クレーン ゲーム フィギュア 取り 方。 元ゲーセンの店員だった人がUFOキャッチャーの取り方とかを教える

UFOキャッチャーのコツ(クレーンゲーム)5つ!箱やお菓子の攻略法も

クレーン ゲーム フィギュア 取り 方

この記事の目次• UFOキャッチャー専門用語 まずクレーンゲームでのプレイでよく使う専門用語を紹介します。 2本の棒がV字形になっていて、ぬいぐるみ、箱が幅の狭い方の上に乗っている。 まさにUFOキャッチャーですが、最近ではこのタイプの台を置いているゲームセンターは少なくなってしまいましたね。 最近ゲームセンターでよく見かける台ではないでしょうか? 名前の通り、 アームの強さは確率で決まります。 なので、クレーンゲームが苦手な人でも、確率がくれば1発で景品をとることができます。 確率の種類 ・プレイ毎に抽選する ・設定金額に達しないといけないもの の2種類があります。 確率機は 確率がこないと持ち上げることができません。 設定金額は店によって異なるが、 古い景品は設定金額が低いことが多いです。 確立機の豆知識 スーパーやDVDレンタルショップの入口、駄菓子屋の前に置いてある高額景品 3DSやディズニーチケットなど が景品になっている機種 カリーノ、ミラクルプッシュオンなどと呼ばれる は、設定金額が 平均設定額5~10万円であることが多いので、相当運が良くなければ低金額で取ることはできない。 UFOあらかるとのコツ 紐についている景品を下に引っ張って取り出し口に落とす。 古い景品の在庫処分としていることが多い。 UFOあらかるとの台を選ぶ時のポイント ・紐の長さが 短いものを狙おう ・爪の幅が 広いものを選ぼう UFOあらかるとの注意点 感覚をつかめば低金額でとれるが、感覚をつかむまでが難しいのでお金がかかることが多い ペラ輪のコツ 景品の箱に穴あきのタグが付いているタイプのクレーンゲーム。 台の上に景品が置かれている場合と坂道の上に景品が置いてある場合がある。 ぬいぐるみとぬいぐるみの間に景品が挟まっている設定です。 注意点 ・アームは ギリギリを狙わないと球体が動かないことが多い。 ・球体を押すとき、 真ん中を押さないと押し込むことができない。 ・押すときに失敗すると、 球体が戻ってしまうことがある。 ・感覚をつかむまでお金がかかることが多いが、 お金をかければ取れることが多い。 Dリングのコツ 1本の棒にリングが通してあり、そこに景品がぶら下がっている。 Dリングの裏技 平らな部分がどちらかに傾いてきたら、 上になっている方を狙う バランスが崩れて安く取れることがある ダブルDリングのコツ 1本の棒にDリングが2つ平行についている。 ・Dリングより難しいがお金をかければ取れる 平均2000~3000円ほど お菓子が積み上げてあって坂道に落とす設定 坂道にお菓子が積みあがっていて、ペラ輪にアームを通し、お菓子を崩す。 ・ある程度景品で坂を埋めたら、再びペラ輪を狙い景品を崩す ・景品の上を滑って落とし口に落とすことができるため、 ある程度坂に景品を埋めないと落とし口に落とすことはできないので、お金がかかる 買った方が安い ・積みあがっている量は多いが、基本的にペラ輪の上の部分しか崩れないので、 崩れる量が意外と少ない ぷっちん台(SEGA)のコツ SEGA(セガ)特有の設定ですね。 1本の棒の先端にCリングがついていて、その下に景品がぶら下がっている。 ぷっちん台の台を選ぶ時のポイント アームが強い台を選ぶ 攻略法 プッチン台の攻略法(やり方)は、3種類ある。 1.爪が棒の下に入るように 片アームギリギリで狙い、棒を持ち上げる 2.爪を棒とCリングの境目に入るように 片アームギリギリで狙う 3.棒の上に乗っているCの部分を ピンポイントでアームを当てる ぷっちん台の注意点 ・うまくすれば一発取りできるが、 感覚をつかむまでお金がかかる ・ アームが弱ければ諦めたほうがいい 景品を取る為の究極の裏ワザ UFOキャッチャー・クレーンゲームで景品を取る為の裏技 それは 『店員さんをうまく利用する』ことです。 利用するというと言葉が悪いかもしれませんが、 店員さんに助けてもらうということです。 ある程度お金を使って、もうこれは無理だなと思ったら店員さんを呼びましょう。 そうすると、かなり取れやすくしてくれる店員さんが多いです。 逆に言うと、店員さんの助けなしでは取れない設定が増えたような印象があります。 魔法の言葉 このときに助けてもらえるようにする魔法の言葉があります。 それは 『結構頑張ったんですけど、なかなか動かなくて・・助けてもらえませんか?』です。 これを言うと9割の店員さんは助けてくれます。 中にはアドバイスだけで終わってしまう店員さんもいますが・・・ まとめ 近年では、買えるものよりもかわいくて大きなぬいぐるみや、クオリティの高いフィギュアがたくさん出てきましたよね。 でも、1回では取れないようになっている設定のものがほとんどです。 『習うより慣れろ』とよく言いますが、クレーンゲームはお金がかかるものなので、なかなか練習できないですよね。 そんなときは他人のプレイを見たり、YouTubeなどにアップされている動画を参考にしてみましょう。 いかがだったでしょうか。 少しでも参考になってもらえれば嬉しいです。 自分が欲しかった景品が取れるように、攻略サイトや動画を参考にしてみましょう.

