サトリラ小説。 ダークサイド・ポケモン物語(ストーリー) 闇に堕ちたとある転生者の小説情報

ダークサイド・ポケモン物語(ストーリー) 闇に堕ちたとある転生者の小説情報

サトリラ小説

注意: 以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。 ご理解の上ご利用ください。 物語の10年前、の磯辺で倒れているところをとに助けられている。 記憶喪失となっており、自分の名前、出身、を守っていたこと、腕の立つトレーナーであること以外は忘れてしまっている。 を通ってこの世界にやってきたことがハンサムによって語られている。 また、このときにウルトラホールのエネルギーを大量に浴びたため、ウルトラビーストに狙われやすい体質(国際警察によって"Fall"と呼ばれている)となっている。 クチナシは、このことをウルトラビーストの「帰巣本能」によるものと推測している。 国際警察の一員となったのは、国際警察が"Fall"である彼女を監視するためであり、過去にはウルトラビースト殲滅任務のための「撒き餌」として利用されていた。 サン・ムーンでは、によって連れ込まれたウルトラビーストの保護任務に自ら参加。 ハンサムは彼女の負担を減らすため、今回の事件で同じく"Fall"となったに協力を要請した。 任務終了後は、アローラ地方で有給休暇を満喫しており、に登場する。 ウルトラサン・ウルトラムーンではウルトラビーストの捕獲のイベントがカットされたため、バトルツリーに武者修行に来たということになっている。 ゲームにおけるリラ 所持ポケモン エメラルド タワータイクーン リラ 15 銀の () Lv. - 不 () Lv. - 不 () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. 50 不 () Lv. とに登場した。 ポケモンと心を通わせる能力を持っている。 タイプ専門であるように描かれている。 アニメでもその顔立ちが中性的であることは特徴付けられており、リラがサトシ一行の前で服を着替えるのを断った理由を、サトシはリラが男性で、の目の前で着替えるのは恥ずかしいからだと勘違いした。 初戦ではに勝利したが、再戦で敗れた。 また、サトシに恋心を抱いているかのような描写がなされている。 でも回想の中で登場。 ポケモン• 技:・・・• 169話で、の襲撃からサトシ一行を助けるのに使用されたのが初登場。 その後、サトシとのバトルで一番手として使用。 リラは心を通わせることで、言葉に発することなく指示を与え、、を倒した。 その後、に敗れるも、大ダメージを与えた。 170話の再戦でも一番手で登場、同じくヘイガニと対峙したものの、少しの運の悪さとサトシの機転によって、に敗れた。 技:・・・• 169話のサトシとのバトルで初登場、サトシの最後のポケモンピカチュウを難なく降した。 再戦では、ヘイガニを倒すも、とケンタロスのが衝突し、相打ちとなった。 使用したわざは、• 技:・・・• リラのお気に入りのポケモン。 サトシとの再戦で使用。 力とスピードでピカチュウを圧倒したが、によって停電したことでピカチュウを見失い ピカチュウはエーフィの額の輝きにより位置を把握していた 、攻撃をかわせず大きなダメージを受けた。 最後はピカチュウのに対し命中率の低いを放ったがはずしてしまい敗れた(エニシダはリラが珍しく熱くなりすぎたとコメントしている)。 余談だが、エーフィがでんじほうを覚えるのはのみ。 の登場人物 【レギュラー】 - - - - 【ライバル】 - - - - - 【ロケット団】 - - - - - 【マグマ団・アクア団】 - - - - 【主要人物】 - - - - - - - - 【ゲスト】 【家族】 - - 【ジムリーダー】 - - - - - - 【四天王・チャンピオン】 - - - 【フロンティアブレーン】 - - - - - - 【その他ゲストキャラ】 - におけるリラ におけるリラ• を管理している聡明な少女。 フロンティアブレーンの長で、と運営方針を話し合ったりブレーンたちに指令を伝えたり、と重要な任務に就く。 ブレーンからの信頼は厚く、多少納得のいかない命令でも「リラの決定だ」と言えばみんな賛成する。 加えて観察力が鋭く、がを連れ出したときやエニシダがについて隠し事をしていたときに、真っ先にその事実に感づいた。 5日目にリラは謎の失踪を遂げてが救出を試みる。 そのころリラはに操られ、野望達成のための手駒として使われていた。 手持ちポケモンはで捕まえた。 バトルフロンティアにおけるリラ に登場、写真家に変装していた。 がフロンティアブレーンに敗れた出来事の後、にフロンティアブレーンについて教え、どのフロンティアブレーンがラルドを倒したか分かるようにブレーンに挑戦することを勧めた。 リラ以外の6人のブレーンを倒した後、から最後の一人が紛れもないリラであることを告げられ、エンタはひどく驚いた。 エンタとリラのバトルは引き分けに終わっている。 所持ポケモンは、、、。

