クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞。 「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞。本当の意味は・・・?歌唱禁止?

クラリネット壊しちゃったの歌

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

クラリネットをこわしちゃった フランスの童謡/オーパッキャマラード パオパオパ! 歌詞の意味は? 『クラリネットをこわしちゃった(クラリネットが壊れちゃった)』は、子供向けの。 一音ずつ音が出なくなってしまうクラリネットが登場する。 日本語バージョンでは壊れて出なくなったことになっているが、フランス語のオリジナルバージョンの歌詞を見てみると、どうも楽器だけのせいではなさそうだ。 オ・パッキャマラードの意味は? 有名な「オ・パッキャマラード」のフレーズは、フランス語の歌詞では「Au pas, camarade(オ・パ、キャマラード)」の部分。 この部分では、その直前の歌詞「Au pas cadence(オ・パ・キャドンス/「リズムに合わせて」の意)」が繰り返されている。 繰り返すフレーズでは「cadence(キャドンス)」の部分が省略され、「camarade(キャマラード/人への呼びかけに用いる)」が付け加えられて、「オ・パ・キャマラード」となったと考えられる。 J'ai perdu le do de ma clarinette, J'ai perdu le do de ma clarinette, Ah! si papa il savait ca, tralala, Ah! si papa il savait ca, tralala, Il dirait : "Ohe! " Il dirait : "Ohe! " 僕のクラリネットの「ド」が出なくなっちゃった ああ、もしパパがこれを知ったら、きっとこう言うよ Tu n'connais pas la cadence, Tu n'sais pas comment on danse, Tu n'sais pas danser Au pas cadence. Au pas, camarade, Au pas, camarade Au pas, au pas, au pas Au pas, camarade, Au pas, camarade Au pas, au pas, au pas Au pas, au pas. <以下パパのセリフ> おや、お前はリズムを分かっていないな お前はダンスの踊り方を知らないようだ いいか、リズムに合わせてやるんだ リズムに合わせてだ、坊や 同じメロディで歌われるフランスの行進曲 ナポレオン時代の行進曲。 オーパッキャマラード オパオパオパ! 関連ページ 『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳 クラリネットのために作曲された作品や、クラリネットが活躍する楽曲など、クラリネットに関連するクラシック音楽の有名な曲・名曲まとめ。