次の

【ワンピース】クレーンゲームフィギュアの取り方を元ゲーセン店員が徹底解説

クレーン ゲーム フィギュア 取り 方

もくじ• UFOキャッチャー・クレーンゲームの箱物、フィギュアの攻略・取り方の技7選 今回はUFOキャッチャー、クレーンゲームの中でも箱物の景品について紹介していこうと思います。 全部に言えることなのですが、景品の取り方、コツや攻略法を知ってなければ、景品の元手以上にお金が必要になってしまいます。 なので、まずは基本となる取り方のコツ、攻略法を勉強して上手く取れるようになりましょう。 youtube. 落とし口が左もしくは右に設定されている景品の場合にとる方法です。 やり方はいたって簡単、景品の真ん中ではつかまずに少しずらし、爪でスライド(寄せていく)する。 そうすると景品を落とし口まで誘導できます。 aou. htm? les12 箱もので横に空いている穴に入れる技です。 高さボタンを使えるなら、穴の高さでしっかり止めましょう。 ホールフックの応用技でくるりんぱという技があります。 立ててある箱物でスキマを突くことでクルンと箱が回るという技ですね。 aou. htm? les12 景品の手前か奥を狙って、景品を滑らせる、もしくは反動を利用し、手前もしくは奥に景品をスライドさせる技です。 主に 橋渡しという設定のクレーンゲームで使う技になります。 youtube. 景品が落とし口から出ていて、あと一息というところで使えます。 youtube. 別名ではぶっさし、箱さしという技を正しい言い方でスキマフックと言います。 こちらもある程度のコントロールが必要になってきます。 youtube. こちらも握力が強いと仮定して、縦長形状の景品を奥の方をつかんでひっくり返す技です。 楽市置きを攻略するときに使える 方法になります。 景品が手前に来てくれた場合の最後の一手として奥を引っ掛けるとちゃぶ台返しのような形になることがあります。 ヒモ掛け(景品にヒモがついている時に有効な技) 景品(主にぬいぐるみなど)のひもを引っ掛けて獲るという技になります。 (今ではプライズタグ設定の箱物にも使えますね。 ) ヒモ掛けをする上で重要なことはアームの爪の角度です。 爪の角度が弱い時には一発で取れなかったり、ヒモに爪を通すことが出来ても、外れてしまう可能性があります、獲る前に注意して確認しましょう。 以上がUFOキャッチャー、クレンゲームの箱物で使える技7選になります。 様々な状況によって使い分けて使っていきましょうね。 そして、この技を使って一発で撮れれば良いですね! スポンサーリンク UFOキャッチャー・クレーンゲームの箱物、フィギュアの攻略・取り方の動画 今度は動画で箱物の取り方を解説しようと思います。 こちらの方は実践でも使えるもので、よく動画のような状況になってしまうと思います。 参考に確認しながら勉強していきましょう。 そして、クレーンゲームをあまりしない人には、こちらの動画はやり方などのコツが確認できて、目を養うことも出来ると思います。 youtube. ポイントとしては箱の角の部分を狙ってずらしていきます。 そうすると、じわじわと箱の位置が横にずれてきます。 これを反復で繰り返すだけなので、とても簡単に取れる方法ですね。 youtube. この画像や動画のように、下降制限があるので手前を持ち上げ落とす技です。 引っかかって上に出ている方を狙っていきます。 そうすることで、景品が反動などを利用して、または滑って落ちてきやすくなります。 以上が動画で箱物の獲り方の説明でした。 画像より実際にやっている動画をみながら勉強するほうが、目も養えていいと思います。 毎回このようにうまくいくかは設定なども絡んでくるので保証できませんが、こういう獲り方が基本になってくるので覚えておきましょう。

