ツイ 腐 テ。 #ツイ腐テ #ジャミカリ 二人は友達

【ツイステ】腐女子我が道を行く

ツイ 腐 テ

うつくしい薄月夜だ。 少しの熱さを孕んだゆるい夜風が、砂をさらさらと鳴らす。 かの千夜一夜物語での砂漠も、こういう風景だったのかもしれない。 寮の自室の窓辺に腰掛け、ジャミル・バイパーは独り黄昏ていた。 「昔々その昔、一人の男おりました…」 「その歌、懐かしいな!」 「カリム!…人の部屋に入る前にはノックをしろと言っているだろう。 」 「すまんすまん!でも、オレとお前の仲なんだし、別にいいだろう?」 どっこいしょ、と何の気兼ねもない様子でカリム・アルアジームはジャミルのすぐ横に座った。 「そういう問題じゃない。 これは、マナーの一つだ。 お前はアジーム家の次期当主なんだから、余計にその辺はきちんとしておくべきだ。 」 「ジャミルって、母親みたいなところあるよな!」 誰のせいでこうなったと思っているんだと文句の一つでも返してやりたがったが、聡明なジャミルは閉口した。 伊達に何年もカリムの世話をしているわけではない。 「なあジャミル、明日は飛行術の授業があるか?」 「俺のクラスはないが、お前のクラスはあるだろう。 」 「そうか!…それなら、」 途端、カリムの纏う空気が変わった。 いつもはきらきらと好奇心に輝きながら大きく開く辰砂色をした紅眼がすっと細まり、はつらつと元気に満ちた声は低くなる。 「このうつくしい月に酔ってみないか?」 悪いこととはわかっていても、それを断れるかはまた別の問題だ。 こうして今日も、俺はカリムのこの手を拒めない。 俺は、この辰砂の毒にやられてしまっているのだろうか。 片思いのムスタファ、未練たらしムスタファ。 「…ああ。 今宵の月は、特等うつくしいからな。 」 「んっ、あっ、ああっ…」 ジャミル専用の部屋、と言ってもほぼ毎日カリムが来るので実質は二人の部屋で、甘やかな声が響く。 合間に、甕に溜められた水が揺れるような水音と、はっ、はっと荒い呼吸の音も耳に入る。 からだが熱くて、息も苦しくて、脳が溶けてしまいそうで、思わずジャミルはカリムに縋る。 男の自分がだらしなく善がる姿は、どれだけ滑稽なものなんだろうか。 でも、今は、今だけはそんなことどうだっていい。 「ジャミル、気持ちいい、な」 「きもちぃ、からぁ、もう、あぁ…」 最中のカリムは、普段とは打って変わって貪欲になる。 ジャミルが泣きじゃくって許しを乞うても、カリムは自分が満足するまでは決して行為を止めようとしない。 カリムがどれだけこの躰を酷く貪り食い散らかしても、ジャミルはこの関係を止めようとはしない。 だってこれは、自由奔放なカリムを繋ぎとめることができる唯一の鎖だから… 「あっ、あっ、カリム、もうっ…!」 「ああ、オレもそろそろっ…」 絶頂の瞬間は、目の裏でチカチカと星が弾ける。 次いで、じわ、じわと快楽の波に呑まれるような、いっそ暴力的ですらもある感覚に捕らわれるのだからたまらない。 ふうう、と荒く乱れていた息をゆっくり吐き出しながら、カリムのそれが自分の中から抜かれていく感触をまざまざと味わった。 「はっ、は、はぁ…」 「ジャミル、辛くはないか?」 「平気、だから…」 嘘だ。 