次の

リラ(ポケモン)とは (リラとは) [単語記事]

サトリラ小説

客室のベッドに力なく横たわるサトシの体は熱く、苦しげに荒く呼吸を繰り返している。 その枕元ではピカチュウが丸くなって眠っていて、リラが静かに近付ていくとタケシが気付いて振り向いた。 「ハルカと、マサトは?」 「隣の部屋で休んでる。 昨日は一晩中サトシについてたからね」 「そういうリラだってずっと俺たちと一緒にサトシについててくれてたじゃないか。 リラの方こそ休んでなくて大丈夫かい?」 「お客さんを放ってホストが休むわけにはいかないよ。 それにそういう君だって昨日から飲まず食わずで殆ど一睡もしてないだろう?これ、簡単なものなんだけど」 そう言ってリラが差し出したのはサンドイッチだった。 タケシは目尻を下げて相好を崩すと、困ったように頭を掻いた。 「ありがとう。 でも、本当に何から何まで悪いな。 昨日遅くにいきなり押しかけた上こうして世話になって……」 「ううん、いいんだよ。 困った時はお互い様じゃないか」 昨晩、突然ドアが打ち鳴らされたのは日付をまたぐ夜更けのことだった。 次のフロンティア施設に向けて旅立ったはずの彼らが何故まだここにいるのだろうという疑問はそんなサトシの姿に吹っ飛んだ。 何でも道の途中でサトシが急に高熱を出して倒れて、慌てて三人がかりで担ぎ上げて来た道を引き返した来たらしい。 この辺りではリラしか頼れる者がおらず、律儀に頭を下げるタケシの姿にリラは快く中へと迎え入れた。 そして寝ずの看病の甲斐あってかサトシの様態は落ち着いたのだが。 「多分、本人が気付かない内に疲れがたまってたんだろうなあ。 サトシはいつも無茶ばっかりするから」 基本的にタケシはサトシのすることに寛大だが、こうして倒れられては心臓がいくつあっても足りないくらいである。 ぶつぶつ文句を言いながらも甲斐甲斐しくサトシの世話を焼き、その姿はまるで母親のようだった。 確かにタケシがそう文句を言いたくなる気持ちも分からなくもないな、とリラは思った。 出会ったのは二日前で付き合いは短いがそれでもリラはサトシがどれだけ無茶をするのかよく知っていた。 いつもあんな無茶をしているというのならばいつかは倒れて当然だ。 むしろ今までよく倒れなかったものだと不思議なくらいである。 そしてそれをいつも傍で見ているタケシの心配はもっともであろう。 「いつも苦労してるんだね」 「まったくだ」 ガクリと肩を落とされてしまってリラは苦笑いする。 そして優しげな眼差しでサトシを見詰めた。 (それでもサトシが無茶をするのはいつもポケモンのためだから…) 言葉ではなく、体当たりでぶつかろうとする。 それはきっとバトルという本能を持つポケモンたちにとっては最高の信頼に値する行為なのだろう。 明け方一度目を覚ましたもののサトシはピカチュウとタケシと一言二言話しただけで再び眠ってしまった。 熱は昨夜ほどはないものの高いままで目を離すのは危なかった。 昨日までの快活さは身を潜めて、ピカチュウの攻撃を喰らっても弱音を吐かなかったサトシは今や呼吸をすることさえ辛そうだった。 そっと手を伸ばして汗で額に張り付いた前髪を払ってやる。 ううん、とサトシが呻いて、それに反応したのかピカチュウが目を閉じたまま両耳をピンと立てた。 起きたのだろうか。 しかしサトシもピカチュウも目を開ける様子はなく寄り添うように眠ったままだった。 どうしても、不謹慎だとは分かってはいてもどうしても、素直に嬉しいと喜ぶ自分の心を押さえられなかった。 