慶應義塾大学 勉強方法。 慶應義塾大学の通信課程におけるフランス語のカリキュラムフランス語の勉強に役立つ情報サイト

慶應義塾大学商学部の世界史の対策&勉強法!難しい傾向を分析【慶應商学部世界史】

慶應義塾大学 勉強方法

慶應義塾大学商学部の世界史の傾向 問題構成 問題構成については、2017年度は 大問3題で、 小問71題でした。 大問は例年通りです。 小問は2015年度まで80題程度であったのが、2016年度から70題程度に減少しています。 試験時間は 60分ですので、単純計算すると 1問あたり50秒強で解くことになります。 問題形式は、マークシート方式の空欄補充語群選択問題が、2017年度は42題でした。 前年が53題でしたので大幅減少です。 その代りに 記述・論述方式が17題から29題に 増加しました。 論述方式では、 20~50字程度の短文論述は必出です。 記述方式では、 空欄補充問題が2017年度から新たに加わりました。 2017年度は出題がありませんでしたが、2015年度大問1のようにグラフを使用した問題が出題されることもあります。 また地図自体が出題されたことはありませんが、地理的な知識が必要な問題も出題されます。 たとえば、2017年度大問1問1 21 22 「ダホメ」・ 23 24 「ベニン」がそうです。 出題される地域は、欧米の比重が高い年度が多いです。 たとえば、2014・2015年度はヨーロッパ中心、2016・2017年度は欧米中心でした。 とは言え、2013年度のように大問2つが南アジア・東南アジア・中国と、アジア重視の年度もあります。 アジアでは2013・2014年度は中国史が大問で出題されました。 2015年度は中国ではなく西アジアと南アジアから多く出題され、2016年度は東南アジアと朝鮮が多く出題されました。 ところが、2017年度はトルコがわずかに小問で1題されただけでした。 予想のつけづらい出題といえますので、 まんべんなく学習しておく必要があります。 また、2017年度は、大問1でアフリカも出題されました。 >> 出題時代の傾向 時代については、地域と同じく年度によって違いが大きいです。 2013年度は中世~20世紀で古代の出題がなく、2014年度は古代~近代で現代史の出題がなし。 2015年度は古代~現代でしたが、近世~現代が中心でした。 2016年度は古代・中世の出題がほとんどなく、ほとんどが近世~現代で、中でも 戦後史が4割を占めました。 2017年度も同様で、古代・中世からはわずか10題、他は近世以降の出題、特に 戦後史が5割を占めました。 >> 分野別 分野別では、 政治史・外交史が中心です。 ただし、 学部の性格上、貿易・植民地・経済政策などに関する問題が頻出します。 たとえば、2017年度は大問1「移民の歴史」・大問3「20世紀後半のアメリカ史」のように大問3題のうち2題を占めることもあります。 また、2017年度大問2「若者のイメージ」のように テーマ史のかたちをとることも多いです。 難易度としては、詳細な知識を要求するものがいくつか出題されますが、 大半は基本的なものです。 論述で、思考力を求める出題もあります。 大問のテーマとしてだけではなく、小問でも出題されます。 たとえば、2017年度大問3「新自由主義」を問う問題がそうです。 用語を単に暗記するのではなく、内容もおさえておきましょう。 難問も出題されます。 たとえば、2017年度大問2問2「ルソーの思想の特徴」を問う問題がそうです。 思想の内容を問うものですから、用語暗記では対応できません。 必ず解説も読むようにしましょう。 また、 思考力を求める出題も出題されます。 たとえば、2017年度大問1問3「日本への移民」を問う問題がそうです。 指定語句を上手に用いて、要点を簡潔にまとめる訓練をしておきましょう。 たとえば、2017年度大問2問6「公民権運動」を答えさせる問題がそうです。 それだけに、書き間違いで落とさないように 正確な表記を練習しておきましょう。 紛らわしい用語や間違えやすい漢字には、特に注意をしてください。 小問では、 時事問題がしばしば出題されます。 たとえば、2013年度大問1問5「レアメタル」、2016年度大問1問1 105 106 「中国のWTO加盟」、2017年度大問1問1 1 2 「イギリスのEU離脱」がそうです。 日頃から新聞・ニュース・インターネットに触れておきましょう。 ただし、インターネットは特にそうですが、新聞も雑誌もテレビも確度の高いものを選ぶようにしてください。 たとえば、2017年度大問2問1 33 34 「疾風怒濤」がそうです。 用語自体は基本的なものが多いです。 まとめ表などで整理しておきましょう。 詳細な知識を問われる難問に目が行きがちですが、その数は多くなく、解答できる人も多くはないことから差が付きません。 ですから 基本的な問題こそ、落とせば合否に直結します。 教科書と用語集を精読して、ノートにまとめるとよいでしょう。 精読とは、見出しや本文はもちろん、 注や図版の解説にも目を通す、ということです。 ノートは市販のものを利用するのも簡単で悪くはありませんが、それを参考にして自力でまとめた方がより力がつきます。 次に、 論述問題は練習が必要ですから、その時間をとらなければなりません。 また、 テーマ史が出題されますので、 各地域の通史が頭に入っていることが前提です。 さらに、現代史と文化史はどうしても学習が手薄になりがちです。 ですから、 通史を早めに終わらせておきましょう。 特徴の一つである総数40題を超える語群選択問題は、 時間との勝負になりますので慣れが必要です。 また商学部はもちろんのこと 他学部の過去問もできる限り解くようにすると良いでしょう。 直前の対策として、商学部以前に試験が実施された学部の問題を入手して解くことも有効です。 似たような問題が出題されることがあります。

