れつ あく える。 本当に幸福なのはどんな人か — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

れつあく を ドイツ語

れつ あく える

どうも、えるあくです。 新フェス限 覚醒ロザリンドの性能をチェックして評価していきます。 ATK,INT共に1200万族、は56と高めで文句なしの性能です。 1200族+フェス補正の場合は 1350万族に少し劣る、1300万族くらいの数値になります。 ダメージ増加が本当にやばいですね。 つまり 魔ビリティによるダメージ増加はその数値分そのまま増えます。 覚醒ロザリンドであれば最終ダメージを 1. 5倍にします。 フーカは対単体だけで、固有スキルも威力Bが最大なので 威力Bが実質S相当の威力になって強いけど全体攻撃できないしダメ増加もないから ちょっと環境にはあわない対単体特化キャラだったけど 覚醒ロザリンドは違います。 全て風属性がついています。 もし風属性耐性がきたら…と思うと主力キャラが使い物にならなくなる恐ろしさ…。 銃スキルは全体攻撃が豊富なのでそちらでカバーできます。 が、火属性がついてる 散弾クラフトが最低コストの35なんですよね。 散弾クラフトが 属性つきであることはデメリットですが、 2属性あってもどっちも耐性ってことは早々ないのでまあ大丈夫でしょう。 モータルリバレートはどうなんでしょう。 これなら ト修羅などの 5WAVEにも対応できますね。 これ以上やるなら5凸ロザリンドを増やす、ロザリンド7凸魔ビを利用して天使兵女ラハールちゃんのSPを2回付与するなどで解決する必要があります。 火属性なしにするためのカバーが大変すぎる。 5倍なので威力D相当の全体技を毎ターン撃てますからね。 ステータスが実質1300万族なのもあり、高威力が期待できます。 S技ないし…と悲観するどころか超えちゃってますね。 属性つきですが強いです。 ただし、メインとなる 散弾クラフトの火属性がデメリット。 一応対応策を使えばマジカルレインに切り替えれるけど万能な活躍は難しい。 レイドで風耐性持ちがきたらそれだけで高ダメージは狙えない。 個人的には現環境トップTierに置いていいキャラだと思います。 せっかくのフェス限キャラをそんな使い方するのはもったいないですが…。 おわり もうすぐ討伐戦動画あげるかも eruakuburogu223.

