ナキウズラ。 ナキイスカ

ウズラ

ナキウズラ

2010年の定例調査で、サンパウロの Sierra do Mar山域に残っているカオグロナキシャクケイは僅か1羽であることが分かりました。 SAVE Brasil (ブラジルのバードライフ・パートナー)のチームは直ちに本種の再導入計画のために大西洋岸森林内にカモフラージュを施した巨大なケージを作りました。 それから6年、状況は元に戻りつつあります。 カオグロナキシャクケイは新しい環境に適応しつつあり、地元住民も本種の生息地がダメージを受けないようにチェックしています。 は世界的な絶滅危惧種で、南アメリカの太平洋岸森林の固有種です。 密猟と生息地の喪失により本種はブラジルのリオデジャネイロ州、エスピリトサント州、バイーア州などの本来の分布域の大部分で地域的に絶滅してしまいました。 本種の元々の生息地はブラジルの南バイーアからリオグランデ・ド・スル州、アルゼンチン北部およびパラグアイまで広がっていました。 本種の飼育下繁殖は成功例が多数あったため、再導入と個体数の補充の可能性があることは示されています。 このプロジェクトはカオグロナキシャクケイの飼育管理と放鳥で個体数を増やすことにより、本種の再導入とモニタリング・プログラムを実施し、本種の保護状況を改善することを目指すものです。 発信機を装着して放鳥されたカオグロナキシャクケイ 写真提供 Ricardo Boulhosa カオグロナキシャクケイ・プロジェクトは、二つの科の鳥に焦点を絞った調査がサンパウロ州のSerra do Mar山脈で行われた2010年に始まりました。 ホウカンチョウ科(ヒメシャクケイ、クロシャクケイ、オオホウカンチョウなど)とシギダチョウ科(シギダチョウ、ウズラシギダチョウなど)の2科です。 この調査では1年間で160kmもの長さに及ぶ調査地で調査が行われたにもかかわらず、わずか1羽のカオグロナキシャクケイしか記録されませんでした。 この鳥はさまざまな果実を食べ、その種子を散布して森林の再生を助けると言う重要な生態的役割を持っているので、この状況は懸念されるべきものでした。 最初の調査で本種の個体数が激減しており、この地域では絶滅寸前であることが明らかになりました。 新たな個体数調査が2015年にSerra da Mantiqueira山脈で行われましたが、この地域では1羽も記録されませんでした。 個体数の補充など種の管理対策が必要であること、長期的に個体数を保全することが緊急課題であることがわかりました。 これらの調査により、本種の個体数補充プログラムの必要性が明らかとなりました。 ケージは長さ15メートル、幅8メートル、高さ8メートルの大きさで、大西洋岸森林内に設置されました。 ケージ内で鳥は飛行の練習や、放鳥される環境に順化することが出来ます。 ケージはカオグロナキシャクケイが大西洋岸森林の環境に慣れるのに十分な大きさ 写真提供: Ricardo Boulhosa 2016年3月に個人のブリーダー(CESP)から複数のカオグロナキシャクケイがSerra da Mantiqueiraのケージに持ち込まれ、ここで放鳥の準備が行われました。 3ヶ月の間に鳥は飛行や、採餌、捕食者認識の訓練や、個体間の社会的交流の評価や行動追跡が行われました。 そしてついに2016年6月28日、9羽のカオグロナキシャクケイがSerra da Mantiqueiraで放鳥されました。 これらの鳥は人工衛星や、野外調査、地元のコミュニティのバードウォッチングなどによって追跡されています。 放鳥の一週間後、ケージから1キロ離れた地元住民の所有地にカオグロナキシャクケイが発見されたとのニュースが入りました。 この個体は放鳥6日後にケージの付近で観察されたもので、同じように放鳥された雌と一緒でした。 プロジェクトチームは放鳥した鳥がうまく自然環境に適応している様子を目の当たりにし、これまでの放鳥の結果にワクワクしています。 ケージから離れた場所で見られた個体とは別に、数羽が森の中で果実を食べているのも観察されています。

