まどか 諦め たら そこ まで だ。 ネタバレ考察/台詞集/各話別第09話

心に響く!!安西先生の名言「あきらめたらそこで試合終了だよ。」

まどか 諦め たら そこ まで だ

まどかマギカ BONUS終了時セリフ振り分け• 『わけがわからないよ』出現時 通常A:64. 3% 通常B:9. 8% 通常C:0. 7% 特殊 :0. 2% 天国A:24. 2% 天国B:0. 『今日は月がキレイだね』出現時 通常A:45. 4% 通常B:18. 1% 通常C:1. 5% 特殊 :0. 4% 天国A:32. 9% 天国B:1. 『僕はいつだって君の近くにいるよ』出現時 通常A:25. 3% 通常B:25. 2% 通常C:9. 8% 特殊 :1. 5% 天国A:33. 6% 天国B:4. 『諦めたらそれまでだ』出現時 通常B:37. 8% 通常C:10. 3% 特殊 :1. 8% 天国A:45. 2% 天国B:4. 『君は神になるつもりかい?』出現時 天国A:85. 2% 天国B:14. 『これは、マイナス収支への反逆だ!』出現時 天国B:100% ボーナス終了時に第三リール右の液晶をタッチすると、上のどれかのセリフが発生します。 このような振り分けになっていますが、この振り分けが丸々次回モードの振り分けにはならないので注意が必要です! 『諦めたらそれまでだ』は、次回通常Bモード以上が確定し、さらに天国にも割と期待できそうです。 『君は神になるつもりかい?』は、天国以上確定となります。 『これは、マイナス収支への反逆だ!』は、天国B確定、つまり2回以上天国ループします。 それ以外のセリフが出た時は、ボーナス後即ヤメで。 設定変更後は、通常Cに移行しやすいようなんで、設定変更後は無条件で99G付近まで回すべきですね~。