リラはひとつ息を吐いて平素に戻った。 「タケシ、サンドイッチ、すぐ食べるだろう?それなら僕も朝ごはんまだだから一緒に食べようよ。 半端な時間に寝て起きた彼らは寝ぼけ眼を擦りつつも隣の部屋をひょいと覗いてみると、中ではタケシがひとりサトシに付き添っていた。 その膝の上にはピカチュウがちょこんと収まっており、ハルカたちに気付くと小さく鳴いてタケシの影から短い手を振った。 「ああ、ハルカ、マサトか……起きたんだな」 手持ち無沙汰にピカチュウの艶々とした黄色い毛並みを撫でていたタケシはふとその手を止めて、ハルカたちを振り向いた。 「おはようタケシ、それにピカチュウも」 「お姉ちゃん、もうおはようって時間でもないでしょ……」 呆れて突っ込むマサトに、別にいいじゃないと膨れてみせてハルカはタケシの隣からベッドのサトシを覗き込んだ。 「ねえ、サトシの様子は?」 「昨晩より熱もだいぶ引いてきたし、呼吸も安定してきた。 引いたといっても熱は相変わらずあるのだろうし、穏やかに近付いたとはいえ呼吸も少し苦しげだが順調に快復へと向かっていっているのだろう。 ハルカは安心してほうっと息を吐いた。 「でも昨日はホントびっくりしたかも。 思い出してやれやれと肩を竦めるハルカに、マサトが眼鏡キラリと光らせてフレームを押し上げた。 「お姉ちゃん、『サトシが死んじゃう』って半泣きだったもんねー」 「ちょっ……マサト!そういうマサトだって近くに街もポケモンセンターも何もないってポケギア見ながら涙目だったじゃないのよー!」 「だ、だってしょうがないだろー!?サトシがあんなに苦しそうなのにどうしたらいいか全然分かんなかったんだから……!」 不意に言い合いは途切れて、沈黙が落ちた。 そのまま黙って視線をサトシへと向ける。 呼びかけても返事はなく触れた頬は焼けるように熱く、ハルカは思わずサトシが死んでしまうと涙ぐみ、マサトはマサトでそんな姉の混乱ぶりが伝わったのかポケギア片手に涙ぐむ始末だった。 何だかんだ言いつつ今までサトシを頼りにし切っていたハルカとマサトは肝心のサトシが倒れて軽いパニック状態に陥っていた。 旅立つ当初から姉弟に挟まれて何の目的もなかったハルカに代わり目的地を決めて引っ張って行ってくれたのはサトシだった。 その後ハルカがコンテストという目標を見つけてからも何かとフォローをしてくれたり、ポケモンと絆を深めてバトルを繰り広げる姿はマサトにとって身近な憧れのトレーナーだった。 サトシが倒れておろおろするばかりのハルカとマサトに代わり、ひとり冷静さを失わず、サトシを背負い来た道を引き返すことを決めたのがタケシだった。 普段元々控え目な気質なのか進んで前へ出ることを好まないが、年長者としての自負がサトシを助け、ハルカとマサトを導いた。 チクタクと響く時計の音に、ハルカはそわそわと視線を彷徨わせた。 「サトシが静かだとこっちの調子まで狂っちゃうかも~……」 そもそもハルカたちと一緒に旅をしているのは単にサトシを追いかけて来たからに他ならないタケシは、そうだな、と頷いた。 「早く元気になってもらわないとな」 サトシは熱っぽい顔でただこんこんと眠っている。 チャー……と鳴いて、ピカチュウが心配そうに耳を垂らした。 グ~~っと腹の虫が室内に響き渡って、ハルカとマサトはあっと同時に顔を赤らめてお互いを睨みつけた。 「お、お姉ちゃん!?」 「マサトだって!」 そこにタケシが「まあまあふたりとも」と宥めて割って入った。 