ナイキ ズーム フライ 3 評価。 ナイキ ズームX ドラゴンフライをレビュー!

ナイキ「ZOOM RIVAL FLY(ズームライバルフライ)」レビュー・評価は?

ナイキ ズーム フライ 3 評価

シンプルイズベスト ズームライバルフライ みなさんこんにちは。 ナイキの高価なシューズに紛れて比較的大衆的な価格のこのシューズの紹介です。 そう、それはズームライバルフライです。 なんか名前が似てますが、ズームフライとは似て非なるものです。 履き心地、走った感覚が全く違います。 ズームフライはミッドソールにカーボンファイバープレートが入っていますが、ズームライバルフライには入っていません。 このズームライバルフライ、エアズームスピードライバル6の後継モデルです。 エアズームスピードライバルは厚底ブームの前のモデルであまり癖がなく、非常に走りやすいシューズとして私も愛用しておりました。 ちょっと耐久性は低かったですが… では見ていきましょう。 まず特徴ははこの厚底ですね。 ミッドソールが凄い。 これも時代の流れか 笑 しかしこのミッドソールの素材はZOOM XではなくEVAですから、意外と走りに癖がないかもしれませんね。 上から見たところですが… ホールド力はナイキらしくそれほど高くないのかもしれません。 しかしズームフライ3のようにゆったりすぎというわけではないかな。 ズームライバルフライで走ってみる 履いてみますと… 意外に普通です。 あまり癖がない。 エアズームペガサスとかエアズームペガサスターボとかズームフライ3とか、個性ありまくりのシューズたちに比べれば、確かに厚底ではあるものの非常に普通です。 フカフカでもポヨンポヨンでもない。 ミッドソールはかなり硬めだと思います。 走ってみてもその印象は変わらず。 しっかりした接地感で蹴り出しやすいです。 ちなみにこのシューズ、重量は200gそこそこです。 どんな仕組みか分かりませんが非常に軽い! クッションはやはり見た目の厚さの割にはそれほど感じません。 ミッドソールが硬めですね。 そしてそのミッドソールもそれほど反発を感じるわけではありません。 しっかり着地してしっかり蹴り出す。 跳ねません 笑 本当にオーソドックスなシューズです。 あまりにも普通で走りやすいため、こちらのシューズは本番用で使用が吉でしょう。 踵のホールドもそれほど高い訳ではありません。 ペガサスターボやズームフライとは走り方が全く異なってくると思うため、これらを使い分けるとバランスよく筋力アップできるのではないでしょうか。 また、このシューズの最大の売りは、冒頭でも申し上げた通り値段の安さ。 定価は8,500円です。 どうでしょう。 一度試してみては。 シンプルイズベストかもしれませんよ。

次の

【ズームフライ3 レビュー】ズームフライフライニットとは全くの別シューズ!? 進化した点と弱点。

ナイキ ズーム フライ 3 評価

ビジュアルにおいて『ヴェイパーフライ』と『ズームフライ』 に差が少なくなり、『ズームフライフライニット』を 「買わない手はない」と購入した方も多いのではないでしょうか。 2019年、『 ズームフライ3』にモデルチェンジ。 ズームフライ3では、多くの人にとって扱いやすくなりました。 ズームフライやズームフライフライニットを買ったけど、使いこなせなかったというランナーの声に応えたシューズになっています。 アウトソールは、キプチョゲ選手などが履いているエリートと同じパターンを採用。 この接地感は、このアウトソールによるものが大きく影響されているといいます。 価格以上のクオリティのシューズ 出典: nike. com 『ヴェイパーフライ』はレースのみでの使用が望ましく、日常のトレーニングに使うのはあまりオススメできません。 その点『ズームフライ』シリーズは 17,600円(税込)と手が届きやすい価格です。 それでいて、モデルチェンジするたびに機能的に改善されていて、『ヴェイパーフライ』との価格差以上のクオリティ。 オンラインショップでは、1万円前後で販売されている商品もあります。 それは、ミッドソール素材『 ナイキリアクト』フォームが大きく影響しています。 『ズームフライフライニット』から採用されたミッドソール『リアクト』フォームはクッション性があり、反発性も高いです。 また、『ズームフライ フライニット』からは『ヴェイパーフライ』と同じくカーボンプレートが搭載されています。 シューズ全体のクセが少なくなりました。 このアウトソールによって接地感がしっかりと感じられるようになりました。 出典: nike. com ズームフライシリーズは、 価格以上のクオリティのシューズだと言えます。 あらゆるシーンで活用できて、耐久性もある 『ヴェイパーフライ』は、レース用に大事に履くのがオススメなシューズ。 ペースランやインターバルなど、トレーニングシューズとして気にせず履きたいという方には『ズームフライ』シリーズがオススメです。 ZoomXフォームは、合成樹脂の中でもEVAよりも軽いぺバックスを使用しているので、とても軽量です。 勝負レースで『ヴェイパーフライ』を使うというのが活用例です。 一方、『ズームフライ3』はトレーニングシューズからレーシングシューズまで幅広い範囲を使用用途をカバーできるシューズ。 『ズームフライ3』、そして『ヴェイパーフライ ネクスト%』ともにクセが少なく、多くのランナーが扱いやすいシューズです。 自分がどんな使い方をするのか、シューズの特性を理解した上で選択することが大切です。 特に、『ズームフライ3』はレディースモデル、レディースカラーもあり、サイズ展開が幅広くなりました。 多くのランナーに試してもらいたいシューズです。 駅伝をモチーフにした特別モデルEKIDEN PACKも登場 出典: nike. 駅伝ランナーの姿を想起させるこのモデルは、ズームフライ3からも登場。 EKIDEN PACKのズームフライ3を履いて、勝負シューズとしてレースに臨むのもいいかもしれませんね。

