ダーマ ドライ。 ダーマドライDermaDryをワキの多汗症に使ったレビュー。口コミもあります。

ダーマフィラー

ダーマ ドライ

ダーマドライ(Dermadry)は、カナダにある会社が作っている家庭用のイオントフォレーシスです。 カナダの企業ということもあり、 ダーマドライを買うと海外から送られてきます。 「海外から送られてくるってことは、説明書も英語じゃないの?」と不安になりませんか?説明書が英語で書かれているという口コミもいくつかあったので、 英語が得意じゃない私は正直、使うのをためらっていました。 ところが、実際に商品を開けてみると ご丁寧に日本語の説明書がついているではないですか! とはいえダーマドライは「機械」です。 機械が苦手な方からしたらなんとなく使うのが難しそうなんて心配されている方もいるでしょう。 そこでこの記事では、 写真つきでわかりやすく、極力丁寧にダーマドライの使い方を解説します。 電流は強ければ強いほど汗止めの効果も高くなりますが、ヒリつきも出やすくなるので「痛くない程度」にしておくことがポイントです。 ダーマドライの使い方を写真つきで見ていこう では実際にダーマドライの使い方をご紹介します。 ケースを開けるところからコードをつないで実際に電流を流すところまで、写真つきで載せているので参考にしてみてください。 0:付属品を確認 箱を開けると、このように透明のプラスチックケースにいろいろと道具が入っています。 中身に入っているものはこんな感じです。 コントローラー• 手足用の電極 2枚• タオル 2枚• ケーブル 2本• 脇用の電極 2枚• ACアダプタ• 脇用のポケット(青いやつ)• 説明書 1:トレイを準備する 付属品が入っていたこちらのプラスチックケースが水を入れるトレイになります。 ケースをパカっと開いて矢印の方向にひっぱると左右にわかれます。 左右にわかれたらトレイの準備は完了です。 2:電極やタオルをセット ケースの上にそれぞれ電極を置きます。 赤丸で囲っている突起の部分が内側に来るように置きましょう。 付属のタオルを電極の上にしきます。 これで電極やタオルのセットは完了です。 3:ケーブルを接続する まずはコントローラー(左)とケーブル(右)を接続していきましょう。 ケーブルは両端でやや形が異なります。 コントローラーに差し込むのは上の写真にあるように、先端がとがっておらず白い色のほうです。 逆でも接続できるのですが、そうすると電極につなぐときにケーブルが入らなくなるので、必ず先端が白いほうをここでは差し込んでください。 写真にあるように、完全に奥までは差し込めませんがこれでOKです。 ケーブルの反対側を電極板の突起に差し込みます。 けっこう固いので思いっきり力をいれないと入らないかもしれません。 脇に使う方は、脇用の電極にケーブルを差してください。 4:ACアダプターを接続する 先ほどケーブルを差し込んだところの隣にACアダプターを入れるところがあります。 コントローラーに差し込んだらプラグも入れておきましょう。 5:水をトレイに入れる 水道水をトレイつについき500ml入れます。 トレイは2個あるので合計1,000mlの水道水を準備してください。 