次の

クラリネットをこわしちゃった 歌詞の意味・日本語訳

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

音楽の雑学まとめ28選!トリビア&豆知識を一覧にしました 音楽の雑学をチェックしよう! ピアノを1音も弾かないピアノ曲に関する雑学 世界にはピアノを1音も弾かないピアノ曲が存在する!? それ、ピアノ曲っていうんだろうか…。 原曲のドレミファソラシドはいったい何になっているのか。 気になる答えをチェックだ! "SMAP"に関する雑学 解散してしまった今でも、その人気は衰えることを知らない"SMAP"。 この記事ではそんな"SMAP"の名前の由来やいろいろなエピソードをご紹介! 今だからこそ知りたいSMAP雑学をご覧あれ! "エリーゼのために"に関する雑学 ベートーベンの名曲の1つ"エリーゼのために"は、もともとテレーゼさんへの曲だったというウワサがある。 たしかに名前の響きは似ているが…いったいどういうことなのか。 今回の記事ではこの真相に迫ってみたぞ! スポンサーリンク "猫ふんじゃった"に関する雑学 "ねこふんじゃった"は世界でもとっても有名な曲! それだけ有名な曲なだけに、そのタイトルは国によってさまざまなのだ。 この記事では、各国の"ねこふんじゃった"事情や日本語の歌詞について詳しく解説しているぞ! "クラリネット壊しちゃった"に関する雑学 "クラリネット壊しちゃった"のサビ…よく考えたら、考えなくても、ちょっと意味わからなくない…? 今回は、そんな謎歌詞"クラリネット壊しちゃった"について徹底解剖! ギリシャの国歌に関する雑学 ギリシャの国歌は世界一長く、なんとその長さは100番を超えているらしい! なっが…。 そもそも全部覚えられなそうだ…。 そして、世界一短い国歌は驚きの国、〇〇だった!? "ホタルの光"に関する雑学 卒業式やお店の閉店時まで、広く親しまれている"ホタルの光"。 完全に日本の曲だと思っていたが、じつはこの曲、スコットランドの民謡だった! てるてる坊主の歌に関する雑学 "てるてる坊主の歌"はホラー!? てるてる坊主の元ネタもホラー!? …なんだか軽々しくおまじないするのが怖くなってきた。 たしかにあの曲調、じっくり聞くと少し不気味かも…。 スポンサーリンク "赤いスイートピー"に関する雑学 松田聖子の有名楽曲"赤いスイートピー"。 なんとこの"赤いスイートピー"、もともとは存在してない花でこの曲をきっかけに作られたものなんだとか…! 曲をきっかけにないものを生み出してしまうとは…さすが歌姫・松田聖子。 恐るべし…! 小室哲哉に関する雑学 小室哲哉は楽譜が読めなかった!? あれほど名曲をたくさん生み出しているというのに…いったいどういうことなのか! さらに、楽譜が読めないアーティストは小室以外にもたくさんいる? 音楽の世界、天才多すぎ。 B'zに関する雑学 今も昔も大人気のロックバンド"B'z"。 この記事では、B'zの名前の由来やそのエピソードを、28年来のB'zファンである筆者が熱く語っているぞ! ファンの方もそうでない方もきっと楽しめるB'z雑学をチェックしよう! "5. 1サラウンド"に関する雑学 良い音楽は、良い音響から! この雑学ではスピーカーやサラウンドシステムについて詳しく解説! 音楽にこだわりのあるそこのあなた! この記事を読んでより良い環境でもっと音楽を楽しもう! スポンサーリンク 美空ひばりに関する雑学 昭和の歌姫・美空ひばりは"NHKのど自慢"で予選落ちしたことがある! もともとは歌があまり得意ではなかったってことなのかな? なんて思ったらまさかの真逆! なんでも、上手すぎて予選落ちしたというが…え、いったいどういうこと!? "およげたいやきくん"に関する雑学 日本で一番売れたレコード・CDは、だれもが知ってるあの曲"およげたいやきくん"だった! この記事では"およげたいやきくん"の売り上げ枚数に印税の小話と、気になる内容をお届けするぞ! ドラゴンボールZのED曲に関する雑学 "ドラゴンボールZ"のED曲を逆再生すると…? 遊びゴコロ溢れる制作陣のメッセージにワクワクすること間違いなし! 実際に試聴できる動画もあるので自分の耳でも確認してみよう! マジックで使われる"あの曲"に関する雑学 マジックのあの曲といえば、日本人なら誰もが同じ曲を思い浮かべると思う。 しかし、タイトルまで知っている人は意外と少ないのではないだろうか? この記事では、あの曲のタイトルやその歴史、そして歌詞までたっぷりと解説しているぞ! 表彰式で使われる"あの曲"に関する雑学 表彰式でつかわれるあの曲のタイトルとその作者、知ってる? ほかにも、運動会でよく使われるクラシック曲についてもご紹介。 なんだか童心に帰れそうなこちらの記事を暇つぶしにどうぞ! スポンサーリンク シューベルトの交響曲に関する雑学 音楽史最大の謎ともいわれる、シューベルトの交響曲が"未完成"なその理由。 諸説あるその理由たちをこちらの記事では詳しくご紹介! 世界中の人を魅了してやまない、不思議楽曲の秘密をいっしょに解き明かそう! キレたシューベルトに関する雑学 ぽちゃっとしたカワイイ眼鏡姿で、一見とても温厚そうなシューベルト。 そんなシューベルトさん…なんと自分の曲が難しくてキレたうえに、楽譜まで破いたとの逸話が残っているという…! 自分の曲が難しくてキレるって! それ、100パーセント自分の責任ですやん…。 終わらない楽曲に関する雑学 世界には、終わらない楽曲なるものが存在する!? しかもその楽曲、今もなおドイツで演奏中だというではないか! いったいだれが何のためにどんな思いで作ったのか…気になる真相をチェックだ! 世界最古の合奏音楽に関する雑学 世界最古の合奏音楽に、なんと日本も貢献しているという…! その名も"雅楽"! 伝統あるその"雅楽"にじっくり浸ってみてはいかだだろうか。 CDの最大録音時間に関する雑学 CDの最大録音時間は74分42秒ってほんと? なんでこんな半端な時間なの? そもそもCDの構造ってどうなっているの? 今回はそんな、CDの謎について徹底解説! それにしても、人間のモノを作る技術って本当にすごい…。 スポンサーリンク "CHAGE and ASKA"に関する雑学 "CHAGE and ASKA"はもともと7人組だったって、それほんと? アマチュア時代のチャゲアスに元メンバーのその後など、"CHAGE and ASKA"ファン必見の雑学となっているぞ! 音楽にまつわる俳句の季語に関する雑学 山下達郎・ユーミン・サザン。 彼らの共通点は、ただミュージシャンというだけではない。 なんとこの3組は、俳句で季語として使用できるミュージシャンたちなのだ! なんだかすごい世界観になりそうだが、ホントのホントに季語なのか? 真実やいかに…! "むすんでひらいて"に関する雑学 日本でも童謡として有名な"むすんでひらいて"。 じつはこの曲の原曲は、あの有名思想家ルソーが作ったものだというのだ! なんでもルソーは作曲家としての一面ももっていたというが…? いろいろ調べていくうちに"むすんでひらいて"の深い歴史がどんどん浮き彫りになっていく…! シューベルトのニックネームに関する雑学 シューベルトにはいろいろなあだ名があったらしい。 調べてみるとかわいいものから「それ悪口じゃないの!?」なんてあだ名まで盛りだくさん! お茶目なあだ名の数々に、なんだかシューベルトが身近に思えてきてしまう!.

