過 酸化 水素 分解。 反応速度定数と活性化エネルギー

過酢酸

過 酸化 水素 分解

過酢酸 過酢酸(許容慣用名) エタンペルオキソ酸(系統名) C 2H 4O 3 CH 3COO 2H 76. 05 79-21-0 形状 無色液体 0. PAA と略される。 鼻を突く臭があるで、に易溶。 主に医療器具の、、に 0. ほとんど全ての、、、に対しと同等かそれ以上の効果を示すが、グルタルアルデヒドと違い、人体に対する感作性やアレルギー性、変異原性が低い。 分解生成物は、で、過酸化水素は最終的にとに分解される。 過酢酸は、に代表されるにも有効であり、、、、とともに WHO が炭疽菌の消毒薬として推奨するもののひとつとなっている。 有機合成分野での応用 [ ] 有機合成の分野では、酸化剤として汎用される。 多くの場合は過酸化水素とから系中で発生させて用いるが、純度の高いものは潜在的に爆発性があるとされ、危険である。 通常の目的には危険性の低い mCPBA を用いるべきである。 法規制 [ ] 日本のにおいて、第5類 自己反応性物質 である有機過酸化物に属する。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

H2O2(過酸化水素)点滴療法

過 酸化 水素 分解

過酸化水素による髪の脱色、紙の漂白、および繊維の脱色の3つの反応の反応機構をネットで調べた。 1 髪の脱色は 髪の黒色色素メラニンが酸化分解するためです。 1-1 メラニンの構造は わかっていません。 5,6-ジヒドロキシインドールを主としたポリフェノール様の高分子であることはわかっています。 いろいろなモデル化合物が考えられています[1](例えば図1)。 図1 黒色色素メラニンを単純化したモデル化合物 1-2 反応機構 脱色の反応も反応機構もよくわかっていませんが、ポリフェノールのベンゼン環の開裂は関係する分解反応のひとつと考えられます。 そこで、ここではいちばん簡単なポリフェノールであるカテコールの酸化分解反応の反応機構を髪の脱色の反応機構と考えます。 過酸化水素によるカテコールの分解の反応機構もはっきりとはわかっていません。 少なくとも3種の機構が提案されています[2]。 ここではその一つを紹介します(図2)。 2 紙の脱色とは ふつう、パルプ中のリグニンを分解除去することを意味します。 2-1 リグニンの構造は フェノール性の巨大な高分子です。 詳しい構造はわかっていません。 モデル化合物の一つを図3に示します。 図3 リグニンのモデル化合物の一つ 2-2 反応機構は わかっていません。 いろいろな部位での開裂が考えられますが[6]、ここではカルボニル基の部位での開裂の反応機構を、紙の脱色の反応機構とします。 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の反応機構も、いろいろな機構が提案されています[7,8]。 図4にその一つを示します。 図4 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の推定反応機構 図4の説明 やはりデーキン反応やバイヤー・ビリガー酸化と同様の反応機構です。 3 繊維の脱色 3-1 染料 繊維の脱色と漂白には、いろいろな意味がありますが、ここでは染料の分解とします。 3-2 反応機構 フェントン試薬など過酸化水素が染料を分解できることは知られていますが、反応機構ははっきりとはわかっていません。 図5に、文献[9]の酵素によるアゾ染料の分解の反応機構を参考に、過酸化水素による分解の反応機構を推測しました(図5)。 電子供与性のメトキシ基と電子求引性のスルホン酸基が電子移動を促進している。 4 文献 [1] [2] Journal of the American Chemical Society, 1983年, 105巻, p. 5035-5040 [3] [4] 小山田太一郎、日本化学雑誌、1934年、55卷、p. 1256 [5] 「ウォーレン有機化学」 下、p. 1021-1023, (東京化学同人、2003年)やネットに多数。 614 (丸善、1976年)やネットに多数。 [8] [9].

次の

H2O2(過酸化水素)点滴療法

過 酸化 水素 分解

過酸化水素による髪の脱色、紙の漂白、および繊維の脱色の3つの反応の反応機構をネットで調べた。 1 髪の脱色は 髪の黒色色素メラニンが酸化分解するためです。 1-1 メラニンの構造は わかっていません。 5,6-ジヒドロキシインドールを主としたポリフェノール様の高分子であることはわかっています。 いろいろなモデル化合物が考えられています[1](例えば図1)。 図1 黒色色素メラニンを単純化したモデル化合物 1-2 反応機構 脱色の反応も反応機構もよくわかっていませんが、ポリフェノールのベンゼン環の開裂は関係する分解反応のひとつと考えられます。 そこで、ここではいちばん簡単なポリフェノールであるカテコールの酸化分解反応の反応機構を髪の脱色の反応機構と考えます。 過酸化水素によるカテコールの分解の反応機構もはっきりとはわかっていません。 少なくとも3種の機構が提案されています[2]。 ここではその一つを紹介します(図2)。 2 紙の脱色とは ふつう、パルプ中のリグニンを分解除去することを意味します。 2-1 リグニンの構造は フェノール性の巨大な高分子です。 詳しい構造はわかっていません。 モデル化合物の一つを図3に示します。 図3 リグニンのモデル化合物の一つ 2-2 反応機構は わかっていません。 いろいろな部位での開裂が考えられますが[6]、ここではカルボニル基の部位での開裂の反応機構を、紙の脱色の反応機構とします。 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の反応機構も、いろいろな機構が提案されています[7,8]。 図4にその一つを示します。 図4 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の推定反応機構 図4の説明 やはりデーキン反応やバイヤー・ビリガー酸化と同様の反応機構です。 3 繊維の脱色 3-1 染料 繊維の脱色と漂白には、いろいろな意味がありますが、ここでは染料の分解とします。 3-2 反応機構 フェントン試薬など過酸化水素が染料を分解できることは知られていますが、反応機構ははっきりとはわかっていません。 図5に、文献[9]の酵素によるアゾ染料の分解の反応機構を参考に、過酸化水素による分解の反応機構を推測しました(図5)。 電子供与性のメトキシ基と電子求引性のスルホン酸基が電子移動を促進している。 4 文献 [1] [2] Journal of the American Chemical Society, 1983年, 105巻, p. 5035-5040 [3] [4] 小山田太一郎、日本化学雑誌、1934年、55卷、p. 1256 [5] 「ウォーレン有機化学」 下、p. 1021-1023, (東京化学同人、2003年)やネットに多数。 614 (丸善、1976年)やネットに多数。 [8] [9].

次の