竹取物語 品詞分解。 富士の山・竹取物語 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

竹取物語

竹取物語 品詞分解

富士の山 ・ 竹取物語「富士の山」の現代語訳と品詞分解です。 現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。 ・ (古文記事一覧)> ・ 下の画像クリックで次のページに進む。 戦い留めることができずに終わったことを、詳しく奏上する。 御文(おおんふみ) 薬の壺にお手紙を添えて差し上げる。 お食事も召し上がらず、管弦のお遊びなどもなさらなくなった。 大臣、上達部を召して、「いづれの山か天に近き。 」と問はせ給ふに、 大臣や公卿をお召しになって、「どの山が天に近いか。 」とお尋ねになると、 ある人奏す、「駿河国にあるなる山なむ、 その場にいた人が奏上するには、「駿河の国にあるという山が、 この都も近く、天も近く侍る。 」と奏す。 この都にも近く、天にも近うございます。 」と奏上する。 これを聞かせ給ひて、 これをお聞きになって、 あふこともなみだに浮かぶわが身には かぐや姫に会うこともないので、涙にひたるわが身にとって、 死なぬ薬も何にかはせむ 不死の薬が何になろうか、何にもならない。 かの奉る不死の薬壺に文具して、御使ひに賜はす。 あの差し上げた不死の薬の壷に手紙を添えて、お使いにお与えになる。 勅使には、調石笠といふ人を召して、駿河国にあなる山の頂に、 勅使には、調石笠という人をお召しになって、駿河の国にあるという山の頂上に、 持てつくべきよし仰せ給ふ。 持ち運ばなければならないという旨をお命じになる。 峰にてすべきやう教へさせ給ふ。 頂上でなすべき方法をお教えになる。 御文、不死の薬の壺並べて、 お手紙と不死の薬と壺を並べて、 火をつけて燃やすべきよし仰せ給ふ。 火をつけて燃やさなければならないという旨をお命じになる。 そのよし承りて、士どもあまた具して山へ登りけるよりなむ、 その旨を承って、兵士たちを大勢引き連れて山へ登ったことから、 その山を富士の山とは名付けける。 その山を富士の山と名づけたのだった。 その煙、いまだ雲の中へ立ち上るとぞ、言ひ伝へたる。 その煙は、今でも雲の中へ立ち昇っている、と言い伝えている。 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

『竹取物語』の原文・現代語訳2

竹取物語 品詞分解

野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。 名をば、さぬきの造となむいひける。 今 ー は 係助詞 昔、 ー 竹取の翁 ー と 格助詞 いふ ハ行四段活用・連体形 もの ー あり ラ行変格活用・連用形 けり。 過去の助動詞・終止形 野山 ー に 格助詞 まじり ラ行四段活用・連用形 て 接続助詞 竹 ー を 格助詞 取り ラ行四段活用・連用形 つつ、 接続助詞 よろづ ー の 格助詞 こと ー に 格助詞 使ひ ハ行四段活用・連用形 けり。 過去の助動詞・終止形 名 ー を 格助詞 ば、 係助詞 さぬきの造 ー と 格助詞 なむ 係助詞 いひ ハ行四段活用・連用形 ける。 あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。 それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。 そ 代名詞 の 格助詞 竹 ー の 格助詞 中 ー に、 格助詞 もと ー 光る ラ行四段活用・連体形 竹 ー なむ 係助詞 一筋 ー あり ラ行変格活用・連用形 ける。 過去の助動詞・連体形 あやしがり ラ行四段活用・連用形 て、 接続助詞 寄り ラ行四段活用・連用形 て 接続助詞 見る マ行上一段活用・連体形 に、 接続助詞 筒 ー の 格助詞 中 ー 光り ラ行四段活用・連用形 たり。 存続の助動詞・終止形 それ 代名詞 を 格助詞 見れ マ行上一段活用・已然形 ば、 接続助詞 三寸 ー ばかり 副助詞 なる 断定の助動詞・連体形 人、 ー いと 副詞 うつくしう 形容詞・シク活用・連用形のウ音便 て 接続助詞 ゐ ワ行上一段活用・連用形 たり。 存続の助動詞・終止形.

次の

竹取物語『かぐや姫の昇天・天の羽衣』(天人の中に持たせたる箱~)の品詞分解(敬語・助動詞など) / 古文 by 走るメロス

竹取物語 品詞分解

竹取物語05 竹取物語 05 「翁、年七十に余りぬ。 今日とも明日とも知らず。 「私は七十歳を越えてしまった。 私の命は今日とも明日とも知れない。 この世の人は、をとこは女に あふことをす、女は男にあふ事をす。 この世界の人は男は女と 結婚する ことをする。 女は男と結婚することをする。 その後なむ 門ひろくもなり侍る。 その後(子供ができ) 子孫が繁栄する のであります。 いかで か、さることなくてはおはせん。 」 どうしてそのようなこと(結婚すること)がなくていらっしゃれようか。 いや、結婚することなくしてはいらっしゃれないでしょう。 」 「いかで」は「どうして」(原因理由を問う)。 「か」の結びとして「ん」は推量の助動詞「む」の連体形。 「おはせ」はサ変「おはす」の未然形で「居る」の尊敬語「いらっしゃる」。 ここは文脈として反語文。 かぐや姫のいはく「なんでふ、さることかし侍らん」と言へば、 それに対してかぐや姫が「どうしてそのようなこと(結婚)をしましょうか。 いや、しません。 」と言うと、 「変化の人といふとも、女の身持ち給へり。 翁が「あなたは人間の身ではないといっても、女の体を持ちなさっている。 翁のあらむ限りは、 かくてもいますかりなむかし。 私がこの世にいる限りは、このようにしていても(結婚しないでいても)この世で生きていなされるでしょう。 この人々の年月をへて、 かくのみいましつつのたまふ こと を、 思ひ定めて、 一人一人に あひたてまつり給ひね」と言へば、 (でも、私がいなくなればそうもしていられないだろうから)この五人の公達たちが長年の間、このように(何回も)いらっしゃっては仰ることを、 よく考え て、一人一人に 会い申し上げなされ。 「います」は「来」の尊敬語「いらっしゃる」。 「のたまふ」は「言ふ」の尊敬語で「おっしゃる」。 かぐや姫のいはく、「よくもあらぬかたちを、深き心も知らで、 あだ心 つき な ば、後 くやしき 事 もあるべきを、と思ふばかりなり。 かぐや姫が言うことには「美しくもない容貌なのに、相手の男の深い心も知らないで、(その相手に)浮気心がついてしまったならば、後々 後悔する こともあるだろうのに、と思うばかりです。 「つき」は「付く」の連用形。 「な」は完了の助動詞「ぬ」の未然形。 「ば」は順接の仮定条件 世の かしこき人 なりとも、深き心ざしを知らでは、あひがたしとなむ思ふ」と言ふ。 この世の 立派な 人であるとしても、心の奥深く(愛情の深さ)を知らないでは、結婚することできないと思います。 」と言う。

次の