脇に使う方は、脇用ポケットを水で十分に湿らせてから脇用の電極を入れます。 これでダーマドライの準備は完了です! 私は最初、7mAにしたのですがそれでもビリビリ感が強かったので6mAから始めました。 8:設定が完了したらイオントフォレーシス開始 設定するのは使用部位と電流の強さの2つだけです。 設定が終わったら1番右にあるボタンを長押し(3秒)してください。 すると右上に緑色のライトがつきます。 このライトがついたら準備完了の合図です。 水をはったトレイに手足を入れたら自然と電流が流れ始めます。 脇に使う方は、脇用ポケットを左右の脇に挟むと始まりますよ。 9:時間の設定はしなくてOK 手と足は20分、脇は15分間治療を行います。 ただ「6:使用部位を設定する」のところでどこに使うのかを設定したら自動的に時間が設定されるので、こちらで何かいじる必要はありません。 手や足のモードにすれば20分、脇のモードにすれば15分と勝手に機械が設定してくれます。 時間がきたら自然と電流がストップするので、こちらもとくに操作は必要ありません。 10:電流の極性交代は自動で行われる 途中で行われる極性交代(電流を流す方向を変えるもの)も自動的に行われるので、とくに何もしなくて大丈夫です。 ただ極性交代されるときは、ちょっとだけビリビリ感が強くなります。 ダーマドライを使うときの注意点 水をひたして手足を入れるだけなので、使い方はとても簡単です。 ただ、知っておいてもいいかなという注意点もありますのでご紹介します。 片手だけトレイから出すとビリビリが強くなる 私は両手をダーマドライで治療しているのですが、20分間待つ間に一瞬、手を使いたくなるときがあります。 スマホの通知が来たり、パソコンの操作をしたり、背中をかいたり… そういうときに 片手だけトレイから出すと、もう片方の手に強めのビリビリがきますので注意してください。 (脇も同様です) 6mAと高くはない電流で使っていますが、それでもけっこうな強さでした。 トレイから手を離すときは片手ではなく両手を同じタイミングで離しましょう。 2分経つと自然に電源が落ちる ちょっとした所要でトレイから手足を出したり脇のポケットを外したりすると、自動的に電流が止まります。 止まったまま2分が経過すると自動的に治療が終了してしまうので注意してください。 またタイマーの数字がまた最初からスタートしてしまいます。 2分以内に再び手足を水の中に戻すか、脇のポケットをつけると治療が再開されます。 治療が終わったらきちんと片付ける 説明書を見ると、治療が終わったらACアダプターをコントローラーから抜き、コンセントからもプラグを抜くようにと書かれていました。 また トレイに水を張ったまま放置しておくとダーマドライの部品が劣化してしまいますので、治療後はすぐに水を捨ててよく拭き取ってください。 ダーマドライの使い方は簡単! 以上がダーマドライの使い方の解説です。 ケーブルの差すほうを間違えさえしなければ、難しいことはありません。 コントローラーでの設定も使用部位と電流の強さを決めるだけです。 ちょっと後片付けが面倒だなとは感じますが、イオントフォレーシスをする以上、水の片付けは避けられないのでその都度キレイに保ちましょう。