次の

「れつあく」に関連した英語例文の一覧と使い方

れつ あく える

イエスが 伝 でん 道 どう 期 き 間 かん 中 ちゅうに 繰 くり 返 かえし 教 おしえたのは, 祈 いのりのことだけではありません。 ガリラヤでイエスの 奇 き 跡 せきを 見 みた 人 ひと 々 びとは,そうした 奇 き 跡 せきは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しの 支 し 配 はい 者 しゃの 力 ちからによるのだと 批 ひ 判 はんしました。 今 こん 回 かい,ユダヤの 人 ひと 々 びとも 同 おなじことを 言 いいます。 イエスは, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しのせいで 口 くちが 利 きけなかった 男 だん 性 せいを 癒 いやします。 群 ぐん 衆 しゅうはとても 驚 おどろきますが,イエスに 敵 てき 対 たいする 人 ひとたちはガリラヤの 人 ひと 々 びとと 同 おなじ 批 ひ 判 はんをし,こう 言 いいます。 「 彼 かれは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しの 支 し 配 はい 者 しゃベエルゼブブの 力 ちからで, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だしているのだ」。 ()また,イエスが 何 なに 者 ものであるかを 突 つき 止 とめたくて, 天 てんからのしるしをもっと 見 みせてくれるよう 頼 たのむ 人 ひとたちもいます。 イエスは 彼 かれらが 自 じ 分 ぶんを 試 ためそうとしていることに 気 き 付 づき,ガリラヤの 人 ひと 々 びとにしたのと 同 おなじ 返 へん 事 じをします。 まず, 内 ない 部 ぶで 分 ぶん 裂 れつしている 王 おう 国 こくはどれも 倒 たおれてしまうと 話 はなしてから,「サタンも 自 じ 分 ぶん 自 じ 身 しんに 敵 てき 対 たいして 分 ぶん 裂 れつしているなら,その 王 おう 国 こくはどうして 長 ながく 続 つづくでしょうか」と 尋 たずねます。 それから 彼 かれらに 対 たいしはっきりこう 言 いいます。 「 私 わたしが 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だすのが 神 かみの 力 ちから[または 指 ゆび]によるのであれば, 神 かみの 王 おう 国 こくはもうあなた 方 がたの 所 ところに 来 きています」。 () イエスがそう 言 いった 時 とき, 人 ひと 々 びとはイスラエルの 歴 れき 史 しで 生 しょうじたある 出 で 来 き 事 ごとを 思 おもい 出 だしたことでしょう。 ファラオの 宮 きゅう 廷 ていにいた 人 ひとたちはモーセが 行 おこなった 奇 き 跡 せきを 見 みた 時 とき,「これは 神 かみの 力 ちから[または 指 ゆび]です!」と 叫 さけびました。 また, 石 いし 板 いた2 枚 まいに 十 じっ 戒 かいを 書 かき 記 しるしたのも「 神 かみの 指 ゆび」でした。 ()その 同 おなじ「 神 かみの 指 ゆび」つまり 聖 せい 霊 れいによって,イエスは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だしたり 病 びょう 気 きを 癒 いやしたりしています。 イエスはそれを 神 かみから 指 し 名 めいされた 王 おうとして 行 おこないました。 ですから, 神 かみの 王 おう 国 こくはイエスの 反 はん 対 たい 者 しゃたちの 所 ところに 来 きていると 言 いえるのです。 イエスが 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だせることは,イエスがサタンを 支 し 配 はいできる 証 しょう 拠 こです。 それは, 十 じゅう 分 ぶんに 武 ぶ 装 そうして 邸 てい 宅 たくを 守 まもっている 人 ひとをもっと 強 つよい 人 ひとが 打 うち 負 まかすのと 同 おなじです。 ここでイエスは, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しが 出 でていった 人 ひとの 例 たとえをもう 一 いち 度 ど 話 はなします。 その 人 ひとは 自 じ 分 ぶんを 良 よいもので 満 みたさなかったので, 最 さい 初 しょの 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しが7 人 にんの 天 てん 使 しを 連 つれて 戻 もどってきてしまい, 最 さい 終 しゅう 的 てきな 状 じょう 態 たいは 最 さい 初 しょより 悪 わるくなるのです。 ()これはイスラエル 国 こく 民 みんの 状 じょう 態 たいにぴったり 当 あてはまります。 ここで, 話 はなしを 聞 きいていた 1人 ひとりの 女 じょ 性 せいが,「あなたを 産 うんで 乳 ちちを 飲 のませた 女 じょ 性 せいは 幸 こう 福 ふくです!」と 大 おお 声 ごえで 言 いいます。 ユダヤ 人 じんの 女 じょ 性 せいたちは 預 よ 言 げん 者 しゃの 母 はは 親 おや, 特 とくにメシアの 母 はは 親 おやになりたいと 願 ねがっていました。 それでこの 女 じょ 性 せいは,こんなに 素 す 晴 ばらしい 教 きょう 師 しの 母 はは 親 おやになったマリアは 幸 しあわせだ,と 思 おもったのでしょう。 しかしイエスは, 本 ほん 当 とうに 幸 こう 福 ふくなのはどんな 人 ひとかを 教 おしえ,「いいえ, 神 かみの 言 こと 葉 ばを 聞 きいて 守 まもっている 人 ひとたちこそ 幸 こう 福 ふくです!」と 言 いいます。 ()イエスは,マリアに 名 めい 誉 よが 与 あたえられるべきだということは 絶 ぜっ 対 たいに 言 いいませんでした。 むしろ, 男 だん 女 じょを 問 とわず 本 ほん 当 とうの 幸 こう 福 ふくは, 血 けつ 縁 えん 関 かん 係 けいや 達 たっ 成 せいした 事 こと 柄 がらではなく, 神 かみに 忠 ちゅう 実 じつに 仕 つかえることから 味 あじわえると 教 おしえたのです。 イエスはガリラヤで 行 おこなったように,しるしを 求 もとめた 人 ひとたちを 非 ひ 難 なんします。 そして,「ヨナのしるし」 以 い 外 がいのしるしは 与 あたえられないと 言 いいます。 ヨナは 魚 さかなの 中 なかに3 日 か 間 かんいたこと,また 大 だい 胆 たんに 伝 でん 道 どうしたことでしるしとなり,ニネベの 人 ひと 々 びとは 悔 くい 改 あらためました。 イエスはこう 言 いいます。 「しかし 見 みなさい,ヨナを 上 うわ 回 まわる 者 ものがここにいます」。 ()さらにイエスは,シェバの 女 じょ 王 おうが 知 ち 恵 えを 聞 きくためにやって 来 きたソロモンを 上 うわ 回 まわる 者 ものでもあります。 イエスは 話 はなしを 続 つづけ,「 人 ひとはランプをともした 後 のち,それを 人 ひと 目 めに 付 つかない 所 ところや 籠 かごの 下 したではなく, 台 だいの 上 うえに 置 お」く,と 言 いいます。 ()イエスは,これらの 人 ひと 々 びとの 前 まえで 教 おしえたり 奇 き 跡 せきを 行 おこなったりするのはランプを 人 ひと 目 めに 付 つかない 場 ば 所 しょに 置 おくようなものだ,と 言 いっていたのかもしれません。 彼 かれらの 目 めの 焦 しょう 点 てんは 合 あっていないので,イエスの 奇 き 跡 せきの 目 もく 的 てきを 理 り 解 かいできないのです。 イエスは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だし, 口 くちが 利 きけなくなっていた 男 だん 性 せいが 話 はなせるようにしました。 それを 見 みた 人 ひとたちは 神 かみを 賛 さん 美 びし,エホバが 行 おこなっていることを 他 たの 人 ひとに 話 はなすよう 動 うごかされるはずです。 しかし,イエスを 批 ひ 判 はんした 人 ひとたちはそのような 反 はん 応 のうをしません。 そのためイエスは 彼 かれらにこう 警 けい 告 こくします。 「それで,あなたの 内 うちの 光 ひかりが 闇 やみにならないように 用 よう 心 じんしていなさい。 あなたの 体 からだは, 全 ぜん 体 たいが 明 あかるく 少 すこしも 暗 くらい 所 ところがないなら,ランプが 照 てらすときのように 全 まったく 明 あかるいでしょう」。