次の

ナイキズームライバルフライ2を使用した感想【徹底レビュー】 | もうデブらない人生は最高!

ナイキ ズーム フライ 3 評価

ナイキランシューのソールの進化• EVA• クシュロン• ルナロン• リアクト• ZOOM X もともとナイキランシューのソールで主流だったのがEVA。 元祖ソール素材のEVAを少し進化させたのがクシュロンです。 ナイキ公式のチャットで問い合わせ ナイキ公式のチャットで問い合わせしたところ、クシュロンはEVAに限りなく近い素材でペガサスにも同様のソール素材が使われているとのこと。 以下、クシュロンについて問い合わせしたチャットの内容です。 うーん。 なんとなく難しいことが羅列されていて頭に入ってきませんが・・・・・ 笑 耐久性が高く、元祖ソール素材のEVAに限りなく近い。 というのが主な内容です。 クシュロンの主な特徴としては• 軽量で弾力性がある(〇)• 耐久性が高い(〇)• Twitterのフォロワーさん情報 ライバルフライを愛用されているTwitterのフォロワーさん情報によると、 他のナイキシリーズに比べてソールの減りが圧倒的に少ないとのこと。 — エイドST sub4milk ここしばらくの間ナイキばかりですが、ズームフライ、エリート、ストリークと比べてソールの減りは圧倒的に少ないです — エイドST sub4milk これで かなりコスパよし!という印象が高まりました。 【追記】 エイドさんが愛用されている歴代シューズの足底をTwitterでUPしてくださっていて、これがとても参考になりました。 因みに自分のソール状態左から大体の走行距離 前身のスピードライバル1,000km引退 ライバルフライ300km ズームフライ300km オデッセイリアクト500 km引退 — エイドST sub4milk 同じ走行距離 300km の「ライバルフライ VS ズームフライ」。 明らかにライバルフライの方がソールが綺麗ですよね。 歩いても走ってもフワっとした不思議な感覚です。 そして 着地の際に地面に足がピタっとフィットする感覚が心地よいです。 (これはものすごーく実感しました!) 少しスピードを意識して走ってみたところ、 ズームフライほど推進力はないけれど、スピードは出しやすいと感じました。 ソールが柔らかくてフワっとした感覚• 着地の際に地面に足がピタっとフィットする感覚が心地よい• ズームフライほど推進力はないがスピードは出しやすい ライバルフライはレース用のシューズとして販売されていますが、私個人としては 日々のトレーニングで使いたい!と思っています。 ナイキ側はズームペガサスなど、トレーニングシューズとセットで使うことを推奨していますが、 レース用は私の中で今のところズームフライ一択です。 ライバルフライも悪くないけれど、タイムを狙うレースではやっぱりズームフライかな!? ライバルフライは普段の練習(ジョグ・ペース走・ロング走)でガンガン使っていきたいところです。 「クッション性のあるソールで足に優しく、スピードも出せるシューズ」ということになります。 ライバルフライの耐久性 走行可能距離 耐久性が高いということで、気になるのが走行可能距離です。 これもチャットで問い合わせてみました。 以下がチャットの内容です。 走行可能距離の目安はランナーの体型や使用頻度、保管方法など、さまざまな要因が関係してくるようですが、回答としては 約480km~800kmとのこと。 ズームフライの走行距離の目安が約450~650kmなので、比較するとライバルフライの方が少しだけ耐久性が高いことがわかります。 ズームフライを実際に履いて走ったレビューは以下の記事にまとめています。 ライバルフライのサイズ感 気になるサイズ感ですが、ズームフライと同様に普段履きのシューズより ワンサイズUPがしっくりきます。 いつも24. 0cmを履いている私は24. ライバルフライの重さ 私が実際に履いている24. 5cmで重さを比較してみると、ライバルフライはズームフライより少し軽量です。 ズームフライ 187g• これもクシュロンの特徴=軽量によるものなのかな。 