モバイル suica 定期 券 払い戻し。 「モバイルSuica」の定期の払い戻し方法をくわしく解説!

Apple Payの使い方|Suica定期の設定・支払い・学割・払い戻し・明細を徹底解説

モバイル suica 定期 券 払い戻し

モバイルSuica会員規約を読み「会員登録」をタップし、画面の指示に従って、パスワードやメールアドレスなどを登録していきます。 必要事項を入力すると、Apple Payの画面が立ち上がるので「続ける」ボタンをタップ。 (Suicaの裏面の右下に書いてある)「SuicaID 番号」と「生年月日」を入力します。 画面の指示に従って、カード番号や有効期限を登録し、カードの種類画面で「クレジットカード/プリペイドカード」を選択。 Apple Payの画面が出てきたら、カメラでカードを読み取ります。 次の画面で「SMS認証」を選択し、iPhoneに送られてくる8ケタのコードを入力すれば「Suica」アプリへビューカードの登録が完了します。 jrepoint. 「黄色いサインがある店」なら、Suica払いで貯まる 黄色のサインがある「JRE POINT Suica加盟店」では、 Suica払いで、200円または100円(税込)ごとに 1ポイント貯まる。 また 駅ナカの黄色のサインがある「JRE POINT Suica加盟店」では、 Suica払いで、 200円または100円(税込)ごとに 2~4ポイント貯まる(2020年6月30日まで)。 5%還元になる。

次の

モバイルSuicaの定期を払い戻しする方法と一番お得に解約する時期 │ HomeChicに

モバイル suica 定期 券 払い戻し

スポンサーリンク コロナの影響で出社する必要がなくなった 私はゲーム会社に勤めているということもあり、IT環境が一般的な企業よりも整っていることから、テレワークについては以前から利用していました。 ただ、テレワーク運用のルールとして上長の許可が得られていることや、週3日程度というような条件がありました。 ところが今年に入り新型コロナウイルスの感染拡大により状況が一変して、2月にはテレワークが推奨となり、3月の後半には原則出社禁止となりました。 私ももれなくその流れで完全なテレワークに移行したことで、この1ヶ月半程は通勤をせず自宅で仕事をしています。 そうなると当然通勤電車に乗らなくなるので、 通勤定期券がもったいないことから払い戻しをすることにしました。 モバイルSuica定期券はスマートフォンを改札口でかざすことで利用できるので、大変便利なことから多くの方が利用しています。 モバイルSuicaをご存でない方に簡単に説明すると「モバイルSuica」はSuicaと携帯情報端末がひとつになった便利なサービスで、スマートフォンさえあればSuicaカードを持ち歩かなくても良いというメリットや、クレジットカードを登録することでチャージも手軽に行なえます。 通常「Suica定期券」の場合は通勤定期の払い戻しはJRの「みどりの窓口」で行いますが、モバイルSuicaの場合はスマートフォンの端末だけで払い戻しの手続きが完了出来ます。 手続きはそれほど難しくはないですが、モバイルSuicaでの払い戻し方法について図解でご説明したと思います。 モバイルSuicaでの通勤定期の払い戻し方法 ではモバイルsuicaでの定期の払い戻し方法について解説致しますが、手順を簡単にまとめると以下のとおりです。 スマホの[モバイルSuica]アプリを起動する• トップページの[チケット購入]タブを選択して[定期券]をタップする• 確認画面の[モバイルSuica定期券]を選択して、定期券購入・変更・払戻画面で[払戻]をタップする• この後、 定期券払戻内容最終確認画面で内容を確認して[はい(払戻す・取消不可)]をタップすれば払戻手続きが完了となります。 スポンサーリンク 払戻は定期が1ヶ月以上残っている必要がある 私の場合は半年の通勤定期券のうち2ヶ月しか経過してなかったので、4ヶ月分が払戻されるかと思ったのですが、払い戻しされたのは3ヶ月分でした。 1ヶ月分損した気分だったのですが、JRの定期券の払戻の規約を詳しく読んだところ、以下のような説明がありました。 不要となった定期券は、有効期間が1ヵ月以上残っている場合に限って払いもどしいたします。 この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった月数分(1ヵ月に満たない日の端数は1ヵ月とします)の定期運賃と手数料220円を差し引いた残額です。 ただし、払いもどし額がない場合もあります。 jreast. 今回は3ヶ月分戻って来たので良しとしたいと思います。 スポンサーリンク カード決済ではクレジットカードでの返金処理になる さて、モバイルSuica定期券の払戻が完了したわけですが、払戻金はどうなるのかモバイルSuicaアプリを見ても具体的な説明が見当たりません。 色々と調べたところ、 モバイルSuicの支払いはクレジットカード登録をする必要があるので「クレジットカードの返金処理」という形で返金されるようです。 具体的に言えば、クレジットカードで買い物をした後に商品を返品した場合と同じような手続きになります。 クレジットカードを通して返金のため、カード払いから払戻金額分がマイナスになるわけで、もしカード払いの金額よりも払戻金が大きい場合はカード会社から口座に引き落とされるのではなく入金されることになります。 クレジットカードの返金処理はカード会社によって異なりますが、1ヶ月~2ヶ月程度かかります。 正しく払戻金が返金されているかどうかは、1ヶ月~2ヶ月後のモバイルSuicaに登録しているクレジットカードの明細を確認する必要があります。 もし返金が出来ているか不安な場合は電話で返金処理が行われているかをクレジットカード会社に問い合わせることで確認出来ます。 スポンサーリンク 最後に ここまでモバイルSuicaの通勤定期の払戻し方法についてお話してきました。 通常の「Suica定期券」であればJRのみどりの窓口に行って払戻しをする必要がありますが、「モバイルSuica定期券」であればスマートフォンの操作だけで払戻しの手続きが完了します。 すごくお手軽なので素晴らしいのですが、欠点としては窓口とは異なり払戻金がすぐに戻ってくるわけではなく、カード会社を通しての返金となるため時間がかかります。 ちゃんと払戻しがされているか不安に思うかもしれませんが、明細で返金処理がされているかを確認出来ますし、返金処理が行われているかはクレジットカード会社に問い合わせることで確認は出来ます。 緊急事態宣言でテレワークが長引く場合は、一度通勤定期を払い戻すほうがお得な場合ケースもあるので、一度通勤定期を確認されてみてはいかがでしょうか。