本当はさっきまで酷使されていた腰が、下半身が悲鳴を上げている。 それでも、ジャミルは後片付けをしないといけない。 ただの従者でしかない自分が、主人であるカリムに世話なんてさせてはいけない。 「喉渇いちまった。 ジャミルも何か飲みたいだろ?厨房に何かあったかな…」 「そこに…机の上に、水の入った水筒が…」 「お、本当だ!」 カリムの好きなココナッツジュースのように甘いピロートークなんてものはない。 カリムは身軽な動きで何も身に着けないまま水筒に手を伸ばす。 「冷たくてうまいなー。 ほら、ジャミルも飲めよ。 」 返事をする僅かな時間すら与えられないまま、口移しでぬるい水を飲ませられた。 じわり、ジャミルが飲みきれなかった水がベッドのシーツに染みを作る。 若い二人によってしわくちゃになってしまったシーツは、濃密な性の匂いがする。 あちらこちらに汚れもあって、ああ、後でまた洗濯しないとな。 「カリム、今日は自分の部屋で寝れるな?」 「別にいいけど、せっかくならここで寝てえな。 あ、洗濯のことなら気にすんな!」 「いや、気にするだろ…」 ジャミルの気遣いなんてまるで無視しながら、カリムはごろんとベッドに横たわった。 溜息が出そうなのを堪えて、ジャミルはもぞもぞと脱ぎ散らかされた衣服を畳み始める。 これはカリムのパンツ、こっちは俺の寝巻のズボン、これは… 「そういうのは後でもいいから、ほら、こっちに来いよ。 今夜は月だけでなく、星もきれいな夜なんだぜ。 」 「しわになったらどうするんだ。 俺の服はまだいいとして、お前の服にしわなんてついていたら…」 「家からすぐにでも新しいものが送られてくるだろうな!」 「…だろうな。 」 それならまあ、今日くらいはいいか。 心地よい疲れに身を任せ、カリムの横に寝そべった。 カリムがさり気なく腕枕をしてくるのが、何となく気恥ずかしい。 窓から見える夜空は、まさに満天というやつだった。 「綺麗だな!」 「ああ。 」 「明日って、寮長会議なんかはあったか?」 「特にはないな。 」 「なあジャミル、キスしてもいいか?」 「…ああ。 」 ちゅ、ちゅと灼熱の砂漠に不意に訪れては恵みをもたらす気まぐれな小雨のようなキスが降ってくる。 ジャミルが自分からキスを返すことは絶対にない。 そんなことをしたら、この関係の名前が変わってしまうから。 自分の中でコブラのように意地汚く燻ぶるこの未練がましい想いなんて、蓋をしておきたかった。 「疲れたなー。 」 「いくらベッドの上とは言え、全身運動だからな。 」 「んー…眠たくなってきた…」 うとうとと微睡むカリムの腕の中で、ジャミルは何も言わなかった。 いつもこうだ。 あんなにカリムに愛されたばかりだというのに、行為の後は必ず泣きそうになってしまう。 「カリム…」 カリムが寝たことを確認してから、ジャミルはそっと自分の唇をカリムの頬に押し付けた。 本当は口にしたいけど、そんなことは許されない。 この関係だって、カリムにとってもアジーム家にとっても良くないということくらいわかっている。 わかっていて、それでもこの関係を断ち切れないのは、 「お前が、好きだ…」 当たり前だよムスタファ、お前の恋は叶いっこない。 カーテンの隙間から、白んでいく夜空が見えた。 ああ、もうすぐ夜が明ける。

