グレア 継承。 【PSO2】グレア系能力の性能と継承方法まとめ

グランマギアー

グレア 継承

5 詠唱中に攻撃を受けると詠唱キャンセルされる 詠唱:2秒 硬直:1秒 マジチャージ 400 術者補助 次に使う攻撃魔法の威力が上昇する 2回まで重ね掛け可能 1段階目1. 05)倍 2段階目1. 7秒 硬直:0. 2割ほど低いが、 連撃耐性を持つ相手に強く、マジワインダーでの雑魚一掃力は驚異的。 ソーサラーの足りないところを補った攻撃魔法といえる。 【マジワインダー】ノヴァグレアとの相性が非常によく、簡単に7F、ワグティカ、ヨモツビ一掃を可能にする。 この二つのスキルは、グランマギアーの代名詞と言えるスキルであり、70近くまでのレベル上げを容易にしてくれる。 ただし、Lvを上げる事で範囲や威力は向上するが効果時間が長くなることで長期間単体への攻撃が非常に弱くなってしまうため、 ボス戦で使うことを考えるとレベルを上げ過ぎない方がいい場合もある。 (例:Lv3で止めるなど) 【マジバースト】課金でリンク枠を増やすorマモアールをリンクから切る人に強くお勧めできるスキル。 3種類目までの魔法を当てきると、非常に火力の伸びが良い。 一方、無課金で且つマモアールをリンクから外せない人は、 マジバーストが本当に必要なのか一考するべきだろう。 少なくとも、すぐに必要になるスキルではないはずだ、 決心が付かなければスキルポイントを振らずに残しておいても良い。

次の

特殊能力追加

グレア 継承

触媒について アンジュールグレア、ベラージュグレア、ドゥミヌスグレアの3つは、特殊能力「ディバインウィル」「ディバインオーダー」を触媒に使うことで、成功確率をアップさせることができます。 白い浸食核からはディバインウィル。 黒い浸食核からはディバインオーダー。 ですが、黒い浸食核の方は、出現率がとても低いため、触媒利用には不向きです。 なので触媒に使うならディバインウィルのほうが現実的。 ディバインウィル8スロットは、今回用意したものは450,000メセタほどでした。 継承に成功したらマイショップ出品します。 ついに1m台が出てきました。 もちろんグレア系によって価格は異なります。 現在アンジュールグレア8スロットは最安値8m、ベルージュグレア8スロットは最安値6mほどでした。 ではでは今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

【PSO2金策】終の戦艦はメセタ的にかなり美味しいクエスト

グレア 継承

こんにちは、初井佳乃(そめいよしの)です。 今回は、前回の報酬期間で作成した4スロットユニットから特殊能力を移植しました。 シオンユニットにアップグレードがきたら、マーク付与して7スロットへ拡張したいと思います。 今回は、『マギスティル』でいくつかのクトを回ってみました。 本当はディバイドクトのボス戦をアップしたかったのですが、ソロでは『ヴァルナ』と遭遇できていないため、今回は見送ることにします。 今回挑んだクトは、下記3クトです。 この能力付与の時点では、モジュールが揃っておらず、アップグレードは断念しました。 『スティルロッド』の必要素材に関しては、実装時に『タリシャンテオーブ』が必要なことが判明しましたが、残念ながら私は持っておらず、毎週コバルトメダルで交換入手すること6週間を要しました。 グラーニアは4週間ほどで入手できましたので、結局モジュールを揃えることが1番大変だったと思います。 モジュールを集めること、実に8週間ですね。 待てない場合はメセタの力で解決したほうがいいと思います。 今回はTwitterに投稿しているSSに関する内容です。 PSO2のゲーム内プレイとは関係ない話になりますので、ご了承ください。 今回は、ディバイドクトのソロ練習について書きたいと思います。 5月13日~5月27日まで、ディバイドクトにブーストがかかっていたり、クリア報酬が追加されていたりするので、なかなかマッチングしないというかたにもおすすめです。 ディバイドクトのボス戦では、練習も兼ねてロッドを使うようにしています。 もうすぐマギスティル(スティルロッド)が完成するのですが、まだモジュールが足りないため、光跡杖サルバシオンを使っています。 光跡杖サルバシオン ユニットは相変わらず、3部位シュベルユニットにしています。 バランス型にしているので火力面では若干劣りますが、耐久面では安定しているので気に入っています。 リア/シュベルギブス アーム/シュベルリット レッグ/シュベルセルブ ボス戦は練習という意味合いと、撃破時のドロップもあるので、確実に倒せるステップでやるとよさそうです。 今回はステップ10のエクゼクル戦です。 何やっているのかわからない部分もあると思いますが、 単なる操作ミスなので、私自身、何をやっているのか理解に苦しみます…… エクゼクル戦のイメージとしては、最初に裏周りしてお尻部分へロックオン、座標テクニックで部位破壊後、正面の弱点部位にロックオンして追尾テクニックを使うように立ち回っています。 『サ・フォイエ』は操作ミスなので意味はないです…… ボスを倒すと、低ステップでもモジュールがドロップすることがあります。 モジュールはそこそこ高値で売れるので、スティル武器作成予定のないかたでも、入手してマイショップで販売することができます。 ぜひ、手に入れたいですね。 グレアは『ヴァルナ・グレア』を例にしていますが、現存する全グレアは継承方法および継承率は一緒のため、どのグレアでも同じように継承できます。 『レヴリー・カタリスト』と『オメガ・メモリア』同時乗せの素材、および、『レヴリー・カタリスト』と『ヴァルナ・グレア』同時乗せの素材に関しては、 片方が落ちても4スロットになるよう、5スロットへ拡張しながら合成しています。 また、『最終合成』、および、『アストラル・ソール』と『・ファクター』同時乗せの素材に関しては、 『特殊能力保護(4枠以下)』を使用しています。 まずは 『特殊能力(レヴリーC)』使用例です。 4スロットユニットを作成した後は、特殊能力移植で多スロットユニットの作成に使用します。 以下ツイートは8スロット作成時のものですが、移植パスが大量に必要となり、完成までに時間を要するため、6~7スロットで妥協するのもありだと思います。

次の