次の

ひまひまチャンネル

れつ あく える

イエスが 伝 でん 道 どう 期 き 間 かん 中 ちゅうに 繰 くり 返 かえし 教 おしえたのは, 祈 いのりのことだけではありません。 ガリラヤでイエスの 奇 き 跡 せきを 見 みた 人 ひと 々 びとは,そうした 奇 き 跡 せきは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しの 支 し 配 はい 者 しゃの 力 ちからによるのだと 批 ひ 判 はんしました。 今 こん 回 かい,ユダヤの 人 ひと 々 びとも 同 おなじことを 言 いいます。 イエスは, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しのせいで 口 くちが 利 きけなかった 男 だん 性 せいを 癒 いやします。 群 ぐん 衆 しゅうはとても 驚 おどろきますが,イエスに 敵 てき 対 たいする 人 ひとたちはガリラヤの 人 ひと 々 びとと 同 おなじ 批 ひ 判 はんをし,こう 言 いいます。 「 彼 かれは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しの 支 し 配 はい 者 しゃベエルゼブブの 力 ちからで, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だしているのだ」。 ()また,イエスが 何 なに 者 ものであるかを 突 つき 止 とめたくて, 天 てんからのしるしをもっと 見 みせてくれるよう 頼 たのむ 人 ひとたちもいます。 イエスは 彼 かれらが 自 じ 分 ぶんを 試 ためそうとしていることに 気 き 付 づき,ガリラヤの 人 ひと 々 びとにしたのと 同 おなじ 返 へん 事 じをします。 まず, 内 ない 部 ぶで 分 ぶん 裂 れつしている 王 おう 国 こくはどれも 倒 たおれてしまうと 話 はなしてから,「サタンも 自 じ 分 ぶん 自 じ 身 しんに 敵 てき 対 たいして 分 ぶん 裂 れつしているなら,その 王 おう 国 こくはどうして 長 ながく 続 つづくでしょうか」と 尋 たずねます。 それから 彼 かれらに 対 たいしはっきりこう 言 いいます。 「 私 わたしが 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だすのが 神 かみの 力 ちから[または 指 ゆび]によるのであれば, 神 かみの 王 おう 国 こくはもうあなた 方 がたの 所 ところに 来 きています」。 () イエスがそう 言 いった 時 とき, 人 ひと 々 びとはイスラエルの 歴 れき 史 しで 生 しょうじたある 出 で 来 き 事 ごとを 思 おもい 出 だしたことでしょう。 ファラオの 宮 きゅう 廷 ていにいた 人 ひとたちはモーセが 行 おこなった 奇 き 跡 せきを 見 みた 時 とき,「これは 神 かみの 力 ちから[または 指 ゆび]です!」と 叫 さけびました。 また, 石 いし 板 いた2 枚 まいに 十 じっ 戒 かいを 書 かき 記 しるしたのも「 神 かみの 指 ゆび」でした。 ()その 同 おなじ「 神 かみの 指 ゆび」つまり 聖 せい 霊 れいによって,イエスは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だしたり 病 びょう 気 きを 癒 いやしたりしています。 イエスはそれを 神 かみから 指 し 名 めいされた 王 おうとして 行 おこないました。 ですから, 神 かみの 王 おう 国 こくはイエスの 反 はん 対 たい 者 しゃたちの 所 ところに 来 きていると 言 いえるのです。 イエスが 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だせることは,イエスがサタンを 支 し 配 はいできる 証 しょう 拠 こです。 それは, 十 じゅう 分 ぶんに 武 ぶ 装 そうして 邸 てい 宅 たくを 守 まもっている 人 ひとをもっと 強 つよい 人 ひとが 打 うち 負 まかすのと 同 おなじです。 ここでイエスは, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しが 出 でていった 人 ひとの 例 たとえをもう 一 いち 度 ど 話 はなします。 