次の

慶應生が語る!受験組と内部進学との温度差は実際どうなの?

慶應義塾大学 勉強方法

学部ごとの傾向の違いを把握していない 慶應の場合、同じ英語でも、学部ごとに試験傾向にバラつきがあります。 試験時間も、文120分、法80分、経済100分、商90分と差があります。 出題ジャンルも、討論文、インタビュー文、小説、エッセイと多岐にわたります。 また、SFCの2学部は英語も独特です。 総合政策は2,420語、環境情報は2,100語と、法、経済、商、文よりもさらにボリュームが多くなっています。 内容的には、速読一本槍の試験で、英文に慣れている帰国子女のような受験生に有利と言える試験です。 具体的な設問を見ていくと、1つの文章に対して読解問題と20問程度の空欄補充が同時に出題されるなど、読解力だけでなく、単語や熟語の意味をいかに理解しているかが問われる構成となっています。 早稲田のように、「政経・法など難関学部の対策が他の学部にも通用する」ということがないので注意が必要です。 慶應合格を目指すなら、志望学部の過去問の特徴を把握した上で、的確な勉強をすることがより重要です。 「超長文」に対応できていない(文学部など) 慶應の英語は、私大のなかでも特筆して長文の量が多いのが特徴です(いわゆる超長文)。 文学部の場合、以前は 「2,000語近い超長文1題+難易度の高い自由英作文」という独特の出題形式が定番でしたが、2014年からは長文1題のみの形式に変更されました。 内容としては、ある文章に対しての具体的な内容を120~150字程度の日本語で説明するものや、英文を日本語に訳すもの、日本語を英語に訳す問題が2年連続で出題されています。 慶應の英語を攻略するには、膨大な量の英文を、時間内に読みこなすことが不可欠です。 つまり、「速読」が欠かせません。 ただ、「速読は重要」とわかっていても、効果的な対策ができている受験生は多くありません。 教科書レベルの勉強しかしていない 私大最難関校である慶應は、日本史・世界史の入試レベルも非常に高くなっています。 教科書に書かれている用語程度の知識では、慶應の出題する、重箱の隅をつつくような精緻な知識問題に太刀打ちできません。 慶應合格を勝ち取るためには、教科書を超えた詳細な知識が必須です。 教科書の学習に加えて、資料集や用語集を熟読し、深い知識を身につけておくことが、慶應受験の前提条件となります。 テーマ史対策を怠っている 学校の授業では、慶應入試に頻出のテーマ史の対策をすることはほとんどありません。 なぜかというと、授業のベースとなる教科書が出来事や物事を時系列で追っており、テーマ史に対応した構成になっていないからです。 そのため、慶應志望の受験生はテーマ史を独自で勉強するしかありません。 テーマ史に関した問題のボリュームを考えると、テーマ史の自学自習ができていない受験生の合格は、かなり難しいと言えるでしょう。 時間配分を意識した対策ができていない 慶應では、化学・物理それぞれに個別の試験が設けられているのではありません。 化学・物理2教科を合わせた試験を行います。 試験時間は2教科で120分です。 どちらの問題もボリュームが大きいため、時間配分が合格のカギになってきます。 普段の学習でも時間を計って取り組んだり、問題の難易度判断して取りかかるなど、慶應入試を想定した学習をしなければ、本番で焦って実力を十分に発揮することができなくなります。 難易度の高い問題に取り組んでいない 私大最難関の慶應は、化学・物理の試験にも、もちろん難問が揃っています。 教科書や教科書準拠問題集の典型的な問題しか取り組んでいない受験生は、慶應の出題する応用問題に歯が立ちません。 標準的な問題を解けるようになったら、難易度の高い問題集で問題演習の経験を積み、応用力を養う必要があります。

