腹を割って話す 異性。 「腹を割って話す」の英語表現

腹を割って話すという欺瞞

腹を割って話す 異性

日本語ではお互いの思いや気持ちを隠すことなく本音で話すことを「腹を割って話す」や「本音を語る」と表現しますが、英語でもそれと同じ意味を成す表現があるのでご紹介します。 特に個人的な悩み事や深刻な問題を抱えている場合などに、心の底に秘めた想いや感情を率直に話し合うニュアンスとして使われます。 男性同士、女性同士または異性同士が腹を割って話す状況で使われます。 「腹を割って話す」は「Have a heart-to-heart」• 日常会話では基本的に「Have a heart-to-heart」だけで表現するが、「Heart-to-heart」の後にtalk、chat、conversationの単語を加えてもOK。 ・ I had a heart-to-heart with Stacy last night. (昨晩、ステイシーさんと本音を語り合いました。 ) ・ He had a heart-to-heart talk with his dad about his future. (彼は自分の将来について父親と本音で話し合いました。 何かしらの問題が生じた際に、相手と直接会ってお互いの本心を素直に話す状況で使います。 「Have a man-to-man」の後にtalk、chat、conversationを加える必要がある。

次の

腹を割って話すラジオ_2019年9月号|藤村忠寿|note

腹を割って話す 異性

「腹を割って話す」とは? 「腹を割って話す」の語源• 「腹を割って話す」の表現の使い方• 「腹を割って話す」を使った例文と意味を解釈• 「腹を割って話す」の類語や類義語 「腹を割って話す」とは? 「腹を割って話す」というのはそれまで隠していた気持ちを言葉に出す、心情を打ち明ける、という意味になります。 人間、誰に対しても自分の本当の気持ちを伝えるわけでは無いですよね。 基本的には自分の悩みなどは心内にしまい、表に出さないという人もいるのではないでしょうか。 しかし、例えばもしも悩みをずっとため込んだ場合、どこかで辛くなってしまい、誰かに 「腹を割って話す」必要が生じる可能性もあります。 もしも 「腹を割って話せる」相手がいたら、それだけでストレスが解消されるかもしれません。 「腹を割って話す」の表現の使い方 「腹を割って話す」という表現は包み隠さず本心をさらけ出す、本当の気持ちや考えを素直に出す、という意味です。 誰でも多かれ少なかれ、悩みを抱えているのではないでしょうか。 例えば残業が多くて辛い、給料が少なくてストレスになっている、子育てが辛い、などといろいろな思いがあります。 しかしこのような思いは誰でも彼でも表に出せるようなものではなく、ほとんど人には言わないということも多いのではないでしょうか。 しかし、例えば自分のパートナーであったり、親友であったり、自分の気持ちをわかってくれそうな人に対しては 「子育てが辛くて孤立しているような気がする」などと本心が話せますよね。 このような時に 「腹を割って話す」という表現が使われます。

次の

本音で話すことの難しさをクリアすると幸せが近づいてくる 小さなカウンセリングサロン cocoro

腹を割って話す 異性

日本語ではお互いの思いや気持ちを隠すことなく本音で話すことを「腹を割って話す」や「本音を語る」と表現しますが、英語でもそれと同じ意味を成す表現があるのでご紹介します。 特に個人的な悩み事や深刻な問題を抱えている場合などに、心の底に秘めた想いや感情を率直に話し合うニュアンスとして使われます。 男性同士、女性同士または異性同士が腹を割って話す状況で使われます。 「腹を割って話す」は「Have a heart-to-heart」• 日常会話では基本的に「Have a heart-to-heart」だけで表現するが、「Heart-to-heart」の後にtalk、chat、conversationの単語を加えてもOK。 ・ I had a heart-to-heart with Stacy last night. (昨晩、ステイシーさんと本音を語り合いました。 ) ・ He had a heart-to-heart talk with his dad about his future. (彼は自分の将来について父親と本音で話し合いました。 何かしらの問題が生じた際に、相手と直接会ってお互いの本心を素直に話す状況で使います。 「Have a man-to-man」の後にtalk、chat、conversationを加える必要がある。

次の