まろ に ぃ レポート。 ハワイ旅行記*5泊7日!【2・3日目】海アクティビティDAY!|いちまろ夫婦×FIRE

オートキャンプ場とまろっとレポート

まろ に ぃ レポート

重式の有無で難易度が大きく左右されるボス 星6魔石ダンジョンでは、どの魔石も重式なしでクリアはできますが、重式の有無で難易度が激変します。 特に難易度が激しいものを分けてみました。 タイタンは回数こそ平均的ですが、フェーズに余裕があります。 最終フェーズ自体は制限時間が早い点は注意。 無くても工夫次第でクリアは十分可能ですが、重式なしに挙げた3つのボスよりも難易度が増します。 記憶の研究所で閃技が交換できるようになったため、シンクロを所持していないメインアタッカーは閃技でまかないましょう。 魔石に挑戦する場合の構成例 自分がよく組み合わせていた一例を紹介します。 クリアを目的としているので、タイムアタックを考慮した構成ではありません。 メインアタッカーは覚醒、超絶、閃技があるのが理想。 OF奥義もあれば問題なしです。 サブアタッカーも、できれば覚醒は欲しいところですが、工夫次第ではメインが重式纏いできれば物理魔法問わず覚醒1本でもクリア可能な魔石もあります。 自分は割と多かった チェイン役はチェインは勿論のこと、他の手段が問われるので、弱体手段があると 神です。 また、反射があるとチェインとダメージを敵の攻撃で稼ぐことができるため便利です。 デシは神壁のグリモア、禁書「裁定者」、禁書「守護者」、浄化のグリモア、開幕待機なしレジェマテあれば完璧です。 実際、自分はディアボロス初回の時しか使用しませんでした。 また、ボスによってはヒーラーを別のキャラに変えたり、ダブルヒーラーにすることもあります。 ボスに応じて使い分ける必要がありますが、基本的にはウララを使う機会が多いと思います。 物理ならバフ枠をクイナで代用できます。 代わりに、覚醒を使う メインアタッカーは重式閃技を用意しましょう。 デシに関しては、火力バフ自体は物理寄りであるため、入れる必要性は多少薄れますが• フレンドをチェインにする必要がある• ヒーラーの星6閃技を持っていない• アタッカー2人の必殺が揃っている• デシとウララのレコードボード解放はおすすめ 魔石ダンジョンにて、出撃回数が多いとされるデシとウララのレコードボード解放は超おすすめです。 まず、デシは専用アビリティ「断撃のグリモア」が強力。 全属性攻撃を行いつつ「いかり」と同等のゲージ量を回収できます。 一方ウララは回復量を上げるだけでなく、HPの底上げにより簡単には戦闘不能に陥ることは無くなります。 結晶水も使えばHP10,000を余裕で超えるほどです。 必殺技の種類が豊富なのと、ステータスの差異、魔石といった固定化される要素がほとんどないからだと推測しています。 これはFFRKの強みであり、1つ捻ることでオリジナリティが生まる証拠でもあります。 つまり、様々なパターンの構成が組み立てられることが可能です。 例をベースとするなら、そこからパーツを組み込むことで、自分に合った戦い方を模索することが最も重要です。 魔石構成例 魔石はカスタマイズ性が高い要素です。 そんな中、自分が必ず入れていた魔石効果は• 特に フェーズ1は21〜26秒までにフェーズ2へ移行しないと、 万象剥離や 状態異常攻撃を使うボスがほとんどです。 少し強い言葉で表現するなら足切りってやつですね。 勿論、対策することは可能ですが、フェーズ1のボーダーラインは 21〜26秒だと思って行動することをおすすめします。 フェーズ2や3も「 この行動されると嫌だなー」と思う要素があると思います。 立ち回りに支障が出るものは対策する必要がありますし、できることなら避けて進みたい。 俗にいう 1チェインで倒すという目的の1つはここにあります。 精錬1つ上げることで回数が増えるだけで無く、覚醒モード中の火力を大幅に上げることが可能になります。 特に、アビリティブーストの効果が際立ちます。 精錬4では1. 2倍に対し、精錬5なら 1. 3倍にまで増すため、狂式を割るのに重宝するためです。 ミスリルをガチャに費やす前に、最低限メインアタッカーが使うアビリティの精錬は整えましょう。 動画や攻略情報を活用する YouTubeやTwitterといったSNS系は情報の宝庫です。 自分では思いつかない攻略方法や、その人の「 色」が溢れ出る素晴らしい機能ですね。 ちょっとかけ離れた人でも、意外なところからヒントがもらえることも多いです。 というのも、魔石やダイブは同じにできても、そもそもステータスに差異があったり、必殺の諸事情も考えると 完全一致すること自体が珍しいと言えます。 まとめ 今回は星6魔石ダンジョンを攻略する際のちょっとしたコツを掲載しました。 まとめると• メインアタッカーは覚醒と重式は欲しい• 工夫次第では重式なしでもクリアできる• 自分の肌に合った構成を考える• レコードボードはデシとウララの解放がおすすめ• 魔石構成は用途に合わせる• フェーズのボーダラインは決めておく• アビリティの精錬数は最重要• この記事を経て今挑戦している人が、少しでも多くクリアできるようになればと思います。 初公開日2020年2月25日 追記:コメント機能について まろにぃレポートは、全記事コメント機能を停止していますが、諸事情によりこの「星6魔石を攻略する際のちょっとしたコツ」の記事のみコメントができるようになっていました。 1件コメントを頂き、大変ありがたい限りです。 コメントの内容ですが、星6魔石のディアボロス 魔法有効 が勝てずにいるそうで、アドバイスを欲しいとのことでした。 特攻であるユウナの重式超絶、星6閃技、覚醒、オバフロ奥義が揃っているようです。 他に有効そうな手持ちとしては、• アニマレンズで交換できる装備を追加で使用• 魔石ディアボロスを所持していないことを想定 以上の3点はご了承ください。 最悪ギルバートの超絶は無くてもOKです。 フェーズ2では、モグかギルバートに1度ウルトラキュアーを使用して、【冥闇】冥界の輝きによるペイン付与をLv2に抑えます。 フェーズ3は、移行したら覚醒モード中のユウナがルナドラゴンで、即裂け目を倒し夢干渉へ。 以降はユウナは何もせず待機し、踏みとどまったら超絶4を使う…を繰り返せばOKです。 間違ってもルナドラゴンを使ったり、ウルトラキュアーで回復しないこと。 裂け目を壊したり、夢干渉状態を解除してしまい、レムやアルクゥの攻撃が通らなくなります。 後は合間に魔石を召喚したり、ゲージに余裕があれば超絶入れたりしていました。 終盤、鎮魂歌の軽減バリアで攻撃を凌げることもありますが、鎮魂歌を作る余裕がないなら最悪アレグロ連打でOKです。 もう片方のアビ候補は、たくすや天使の詩がおすすめ。 ゲージ溜まったらすぐに超絶を使って纏います。 後のゲージは、剥がされた時に使えばOKです。 もし、星5閃技を所持しているなら、コンバートベノムは不要です。 覚醒は超絶4を2回使った後、フェーズ1〜2で使うのがおすすめ。 ゲージが溜まったら、1度超絶を挟み、ギルバートチェイン後に覚醒奥義を発動しましょう。 覚醒が切れたら、一度超絶を使用してパッションサルサを連打で問題ありません。 覚醒後は魔石使うのもありです。

