都営 地下鉄 定期 払い戻し。 定期券 | 東京都交通局

窓口一覧 | 東京都交通局

都営 地下鉄 定期 払い戻し

払い戻しの条件と手数料 きっぷの種類 手数料 条件 乗車券 180円(都営地下鉄線のみ) 220円(他社線との連絡乗車券) 未使用かつ有効期間内のみ。 回数券 220円 有効期間内で未使用分。 定期券 220円 有効期限まで残り1か月以上の場合のみ 企画乗車券 220円 未使用かつ有効期間内。 期限後は不可能。 東京都交通局が管轄する都営地下鉄の各種きっぷでの払い戻しは上記の通りになる。 受付している場所は駅改札口の有人窓口。 なお、東京都交通局の駅構内(自動券売機含む)で購入したきっぷ類は都営の駅でしか払い戻しができない。 相互直通運転先のJR・私鉄では取り扱いが原則としてない。 東京メトロも不可。 >> 乗車券 乗車券の払い戻し手数料は都営地下鉄線内のみは180円、他社との連絡乗車券は220円。 相互直通運転先との連絡乗車券は後者の220円が該当。 東京メトロも他社線になる。 ただし、買い間違いの場合は購入直後に駅係員に申し出れば、その場で返金されて再度自動券売機で乗車券を購入する形になる。 買い間違いでは払い戻し手数料は原則取られない。 無料で再度新規で購入できる。 回数券 回数券の払い戻し手数料は220円。 払い戻しの計算式は以下の通り。 (回数割引は考慮されない) 使用済みの回数乗車券は回数券ならではの割引が効いた料金ではなく、普通運賃で乗車したものとしてカウントされる。 条件は未使用分かつ有効期間内であること。 不要になった券片(未使用の残り枚数分)を払い戻しすることができる。 11回分の回数券にて2回分使用した場合、残りの9回分のきっぷを払い戻しすることができる。 同じく基本的に改札入場後は使用開始後という考え方のため払い戻し不可。 定期券 定期券の払い戻し手数料も220円。 ただし、払い戻しの可否は有効期間の開始前と後、残り月数によって異なる。 払い戻しができるのは、有効期限までの残り日数が1か月以上ある場合のみ。 他の鉄道事業者とこの点では共通。 ただ、1か月定期は発売日から7日以内なら払い戻しが可能。 特に1か月未満分は、旬単位で計算される。 ここでいう「旬」とは1か月の3分の1(10日)ごと。 例えば、4月1日から9月30日まで有効の6カ月定期券を8月20日に区間変更のため払い戻しを行った場合は以下になる。 この「旬」の制度は東京メトロと全く同じ。 日付変更について 都営地下鉄の乗車券の有効期限は購入日の当日のみ。 駅の券売機で購入しようとする場合、翌日の乗車券を購入するということができない。 したがって、日付変更はできない。 事前購入できるのは定期券と乗り放題券などに限定。 翌日になってから使おうとするともう使えない。 きっぷそのものが無効になってしまうため、払い戻しもできない。 ここは要注意のところである。 鉄道の初心者のみならず、普段は交通系ICカードで乗っている人もあまり知らない内容。 乗車区間の変更について 区間の変更に関しても、手段そのものは一旦払い戻しとなる。 ただし、区間変更の場合はほとんど買い間違いによるもの。 購入直後にこれに気づけば手数料なしで無料で払い戻しを実施してくれる。 一方で乗車後では遅い。 この場合、乗り越し以外だと過剰に購入した区間分の料金だ無駄になってしまう。 要注意のところではある。 「乗車後」とは実際に電車に乗った後のことではなく、駅改札内に入ってからのことを指す。

