やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です。 やる夫が0からはじめるようです

【短編】やる夫が悪役令嬢に転生するお話【なんでやねん!】

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

:::::::! :::::::! : ::::::::::: ::::::! r r厂 o: O: o: O:. `ヽ ヽ:. o: Oヽ. ,ィ し':. \: :O:ヽ:. r 厂 \: : : :. < : :ヽ: : : : ヽ: : : : :. 作者は。 2012年3月3日から連載中。 コンテンツ [] あらすじ 朱春市鶏屋町の安鶏屋高校に通うは、ネット上で手に入れた「悪魔召喚プログラム」を使って女悪魔を召喚し、共に暮らしていた。 元々一人暮らしであり、家族の情に飢えていた彼は、献身的に家事をこなしてくれる彼女にただの同居人以上の想いを募らせていた。 しかし、彼が悪魔召喚プログラムを手に入れたちょうどその頃から、鶏屋町では一人暮らしの男性を狙った猟奇的な連続殺人事件が発生する。 概要 『』を基に作られた、舞台およびストーリーはオリジナルの作品。 他にも『デビルサバイバー2』や『STRANGE JOURNEY』、『真・女神転生IV』からも一部設定を引き継いでいるが、話の内容は経験者でも初心者でも楽しめるよう丁寧に作られている。 また、毎回の投下後に安価を取り、キャラとやる夫との小ネタが発生(コミュ)してやる夫の属性や物語が変化したり、アンケートによりやる夫の行動が変わって展開に影響が出るなどの読者参加要素も積極的に取り入れられている。 主にLAWサイドの悪魔にアイドルマスターをはじめとした「アイドル」キャラのAAを多く採用しているのも特徴の一つ。 主な登場人物• - 安鶏屋高校に通う高校生。 一人暮らしだったため、家族になった湯音を非常に大切に思っている。 ゆね - やる夫が召喚した女悪魔。 献身的に家事をこなすのは何か理由があるようだが…。 - やる夫の友達。 1話目にて彼女が出来たと報告し、リア充生活への期待を隠せない様子。 - やる夫の友達。 巷で噂の悪魔召喚プログラムを使って彼女を作ろうと画策する。 - ある組織に所属するデビルサマナー。 連続殺人事件の調査でやる夫に接触を図る。 LAW寄りで視野が少々狭く思い込みが激しい。 - 龍咲海の仲魔。 アークエンジェル。 典型的なLAW思考の天使。 割と過激。 - 龍咲海の仲魔。 エンジェル。 寛容な性格をしており、天使として見ると特殊な考え方を有するが……• - とある一件をきっかけにやらない夫と知り合うメシア教の教徒。 黒井春香() - もとアイドルという経歴の実業家。 莫大な資産を有し各勢力に高い影響力を持つ謎のはるかっか。 マンセマット() - メシア教守護天使マンセマット。 味方に慈悲深いが敵には非常に残虐。 外部リンク• まとめ():• ():• まとめ消滅():• まとめ消滅():やる夫は悪魔と添い遂げるようです.

次の

やる夫がデビルサマナーになるようです

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

:: : : :! : :! ィ: :ヽ: : :. - 、-. _ '! 作者は。 2008年11月16日から2009年4月6日にかけて連載された。 コンテンツ [] あらすじ 平凡な生活を送っていた高校生が毎晩見る不気味な夢、そしてそんなやる夫の前に現れる謎の少女・。 ある日突然悪魔に日常生活を破壊されたやる夫は、戦う意味も分からないままに悪魔召喚プログラムを手にし、デビルサマナーの力を用いて真実に迫っていくことになる。 概要 からや偽典の設定まで幅広く取り入れたオリジナルのシナリオ。 そのためいわゆる原作信者のメガテニスト以外には敷居が高いスレのように思えるが、作中で世界観に関する重要な設定はしっかりと説明されており、また本家ネタバレなども特に無い。 連載中はやる夫スレでも屈指の人気を持ち、その見事な伏線回収とシナリオ構成に関しては評価が高い。 物語に絡んだキャラクターそれぞれにドラマがあり、人物造形に非常に長けた作品とされている。 また、以外としては珍しく最終話の勢いが20kを突破するほどの猛烈なスピードを誇った。 この作品に影響される形で、メガテン系やる夫スレも急速に増えだした。 最初のメガテンスレではなく、連載期間中に完結した別スレもあるが、開始して完結したという意味では最初の女神転生スレである。 キャラクターの扱いに関しては、上記にも上げられるが主役級として活躍することが挙げられる。 汚い誠やなどという範疇には留まらない全てを超越した伊藤誠が描かれ、そのキャラクターに影響された物も少なくない。 女神転生シリーズの世界観を説明する番外編「ホロとでっていうのわくわくメガテン講座」も人気を集め、この形式を真似た解説も急速に増えた。 登場人物• - 主人公。 ごく普通の高校生だったが、悪魔の事件に巻き込まれデビルサマナーとなる。 - 悪魔に襲われていたやる夫を助けたデビルサマナーの少女。 を使役している。 - 神霊C・R・N・S。 「翠星石のパートナー」を自称する謎多き悪魔。 物語のキーパーソン。 - やる夫のクラスメイトで、レナの幼馴染。 やる夫同様に悪魔絡みの事件に巻き込まれる。 - やる夫のクラスメイト。 オカルト研究会に所属しており、その手の話題に詳しい。 - やる夫を抹殺しようとしている、凄腕のダークサマナー。 - やる夫を抹殺しに来た悪魔・幽鬼ガキ。 何故かトラポート(転移魔法)を継承している。 - やる夫が最初に召喚した悪魔、妖精ピクシー。 - やる夫が召喚した神獣フェンリル。 普段はやる夫の飼い犬さたけに憑依している。 外部リンク• まとめ():• まとめ():• まとめ():• まとめ():• まとめ閉鎖():.

次の

やる夫がデビルサマナーになるようです

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

[ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ].

次の