夜 しか 雨 と カプチーノ。 プロに学べ! 鉄道写真の撮り方(39) 雨天時にしか撮れない傑作をモノにするには?

雨というものは海上でも陸上と同じくらい降るものなのですか?

夜 しか 雨 と カプチーノ

全曲作詞・作曲・編曲• 憂一乗• 夕凪、某、花惑い• 雨とカプチーノ• 湖の街• 神様のダンス• 雨晴るる• 心に穴が空いた• 森の教会• エイミー• 海底、月明かり• ノーチラス 1、5、10、13曲目はインストゥルメンタル。 楽曲においては全てエルマがエイミーからの手紙を読み詞を書いたという設定だが、『ノーチラス』だけはエイミーが書いたという設定になっている。 タワーレコード特典 [ ] 全3曲• 神様のダンス オルゴールver. 心に穴が空いた オルゴールver. ノーチラス オルゴールver. ヴィレッジヴァンガード特典 [ ] 全3曲• 雨とカプチーノ オルゴールver. 雨晴るる オルゴールver. エイミー オルゴールver. 特典 [ ]• 初回限定盤 エルマが書いた日記帳仕様• 日記帳• Amazon限定特典• オリジナル缶バッジ 32mm• タワーレコード• オルゴールCD• ヴィレッジヴァンガード• オルゴールCD• アニメイト• A4クリアファイル• 楽天ブックス• ステッカー• TSUTAYA• ロゴステッカー• ローソンHMV• ロゴステッカー• UNIVERSAL MUSIC STORE• ポスター• 応援店• しおり 脚注 [ ] [].

次の

時間イベント

夜 しか 雨 と カプチーノ

霧雨の例。 JR只見線の会津中川駅 雨の日は、新鮮な鉄道の表現を発見するチャンスだ。 しかし、「やみくもに、雨の中で頑張れば新鮮な写真になるかというと、そうではありません」と長根さん。 雨粒そのものは写真に写りにくく、普通の雨だとただ暗いだけの写真になってしまうのだ。 「雨は雨でも、写真に写る雨は主に2種類。 霧雨と豪雨です」と説明を始めた。 順番に見ていこう。 上の作品は、霧雨の例。 JR只見線の福島県側では、線路に沿って流れる只見川に美しい川霧が発生する。 それを狙って、わざわざ雨の日を選んで撮影に出かけた長根さん。 その帰りに、ローカル駅に立ち寄って撮影したのがこの作品である。 「この写真から雨が降っていると感じられるのは、山が霧雨で霞んでいるからです」。 霧雨は、静けさやしっとり感を表現できる雨で、木造駅舎やローカル線の魅力を引き立てるのだ。 豪雨の例。 疾走する700系新幹線 そして次、700系新幹線の作品は、豪雨の例である。 「新幹線の屋根が、豪雨にたたきつけられているのが見えますね」。 豪雨は、速さや激しさを表現できる。 新幹線の特徴であるスピード感が、豪雨によって強調されているのだ。 もう1つ、夜間撮影も雨を写すチャンスである。 駅や踏切の照明で光る雨粒や、濡れて光る線路。 さらに、フラッシュで雨粒を光らせて写す方法もある ただし、走行中の列車等に対しては行わないこと。 いずれにせよ、風景や列車のイメージ、自分の気持ちをあわせて、雨の状況と被写体となる風景や列車をセンスよく組み合わせることだ。 自分より機材を濡らさないように では、雨中の撮影を快適にする装備とは、どんなものだろうか。 長根さん曰く、「合羽は、あまり安いものだと、すぐに水がしみてきてしまいます。 信頼できるゴアテックス 登山用のウエアにも使われる防水性が高く、ムレにくい繊維素材 のものを選び、防水効果がなくなる3,4年を目安に買い換えています」。 装備の詳細は、イラストを参考にしてほしい。 しかし、結局は、撮影に夢中になるとずぶ濡れになってしまうという。 「自分は濡れてもいいんです。 濡らせないのはカメラです」。 「三脚ごと、70リットルのゴミ袋をかぶせて列車を待ちます。 撮影するときにはレンズの部分だけ破れば、濡れることはないですよ」。 市販されているカメラ用のレインコートなどよりも、これが一番安くて使いやすいということだ。 そして、撮影終了後も、機材に対しては気を抜けない。 「雨の日は、撮影から戻ったら、必ずカメラバッグから機材を出して、乾燥した部屋などで完全に乾かしましょう。 カビ防止のためです。 バッグに入れっぱなしとか、車に積みっぱなしというのが最悪です」。 「自然に悪い天気はない」というロシアのことわざがある。 鉄道写真に不向きな天気も、ないのかもしれない。 雨の日にも、被写体や機材の工夫をして、果敢に撮影してみよう。 予めご了承ください。 連載一覧 第40回 第39回 第38回 第37回 第36回.