「リラがサンドイッチを作っておいてくれてるんだ。 俺はもう食べたけど作り置きがリビングにあるはずだから遅めの昼食にしたらどうかな。 何だかんだでふたりとも昨晩から何も食べてないだろう?」 ハルカとマサトは揃って頭を掻いてエヘへ…と照れ笑いをした。 夕方には帰って来るって言ってたからそれまで家にあるものは好きに使ってて構わないって言ってたよ」 「そう、何だか悪いわね……」 昨晩からリラにはずっと迷惑のかけ通しなのである。 いくら感謝してもし足りない。 夜遅くに押しかけてきた自分たちを快く迎え入れてくれて、サトシのためにベッドとシーツを用意し、一緒になって夜通し看病してくれていたのだ。 ……途中ついうとうとして部屋の片隅で肩を寄せ合って眠っていたハルカとマサトとは違い、リラはタケシとそれこそ一睡もせずにサトシに付いていたはずだ。 「サトシが元気になったらリラに何かお礼をしなくちゃな」 「そうね……サトシ、早く元気になってね」 ハルカがそっと、サトシの掛け布をかけ直してやる。 そしてサトシが再び目を覚ますのは陽も暮れてからのことだった。 [newpage] その晩リラがサトシの部屋を覗くと、昼前までいたはずのタケシの大きな背中はなく赤いバンダナがひらひらと揺れていた。 こちらに背を向けて座るハルカは足をぷらぷらと揺らしながら、小さく歌を歌っていた。 胸に染み入るようなやさしげな旋律は、きっと子守唄なのだろう。 聞き入っていたリラだったが、ふと歌が途切れて目を開けるとハルカがリラに気付いて振り向いていた。 リラはなるべく足音を立てずに近付くと手近な椅子を引き寄せてハルカの隣に座る。 「ママがよく歌ってくれた子守唄なの」 「そう、きれいな歌声だね」 「ありがと…」 ハルカが照れたように少し笑った。 「タケシは?」 「隣の部屋で休んでるわ。 このままじゃタケシの方が倒れちゃうもの」 「へえ、よく彼が休むことに同意したね」 ピカチュウ同様サトシが快復するまで絶対に傍を離れない気概を見せていたタケシを知っているだけに大人しく休んだのが意外で軽く驚くリラに、ハルカはため息を吐いて「だからねえ」と大げさに肩を竦めてみせた。 「ウソハチを使って無理やり休ませたのよ。 嘘泣きをしてもらって隣の部屋であやしてる内にやっぱりタケシ、疲れてたのかも。 ウソハチを抱いたままベッドによりかかって眠ってたわ」 こうでもしないとタケシったらサトシから離れようとしないんだものと呆れたように告げてサトシを見下ろすハルカの顔は優しかった。 その横顔を見詰めながらふとリラは複雑な心境にかられる。 「私ねえ」 ふとハルカが話し出した。 「昔ポケモンが苦手だったの。 でもそんなときにサトシと出会って、すごく信頼し合ってるサトシとピカチュウを見ていいなあって思ったの。 私もそんな風にポケモンたちと仲良くなれたらなあって」 「それが、サトシと一緒に旅をしようって思った理由?」 「それもあるけど……やっぱりひとりで旅に出るのって少し不安だったから誰か旅慣れた人がいた方が何かと心強いじゃない?私、最初ただ旅に出たいってだけで特にこれといった夢も目標も何もなかったから……」 うーんと考え込むハルカにリラは笑った。 「今は?」 「もっちろん!」 ぐっと顔の前で握りこぶしを作ってウインクをしてみせる。 「絶対トップコーディネーターになってみせるかも!」 昔の自分を思い出してハルカは少し笑った。 今とあの時とではだいぶ違う。 