斉木 楠雄 の ψ 難 動画。 斉木楠雄のΨ難 : 作品情報

斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編

斉木 楠雄 の ψ 難 動画

また、作者である麻生周一は、他の代表作として『ぼくのわたしの勇者学』があり、また第64回赤塚賞準入選という記録を持っています。 そんあある日、「今年PK祭で問題が起きたら来年以降のPK祭は中止になる」ということを先生に言われてしまう。 PK祭を存続させるため、斉木は彼の能力を使いながら問題を未然に防ごうとするが… 登場人物紹介 斉木楠雄(山崎賢人) 本作の主人公。 瞬間移動やサイコキネシスなど、あらゆる超能力を使うことが出来る。 照橋心美(橋本環奈) 誰もが振り向く学園のマドンナ。 斉木のことが気になっている。 燃堂力(新井浩文) 運動神経は良いが、頭がとにかく悪い。 斉木のことを「相棒」と呼ぶ。 海藤瞬(吉沢亮) 中二病。 自分が組織「ダークリユニオン」の一員だと思い込んでいる。 灰呂杵志(笠原秀幸) 熱血漢でとにかく熱い人物。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 斉木楠雄の日常 斉木楠雄(さいきくすお)には、ある秘密がありました。 それは、彼が超能力者であるということです。 彼は生後10日で言葉をしゃべれるようになり、一か月であんよどころか空中浮遊が出来るようになり、一歳になる頃には初めてのおつかいが出来るようになりました。 こんな常識ではありえないことをする息子がいた場合、多くの両親は研究施設などに連れて行って検査をしてもらうと思います。 しかし、楠雄の両親は彼を研究所に連れていくことがなかったので、彼の超能力の件については両親以外は誰も知りません。 そんな楠雄には、ある悩みがありました。 それは、人生がつまらないというものです。 彼は超能力でなんでも出来てしまうし、全てのことが分かってしまうので、苦労して勝利をつかむことやサプライズにビックリするという経験を得ることが出来ないのです。 そのため、そんな現実を彼は憂いていました。 学校での彼は、ひたすら目立たないことに徹しています。 周りからの注目が集まることで、超能力がばれてしまうことを恐れているからです。 彼の髪の色はピンク色で、なおかつ頭に超能力の制御装置をつけているため、外見だけ見ると注目を集めない訳がありません。 しかし、 彼は関わる人すべてにマインドコントロールをかけることにより、目立つことを防いでいます。 PK祭準備 その頃学校では、学園祭であるPK祭が近付いていました。 ある日担任の先生から「今年問題が起きたら来年からのPK祭は中止になる」ということを伝えられてしまいます。 昨年まで、PK祭では必ず問題が発生していました。 そのため、先輩たちの悪い行いのしわ寄せが来てしまったのです。 PK祭のようなイベント毎には元々興味をあまり持っていなかった楠雄でしたが、 PK祭の日は毎年学校をさぼり、日帰り旅行に行っていたことを思い出します。 日帰り旅行という彼にとって有意義なイベントをこの先も残すために、彼は文化祭当日、何事も起きないように見張ることを決意します。 また、 PK祭では各教室ごとに出し物を1つ行う必要があり、灰呂(はいろ)が中心となって出し物決めが行われます。 しかし、全員バイトや部活の活動などで忙しいため、出し物を本気でやろうと考える人はいません。 そのため、前日までの準備が忙しくない「学校に合った面白い石展」にクラスの出し物が決まりそうになります。 ですが、 ここで灰呂がそんなクラスメイトに激怒。 みんなを奮い立たせ、出し物への意欲を煽ります。 その結果、みんなもやる気を出し、灰呂についていこうとしますが、灰呂が提案したのは「一人3,333羽の鶴を折り紙で折って10万羽の鶴を作る」という無謀な物でした。 結局、楠雄のクラスとしての出し物は、 「学校に合った面白い石展」に決定します。 PK祭り当日 PK祭当日、楠雄は学園内の秩序を守るために行動します。 しかし、そのための障害がいくつかありました。 その内の1つめが、照橋心美(てるはしここみ)の存在でした。 彼女は、その姿を見た男子は必ず「おっふ」と言うほどの美しさを持った女性です。 そんな彼女ですが、自分に対して全くなびかない楠雄に対して「絶対にこの学園祭で『おっふ』と言わせてやる」と強い決意を持っており、そのためにPK祭の最中、楠雄に付きまとうとしています。 彼女が近くにいると自分の目的達成の障害になると考えた楠雄は、 超能力で「ここみんズ」という照橋さんのファンクラブの会員を照橋さんの元に呼び出します。 これによって照橋さんの妨害に成功した楠雄は、怪しげな貼り紙を発見します。 そこには、 「蝶野雨緑(ちょうのうりょく)のイリュージョンショー」と書かれてありました。 嫌な予感がした楠雄は、開催されている場所に向かいます。 