次の

25日 梅雨前線の活動が活発に 猛烈な雨も(日直予報士 2020年06月25日)

夜 しか 雨 と カプチーノ

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色してる 言い訳はいいよ 窓辺に置いてきて 数え切れないよ 灰色に白んだ心はカプチーノみたいな色してる 言い訳はいいよ 呷ろうカプチーノ 戯けた振りして さぁ揺蕩うように雨流れ 僕らに嵐す花に溺れ 君が褪せないような思い出を どうか、どうか、どうか君が溢れないように 波待つ海岸 紅夕差す日 窓に反射して 八月のヴィスビー 潮騒 待ちぼうけ 海風一つで 夏泳いだ花の白さ、宵の雨 流る夜に溺れ 誰も褪せないような花一つ どうか、どうか、どうか胸の内側に挿して ずっとおかしいんだ 生き方一つ教えてほしいだけ 払えるものなんて僕にはもうないけど 何も答えられないなら言葉一つでもいいよ わからないよ 本当にわかんないんだよ さぁ揺蕩うように雨流れ 僕らに嵐す花に溺れ 君が褪せないように書く詩を どうか、どうか、どうか今も忘れないように また一つ夏が終わって、花一つを胸に抱いて、 流る目蓋の裏で 君が褪せないようにこの詩を どうか、どうか君が溢れないように 「雨とカプチーノ」とは、一体どういった意味なのでしょうか? まず「雨」という言葉。 普通に天気を表す言葉ですが、この言葉は「エルマの想い」を表現しているのだと思います。 エイミーと別れ、悲しみにくれ泣いている「エルマ」をn-bunaさんは「雨」と表現したのでしょう。 次に「カプチーノ」という言葉。 カプチーノとは、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたコーヒーのことです。 この言葉から見えてくるものとは、黒と白の対比なのでしょう。 MVを見ても分かる通り、エルマとエイミーの着てる服が白と黒で、これは鍵盤の色と一緒なんですよね。 白鍵と黒鍵、お互いがあるからこそ「鍵盤」という素晴らしいものになるけれど、決して片方だけでは成り立たないし混ざることも無いわけです。 このように、エルマとエイミーも同じで、エルマがエイミーの生き方や口調を真似したとしても、エイミーがエルマの真似をしたとしても、お互いの色には決してなれなくて、灰色になっちゃうのだと思います。 そんな様子をn-bunaさんは「カプチーノ」と表現したのだと思います。 では、早速歌詞の意味を解釈していきましょう。 解釈 白色と黒色が混ざったような、まだ決断しきれていない言葉はいらない。 言い訳はいいから、本音で話そう? 「灰色に白んだ言葉」とは「言い訳」を表現しているのだと思います。 では、一体「言い訳」とはどんな言い訳なのでしょうか。 少し考えて見ましたが、この曲が収録されている「エルマ」というアルバムがエルマ目線で書かれているとすると、 おそらく「エイミーがエルマと合わないという言い訳」なのでは無いでしょうか。 何かしら言い訳を見つけてはエルマに合わない理由にしている「エイミー」に向かって歌っているのでしょうね。 灰色に白んだ心はカプチーノみたいな色してる 言い訳はいいよ 呷ろうカプチーノ 戯けた振りして 解釈 「波待つ海岸」「紅夕差す日」「波が押し寄せる音」 八月のヴィスビーの海岸で待ちぼうけた思い出。 「ヴィスビー」とはスウェーデン ゴットランド島の都市の「ビスビュー」のことだと思います。 エルマとエイミーの物語の中でもスウェーデンの思い出の描写が出てきますし、間違い無いでしょう。 また、潮騒(しおさい)とは、潮が満ちる時に波が発する音のことをさします。 この部分は、エルマのエイミーとの思い出の回想シーンなのでしょうか。 それとも、「エルマが来るのを今も待っている」ということなのでしょうか。 未だ真相はわかりませんが、ヨルシカのアルバム「エルマ」が発売されたらわかるのかもしれませんね。 夏泳いだ花の白さ、宵の雨 流る夜に溺れ 誰も褪せないような花一つ どうか、どうか、どうか胸の内側に挿して 解釈 夏の水の上を泳ぐような花とその花を濡らす涙。 流れ、溜まっていく涙に溺れる。 誰も忘れられないような思い出を どうか私の胸にさしてほしい。 「誰も褪せないような花」という歌詞。 一番では「君が褪せないような思い出」となっていますから、花=思い出ということなのでしょう。 つまり、「夏泳いだ花の白さ、宵の雨 流る夜に溺れ」という歌詞は、エルマの思い出(=花)を白とし、宵の雨(=エイミーが流す涙)を黒とすると、 「エルマの思い出はエイミーの涙では流され、決して混ざることなく溺れてしまう(=エイミーが泣いていては二人は決して幸せになれない)」ということを表現しているのだと思います。 ずっとおかしいんだ 生き方一つ教えてほしいだけ 払えるものなんて僕にはもうないけど 何も答えられないなら言葉一つでもいいよ わからないよ 本当にわかんないんだよ 解釈 心が動揺するように涙を流そう。 僕らを惑わす花に溺れて 君を忘れないように書く詩(歌)を どうか忘れないでほしい。 前作のアルバム「だから僕は音楽をやめた」ではエイミーがエルマに送る「手紙」のようなものでしたが、 今回の新作アルバム「エルマ」は、エルマがエイミーに送る「手紙」のようなものなのかもしれませんね。 そして、君を忘れないように書く詩というのが「エルマ」というアルバムに収録される曲たちであると。 そう考えると、この曲たちはエイミーが送ってきた手紙の返答でもあるのかもしれませんね。 また一つ夏が終わって、花一つを胸に抱いて、 流る目蓋の裏で 君が褪せないようにこの詩を どうか、どうか君が溢れないように.

次の