その 人 ひとは 自 じ 分 ぶんを 良 よいもので 満 みたさなかったので, 最 さい 初 しょの 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しが7 人 にんの 天 てん 使 しを 連 つれて 戻 もどってきてしまい, 最 さい 終 しゅう 的 てきな 状 じょう 態 たいは 最 さい 初 しょより 悪 わるくなるのです。 ()これはイスラエル 国 こく 民 みんの 状 じょう 態 たいにぴったり 当 あてはまります。 ここで, 話 はなしを 聞 きいていた 1人 ひとりの 女 じょ 性 せいが,「あなたを 産 うんで 乳 ちちを 飲 のませた 女 じょ 性 せいは 幸 こう 福 ふくです!」と 大 おお 声 ごえで 言 いいます。 ユダヤ 人 じんの 女 じょ 性 せいたちは 預 よ 言 げん 者 しゃの 母 はは 親 おや, 特 とくにメシアの 母 はは 親 おやになりたいと 願 ねがっていました。 それでこの 女 じょ 性 せいは,こんなに 素 す 晴 ばらしい 教 きょう 師 しの 母 はは 親 おやになったマリアは 幸 しあわせだ,と 思 おもったのでしょう。 しかしイエスは, 本 ほん 当 とうに 幸 こう 福 ふくなのはどんな 人 ひとかを 教 おしえ,「いいえ, 神 かみの 言 こと 葉 ばを 聞 きいて 守 まもっている 人 ひとたちこそ 幸 こう 福 ふくです!」と 言 いいます。 ()イエスは,マリアに 名 めい 誉 よが 与 あたえられるべきだということは 絶 ぜっ 対 たいに 言 いいませんでした。 むしろ, 男 だん 女 じょを 問 とわず 本 ほん 当 とうの 幸 こう 福 ふくは, 血 けつ 縁 えん 関 かん 係 けいや 達 たっ 成 せいした 事 こと 柄 がらではなく, 神 かみに 忠 ちゅう 実 じつに 仕 つかえることから 味 あじわえると 教 おしえたのです。 イエスはガリラヤで 行 おこなったように,しるしを 求 もとめた 人 ひとたちを 非 ひ 難 なんします。 そして,「ヨナのしるし」 以 い 外 がいのしるしは 与 あたえられないと 言 いいます。 ヨナは 魚 さかなの 中 なかに3 日 か 間 かんいたこと,また 大 だい 胆 たんに 伝 でん 道 どうしたことでしるしとなり,ニネベの 人 ひと 々 びとは 悔 くい 改 あらためました。 イエスはこう 言 いいます。 「しかし 見 みなさい,ヨナを 上 うわ 回 まわる 者 ものがここにいます」。 ()さらにイエスは,シェバの 女 じょ 王 おうが 知 ち 恵 えを 聞 きくためにやって 来 きたソロモンを 上 うわ 回 まわる 者 ものでもあります。 イエスは 話 はなしを 続 つづけ,「 人 ひとはランプをともした 後 のち,それを 人 ひと 目 めに 付 つかない 所 ところや 籠 かごの 下 したではなく, 台 だいの 上 うえに 置 お」く,と 言 いいます。 ()イエスは,これらの 人 ひと 々 びとの 前 まえで 教 おしえたり 奇 き 跡 せきを 行 おこなったりするのはランプを 人 ひと 目 めに 付 つかない 場 ば 所 しょに 置 おくようなものだ,と 言 いっていたのかもしれません。 彼 かれらの 目 めの 焦 しょう 点 てんは 合 あっていないので,イエスの 奇 き 跡 せきの 目 もく 的 てきを 理 り 解 かいできないのです。 イエスは 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 しを 追 おい 出 だし, 口 くちが 利 きけなくなっていた 男 だん 性 せいが 話 はなせるようにしました。 それを 見 みた 人 ひとたちは 神 かみを 賛 さん 美 びし,エホバが 行 おこなっていることを 他 たの 人 ひとに 話 はなすよう 動 うごかされるはずです。 しかし,イエスを 批 ひ 判 はんした 人 ひとたちはそのような 反 はん 応 のうをしません。 そのためイエスは 彼 かれらにこう 警 けい 告 こくします。 「それで,あなたの 内 うちの 光 ひかりが 闇 やみにならないように 用 よう 心 じんしていなさい。 あなたの 体 からだは, 全 ぜん 体 たいが 明 あかるく 少 すこしも 暗 くらい 所 ところがないなら,ランプが 照 てらすときのように 全 まったく 明 あかるいでしょう」。

次の