次の

Suica・モバイルSuicaの解約・払い戻し方法!払い戻し時の注意点も!|解約救急車

モバイル suica 定期 券 払い戻し

退会・払い戻し申請はスマホで1分!モバイルSuicaをやめる手順 では、実際にやってみましょう。 スマホのSuicaを払い戻し・退会する手順を紹介していきますね。 払い戻し・退会はSuicaアプリから行います。 Suicaアプリを開いたら「チケット購入 Suica管理」をタップして進み、メニューの一番下にある「このSuicaを払戻す」をタップしてください。 (複数のSuicaがあるときは、払い戻したいSuicaを選んでから「チケット購入 Suica管理」をタップします) 払い戻しについての案内が出てきます。 内容をよく読んだら「同意する」をタップしましょう。 すると確認画面になります。 もし払い戻し金額が発生する場合はここで振込先の口座を指定しましょう。 払い戻し処理(=もうそのデジタルSuicaは使えなくなる)してよければ「Suicaを払戻す」をタップしてください。 ここをタップするともう後には戻れませんよ! はい。 これで払い戻し申請は完了です。 Suicaアプリの一覧を見ても、利用不可能になっていますよ。 1枚しか登録していないならばこれで退会ですし、2枚以上あるならばこの手順を繰り返してさいごの1枚まで払い戻したら退会となりますよ。 モバイルSuica退会・払い戻しの3つの注意点• Walletアプリは関係なし• Suicaアプリ削除では退会・払い戻しにならない• 0円にしてから申請! それぞれもう少し説明しますね。 まず、デジタルのSuicaの退会・払い戻しに「Walletアプリ」は関係ありません。 Walletアプリから削除してもSuicaアプリ(=デジタルSuica登録)からは消えないんです! (ただWalletという名のおサイフからいったん外に出すだけ。 いつでも残額そのまま復活できます) 必ずSuicaアプリから操作してくださいね。 そして、Suicaアプリそのものを削除してもダメです。 Suicaアプリを削除しても退会・払い戻しにならないので気をつけてください! 退会・払い戻しには「Suicaアプリに登録したすべてのデジタルSuicaの払い戻し」がぜっっったいに必要ですよ。 あとはチャージの残金についてですね。 リアルなSuicaカードの払い戻しでも同じなのですが、チャージが220円以上あると 220円の払い戻し手数料が発生するんです。 (220円未満だと全額を没収!) ただし チャージ残高が0円なら払い戻し手数料も0円でokです。 チャージはすべて使い切ってから払い戻し・退会を進めましょう。 コンビニなどで「チャージ残高ぜんぶ+現金」で支払うとイイですよ。 まとめ さいごに、今回の「デジタルSuicaの払い戻し・退会」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の