今年2月に日本公開された映画「異度空間」(邦題・カルマ)等で活躍していた。 日本とも縁が深く、84年に吉川晃司の「モニカ」をカバー。 99年には映画「もういちど逢いたくて/星月童話」で 女優の常盤貴子(30)と共演もした。 これまで 計画が分かれていた身体、知的、精神の3つの障害を統括した プランと位置付け、在宅介護の支援や精神科救急医療システムの 充実等27項目の重点施策を掲げた。 市は身体・知的障害と精神障害の2つの分野に分けて施策を進めてきたが、 各分野の推進計画が02年度で終了した事や支援費制度が 4月から導入されたのに合わせ、1本化した同プランをまとめた。 計画の期間は2003-12年度の10年間。 143項目の具体策の内 27項目を重点項目とし、前半の5年間で積極的に取り組むとしている。 在宅介護や自立生活の支援、精神科救急医療システムの充実の他、 養護学校高等部での職業学科の設置、公的施設の管理業務での 働く場の確保など就業をサポートする体制も整える。 施設面では、07年度までに入所施設で身体障害者70人分、 知的障害者120人分を新たに整備する等の数値目標を設定。 自閉症・発達障害に対応する支援センターの設置も検討するとしている。 同様の施設は全国でも 21カ所(3月31日現在)しかなく、県内では初めて。 情緒障害児は、児童虐待やいじめなどが原因で、集団行動への不適応、 自傷行為、言葉がでなくなるなど情緒に障害をきたした状態の子供。 一時的なもので精神障害ではないという。 同施設はこうした児童(十八歳未満)を受け入れ、心理学的治療や 生活指導を通じて社会復帰を目指すのが目的。 定員は入所35人と 通所15人の計50人で、精神科医やセラピスト、児童指導員、 保育士等25人の常駐スタッフが支援にあたる。 総工費約3億円(内4分の3を国や県が助成)で、 社会福祉法人「カメリア」(長岡和理事長)が運営。 個室23室、 4人部屋3室の他、親子が共同生活し親子関係の修復を図る 生活訓練室も整備。 小中学生向けに学習室も設置し、地元の 小中学校から派遣される教諭が出張授業を行う。 宮田園長は「虐待を受けた子供達が少しでも大人、そして自らの事を 信じられる様に支援出来る施設を目指したい」。 県児童家庭課によると、2001年度に県内の児童相談所が処理した 児童虐待の相談件数は323件。 00年度より136件も多い。 初日に同施設へ入所した6人の多くも虐待を受けているという。 文部科学省が2000年度に導入した問題教員の認定・処遇制度による 分限免職は全国で初めて。 府教委によると、この教諭は1973年に採用。 小学校勤務の 85年頃から言動に問題が出始めたという。 病気で高熱の児童を 3時間も教室に放置したり、1学級分の宿題をごみ箱に捨てたりし、 約5年前、現在の養護学校に転勤した。 府教委は、弁護士や精神科医らの「指導力審査委員会」に諮り、 昨年4月、この教諭を「指導力不足」と認定。 模擬授業等の研修でも 改善が見られず、「復帰は不適当」と判断した。 府人事委員会に処分の不服申し立てが出来る。 同病院ではベッド数や診療科目が大幅に増える他、最新医療機器や 電子カルテ等を導入しており、市内の医療体制の向上が期待される。 今後は移転作業を行い、5月1日に開院する。 同病院は総事業費約310億円で2年かけ完成。 地上5階、延べ床面積2万8245平方メートル。 病床数は380床で 現市立病院に比べ108床増、診療科目も皮膚、泌尿器、眼、 耳鼻咽喉、歯の5科を新設、職員も89人増員した。 さらに特殊医療として 血液疾患や精神科合併症等に取り組む他、在宅医療支援病床の拡大や 老人性痴呆疾患医療を実施する等、診療機能も強化。 全国で数台しかない検査器具を配備すると共に、電子カルテやX線画像の デジタル化等で検査や会計時間の短縮も実現した。 又、同病院の稼動により、市内の夜間外科救急体制が実現する。 これまでは夜間の外科救急対応としては市内には民間医療機関の 初期診療しかなかったが、5月1日からは初期診療で対応出来ない 重症者に対し同病院と市立海浜病院、民間協力病院が 二次診療に当たる体制となる。 一方、全家連は同日、一部幹部の降格や、職員全員の給与の 1年間10%カットなどの内部処分を行ったことを明らかにした。 返還命令について、全家連の小松正泰理事長は「深く反省しており、 出来る限り早く返還したい」と述べた。 この事故で小田急線は上下線59本が運休し、約7万人に 影響が出たほか、最大で1時間程度の遅れが出た。 貝塚署の調べによると、子供の首には絞められたような跡があった。 玄関と勝手口の鍵は閉まっていた。 会社員の話では、夫婦の間では離婚話が進んでおり、子供の親権を 巡る争いがあったという。 同署は、妻が子供を道連れに無理心中した 可能性が高いとみている。 SAS患者に多い低酸素血症が重症な程、突然死に繋がりやすい 動脈硬化等の血管障害の危険が高くなる事も判明。 木村教授は 「危険である事を認識し、早めに治療を受けて欲しい」としている。 第26回日本医学会総会(福岡市)で5日、発表する。 木村教授が死亡した17例を分析した所、 心筋梗塞や脳梗塞などの突然死が8人で、その多くが起床後数時間以内に 死亡していたと見られる。 睡眠中の死亡者は3人だった。 木村教授は別の調査で、40歳未満のSAS患者34人を対象に、動脈硬化の 程度を示す首の血管壁の厚さと、コレステロール値など動脈硬化の 危険因子15との関係を分析。 この結果、血液の酸素濃度が低くなる 低酸素血症が重症な程、動脈硬化の程度も進んでいるという SAS患者に特有な傾向が明確になった。 申立書によると同学園では夜間、子供の監護が不充分な為 睡眠不足で集団遅刻がある他、清掃が行き届かず、 子供同士のいじめや暴力なども起きているという。 同学園には、両親の離婚や入院、虐待等の為、 養育出来なくなった2-19歳の男女74人が入所している。 これに対し学園側は「指摘の点は常時起きている訳ではない。 いじめ等にも充分注意している。 問題を発見すればその都度対応しており、 放置している訳ではない」と反論している。 園を運営する社会福祉法人「光千(こうせん)会」の理事会が、県に新園長と 指導員の紹介を依頼していた。 2日の理事会で佐多氏と女性指導員(35)の 受け入れが承認された。 又、同じ席で、前園長の妻のミツ子副園長(71)の 理事辞任も決まった。 ある理事が「今後の運営のため降りて頂きたい」と申し入れ、 副園長も了承した。 佐多氏は同事業団が運営する重度身体障害者更生援護施設 (今年4月から肢体不自由者更生施設)「ゆすの里」(同県伊集院町)の総務課長を 務めていた。 理事会は3月24日、多くの虐待疑惑が持たれている坂元前園長を 「世間を騒がせた社会的責任などを取ってもらう」として理事長職と園長職を 解任していた。 高度な医療知識を備えた裁判官が担当する事で、 訴訟の迅速化を図る。 医療訴訟の専門部発足は九州では初めて。 医療過誤訴訟は、医師の過失の医学的立証が争点となる ケースが多く、裁判官も専門的な医療知識が必要とされる。 福岡地裁には民事部が5部あり、医療過誤訴訟も、これまでは 受け付け順に各部に振り分けていた。 だが、裁判に時間が掛かり、 今年1月末に判決が言い渡された「うつぶせ寝訴訟」では、 乳児の死因を巡って専門家の意見が分かれ、判決まで4年近く掛かった。 こうした事情から、同地裁は2月から専門部の発足を検討。 主に行政訴訟を担当していた第3民事部が医療訴訟も審理する事にした。 医療訴訟の専門部は、東京地裁が2000年4月にスタートさせた他、 大阪、名古屋、千葉の各地裁も置いている。 山陽新幹線で居眠りをした運転士が「睡眠時無呼吸症候群」と診断される等、 睡眠への関心が高まっている時期に発売が重なった為らしい。 3月中旬から、成分や効き目に関する問い合わせが 連日50件以上ある等、「これまでに無い反響」(広報室)。 同社は「睡眠の質が日常生活に影響を及ぼすという認識が浸透してきた」と 分析している。 但し、利用者が急速に膨らむ可能性がある為、薬局で 使用上の注意を呼び掛ける文書を配布している他、3000件の服用例を 調査して副作用等を調べる。 ドリエルは、医師の処方箋が必要な従来の睡眠薬よりも効き目が 穏やかといい、医療費抑制を狙った規制緩和の一環として、 一般向けの発売が認められた。 大山町消防署の救急車が心肺蘇生術をしながら 富山市内の病院に運んだが、午後5時35分、死亡した。 同県警大沢野署は自殺とみて、動機等を調べている。 椙田町長は大山町の総務課長、収入役等を歴任。 今年1月の町長選で他の2人の候補者を破り初当選したばかりだった。 家には鍵が掛かっており、荒らされた形跡も無かった事から、 矢板署はハツさんが長女を殺害後、自殺したとみている。 遺書は見付かっていない。 調べでは、花塚さん方は2人暮らし。 長女は約10年前から、病気で入退院を繰り返していたという。 理事長の塩飽志郎弁護士は「長い間刑事弁護もしてきたが、被告に 有利な判決を得ようとし過ぎたのではないか、被害者への配慮が 不足していたのではないか、と反省して参加した。 被害者を少しでも 勇気付けたい」と挨拶した。 この後、4年前に飲酒運転による交通事故被害で長男を亡くした 山本泰子さん(39)が記念講演。 講演後に「被害者に直接会い、被害者が 求めている事を実感し、一緒に行動していく事が必要」と話していた。 センターは毎週土曜日午後1~4時、法学や精神医学等の研修を受けた 相談員による電話相談(電話095・820・4977)を始める。 業務は9日からスタートする。 設立総会で、同センターの初代会長には建設機械製造会社「タダノ」最高顧問、 多田野弘氏が選出された。 多田野氏は「底知れない悲しみを覚えながらも 公的機関に相談する事に抵抗を感じて悩んでいる人達の心の助けになる様な センターを作っていきたい」と挨拶した。 被害者らに対する電話相談(ファクスと電子メールを含む)は 毎週水、木曜日の午後3~6時で、面接相談は予約を受けた上で 毎週月~金曜日午前10時から午後4時まで。 香川医大内の地域支援センターで実施する。 相談は無料。 業務開始当初は、香川医大内外の精神科医や臨床心理士等6人体制で 相談業務に当たる予定。 当局者がロイター通信に語った。 検察側は、被告の男性が裁判に耐えられる状態ではないとして 審理を打ち切ると共に、精神衛生法に基づいて男性を拘束した。 只、男性が回復した場合は、審理を再開する可能性が有るという。 県警は「無理な捜査はなかった」と説明しているが、捜査は難航しており、 事件は長期化している。 県警によると、男性は今月3日、事情聴取を受けた。 同日午前7時頃、県警捜査本部の捜査員が自宅を訪れ、任意同行を求めたが、 拒む様子は無かったという。 同署で午前7時半から午後11時15分まで、 昼と夜の計約1時間半の休憩を除いて、約14時間の事情聴取が行われた。 男性はパジャマ姿で自宅の階段からロープを使って首を吊ったらしい。 男性は1人暮らしで、殺害された高橋キヨさん(70)と顔見知りだったという。 2階の寝室に「事件とは関係ありません」と記した紙片が見付かったが、 県警は「数十人いる参考人の一人として事情を聴いた」と話している。 調査結果を受けて日本財団は、同日までに、加算金を加えた 約1億8400万円の返還を全家連に求めた。 日本財団分を含め、これまでに判明した全家連の流用額は、 6団体から交付された補助金や助成金など計約4億1000万円。 返還額は計5億7000万円余に上り、全家連が今後、これら巨額の返還金を どの様に支払っていくかが焦点となる。 日本財団の調査によると、全家連は同財団から受給した 「ブロック研修事業」や「総合相談事業」等の助成金を、 一旦、裏会計用口座にプールした上で、助成金の一部を 同財団関連事業以外の経費に流用していた。 流用が発覚しない様、 全家連は、実際には製作していない印刷物を作ったかの様に装うなど、 架空取引や領収書の偽造を繰り返していた。 町によると椙田町長は、前日は午後5時頃から正橋寛助役らと県議選で 無投票当選した県議の祝勝会に出席。 約1時間後に役場に戻り帰宅したという。 知らせを聞いて役場に駆けつけた正橋助役は 「特に変わった様子はなく、驚いている。 あれが最後の姿になるとは……」と 言葉少なに話した。 町では町長死去を受け、正橋助役が職務代理者に なる事を決めた。 今後、助役が5日以内に町選挙管理委員会に 町長不在を通知。 通知を受けた選管は50日以内に選挙を行う。 しかし、統一地方選挙に関わる特例法で、統一選告示日の10日前までに 通知を受けた場合統一選に合流するという規定がある為、第2ラウンドの 他の町村長、町村議選と同じく22日告示、27日投開票となる見込み。 葬儀は9日午前10時から同ホールで。 喪主は妻・修子(なおこ)さん。 花束を抱えた20歳の学生は、子供の頃からファンだったチャンの訃報に、 数日間涙に暮れていたと語った。 会場の外には式が始まる数時間前から 長蛇の列が出来、涙を拭うファンや、チャンのヒット曲を口ずさむファンの姿が見られた。 遺体が荼毘に付される8日には、仏教徒のグループが故人の為に 祈りの集会を予定している他、香港と台湾の同性愛者組織の間では、 4月1日を「レスリー・デー」とする計画が持ち上がっている。 93年に「さらば、わが愛/覇王別姫」で京劇の女形を演じたチャンは、 アジア映画で同性愛者の役をオープンに演じた先駆け的存在として知られる。 研修所は1999年から2000年に 起きた児童虐待の中から40件を対象に調べた。 それによると、虐待が深刻化している家庭の多くは、親が「躾だ」 「子供が言う事を聞かないからだ」と正当化したり、「階段で転んだ」等と 嘘をついて虐待を否定していた。 子供の反応で虐待がエスカレートする ケースも多い。 12歳のは、遅刻や宿題忘れで両親から受けていた体罰を 逃れる為、しばしば外出。 親はそれをさらに責めて食事も与えず、 手錠をかけて軟禁したという。 児童虐待等が原因で、家裁が子供を 強制的に親から離して施設に入所させるケースは、 93年は全国で15件だったが、01年には169件と急増している。 本部署員が駆け付けた所、 内装業渡慶次道弘さん(49)が自宅前の路上で、胸の付近から 血を流して倒れており、病院に運ばれたが、間もなく死亡。 又、兄の道紀さん(67)と見られる男性が、道弘さん宅離れの一階で 首を吊って死亡していた。 男性教諭はクラス内で 生徒とやり取りする「班ノート」にも自分の趣味を「放火」と書いており、 学校側は今年度になって教諭を学級担任から外した。 市教委によると、男性教諭は、学級担任になって初めて出した 昨年4月30日号の学級通信に「埋めたい生徒」として3位までの順位をつけ、 男子2人、女子1人の名前を書いた。 