ツイッター モーメント と は。 【Twitter】意外と知らない!?モーメントの使い方まとめ

Twitter(ツイッター)モーメントを使い倒す! 企業が参考にできる活用事例11選

ツイッター モーメント と は

のモーメント機能はご存知でしょうか。 ざっくり言うと 複数のツイートをまとめることができる機能です。 何かのイベント関係のツイートをまとめたり、好きなイラストをまとめたりと用途は様々。 今回はそんなモーメントについてのお話です。 新UIでモーメント編集に 私はのアプリからを見ることが多いのですが、パソコンのブラウザからを使用する時もあります。 例えば、モーメントを作成、編集する時です。 これまではアプリ版でもモーメントの編集をすることができたのですが、いつしか ブラウザ版でしか編集できないように変更になっていたのです。 しょうがないなー、と思っていたのですが先々月の末頃(4月26日)、それは起こりました。 「新しい」を試してみませんか、という通知が出てきました。 アップデートがいつも不評なイメージのあるなので、まぁ試しにやってみるかくらいの軽い気持ちでクリックしたんですが、これでだいぶ困惑することになります。 新UI(:この場合表示方法・デザイン等を指す)では、モーメントの作成ができなくなっていたのです(閲覧はできる)。 私はけっこうモーメントを作成していたので、困りました。 元のUIに戻すかーと思っていたら…… 戻せません。 待て待て待て、聞いてないぞ。 いつでも従来のに戻せるとか書かれてなかった?? どうやら「従来のに切り替え」という項目がある人とない人がいる模様。 どういうこと? バグか?バグなんですか? よくわからないけど詰んだ。 モーメント編集できなくなるなら、先に告知してよ!!(心の叫び) 画面に向かって叫んでいてもしょうがないので、フィードバックをお寄せください、のところから至って冷静な文面でモーメントについての不満を述べました。 感が凄い。 これ本当に改善してくれるんだろうか。 気づいたら編集できるようになっていた、が…… そんなわけで新しいUIのを使っていて、気づいたら1ヶ月が経っていました。 そして今日、久々にモーメントを見てみようと思いました。 ひょっとしたら編集できるようになってたりしないかな、という期待を込めて。 すると…… 編集できるじゃん!!!!!!! ちょっと待って、いつの間に編集できるようになってるんですか。 告知ありました? 私と同じような要望を送った人がたくさんいたのかもしれません。 なんにせよこれは嬉しいです。 てっきりひっそりとモーメントが消えていくのかと思っていたので。 モーメント編集できなくなって、ツイートを追加できなくなり1ヶ月経っていたので朗報でした。 しかし、ここでまたしても新UIの壁に阻まれることとなります。 しかし新UIではそれができません。 こんな感じでモーメント編集の画面から追加するしかないようです。 しかもこれ、いいねしたツイートは無限に遡れるわけでなく、制限があります(そんなに戻れない) ですので、ちょっと前にいいねしておいたツイートをモーメントに入れたいなーと思っても範囲外だと無理です。 うーん、なぜ個別ツイートから追加できないようになったのか…… 要望は送りつつ、順応する とりあえず、個別ツイートからモーメントへの追加ができると嬉しいという旨の要望を送ってみようと思います。 応えてくれるかはわかりませんがやらないよりはやったほうがよいはずですし。 と同時に、今の形式に順応できるよう、使って慣れてみようと思います。 ひょっとしたら新しいUIのほうが使いやすくなるかもしれませんしね。

次の

【Twitter】意外と知らない!?モーメントの使い方まとめ

ツイッター モーメント と は

モーメントが不便になっちゃった話 現状のモーメントのとくに使いづらいところは下記の5点です。 スマホからだと作れない・編集できない• 作ったモーメント一覧ページのURLを見せられない• どこにあるのかわかりにくい• ツイートをサクッと追加できない• 1モーメントにつき100件しかツイートをまとめられない 昔はそうでもなかったのに、 機能が縮小されていってしまったんですよね。 とくにスマホから編集できなくなったのは厳しいです…… これらの不便をすべて解消してくれた 上位互換ツールmin. tでできること さて、モーメントに代わる「」は、 「」と同じ会社のサービスです。 togetterは、複数のツイートをまとめることに よく使われている人気のツールですが、 それとほぼ同じ機能で モーメント的なまとめを作れるのがmin. tです。 togetterは、不特定多数の人たちに見られること前提の オープンなまとめに向いていて、 min. tは、プライベートなまとめを作るのに向いています。 (togetterには「人気ランキング」や 「あなたにオススメのまとめ」などがついていますが、 min. tにはそれがない、など) モーメントとmin. tの比較 モーメントとmin. tの使い勝手を比較しました。 モーメント min. togetter. tはだいぶ かゆいところに手が届くと感じます。 モーメントの操作感について補足 モーメントで、まとめたいツイートを 探すのはなかなか大変なんですよね。 「いいねしたツイート」から探す• 「アカウント別」に探す• 「キーワード検索」で探す• 「直接URL入力」で取得 この4種類の方法でツイートを取得できるのですが…… 一度に表示されるツイート数が少なく、 1ツイート1ツイートの表示が大きいため、 やってみるとわかりますが サクサクとはまとめられず残念です。 min. tの操作感について補足 逆にmin. tでは、まとめたいツイートを 拾いやすい機能が揃っています。 TLから探す• 自分のホームから探す• 自分宛てのリプライの中から探す• 自分がしたいいねの中から探す• 自分の作ったリストの中から探す• 特定のツイートURLを直接入力して取得• モーメントやTwilogなどのURLを直接入力して、 そのページに含まれるツイートを一括で取得• 高度なキーワード検索で探す などなど…… それ以外にも、実はツイートだけでなく、 画像やYouTube動画など他のコンテンツも 探して貼ることができます。 任意のテキストもはさめますし、 ただのツイートまとめではなく、 補足追記を入れてみたりなんかもできます! モーメントからmin. tに切り替えたい! というとき、今までに作ったモーメントの内容を min. tにもってくるのが面倒に思えますが、 手間なく引っ越しできます! 先ほど挙げた、min. tでのツイート取得機能の中に 「モーメントやTwilogなどのURLを直接入力して、 そのページに含まれるツイートを一括で取得」 というポイントがありました。 これを使います! まとめ編集画面の「URL」ボタンをクリックします。 するとこんな画面が出ます。 「ページのURLを指定してツイートを一括読み込み」 にモーメントのURLを貼れば、 自動でモーメントの内容をコピーしてくれます! モーメントからmin. tへの引っ越しのすすめでした。