次の

初心者向け釣り大会「うきまろファミリーフィッシングデー」レポート

まろ に ぃ レポート

FFRKを始めとするゲームブログです。 体験談や自身で検証した情報を載せています。 画像をタップすれば該当の記事へ飛びます。 また、マルチ討伐戦での 【冥級】シングルも同じ行動順です。 参考になれば幸いです。 新必殺技「真奥義」が登場。 間さんの高難易度チャレンジも行われました! 第58回FFRKレポートの感想を述べています。 2020年6月のフェスは、19日からが濃厚です。 【継承石登場】 第57回FFRKレポートの感想を述べています。 公開された2020年5月末までのスケジュールもまとめています。 FFRKレポートGW特別号の感想を述べています。 公開された2020年4〜5月のイベントスケジュールもまとめています。 第55回FFRKレポートの感想を述べています。 公開された2020年3月のイベントスケジュールもまとめています。 第54回FFRKレポートの感想を述べています。 公開された2020年2月のイベントスケジュールもまとめています。 第53回FFRKレポートの感想を記載しています。 公開された2020年1月のイベントスケジュールもまとめています。 第15回FFRK公式生放送のまとめを記載しています。 公開された年始年末イベントスケジュールも掲載。 新要素ヒストリアクリスタル、リミットブレイクの詳細も書いています。 第52回FFRKレポートの感想を記載しています。 公開された2019年12月のイベントスケジュールもまとめています。 ちょっとした小ネタブログ 第16回FFRK公式生放送の1コーナー 「間の本気を見せてやる!今難易度チャレンジ!」 の感想を述べています。 レコードダンジョンで個人的に印象が残るムービーシーンを抜き出して見ました。 ネタバレあるのでご覧になるときはご注意を。 不思議な装備を厳選してみました。 チョーカーは鎧です。 頑なに品揃えを変えないお店「カイトの交換所」の小ネタ話です。 2020年1月5日から開催されたエンドレスバトル「潰えぬ生命力」の感想を述べています。 FFRKで登場するオリジナルキャラのパーティで、ダーク・オーディンに挑戦。 5周年で登場した[超越]シャドウスミスの感想を述べています。 当時の動画も設置しています。 5周年で登場したシャドウスミス。 半年ぶりに挑戦してみました。 今回はFFTメンバーかつ、カルディアルートです。 【前編】 1日1回引けるノマガチャで排出された装備を記載しています。 対象は星6装備。 この記事は前編です。 【後編】 1日1回引けるノマガチャで排出された装備を記載しています。 対象は星6装備。 この記事は後編です。 他ゲーム体験談 ポケマス サービス開始から2ヶ月が経過したポケマスへの感想を述べています。 マルチをコントロールするのが楽しい。 テリワン ドラゴンクエスト「テリーのワンダーランドGB」がスマホ版として登場。 値段や満足点などを記載しているので、購入を考えている人は参考にどうぞ。 合計3弾。