ズームライバルフライの気になるところ(デメリット) 第一印象が劇的によかったズームライバルフライ。 実は、3~4回練習で履いてみて 気になる点(デメリット)もありました。 これはフライニットの時と同様で、試し履きや1、2回履いた程度ではわからない感覚ですね。 ズームフライフライニットのレビュー(従来のズームフライとの比較)は以下の記事にまとめています。 ただ、紐を緩くすることで痛みは改善できたので、当面は紐を緩めにすることで対応してみます。 (相変わらずしっかりキッチリ紐を結ぶと痛みが出ます。 ) 個人的に紐はギュッとしっかり締めたい派なので、ココは少し気になるところですね…。 こういった特有の痛み…かなり個人差があるので痛みなく履ける人もいると思いますし、そういう人の方が多いのかも。 とはいえ、走行距離はまだ100km程度なので、縮みによって ふんわり感が薄れたとすれば 少し早過ぎるのでは!?という印象です。 ソールの減りが遅いというメリットがあっても、クッション性が乏しくなるのが早いというデメリットがある!と感じます。 こういった履き心地に関しては、個人差もあるでしょうし…もちろん、そんなことないよ~!という意見もあるかと思います。 あくまで私個人の感想です^^ ソールにシワが入る ソールのサイドにシワが入る。 これはズームシリーズ特有なのかもしれません。 ズームフライも何度か練習で履くとソールにシワが入りましたが、ライバルフライも例外ではありませんでした。 これはもう仕方ないのかな。。。 ズームフライフライニットはシワが入りにくい? 最新のソール素材、リアクトを採用しているズームフライフライニットの場合、同じ走行距離で比較すると ソールのシワが入りにくいという口コミが見られます。 私自身、フライニットも試してみたものの、くるぶし付近の痛みで数回履いて返品してしまったので、自分の目で確かめた訳ではなく あくまで憶測に過ぎないのですが・・・ ソールの素材によってシワの入り方=クッションの耐久性に違いがあるのかもしれません。 ということで、レース本番は今まで通りズームフライで、普段の練習はライバルフライをメインに使っていこうと思っています。 値段の割に機能性は抜群なので、足に合えば もちろん本番レースで使うのも充分ありだと思います^^ ただ、何度も言うようですが 100kmちょっと走ってみて・・・ 「クッション性が低下するのが早いのでは!?」というのが率直な感想です。 レースでライバルフライを使うなら、クッション性の劣化が早いことを想定して…新品同様の状態で走るのがおすすめです。 とはいえ、私自身 まだ100km程度しか走っていないので、今後も継続して練習で履いてみて、走行距離200km、300km…と、レビューを追記していきたいと思います。 200km走ってみた! 【追記】ズームライバルフライで200km走ってみました。 ソールの状態はこんな感じ。 100km走った時と比較して、そこまで側面のシワが増えた印象はありません。 かかと部分も足底も消耗した感じはなくて、とても綺麗です。 100km走行でクッション性が低下したような感覚がありましたが、その後は特に変化を感じることなく 快適に履けています。 やはり、クッション性の低下は慣れからくるものだったのかな!? 真相はわかりませんが、200kmまで問題なく走行できています。 もちろん走り方の問題もあると思います。 かなりお気に入り&走りやすいシューズで、もう手離せません。 色によって全然、雰囲気が違いますね。 しわいマラソンの大会レポは以下の記事でまとめています。 【2020. 27 追記】 話題になっているナイキヴェイパーフライネクスト%を履いてみました。 マラソン界の最高峰ともいえる注目のランニングシューズ! 私レベルのランナーでもしっかり恩恵を受けることができそうなシューズです^^ ヴェイパーフライの口コミレビューを以下にまとめてみたので よかったら参考にしてみてください。 ターサージールも試してみたい! 最近購入したターサージール。 現状、膝に少しばかり不安があるため、まだスピード練習で試せていないのですが・・・ これも10kmやハーフのスピードを要するレース用として履いてみたいですね。

次の