次の

慶應義塾大学 経済学部 勉強法と入試対策|大学入試のプロ家庭教師【リーダーズブレイン】

慶應義塾大学 勉強方法

私立大学の最高峰・ 慶應義塾大学。 私立大学ということもあり、現役大学生だけでも 数万人の規模を誇っている。 おそらく多くの高校生は 慶應義塾大学は内部生、一般受験生、推薦組、帰国生など 多様な出自の学生を受け入れており、それによる多様性があると考えていることだろう。 では、 多様性に満ちた慶應義塾大学に入学したらどのような 選択肢が待ち構えているのだろうか。 また、受験をして大学に入った人たちと 内部進学生の間に学力の格差や 学内カーストのようなものは存在しているのだろうか。 この記事の読者は、 大学進学あるいは受験を前にしている者が多いことだろう。 〈高校〉• 高等学校• 志木高等学校• 女子高等学校• ニューヨーク学院• 湘南藤沢高等部 中でも特に幼稚舎は 10倍以上の倍率を誇り、入試において知能や学力のみではなく 親族関係 代々慶應の一家であるか・家柄 や 縁故を重視されるとも言われている。 中学受験においてはどこも 高倍率で高い学力が求められるが、湘南藤沢中等部では帰国生受け入れの割合がかなり高い。 そのため帰国生にはかなり入学しやすく、また、入学した後も 英語力を活かしたレベルの高い授業を受けることができる。 高校受験では、特に志木高等学校や女子高等学校は高偏差値を誇る。 都立の進学校である 日比谷高校や西高校などと併願する学生も多い。 大学にはスポーツ推薦入試は導入されておらず、慶應側としては優秀なスポーツ選手は中学や高校のうちから 囲い込み、より強い選手へと育成していきたいということなのかもしれない。 一般入試 筆者としてはもっとも 馴染み深いのが一般入試である。 大学から入学するための 入試方法として、もっともふつうなのが 一般入試の受験である。 他の大学と同様に、2、3月にそれぞれの学部ごとに実施される 入学試験 多くは小論文、英語、社会科目や数学など を受験し、合格すれば慶應義塾大学に入学することができる。 この入試で見られるのは 入学試験においての得点のみである。 高校での成績や学業以外の実績 スポーツ、慈善活動など は全く見られない。 そのため、もっともわかりやすく 単純な入試制度といえるかもしれない。 推薦入試 推薦入試にも種類があり、 指定校推薦、 文学部自己推薦、 AO入試などがある。 それぞれ アピールポイントをエントリーシートに書いて提出することがあるため、具体的に公表はされていないが高校時代の活動が見られている可能性が高い。 また、指定校推薦は各高校に 慶應義塾大学の各学部の推薦枠が与えられ、そこに応募できる最低の内申が決まっているため、高校時代の成績も高く保っておく必要がある。 ちなみに筆者の高校には法学部の 指定校推薦枠が来ていたが、内申の足切りラインは4. 3 5段階評価の成績の全科目3年間の平均が4. 3以上であること であった。 帰国生入試 大学では、帰国生向けの 入試制度を導入している。 学部ごとに入試を受験できる資格は変わってくるが、 基本条件としては海外の高校に最終学年を含めて2年以上通っており、 TOEFLなどの点数を保持していることが必要なようだ。 この 割合を見て、どのように感じられるだろうか。 大学受験を志す高校生は、「だいたいの慶應生が一般入試を受験して入学しており、内部生や推薦生は 一握り」という考えを 特に地方の高校生は 抱いている人間が多いように感じる。 しかし、その認識は全くの間違いであり実際は一般入試で 慶應義塾大学に進学する人間は全体の 6割強でしかないのだ。 