さらに、同月23日には「班ノート」に、 趣味を「放火」と記した。 保護者側からの抗議を受け、教諭は昨年5月、 名前を載せた生徒と保護者に謝罪。 6月の保護者会でも改めて謝った。 学校側は「教諭は反省しており、学校側も再発防止の指導をしている」として、 昨年度は学級担任を続けさせた。 市教委の調査に、教諭は「生徒に受けると思った」と話している。 市教委指導課は「軽率と言うしかない。 今月から個人的に研修をし、 生徒への対し方などを改めて指導したい」としている。 宅間被告は、初公判 の罪状認否で述べた「生命をもって償いたい」との発言を、「そんな気持ちはな い」と撤回するなど、最後まで反省も謝罪の意思も見せなかった。 実質審理は この日で終了、5月22日に検察側の論告求刑、6月26日に弁護側の最終弁 論が行われて結審し、早ければ8月にも判決が言い渡される見通し。 弁護側の被告人質問で宅間被告は「実行犯は自分でも、両親や周囲の何 百人、何千人のせい」と責任転嫁の主張を展開。 謝罪の意思を問われても 「求刑死刑、判決死刑でええんちゃう」と投げやりに答えた。 さらに検察側が犯 行状況について質問すると、顔を紅潮させ「絞首台に上る時まで秘密や。 答え たら釈放してくれるんか」と言い放った。 傍聴した遺族のうち、2年南組の女児の父親は「真相を知るため公判を見守 ってきたが、全く無駄な時間だった。 今は一刻も早く死刑にしてほしいだけ」と 落胆の表情で語った。 市原署員が駆け付けたところ、車の窓が全て閉められ、助手席の足元に 火の点いた七輪1個があり、3人とも死亡していた。 死因は一酸化炭素中毒とみられる。 同署は集団自殺とみて身元確認を急いでいる。 調べによると、男性1人は運転席、男女2人は後部座席に座っていた。 外傷や衣服の乱れはなかった。 車内に睡眠薬の箱があり、 「他人には関係ない」という趣旨の言葉が書かれたメモが残されていた。 車の所有者は千葉市美浜区の男性で、通報した会社員は同日午前で 10時頃にも、現場にこの車が止まっているのを見たという。 現場は養老川近くの山林内で、ほとんど人通りのない場所。 検察側は同被告に懲役10月を求刑、即日結審した。 判決は来月26日に言い 渡される。 検察側は冒頭陳述などで、起訴事実を認めた中島被告が19歳で大麻に手を出し、 数十キロ単位で栽培していたことや、覚せい剤使用など薬物依存の実態を指摘。 「常習的犯行で、再犯の恐れは極めて大きい」とした。 府によると、引きこもり対策が専門の児童自立支援施設は全国でも初めてで、 中学卒業後から18歳未満の若者が入所や通所をしながら社会復帰を目指す。 児童福祉法に基づく児童自立支援施設は全国に約50カ所あり、 従来は非行の子どもが対象だったが、1998年の法改正で 「家庭環境に問題を抱える」子供に対象が拡大された。 定員は入所50人、通所が30人で、近く10数人が入所、今後も順次受け入れる。 自立の意思のある若者が1年程度の期間、精神科医やケースワーカーの 指導の下、集団生活をしながら進学や資格取得、就労など各自の目標に向けた 学力や技能の習得に取り組む。 精神科医と心理専門職各1人による「メンタルヘルス部会」の指導で、原則4週間の 「復職プログラム」に従ってもらう。 同部会が該当者と月1回面接し、復職プログラムの適用が 可能と判断されれば、プログラムを作成し慣らし期間を経て、スムーズな職場復帰を図る。 プログラムは基本的に次の4段階で構成される。 (1)1日3時間程度で週3回、学校の雰囲気に慣れる (2)文書作成など軽い業務を毎日4時間程度こなし仕事内容に慣れる (3)休み時間や授業参観など1日2時間程度の授業を担当する (4)1日4時間程度の授業を担当する。 県教委福利課健康管理係は「専門家も交えたシステムは全国的にも珍しい。 復職までだけでなく、復職後もサポートしていける様にしたい」と話している。 文部科学省によると、精神疾患などで休職する教職員の数は年々増加しており、 県内でも01年度には休職者96人の内52人が精神疾患。 復職後、半年以内に再休職する人が目立つという。 県教委は01年度に精神科医や臨床心理士、小中高校校長の代表からなる 「メンタルヘルス対策委員会」を設置し、02年度から復職支援システムについて 協議を重ねてきた。 容疑が固まり次第、逮捕する。 調べによると、この薬剤師は昨年6月、同薬局の曽祢、小木両調剤店で、 子供用の抗アレルギー剤が入った瓶に、抗精神薬剤を混入させた疑いが 持たれている。 両店で処方を受けた2歳から9歳までの子供3人が首等に 痙攣を訴え、一時入院する等、同年5月から6月にかけ、計16人が体調不良を訴えた。 県警では、外部から侵入した形跡が無かった事等から、 内部関係者の犯行と見て捜査を進めていた。 その結果、調剤室に入る事が 出来るのは、鍵を管理している5人の薬剤師だけで、この薬剤師が普段から 上司らに不満を持っていた事等が分かり、事情聴取に踏み切った。 両店は昨年末までに廃業している。 多芸代表は「差別や偏見に苦しむ精神障害者の立場を理解しない悪意に 満ちたメールが多く、許せない」と話している。 今月4日放送の番組の中で、 出演者が犯人像について「統合失調症の可能性がある」等と発言し、 同会は「障害者差別を助長する」として抗議。 TBSは7日の放送で謝罪し、 同会にも謝罪文書を送った。 多芸代表によると、メールの中には 「精神障害の方は自分のした事に過ちとか感じないでしょう? そんな人に人権なんてあるのですか」等と書いた心無いものがあるという。 「4年間、店を育ててくれた人たちに感謝したい」と同作業所は 14日から喫茶店の営業時間を延長、ありがとうセールを催す。 同作業所は1999年3月に、下京区内から現在の場所に移転し、 喫茶店を開いた。 20人の利用者が交代で、調理や接客を担当して運営してきた。 最初は週3日だった営業日を、月曜から金曜までの週5日に増やし、 飲み物だけだったメニューに菓子や軽食を加えるなど、次第に力をつけてきた。 「現在の内容では物足りず、本格的な料理を出したい」と希望する利用者もいた為、 同作業所は喫茶店と新店舗の2店の運営を計画。

次の

広島県出身で年生まれの有名人

ザノンフィクション 纉

広島県出身で年生まれの有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,806人 このサイトに登録されている「広島県出身で年生まれ」の有名人の数:2,448人 スポンサーリンク 1 D-SHADE 東広島市 D-SHADE(ディシェイド)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。 2 谷本貴義 呉市 谷本 貴義(たにもと たかよし、1975年4月14日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。 有限会社テンテンカンパニー代表取締役社長。 広島県呉市出身。 身長170cm、体重55kg。 3 高橋大介 Wikipedia未登録 4 高尾晶子 府中町 高尾 晶子(たかお あきこ、本名同じ、1972年9月12日 - )は、日本のタレント。 血液型はA型。 オーケープロダクション所属。 5 山本雅士 広島市 山本 雅士(やまもと まさし、1994年11月3日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。 6 山藤史也 山藤 史也(さんとう ふみや、1984年12月13日 - )は、2016年現在トップリーグリコーブラックラムズに所属するラグビー選手。 7 加納竜 広島市 加納 竜(かのう りゅう、1956年3月26日 - )は、日本の俳優・元アイドル歌手。 本名は山地 弘之(やまじ ひろゆき)。 血液型はO型。 かつてはアクターズプロモーションに所属していた。 所属事務所は、しまだプロダクション(2015年4月現在)。 広島県安佐郡安古市町(現:広島市安佐南区)出身。 8 栗原貞子 広島市 栗原 貞子(くりはら さだこ、1913年3月4日 - 2005年3月6日)は、日本の詩人。 峠三吉などの原爆詩人の一人。 『生ましめんかな』で知られる。 9 谷川一彦 広島市 谷川 一彦(たにがわ かずひこ、1936年 - 2008年)は、日本の漫画家、アニメーター。 広島県安村(現・広島市安佐南区)出身。 10 中川敏宏 中川 敏宏(なかがわ としひろ、1971年(昭和47年)- )は、日本の民法学者。 専修大学法学部教授。 法学博士(一橋大学)、国際経済法学修士(横浜国立大学)。 専門は民法。 一橋大学出身 11 濱岡秀輔 Wikipedia未登録 12 八木静佳 八木静佳(やぎ しずか、1976年2月24日 - )は、広島県を中心に活動しているフリーパーソナリティであり、広島県広島市出身。 広島県立祇園北高等学校卒業(9期生)、広島女学院大学卒業、元広島ホームテレビアナウンサー。 広島女学院出身 13 山根良顕 山根 良顕(やまね よしあき、1976年5月27日 - )は、日本のお笑いタレント、お笑いコンビアンガールズのボケ(まれにツッコミ)担当。 愛称、「カッパ」。 広島修道大学出身 14 佐々木修宏 (10期生) Wikipedia未登録 15 綾瀬はるか 広島市 綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、日本の女優、歌手。 広島県広島市出身。 本名は非公開。 ホリプロ所属。 16 住本明日香(18期生) Wikipedia未登録 17 木村文子 広島市 木村 文子(きむら あやこ、1988年6月11日 - )は、日本の陸上競技選手。 専門は100mハードル。 エディオン所属。 横浜国立大学出身 18 沖田正明 (22期生) Wikipedia未登録 19 奥村優之 北九州市 奥村 優之(おくむら まさゆき、1955年2月23日 - )は、福岡県北九州市出身の元教諭、サッカー指導者。 北九州市立大学出身 20 太田雅彦 太田 雅彦(おおた まさひこ、1967年1月4日 - )は、日本の男性アニメーション監督、アニメーション演出家、アニメーター。 21 角ひとみ 角 ひとみ(すみ ひとみ、1968年9月16日 - )は、広島県出身の競艇選手である。 登録番号3334。 身長161cm。 血液型A型。 61期。 広島支部所属。 広島県立高陽高等学校卒業。 22 深海哲哉 広島市 深海 哲哉(ふかみ てつや、1976年12月13日 - )は、日本の俳優。 23 角島奈知 広島市 角島 奈知(かくしま なち、1986年1月21日 - )は、日本のローカルタレント、元ローカルアイドルである。 広島県広島市出身。 血液型A型。 広島県出身。 血液型はO型。 広島県立高陽東高等学校[要出典]、広島大学卒業[要出典]。 広島大学出身 27 ゴッホ向井ブルー 大竹市 ゴッホ向井ブルー(ゴッホむかいブルー、1990年2月22日 - )は、松竹芸能に所属する日本のピン芸人。 28 ウエノコウジ 広島市 ウエノ コウジ(本名未公開、1968年3月27日 - )は、日本のベーシスト。 1991年から2003年まで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのベーシストとして活動。 現在はthe HIATUS、Radio Caroline等のメンバーとして活動している。 明治学院大学出身 29 くらはしけんじ 広島市 くらはしけんじ(1982年6月25日 - )は、広島県広島市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティである。 インディーズレーベル「ORANGE BEAT MUSIC」代表。 30 こうの史代 広島市 こうの 史代(こうの ふみよ、1968年9月28日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。 広島県広島市西区出身。 広島大学理学部中退、2001年放送大学教養学部卒業。 比治山大学美術科客員教授。 放送大学出身 31 竹下美保 廿日市市 竹下 美保(たけした みほ、1971年6月30日 - )は、岡山放送の元アナウンサー。 広島県廿日市市出身。 広島県立広島井口高等学校、徳島文理大学卒業。 徳島文理大学出身 32 浜崎直子 Wikipedia未登録 33 三上絵里 広島市 三上 絵里(みかみ えり、1970年6月11日 - )は、テレビ新広島のアナウンサー。 34 二階堂和美 二階堂 和美(にかいどう かずみ、1974年2月14日 - )は日本のシンガーソングライター。 山口大学出身 35 近藤芳美 慶尚南道 近藤 芳美(こんどう よしみ、男性、1913年5月5日 - 2006年6月21日)は、日本の歌人である。 京都市立芸術大学名誉教授、嵯峨美術短期大学(現 京都嵯峨芸術大学)元学長。 密教美術や仏像研究の第一人者。 密教図像学会会長も務めた。 京都大学出身 37 宮本正太郎 宮本 正太郎(みやもと しょうたろう、1912年12月1日 - 1992年5月11日)は、日本の天文学者。 荒木俊馬の弟子の1人で、惑星気象学の開拓者として有名。 広島県出身。 京都帝国大学出身 38 戸上一 Wikipedia未登録 39 平川勝洋 Wikipedia未登録 40 平松恵一 Wikipedia未登録 41 蒔田尚昊 蒔田 尚昊(まいた しょうこう、1935年3月13日 - )は、日本の作曲家。 別名、冬木 透(ふゆき とおる)。 エリザベト音楽大学出身 42 河野美代子 河野美代子(こうの みよこ、1947年4月2日 - )は、日本の政治活動家・医師。 43 前田豊 佐伯郡廿日市町 前田 豊(まえだ ゆたか、1915年9月25日 - 1997年1月11日)は、日本のバレーボール選手(日本代表)、指導者。 戦後日本のバレーボールの、国際舞台での活躍と底辺の広がり、両輪の発展に大きな役割を果たしたバレーボール指導者[4][5]、日本のバレーボール育ての親[6]。 広島県佐伯郡廿日市町地御前(現廿日市市)出身。 早稲田大学出身 44 木村功 広島市 木村 功(きむら いさお、1923年6月22日 - 1981年7月4日)は、昭和期の映画俳優。 新劇俳優。 広島県広島市出身。 戦後日本映画史を代表する名優の一人である。 45 梶山季之 梶山 季之(かじやま としゆき、1930年1月2日 - 1975年5月11日)は、日本の小説家・ジャーナリスト。 週刊誌創刊ブーム期にトップ屋として活躍、その後『黒の試走車(テストカー)』『赤いダイヤ』などの産業スパイ小説、経済小説でベストセラー作家となり、推理小説、時代小説、風俗小説などを量産するが45歳で死去。 