次の

世紀の名セリフ「諦めたらそこで試合終了だよ」の裏の意味|MAX/神アニメ研究家@道楽舎|note

まどか 諦め たら そこ まで だ

杏子「あっ…」 さやか「誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない。 私達魔法少女って、そう言う仕組みだったんだね」 さやか「あたしって、ホントばか」 杏子「さやかっ!」 杏子「何なんだよ、テメェ一体何なんだ!?さやかに何をしやがった!?」 ほむら「下がって」 ほむら「掴まって」 杏子「何を?」 ほむら「いいから」 杏子「こいつは…」 ほむら「私から手を離したら、貴女の時間も止まってしまう。 気をつけて」 杏子「どうなってるんだよ、あの魔女は何なんだよ?」 ほむら「かつて美樹さやかだった者よ。 貴女も、見届けたんでしょう?」 杏子「逃げるのか?」 ほむら「嫌ならその余計な荷物を捨てて。 今すぐあの魔女を殺しましょ。 出来る?」 杏子「ふざけるな」 ほむら「今の貴女は足手まといにしかならない。 一旦退くわ」 まどか「あっ」 まどか「さやかちゃん!?さやかちゃん、どうしたの?」 まどか「ね、ソウルジェムは?さやかちゃんはどうしたの!?」 ほむら「彼女のソウルジェムは、グリーフシードに変化した後、魔女を生んで消滅したわ」 まどか「え…」 まどか「嘘…だよね」 ほむら「事実よ。 それがソウルジェムの、最後の秘密」 ほむら「この宝石が濁りきって黒く染まる時、私達はグリーフシードになり、魔女として生まれ変わる」 ほむら「それが、魔法少女になった者の、逃れられない運命」 まどか「嘘よ…。 嘘よね、ねぇ」 まどか「そんな…どうして…?さやかちゃん、魔女から人を守りたいって、正義の味方になりたいって、そう思って魔法少女になったんだよ?なのに…」 ほむら「その祈りに見合うだけの呪いを、背負い込んだまでのこと」 ほむら「あの子は誰かを救った分だけ、これからは誰かを祟りながら生きていく」 杏子「テメェは…。 何様のつもりだ。 事情通ですって自慢したいのか?」 杏子「何でそう得意げに喋ってられるんだ。 コイツはさやかの…。 さやかの親友なんだぞ」 ほむら「今度こそ理解できたわね。 貴女が憧れていたものの正体が、どういうものか」 ほむら「わざわざ死体を持って来た以上、扱いには気をつけて」 ほむら「迂闊な場所に置き去りにすると、後々厄介な事になるわよ」 杏子「テメェそれでも人間かっ!?」 ほむら「もちろん違うわ。 貴女もね」 キュゥべえ「入っていいかい? 話があるんだ」 まどか「生きてたのね」 まどか「ほむらちゃんが言ってたこと、本当なの?」 キュゥべえ「訂正するほど間違ってはいないね」 まどか「じゃあ、あなたはみんなを魔女にするために、魔法少女に?」 キュゥべえ「勘違いしないで欲しいんだが、僕らは何も、人類に対して悪意を持っている訳じゃない」 キュゥべえ「全ては、この宇宙の寿命を伸ばすためなんだ」 キュゥべえ「まどか、君はエントロピーっていう言葉を知ってるかい?」 キュゥべえ「簡単に例えると、焚き火で得られる熱エネルギーは、木を育てる労力と釣り合わないってことさ」 キュゥべえ「エネルギーは形を変換する毎にロスが生じる」 キュゥべえ「宇宙全体のエネルギーは、目減りしていく一方なんだ」 キュゥべえ「だから僕たちは、熱力学の法則に縛られないエネルギーを探し求めて来た」 キュゥべえ「そうして見つけたのが、魔法少女の魔力だよ」 まどか「あなたは…一体…?」 キュゥべえ「僕たちの文明は、知的生命体の感情を、エネルギーに変換するテクノロジーを発明した」 キュゥべえ「ところが生憎、当の僕らが感情というものを持ち合わせていなかった」 キュゥべえ「そこで、この宇宙の様々な異種族を調査し、君たち人類を見出したんだ」 キュゥべえ「人類の個体数と繁殖力を鑑みれば、一人の人間が生み出す感情エネルギーは、その個体が誕生し、成長するまでに要したエネルギーを凌駕する」 キュゥべえ「君たちの魂は、エントロピーを覆す、エネルギー源たりうるんだよ」 キュゥべえ「とりわけ最も効率がいいのは、第二次性徴期の少女の、希望と絶望の相転移だ」 キュゥべえ「ソウルジェムになった君たちの魂は、燃え尽きてグリーフシードへと変わるその瞬間に、膨大なエネルギーを発生させる」 キュゥべえ「それを回収するのが、僕たち、インキュベーターの役割だ」 まどか「私たち…消耗品なの?あなたたちのために…死ねって言うの?」 キュゥべえ「この宇宙にどれだけの文明がひしめき合い、一瞬ごとにどれ程のエネルギーを消耗しているのか分かるかい?」 