きゅうり の 漬物 レシピ。 きゅうり!つくれぽ1000越だけ【人気レシピ23選】絶品1位は?大量消費にもおすすめ!殿堂入り

きゅうりの保存に適した漬物レシピ~きゅうちゃん漬け風の作り方

きゅうり の 漬物 レシピ

「きゅうり漬物」の種類は? 日本には様々な漬物がありますが、 「きゅうり」だけで 一体どのくらいの種類があるでしょうか。 少し考えてみただけでも、 昔からよく知られている 「浅漬け」「ぬか漬け」をはじめ、 近年では「からし漬け」「ビール漬け」など、 考えられないような漬物も登場しています。 その数今や 20種類以上あると言われています。 もはやそれぞれの 家庭のオリジナル漬物まで数えあげれば きりがないといった アレンジの効く料理なんです。 「きゅうり漬物」の基本レシピ紹介! 「きゅうり」の漬物が、 他の野菜の漬物と比べて 圧倒的に優位なところと言えば、 誰にでも簡単に作れるというところです。 そのレシピによっては、 ほとんど包丁すら使わずに 作れるものさえあります。 では、まず基本レシピを見てみましょう。 「きゅうり漬物」の1位レシピ紹介! では、 1位のレシピは何が違うのでしょうか? それは、単に「塩」を使うだけでなく、 2つのものを一緒に混ぜ込みます。 それは、 「塩昆布」 「鰹節」 実はこのコンビは様々な 料亭などで隠し味として応用されています。 味は和風になり、 ご飯だけでなくお酒との相性も抜群になります。 ただ、日数がたつとこの風味は悪くなるので、 このレシピはできれば その日の内に食べたいレシピとなります。 他にも、少し甘めが好きな方は 「砂糖、からし」 辛めが良い方は 「豆板醤」 を使うものも人気なので試してみて下さい。 「きゅうり」の賞味期限、保存方法は? 「きゅうり」と言えば、 あまり長期保存できない印象があります。 通常「きゅうり」は 常温で3日程度 美味しく食べられる状態で保存できますが、 冷蔵庫でもそのまま寝かせておくだけでは、 常温の時よりもせいぜい 1日長く保存できる程度です。 一方で、 「きゅうり」の水気を取り 一本一本キッチンペーパー等で包み、 立てて保存すると 10日程度は保存できます。 しかし、様々な野菜がそうであるように、 「漬物」にしてしまうと、 「生」の場合と異なり 想像以上に長期保存が効きます。 「きゅうり漬物」の長期保存方法は? 「生のきゅうり」の保存期間が短く、 日持ちがしないと言われるのは、 「きゅうり」が極めて 水分の多い野菜だからです。 そこで、 「漬物」にして長期保存しようとする場合には、 「きゅうり」の水分を抜く技法による 「漬物」とすることが最適です。 そんな最も保存できる方法は 「きゅうり」を「塩」で 1週間から10日間漬け込み、 取り出した「きゅうり」に ザラメ糖と酢を加えて 冷蔵庫で漬けこむと 何と 半年持ちます。 さらに漬け替え、 ザラメ糖、酢を加え 冷蔵庫保存によって 何と 1年まで長期保存をできる 方法もあります。 どうでしたか? そもそも「漬物」は、 野菜を長期保存する方法の一つとして 今に引き継がれています。 中でも「きゅうり漬物」は 味、種類、保存期間のアレンジ幅が大きく、 楽しみかたも多い料理なので 一度チャレンジしてみて下さいね。