ルポライターとして梶 季彦、少年少女向け推理・冒険小説(ジュブナイル作品)の著者として梶 謙介のペンネームがある。 46 津原泰水 津原 泰水(つはら やすみ、男性、1964年 9月4日- )は日本の作家。 青山学院大学出身 47 脇田義信 広島市 脇田 義信(わきた よしのぶ、1945年1月27日 - 2005年3月29日)は、広島テレビアナウンサー。 のち、報道担当取締役を務めた。 広島修道大学出身 48 出雲裕之 Wikipedia未登録 49 左山晋平 広島市 左山 晋平(さやま しんぺい、1987年5月4日 - )は、広島県広島市出身のサッカー選手。 ポジションはディフェンダー。 50 代健司 広島市 代 健司(だい けんじ、1989年3月27日 - )は、広島県広島市出身のプロサッカー選手。 ポジションはディフェンダー。 福岡大学出身 51 原田直樹 廿日市市 原田 直樹(はらだ なおき、1991年8月5日 - )は、広島県出身のプロサッカー選手。 Jリーグ・ツエーゲン金沢所属。 ポジションはゴールキーパー。 阪南大学出身 52 柳田優介 Wikipedia未登録 53 小早川彩( Wikipedia未登録 54 山本文男 広島市 山本 文男(やまもと ふみお、1937年9月20日 - )は、広島県広島市観音(現西区観音)出身のプロ野球選手、プロ野球審判員で、元セントラル・リーグ審判部長。 審判員袖番号は28(1988年初採用から1996年引退まで、2001年以降牧田匡平がつけている。 55 ブルームオブユース Bluem of Youth(ブルームオブユース)はボーカルの別所悠二と、ギターの松ヶ下宏之からなる日本の音楽ユニット。 2人ともに広島県立広島観音高等学校卒業。 56 棚田徹 棚田 徹(たなだ とおる、1961年11月7日 - )は、テレビ新広島(TSS)アナウンサー。 広島大学出身 57 和田慎二 呉市 和田 慎二(わだ しんじ、本名:岩本 良文(いわもと よしふみ)、1950年4月19日 - 2011年7月5日)は、日本の漫画家。 広島県呉市出身。 漫画原作者・挿絵画家としての仕事も手がけていた。 東海大学出身 58 西島大介 広島市 西島 大介(にしじま だいすけ、1974年10月5日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、ライター、映像作家。 59 佐藤卓己 佐藤 卓己(さとう たくみ、1960年10月9日 - )は日本の社会学者、歴史学者。 京都大学教授。 専門はメディア論。 元「日本ナチ・カルチャー研究会」代表。 1995年に『大衆宣伝の神話::マルクスからヒトラーへのメディア史』で京都大学より博士(文学)を取得した。 広島県広島市東区尾長出身。 広島市立尾長小学校~広島市立二葉中学校~広島観音高等学校~京都大学文学部卒業。 京都大学出身 60 亀井郁夫 庄原市 亀井 郁夫(かめい いくお、1933年11月1日 - )は、日本の政治家。 元参議院議員(2期)。 現在は学校法人萩学園理事長、学校法人こおりやま東都学園理事長。 東京大学出身 61 大久保雅章 大久保 雅章(おおくぼ まさあき、1961年 - )は日本におけるプラズマによる環境保全学研究者の1人である。 広島県出身。 大阪府立大学教授。 東京工業大学出身 62 大妻コタカ 世羅町 大妻 コタカ(おおつま コタカ、1884年6月21日 - 1970年1月3日)は、女子教育界草分け、大妻学院(現・大妻中学校・高等学校、大妻女子大学)創立者。 広島県世羅郡世羅町出身。 旧姓・熊田。 世羅町名誉町民。 横浜国立大学出身 63 西田友是 西田 友是(にした ともゆき、1949年1月4日 - )は日本の工学者、東京大学名誉教授。 日本におけるコンピュータグラフィックス CG のパイオニアである。 広島大学出身 64 佐伯千秋 佐伯 千秋(さえき ちあき、1925年12月6日 - 2009年)は、日本の少女小説家。 児童文学作家。 広島市出身。 日本女子大学出身 65 竹西寛子 竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。 早稲田大学出身 66 武内俊子 三原市 武内 俊子(たけうち としこ、1905年9月10日 - 1945年4月7日)は、童謡詩人、童謡作詞家、童話作家。 僧侶であり世界探険家の渡辺哲信は叔父にあたる。 広島県立大学出身 67 市川ヒロシ 広島市 市川 ヒロシ(いちかわ ひろし、1976年7月30日 - )は日本の漫画家。 広島県広島市出身。 広島県立広島皆実高等学校卒。 沖縄県立芸術大学デザイン工芸学科卒。 沖縄県立芸術大学出身 68 古今亭菊志ん 古今亭 菊志ん(ここんてい きくしん、1971年7月4日 - )は、落語家。 落語協会所属。 本名、山口直樹(やまぐち なおき)。 広島県広島市に生まれる。 教員免許取得。 趣味は野球。 2007年公開の映画『しゃべれども しゃべれども』では落語監修を務めた。 愛媛大学出身 69 二葉あき子 二葉 あき子(ふたば あきこ、1915年2月2日 - 2011年8月16日)は、日本の女性歌手。 東京芸術大学出身 70 磯部正文 磯部 正文(いそべ まさふみ、1972年4月15日 - )は、日本のミュージシャン。 HUSKING BEEのボーカリスト・ギタリスト。 広島県出身。 71 吉田拓郎 吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。 本名同じ。 旧芸名は平仮名のよしだたくろう。 楽曲提供者としては入江剣の名も用いている。 広島修道大学出身 72 奥田民生 広島市 奥田 民生(おくだ たみお、1965年5月12日 - )は、日本のシンガーソングライター、ギタリスト、音楽プロデューサー。 ロックバンド・ユニコーンのメンバー。 身長171cm。 広島県広島市東区尾長出身。 血液型はB型。 73 MEG MEG(メグ、1980年10月3日 - )は、日本の女性ミュージシャン、ファッションモデル、デザイナーであり、日本とフランスを活動の拠点としている。 74 月丘夢路 広島市 月丘 夢路(つきおか ゆめじ、本名;井上明子、旧姓;旭爪、1922年10月14日 - 2017年5月3日)は、日本の女優。 愛称は「ツメ」。 夫は井上梅次、娘は井上絵美。 実妹は月丘千秋、月丘洋子。 75 角梨枝子 広島市 角 梨枝子(すみ りえこ、1928年3月7日 - 2005年10月12日)は、日本の女優。 神戸女学院大学出身 76 久保田智子 東広島市 久保田 智子(くぼた ともこ、1977年1月24日 - )は、日本のアナウンサー、報道記者。 TBSテレビアナウンサー兼報道局記者。 東京外国語大学出身 77 松本裕見子 広島市 松本 裕見子(まつもと ゆみこ、1968年12月23日 - )は、広島市出身の広島県を中心に活動しているローカルタレント。 安田女子短期大学出身 78 松前吏紗 まなみのりさは、日本の女性3人組アイドルユニット。 テイ・エス・エス・プロダクション系列のアクターズスクール広島出身。 アイアンクリエイティブ所属。 79 森山あすか 森山 あすか(もりやま あすか、 本名:森山 明日香 1996年4月22日 - )は、日本のお笑い芸人。 広島県広島市出身。 ワタナベエンターテインメント所属。 80 中広大悟 三次市 中広 大悟(なかひろ だいご、1981年8月21日 - )は、日本のプロボクサー。 広島県三次市出身。 ボクシングセンスの良さでは日本有数と言われながら無冠の時期が続いたが、2008年12月17日、自身初のタイトルとなる第33代日本スーパーフライ級王者となった。 広島三栄ボクシングジム所属。 広島県立広島皆実高等学校、広島経済大学大学院修士課程卒業。 広島市安芸区・瀬野川病院勤務。 広島経済大学出身 81 為末大 広島市 為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手。 400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。 株式会社R. project取締役。 法政大学出身 82 木村孝洋 木村 孝洋(きむら たかひろ、1957年4月4日 - )は、広島県安芸郡府中町 出身の元サッカー選手、サッカー指導者 JFA 公認S級コーチ。 早稲田大学出身 83 下田崇 広島市 下田 崇(しもだ たかし、1975年11月28日 - )は、日本の元プロサッカー選手 GK 、指導者。 広島市南区上東雲町出身。 広島県立広島皆実高等学校卒業。 84 吉弘充志 下松市 吉弘 充志(よしひろ みつゆき、1985年5月4日 - )は、山口県下松市出身のサッカー選手(DF)。 85 森重真人 広島市 森重 真人(もりしげ まさと、1987年5月21日 - )は、広島県広島市安佐北区出身のプロサッカー選手。 Jリーグ・FC東京所属。 ポジションはミッドフィールダー(MF)及びディフェンダー(DF)[9]。 日本代表。 86 柴村直弥 広島市 柴村 直弥(しばむら なおや、1982年9月11日 - )は、広島県広島市出身のサッカー選手。 ポジションはディフェンダー。 中央大学出身 87 秦賢二 秦 賢二(はだ けんじ、1981年6月27日 - )は、広島県出身のサッカー選手。 ポジションはMF。 88 木村允彦 木村 允彦(きむら まさひこ、1984年10月1日 - )は、広島県広島市出身の元サッカー選手。 ポジションはディフェンダー CB、右SB。 ロングフィードとカバーリングに長けている。 桃山学院大学出身 89 小林優希 小林 優希(こばやし ゆうすけ、1983年10月16日 - )は、広島県広島市出身の元サッカー選手。 現役時代のポジションは、MF。 中央大学出身 90 金本圭太 瀬戸田町 金本 圭太(かねもと けいた、1977年7月13日 - )は、広島県広島市出身 の元サッカー選手(MF)、サッカー指導者。 91 山根巌 広島市 山根 巌(やまね いわお、1976年7月31日 - )は広島県広島市出身の元プロサッカー選手。 92 梅田直哉 梅田 直哉(うめだ なおや、1978年4月27日 - )は、広島県安芸郡府中町出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。 ポジションはフォワード。 明治大学出身 93 朝日大輔 朝日 大輔(あさひ だいすけ、1980年7月26日 - )は、広島県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。 現役時代のポジションはMF。 2003年にカターレ富山の前身であるYKKに入団後クラブ一筋を貫き、「ミスターカターレ」と親しまれたクラブを象徴する選手だった。 国士舘大学出身 94 的場千尋 的場 千尋(まとば ちひろ、1980年2月26日 - )は広島県出身の元サッカー選手。 福山大学出身 95 堀健人 堀 健人(ほり けんと、1982年6月13日 - )は、山口県出身の元サッカー選手。 現役時代の主なポジションはフォワード。 順天堂大学出身 96 増田卓也 広島市 増田 卓也(ますだ たくや、1989年6月29日 - )は、日本のプロサッカー選手。 広島市安佐北区出身。 Jリーグ・V・ファーレン長崎所属。 ポジションはゴールキーパー。 流通経済大学出身 97 森本恭介 森本 恭介(もりもと きょうすけ、1989年5月11日 - )は、広島県出身のサッカー選手。 関東サッカーリーグ1部・ヴェルフェたかはら那須所属。 大分大学出身 98 井林章 井林 章(いばやし あきら、1990年9月5日 - )は、広島県出身で東京ヴェルディ所属のサッカー選手。 ポジションはディフェンダー。 関西学院大学出身 99 渡大生 広島市 渡 大生(わたり だいき、1993年6月25日 - ) は、広島県広島市出身のサッカー選手。 ポジションはフォワード。 Jリーグ・徳島ヴォルティス所属。 100 松岡祐介 松岡 祐介(まつおか ゆうすけ、1990年5月8日 - )は、広島県出身のサッカー選手。 ポジションはDF。 明治大学出身 101 瀬戸彬仁 瀬戸 彬仁(せと あきひと、1981年10月29日 - )は、広島県出身のフットサル選手。 2007年にフットサル日本代表に選出されている。 ポジションはFP。 大阪経済大学出身 102 渡部真代 渡部 真代(わたなべ まよ、1986年4月15日 - )は、広島県出身の元バスケットボール選手である。 デンソーアイリスに所属していた。 ポジションはガード。 172cm。 ニックネームは「レミ」。 大阪体育大学出身 103 嶋田青峰 志摩市 嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。 三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。 本名は賢平。 姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる。 俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する。 早稲田大学出身 104 魚住りえ 箕面市 魚住 りえ(うおずみ りえ、1972年3月2日 - )は、日本のタレント、フリーアナウンサーである。 元日本テレビ放送網アナウンサー。 本名および旧芸名、魚住 理英(読み同じ)。 慶應義塾大学出身 105 信藤健仁 広島市 信藤 健仁(しんとう かつよし、1960年9月15日 - )は、日本の元サッカー選手(DF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。 広島県広島市出身。 元サッカー日本代表。 中央大学文学部国文科卒業。 JSL時代の登録名は信藤 克義(しんとう かつよし)で、Jリーグ後は信藤 健仁と登録されている。 中央大学出身 106 戸田菜穂 戸田 菜穂(とだ なほ、1974年3月13日 - )は、日本の女優。 ホリプロ所属。 玉川大学出身 107 玉城ちはる 広島市 玉城 ちはる(たまき ちはる、1980年4月19日 - )は広島県広島市東区福田育ちの日本の歌手、タレント、女優、非常勤講師。 広島県立安古市高等学校卒業。 Kiroroの玉城千春(たましろ ちはる)とは同姓同名の別人。 108 渡邊崇 広島市 渡邊 崇(わたなべ たかし、1976年2月23日 - )は、日本の作曲家・音楽プロデューサー。 