次の

「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞。本当の意味は・・・?歌唱禁止?

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

こんにちは、ツチヤです。 以前からずぅーーーーーーっと思ってたんですが、童謡の「クラリネットをこわしちゃった」がひどい曲だなぁと思ってたんです。 おそらく誰もが聞いたことがあって、殆どの人が歌詞までわかると思います。 最悪歌詞がわからなくてもメロディーはわかるはずです。 そんな「クラリネットをこわしちゃった」に関する話です。 歌詞を思い出してください 歌詞をそのまま載せるとアレがアレかもしれないので控えますが、今回この記事を書くにあたって、やはり同じようにこの曲に対して不満を持ってる方はかなりいるようです。 まずは 歌詞を思い出してください。 話はそこからです。 気になる人は動画を見てください。 そしてリンクも貼っておくので、 歌詞を頭に叩き込んでください。 気にならない人はそっ閉じ願います。 歌詞: これが日本版の原曲かどうかわかりませんが、おっさんの声が「怖ぇぇ」と言う感想しかありません。 同じように感じた人も少なからずいるはずです。 徐々に壊れていく恐怖 さて、では歌詞が頭に入ったと思います。 では一番から順に見ていきましょう。 まず 一番で、「 出ない音がある」にもかかわらず、なかなか白状しません。 どの程度壊れているのか隠そうとしています。 子供心に壊れた(若しくは壊してしまった)のを白状したくない気持ちもわかります。 次は 二番です。 ここでは「 三音」出ていません。 この時点で白状すればいいものをずっと「どうしよう」としか言っていません。 どうにかしようとする気はあるんでしょうか。 そして極め付けは 三番。 僕はクラリネットがどういう楽器か知りませんが、よくよく歌詞を見てみると「 ド~シって…つまり全部の音じゃねぇの?」と思いました。 そしてここにきて本性が出ています。 どうやってぶっ壊したのかは謎ですが、「見つけられたら怒られる」と言う 直接的な表現に変わっています。 見つかりたくないのは明白です。 ここまで追ってきて思うんですが、一番の時点で「気付いてたよね?」と言ってやりたいんです。 でも無駄にテンションが高い ご存知の通り、「オ パッキャマラド」や「パオパオパ」など、壊れているにも関わらす 無駄にテンションが高く、 はしゃいでいるようにさえ見えます。 「全然反省してないな、オマエ」と思わざるを得ません。 ですが、ここにはしっかり意味があったようです。 元はフランスから 実はこの曲、原曲は「J'ai perdu le do de ma clarinette」というフランスの楽曲なんです。 「クラリネットをこわしちゃった」(仏語原題:J'ai perdu le do あるいは J'ai perdu le do de ma clarinette)は、の歌曲を基にした日本の。 あの 謎の呪文のような歌詞「オーパッキャマラド(Au pas, camarade)」は、フランス語でざっくり説明すると「オーパ(Au pas)=歩く」、「キャマラド (camarade)=仲間、同志」みたいな意味のようです。 つまり「友だちよさぁ行こう!」といった意味です。 広告 原曲紹介 正確に言うと原曲ではなくフランス語版です。 フランス語がわかるわけではないですが、同じようなところもあれば違うところもあります。 色んな説があって、同じような意味合いの曲もあれば、全く違う意味のものもあるようです。 当方クラリネットこそ吹いてないものの、アマチュア吹奏楽団で指揮者を務めている者です。 私も昔はひでぇ歌だと感じていましたが、それなりの知識を得ると見解が変わります。 まず、いくら楽器が繊細といえども全ての音が出なくなるということは楽器を叩き割りでもしない限り考えられません。 ここで重要なのがクラリネットがリード楽器であるということです。 リーコーダーの様に吹けばなるものではないのです。 クラリネットは本体にリード(木製の振動体)を装着して演奏します。 リードを装着しないと音はでません。 ここでまず考えられるのが子どもはリードを装着せずに楽器を吹いたのではないかということです。 仮にリードを装着していてもある程度吹き口に圧をかけてリードを締めることをしないと、これまた音はでません。 クラリネットは学校で習うリコーダー程簡単に音が出る楽器ではないのです。 この歌は子どもが知識のないまま楽器を吹こうとしたが、知識や経験が足りず演奏できなかったことを「楽器を壊してしまった」と勘違いしているところに面白味があるのではないでしょうか。

次の