次の

きゅうりの漬物のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

きゅうり の 漬物 レシピ

お好みにより、赤唐辛子を細かく刻んだものや、漬物用の赤唐辛子の輪切りになっているものを入れます。 (私の場合、赤唐辛子のピリッとした味が好きなのできゅうり1kgに対して赤唐辛子2本ほど使用しています。 多少厚めに切っておくほうが、食感が良くなるのでおすすめです。 そこへ、カットしたきゅうりを入れます。 そして、ゆで汁が室温くらいに下がるまで放置しておきます。 そして、室温程度まで汁が下がるまで待ちます。 好みのしょっぱさになっていれば完成です。 もし、もっと濃厚な味がお好みでしたら、きゅうりを鍋から取り出してから再度つけ汁が入った鍋を火にかけて沸騰したら火を止めて、そこへきゅうりを入れてつけ汁が常温になるまで冷まします。 私の場合は濃い目の味が好きなので全部で3回火にかけるようにしています。 きゅうりのきゅうちゃん風漬物レシピの保存方法 室温に冷ましたきゅうりをタッパなどに入れて冷蔵庫に入れて保存すれば結構日持ちすると思います。 しかし、我家の場合は、人気のレシピなのであっという間に食べきってしまうことがほとんどです。 ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最適ですから。 【関連記事】 ・ まとめ 今回紹介させていただいたレシピは、きゅうりを大量に頂いた時など簡単に作れるのでとても助かっています。

次の

本格きゅうりの漬物、浅漬けレシピ、保存期間や作り方のコツも解説

きゅうり の 漬物 レシピ

「きゅうり漬物」の種類は? 日本には様々な漬物がありますが、 「きゅうり」だけで 一体どのくらいの種類があるでしょうか。 少し考えてみただけでも、 昔からよく知られている 「浅漬け」「ぬか漬け」をはじめ、 近年では「からし漬け」「ビール漬け」など、 考えられないような漬物も登場しています。 その数今や 20種類以上あると言われています。 もはやそれぞれの 家庭のオリジナル漬物まで数えあげれば きりがないといった アレンジの効く料理なんです。 「きゅうり漬物」の基本レシピ紹介! 「きゅうり」の漬物が、 他の野菜の漬物と比べて 圧倒的に優位なところと言えば、 誰にでも簡単に作れるというところです。 そのレシピによっては、 ほとんど包丁すら使わずに 作れるものさえあります。 では、まず基本レシピを見てみましょう。 「きゅうり漬物」の1位レシピ紹介! では、 1位のレシピは何が違うのでしょうか? それは、単に「塩」を使うだけでなく、 2つのものを一緒に混ぜ込みます。 それは、 「塩昆布」 「鰹節」 実はこのコンビは様々な 料亭などで隠し味として応用されています。 味は和風になり、 ご飯だけでなくお酒との相性も抜群になります。 ただ、日数がたつとこの風味は悪くなるので、 このレシピはできれば その日の内に食べたいレシピとなります。 他にも、少し甘めが好きな方は 「砂糖、からし」 辛めが良い方は 「豆板醤」 を使うものも人気なので試してみて下さい。 「きゅうり」の賞味期限、保存方法は? 「きゅうり」と言えば、 あまり長期保存できない印象があります。 通常「きゅうり」は 常温で3日程度 美味しく食べられる状態で保存できますが、 冷蔵庫でもそのまま寝かせておくだけでは、 常温の時よりもせいぜい 1日長く保存できる程度です。 一方で、 「きゅうり」の水気を取り 一本一本キッチンペーパー等で包み、 立てて保存すると 10日程度は保存できます。 しかし、様々な野菜がそうであるように、 「漬物」にしてしまうと、 「生」の場合と異なり 想像以上に長期保存が効きます。 「きゅうり漬物」の長期保存方法は? 「生のきゅうり」の保存期間が短く、 日持ちがしないと言われるのは、 「きゅうり」が極めて 水分の多い野菜だからです。 そこで、 「漬物」にして長期保存しようとする場合には、 「きゅうり」の水分を抜く技法による 「漬物」とすることが最適です。 そんな最も保存できる方法は 「きゅうり」を「塩」で 1週間から10日間漬け込み、 取り出した「きゅうり」に ザラメ糖と酢を加えて 冷蔵庫で漬けこむと 何と 半年持ちます。 さらに漬け替え、 ザラメ糖、酢を加え 冷蔵庫保存によって 何と 1年まで長期保存をできる 方法もあります。 どうでしたか? そもそも「漬物」は、 野菜を長期保存する方法の一つとして 今に引き継がれています。 中でも「きゅうり漬物」は 味、種類、保存期間のアレンジ幅が大きく、 楽しみかたも多い料理なので 一度チャレンジしてみて下さいね。

次の