大阪音楽大学特任准教授 大阪音楽大学出身 109 森田崇 森田 崇(もりた たかし、1973年9月16日 - )は、日本の漫画家。 横浜国立大学出身 110 橋本博明 橋本 博明(はしもと ひろあき、1970年(昭和45年)7月22日 - )は、日本の政治家、元官僚。 民主党所属の元衆議院議員(1期)。 元民主党広島県連副代表。 広島大学出身 111 青井貴治: Wikipedia未登録 112 近野剣心 近野 剣心(ちかの けんしん、1983年9月5日 - )は、日本のプロレスラー。 113 高津臣吾 広島市 高津 臣吾(たかつ しんご、1968年11月25日 - )は、元プロ野球選手(投手)・監督・野球解説者・評論家。 広島県広島市南区出身。 現在は東京ヤクルトスワローズ二軍監督を務める。 亜細亜大学出身 114 新井貴浩 新井 貴浩(あらい たかひろ、1977年1月30日 - )は、広島県広島市中区江波出身のプロ野球選手(内野手)。 現在は広島東洋カープに所属。 駒澤大学出身 115 中東直己 呉市 中東 直己(なかひがし なおき、1981年10月5日 - )は、広島県呉市出身のプロ野球選手(外野手、捕手)。 NPBでは、広島東洋カープに所属していた2008年6月23日から2009年シーズンまで、中東 直瑛(なかひがし なおてる)というの登録名を用いていた。 東亜大学出身 116 和田凌太 呉市 和田 凌太(わだ りょうた、1992年7月20日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手(内野手・育成選手)。 117 宇佐美塁大 広島市 宇佐美 塁大(うさみ るいた、1994年10月24日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(外野手)。 118 石田健大 広島市 石田 健大(いしだ けんた、1993年3月1日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する広島市南区出身のプロ野球選手(投手)。 左投左打。 法政大学出身 119 小林誠二 庄原市 小林 誠二(こばやし せいじ、1958年1月22日 - )は、広島県比婆郡高野町(現:庄原市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。 解説者時代から中日二軍投手コーチ時代の2010年までは小林 聖始(読みは同じ)と改名していた。 120 金田喜稔 安芸郡府中町 金田 喜稔(かねだ のぶとし、1958年2月16日 - )は、日本の元サッカー選手。 元サッカー日本代表で、「19歳119日」という日本代表最年少得点記録を保持している(2011年時点)。 広島県安芸郡府中町出身。 現在はTBSなどでサッカー解説者として活躍している。 尊敬するサッカー選手はジョージ・ベスト。 フチューマ所属。 中央大学出身 121 木村和司 広島市 木村 和司(きむら かずし、1958年(昭和33年)7月19日 - )は、広島市南区大河出身の元サッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。 現役時代のポジションはMF(攻撃的MF)またはFW(ウイング)。 日本サッカー協会公認S級ライセンス所持。 国際Aマッチ6試合連続ゴールは日本代表連続得点記録である 2016年時点。 明治大学出身 122 原田高史 Wikipedia未登録 123 田中昭夫 Wikipedia未登録 124 畝龍実 坂町 畝 龍実(うね たつみ、1964年6月21日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手(投手)。 1992年の登録名は畝 辰実(読み同じ)。 専修大学出身 125 小川成海(高校野球指導者、広島県立高陽東高等学校・ Wikipedia未登録 126 加藤慶二(高校野球指導者、 Wikipedia未登録 127 河内勝幸 河内 勝幸(かわち かつゆき、1955年4月27日 - )は、広島県出身の元サッカー日本代表選手、サッカー指導者 JFA 公認S級コーチ。 大阪商業大学出身 128 楚輪博 広島市 楚輪 博(そわ ひろし、1956年5月1日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。 広島県広島市生まれ、広島県・大阪府育ち。 桃山学院大学出身 129 石崎信弘 石崎 信弘(いしざき のぶひろ、1958年3月14日 - )は、広島県広島市中区出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 東京農業大学出身 130 沖野隆幸 沖野 隆幸(おきの たかゆき、1959年4月10日 - )は、広島県出身の元サッカー選手。 東京農業大学出身 131 沖宗敏彦 沖宗 敏彦(おきむね としひこ、1959年9月7日 - )は広島県出身の元サッカー選手、元日本代表選手。 132 中本邦治 中本 邦治(なかもと くにはる、1959年10月29日 - )は広島県出身の元サッカー選手。 中央大学出身 133 猿沢茂 安芸郡府中町 猿沢 茂(さるさわ しげる、1960年1月30日 - )は広島県安芸郡府中町出身の元サッカー選手 MF、FW。 大阪体育大学出身 134 高橋徹 広島市 高橋 徹(たかはし とおる、1960年10月6日 - 1983年10月23日)は、広島県東広島市出身のレーシングドライバー。 135 結城治男 結城 治男(ゆうき はるお、1963年1月9日 - )は、広島県出身の元サッカー選手、及びサッカー指導者。 東京農業大学出身 136 棚田伸 広島市 棚田 伸(たなだ しん、1969年7月25日 - )は、広島県広島市安佐北区口田 高陽町 出身の元プロサッカー選手。 ポジションはMF(ミッドフィールダー)。 1994年の柏レイソルのJリーグ昇格をもたらした名選手である。 順天堂大学出身 137 皆本勝弘 広島市 皆本 勝弘(みなもと かつひろ、1972年7月2日 - )は、広島県広島市安芸区矢野出身の元サッカー選手。 現役時代のポジションはMF、中盤のあらゆるポジションを担当した。 138 桑原裕義 桑原 裕義(くわばら ひろよし、1971年10月2日 - )は、広島県広島市出身のサッカー選手。 ポジションはMF(守備的MF)。 大阪体育大学出身 139 直弘龍治 広島市 直弘 龍治(なおひろ りゅうじ、男性、1978年10月1日 - )は、日本のビーチバレー選手。 広島県広島市出身。 グランビーズ広島所属。 元インドアバレーボール選手であり当時のポジションはオポジット。 東亜大学出身 140 麻田守孝 Wikipedia未登録 141 小川薫 広島市 小川 薫(おがわ かおる、1937年8月8日 - 2009年4月27日)は、日本の実業家。 総会屋。 「最後の総会屋」と呼ばれた。 芝浦工業大学出身 142 イエス玉川 三原市 イエス 玉川(いえすたまがわ、本名:深見輝義、1949年9月7日 - )は、浪曲師、漫談家。 広島県三原市(旧賀茂郡大和町)出身。 ジャイロスコープ所属 143 ドロンズ石本 広島市 ドロンズ石本(ドロンズいしもと、本名:石本 武士(いしもと たけし)、1973年10月11日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、実業家。 マセキ芸能社所属。 144 五刀剛 広島市 五刀 剛(ごとう つよし、1976年6月29日 - )は、日本の俳優である。 本名同じ。 広島県広島市出身。 JFCT所属。 広島県立広島工業高等学校卒業。 身長178cm。 血液型B型。 特技は殺陣、総合格闘技。 145 石本秀一 広島市 石本 秀一(いしもと しゅういち、1897年11月1日 - 1982年11月10日)は、日本のアマチュア野球指導者、プロ野球監督。 広島県広島市段原(現:南区的場町)の生まれ。 146 浜崎真二 呉市 浜崎 真二(はまざき しんじ、1901年12月10日 - 1981年5月6日)は、広島県呉市出身のプロ野球選手(投手)・野球指導者・解説者。 慶應義塾大学出身 147 灰山元治 廿日市市 灰山 元治(はいやま もとはる、大正元年(1912年)7月17日 - 昭和62年(1987年)11月27日)は、昭和初期に中等野球他で活躍したアマチュア野球選手、プロ野球選手。 投手・内野手。 プロ入り後は灰山元章と改名した。 広島県佐伯郡廿日市町桜尾(現:廿日市市)出身。 慶應義塾大学出身 148 浜崎忠治 浜崎 忠治(はまざき ただはる、1915年9月28日 - 没年不明)は、広島県呉市出身のプロ野球選手(投手、二塁手、三塁手)。 パ・リーグ審判。 149 鶴岡一人 呉市 鶴岡 一人(つるおか かずと(かずんど)、1916年7月27日 - 2000年3月7日)は、広島県呉市東二河通(現:西中央)出身 のプロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。 1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)」。 法政大学出身 150 徳島忠彦 151 奈良友夫 奈良 友夫(なら ともお、1917年6月20日 - )は広島県出身の元プロ野球選手、内野手。 152 山根実 山根 実(やまね みのる、1919年6月4日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。 153 久保木清 Wikipedia未登録 154 磯田憲一 旭川市 磯田 憲一(いそだ けんいち、1924年6月10日 - 2002年12月17日)は、広島県出身のプロ野球選手。 ポジションは主に二塁手。 明治大学出身 155 山県富人 Wikipedia未登録 156 土屋雅敬 広島市 土屋 雅敬(つちや まさたか、 1924年10月8日 - )は、広島県広島市出身のプロ野球選手(内野手・外野手)。 登録名、1950年~1952年・五郎、1953年~1955年・伍郎、1956年・1957年・雅敬。 法政大学出身 157 土屋五郎 土屋 雅敬(つちや まさたか、 1924年10月8日 - )は、広島県広島市出身のプロ野球選手(内野手・外野手)。 登録名、1950年~1952年・五郎、1953年~1955年・伍郎、1956年・1957年・雅敬。 158 萩本保 Wikipedia未登録 159 木庭教 広島市 木庭 教(きにわ さとし、1926年7月28日 - 2008年5月23日)は日本の元プロ野球スカウトである。 「スカウトの神様」と呼ばれ、1975年から始まる広島東洋カープ黄金時代を創った影の主役と言われている。 160 宝山省二 宝山 省二(ほうざん しょうじ、1926年4月5日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。 右投右打で、ポジションは三塁手。 明治大学出身 161 山本文男 広島市 山本 文男(やまもと ふみお、1937年9月20日 - )は、広島県広島市観音(現西区観音)出身のプロ野球選手、プロ野球審判員で、元セントラル・リーグ審判部長。 審判員袖番号は28(1988年初採用から1996年引退まで、2001年以降牧田匡平がつけている。 162 山本一義 広島市 山本 一義(やまもと かずよし、1938年7月22日 - 2016年9月17日)は、広島県広島市出身のプロ野球選手(外野手)・監督、野球評論家。 駒澤大学出身 165 森川卓郎 森川 卓郎(もりかわ たくろう、1941年8月28日- )は、広島県出身の元プロ野球選手(投手)。 神奈川大学出身 166 上垣内誠 上垣内 誠(かみごうち まこと、1944年6月30日 - )は、広島市出身の元プロ野球選手(外野手・内野手)。 東洋大学出身 167 大下剛史 海田町 大下 剛史(おおした つよし、1944年11月29日 - )は、広島県安芸郡海田町出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球指導者、野球解説者。 駒澤大学出身 168 大倉英貴 廿日市市 大倉 英貴(おおくら ひでたか、1944年7月1日 - )は日本の元プロ野球選手(内野手)。 芝浦工業大学出身 169 藤田訓弘 藤田 訓弘 (ふじた のぶひろ、1947年2月26日 - )は広島県出身の元プロ野球選手。 名前がくにひろと誤読されやすく、そのような表記の出版物もあるが、正しくはのぶひろ。 170 三村敏之 海田町 三村 敏之(みむら としゆき、1948年9月19日 - 2009年11月3日)は、広島県出身のプロ野球選手(内野手)、野球指導者、野球解説者。 171 山本和行 広島市 山本 和行(やまもと かずゆき、1949年6月30日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、プロ野球コーチ。 亜細亜大学出身 172 日高晶彦 広島市 日高 晶彦(ひだか まさひこ、1952年8月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手。 ポジションは投手、内野手。 173 船田政雄 船田 政雄(ふなだ まさお、1952年5月31日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。 ポジションは外野手。 174 二宮至 東広島市 二宮 至(にのみや いたる、1953年11月15日 - )は、広島県東広島市出身の元プロ野球選手(外野手)。 駒澤大学出身 175 達川光男 広島市 達川 光男(たつかわ みつお、1955年7月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)・監督、野球解説者。 東洋大学出身 176 谷真一 呉市 谷 真一(たに しんいち、1958年3月15日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手(内野手)。 右投右打。 法政大学出身 177 永田利則 広島市 永田 利則(ながた としのり、1961年10月9日 - )は、広島県広島市東区尾長出身の元プロ野球選手(内野手)。 父は1954年 - 1956年に広島東洋カープに在籍した永田徹登。 178 岩本貴裕 広島市 岩本 貴裕(いわもと たかひろ、1986年4月18日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。 