イリュージョンショーの内容は、「密閉された箱の中に雨緑が閉じ込められ、そこに剣を突き刺す、しかし箱の中には雨緑はおらず、箱の中から脱出している」というものでした。 パフォーマンスが行われている様子を眺める楠雄でしたが、どうも箱に閉じ込められる雨緑の様子がおかしいことに気が付きます。 脱出が失敗すると考えた楠雄は、瞬間移動で彼を助けるために箱の中へ入り込みます。 しかし、雨緑は脱出に成功していました。 彼の安全が確認できた楠雄も箱の中から脱出したいところですが、瞬間移動は連続使用することが出来ず、脱出できません。 楠雄が入ったまま、箱は件で突き刺されたり炎で焼かれたりしますが、超能力により何とかその場を生き延びます。 PK祭当日 楠雄がイリュージョン会場にいる頃、他の場所でも不穏な空気が漂っていました。 海藤は歩いていると、突然ダークリユニオンを名乗る人物に声をかけられます。 ダークリユニオンとは、中二病である海藤が自分が所属していると思い込んでいる組織であり、海藤はその人物に言われるがままアジトと呼ばれている場所の中へ入っていきます。 すると、突然ダークリユニオンの敵を名乗る人物が現れました。 彼は海藤に対し、「私たちを倒したかったら玉を集めてこい」と宣告します。 クラスの出し物が石の展示に決まったため、灰呂はPK祭当日にやることを失い、途方に暮れていました。 そこで彼は10kmマラソンの企画を行います。 その企画に、運動神経抜群の燃堂(ねんどう)も参戦します。 競技が開催され、順調に1位の座をキープする灰呂でしたが、燃堂が自分に追いついてきていることに気づきます。 灰呂はこの時かなり疲れがたまっていたのですが、燃堂は全く疲れているそぶりを見せません。 負けず嫌いである灰呂は、燃堂に勝つため さらにペースを上げて走り出します。 窪矢須(くぼやす)が下駄箱の扉を開けると、そこには大量の封筒が入っていました。 中を確認してみると、 それは全て元ヤンの窪矢須に対しての果たし状でした。 PK祭当日 イリュージョン会場を離れた楠雄は、他の場所の不穏な空気の調査に向かいます。 燃堂に負けるわけにはいかない灰呂はそのことしか頭に考えられなくなり、 信号や飛び出してくる車が全く視界に入らない状態になっていました。 そのため楠雄は、 灰呂にぶつかりそうなものを全て超能力でずらすことにより灰呂の身の安全を守ります。 敵から言われた玉を集め終わり、アジトに帰ろうとしていた海藤の元へ、窪矢須を探していたヤンキーが喧嘩を売ります。 一触即発の事態となった時、そこに窪矢須が現れ、海藤を守ります。 しかし、 そこで窪矢須とヤンキーによる喧嘩が始まってしまいます。 この事態を止めにいこうとした楠雄でしたが、ここで再び照橋さんに遭遇してしまいます。 そのまま2人でお化け屋敷に入ることになったのですが、ここに燃堂が現れます。 燃堂は「俺も一緒にお化け屋敷に入る」と提案し、3人でお化け屋敷に入ることになります。 燃堂の行動により、「2人っきりでお化け屋敷に入って自分が怖がったふりをすることで楠雄に『おっふ』を言わせよう」と考えていた照橋さんの思惑は失敗に終わります。 しかし、ここで事件が発生します。 お化け屋敷を出た後に燃堂が楠雄の眼鏡を持って行ってしまったのです。 楠雄の眼鏡には石化能力を防ぐ機能がついており、そのために眼鏡を失った楠雄は周りの人々をどんどん石化させていってしまいます。 このままでは面倒になると考えた楠雄は、 石化してしまった人物を自分の教室展示の見世物として発表することで、なんとかそのピンチを切り抜けます。 その後、窪矢須に眼鏡を貸してもらい、なんとか事なきを得ます。 しかし、照橋さんの罠にかかり、 今度は体育倉庫に閉じ込められてしまいました。 また、窪矢須をボコボコにしようと、大勢のヤンキーが学園に詰め寄ります。 楠雄はこの状況をどうにかするため、 ヤンキー全員をタイムスリップさせ、1日前に戻しました。 それによって問題を防ぐことに成功するも、疲れ切った斉木は倒れてしまいます。 最大の危機 目を覚ました楠雄ですが、ここで違和感に気づきます。 なんと、 照橋さんが楠雄の制御装置を外してしまっていたのです。 制御装置が抜かれたことにより、楠雄の超能力は暴走します。 体育館全体を宇宙まで飛ばし、さらに体育倉庫の中をどんどんと凍らせていきます。 照橋さんと楠雄がもう駄目だと思った時、楠雄はなんとか力を振り絞り、 自身の力を制御して地球に無事帰ってくることに成功します。 こうして危機を免れることには成功したものの、問題が大量発生したため、 翌年以降のPK祭は中止と報告されます。 ここで、この物語は幕を閉じます。 特に、全体的に顔芸が多く、橋本環奈などのあまり顔芸をするイメージの無い俳優・女優の方々が顔芸を披露しているのはとても新鮮でした。 コメディ映画が好きな人はもちろん、、漫画が好きな人にもぜひおすすめしたい作品となっています。

