あす の 東京 の 天気。 あすの東京 正午の気温2℃ 雪予想も

東京 東京地方(東京)の天気

あす の 東京 の 天気

雨に雪が交じり、路面がうっすら白くなるかもしれません。 真冬でもめったにない寒さです。 朝は東京都心でも雨に雪が交じり、路面がうっすら白くなる可能性があります。 あす昼前まで予想降雪量は、多い所、関東北部の山沿い20~40センチ、箱根・多摩、秩父・甲信10~20センチ、関東平野部 東京23区含む 1~5センチとなっています。 ピークはあす朝9時~10時頃で、午後は次第に止む見込みです。 予想より降水量が多く、寒気を上空から、ひきづり下ろす場合は、東京地方でも大雪の可能性があります。 東京都心 千代田区 の大雪警報は12時間で10センチの降雪、大雪注意報の基準は12時間で5センチの降雪です。 雪の日に開花するのは統計開始以来初めて。 3月22日に満開となり、その1週間後に雪予想ということで、今年の東京のサクラは雪続きになりそうです。 ちなみに1988年は4月8日に東京で9センチの雪が降り、満開近いサクラの枝が折れたというニュースがありました。 なお、関東の雪予想は非常に難しく、降水量や気温が0. 5度変わるだけで雨から雪にガラッと変わります。 例え、雪にならなくても厳しい寒さで、きょうとの気温差が大です。 体調管理には十分に注意しましょう。

次の

あすの天気は?

あす の 東京 の 天気

あす1月6日 月 の全国の天気をウェザーニュースキャスターの檜山沙耶がお伝えします。 西日本〜東日本は広く晴れて穏やかな空。 ただ、低気圧や前線が近づき、西からゆっくり天気下り坂。 7日火曜日は広く雨になるので、昼間の日差しを有効に活用してください。 東北日本海側は日差しが届いても、時々雪の降ることがありそうです。 北海道は、山沿いで雪が降ったり止んだりの空。 平野部では日差しが届いてもにわか雪の可能性があります。 道東オホーツク海側ではドカドカと雪が降ります。 暴風雪に警戒してください。 明日から仕事始めの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 あたたかくしてお過ごしください。

次の

【一番当たる】東京都板橋区の1時間毎の天気

あす の 東京 の 天気

最高気温と最低気温はともに、期間の前半は平年並か平年より高く、平年よりかなり高い所もありますが、後半は平年並か平年より低い見込みです。 降水量は、平年並か平年より多いでしょう。 最低気温・最高気温の欄の括弧内は気温の予測範囲を示しています。 実況の気温がこの範囲に入る確率はおよそ80%です。 信頼度は、3日目以降の降水の有無の予報について「予報が適中しやすい」ことと「予報が変わりにくい」ことを表す情報で、A、B、Cの3段階で表します。 信頼度 内容 A 確度が高い予報• 適中率が明日予報並みに高い• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない B 確度がやや高い予報• 適中率が4日先の予報と同程度• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が低い C 確度がやや低い予報• 適中率が信頼度Bよりも低い もしくは• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が信頼度Bよりも高い 平年値は次の値を掲載しています。 予報期間7日間で合計した降水量の平年並の範囲 予報4日目の最高気温・最低気温の平年値 各府県ごとの週間天気予報は、毎日11時と17時の2回発表しています。 期間の1日目と2日目については随時最新の天気予報を表示しています。 地方週間天気予報 その府県を含む地方予報区単位で見た向こう1週間の天気や気温などの概要です。 なお、「平年並」など平年との違いの程度を表す場合は、階級表現を用いています。 階級表現の詳細は、「」をご覧ください。

次の