ママ 友 が こわい 16。 ドラマより怖い…ボスママに立ち向かったママ友の悲劇

ママ友が妬ましい。不幸な気分を味合わせるにはどうしたらいいですか?

ママ 友 が こわい 16

『ママ友がこわい』の著者・野原広子さんが描く最新作『消えたママ友』。 一見幸せそうに見えていたママ友がある日突然姿を消し、何も知らされていなかった仲良しグループの3人はじわじわとその闇に気づいていく…。 保育園を舞台にした話題のミステリー・コミックエッセイです。 今回は『消えたママ友』を読んだ5名のママたちに集まっていただき座談会を開催しました。 漫画の感想に加え、リアルなママ友体験談も交えてお話ししていただきました。 舞さん:小5女子、年中男子の母。 上の子の幼稚園時代のママ友とは今も仲良し。 美紀さん:2歳男子の母。 本格的なママ友付き合いはまだ未経験。 のんさん:年長女子、3歳男子の母。 保育園の役員経験ありでママ友は多い方。 佳余さん:年中男子の母。 ママ友は必要最低限でいいと思っている。 アコさん:小4女子、年中女子の母。 同じマンションのママ友同士よく飲み会している。 仲良くしていた保育園のママ友が突然姿を消すという不可解な出来事と淡々とした日常の空気感がすごく怖かったです。 アコさん:登場するママ友全員に共感するところがあって、めっちゃわかるわかる!って頷きながら読みました。 のんさん:そうそう。 ママ友同士が立場の違いからすれ違ってしまうシーンがあるけど、別に意地悪な人がいるわけじゃなくて、みんなただそれぞれの生活、家庭があるだけってところに共感してしまうんですよね。 舞さん:園のママたちが噂話をするシーンで長女の幼稚園時代を思い出しました。 当時、仲良くしていた4人のママ友グループが、別のママ友グループから悪口のターゲットにされたことがあったんです。 なかでも美人でお金持ちのA子は「旦那さんの職業を自慢して回ってる」なんて、あることないこと噂されて。 佳余さん:あ〜。 嫉妬の対象にされやすい感じ。 まさに『消えたママ友』の有紀ちゃんみたい。 その時、何か言い返したりとかは? 舞さん:穏便に過ごしたかったので、悔しいけど仲間内で「気にしない方がいいよ」と励まし合うのみでした。 佳余さん:そんなこと、A子さんの友達に伝えてどうしたいんだろう。 舞さん:そこで私が悪口にのっかっていろいろと新情報を言うのを期待してたんでしょうか…。 もしくはただ喋りたいだけなのかも。 『消えたママ友』にも「人の悪口を言う時、目がキラキラしてる」ってシーンがありましたね。 噂話ってただただ楽しいから、きっと目的なんかないんだろな…。 佳余さん:わかります。 それに相手のことをいろいろ詮索すると嫌がられるかなって思うから、結局当たり障りのない会話ばかりになってしまいます。 ママ友の前だと「ザ・いい人」って感じになっちゃう。 アコさん:私はママ友の中でも親密な人とそうでない人との付き合い方を分けてる感じかな。 同じマンションのママ友とは子ども抜きで集まってよく飲み会していて、もはやママ友を超えて普通の友達になってるからなんでも言い合えるんですよ。 舞さん:う〜ん。 そもそもママ友ってなんなんですかね。 友達とママ友の違いって「子どもなしでも遊びたいかどうか」なのかも。 のんさん:ママ友にも3パターンくらいありそうです。 子どもの付き合いがあるから仲良くしてるパターン、もともとの友達とお互いママになっても仲良しのパターン、子どもが接点で友達になったけど大人だけでも遊んじゃうくらい仲良しになるパターン。 