キュゥべえ「君たち人類だって、いずれはこの星を離れて、僕たちの仲間入りをするだろう」 キュゥべえ「その時になって、枯れ果てた宇宙を引き渡されても困るよね?」 キュゥべえ「長い目で見れば、これは君たちにとっても、得になる取引のはずだよ?」 まどか「バカ言わないで。 そんなわけのわからない理由で、マミさんが死んで、さやかちゃんがあんな目に遭って。 あんまりだよ…ひど過ぎるよ」 キュゥべえ「僕たちはあくまで君たちの合意を前提に契約しているんだよ?」 キュゥべえ「それだけでも充分に良心的なはずなんだが」 まどか「みんな騙されてただけじゃないっ!!」 キュゥべえ「騙すという行為自体、僕たちには理解できない」 キュゥべえ「認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね」 まどか「あなたの言ってること、ついていけない。 全然納得できない」 キュゥべえ「君たち人類の価値基準こそ、僕らは理解に苦しむなあ」 キュゥべえ「今現在で69億人、しかも、4秒に10人づつ増え続けている君たちが、どうして単一個体の生き死ににそこまで大騒ぎするんだい?」 まどか「そんな風に思ってるなら、やっぱりあなた、私たちの敵なんだね」 キュゥべえ「これでも弁解に来たつもりだったんだよ?」 キュゥべえ「君たちの犠牲が、どれだけ素晴らしい物をもたらすか、理解して貰いたかったんだが、どうやら無理みたいだね」 まどか「当たり前でしょ?」 キュゥべえ「まどか。 いつか君は、最高の魔法少女になり、そして最悪の魔女になるだろう」 キュゥべえ「その時僕らは、かつて無い程大量のエネルギーを手に入れるはずだ」 キュゥべえ「この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて。 待ってるからね」 キュゥべえ「そうまでして死体の鮮度を保って、一体どうするつもりだい?」 杏子「コイツのソウルジェムを取り戻す方法は?」 キュゥべえ「僕の知る限りでは、無いね」 杏子「そいつは…、お前の知らないこともあるって意味か?」 キュゥべえ「魔法少女は条理を覆す存在だ。 君たちがどれ程の不条理を成し遂げたとしても、驚くには値しない」 杏子「できるんだな?」 キュゥべえ「前例はないね。 だから僕にも方法は分からない」 キュゥべえ「生憎だが、助言のしようがないよ」 杏子「いらねぇよ。 誰が…テメェの手助けなんか、借りるもんか」 仁美「まどかさん。 今朝は顔色が優れませんわ。 大丈夫ですの?」 まどか 「うん…。 ちょっと寝不足でね」 仁美「それにしても、今日もさやかさんはお休みかしら?」 仁美「後でお見舞いに行くべきでしょうか。 …でも私が行っていいのか」 仁美「今ちょっと、さやかさんとはお話しづらいんですが」 まどか「仁美ちゃん。 あのね…」 杏子「昨日の今日で、のんきに学校なんて行ってる場合かよ」 まどか「あっ?」 仁美「まどかさん?」 杏子「ちょっと話があるんだ。 顔貸してくれる?」 まどか「仁美ちゃん。 ごめん。 今日は私も…学校お休みするね」 仁美「え?そんな、まどかさん、ちょっと」 まどか「あの…話って」 杏子「美樹さやか。 助けたいと思わない?」 まどか「あっ…助けられる…の?」 杏子「助けられないとしたら、放っとくか?」 杏子「妙な訊き方しちゃったね。 バカと思うかもしれないけど、アタシはね。 本当に助けられないのかどうか、それを確かめるまで、諦めたくない」 杏子「アイツは魔女になっちまったけど、友達の声ぐらいは覚えてるかもしれない。 呼びかけたら、人間だった頃の記憶を取り戻すかもしれない。 それができるとしたら、たぶん、アンタだ」 まどか「う…?」 まどか「うまくいくかな?」 杏子「わかんねぇよそんなの」 杏子「わかんないからやるんだよ。 もしかして、あの魔女を真っ二つにしてやったらさ、中からグリーフシードの代わりに、さやかのソウルジェムがポロッと落ちてくるとかさ」 杏子「そういうもんじゃん?最後に愛と勇気が勝つストーリー、ってのは」 杏子「アタシだって、考えてみたらそういうのに憧れて魔法少女になったんだよね」 杏子「すっかり忘れてたけど、さやかはそれを思い出させてくれた」 杏子「付き合いきれねぇってんなら、無理強いはしない。 結構、危ない橋を渡るわけだしね」 杏子「アタシも、絶対何があっても守ってやる、なんて約束はできねぇし」 まどか「ううん、手伝う。 手伝わせてほしい」 まどか「私、鹿目まどか」 杏子「ったくもう、調子狂うよな、ホント」 まどか「え?」 杏子「佐倉杏子だ。 よろしくね」 まどか「う…うん」 ほむら「すみません。 