亜細亜大学出身 179 柳田悠岐 広島市 柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 - )は、広島県広島市安佐南区出身のプロ野球選手(外野手)。 福岡ソフトバンクホークス所属。 愛称は「ギータ」。 広島経済大学出身 180 梶上初一 梶上 初一(かじうえ はついち 1906年 - 1939年6月8日)は、日本の元アマチュア野球選手。 広島県出身。 181 畠山圭司 182 迫田穆成 広島市 迫田 穆成(さこた よしあき、1939年7月3日 - )は、高校野球の指導者(監督)である。 183 迫田守昭 Wikipedia未登録 184 桑原秀範 広島市 桑原 秀範(くわばら ひでのり、1946年8月1日 - )は、アマチュア野球選手、高校野球監督。 元広島商業高校、堀越高校、穎明館高校野球部監督。 広島県安佐郡川内村(現広島市安佐南区)出身。 法政大学出身 185 内田俊雄 広島市 内田 俊雄(うちだ としお、1946年11月24日 - )は、アマチュア野球指導者。 元亜細亜大学硬式野球部監督、現・拓殖大学野球部監督。 広島県広島市出身。 186 佐々木幸治 Wikipedia未登録 187 若松茂樹 Wikipedia未登録 188 金光興二 広島市 金光 興二(かねみつ こうじ、1955年9月15日 - )は、アマチュア野球選手(内野手)、指導者。 元・法政大学野球部監督。 法政大学理工学部機械工学科教授。 広島県広島市西区観音出身。 法政大学出身 189 川本幸生 広島市 川本 幸生(かわもと ゆきお、1957年3月25日 - 2010年5月11日)は、日本の野球選手、アマチュア野球指導者。 元広島県立広島商業高等学校総監督。 広島修道大学出身 190 佃正樹 廿日市市 佃 正樹(つくだ まさき、1955年4月26日 - 2007年8月13日)は、広島県出身の野球選手(投手)。 法政大学出身 191 池本和彦 192 小田浩 Wikipedia未登録 193 沖元茂雄 Wikipedia未登録 194 折田裕之 Wikipedia未登録 195 沖本滋紀 Wikipedia未登録 196 北須賀俊彰 Wikipedia未登録 197 東賢孝 Wikipedia未登録 198 山本隆之 山本 隆之(やまもと たかゆき、1979年9月14日 - )は、社会人野球の選手(投手、右投げ右打ち)である。 パナソニック所属。 176cm、78kg。 背番号11。 199 檜山忠 200 三浦謙二郎 201 仲摩純平 呉市 仲摩 純平(なかま じゅんぺい、1983年3月9日 - )は、広島県呉市出身のプロバスケットボール選手である。 ポジションはシューティングガード。 2005年のbjリーグ発足とともにプロ入りし、2010-11シーズンにはオールスターゲーム出場を果たした。 プロバスケットボール選手の仲摩匠平は弟。 拓殖大学出身 202 工正信 工 正信(たくみ まさのぶ、1963年8月18日 - )は、競輪選手。 日本競輪学校第55期卒業。 日本競輪選手会広島支部に在籍。 師匠は木村一利(同39期)。 ホームバンクは広島競輪場。 203 浜先真範 204 岸田正記 岸田 正記(きしだ まさき、1895年(明治28年)12月1日 — 1961年(昭和36年)6月3日)は、日本の実業家、政治家。 元衆議院議員。 元幾久屋百貨店主。 元衆議院議員岸田文武の父。 元広島県知事宮澤弘(元首相宮澤喜一の実弟)の岳父。 元科学技術庁長官岩動道行は妻・和子のいとこ。 衆議院議員岸田文雄・衆議院議員宮澤洋一などは孫。 205 小畑良助 Wikipedia未登録 206 植田二三 Wikipedia未登録 207 蔵田義雄 広島市 蔵田 義雄(くらた よしお、1951年12月1日 - )は、日本の政治家。 広島県東広島市長(3期)。 広島県議会議員(2期)、東広島市議会議員(1期)を務めた。 208 藤本万次郎 藤本 万次郎(ふじもと まんじろう、1898年2月 - 1984年)は、日本の実業家、政治家、思想家。 209 稲葉三千男 稲葉 三千男(いなば みちお、1927年3月10日 - 2002年9月8日)は、日本の社会学者、政治家。 元東京都東久留米市長(3期)。 東京大学名誉教授。 位階は正四位。 勲等は勲三等瑞宝章。 210 高橋雅洋 211 滝本実 212 熊本憲三 213 村上あつ子 214 兼山益大 215 中林かずえ 216 母谷龍典 217 田中好一 Wikipedia未登録 218 山崎吾一 Wikipedia未登録 219 二代目山県元兵衛 Wikipedia未登録 220 道面豊信 広島市 道面 豊信(どうめん とよのぶ、1888年4月9日 - 1981年3月8日)は、日本の実業家。 元味の素社長。 広島県広島市仁保島本浦(現南区本浦)出身。 コロンビア大学出身 221 小野吉郎 広島市 小野 吉郎(おの きちろう、1902年1月2日 - 2006年4月)は、昭和期の逓信官僚。 元郵政事務次官、日本放送協会 NHK 第11代会長。 広島県広島市出身。 九州大学出身 222 八幡貞一(八幡証券・ Wikipedia未登録 223 打海繁 Wikipedia未登録 224 高木俊介 Wikipedia未登録 225 山本芳人 Wikipedia未登録 226 野村慶一 Wikipedia未登録 227 今井稔 Wikipedia未登録 228 山坂哲郎( Wikipedia未登録 229 浜中清次 Wikipedia未登録 230 大木惇夫 広島市 大木 惇夫(おおき あつお、1895年(明治28年)4月18日 - 1977年(昭和52年)7月19日)は日本の詩人・翻訳者・作詞家。 本名は軍一(ぐんいち)。 1932年までは篤夫(あつお)と名乗っていた。 太平洋戦争(大東亜戦争)中の戦争詩で有名だが、児童文学作品他、「国境の町」などの歌謡曲、「大地讃頌」をはじめとした合唱曲、軍歌 戦時歌謡 、社歌、校歌、自治体歌の作詞も多い。 1967年紫綬褒章、1972年勲四等旭日小綬章。 231 峠三吉 豊中市 峠 三吉(とうげ さんきち、1917年(大正6年)2月19日 - 1953年(昭和28年)3月10日)は、詩人。 本名は、三吉(みつよし)。 日本共産党党員であった。 232 桝本壮志 広島市 桝本 壮志(ますもと そうし、1975年7月8日 - )は、広島県広島市出身の日本の放送作家、コラムニスト、小説家、大阪NSC13期生。 233 薄田太郎 広島市 薄田 太郎(すすきだ たろう、1902年11月1日 - 1967年4月23日)はNHKの元アナウンサー、郷土史家、大衆芸能評論家。 NHK広島局の初代アナウンサーであり、戦前の広島市の大衆文化史を記録した『がんす横丁』の著者として知られる。 234 山田隆夫( Wikipedia未登録 235 丸本莉子 丸本 莉子(まるもと りこ、1990年5月16日 - )は、日本のシンガーソングライターである。 古舘プロジェクト所属。 236 松木隆裕 Wikipedia未登録 237 宮崎一成 宮崎 一成(みやざき いっせい、1971年5月31日 - )は、日本の男性声優。 広島県広島市安佐南区出身。 TABプロダクション所属。 238 中村吉兵衛 中村 吉兵衛(なかむら きちべえ、1973年11月21日 - )は、歌舞伎役者。 二代目中村吉右衛門門下。 本名は松栄 忠志(まつさか ただし)。 屋号は播磨屋。 紋は揚羽蝶 239 実信憲明 実信 憲明(さねのぶ のりあき、1980年5月7日 -)は、広島県広島市安佐南区 出身のサッカー選手である。 ポジションはミッドフィルダー。 中国サッカーリーグ・松江シティFC所属。 東京農業大学出身 240 西河翔吾 西河 翔吾(にしかわ しょうご、1983年7月1日 - )は、広島県広島市中区出身のサッカー選手(ディフェンダー)。 Jリーグ・横浜FC所属。 広島修道大学出身者として唯一のJリーグ選手。 広島修道大学出身 241 徳本一善 広島市 徳本一善(とくもと かずよし、1979年6月22日 - )は、広島県広島市佐伯区美鈴が丘生まれの陸上競技選手。 2011年より駿河台大学コーチ、現在は監督。 ニックネームは「徳さん」。 血液型:O型。 242 古田優児 古田 優児(ふるた ゆうじ、1974年10月5日 - )は、日本のタレント。 広島県広島市出身。 広島市立沼田高等学校6期生。 ビーボ所属。 かつてはボズアトールに所属していた。 愛称は「古ちゃん」。 243 ボールボーイ ボールボーイは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー広島事務所所属のお笑い芸人。 NSC広島校1期生。 広島を中心にテレビ、ラジオ等で活躍している。 広島市立沼田高等学校野球部で二人は出会い、補欠時代にやっていた「ボールボーイ(球拾い)」がコンビ名の由来。 略称は「ボール」など。 244 有馬剛士 Wikipedia未登録 245 唐見実世子 広島市 唐見実世子(からみ みよこ、1974年9月6日 - )は、広島県広島市出身の自転車プロロードレース選手である。 チームサッカレッリ所属。 国内ではキナンCCDのジャージで走る。 愛称は「からみっち」。 至学館大学出身 246 東真紀 東 真紀(あずま まき、12月23日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。 身長153cm、血液型A型。 エリザベト音楽大学出身 247 松本克也 松本 克也(まつもと かつや、1974年5月13日 - )は、広島県出身のバスケットボール選手である。 ポジションはセンター。 ナカシマプロペラ所属。 青山学院大学出身 248 浦伸嘉 浦 伸嘉(うら のぶよし、1980年10月1日 - )は、広島県出身の元プロバスケットボール選手である。 ポジションはポイントガード。 背番号3(新潟時代)。 172cm、65kg。 大阪商業大学出身 249 仲摩匠平 呉市 仲摩 匠平(なかま しょうへい、1986年10月5日 - )は、広島県呉市出身のプロバスケットボール選手である。 LEAGUEの広島ドラゴンフライズ所属。 ポジションはシューティングガード。 プロバスケットボール選手の仲摩純平は兄。 大阪商業大学出身 250 小川和美 小川 和美(おがわ かずみ、1986年7月7日 - )は、日本の女子バスケットボール選手である。 広島県出身。 羽田ヴィッキーズ所属。 ニックネームは「カズ」。 ポジションはフォワード。 拓殖大学出身 251 佐藤一直 Wikipedia未登録 252 豊島岩白 Wikipedia未登録 253 天倉一博 Wikipedia未登録 254 上瀬美和 Wikipedia未登録 255 楪望 広島市 楪 望(ゆずりは のぞみ、1986年10月3日 - )はフリーアナウンサー。 元広島ホームテレビ所属アナウンサーで、元テレビ大阪契約アナウンサー。 横浜国立大学出身 256 松浦大悟 広島市 松浦 大悟(まつうら だいご、1969年10月3日 - )は、日本の引退した政治家。 元民進党所属の元参議院議員(1期)、元民主党秋田県連代表。 神戸学院大学出身 257 松井一實 広島市 松井 一實(まつい かずみ、1953年 昭和28年)1月8日 - )は、日本の政治家、厚生労働官僚。 広島県広島市長(2期)。 京都大学出身 258 大田晋 大田 晋(おおた しん、1947年 - )とは、厚生省出身の元官僚、川崎医療福祉大学教授である。 広島県出身。 東京大学出身 259 浜田博文 下関市 浜田 博文(はまだ ひろふみ、1961年 - )は、日本の教育学者。 博士(教育学)筑波大学。 専門研究領域は学校経営学。 筑波大学出身 260 山田浩之 大阪市 山田 浩之(やまだ ひろゆき、1964年 - )は、日本の教育社会学者、広島大学准教授。 京都大学出身 261 高山博子 Wikipedia未登録 262 栗栖健一 広島市 栗栖 健一(くりす けんいち、1972年 - )は、日本の吹奏楽作曲家・トランペット奏者。 航空自衛隊音楽隊員の自衛官。 広島県広島市南区宇品出身。 国立音楽大学出身 263 那須正幹 広島市 那須 正幹(なすまさもと、1942年6月6日- )は、日本の児童文学作家。 広島県広島市己斐(こい)(現・西区己斐本町)出身。 代表作は「ズッコケ三人組」シリーズ。 現在は山口県防府市に在住。 島根大学出身 264 久繁哲之介 久繁 哲之介(ひさしげ てつのすけ、昭和37年(1962年)- )は、日本の地域再生プランナー。 日本におけるスローシティの提唱者。 早稲田大学出身 265 松本美緒 広島市 松本 美緒 まつもと みお、1965年10月12日 - は、日本の]漫画家。 広島県広島市出身。 266 勢古浩爾 勢古 浩爾(せこ こうじ、1947年 - )は、日本の評論家、エッセイスト。 明治大学出身 267 神園さやか 神園 さやか(かみぞの さやか、本名:神薗 清華 - 読みは同じ、1986年7月28日 - )は、日本の女性歌手。 広島県安芸郡府中町出身。 広島大学附属東雲中学校卒業後、広島市立基町高等学校を経て、日出高等学校(通信制)卒業。 268 荒木健太 長門市 荒木健太(あらき けんた、1976年1月27日 - )は日本のミュージシャン。 山口県長門市出身。 269 河合みのる 呉市 河合 みのる(かわい みのる、1月26日 - )は、日本の男性声優。 ベルプロダクション所属。 広島県呉市出身。 先祖に新撰組勘定方河合耆三郎がいる。 270 渡辺正 広島市 渡辺 正(わたなべ まさし、1936年1月11日 - 1995年12月7日)は、広島県広島市大手町(現・中区)出身の元サッカー選手(FW)・監督。 サッカー日本代表選手として出場したメキシコオリンピックでは、この大会から初めて怪我などの理由を伴わない選手交代が認められた為、今で言うスーパーサブ役を担い、銅メダル獲得に貢献。 また、気性の激しい選手としても知られた元祖"闘将"。 立教大学出身 271 佐伯博司 佐伯 博司(さいき ひろし、1936年5月26日 - )は広島県出身の元サッカー選手。 フォワード(FW) 272 泉政伸 泉 政伸(いずみ まさのぶ、1944年4月8日 - )は、広島県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 明治大学出身 273 永田晃司 永田 晃司(ながた こうじ、1981年7月31日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。 