次の

ツイステ「#ツイ腐テ #twst_BL ルクフロ?? ※雰囲気漫画、?くんほぼ顔でない」

ツイ 腐 テ

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151•

次の

#ツイ腐テ #カリジャミ 愚者の歌

ツイ 腐 テ

正午ということもあり、照りつける太陽にはうんざりだ。 人魚は日差しに弱いのである。 お目当てのベンチには先客がいた。 褐色の肌、真っ白な髪は陽の光を浴びて透けるように美しい。 NRC内で太陽が似合う男ナンバーワン、カリム・アルアジームだ。 「カリムさん、お隣いいですか」 「アズール!もちろんいいぞ!」 僕の声に顔を上げた彼は、日差しに目を細めながらも快く了承してくれる。 太陽に目を細めているのは彼なのに、同じくらい眩しさを感じる。 さすが、太陽が似合う男ナンバーワンだ。 「今日はフロイド達と一緒じゃないんだな」 「いつもあの双子と一緒に居るわけじゃないですよ」 「初めて知った!!」 「貴方こそいつもジャミルさんと一緒でしょう。 ……ああ、そうでしたね」 スカラビア寮でドッカーンナイスショットがあったことを忘れていた。 僕としたことが。 「ジャミルの世話になりすぎてたからなー」 さすが良心のかたまり。 無神経と受けとれる発言にも完璧な笑顔だ。 「ジャミルさんからの自立といったところですね」 「アズールはもうご飯食べたのか?」 「今日はファスティングの日なんですよ」 ファスティングしている日に、あのクソデカ大食いウツボとランチを共にするなんて考えただけでもイライラする。 そもそも食事制限を習慣的に行なっているため、あの食べても縦にしか伸びませんけど?あ、それ食べないの?じゃあ俺が食べるねウツボと食事を共にすることは避けている。 僕の心の平穏のためだ。 「カリムさんはランチはお済みですか」 「あー…俺もその、ファスティング?だ」 「いや、意味わかってないじゃないですか」 「俺さ、ジャミルが作ったものしか食べられないからさ」 「それで何も食べてないと?」 「ジャミルにもう迷惑かけらんねーしなー」 「それでジャミルさんは何も言わないんですか?」 その通りだと笑いながら頷くカリムさんに何とも言えない気持ちになる。 それ絶対カリムさんが縋り付いてくるの待ってるやつでは?俺なしでは生きていけないんだなよしよしってほくそ笑んでるやつでは??たぶん貴方が泣きつくのを手招きしながら待ってますよあの人…。 貴方が思ってるよりもクソデカ執着心を抱えたやべえ奴なんですよ。 気付いてください。 「カリムさんが体調を崩されてもジャミルさんに迷惑をかけることになると思いますよ」 「それは、たしかに」 「正直にジャミルさんに相談した方がまだマシなのではないでしょうか」 「…そっかあ。 うーーん、でもなあ」 うーん、と唸り声をあげながら百面相している。 「食事に関してはサポートしてほしいと言ってしまった方がいいと思いますよ。 まあ、僕個人としての意見ですが」 「………。 アズールが言うんだったら、それが一番だな!!」 一度パチリと瞬きをした後、彼は花が咲くような笑みを浮かべた。 性格が悪い奴 人のことを言えないが が多いこの学園において、こうも簡単に受け入れられると居心地の悪さを感じる。 「まあ賢い僕の意見ですしね。 当然です」 「ああ、そうだな。 アズールは頭がいいし、それに優しいからな!」 「優しい?」 この僕が? 「いつも一緒に考えてくれるだろ?適当に流したりしないでさ、俺と一緒に考えてくれるから優しいなって思う」 言葉が出なかった。 「なあなあアズール」 「…なんですか」 「さっきのファスティングってやつ、俺もやってみたい!」 「ファスティングをなんの知識も持たずにやるのは危険です」 「じゃあ教えてくれよ!!」 「はあー…。 いいですか?ファスティングというのは……」 この後めちゃめちゃファスティングについて教えた。 今日もカリムさんは太陽がよくお似合いだ。 