夢は出来た、目標は見つけた、そのために旅をしているのだ。 「旅は楽しいかい?」 「ええ、大変だけどすっごく楽しいわよ」 「そうなんだ」 リラが楽しそうに頷いた。 でもね?とハルカは髪をいじって俯いた。 「たまに家が恋しくなっちゃうかな。 通信機の画面越しじゃなくって、パパとママに会いたいなあって」 明りがひとつ灯るだけの薄暗い部屋で、ハルカは少し困ったような苦笑を浮かべた。 そのままそれがどこか寂しげなものへと代わり、ゆるゆると視線がサトシへと向けられていく。 サトシはバトルの時では考えられないくらい幼く無防備な姿をしてこんこんと眠っていた。 揺れる瞳を映しながら、ハルカがぽつりと呟いた。 しばらく沈黙が落ちて、やがてハルカは胸の前に両手を当てると、再び静かに歌いだす。 少女特有の高い声域が奏でる歌声は包み込むような慈しみに溢れていて心の深いところまで染み入るかのようだった。 [newpage] 夜半、リラはふと物音に目を覚ました。 椅子の背もたれに寄りかかって、あのまま眠ってしまったらしい。 顔を上げると視界は暗く、ひとつ灯っていたはずの明かりはいつの間にか消えていて室内を満たすのは仄かに青白く輝く月の光だった。 「サトシ……気がついたんだね」 リラがそっと呼びかけると、ピカチュウを映していたサトシの瞳がゆっくりとこちらへ向けられる。 少しとろんとした目でリラの姿を認識すると、僅かに見開かれて、参ったなあとでも言うような笑みを浮かべた。 「ごめんリラ、起こしちまったか?」 リラは黙って首を振った。 「具合はどうだい?」 「ああ。 もうすっかり良くなったよ」 「ハハ、流石はサトシだね」 強がった途端、サトシはピカチュウに諌められていた。 無理をしたらダメだとでも言うようなピカチュウにサトシはちぇーっと幼く舌打ちして、大人しくベッドの中に潜り込む。 引き上げようとした掛け布が引っかかって何だろうと見遣れば、それはベッドに突っ伏して眠るハルカだった。 相当深く眠り込んでいるらしく覗き込まれても目を覚ます様子はない。 寝転がったサトシとピカチュウは揃って、近くにあるハルカの顔を不思議なものでも見るような眼差しで眺めていた。 「ハルカは、ずっと?」 「うん、昨日はタケシがね」 「そっか……悪いことしちゃったな」 サトシは、いきなり倒れたりなんかして驚いてだろうなあと、ピカチュウも一緒になってトホホとため息を吐く。 リラはくすくすと笑った。 「サトシ、喉渇いたろ?水でも注ごうか?」 「ああサンキュ、リラ……リラ、リラもごめんな」 サトシは申し訳なさそうに言った。 一方でリラは何度も名前を呼ばれて不思議な心地になってくる。 「いいんだよ、気にしないで」 些細な気の乱れを押し隠してさり気なさを装うと、水差しを手に取った。 「友達が困ってたら助けるのは当然じゃないか。 だってサトシは僕の大切な友達だもの」 水差しを傾けてグラスに水を入れる。 起き上がろうとしたその背を支え、水を飲むのを手伝ってリラはグラスに手を添えた。 むせないように少しずつゆっくりと飲み終えるとサトシは再び頭を枕へ下ろした。 「リラ……」 「うん?」 「お前ってイイ奴だよな」 「ありがとう。 でも君も負けないくらいイイ奴だよ」 ねえ?と目配せすれば、ピカチュウはピカ!と両手を上げて同意した。 ピカチュウと顔を見合わせて一緒になって笑うサトシにリラは優しくさあ、と促す。 「悪いって思うんならもう休みなよ。 リラは微笑んだ。