ポジションはガード。 拓殖大学出身 274 川本徳三 川本 徳三(かわもと とくぞう、1934年10月24日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手(投手)。 275 桑原しおり 広島市 桑原 しおり(くわばら しおり、1972年1月26日 - )はフリーアナウンサー。 広島県広島市出身、元中国放送(RCC)アナウンサー。 広島女学院出身 276 三宅正治 広島市 三宅 正治(みやけ まさはる、1962年11月15日 - )はフジテレビのアナウンサー。 早稲田大学出身 277 中谷隆宏 広島市 中谷 隆宏(なかたに たかひろ、1974年5月27日 - )は、日本のアナウンサー、元TOKYO MXのニュースキャスター、 防災士。 広島県広島市出身。 元山口放送アナウンサー。 身長179cm。 国際メディア・コーポレーション(MICO)映像事業部専任副部長。 『冬のソナタ』を買い付けた韓流ブームの仕掛け人。 広島県広島市出身。 広島大学出身 279 芦達剛( Wikipedia未登録 280 桂鯛蔵 2代目 広島市 2代目桂 鯛蔵(かつら たいぞう、1979年2月10日 - )は、広島市出身の落語家。 本名は丸岡 忠佐(まるおか ただすけ)。 広島市立基町高校(第48期生)、専修大学法学部法律学科卒業。 前名は桂 さん都(かつら さんと)。 専修大学出身 281 楠雄治 楠 雄治(くすのき ゆうじ、1962年11月21日 - )は、日本の実業家。 楽天証券代表取締役社長。 広島大学出身 282 谷口達郎 広島市 TATSURO(たつろう、1981年1月16日 - )は、日本の写真家(フォトグラファー)。 写真作家たつろうの名義でも活動している。 血液型A型。 大阪芸術大学出身 283 山田亮 広島市 山田 亮(やまだ りょう、1974年1月27日 - )は、日本のお笑い芸人。 広島県広島市出身。 吉本興業に所属。 現在吉本新喜劇所属。 284 辻栄蔵 広島市 辻 栄蔵(つじ えいぞう、1975年3月23日 - )は広島県広島市出身の競艇選手。 登録番号は3719。 広島支部所属。 74期。 同期に石渡鉄兵、西村めぐみ、守田俊介らがいる。 285 沖本辰也 広島市 沖本 辰也(おきもと たつや、1971年7月1日 - )は、日本のサッカー指導者(JFA 公認B級コーチ、公認B級GKコーチ)、元サッカー選手。 広島県広島市東区中山出身。 286 山口良一 広島市 山口良一(やまぐち りょういち、1955年3月27日 - )は、日本のタレント、俳優、歌手、リポーター、司会者としてマルチに活躍している。 広島県広島市基町(現、広島市中区基町)出身。 劇団東京ヴォードヴィルショー所属。 東京都在住。 既婚、娘一人。 287 松田輝幸 松田 輝幸(まつだ てるゆき、1945年 - )は、広島県出身のサッカー指導者。 288 相沢紗世 広島市 相沢 紗世(あいざわ さよ、1978年〈昭和53年〉7月24日 - )は、日本の女性ファッションモデル。 289 一乗アキ 一乗 アキ(いちじょう アキ、1969年11月13日- )は、元バスケットボール選手である。 現姓・清川。 元日本代表選手。 身長180cm。 290 表純子 表 純子(おもて じゅんこ、1974年2月2日 - )は、日本の女子プロゴルファー。 日本女子プロゴルフ協会会員。 中部衛生検査センター所属。 広島県広島市安佐南区出身。 広島市立広島商業高等学校卒業。 291 津雲博子 広島市 津雲 博子(つくも ひろこ、現姓:吉川、1970年9月11日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。 広島県広島市安佐南区出身。 ニックネームはリン。 292 岡本泰彦 福山市 岡本 泰彦(おかもと やすひこ、1961年4月6日 - )は、日本の実業家。 ライク株式会社の創業者で代表取締役社長兼グループCEO。 関西学院大学商学部非常勤講師、国立大学法人大阪大学大学院経済学研究科非常勤講師。 関西学院大学出身 293 羽原信義 福山市 羽原 信義(はばら のぶよし、1963年6月21日 - )は、日本の男性アニメ演出家、監督、アニメーター、XEBEC取締役。 広島県福山市出身。 最終学歴:広島県立大門高等学校(1982年卒)、血液型:B型。 294 金児憲史 金児 憲史(かねこ のりひと、1978年9月14日 - )は、日本の俳優。 広島修道大学出身 295 巽希和 巽 希和(たつみ きわ、5月22日生)は、宝塚歌劇団卒業生(男役)。 296 坂本純一 Wikipedia未登録 297 堀澄也 福山市 堀 澄也(ほり すみや、1935年4月27日 - )は、実業家。 ヤクルト代表取締役会長。 東京ヤクルトスワローズオーナー。 広島県福山市出身。 日本大学出身 298 藤村宏幸 Wikipedia未登録 299 皿海達哉 大阪市 皿海 達哉(さらがい たつや、1942年2月25日 - )は日本の児童文学作家。 東京学芸大学出身 300 千葉二朗 301 柳憂怜 府中市 柳 憂怜(やなぎ ゆうれい、1963年4月8日 - )は、日本の俳優、元お笑い芸人。 本名、小野 昌彦(おの まさひこ)。 旧芸名、柳 ユーレイ。 広島県立至誠高等学校卒業(現在は廃校、広島県立戸手高等学校に統合)。 302 石井義信 福山市 石井 義信(いしい よしのぶ、1939年3月13日 - )は広島県福山市出身の元日本代表サッカー選手、サッカー指導者。 選手時代のポジションはミッドフィールダー(MF)。 303 世良公則 福山市 世良 公則(せら まさのり、1955年12月14日 - )は日本のロックミュージシャン・ボーカリスト・俳優。 広島県福山市水呑町出身(港町生まれ)。 広島県立福山葦陽高等学校・大阪芸術大学芸術学部放送科卒。 大阪芸術大学出身 304 藤井謙二 福山市 藤井謙二(ふじい けんじ、1969年3月8日 - )は、広島県福山市出身のミュージシャン、ギタリスト。 血液型A型。 身長180cm。 305 寺田和正 福山市 寺田 和正(てらだ かずまさ、1965年12月12日 - )は、広島県福山市港町出身の実業家で、バッグやジュエリーなど、若い女性向けのブランド「サマンサタバサ」を手掛ける「サマンサタバサジャパンリミテッド」創業者・代表取締役。 駒澤大学出身 306 横山知枝 福山市 横山 知枝(よこやま ちえ、1973年9月9日 - )は、日本の元タレント、歌手、女優。 亜細亜大学出身 307 藤田弘之 福山市 藤田弘之(ふじたひろゆき、1974年1月26日 - )とは、広島県のローカルタレント、リポーターである。 308 家本政明 福山市 家本 政明(いえもと まさあき、1973年6月2日 - )は、広島県福山市出身のサッカー審判員(プロフェッショナルレフェリー)。 同志社大学出身 309 友竹正則 福山市 友竹 正則(ともたけ まさのり、1931年10月9日 - 1993年3月23日)は、日本の声楽家・バリトン歌手・詩人。 広島県福山市出身。 国立音楽大学出身 310 市川哲也 福山市 市川哲也(いちかわ てつや、1968年10月1日 - )は、広島県出身の競艇選手。 登録番号3499。 身長164cm。 血液型A型。 67期。 広島支部所属。 311 HANZO HANZO(ハンゾー、1967年6月10日 - )は、忍者をモチーフにした日本の覆面レスラー。 帝京大学出身 312 杉原杏璃 福山市 杉原 杏璃(すぎはら あんり、1982年6月12日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。 広島県福山市出身。 313 星影美砂子 Wikipedia未登録 314 麻生慎介 福山市 麻生 慎介(あそう しんすけ、1985年3月26日 - )は、広島県福山市出身の競艇選手。 登録番号4292。 身長165cm,体重52kg。 血液型A型。 94期。 同期に古賀繁輝、小坂尚哉、中西裕子らがいる。 315 荒木茂久二 Wikipedia未登録 316 五十川基 五十川 基(いかがわ もとい、天保15年9月6日(1844年10月17日) - 明治6年(1873年)2月22日)は、幕末・明治初期の備後福山藩士、医師。 通称は基之丞、芳之丞。 字は敬甫、号は米里。 福山医学校兼病院(のちの同仁館病院)の設立に尽力した。 慶應義塾大学出身 317 池庄司敬信 福山市 池庄司敬信(いけしょうじ けいしん、1929年6月9日-2007年7月31日)は、日本の政治学者・歴史学者。 専門はロシア政治思想史・ロシア史。 広島県福山市出身。 中央大学出身 318 井藤勲雄 Wikipedia未登録 319 稲葉侃爾 (元 Wikipedia未登録 320 井上角五郎 深津郡野上村 井上 角五郎(いのうえ かくごろう、万延元年10月18日(1860年11月30日) - 昭和13年(1938年)9月23日)は、日本の実業家、政治家。 東京府平民。 慶應義塾大学出身 321 妹尾正毅 Wikipedia未登録 322 井伏鱒二 深安郡加茂町 井伏 鱒二(いぶせ ますじ、1898年(明治31年)2月15日 - 1993年(平成5年)7月10日)は、日本の小説家。 本名は井伏 滿壽二(いぶし ますじ)。 広島県安那郡加茂村(現・福山市)生まれ。 筆名は釣り好きだったことによる。 早稲田大学出身 323 今村譲 324 榮久庵憲司 広島市 榮久庵 憲司(えくあん けんじ、1929年9月11日 - 2015年2月8日)は、日本の工業デザイナー。 静岡文化芸術大学名誉教授。 佛教大学出身 325 江木高遠 備後国 江木高遠(えぎたかとお、1849年(嘉永2年)12月22日 - 1880年(明治13年)6月6日)は、文明開化期の学者、啓蒙家、外務官僚。 養子に入り、『高戸賞士』を名乗った時期があった。 慶應義塾大学出身 326 枝廣直幹 枝廣 直幹(えだひろ なおき、1955年9月29日 - )は日本の政治家、財務官僚。 第13代福山市長。 一橋大学出身 327 大楽華雪 328 大島久見 大島 久見(おおしま ひさみ、1915年1月23日 - 2004年2月3日)は、シテ方喜多流の能楽師(職分)。 日本能楽会理事。 国の重要無形文化財「能楽」の保持者(総合認定)。 329 大平駒槌 大平 駒槌(おおだいら こまつち、1870年1月25日(明治2年12月24日)- 1957年(昭和32年)4月11日)は、日本の農商務官僚、実業家、政治家。 貴族院勅選議員、枢密顧問官。 東京帝国大学出身 330 岡本半次郎 福山市 岡本 半次郎(おかもと はんじろう、1882年4月22日 - 1960年3月4日)は日本の教育者。 昆虫学者、農学博士。 北海道大学出身 331 掛谷宗一 深安郡坪生村 掛谷 宗一(かけや そういち、1886年1月18日 - 1947年1月9日)は日本の数学者。 東京帝国大学教授。 統計数理研究所所長。 東北大学出身 332 金川禎臣 金川 禎臣(かながわ さだおみ、1982年11月27日 - )は、日本のラグビー選手。 日本大学出身 333 河相三郎 334 河内源一郎 福山市 河内 源一郎(かわち げんいちろう、1883年4月30日 - 1948年3月31日)は、日本の官僚、科学者、実業家。 「河内菌」の発見により焼酎の品質を飛躍的に向上させた近代焼酎の父。 広島県深津郡吉津村(現・福山市吉津町)生まれ。 335 木田宏 木田 宏(きだ ひろし、1922年(大正11年)2月22日 - 2005年(平成17年)6月27日)は、日本の官僚。 元文部事務次官。 教育評論家。 出生・出身は広島県とするものと和歌山県とするものがある[脚注 1]。 京都大学出身 336 北村勝俊 337 木村茂 福山市 木村 茂(きむら しげる、明治6年(1873年)2月11日 - 1972年8月25日)は、日本の陸軍軍人。 歩兵将校の後主計に転じ、陸軍被服本廠長・第1師団経理部長・陸軍経理学校長を歴任する。 階級は陸軍主計総監。 陸軍士官学校出身 338 小林躋造 広島市 小林 躋造(こばやし せいぞう、1877年(明治10年)10月1日 - 1962年(昭和37年)7月4日)は、日本の海軍軍人、政治家。 最終階級は海軍大将。 小磯國昭内閣の国務大臣。 広島県広島市出身。 海軍兵学校出身 339 小林政夫 小林 政夫(こばやし まさお、1914年2月16日 - 2000年9月15日)は、日本の実業家、政治家。 日東製網社長、参議院議員(1期)、福山商工会議所会頭などを歴任した。 孫に衆議院議員の小林史明がいる。 340 小林和一 小林 和一(こばやし わいち、1895年11月25日 - 1968年6月1日)は、日本の政治家、地方公務員。 第5代福山市長。 341 小森亮平 福山市 小森 亮平(こもり りょうへい、1988年9月26日 - )は、広島県福山市出身の自転車競技(ロードレース)選手。 342 小山祐士 福山市 小山祐士(こやま ゆうし、1906年(明治39年)3月29日 - 1982年(昭和57年)6月10日)は、劇作家。 慶應義塾大学出身 343 近藤賴巳 344 佐野俊二 佐野 俊二(さの しゅんじ、1952年 - )は、日本の医師。 専門は心臓血管外科。 岡山大学教授。 岡山大学出身 345 重政誠之 福山市旧深安郡神辺町 重政 誠之(しげまさ せいし、1897年3月20日 - 1981年6月3日)は、日本の農商務官僚、政治家(衆議院議員)。 従三位勲二等旭日重光章。 参議院副議長を務めた重政庸徳は兄で、安倍源基は親戚。 東京大学出身 346 重政庸徳 重政 庸徳(しげまさ ようとく、1895年1月15日 - 1977年9月28日)は日本の政治家。 元参議院副議長。 衆議院議員の重政誠之は弟。 正三位勲一等。 東京大学出身 347 島居辰次郎 島居 辰次郎(しますえ たつじろう、1905年9月12日 - 1997年10月4日)は、日本の逓信官僚。 海上保安官、海上保安庁長官。 広島県尾道市出身。 東京大学出身 348 島田荘司 福山市 島田 荘司(しまだ そうじ、1948年10月12日 - )は、日本の小説家、推理作家。 ロサンゼルスと吉祥寺に居を構えていたが、現在は日本にほぼ在住している。 武蔵野美術大学出身 349 清水郁太郎 福山市 清水 郁太郎(しみず いくたろう、安政4年10月13日(1857年11月29日) - 明治18年2月26日(1885年))は、日本の医学者、産婦人科医。 医学博士第1号。 初代の東京大学医学部産婦人科学教授。 広島県吉津村(現・福山市)生まれ。 