塾内の雰囲気 ここまでに説明してきた 慶應生だが、果たして一般入試組と内部生は仲良く大学生活を一緒に送ることができるのだろうか。 答えは、「 所属する団体やどう大学生活を送るかによる」としか言うことができない。 そうなると、部活動やサークルで内部進学者に関わることがなければほとんど関わらずに終わるだろう。 また、内部進学者は 体育会部活動に入ることが多い。 逆に言えば、体育会部活動では 半数以上、あるいは 7,8割が内部進学者であることが多い。 理由としては、慶應義塾の 付属校はスポーツ系の部活動がかなり盛んであること、 大学入試がないため部活動にうちこめる時間や労力がかなり多いこと、中学生や高校生の時点で慶應義塾大学に行くことが確定しているのでどんな大学生活を送るかの計画を立てやすく、考えた挙句 ストイックな選択肢を選ぶことが多いこと、などが挙げられる。 さらに、内部生の ネットワークで楽な授業の情報などがかなり出回るため、教養の授業でも内部生が多く履修している科目やそうでない科目がある。 つまり内部生と仲良くなれば楽な授業や試験の対策方法なども簡単に情報が入ってくるのだ。 ゼミに関しても同様である。 筆者は一般入試で大学に入学し、 大学生活を通して非常に多くの内部生と関わった方だと自負している。 その中で感じたことは、大まかに以下の通りである。 帰国生もそもそも人生の背景がかなり多様であり、そこで育まれた価値観も人と異なる。 価値観が合わないと感じて関わらないようにすることも可能。 これは大学生活の人間関係そのものについて言えることである。 内部生だ、帰国生だ、というだけで壁を作ってしまうのはせいぜい 最初の数ヶ月だけである。 もちろん 内部生はもとから仲のいい人間が大学にいる。 しかし、結局そこだけで固まっているということはない。 帰国生も、最初はまず日本での大学生活で本人たち自身も文化の許容に悩み、 帰国生と関わる者も関わり方に悩むことがあるかもしれない。 同じ 大学生活を共に営んでいくにあたり、多く関わり、互いの価値観を開示しあい、適応しあっていく。 そうすることで多様な学生のいる 慶應義塾大学では、人との関わり合いを通じてお互いの価値観を広げ、人として成長していくことができるのだろう。 理想の大学生活 それぞれの人間にとってたくさんの 選択肢が与えられることが慶應義塾大学の強みであることがお分かりいただけただろうか。 では、最後に 理想の大学生活について触れていく。 内部生の例 内部生にとっての 失敗例とはなんだろうか。 それは、十分ある 大学準備期間で十分に大学生活をどう過ごすかを考えられず、大学生活を謳歌しきれないことだ。 内部生の最大の強みは、大学受験をする者よりもはるかに「慶應義塾大学に 入学するまでの準備期間が長い」ことである。 大学受験組は、国立志望で3月の後期入試まで受験した人間であれば慶應に入学することが決まってから入学準備するまでに 1週間ほどしかない。 準備期間の長さは圧倒的な アドバンテージであろう。 自分はどんな大人になりたいのか。 そのためにどんな大学生になりたいのか。 これを考える期間は十分にあるし、 入試勉強というものがないので 卒業試験などはあるが、そのための必要学習時間は入試よりもはるかに少ない 職場見学や大学の 部活動見学に時間を当てることもできる。 この記事の読者の中に慶應にかぎらず 私立大学の内部生がいれば、ぜひ大学生活の準備を入念に行って欲しい。 それは、 外部生が死ぬほどやりたいけれどもできないことなのだ。 一般受験組の例 一般入試受験組は、とにかく大学が決まってから 時間がない。 