気分がすぐれませんので、保健室へ」 先生「このクラスの保健委員は誰かね?」 生徒「鹿目さんは今日、休みです」 先生「では学級委員が付き添いに」 まどか「ほむらちゃんも、手伝ってくれないかな?」 杏子「アイツはそういうタマじゃないよ」 まどか「友達じゃないの?」 杏子「違うね」 杏子「まあ利害の一致っていうか。 お互い一人じゃ倒せない奴と戦うためにつるんでるだけさ」 杏子「あと何日かしたら、この街にワルプルギスの夜が来る」 まどか「ワルプルギス?」 杏子「超弩級の大物魔女だ」 杏子「アタシもアイツも、たぶん一人じゃ倒せない。 だから共同戦線っていうか、まあ要するにそういう仲なのさ」 杏子「ここだな」 まどか「ホントにさやかちゃんかな?他の魔女だったりしないかな?」 杏子「魔力のパターンが昨日と一緒だ。 間違いなくアイツだよ」 杏子「さて、改めて訊くけど、本当に覚悟はいいんだね?」 まどか「何かもう、慣れっこだし」 まどか「私、いつも後ろから付いてくばっかりで。 役に立ったこと一度もないけど。 でもお願い、連れて行って」 杏子「ホント変な奴だな、アンタ」 まどか「ねぇ、杏子ちゃん」 まどか「誰かにばっかり戦わせて、自分で何もしない私って、やっぱり、卑怯なのかな」 杏子「何でアンタが魔法少女になるわけさ?」 まどか「何でって…」 杏子「ナメんなよ。 この仕事はね、誰にだって務まるもんじゃない」 まどか「でも」 杏子「毎日美味いもん食って、幸せ家族に囲まれて、そんな何不自由ない暮らしをしてる奴がさ、ただの気まぐれで魔法少女になろうとするんなら、そんなの、あたしが許さない。 いの一番にぶっ潰してやるさ」 杏子「命を危険に晒すってのはな、そうするしか他に仕方ない奴だけがやることさ。 そうじゃない奴が首を突っ込むのはただのお遊びだ。 おふざけだ」 まどか「そうなのかな」 杏子「アンタだっていつかは、否が応でも命懸けで戦わなきゃならない時が来るかもしれない。 その時になって考えればいいんだよ」 まどか「うん」 まどか「杏子ちゃんはどうして…あっ」 杏子「気づかれた、来るぞ!」 杏子「いいな、打ち合わせ通りに」 まどか「う…うん」 まどか「さやかちゃん。 私だよ。 まどかだよ。 ね、聞こえる?私の声がわかる?」 杏子「怯むな。 呼び続けろ」 まどか「さやかちゃん。 やめて。 お願い、思い出して。 こんなこと、さやかちゃんだって嫌だったはずだよ。 さやかちゃん、正義の味方になるんでしょ?ねえお願い、元のさやかちゃんに戻って!」 杏子「聞き分けがねぇにも、程があるぜ、さやか!」 まどか「杏子ちゃん!?」 杏子「大丈夫、この程度、屁でもねぇ。 アンタは呼び続けろ、さやかを」 まどか「やめて!もうやめて!さやかちゃん!私たちに気づいて!」 杏子「ハッ、いつぞやのお返しかい?そういえばアタシたち、最初は殺し合う仲だったっけね」 杏子「生温いって、あの時アタシがもっとぶちのめしても、アンタは立ち上がってきたじゃんかよ」 杏子「怒ってんだろ?何もかも許せないんだろ?」 杏子「わかるよ…それで気が済んだら目ェ覚ましなよ、なぁ」 まどか「さやかちゃん…おねがいだから…」 杏子「さやかっ!!」 杏子「アンタ、信じてるって言ってたじゃないか!この力で、人を幸せにできるって」 杏子「頼むよ神様、こんな人生だったんだ。 せめて一度ぐらい、幸せな夢を見させて」 ほむら「杏子」 杏子「…よう」 ほむら「貴女……」 杏子「その子を頼む。 アタシのバカに付き合わせちまった」 ほむら「あ……」 杏子「足手まといを連れたまま戦わない主義だろ?いいんだよ、それが正解さ」 杏子「ただ一つだけ、守りたいものを最後まで守り通せばいい」 杏子「ハハハ、何だかなぁ。 アタシだって今までずっとそうしてきたはずだったのに」 杏子「行きな。 コイツはアタシが引き受ける」 杏子「心配すんなよさやか。 一人ぼっちは…寂しいもんな。 いいよ、一緒にいてやるよ。 さやか」 ほむら「杏子……」 ほむら「佐倉杏子には、本当に美樹さやかを救える望みがあったの?」 キュゥべえ「まさか、そんなの不可能に決まってるじゃないか」 ほむら「なら、どうしてあの子を止めなかった」 キュゥべえ「もちろん、無駄な犠牲だったら止めただろうさ」 キュゥべえ「でも今回、彼女の脱落には、大きな意味があったからね」 キュゥべえ「これでもうワルプルギスの夜に立ち向かえる魔法少女は、君だけしか居なくなった」 キュゥべえ「もちろん、一人では勝ち目なんてない」 キュゥべえ「この街を守るためには、まどかが魔法少女になるしかない訳だ」 ほむら「やらせないわ。 絶対に」.