次の

バトルトーナメント5 (149ページ)

サトリラ小説

「ワタシはユンドラ・エルドラド。 指揮系統の頂点にたつアダムと違って、ただの『近侍(きんじ)その1』でしかなく、特に、あなたたちと関わる事はないから、無視してくれて構わないわ。 ただ、一応、同じ神を主とする枝葉だから、無為に敵対するのはやめてもらいたいわね」 プイっと明後日の方を向いたまま、サラっとそういうユンドラと、 「サイと言います。 サイも、ユンとほぼ同じで、単なる『近侍その2』ですので、皆さんと関わる事はありませんが、やはりサイも、皆さんと同じで、『正当なる唯一神』を崇める同志ですので、敵対などはしていただきたくありません。 今後とも、よろしくお願い致します」 ペコっと愛らしく頭を下げるサイ。 サイとユンに対しても、この場にいる『天上』の者達は、それぞれ、感嘆に属する感情を抱いた。 サイはよく分からないが、ユンドラは強者だとハッキリ分かる。 ただ、 ジャミ(アレには勝てるな。 おそらく戦闘経験は少ない) パメラノ(確かに凄まじいオーラじゃが、不自然なほど研鑽が足りんのう。 スキだらけというか、スキしかない) サトロワス(ふーむ。 おかしいねぇ。 壁は超えているようだが、みょ~にアンバランス。 あの強さに相応しい『過程』をまるで感じない。 不可思議、不可思議) アルキントゥ(なんなのでしょうか……あれほどの領域に至っていながら、随分とお粗末ですわね……意味がわかりませんわ) バロール(?? あの女のハリボテ感はどういうことだ? ……まるで、強大な戦闘兵器を与えられた幼子のようじゃないか) テリーヌ(おそらく、主から『力を与えられただけ』の存在。 『強い』というより、『過保護な盾に守られている』よう……つまりは、主に『守られるに相応しい何か』を持つという事……) そこで、アダムが、 「ふんっ、貴様らシモベ共の『程度の低さ』については、後々、考えるとして……いい加減、顔合わせは終わらせて、とっとと本題に入るとしよう。 構わないな?」 ゾメガが、ニッコリと微笑んで、 「ご自由に、アダム殿」 「呼び捨てで構わない。 貴様ら三名は、主上様の系譜に連なる者。 ならば、私たちは、家族も同然。 もちろん序列はあるが、あるていどならば、気楽に接してくれていい」 「わかりました、アダムさん。 これからよろしくお願いします」 平の言葉を受けて、アダムが少し顔をしかめ、 「呼び捨てで構わないと言ったはずだが?」 「親しき仲にも礼儀ありというのがボクのスタンダードスタンスですので、お気になさらず。 ボクは、誰に対してもこうだというだけなのですよ」 「……まあ、好きにしてくれればいいのだが」 言ってから、アダムは、コホンと息をついて、 「それでは、これより、主上様を迎えたく思う」 その瞬間、円卓がスゥっと消えた。 同時に、平・ゾメガ・ミシャが立ちあがる。 三名は、ゆっくりと一歩前に進み、横並びの一列となった。 今日の真ん中は平(これは、曜日で厳格に決まっており、三名の間に差はない)。 ここでグダる愚か者は、この場に一人もいない。 よどみなく、徹底的に訓練された軍隊を思わせる完璧な足運びで、それぞれ、ポジションについた。 三至天帝の両端に、サイとユンが並ぶ。 そして、その後ろに、九華の六名が一列に並んだ。 「皆、神前の礼を尽くせ。 主が御出でになる」 誰よりも前に立つアダムがそう言った直後、その場にいる全員が、同じタイミングで両膝を地につけた。 完璧な正座。 ピンと背筋を伸ばして、顎をひく。 乱れがないか、最終確認してから、アダムは、主から与えられた宝石型の魔道具を掲げ、 「雲なき空に横とうエクレール、ああ、洋々たる銀河のマジュラ、仰ぎて眺むる地平線はフロイデ。 あなた様が残したシャクルを愛し、永久(とわ)に永久に永久に共に」 特に意味のない詠唱を経て、 小さな太陽を用意する。 呼応するようにまたたく、混沌を飲む込む耀き。 柔らかな光を放つ、黄金の太陽。 アダムは、その輝く小さな太陽の横で、正座をし、 「この上なく尊い主よ。 全ての頂点に立つ神の王よ。 心を尽して御身に敬意と感謝を捧げ、とこしえに御名を尊びましょう。 この命失って冥府に落ちようと、至高なる主を永久に崇め奉り続ける事を誓わん。 ……リラ・リラ、ゼノリカ……」 その祈りが終わると同時に、全員が、 「「「「「「……リラ・リラ・ゼノリカ……」」」」」」 静かに、穏やかに、心を統一するように、一定のリズムで声を揃えてそう発してから、地に両手をつけて、一斉に頭を深く下げた。

次の