世田谷区 精神科。 世田谷区の精神科の病院・クリニック 57件 【病院なび】

明大前メンタルクリニック|世田谷区の心療内科・精神科

世田谷区 精神科

精神科 精神科・ 神経科は、精神機能の障害や ストレスが原因で表れる 心の病気を専門とします。 ストレスは 体と心を同時に障害しますが、精神科は主に心からのアプローチを行います。 方法として、 精神療法や カウンセリング、 薬物療法などのいろいろな方法を使って治療を行う科です。 大人の心の病気( 不眠症・ パニック・ 神経症・ うつ病・ 統合失調症・ てんかん・ 人格障害・ マタニティブルー・ 心身症・ 分裂病・ 躁鬱病その他)、お年寄りの心の病気( 痴呆・ せん妄・ うつ病・その他)、子供の心の病気( 不登校・ 引きこもり・ いじめ・ 家庭内暴力・ チック・ 摂食障害・ 性格の問題・ 精神遅滞・ 子供の心身症・その他)、 アルコール依存症、 薬物依存症( シンナー・ 覚醒剤・ 睡眠剤・その他)、 アダルト・チルドレン( AC)、 ドメステック・バイオレンス( DV)などの症状。 心療内科・精神科・神経科• ストレスからくる慢性胃炎と不眠症が段々と酷くなっていき、ついに仕事に支障をきたすようになり、職場の産業医からの紹介で藁にも縋る思いで受診しました。 副院長先生に受診しましたが、とても優しくて父親の様な先生で、安心して相談出来ました。 薬もただ押し付けがましく強い薬を処方するわけではなく、話からぴったりの薬を処方してくれました。 私の場合は睡眠薬ではなく、もともと胃潰瘍の治療薬として使われ、若干の睡眠導入効果のある薬を処方してもらい、どうしても眠れない時の為の頓服薬として安定剤を処方されました。 通院して、嘘の様にパッと回復し、こちらの先生には本当に感謝しています。 院内清潔感• 心療内科・精神科・神経科• 鬱、パニック等で数年通院していました。 先生の感じは、あまり親身な感じではなく、事務的な感じでした。 診察は毎回1分位です。 私は、もっと症状の話を聞いて親身に考えていただける先生のほうが合っていたので、転院しました。 強い口調が苦手なPTSDを患っているかたには、あまりオススメできません。 私は時々、ドキドキしてしまいました。 症状がとても安定していて、貰う薬も決まっている方には良いのではないでしょうか。 病院は、清潔ですがビルの5階にあり窓がなく奥まった部屋なので、パニック障害の私にはとても息苦しく感じました。 エレベーターもゆっくりなので、予期不安が強い時は階段で下りることもありました。 院内清潔感.

次の

世田谷区の泌尿器科!夜間や土曜日も診療するクリニックを掲載

世田谷区 精神科

世田谷メンタルクリニックは小田急線豪徳寺駅および東急世田谷線山下駅すぐ近くの心療内科・精神科クリニックです。 私は、大学病院精神科や単科精神科病院での経験を踏まえ、常に最新の知見とエビデンスに基づく標準的な治療を身近な診療所で提供したい、という思いから、世田谷の住宅街に世田谷メンタルクリニックを開設しました。 当院の診療領域は心療内科および精神科全般になります。 心療内科とは本来は心身症を中心に診療を行う内科の一領域を指していましたが、時代の移り変わりとともに、軽症から中等症程度までに心の問題すべてを対象とする診療科、という意味で使われるようになってきました。 私は精神科医ですが、多くの方が「心療内科とはこういう科だ」と思う使われ方に従って、心療内科をあわせて標榜させていただいております。 ベッドのない小さな診療所ですので、身体的処置が必要な方や不穏興奮の著しい方の治療は困難です。 しかし、診断および治療方針の提案に関しては心療内科精神科領域のほぼすべてに対応が可能です。 薬物の選択および処方設計に関しては最小限のお薬で最良の治療効果を得ることを目指しています。 長期の治療が必要な場合には特定の高価な新薬に偏らず、費用対効果も念頭において処方をいたします。 生活保護法医療扶助および自立支援医療(精神通院)にも対応しております。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

世田谷区の精神科で口コミ評判のある病院とクリニック【お医者さんガイド】9件の該当があります

世田谷区 精神科

世田谷メンタルクリニックは小田急線豪徳寺駅および東急世田谷線山下駅すぐ近くの心療内科・精神科クリニックです。 私は、大学病院精神科や単科精神科病院での経験を踏まえ、常に最新の知見とエビデンスに基づく標準的な治療を身近な診療所で提供したい、という思いから、世田谷の住宅街に世田谷メンタルクリニックを開設しました。 当院の診療領域は心療内科および精神科全般になります。 心療内科とは本来は心身症を中心に診療を行う内科の一領域を指していましたが、時代の移り変わりとともに、軽症から中等症程度までに心の問題すべてを対象とする診療科、という意味で使われるようになってきました。 私は精神科医ですが、多くの方が「心療内科とはこういう科だ」と思う使われ方に従って、心療内科をあわせて標榜させていただいております。 ベッドのない小さな診療所ですので、身体的処置が必要な方や不穏興奮の著しい方の治療は困難です。 しかし、診断および治療方針の提案に関しては心療内科精神科領域のほぼすべてに対応が可能です。 薬物の選択および処方設計に関しては最小限のお薬で最良の治療効果を得ることを目指しています。 長期の治療が必要な場合には特定の高価な新薬に偏らず、費用対効果も念頭において処方をいたします。 生活保護法医療扶助および自立支援医療(精神通院)にも対応しております。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の