次の

東京メトロと都営地下鉄の定期券払い戻し

都営 地下鉄 定期 払い戻し

どなたからも回答が無いので、素人ですが考えてみました。 通常で有れば、6ヶ月定期を4ヶ月使って払い戻す時は、同区間の 6ヶ月定期の運賃-(3ヶ月定期の運賃+1ヶ月定期の運賃)-手数料=払戻額 となります。 ただ、今回はこれでは計算が合いません。 もう一つ考えられるのは、「旬割払い戻し」という方法で、これは、通常は、定期券の区間変更をした場合に使われる計算法です。 この計算方法では、まず同区間の旬割運賃を求めます。 例えば、2日、12日、22日が各一旬となる。 厳密には旬割運賃は4,299.444…円になりますが、規則に従って端数整理をして4,300円になったと思われます。 これでいかがでしょうか? そうです!払い戻しといいましたが、別区間(西船橋発の東京メトロのみ)の定期をその場で 買いましたので、払い戻しではなく区間変更の取り扱いになったのですね。 4ヶ月使用したので、普通の払い戻し計算方法だと 6ヶ月定期代-3ヶ月分-1ヶ月分-手数料 となるはずなのに、計算が合わなかったので不思議に思ってたところです。 東京メトロと都営地下鉄の連絡定期券でしたので、東京メトロ管内のみの定期券への変更の場合は いったん払い戻してから買い直しだと思ってたのですが区間変更で取り扱ってもらえるのですね。 払い戻しと区間変更の違い、また、なかなか複雑な「旬割払い戻し」計算方法など、詳しく教えていただき 本当にありがとうございました。 派遣なので正確な期間は決まっていません。 同じ会社からいっている人も、3ヶ月の人もいれば何年も通っている人もいます。 私も期間はわかりません。 そこで定期券を買おうと思うのですが、やはり1ヶ月づつ買うのが無難なのでしょうか? 3ヶ月、6ヶ月の定期は払い戻しすると損なのでしょうか? たとえば5ヶ月使ったとしたら、6ヶ月定期を買って払い戻ししたほうがいいとか、1ヶ月づつ買うべきとか・・・。 簡単な計算方法などありましたら教えてください。 会社からは交通費は出ないのでできるだけ損はしたくいはありません。 A ベストアンサー 鉄道会社により多少異なるかもしれないのですが、定期券の払い戻しの際は「払い戻し手数料+残期間」で払い戻しができます。 手数料は一律料金のところが多いですよ。 すべて払い戻しにする場合は、例えば6ヶ月定期を買って5ヶ月目に払い戻しするとすれば、3ヶ月定期+1ヶ月定期+1ヶ月定期の金額が差し引かれます。 結果としては5ヶ月使用後に払い戻しをしようとすると手数料にもよりますが、仮に手数料が210円だとした場合、払い戻し額は170円になるかと思います。 要は最初から5か月分(3+1+1ヶ月定期)を購入した場合に比べ、6ヶ月から払い戻しをすると手数料分だけ損をする形になるかと思います。 ちなみに、参考URLのようなサービスをしている会社もありますので、お乗りになる鉄道会社のサービスを確認してから定期と比べて購入した方がお得な場合もありますよ。 hankyu. html 鉄道会社により多少異なるかもしれないのですが、定期券の払い戻しの際は「払い戻し手数料+残期間」で払い戻しができます。 手数料は一律料金のところが多いですよ。 すべて払い戻しにする場合は、例えば6ヶ月定期を買って5ヶ月目に払い戻しするとすれば、3ヶ月定期+1ヶ月定期+1ヶ月定期の金額が差し引かれます。 質問文にある... A ベストアンサー 社会保険料(健康保険・厚生年金・厚生年金基金を指すと思います)については、標準報酬月額に基づく月単位での徴収ですので、引くか引かないかのいずれかですので、退職日(月の中途か、月末か)や会社の徴収方法(当月分当月差し引きか、当月分翌月差し引きか)によって、差し引くか、差し引かないかのいずれかになりますが、雇用保険料については、単に支払った額に対しての率計算ですので、給料の支払いに対しては全て計算して差し引くべきこととなります。 (もちろん締め日以降の分であっても) 下記サイトを、ご参考にされて下さい。 e-somu. 年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。 2号被保険者・・・各医療保険で徴収。 1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。 保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。 また被保険者資格 どこの保険者に対して納付するか は毎月末日の被保険者資格によりますので、 65歳の誕生日の前日が属する月の前月 月の初日1日が誕生日の場合のみ誕生日の前日が属する月 分の保険料ということになります。 4月2日~末日誕生日の場合は前月3月分までを4月支払の給与から控除。 4月1日誕生日の場合は前日が属する月は3月なので3月分までの保険料を4月支払の給与から控除、法律上3月分はその月という表現になります。 給与から控除される保険料は、健康保険、介護保険、厚生年金と明細上も分けているはずですので確認ください。 一般保険料たる健康保険と介護保険料の料率は保険者によりそれぞれ違うことがあるからです。 厚生年金は最大70歳に達するまでで、途中退職後は1ヶ月後に退職時の年金額の改定があります。 介護保険被保険者は、 1号被保険者・・・65歳以上の者 2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者 保険料徴収方法は、 1号被保険者・・・老齢等年金給付 死亡、障害も含む が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。 年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。 2号被保険者・・・各医療保険で徴収。 1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。 保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。 また被保険者資格 どこの保険者に対して納付する... Q 以下の計算方法であっているか、規則や計算に強い有識者の方、 回答をお願いします。 東京メトロの定期です。 区間は東京メトロ内のみです(変更後も)。 区間変更のため、1ヶ月単位ではなく10日単位の旬割で計算。 東京メトロの定期です。 区間は東京メトロ内のみです(変更後も)。 区間変更のため、1ヶ月単位ではなく10日単位の旬割で計算。