次の

ブラジルでのカオグロナキシャクケイの再導入

ナキウズラ

最近、白鳥ずけですが・・・、フィールドで「白鳥屋さん」から白鳥の識別方法とか種類のお尋ねがあるので(オオハクチョウとかコハクチョウの名前を知ってても、何処で決めるのか良くわかってないみたいです)、ナキハクチョウ(英名トランペッター・スワン)の「復刻・観察記」を書いておきます。 ナキハクチョウ(英名トランペッター)は、いささか縁があって、1991年12月に鳥友のKさんから「11月下旬に北上川・明治橋上流(盛岡市)でクロちゃんを撮った」と写真を見せられた。 私は、テレビのニュースで流れてた「伊豆沼で日本初のナキハクチョウ観察12月中旬」の事が頭に残っていたので、「もしかして、口角に黄色い部分が無いし、全部真っ黒だからナキハクチョウかも?山階鳥研の写真を送って、同定してもらう代物だと思うんだけど」と言って別れた。 その後の鳥研からの返事は「ナキハクチョウとの同定」とのことでした。 ナキハクチョウ(英名トランペッター)は、「誤認騒ぎ」を起こす野鳥で、1992年2月に、北上市展勝地の北上川で「ナキハクチョウ現れるの地元TVニュース」が流れ、翌日出かけて見たら、「亜種アメリカコハクチョウ」だったので、がっかりでした~。 口角に1ミリ位の黄色い部分が見えたので、「トランペッターではなくアメコです」と・・・生意気にも超初心者ながら「アメコ宣言」です。 (洋書の世界中のガンカモ図鑑を持ってました) が・・・、2ヵ月後の1992年4月2日。 また「ナキハクチョウが北上市展勝地で確認」のニュースがありました。 なき声に特徴があり「バウバウと重低音」で鳴いてました。 甲高い白鳥とは違ったので、なき声でも識別できると思いました。 嘴に黄色い部分が1ミリでもあれば「アメコ」なので、識別・記録用に嘴をアップで撮影しました。 当時は記録写真でOKだったので、フィルムがもったいないので「1枚パチリと撮れればOK」でした~。 久慈市の長内橋でよく仕事してたので、ハクチョウが来る場所はわかっていたので、一発で「ナキハクチョウ」を見つけました。 まだニュースが流れてないので、現地は私一人だけでした~。 変に近寄り、逃がしてはいけないと思い、車から双眼鏡で見ていたら、「おばあちゃんと幼い女の子が白鳥にパンをあげに来た」ので、同行し、リコーのコンデジで撮影しました。 まったく逃げないナキハクチョウにびっくりでした。 ナキハクチョウもオオハクチョウも白鳥で、「クロちゃん」と言ってパンをあげてました。 1ヵ月前からいるような事を言ってました。 「トランペッター(和名ナキハクチョウ)を一日独り占めできるなんて・・・」信じられない事がおきた2006年2月9日でした~。 (200人位)カメラマンの車も関西、関東、東北、北海道と、岩手県内で、こんな数のカメラマンを見たのは初めてです。 流石は「全国区の珍鳥トランペッター(和名ナキハクチョウ)」と言うことですね。 トランペッターは陸に上がる事なく、長内川のオオハクチョウの群れと行動を共にしてました。

次の

野鳥素材集

ナキウズラ

下記は新生代の地層から発掘された絶滅したキジ類と世界に生息するキジ類である。 括弧内の説明は絶滅種では生息した年代、現存種では生息地域。 年代表記は486~404万年前は486万年前から404万年前の間と読む。 億年前は古生代と中生代および新生代、万年前は新生代だけを示す。 その年代区分は 地質時代区分表を参照。 下記は進化の系統樹の一部である。 Kingdom 動物界• Phylum 脊索動物門• Subphylum 脊椎動物亜門• Infraphylum 顎口上綱 有顎類• Class 鳥類• Subclass 現生鳥亜綱• Infaclass 古顎下綱• Infaclass 新顎下綱 8350万年前~• Superorder キジカモ上目 8350万年前~• Order カモ目 6科、60属、178種; 7060万年前~• Order キジ目 9科、81属、296種; 8350万年前~ シルビオルニス科 シルビオルニス 181~1万年前; 1.7m ツカツクリ.

次の