次の

京都 まろまろ

まろ に ぃ レポート

チョイ投げでも立派なチャリコが (撮影:TSURINEWS関西編集部・松村) この日のイベント参加者は家族連れで初心者も多く、150人近い人が釣り場に並んだ。 当然、釣り場はどんどんと埋まっていき、遅めに到着した人は石積みより先の砂浜まで歩いて釣り座を確保する人も多かった。 波打ち際が好ポイント? ところが、本部よりも遠い砂浜では近投でキスの反応がすこぶるよく、こちらまで歩いて竿出しした人は小気味いいキスの反応を楽しめていた。 後半には本部近くの混雑する中で「なかなか釣れない」と言う参加者を連れて、砂浜まで移動をすすめて釣って貰うと言った光景も見られた。 その砂浜での釣り方は少しかわっていて、チョイ投げでも10mも投げるとアタリが少ない。 ごく軽く投げ込んで、10カウントほど仕掛けを止めたら、10cmほど引きずっては再び止める。 止めているとプルプルッと小さなアタリがあり、上げてくると10~13cmと小さい、いわゆるピンギスサイズながら、毎回のようにアタリがある。 投点5mでキスがダブル (撮影:TSURINEWS関西編集部・松村) どうもこの日はあまり沖の方ではキスの食いが悪く、波打ち際に集まっているようだったので、順にその釣り方をアドバイスしていくと、初めての人にもポツリポツリとキスが釣れだして一安心。 アタリがもっとも多いのは波打ち際から数m先にある最初のカケアガリ付近で、水深は実に20cmほどのポイントだ。 逆にこれなら初心者の人も投げるのに苦労しなくて済むし、アタリがあるから楽しい。 小さなお子さんでも1人で十分釣りが楽しめるので言う事なしである。 釣り方のコツ この日、イベントで参加賞として配られていた仕掛けは「うきまろ・投釣五目」でハリはがま投キス(白)の7号、テンビンは固定式でオモリは6号と軽い仕掛けだ。 釣り場が浅いだけに最大のコツは静かに釣る事。 まずは着水音の大きな重たいオモリは不要と言うよりタブーと言った方がいいかもしれないくらいだ。 そして、小さいキスに確実に食わせたいので、吸い込みのいい競技用のキスバリを使用した上記の仕掛けがよかった感じ。 さらに工夫をしたのは、エサのアオイソメ。 頭はカットして、できるだけ柔らかい尻尾に近い部分を中心に使い、刺すエサの長さは1cmほどと小さくする。 特に頭部に近い太い部分を使う場合は、小型キスが食いきれない事も多々あるので1cm以下にカットして使ってみた ここまできっちりとセッティングしておけば、特に難しい事はなくアタリがあればそのまま上げるだけ。 掛かっていなくても、すぐにちょいと投げ返して再チャレンジだ。 最後はさらに小バリで ただ、何度も同じ場所で釣っていると群れが散ったり、警戒心が高くなってくるので、ほんの少し場所をズラしてやると再び釣れるようになる。 当日は人が多く、あまり移動ができなかったので、最後の工夫としてはさらに吸い込みのいい競技キス5号の小バリにかえてみると再び食いがよくなった。 小さいながらも心地いい反応を見せてくれるキスに、初めて釣りをすると言う家族連れもすっかりとハマってしまったようで、特にお母様方の釣りへのハマり具合が目立った。 さて、大会全体では30cm級のイシガレイやキビレ、25cm近いチャリコなども上がっていて、小型魚ではキス、ベラ、コトヒキなど魚種も多彩。

次の