次の

斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編

斉木 楠雄 の ψ 難 動画

「週刊少年ジャンプ」で連載され、独特な世界観が支持されている麻生周一の人気ギャグ漫画の実写映画化で、生まれながらに最強の超能力を持ってしまったばかりに、日々災難に巻き込まれてしまう16歳の高校生・斉木楠雄の学園生活を描いています。 TSUTAYA DISCASはDVDレンタルとなるので、動画配信サービスでお手軽に楽しめるのは、、となります。 オススメは、で、無料登録で600円分のポイントがもらえるので、新作映画も 実質無料で視聴することができます。 実際に、U-NEXTに登録してみました。 また、視聴できたとしても、画質が悪くて、見づらかったり、動画が止まってしまったりして、まともに見ることができません。 これらのサイトがオススメできない理由は、見れないというだけでなく、 ウィルスに感染することもあります。 ウイルスに感染すると、最悪の場合、個人情報が抜かれたりする可能性があるので、危険です。 海外の無料動画サイトではなく、 安全に動画を視聴したい方は、動画配信サービスで視聴する方法をおすすめします。 そんな超能力が日常生活では煩わしく、 斉木楠雄は、ごく普通の高校生としての生活に憧れていました。 しかし、そんな彼の願いとは裏腹に、同級生は個性的で変わり者ばかりです。 彼らが引き起こす災難に巻き込まれてしまう斉木は仕方なく、 極力目立たないように超能力を使ってトラブルを回避していました。 毎年恒例の一大イベントの文化祭(PK祭)の日。 ワケあり同級生達がおとなしくしているはずがありません。 次から次へと災難が斉木にふりかかり、超能力を使わなければ解決出来ない、 でも、周りには多くの生徒たちがいる状況。 どんどん追い込まれていく斉木。 気がつくと、ただの高校の文化祭が、地球滅亡の危機にまで発展していました。 はたして斉木楠雄は、地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのでしょうか? 個性的なトラブルメイカーたち 斉木のことが気になってしかたない、PK学園の天下無敵の美少女アイドル、照橋心美(てるはしここみ) 頭の中で何も考えていないバカ過ぎて、斉木ですら全然思考が読めない、燃堂力(ねんどうりき) 自分のことを漆黒の翼と呼び、謎の闇の組織と戦い続けてる中二病全開な、海藤瞬(かいとうしゅん) クラスメイトから信頼されている、熱血学級委員長。 灰呂杵志(ハイロキネシ) 見た目は真面目な普通の高校生だけど、実は暴走族の元総長。 窪谷須亜蓮(くぼやすあれん) 胡散臭いイリュージョニスト、母親がなぜか助手をしている。 蝶野雨緑(ちょうのうりょく) 超能力をひた隠しにして過ごす高校生活。 なるべく目立たず、自分に注目が集まらないように学校生活を送っている斉木でした。 年に一度の文化祭も穏便に過ごしたいだけの斉木ですが、 なぜか周りには変なヤツが集まってきます。 そんなワケありのトラブルメイカーな同級生に囲まれて、 数々の災難に巻き込まれていきます。 そんなアイドル的存在の照橋心美は、なぜか自分に興味を示さない斉木のことが気になります。 斉木には彼女の心の声が聞こえるため、裏の顔が見えてしまい、無関心です。 普段から斉木の周りにいる他の同級生たちのせいで、 なかなか二人きりになるチャンスがなかった心美は、 文化祭で斉木と二人きりになるために同級生たちが彼から離れるように仕向けていきます。 裏で糸を引いていたのが心美だったのです。 自分に気を引くために、文化祭で次々とトラブルの原因を作っていきます。 全ては、斉木を体育館の準備室に閉じ込めて、二人きりになるためです。 繰り返される文化祭 数々のトラブルに見舞われ、文化祭を穏便に乗り切るために力を使い過ぎた斉木は、 心美と二人きりの体育館準備室で気絶してしまいます。 倒れている斉木を見た心美は、 斉木の頭に刺さっているアンテナ状の装置を引っこ抜いてしまいました。 この装置は斉木の超能力の制御装置であったため、 本来の膨大な力が暴走して世界中で異常事態が発生します。 その結果、斉木と心美がいる体育館も宇宙空間までぶっ飛んでしまって、大ピンチになります。 そんな大ピンチを、 今までトラブルの原因になってきたワケありトラブルメイカーたちのおかげで切り抜ける斉木。 全校生徒の目の前で、超能力を使い過ぎてしまった斉木は、 その一帯の時間と、かかわった人間の記憶を1日巻き戻し、再び文化祭の当日の朝を迎えます。 「ヒロイン失格」 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」 「KINGDOM」 「氷菓」など、 まだまだ、出演されている作品はあると思います。 人気漫画の実写映画化には欠かせない存在になってますね。 そんな彼が主演をつとめる本作は、超能力を持ってるが、本人にとっては不幸の元凶でしかなく、なるべく人前では力を封印し、人となるべく関わらないようにしているのに、次々と災難に巻き込まれていくコメディを描いたギャグ漫画が原作となっています。 主人公・斉木楠雄の心情を劇中では、主人公を演じる山崎賢人さん本人によるナレーションで表現していて、 原作の雰囲気が大変よく再現されているなと思いました。 本作のヒロインにあたる照橋心美を演じた橋本環奈さんの演技も印象的でした。 白目などの変顔は当たり前で、原作の世界観に寄せた演技力が素晴らしかったです。 自分のことを美少女と自覚していて、あざとい行動を繰り返す役柄。 ある意味、超能力を繰り出す主人公よりも目立っていたかもしれません。 まとめ.