次の

Twitterの「モーメント」は廃止された!?実はスマホで簡単に作成する方法あります。

ツイッター モーメント と は

T氏が本日の空模様を見て「俺がてるてる坊主になるしかないのか……」とキリっとした顔をしています。 髪の毛全ゾリとか怖いからやめてくださいネ。 「Facebook、Twitter、Instagramで「いいね」を集めて出店料キャッシュバックキャンペーン!」というすごい長いタイトルの出店者向けキャンペーンを行ったり、 「来場者おいでおいでキャンペーン」というタイトルだけでは何が何だかわからないクーポン券交換キャンペーンなどを行ったりしています。 詳しくはこちら。 今回のブログの見出しはコチラです!• Twitterで利用できる「モーメント機能」とは? 2016年の10月くらいから日本のユーザーにも徐々に展開されている機能ですが、簡単に言うと 「任意のtweetをまとめて設置することができる機能」です。 モーメントは「瞬間」という意味ですが、他に「束の間」や「一時」「片時」といった意味合いもあります。 ちょっとの間で必要な情報のみをまとめて提供できる機能、と理解することができます。 公式からも「モーメント」というコンテンツが追加され、ニュースやエンタメで展開されています。 企業PRに活用するのはなかなかに楽しい機能なんですね。 Twitterのモーメントの作り方 それではこのモーメント、作成していきましょう! フローはこんな感じ。 ホーム画面からプロフィール画面へ移動、モーメントをクリックし、「モーメントを作成」をクリックする• タイトル、説明、カバーを選ぶ。 モーメントに追加するツイートの種類を選ぶ• モーメントに追加するツイートを選んでいく• モーメントを公開する。 ホーム画面からアカウント画面へ移動、モーメントをクリックする ホーム画面からプロフィールのアイコンをクリックします。 「モーメント」をクリックします。 「モーメントを作成」をクリックします。 タイトル、説明、カバーを選ぶ。 モーメントに追加するツイートの種類を選ぶ モーメントのタイトル、その説明のテキストを記入します。 カバーとは、モーメントがツイートされたり、表示されたりするときの 表紙のようなものです。 モーメントに登録したツイートから引っ張ってくることもできますが、ここでは作成したものを利用します。 カバーサイズはスマートフォンに合わせて制作しています。 あとでそれぞれPCとモバイルでトリミングが可能ですので、このサイズ内で なんとなく正方形カットができるようなデザインにしていきます。 セットするとこんなナビが。 正方形プレビュー(PCで表示) モバイル表示 注意したいところは、モバイルで表示する場合、 下半分くらいはテキストがはいってきます。 文字を見せたい場合は上に寄せていくといいですね。 下のほうにいくと、モーメントに追加するツイートの種類を選べます。 今回は「アカウント別ツイート」を選びます。 そのまま下に出てきたツイートの中から、出店者様のご紹介ツイートを選んでいきます。 あらかた選んでしまうと、 それ以上ツイートが出てこない場合があります。 この場合は いったん公開作業を先に終わらせて、プロフィールページに戻りましょう。 該当ツイートの右上のナビボタンから、モーメントにツイートを追加することができます。 (下記) 公開ボタンを押す 最後、右上にある「モーメントを公開」でモーメントを公開することができます。 「後で」にすると、モーメントそのものが下書き状態になります。 公開時、モバイル用にモーメントに追加したツイート内の画像を、きれいにトリミングすることができます。 必要な場合は一枚一枚作業することができます。 「モバイルでも全体画像を表示」にチェックを入れると、縮小されて画像にならないところは黒で表示されます。 最終確認をされますので、「モーメントを公開」をクリックします。 自動で共有ツイートが出てきます。 ちょっとさぎょうするので今回は右上のバツボタンを押して、画面に戻ります。 完了ボタンで戻ります。 モーメントが増えていますね! さあ、プロフィールのTLから該当するツイートをどんどんモーメントに追加していきましょう! 最終的にこんな画面に。 すると下記のようにプロフィール画面になったときに、必ず一番上に出てくるように設定できます。 固定表示はいくつでも可能ですが、あまり数多くやると「どれが最新のツイートなの?」となってしまいますので、モーメントをうまく活用して上手にPRしていきたいですね!.

次の