メリー さん マイクラ。 【マイクラ】メリークリスマス!クリスマスツリーを作ってみた! #19

【都市伝説】マイクラの怖い都市伝説とは?herobrine?

メリー さん マイクラ

本エントリーは怖い話を扱っております。 ご注意ください。 『Minecraft(マインクラフト)』が世に出てから、いろんな人が好きなように自分だけの世界を探索したり、そこに建築物を建てたりする「サンドボックスゲーム」というジャンルのゲームが大流行しました。 今では、スマートフォンでも『マインクラフト』はもちろん、他にも様々なサンドボックスゲームがリリースされています。 しかし今でも「サンドボックスゲーム」の決定版といえば『マインクラフト』。 『マインクラフト』は日本では 「マイクラ」と呼ばれ、実況動画などでも親しまれております。 今回はその「マイクラ」に登場すると噂されている、 Herobrine の都市伝説をご紹介させていただきたく存じます。 マイクラ都市伝説の発端:とある書き込み Herobrineに関する都市伝説は海外のマイクラに関する掲示板(非公式)のとある書き込みから一気に広がりました。 以下は、それを私なりに翻訳したものです。 霧の中のモブ 私は最近、マイクラのシングルプレイモードで新しいワールドを生成しました。 まず、私はマイクラのセオリー通り、木を伐採し、作業台を作成しました。 ここまでは全く問題なかったんです。 私はふと 濃い霧の中で何かが動いていることに気がつきました(私のパソコンは低スペックなので、描画範囲を狭くしなきゃいけないんです)。 私はそれを牛だと思って、皮の鎧の原料を手に入れようと、 追いかけたんです。 2017-02-28 00:09 不気味なスティーブ しかしそれは牛ではありませんでした。 私の方に振り向いてきたソイツは、 マイクラ初期設定のスキンをしたキャラクターでした。 ただ、マイクラのデフォルトのスキンと違ったのは、 彼の 目が白目だったことです。 他プレイヤーならその頭上に名前が出るはずですが、それも表示されておりませんでしたし、マルチプレイモードではないことも再確認しました。 彼は長くそこに留まることなく、私のことを見るやいなや、すぐに霧の中へ走っていってしまいました。 私は好奇心から彼を追いましたが、もう彼はどこかへ行ってしまったようでした。 どんどん開拓を続けていきました。 普通ならランダムな地形が形成されるはずですよね。 人工物なんて自分が作らなければ存在しないはず。 しかし、あきらかに 何者かが作成したようなオブジェがあったのです。 時折霧の中に他の「プレイヤー」が見えたような気がしたのですが、ソイツをはっきりと見ることは決してできませんでした。 私は、見えた!と思ったときに、追いかけずマイクラ画面の描画範囲を広げてみたのですが、それも無意味でした。 マイクラの公式フォーラムにて確認 私は一旦マップをセーブして、これに似たような現象の目撃情報がないかと、マイクラの公式フォーラムに行きました。 しかし、情報はありませんでした。 そこで私は自らそこにトピックを作って、情報を募ることにしました…が、そのトピックは5分以内には削除されてしまいました。 もう一度作り直しても、さっきよりも素早く削除されてしまいました。 そして、私は「 Herobrine」という名のユーザーから、たった一言メッセージを受け取ったのです。 「Stop. 」 すぐに私はそのユーザーページを見ましたが、既に削除されていました。 その後、私は別のユーザーからメールを受け取りました。 なんでも、マイクラのフォーラムのメッセージ機能で送られたメッセージは、やり方さえわかれば誰でも読めてしまうそうです。 だからメールの方が安全だ、と。 メールの送り主もマイクラ内で謎のプレイヤーを見ており、他にも同じような経験をしたようなマイクラフォーラムのユーザーを何人か知っているとのことでした。 彼らのマイクラのワールドにも、明らかに人工的なものが散在しており、白目の謎のプレイヤーに関する証言があるとのこと。 マイクラの開発者が関係? 1ヶ月後、私は彼らから再び情報を入手しました。 マイクラ内で謎の男に遭遇した人々は、その後マイクラフォーラムに現われた「 Herobrine」というユーザーについての調査を進めたそうです。 その結果、「Herobrine」という名前はしばしばスウェーデンのゲーマーによって使われている名前だということが判明しました。 さらに情報を収集するうちに、Herobrineはマイクラの 開発者である「Notch」氏の兄弟であることがわかりました。 しばらくした後、彼は非常に短いメールを私に送ってきてくれました。 「昔は。 でも、今は私達と共にはいない。 -Notch」 私は最初に遭った時以来、マイクラ内で謎の男を見ていません。 それ以来、私のマイクラのワールドには何の異変も発見できてないのです。 しかし、最初に彼に遭遇したとき、スクリーンショットを撮る事ができたんです。 それが、Herobrineの存在を証明する唯一の証拠です。 「Herobrine」の都市伝説について、マイクラの運営は認識しているのでしょうか。 マイクラの運営は何とHerobrineの 都市伝説を肯定しているような振る舞いをしていたのです! マイクラ公式のアップデートの内容に・・・ 上記は「マイクラ1. 6」のアップデート情報ですが、そのアップデート内容の一番下をご覧ください。 「Removed Herobrine」 Herobrineを削除・・・。 これはマイクラユーザーを怖がらせるためのジョークなんでしょうか。 マイクラ公式の画像 マイクラ公式の画像にも「Herobrine」が紛れ込んでいるようです。 Herobrineが都市伝説として広まる前の画像については不明です。 マイクラ開発者のNotch氏は? そしてマイクラ開発者のNotch氏はHerobrineの存在をごまかしているのです。 以下、Notch氏のコメントを私なりに翻訳したものです。 「Herobrine」のネタは、すばらしいけど、同時になんだか怖いね。 コンテンツ作成者はそのコンテンツよりも非力かもっていうことを思い知らされるね。 僕は公式に、「Herobrine」についてそんな話は存在しないし、僕に 死んだ兄弟なんていないし、 沢山の動物を溶岩に落とすことが誰にでもできる彼の召還方法だと述べてきた。 Herobrineを恐れる必要なんてないんだ。 彼は 君を見張っていて、見えない危険を警告しようとしているだけなんだよ。 彼は物質的な証拠こそ残さないけど、君がマイクラを起動しながら寝ているとき、君の寝顔をすぐそばで見つめているんだ。 君を起こすために叫ぼうとしている。 そして、稀に君が起きるようなことがあれば、彼は消える。 彼の形跡とかすかに聞こえた叫び声は記憶の中にある。 もちろんこれは夢だったんだよ。 僕のゲームで遊ぶ子供達のことを考えたら、そんな恐ろしい幽霊を仕組むわけないじゃないか。 そんなの非道徳的だよ。 そんなもの絶対にない。 ないんだよ。 と、Notch氏からのHerobrineの都市伝説に対するなんとも歯切れの悪いコメントに、マイクラユーザーたちからのブーイングが!!.