地方から引越しをする人間であれば特にドタバタであろう。 大学の情報が特にない中で活用した方がいいものは、以下の通りである。 同じ高校で慶應に入った先輩 とにかく、 同じ高校の先輩を辿って連絡を取り、アドバイスを求めよう。 同じような環境から慶應に飛び込んだ人間として、たくさんの 履修情報やサークル情報などをあたえてくれる。 地元の三田会 地方の学生は 三田会を利用しよう。 都道府県、世界各都市に慶應の OB団体である三田会という者が存在している。 入学前に三田会で新入生を祝う会合が催されることが多く、そこには 年次の高いOBOGから慶應大学を卒業して数年とたたない者もいる。 多くの先輩に出会える機会であるため、ぜひ活用しよう。 慶應のSNS ツイッター、インスタグラムで慶應の団体の情報を常にチェックするようにしよう。 ツイッター限定で発信される 新入生向けイベントや 推薦生限定新歓イベントなどがある。 ギリギリに大量の情報をかき集めなければいけない一般受験組にとって、 SNSは絶対必要なアイテムだ。 推薦受験組、帰国受験組の例 推薦受験組や 帰国受験組は、一般受験組よりは早く合格をもらい、進路を決定することができる。 そのため、まずは4-2で書いた 情報収集を行っておくことをお勧めする。 また、それに加えて以下のことを行っておくとスムーズに大学生活を滑り出すことができる。 住居の確定 一人暮らしをするのであれば、 上京する学生で不動産が溢れる 2,3月をさけるため推薦で合格が出た秋や冬の時点で家を決めるようにしよう。 そうすれば日吉キャンパスのそばの 優良物件をいち早く抑えることができる。 アルバイト探し 大学生にとっての永遠の問題。 それが 金欠である。 とにかく遊びたい、そのためにはお金が必要になってくる。 大学進学が決定したら様々な アルバイトに目星をつけておこう。 高校に 内緒でバイトを始めてしまうのもアリかも、、、? 自動車免許取得 大学に入学してから 免許を取得することは以外と億劫なものである。 そのくせ ドライブなどは大学生の遊びにつきものだ。 さらに、 就職活動において自動車免許を保持していることがマストな企業も存在する。 社会人になると営業外回りで車を出さねばならないこともあるため、必要最低限のスキルとしている会社がある。 合格が決まったらすぐに 自動車学校に通い始めることをお勧めする。 いかがだっただろうか。 慶應義塾大学を志望している君、 内部生の君、すこしでもこの記事を参考にしていただければ幸いだ。 いろいろなことを説明してきたが、結局は慶應大学は 多様性溢れる大学なのである。 そのため、他者を受け入れていく姿勢さえ持てば、いろいろな 価値観に出会い、人として大きくステップアップできる大学生活が送れることまちがいない。 ぜひこの内容を心に留め、 大学生活について思いを馳せてほしい。 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 ただし、東京などの大都市圏に住んでいる高校生は受験情報に接する機会が豊富にあると思いますが、地方在住の高校生は良い情報に接することがあまりできません。 なぜなら、早慶レベル以上の大学生・卒業生に接することが地方は難しいからです。 実際に、赤門アカデミーの9割は首都圏以外の塾生です。 そこで大学受験. net(赤門アカデミー)では、東京と地方の情報格差少しでも減らすべく、 東大生との無料音声相談や、格安での受験計画作成・指導プランなどを提供しています。 赤門アカデミーの講師が 1営業日以内にお返事いたします。 合わせて読みたい関連記事.

次の