心なしか肌や髪の艶が良い気がする。 まあ普段から充分手入れされているから良いのだが。 「ファスティングしたからかなー?すごい寝起きがいいんだ!」 アズールのおかげだぜと満面の笑みを浮かべている。 そう、僕達はあの日から三日間ファスティングを行った。 いつもは一人で定期的に行なっているのだが、あんなに辛いだけのものが仲間がいるとこんなにも心が楽になるのかと驚いた。 彼にも是非定期的に行なってほしいものである。 ファスティングフレンドになりませんか? 「肌や髪の調子もいいみたいですし、効果があったようで良かったです」 「今日からやっと固形物を食べれるなー」 「嬉しいですね」 隣に座り、意気揚々と弁当箱の蓋を開ける彼を横目に己も食事をすることにする。 三日ぶりに食べるご飯は格別だ。 正直、カリムさんが三日も耐えられるとは思わなかった。 ジャミルさんは彼のことを散々罵っていたが意外と根性があるではないか。 そもそもユニーク魔法だって役に立たないなどと言っていたがとても素晴らしいものである。 そして何より食欲と闘い抜いてみせたのだ。 素晴らしい。 三大欲求の一つだぞ?食欲を制する者こそが強者なのだ。 「今日は久しぶりのジャミルさん弁当ですか」 「そうなんだよー。 ジャミルには迷惑かけて悪いけど、やっぱり嬉しいなあ」 「あの人、そこまで迷惑だと思ってないと思いますよ…」 なにせ、ファスティング?カリムに何変なこと吹き込んでやがるんだこのタコ野郎と言い募られたからな。 「ジャミルのご飯を食べられるのも嬉しいけど、アズールと一緒に食べられるのも嬉しいな!」 「ん"ん」 とてつもない光のパワーに負けそうになる。 頑張れ負けるなアズールアーシェングロット。 「僕もカリムさんとお昼を過ごせて嬉しいですよ」 「ファスティングのこととかも沢山教えてもらったしなんかお礼しなきゃなー」 「さすがに会話するだけなのに対価は求めませんよ」 僕のことどれだけがめついと思ってるんですか。 遺憾の意を示せば紅の瞳が不思議そうに揺れた。 「でも俺と会話しても何もないぞ」 は? 「何もない、とは?」 「うーーん。 なんて言うんだろう。 俺なんかと会話しても得られるものはないっていうか…」 はあ?? え、この人自己肯定感低すぎない?めっちゃ光属性じゃないの?つまり俺と会話する価値なんかないぞってことですよね?? 僕もかなり自己肯定感低いタコ代表だったんですけど、え? 「じゃあ、カリムさんは僕と会話することで何を得ていると言うんですか」 知恵を得ている、とでも言うのでしょうか。 「俺は、アズールと話してると楽しい!!」 何の躊躇いもなく太陽を背負った笑みとともに発された言葉にため息をつきたくなる。 特大サイズのクソデカため息を。 自分自身は損得勘定でしか見ることができないのに、相手は無条件で受け入れるんですか?なんなの? ドッカーンな彼はカリムさんを鈍感野郎で傲慢だと言ったけれど、それは正解で間違いなのかもしれない。 きっと彼の傲慢さは、ただ持てる者だから与えるというだけではないだろう。 与えなければ自分など価値はない、と思っているのかもしれない。 まあそれもこれも憶測でしかないが。 「僕も同じ理由ではダメですか」 「同じ理由?」 「楽しいから、貴方とお昼を過ごすのでは、ダメなんですか」 「楽しいから……。 そっか、そっかあ」 俺もすっごく楽しい!!とニコニコ笑う彼に毒されてなど断じて無い。 ただ少し、本当に少しだけ、彼とはどんな姿で出会っていても同じ関係を築けたのかもしれないとぼんやりと思った。 別に絆されたとかではない。 圧倒的光属性カーストトップという偏見があった彼だが、思ったよりも穏やかな時間が過ごせたからだ。 商売についても成績についても考えず、呑気に過ごせる時間を少しだけ気に入っている。 それだけである。 「今日は晴れてないなー」 「最近晴れの日が続いてましたからね」 「残念だな」 「そうですか?僕は過ごしやすい気候で嬉しいですけど」 「アズールが嬉しいならいっか!」 