次の

【マイクラ】メリークリスマス!クリスマスツリーを作ってみた! #19

メリー さん マイクラ

ストーリーはごめんなさい。 ちょっとはしょります。 証券会社のエリートの主人公。 お金もけっこうあるので、あらゆる保険にも加入している。 可愛い彼女もいる主人公は人生を楽しんでいた。 しかし ある日、親が莫大な借金を残して失踪した。 連帯保証人になっている主人公は、その借金を背負うことになる。 借金の催促の電話が会社にまでかかってくるようになり 会社のイメージダウンにもなるため、上司に会社を辞めるよう促された。 彼女には、お金がない男に付き合ってられないとのことで捨てられてしまった。 落ち込んでいるときに、謎の男に出会った。 「人を殺したいならこれを使うといい」 といって、黒い本を渡された。 デスノートというらしい。 そこに名前を書くと、書かれた人間は死ぬ。 代償は、書いた人間の寿命1年。 主人公は半信半疑だったが そこに上司の名前を書いた。 翌日、主人公は上司の通勤路を見張っていた。 しかし、上司は現れた。 次の日も、その次の日も確認に行ったが 上司は死んでいなかった。 そしてある日 主人公が車にひかれた。 逃げていく車と運転手を見て全てを悟った。 ああ そういうことだったのか 絶望した主人公は ゆっくりと目を閉じた。 解説 デスノートを使うためには、自分の寿命を1年支払う必要がある。 しかし、主人公は命を狙われていたため、近日死ぬ運命だった。 そのため、寿命の1年を支払うことができなかった。 主人公を殺したのは、父親。 主人公が加入している生命保険を利用して借金を返そうとした。