次の

東京メトロ、24時間券などの企画乗車券を無手数料で払い戻し。4月7日以前の購入など条件

都営 地下鉄 定期 払い戻し

新型コロナウイルスの感染拡大で学校が臨時休校となったことに対応し、 東急電鉄などの鉄道会社が 通学定期券の払い戻し対応を始めたり、 JRや航空会社では感染防止で 旅行を取りやめる場合に無手数料とするなどの動きが広がっています。 通学定期券の払い戻し対応を表明しているのは、 東急電鉄と東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本などの各社。 東急電鉄などの上記4社では、 小学校・中学校・高校へ通うための「通学定期券」を対象とし、大学生・専門学校生・予備校生などは対象外としています。 先月(2020年) 2月28日(金)以降の「最終登校日」から 1カ月以上の有効期間が残っている場合は、使用月数分の定期運賃と220円の手数料を差し引いたうえで払い戻しを行うとのことです。 一方、JR東日本やJR東海、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)、スカイマークなど、高速バスの「ウィラーエクスプレス(WILLER EXPRESS)」でも 払い戻し対応を開始。 紙のJRチケットは窓口で対応するという(JR菊名駅) JR東日本やJR東海などでは、 3月3日時点で 普通乗車券や特急券、グリーン券、指定席券、未使用のフリー券などの払い戻しを 手数料の徴収無しで実施しており、「紙」の切符は駅窓口で対応しているほか、インターネットの「えきねっと予約」や「モバイルSuica特急券」の場合はサポートセンターの電話へ、「エクスプレス予約」や「スマートEX」の場合は会員サイトを確認するよう呼びかけます。 航空会社では、JALとANA、スカイマーク、エア・ドゥ(AIRDO)、ソラシドエア、スターフライヤーは、2月28日(金)から 3月19日(木)までの国内線航空券を対象に払い戻しや変更を手数料無しで行っています。 国際線でも、一部路線では同様の対応が取られています。 高速バス大手の「ウィラーエクスプレス」は3月15日(日)の出発分まで取消料無しでの払い戻しを実施 高速バスは、横浜駅や新横浜駅に乗り入れている大手の「 ウィラーエクスプレス(WILLER EXPRESS)」が3月15日(日)の出発分まで取消料無しでの払い戻しを行うことが可能です。 なお、日吉駅へ乗り入れている高速バスでは、遊園地の「 富士急ハイランド」(山梨県富士吉田市)と「 ぐりんぱ(Grinpa)」(静岡県裾野市)が今月3月1日から 8日(日)まで臨時休園となったため、両停留所を発着する乗車券は無手数料で払い戻しができるとのことです。 【参考リンク】 ・(2020年3月2日、東急電鉄) ・(東京メトロ) ・(都営地下鉄) ・( PDF、JR東日本) ・(JR東海) ・(JAL) ・(ANA) ・(WILLER EXPRESS) ・(東急バス).

次の