太陽は一つで充分ですしね、という言葉は飲み込んだ。 彼の笑顔は太陽だ。 でも最近は困った顔や少し悲しそうな顔など違う表情も見せてくれる。 それを誇らしく思う自分が居る、ような気もする。 「今日フロイドから一つ願い事が叶うならどうするって聞かれたんですよ」 「へー。 アズールはなんて答えたんだ?」 「僕の望みは一つでは収まりません。 どうにかして全て叶えます」 「ははっ。 アズールらしいな!!」 フロイドとジェイドには、さすがアズール欲深いと言われたのだがカリムさんはお気に召したらしい。 楽しそうに笑っている。 「カリムさんでしたらどんな願い事をしますか」 実家が大金持ちの彼のことだ金品の類ではないだろう。 地位や名声も興味がなさそうだ。 となると、ジャミルさん関係だろうか。 というかそれだろう絶対。 ジャミルさんと友達になる、親友になる、ずっと一緒にいる。 そこらへんだろうな。 「この世界から消えるかなあ」 目を伏せた彼が発したのは想像の斜め上を行く言葉だった。 最近見ることが出来るようになった少し寂しげな顔をして。 「世界を消すのではなく?」 「ものすごく強い回答だな、それ」 貴方が、消えるんですか。 「最近よく考えるんだ。 俺はみんなが幸せであってほしいよ。 その中でも、友達には特に。 アズール達は幸せであってほしい。 友達になれてないけどジャミルにはやっぱり、幸せになってほしいなあ」 「でもさ、俺がいるとあいつは幸せになれないんだよ」 そんな、こと。 「俺も往生際の悪い奴だからさ、ジャミルから離れられる気がしないんだ。 身の回りのことだって違う使用人に頼めばいいし、あいつを自由に出来ないのはやっぱり俺が望んじゃうから。 俺が悪いんだと思う」 「俺の望みとあいつの望みを擦り合わせたらやっぱり消えるのが1番いいかなって」 カリムさんの幸せだけを求めた答えは、ジャミルさんとの二人だけの世界だったのかもしれない。 でもジャミルさんの幸せも心の底から望んでいるのだろう。 「でしたら僕の願い事として、カリムさんは僕の世界に来てください」 完璧な笑顔も寂しげな顔も消え去った。 そこにあるのは心底わからないという間抜けな顔である。 「アズールは沢山願い事があるんじゃないのか?」 「他のものは自分で叶えます。 だからカリムさんは世界を捨てたら僕と深海に来てください」 「俺、なんも持ってないぞ」 「貴方自身が来てくれたらいいんですよ」 世界から消えてもいいのなら、暗い海の底に来たっていいでしょう。 「そっかあ。 …うん、わかった!!」 「言っておきますけど、海の底は暗くて怖いですよ?派手好きの貴方には静かな海は合わないかもしれません」 「アズールが一緒に居るんだろ?絶対楽しいよ!!」 ああ、もう。 何の躊躇いもなく、そう言ってしまえる貴方だから。 一つ願い事が叶うならば、など夢物語である。 実現することなどないし、カリムさんがジャミルさんを手放すことなどないのだろう。 というか、ジャミルさんがカリムさんを手放すとは考えられない。 クソデカ感情の申し子だし。 もしも、もしも本当にカリムさんが世界を捨ててしまうときは連れて行ってしまってもいいかもしれない、と思う。 きっと海の底でも、ランチを共にする穏やかな時間が流れるだろうから。 僕はこの時間を存外気に入っている。 楽しそうに聴いていて満足だ。 陸とのマナーの違いに驚いていた。 流石に育ちがいいだけあって陸でのマナーはしっかりと身につけていた。 深海の観光スポットに興味津々のようだ。 楽しそうで何よりである。 俺ジャミルが作ったものしか食べられない」 「栄養を摂取できるサプリはありますし、何とかなるんじゃないでしょうか」 「たしかに!」 「でも僕は食べることが好きですし、遠慮するつもりはありません。 僕が隣で美味しそうなものを食べてたらカリムさんも食べたくなってしまうかもしれませんね」 困るなあとカリムさんは全然困った顔をしていなかった。 なんならとても嬉しそうだ。 オーバーブロッド2ndをしそうな勢いである。

次の