次の

魔法少女まどか☆マギカのあらすじ・ネタバレ・名言まとめ

まどか 諦め たら そこ まで だ

あきらめたらそこで試合終了だよとは、『』の登場人物、のである。 概要 このを安西は2度発言している。 ただし、2度の発言は「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」。 1度の発言は第8巻、第69話「WH」のにて。 県大会決勝、中と武石中の試合は、-で中がしていた。 残り時間わずか12で、しかも相手。 武石中の寿も、内心負けを意識し諦めかけてしまう。 そのとき、来賓として試合会場にいた安西が、にをかけるのだった。 最後まで…を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ 安西の言葉によっては諦めることなく、相手からを奪いを決め、武石中をに導くことができた。 は「その時…この人のもとでがしたいと思った」とっており、強校からの誘いを断って、安西のいるに進学することになる。 2度の発言は第27巻、第話「4S」のとの会話の中で。 ター2回戦、と山王工業の試合は、36-で山王工業が大きくしていた。 の柱であるはに抑え込まれ、3Pのはスタミナ切れ、流でさえ相手の沢北に対抗できずにいた。 安西はをチに下げ、に試合を見るよう促す。 は安西が諦めたものと思い、悔しさをにじませるが……。 安西「私だけかね…? まだ勝てると思っているのは………」 「あきらめたんじゃなかったのか……」 安西「あきらめる? あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」 安西は、のェンスリンドによって、この大差からでも山王工業に勝つことができると言う。 は安西の意図を理解すると、の思いを背負ってコートに出ていくのだった。 この「あきらめたらそこで試合終了」という言葉は、『』の中で一、二を争うとしてが高い。 が部に入るきっかけとなった一言であり、の劇的な逆転をさせる印的な場面でもあるため。 また、困難や苦に直面した人に「諦めないことの大切さ」を教え説く際に、啓の言葉として使われることもあり、『』を読んだことのない人にも広く知られている。 「あきらめたらそこでだよ…?」(『』)、「諦めたらそこで終了ですよ!」(『 宴』)、「諦めたのでここで試合終了」(『』)など、さまざまな作品にのが登場するほか、上ではふきだしのを変した画像も散見される。 なお、「あきらめたら」の表記「諦めたら」、末尾の「だよ」または「ですよ」、「…」と「?」の有でそれぞれが生じるため、ではの生じにくい「そこで試合終了」でするとよい。 合 こ き ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 終 で ら ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 了 め ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; だ. た :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; よ ら :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: :. : :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,. --、 ヽi 三彡 ,. ? 合. た i.. i / 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の