東京大学出身 350 菅波茂 神辺町 菅波 茂(すがなみ しげる、1913年2月25日 - 1982年12月23日)は、日本の政治家。 自由民主党衆議院議員。 昭和大学出身 351 杉山金太郎 和歌山市 杉山 金太郎(すぎやま きんたろう、明治8年(1875年)9月19日 - 昭和48年(1973年)3月10日)は、日本の実業家。 豊年製油(現J-オイルミルズ)会長。 大阪市立大学出身 352 高橋等 福山市 高橋 等(たかはし ひとし、1903年3月20日 - 1965年8月10日)は、日本の逓信官僚、政治家。 法務大臣。 東京大学出身 353 武田邦太郎 武田 邦太郎(たけだ くにたろう、1912年(大正元年)12月20日 - 2012年(平成24年)11月15日)は日本の政治家。 元参議院議員(1期)。 日本新党副代表。 広島県福山市生まれ。 晩年は1949年(昭和24年)8月15日に亡くなった石原莞爾(関東軍参謀、参謀本部作戦部長、京都第十六師団長、立命館大学教授などを歴任)を看取った最後の一人として、「墓守」として山形県遊佐町に暮らした。 東京大学出身 354 竹鶴威 竹鶴 威(たけつる たけし、1924年(大正13年)3月6日 - 2014年(平成26年)12月17日)は、広島県福山市出身の日本の実業家で、ウイスキー製造者、技術者、会社経営者。 ニッカウヰスキー(アサヒビールグループ)の元社長であり、同社の2代目マスターブレンダー。 北海道大学出身 355 立石定夫 立石 定夫(たていし さだお、1928年2月29日 - 1995年6月8日)は、日本の政治家、弁護士、歴史研究家。 第8代福山市長(3期)。 356 土肥米之 土肥 米之(どひ よねゆき、1898年(明治31年)3月20日 - 1990年(平成2年)7月24日)は、日本の内務・警察官僚、弁護士。 官選県知事。 東京帝国大学出身 357 徳永豊 徳永 豊(とくなが ゆたか、1895年5月1日 - 1976年1月4日)は、日本の政治家、弁護士、画家。 第7代福山市長(4期)。 358 永井潜 竹原市 永井 潜(ながい ひそむ、1876年11月14日 - 1957年5月17日)は日本の医学者、生理学者。 東京帝国大学出身 359 中川弘 中川 弘(なかがわ ひろむ、1911年2月20日 - 2011年3月14日)は、日本の政治家。 第9代福山市長(1期)。 360 中野裕之 福山市 中野 裕之(なかの ひろゆき、1958年1月22日 - )は、日本の映像作家、ミュージックビデオ(MV、PV)監督、映画監督。 ピースデリック有限会社所属。 早稲田大学出身 361 棗田常義 362 袴田茂樹 福山市 袴田 茂樹(はかまだ しげき、1944年3月17日 - )は、日本の国際政治学者、社会学者、新潟県立大学教授。 青山学院大学名誉教授。 専門はロシア社会論。 東京大学出身 363 博田五六 364 挟間茂 福山市 挟間 茂(はざま しげる、1893年3月24日 - 1987年12月3日)は、日本の内務官僚、内務次官。 日本住宅公団総裁。 広島県福山市出身。 旧姓・三谷。 「梜間茂」表記の文献もあり。 戸籍上は旧字体の挾間。 東京帝国大学出身 365 福原麟太郎 福原 麟太郎(ふくはら りんたろう、1894年10月23日 - 1981年1月18日)は、日本の英文学者、随筆家。 福山市名誉市民。 東京教育大学出身 366 藤井包総 藤井 包總(ふじい かねすけ、1850年2月25日(嘉永3年1月14日) - 1925年(大正14年)12月5日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。 最終階級は陸軍中将。 貴族院男爵議員。 陸軍士官学校出身 367 藤井崇治 福山市 藤井 崇治(ふじい そうじ、1894年7月1日 - 1975年3月18日)は、大正、昭和期の逓信官僚。 電源開発総裁。 広島県深安郡山野村(現福山市山野町)出身。 京都帝国大学出身 368 藤井厚二 藤井 厚二(ふじい こうじ、1888年(明治21年)12月8日 - 1938年(昭和13年)7月17日)は、日本の建築家・建築学者。 広島県出身。 建築環境工学の先駆者の一人。 東京帝国大学建築学科卒。 東京大学出身 369 藤井清水 呉市 藤井 清水(ふじい きよみ、1889年2月17日 - 1944年3月25日)は、日本の作曲家。 童謡作曲家、民謡研究家。 広島県安芸郡焼山村(現・呉市)出身。 生涯に約1900曲も作曲、編曲しながら、あまり世に知られることのなかった人である。 のちに、『日本民謡大観』のもととなる民謡の採譜をたくさん行い、民謡の楽譜化に力を尽くして、日本民謡の音楽的研究の推進に多大な貢献をした。 東京藝術大学出身 370 藤家虹二 福山市 藤家 虹二(ふじか こうじ、本名:藤家 光嗣(ふじか こうし)、1933年9月2日 - 2011年10月24日)は、広島県福山市出身の日本のジャズクラリネット奏者。 東京藝術大学出身 371 藤野恵 藤野 恵(ふじの めぐむ、1894年(明治27年)4月16日 - 1949年(昭和24年)10月9日)は、日本の内務・文部官僚。 官選県知事、文部次官。 東京帝国大学出身 372 藤原節夫( Wikipedia未登録 373 藤原弘達 尾道市 藤原 弘達(ふじわら ひろたつ、1921年〈大正10年〉7月31日 - 1999年〈平成11年〉3月3日)は、日本の政治学者、評論家。 広島県尾道市生まれ。 「ふじわら こうたつ」と呼ばれることが多い。 福山誠之館中学、第六高等学校を経て、1945年(昭和20年)、東京大学法学部を卒業(政治学博士)。 東京大学の丸山眞男に師事。 明治大学教授を務めた後政治評論家となり、きわめて攻撃的な独自の右翼的政治論評で一世を風靡した[要出典]。 東京大学出身 374 松本卓臣 Wikipedia未登録 375 丸山鶴吉 福山市 丸山 鶴吉(まるやま つるきち、1883年9月27日 - 1956年6月3日)は、内務・警察官僚、政治家、教育者。 警視総監、宮城県知事、武蔵野美術学校校長。 広島県沼隈郡松永村(現・福山市松永町)生まれ。 東京大学出身 376 満田拓也 福山市 満田 拓也(みつだ たくや、1965年6月17日 - )は、日本の漫画家。 広島県福山市出身。 双子座、血液型O型。 377 三谷一二 三谷 一二(みたに いちじ、明治4年(1871年)10月22日 - 1965年10月26日)は、日本の政治家、銀行員、実業家。 第4代福山市長(1期)。 378 宮澤裕 福山市 宮澤 裕(みやざわ ゆたか、1884年(明治17年)1月12日 - 1963年(昭和38年)5月23日)は、日本の政治家。 衆議院議員(広島3区・6期)。 東京大学出身 379 宮地傳三郎 尾道市 宮地 傳三郎(みやじ でんざぶろう、1901年1月26日 - 1988年10月21日)は、日本の動物生態学者。 京都大学名誉教授。 理学博士(京都帝国大学、1933年)。 広島県尾道市生まれ。 東京帝国大学出身 380 村上久 Wikipedia未登録 381 森戸辰男 福山市 森戸 辰男(もりと たつお、1888年(明治21年)12月23日 - 1984年(昭和59年)5月28日)は、日本の学者、社会思想家、教育者(初代広島大学学長・名誉教授)、政治家(衆議院議員、文部大臣)。 広島県広島市、福山市名誉市民。 文化功労者(1971年)、勲一等旭日大綬章(1974年)。 東京大学出身 382 守分勉 福山市 守分勉 もりわけ つとむ・旧姓藤井、大正5年(1916年)4月19日 - 平成12年(2000年)8月16日)は、日本の銀行家。 元中国銀行頭取・会長。 京都帝国大学出身 383 八杉佳穂 八杉 佳穂(やすぎ よしほ・男性、1950年 - )は、日本の言語学者。 国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。 専攻は中米言語学、中米文化史。 主にマヤ文字やマヤ諸語を中心に行っている。 京都大学出身 384 山本兵吾 山本 兵吾(やまもと ひょうご、1938年8月31日 - 1999年9月16日)は、広島県出身のプロ野球選手(投手)。 専修大学出身 385 山本謙 Wikipedia未登録 386 吉田修 十日町市 Wikipedia未登録 滋賀大学出身 387 吉田五郎 福山市 吉田 五郎(よしだ ごろう、1900年 - 1993年)は、日本の技術者で、キヤノンのルーツである精機光学研究所の創業者。 388 吉谷久雄 尾道市 吉谷 久雄(よしたに ひさお、1903年10月30日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[4][5][6][7][8][9]。 本名石井 清一(いしい せいいち)、旧芸名市川 喜有利(いちかわ きうり)。 松竹蒲田撮影所が1920年代に推進した「短篇喜劇」の主演俳優として知られる。 389 若林辰雄 若林 辰雄(わかばやし たつお、1952年9月29日 - )は日本の実業家。 三菱UFJ信託銀行代表取締役会長。 三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役。 一橋大学出身 390 青山光宏 Wikipedia未登録 391 石田タカフミ Wikipedia未登録 392 内海慶一 福山市 内海 慶一(うつみ けいいち、1972年10月13日 - )は、日本の著作家、コピーライター。 「日本ピクトさん学会」の会長を務める。 広島県福山市出身。 広島県立福山明王台高等学校卒業。 393 桜井弘規 桜井 弘規(さくらい ひろき、1972年8月26日 - )は、中国放送(RCC)社員。 元中国放送アナウンサー。 広島大学出身 394 大島衣恵 福山市 大島 衣恵(おおしま きぬえ、1974年8月25日 - )は、シテ方喜多流の能楽師。 広島県福山市在住。 喜多流初の女性能楽師。 395 喜多賢治 福山市 喜多 賢治(きた けんじ、1976年1月20日 - )は、NHKの職員で元アナウンサー。 慶應義塾大学出身 396 樽木栄一郎 福山市 樽木 栄一郎(たるき えいいちろう、1979年9月10日 - )は、日本のシンガーソングライター。 397 内田好美 福山市 内田 好美(うちだ よしみ、1986年12月20日 - )は、日本のローカルタレント、ローカルアイドル。 広島県福山市出身。 血液型はAB型。 398 小林美佳 福山市 小林 美佳(こばやし みか)は、ローカルアイドルのサンフラワーのメンバー。 広島県福山市出身。 広島県立福山明王台高等学校出身。 安田女子短期大学出身 399 寺岡呼人 寺岡 呼人(てらおか よひと、1968年2月7日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーである。 帝京大学出身 400 高橋真一郎 高橋 真一郎(たかはし しんいちろう、1957年10月27日 - )は、広島県福山市 旧深安郡神辺町 出身の元サッカー選手、指導者 JFA 公認S級コーチ。 大阪経済大学出身 401 上村健一 八代市 上村 健一(うえむら けんいち、1974年4月22日 - )は、熊本県八代市生まれの元サッカー選手(DF)。 元日本代表。 402 緒川たまき 周南市 緒川 たまき(おがわ たまき、1972年2月11日 - )は、日本の女優、ナレーターである。 本名、小林 典子(こばやし のりこ)。 旧姓、佐川(さがわ)。 403 山本優弥 尾道市 山本 優弥(やまもと ゆうや、1984年7月15日 - )は、日本の男性キックボクサー。 広島県尾道市出身。 青春塾所属。 404 崎谷健次郎 崎谷 健次郎(さきや けんじろう、Kenjiro Sakiya、1962年12月30日 - )は、日本のシンガーソングライター・音楽プロデューサーである。 広島県福山市出身。 1983年にキーボーディスト、1985年に作曲家としてスタートを切り、1987年に「思いがけないSITUATION」でシンガーソングライターとしてデビュー。 Adult Contemporaryの国内先駆的存在で、代表曲に「もう一度夜を止めて」があり、斉藤由貴「夢の中へ」、中山美穂「これからのI Love You」などのヒット曲で知られる。 日本大学出身 405 吉岡稔記 吉岡 稔記(よしおか としき、1976年12月21日 - )は広島県出身のD1ドライバー。 本業は自動車整備士で現在はアメリカに住居を構える。 愛称はトシキング。 406 小波 福山市 小波(こなみ、1996年7月15日 -)は、日本のプロレスラー。 本名:竹本 小波(たけもと こなみ)。 広島県立松永高等学校卒業。 407 西田尚美 福山市 西田 尚美(にしだ なおみ、1970年2月16日 - )は、日本の女優。 広島県福山市出身。 所属事務所は、2007年から鈍牛倶楽部。 血液型はB型。 福山市立福山高等学校、文化服装学院卒業。 408 白石知世 福山市 白石 知世(しらいし ちよ、1985年5月6日 - )は、広島県福山市出身のタレント・女優である。 409 浜田省吾 浜田 省吾(はまだ しょうご、1952年 )は、広島県竹原市生まれのシンガーソングライター。 1975年、愛奴のメンバー(ドラムス・パーカッション)としてプロデビューし、1976年にシングル「路地裏の少年」とアルバム『生まれたところを遠く離れて』でソロデビュー。 早稲田大学出身 411 末田正雄 呉市 末田 正雄(すえだ まさお、1951年7月18日 - )は、NHKの元エグゼクティブアナウンサー。 現在は嘱託職 しょくたくしょく。 明治学院大学出身 412 小畑正治 小畑 正治(こばた まさはる、1934年4月3日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手。 ポジションは投手。 413 禹長春 呉市 禹長春(ウ・ジャンチュン、우장춘、通名:須永 長春(すなが ながはる)、1898年4月8日 - 1959年8月10日)は、農学者(農学博士)、育種学者。 京都帝国大学出身 414 永田周太郎 永田 周太郎(ながた しゅうたろう、1971年1月31日 - )は、TBSテレビ技術本部美術センター美術デザイン部所属のデザイナー。 広島県呉市出身。 呉三津田高等学校卒業後、広島大学に進学し、同大学院修士課程まで一貫して建築意匠学について学ぶ。 広島大学出身 415 奥平英雄 呉市 奥平 英雄(おくだいら ひでお、1905年 -2000年 )は、日本美術史家・日本美術評論家。 京都帝国大学出身 416 栗栖弘臣 呉市 栗栖 弘臣(くりす ひろおみ、1920年(大正9年)2月27日 - 2004年(平成16年)7月19日)は、日本の内務省官僚、海軍軍人及び陸上自衛官。 