次の

ペラ輪設定を一発で獲る方法

クレーン ゲーム フィギュア 取り 方

UFOキャッチャーに設置された2本もしくは2本以上の棒の上にフィギュアの箱が置いてありそこから落とす事でゲット!というものです。 平行な2本の棒にセットされていたり互い違いに設置された3本の棒にセットされてたりと色んなバリエーションがあります。 UFOキャッチャー「橋渡し」の攻略を図 写真 を交えながら説明します。 橋渡しベーシック 基本 第一段階 持ち上げたり片方のアームで端っこを引き、景品を斜めにずらしていく アームの先の爪の形状や橋渡しにしていることから景品を持ち上げることができるのかを判断し、もしも普通に持ち上がるなら従来のUFOキャッチャー同様持ち上げてゲットしてもいいと思いますが、お店側がわざわざ橋渡しにして景品を置いているという意図を汲み取ればずらして景品を落とす!っていうのが妥当ですね。 初期位置です。 橋の上に景品が置かれています。 まずは景品を斜めにずらしましょう。 景品が持ち上がるなら中央よりやや奥、もしくは中央よりやや手前を狙いずらします。 持ち上がらないなら片方のアームで箱の端付近を狙いずらします。 この写真だともうひとふんばり! 第二段階 パターン1 上から押して落とす イリュージョンスピン 橋から端っこがはみだしたら箱の端を真上から押してあげましょう! するとあら不思議。 景品が左回りで手前にくるっと回ってゲット!いわゆるイリュージョンスピンの手法ですね。 これが基本的な流れです。 ただこの台は手前に棒がもう1本あったのでそこに景品が引っかかって止まってしまいました。 なので最後の一手。 景品の後側を持ち上げてあげます。 持ち上げた衝撃で手前の棒に引っかかってた部分が外れて ゲット! 第二段階 パターン2 引っかかったら持ち上げよう! ずらして奥の棒に引っかかったら場合は持ち上げましょう!「この時の注意」手前が重く奥が軽いのがベスト。 基本的には真正面から見て箱が逆さだと不利なので気をつけましょう。 あと箱がアームに引っかかるのが大前提!アームと景品の大きさ違いすぎて引っかからない場合や棒にひっかかった時の景品の角度などによっては難しい場合もあります。 引っかかっている方の箱の下を持ち上げるようにアームを持っていきます しっかりひっかかれば 手前の棒を軸に景品が前に回転してゲット! 景品のバランスを崩せ! 普通のUFOキャッチャーはバランスよく持ち上げなければなりませんが橋渡しはその逆!アンバランスにしてなんぼ。 どうやって不安定にさせるかということなのです。 なのでプレイする前には必ず設置されている橋 棒 の掛かり方をチェックしましょう。

次の