次の

【マイクラ】メリークリスマス!クリスマスツリーを作ってみた! #19

メリー さん マイクラ

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2012年2月) メリーさん(本名不詳、 - )は、の中心部でしばしば目撃された女性。 役者のようにを塗り、フリルのついた純白のドレスをまとっていた。 終戦後、兵士相手に身体を売っていた「」と呼ばれるだと噂され、「皇后陛下」「白狐様」「クレオパトラ」「きんきらさん」などの通り名で呼ばれていた。 1980年代に入った辺りから「(港の)マリーさん」と呼ばれ出し、同じく80年代の後半から「メリーさん」と呼び名が変化したようである。 そして後年ドキュメント映画がヒットした影響から「ヨコハマメリー」「ハマのメリーさん」 などと呼ばれることが多くなった。 来歴・生涯 [ ] 出身。 実家は農家で、女4人、男4人のきょうだいの長女として生まれる。 実弟の話によると、地元のを卒業後に職員と結婚。 その後、戦争が始まりで働きに出るが、人間関係を苦に未遂騒動を起こす。 この出来事が原因で結婚からわずか2年で離婚。 子供はいなかったという。 戦後、のとある(実際は米兵相手のだった)でとして働いた後、そこで知り合った米軍のとなる。 彼に連れられへ出るが、勃発後、現地へ赴いた彼は戦争が終結するとそのまま故郷のへ帰り、日本には戻らなかったという。 取り残された彼女はその後、を経てへと移動し、米兵相手の娼婦としての生活を始める。 以後は基地に数十年間と長期にわたり居住した。 監督の映画『』によると来浜の時期はとのことだが、著『消えた横浜娼婦たち』によればには既に横浜ので目撃されていた、という。 彼女の存在が注目されだしたのは、に入ってからである。 折しも「」や「」など、町のたちがメディアに取り上げられていた時期と重なる。 の半ばに、横浜の街から姿を消した。 その時期は映画『ヨコハマメリー』では初冬(『』は「関係者の話」として同年12月に故郷のへ帰ったとしている )、書籍『消えた横浜娼婦たち』によるとの11月だという。 晩年は「故郷ので暮らした」とされるが、実際は故郷に居場所を見いだせず、数十キロメートル離れたの老人ホームで余生を送った。 1月17日、死去。 84歳没。 メリーさんを題材にした作品 [ ] 映画 『 遥かな時代の階段を』 - 監督・ 『』 - 監督・中村高寛 テレビ 『』 - 祖母・三雲マツが「大阪ジェーン」という愛称でメリーさんのパロディを演じている。 演劇 『港の女・横浜ローザ』 - の一人芝居(脚本・) 『白いメリーさん』 - 第32回公演(原案・) 『瑪麗皇后的禮服(メリー皇后のドレス)』 - の紅潮劇集が2018年11月に實驗劇場で上演。 『瑪麗皇后(メリー皇后)』 - の糊塗戲班が2018年11月末から12月初旬まで (: )で上演。 詩 『港のマリー』 - の詩集『5分前』に収録。 小説 『白いメリーさん』 - の短編 『箱の中の』- の小説 エッセイ 『夏のマリー』 - の短編集『これからは歩くのだ』に収録。 写真集 『PASS ハマのメリーさん』 - 撮影・ 漫画 『ハマのメリーJさん』 - の 『SECONDO』 - ・作。 第37話にメリーさんが登場する。 『』 - ・作。 第29話にメリーさんをモデルにした「ヨコハマリリィ」というキャラクターが登場する。 歌 『港のマリア』 - 作詞作曲・歌・、1982年。 『昨夜(ゆうべ)の男』 - 作詞・、歌・、1982年。 『夜明けのマリア』 - (映画『コールガール』の主題歌)作詞・、歌・(のミーちゃん)、1982年。 『横浜マリー』 - 作詞作曲・歌・榊原まさとし()、1982年。 『マリアンヌとよばれた女』 - 作詞・、歌・(元・)、1983年。 『港のマリー』 - 歌・、1999年。 『横浜メリィー』 - 作詞作曲・、編曲:小杉仁三、2001年。 『濱のメリー』 - 作詞作曲・(6thアルバム『』に収録)、2002年。 『港のマリー』 - 作詞作曲・、歌・ 2004年 『』 - 作詞・、作曲・、歌・、2006年。 『踊り子マリーのブルースな夜』 - 作詞作曲・歌・、2011年。 参考文献 [ ]• 『への招待』(1996年) - 民俗学者・がの観点からメリーさんを語っている• 『天使はブルースを歌う』(1999年) - 作家・の• 『消えた横浜娼婦たち』(2009年) - 作家・檀原照和のノンフィクション• 『ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた』(2017年)- 映画『ヨコハマメリー』の監督中村高寛による映画製作ドキュメントおよび後日談。 『白い孤影 ヨコハマメリー』(2018年) - 作家・檀原照和のノンフィクション 脚注 [ ] []• 『』2006年3月2日号には「10年(1921年)生まれ」との記述がある。 田村隆一の詩作『五分前』でも「大正十年生れの現役の娼婦だ」と記されている。 檀原照和・著『消えた横浜娼婦たち』()• 『』2006年 平成18年 2月7日付 関連項目 [ ]• (2004年8月4日に死去)• (メリーさんより一世代前の白塗り娼婦)• (横浜で活動する異形のアウトサイダー・アーティスト。 通称・ 帽子おじさん)• (東京・界隈に出没した好きの愛好者)• (のお面をつけた東京・における路上の有名人)• (の付近を徘徊していた)• (市内に出没するを身にまとった人物)• (女子高校生の姿で歌手活動をする男性。 通称「おじさん」) 外部リンク [ ]• - 「メリーさん」の正体について追跡取材した。

次の