第12代陸上幕僚長、第10代統合幕僚会議議長。 東京大学出身 417 甲賀真理子 呉市 甲賀 真理子(こうが まりこ、1949年7月30日 - )は、日本のファッションデザイナー。 広島県豊田郡安浦町(現・呉市)出身。 広島県立呉三津田高校 - 東京学芸大学中退。 1973年、文化服装学院卒業。 東京学芸大学出身 418 碓井優 呉市 碓井 優(うすい ゆたか、1935年5月7日 - )は、日本の実業家。 広島県呉市長迫町出身。 石川島播磨重工業(IHI)のコンピュータ外販部門のリーダーだった1981年、79人の仲間を率いて同社を集団脱藩(退社)。 『コスモ・エイティ』を興して大きな注目を浴び、日本のベンチャー草分けとなった。 関西大学出身 419 田中小実昌 呉市 田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は、日本の小説家、翻訳家、随筆家。 420 池端俊策 呉市 池端 俊策(いけはた しゅんさく、1946年1月7日 - )は、広島県出身の脚本家。 明治大学出身 421 岡田善雄 呉市 岡田 善雄(おかだ よしお、1928年3月10日 - 2008年1月16日)は、細胞生物学者。 大阪大学名誉教授。 バイオテクノロジーの基本技術である「細胞融合現象」を発見した細胞工学のパイオニア。 広島県呉市出身。 海軍兵学校出身 422 石橋康正 東広島市 石橋 康正(いしばし やすまさ、1934年 昭和9年 2月24日 - )は、日本の皮膚科医。 東京大学教授を務めた。 東京大学出身 423 古田陽久 呉市 古田 陽久(ふるた はるひさ、1951年4月24日 - )は、世界遺産総合研究所所長である。 慶應義塾大学出身 424 古田真美 呉市 古田 真美(ふるた まみ、1954年-)は、シンクタンクせとうち総合研究機構事務局長兼世界遺産総合研究所事務局長。 青山学院大学出身 425 池内正昭 池内 正昭(いけうち まさあき、1928年(昭和3年)10月2日 - )は日本の銀行家。 ジェーシービー(JCB)元社長。 広島県出身。 京都大学出身 426 村本周三 Wikipedia未登録 427 渡辺守之 Wikipedia未登録 428 仁田一也 Wikipedia未登録 429 徳永幸雄 Wikipedia未登録 430 村尾伝之助 Wikipedia未登録 431 清水希茂 Wikipedia未登録 432 佐々木有 Wikipedia未登録 433 小笠原臣也 Wikipedia未登録 434 松本俊一 呉市 松本 俊一(まつもと しゅんいち、1897年6月7日 — 1987年1月25日)は、昭和期の外交官・政治家。 東京大学出身 435 小松勇五郎 小松 勇五郎(こまつ ゆうごろう、1920年9月18日 - )は、広島県出身の通産官僚。 元通商産業事務次官。 元神戸製鋼会長。 東京大学出身 436 保田博 呉市 保田 博(やすだ ひろし、1932年5月14日 - )は、日本の大蔵官僚。 元大蔵事務次官。 初代国際協力銀行総裁。 東京大学出身 437 岡光序治 呉市 岡光 序治(おかみつ のぶはる、1939年2月1日 - )は、日本の官僚。 厚生事務次官を経て、収賄罪で懲役。 出所後、ウィーティービーフーズ株式会社を設立し、同社社長や会長を務める。 東京大学出身 438 仲正昌樹 呉市 仲正 昌樹(なかまさ まさき、1963年2月22日 - )は、日本の哲学者、金沢大学法学類教授。 専門は政治思想史、社会思想史、社会哲学。 東京大学出身 439 ゆりん ゆりん(1981年6月18日 - )は、日本の声優、元タレント。 本名:内藤 千晶(ないとう ちあき)。 アクセント所属。 広島県呉市出身。 広島県立呉三津田高等学校を経て、青山学院大学文学部卒。 身長168cm。 青山学院大学出身 440 芳野潔 川崎市 芳野 潔(よしの きよし、1958年4月6日 - )は、NHKのシニアアナウンサー。 立教大学出身 441 布施健 布施 健(ふせ たけし、1912年3月21日 - 1988年2月25日)は、日本の検察官。 ロッキード事件時の検事総長(在任期間 1975年1月25日 - 1977年3月20日)。 旧姓・小橋健。 現在の岡山県備前市香登出身。 東京帝国大学出身 442 飯田史彦 竹原市 飯田 史彦 (いいだ ふみひこ、1962年 - )は、日本の経営学者。 専攻は人事管理論、企業文化論、経営戦略論。 福島大学元教授。 広島県竹原市出身。 学習院大学出身 443 小早川正昭 小早川 正昭(こばやかわ まさあき、1944年12月13日 - )は、日本の男性アナウンサー、タレント、声優、ナレーター。 あどりぶ所属。 慶應義塾大学出身 444 三谷光男 呉市 三谷 光男(みたに みつお、1959年6月16日 - )は、日本の政治家。 民主党所属の前衆議院議員(2期)。 大阪大学出身 445 空本誠喜 空本 誠喜 (そらもと せいき、1964年3月11日 - )は、日本の政治家。 民主党所属の元衆議院議員(1期)。 早稲田大学出身 446 日浦孝則 東広島市 日浦 孝則(ひうら たかのり、1960年1月17日 - )は日本のミュージシャン。 広島県東広島市出身。 インディーズレーベルVanilla Sky Records所属。 元classのメンバー。 旧姓は望月。 古賀末喜調教師の娘と結婚し古賀姓を名乗る。 成蹊大学出身 449 英百合子 呉市 英 百合子(はなぶさ ゆりこ、1900年3月7日 - 1970年2月7日)は日本の女優。 広島県呉市吉浦町出身。 日本初の本格的映画女優といわれる。 同じ女優の永井百合子は柳永二郎との娘[4]、俳優の長谷部健は中野英治との息子[4][5]。 450 川本統脩 川本 統脩(かわもと つなのぶ)は、日本の指揮者。 桐朋学園大学出身 451 中下征樹 中下 征樹(なかした まさき、1986年2月25日 - )は、広島県出身のサッカー指導者。 筑波大学出身 452 川井健 広島市 川井 健(かわい たけし、1927年8月23日 - 2013年5月15日)は、日本の法学者。 法学博士。 専門は民法。 第11代一橋大学学長、一橋大学名誉教授。 広島市生まれ。 一橋大学出身 453 高橋紳吾 高橋紳吾(たかはし しんご、1952年 - 2005年8月14日)は、日本の精神科医。 元東邦大学医学部附属大橋病院精神神経科助教授。 東邦大学出身 454 市野紀生 呉市 市野 紀生(いちの のりお、1941年1月1日 - )は、日本の実業家。 東京ガス代表取締役元社長、現会長。 社団法人日本ガス協会元会長。 現日本野球連盟会長。 NPO法人日本防災士機構評議員。 早稲田大学出身 455 大下卓夫 Wikipedia未登録 456 大久保一久 呉市 大久保 一久(おおくぼ かずひさ、1950年7月22日 - )は、日本のミュージシャン、フォークシンガーである。 血液型はA型。 薬剤師でもある。 昭和大学出身 457 小泉浩 Wikipedia未登録 458 山本淑稀 山元 淑稀(やまもとよしき)は、日本の作曲家・音楽プロデューサー。 広島県出身。 459 和崎俊哉 呉市 和崎 俊哉(わざき しゅんや、1938年11月14日 - )は、日本の俳優。 本名同じ。 旧芸名は和崎 俊也(読み同じ)、和崎 隆太郎。 広島県呉市出身。 460 荒川正嘉 荒川 正嘉(あらかわ まさよし、1912年 - 没年不明)は、広島県出身のプロ野球選手。 461 浜崎博 Wikipedia未登録 462 広岡富夫 呉市 広岡 富夫(ひろおか とみお、1928年2月20日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手。 ポジションは内野手。 読売ジャイアンツで活躍した広岡達朗は弟。 463 増岡博之 増岡 博之(ますおか ひろゆき、大正12年(1923年)2月3日 - 平成23年(2011年)7月24日)は、日本の実業家・政治家。 自由民主党衆議院議員(8期)。 元鉄鋼ビルディング代表取締役会長。 早稲田大学出身 464 前田恒彦 広島大学出身 465 美能幸三 呉市 美能 幸三(みのう こうぞう、1926年7月31日 - 2010年3月17日)は、日本のヤクザ、実業家。 広島県呉市の美能組初代組長。 広島県呉市出身。 466 吉井敏久 吉井 敏久(よしい としひさ、1971年7月29日 - )は日本の舞台、テレビ、映画などのプロデューサー。 株式会社CLIEの代表取締役社長。 - 467 川崎清貴 川崎 清貴(かわさき きよたか、1950年7月11日 - )は、日本の陸上競技選手。 男子円盤投日本記録保持者。 中京大学体育学部卒業。 身長198cm、体重100kg。 日本選手権6回優勝。 日本記録を6回更新した選手で、1979年4月22日に出した60m22cmは、30年以上記録を破られていない陸上競技最古の日本記録である。 中京大学出身 468 椋田昌夫 Wikipedia未登録 469 坂田明 呉市 坂田 明(さかた あきら、1945年2月21日 - )は、日本のジャズサックス奏者、タレント、俳優。 ミジンコ研究家としても知られている。 広島大学出身 470 金本浩司 Wikipedia未登録 471 太刀掛秀子 太刀掛 秀子(たちかけ ひでこ、1956年2月13日 - )は、日本の漫画家。 愛称「デコたん」。 広島女学院出身 472 芳野弘 芳野 弘(よしの ひろし、1963年3月27日 - )は、広島県呉市仁方出身の経営者、国際派ビジネスマン。 1986年ソニー入社、ソニーアメリカ副社長等歴任後、2007年よりフェリカネットワークス社長。 2014年より株式会社モンスター・ラボ取締役就任。 広島県立広高等学校、1986年広島大学法学部法学科卒。 広島大学出身 473 小松壮一郎 呉市 小松 壮一郎(こまつ そういちろう)は、日本の映画監督、映像作家、演出家。 広島県呉市出身。 現在は、小松 莊一良名義で活動。 大阪芸術大学出身 474 吉田幸 呉市 吉田 幸(よしだ こう、1970年11月18日 - )は、中国放送(RCC)アナウンサー。 広島県立広島大学出身 475 瀬川嘉 呉市 瀬川 嘉(せがわ よしみ(旧姓:沖山)、1970年9月12日 - )は、KRY山口放送の女性アナウンサー。 広島女学院出身 476 金澤秀彦 Wikipedia未登録 477 梶本照穂 Wikipedia未登録 478 小村和年 呉市 小村 和年(こむら かずとし、1947年5月1日 - )は、日本の政治家。 広島県呉市長(3期)。 元運輸省(現・国土交通省)職員。 中央大学出身 479 花田忠正 Wikipedia未登録 480 石橋秀幸 Wikipedia未登録 481 大原幸弘 Wikipedia未登録 482 河崎賢三 Wikipedia未登録 483 中山富広 Wikipedia未登録 484 荒川大作 Wikipedia未登録 485 小豆畑雅一 小豆畑 雅一(あずはた まさかず、1973年8月14日 - )は、日本の男性俳優。 広島県出身。 身長175cm。 体重73kg。 東京経済大学出身 486 清水博之 呉市 清水 博之(しみず ひろゆき )は、日本の元ハンドボール選手、指導者。 広島県呉市出身。 福岡大学出身 487 島本雄二 呉市 島本 雄二(しまもと ゆうじ、1990年(平成2年)1月23日 - )は、日本の空手家(新極真会空手弐段)。 広島県呉市出身。 身長177cm、体重90kg。 新極真会主催の第11回世界大会王者。 得意技は前蹴り。 兄・島本一二三も空手家。 広島経済大学出身 488 野田義治 富山市 野田 義治(のだ よしはる、1946年3月28日 - )は、日本の芸能プロモーターで、芸能事務所サンズエンタテインメントの会長。 トラフィックジャパンの代表取締役社長を兼任する。 元イエローキャブの代表取締役社長。 元渡辺プロダクション社員。 489 岡平健治 長崎市 岡平 健治(おかひら けんじ、1979年3月28日(38歳) - )は、日本のプロミュージシャン、シンガーソングライター。 身長161cm。 血液型はB型。 広島県呉市出身(正確には生まれは長崎県香焼町(現・長崎市))。 広島県立呉工業高等学校卒業。 中学時代は呉市立昭和北中学校に在学、小学生の頃は山口県の防府市で過ごしたこともある。 490 山崎清人 Wikipedia未登録 491 瀬野浄 Wikipedia未登録 492 畑俊二 呉市 畑 俊二(はた しゅんじ)は、四国学院大学硬式野球部監督。 元国士舘大学硬式野球部監督。 広島県呉市出身。 立教大学出身 493 川西幸一 呉市 川西 幸一(かわにし こういち、 1959年10月20日 - )は日本のドラマー。 広島県呉市出身、血液型はO型。 ロックバンド・ユニコーンのメンバー。 広島国際学院大学出身 494 手島いさむ 手島 いさむ(てしま いさむ、1963年8月27日 - )は日本のギタリスト、シンガーソングライター。 愛知県海部郡生まれ、広島県出身。 身長171cm。 血液型B型。 本名は手島 勇 読みは同じ。 愛称は「Tessy」、「さむにいさん」。 ロックバンド・ユニコーンのメンバー。 広島国際学院大学出身 495 高野圭佑 呉市 高野 圭佑(たかの けいすけ、1991年12月28日 - )は、広島県呉市出身のプロ野球選手(投手)。 右投右打。 現在は千葉ロッテマリーンズに所属。 四国学院大学出身 496 市地洋子 市地 洋子(いちじ ようこ、1951年6月21日 - )は、日本の女優・歌手。 広島県東広島市出身。 一時期、芸名を安芸 晶子と変えて活動していた(1972年から1973年まで)。 身長は158cm 497 大庭みな子 渋谷区 大庭 みな子(おおば みなこ、1930年11月11日 - 2007年5月24日)は日本の小説家。 本名・美奈子。 東京市出身。 津田塾大学出身 498 海田智行 三原市 海田 智行(かいだ ともゆき、1987年9月2日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。 駒澤大学出身 499 川崎聡 川﨑 聡(かわさき さとし、1965年8月15日 - )は、テレビ西日本 TNC のアナウンサー。 大阪芸術大学出身 500 菅川健二 東広島市 菅川 健二(すげかわ けんじ、1938年11月13日 - )は、日本の政治家・官僚。 元参議院議員(1期)。 東京大学出身 501 高原一隆 高原 一隆(たかはら かずたか、1947年- )は、日本の経済学者。 博士(経済学)(立命館大学)。

次の