アコさん:はじめはみんなライトな付き合いからだけど、そこから発展して本当に仲良くなる人もいれば、子どもの付き合いがなくなれば離れちゃう人もいるという感じですよね。 舞さん:『消えたママ友』にも「子どもが仲よしってだけで親もわかり合えるとかありえない」ってセリフが出てきますよね。 うちの娘は活発で押しの強いタイプなので、相手に嫌な思いをさせてしまうこともあるんですよ。 それを他のママからどう思われているのか心配になります。 アコさん:私は逆にすうちゃんママの友ちゃんに共感しました。 うちの子は大人しい性格でいつも強い子にやり込められちゃうんです。 相手の親にも言いたいことがあるけど何も言えず、悶々とするばかりで。 のんさん:正直言うと、トラブルを起こさない大人しい子が羨ましいときがあるんですよ。 でも言葉の捉え方によっては誤解されてしまうかもしれないからそんなことママ友には絶対に言えないんですよね。 美紀さん:漫画でもそういう空気感はよく描かれてましたね。 子ども同士がトラブってもなかなかはっきりとは言えないですよ。 ほんの些細なことでママ同士のバランスが崩れてしまうから。 アコさん:すうちゃんの靴がなくなった事件も、みんな言わないけど心の内では誰かを疑っていて…。 その不穏な感じがわかってしまう自分にもゾクゾクしました。 美紀さん:大人同士だったら別に自分が嫌われても嫌なら離れればいいと思えるんですけど、子どもが付き合ってる間は仲良くしておかないといけないみたいな気持ちはどうしてもありますよね。 普通のママ友付き合いだと心の内をさらけだすことってなかなかないから、それができただけでも彼女たちはよかったんじゃないかな。 美紀さん:うんうん。 結果にかかわらず…ね。 ママ友付き合いは面倒な側面があるのも事実だけど、本音をぶつけ合うことで本当の友情が生まれることもありますしね。 そもそも大人になってからの友達ってなかなか作れないじゃないですか。 舞さん:そうですね。 さっきの話で、変な噂をたてられて励まし合った幼稚園のママ友とは卒園して5年たった今でも深い付き合いがあるんですよ。 子どもが小さくて大変だった時代を一緒に戦った戦友って感じかな。 子ども繋がりで得たからこその関係だなって思います。 佳余さん:私も子どもが赤ちゃんの頃からずっと付き合いのあるママ友がいて、家族以外に子どもの成長を見守ってくれている人がいるのはすごく心強いんです。 なにか相談したい時も、子どものことをよく知ってる前提で話ができるので安心感があります。 そういう付き合いはこれからもずっと続けていきたいです。 のんさん:そうですね。 私は保育園のママ友、ご近所のママ友、習い事のママ友…と、いろんなママ友がいて、深く付き合ってる人もいればライトな感じの人もいます。 たとえライトな繋がりでも顔を合わせた時にちょっとお喋りするだけで気持ちが晴れたり、役立つ情報交換ができることもあるし、いろんな距離感があっていいと思うんです。 そうやって自分の居場所を同時にいくつか作っておけば、苦しくなっちゃうことも少なくなるのかな。 子どもをきっかけにして始まるママ友付き合い。 狭いコミュニティの複雑な人間関係を面倒に感じることがあっても、やっぱり辛い時に助けてくれるのはママ友だったりするのかもしれません。 さて、夜の公園で本音をぶつけ合った4人はその後どうなったのか…。 ぜひ『消えたママ友』で見届けてくださいね。 文=宇都宮薫(レタスクラブニュース)•