次の

斉木楠雄のψ難(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

斉木 楠雄 の ψ 難 動画

調査してみよう!!でもなるべく安全な公式サイトからの視聴がいいね やはり 「できれば、無料で視聴したい」 というのが本音 無料動画配信サイトである ・pandora TV ・Dailymotion ・9tsu などのサイトで視聴できるか調べて見ました パンドラ Dailymotion 9tsu MioMio TVer 以上のサイトから視聴できたとしても ・CMが邪魔 ・アダルトな広告が出てしまう ・読み込みが遅くてスムーズに視聴できない ・画質が悪い ・読み込みが遅い ・違法サイトなので良心が痛む というような理由があって、心から作品を楽しめない場合もあります。 そもそも違法動画でありスマホやパソコンが ウイルスに感染するリスクもないとは言い切れないため、 心配な方は次に紹介する安全な視聴方法をおすすめします。 また、動画が見つからない・リンク切れの場合も次の方法を試してみてください。 miomio とかいうのもあるんだな。 これは漫画かな。 サイトにウイルスが仕込まれてる危険性があるらしい。 漫画村もanitube も国が動き出して取り締まり方向に向かっ…。 原作者を唸らせた圧倒的再現度で、 畳みかけるように押し寄せるギャグに爆笑必至。 ストーリー テレパシーやサイコキネシス、透視、テレポートなど 多彩な超能力を持つ斉木楠雄 山崎賢人 は、 普通に生きることを望み、 天賦の才を隠して高校生活を送っている。 しかし彼の周りは、 斉木へ思いを寄せる妄想美少女や斉木の力でも 思考を読めないほどのバカなど変人ばかり。 毎年恒例の一大イベント、 文化祭を迎え恋と友情の嵐に巻き込まれた楠雄に 災難が次々にふりかかり、地球滅亡の危機に見舞われる。 なんで今まで観てなかったのか。

次の