次の

ママ友のメリット・デメリットとママ友の作り方

ママ 友 が こわい 16

家庭の秘密をママ友全員が知っているのはなぜ? 幼稚園に入ってから、とても感じが良いお母さんのA子さんと仲良くなりました。 親しくなってお互いの家を行き来するようになり、信頼関係も築けてきたので、お互いの家族についての悩みなども深く話をする仲になっていったのです。 ところがいつの間にかクラスのお母さんたち全てが、我が家の秘密を知っているという事実に気付いたのです。 どう考えてもA子さんしか知らないはずの内容で、私は彼女を問い詰めたら平然と、あら、言っちゃいけなかったの?と言ってのけたのです。 おまけに全く謝罪もなくて私は裏切られたショックで人間不信になってしまいました。 やがて、A子さんはご主人の転勤で引っ越したので、とりあえずは一件落着ということになりました。 けれどそれ以来、私は絶対に家庭の問題は他言しないと言う事を心に誓いました。 面倒臭いマウンティング女子ママに目を付けられてしまいました 子供の交友関係の事で冷たくされました。 年長になると、幼稚園の帰りに子供同士が遊ぶ約束をしてくることが多くなりました。 だいたい子供が遊ぶメンバーはだいたい決まっていますが、いつも同じメンバーでは ありません。 ある日、突然、なんとなくママ友達の様子が冷たく感じられ、何か怒らせるような事を してしまったのかなと思い、勇気を出して尋ねてみると、そのママ友達の子供が最近遊びに誘われないと悩んでいるとのことでした。 かといって自分の子供にママ友達の子供も誘ってみたら?と声をかけるのも なんとなく不自然な気がするのでどうしたらよいのか分からなくなってしまいました。 自分の子供がかわいくて誘われないことを不憫に思う親心がよく分かります。 だからと言って明らかに冷たい態度をとられると、こちらもどうしたらいいのか 分かりません。 ボス的存在のママ友のいいなりに… 子供の嘘を信じきっているママ 幼稚園で、かなり意地悪な女の子がいて、私の娘も何度か意地悪をされて泣いて帰ってきた事があったのですが その、意地悪な女の子は母親に、自分が意地悪をされたと嘘を必ずつくのです。 他の子どもも皆そういった被害に あっており、親たちは警戒しています。 その意地悪な子のお母さんは自分の子どもを溺愛しているため、わが子の 嘘をすべて信じ込んでいるのです。 そして必ず電話で怒鳴りつけてきます。 こちらが何と言ってもまったく聞く耳を 持たないので本当に参りました。 同じ幼稚園のお母さん方も、皆困っているのですが、幼稚園側も何も注意をしないので ストレスが溜まっています。 卒園まで我慢するしかないといった感じですね。 ひどいうわさを流されて人間不信になりそう ビジネスしたくないのに… 同じ幼稚園に通うママ友の中に、手作りの同じものを欲しがるママ友がいてみんな困っています。 子供のためにと手作りのバックや巾着などを作っているママが多いのですが、「それ素敵ね~お金出すからうちの息子にも作ってくれない?」といろいろな人に平気で言うのです。 自分の子供がかわいいから作るのであって、ビジネスじゃないんだから自分でやればとみんなで文句を言っています。 ママ友とうまく付き合う為には上手にスルーできるか?できないか? ママ友が出来なくて悩んでいる方も多くいますが、人間関係が面倒、自分の時間が無くなる、ランチなどで家計が圧迫…というデメリットもあります。 トラブルに発展し、子育てにストレスを感じたり、ママ友の影響で子供にも影響がある場合も考えられます。 ママ友の輪に入らないという手も考えられますので、うまくスルーする力を身につけてうまくつき合って行く事が一番です。

次の

「ママ友」に困ったときの“神対応”教えてください!

ママ 友 が こわい 16

夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。 毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。 そんなお悩みに、専門家がアドバイス。 今回はママ友との関係に迷っている「ゆき」さんのお悩みです。 娘が幼稚園のときから仲良くしているお友達がいて、そのお母さんともママ友となり、ずっとつきあいがあります。 最近、そのママ友のことで悩んでいます。 ママ友のご主人は会社を経営しており、金銭的にかなり余裕のある暮らしを送っています。 大きな一軒家に住み、年に数回は海外旅行へ出かける様子を見て、うちの娘もよく羨ましがっていました。 私が最近気になっているのは、「自分の家はお金持ちだから、うちの子が一番いい思いをするべき」という趣旨の発言が多いことです。 ほかの子が自分の子より目立つことをすると文句を言います。 先日、学校の学習発表会でピアノの伴奏をする子が決まりました。 ママ友の子どももピアノを習っているのですが、選ばれたのは別の子でした。 それを聞いたママ友は激怒。 「なぜうちの子じゃないのか、先生に聞く!」と言い出しました。 そのときは私が必死でなだめて止めたのですが、その後もずっと怒って文句を言っていました。 文句の内容は、「あんなお金もなさそうな家の子がなぜいい思いをするのか」「親が調子に乗ったら困る」というもので、私は愕然としてしまったのです。 口の悪さは前から分かっていたことですが、まさかお金のことと子どものことを一緒にして考えているとは…。 私はそのとき、「もしかしたら、わが家のこともそんな風に思っているのではないか」と思いました。 うちは普通のサラリーマン家庭で、ママ友の家とは収入に大きな差があります。 そんなことは関係なくつきあえる相手だと思っていたのですが、実は見下されているのかもしれない、馬鹿にされているのかもしれない、と思うと、仲良くし続けるのはしんどいです。 でも、子ども同士はとても仲が良いので、急に距離をとるようにするのは簡単ではありません。 急にお母さん同士の仲が悪くなったら、うちの娘も悲しむでしょう。 お金に関する発言は我慢して、このままつきあいを続けるべきなのでしょうか。 無理に離れようとしたり、合わせようとしなくても、自然に自分にとって大切な人はそばに残り、合わない人とは離れていきます。 お友達の考え方に納得がいかないのなら、無理に「そうだね」と合わせず、そういう考えの人なんだと理解するのがよいでしょう。 人それぞれ考え方は異なります。 常に同調して仲良くしていくのではなく、自分はどう思うのか、譲れない部分を持つことは大切ですよ。 日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。 有保育士免許。

次の