次の

家庭用イオントフォシーレンス「ダーマドライ」が到着してからのこと

ダーマ ドライ

こちらには、管理人が、実際に娘のために購入した商品のレビューと口コミを載せています。 今回は、家庭用イオントフォレーシスの機器である、ダーマドライDermaDryを娘のために購入したので、現時点でのレビューを行います。 イオントフォレーシスについては、この記事を参照にしてください。 ダーマドライ(DermaDry)の個人的レビュー 購入 購入は、 から。 ウェブサイトはわかりやすく、 サイトの表示を日本語に変えられるので、全く問題なく注文。 サイトの右上の部分に、言語と通貨を選ぶ部分があります。 ) クレジットカードで支払いできます。 VISA、MasterCard、American Express、Paypalを使って支払い可。 googlepayも使えます。 DHLでした。 商品 商品は丁寧に梱包されており、輸送中に壊れているものは見当たりませんでした。 使い始めてみると... 娘が早速、箱を開けてセットアップしました。 最初は、コントローラーと電極を繋ぐコードが、どちらがどちらにつながるのかよくわかりませんでした。 その後、娘に任せておくと「なんか変なんだけれど... 」と、助けを求められました。 オンにすると緑の電気がコントローラーに点灯し、治療をする場所と電流の強さが選べるようになるはずなのですが、一度点灯しても、また消えてしまい設定ができない! どこかの接続が悪いのだろうと、あちこちのコードのプラグを差したり抜いたりしているうちに、ちゃんと動くようになりました。 結局は、電源コードとコントローラーの間の接続の問題のようでした。 数日使ってみましたが、やはり何度も抜き差ししないとちゃんと作動し始めないので(一度ちゃんとオンになれば全く問題ないのですが)、DermaDryの本社にメールを送りました。 すぐに返事があり、代替品のコントローラーを送るから、問題のあるコントローラーを送り返して欲しい、とのこと。 どこに問題があるのかチェックしたいそうです。 ちゃんとDHLのピックアップの日時まで決めて、受取人払いで手配してくれたのはいいのですが、それだと、代替品が来る前にコントローラーを送らないといけなくなります。 最初のうちは、ほぼ毎日治療を続けないと効果が出ないので(まあ、一旦中止して、また再開しても良かったのですが)、ピックアップをDHLに連絡してキャンセル。 代替品は4日ぐらいで届きました。 早かったです。 新しい機器は大丈夫でした 新しいコントローラーは問題なく働きました。 DermaDryの対応は非常に早くて良かったです。 私の娘は、ワキの汗が気になるので、ワキだけを治療しています。 (ただ値段はほとんど変わらないので、ワキも手足も治療できる DermaDryのセットを買いました。 ) 最初は低いレベルの電流から始めて、少しずつレベルを上げていっているようです。 (最初は怖くて一番下の方でやっていました。 ) ちゃんと働いているかどうかは、ビリビリした感じがするかどうかでわかるらしいです。 最初からあまり電圧を高くすると、皮膚が赤くなるので、その辺りも自分の皮膚が耐えられる限度を見極めるために、低めからだんだんに上げていった方が良さそうです。 娘曰く、ワキの汗がだいぶ少なくなったとのこと。 今日、娘がジャンパーを着ていて、暑くなってきた時に(わー、ワキはベタベタだろうな)と思って触ってみたら、少し湿った感じがしただけだったそうです。 もう少し続けたら、サラサラになるかなと期待しています。 また1ヶ月ぐらいしたら、再度報告したいと思います。 その後のアップデート 娘の ワキの汗は少なくなって、気にならなくなってきたようで ほとんど1週間に1回ぐらいしか、ダーマドライをやらなくなっていました。 「ダーマドライを止めると、また汗が戻ってくるよ!」と言ったのですが ティーンエイジャーの娘のこと。 親の言うことなんて効きませんよね。 そんな時に、私の知り合いで足の汗に困っている人がいたので、使っていない手足用のパーツと本体を貸し出しました。 (その人のレビューは数ヶ月後に載せる予定です。 ) すると、1週間ほどで娘が 「ダーマドライいつ返ってくるの?止めたらまた汗が出てきたぁー!」 ということで、ダーマドライ貸し出し中は、娘にはアルミニウム入り制汗剤を試してもらいました。 (娘が試したのは。 毎晩ワキの下に塗り始めたのですが 「1回使った後で、もう効果を感じた」とのこと。 ダーマドライでの治療は、1回15分くらいかかってしまいます。 今までワキの下にデオドラントを使ったりしていた娘には 同じ感覚で、さっと塗れるの方が続けやすそうです。 ) 詳しくは『アルミニウム入り制汗剤』のページへどうぞ。 ダーマドライDermaDryの使い方 同封されている説明書は英語です。 使い方に関しては、こちらのを参照にしていただければ、コードのどの端をどこにさすのか、などの詳細がわかると思います。 ダーマドライDermaDryの口コミ ダーマドライの口コミを探してみました。 (公式ウェブサイトから抜粋し、日本語訳してあります。 ) 人生で、初めて他の人と握手する自信ができました。 自分にとって、こんなにすごい事はないです。 ほとんど諦めていましたから。 (Brandon、アメリカ) 今まで、多汗症について何でもできることは試しました。 手汗は人と手をつないだり握手をする時に、本当に気まずかったんです。 ダーマドライなら、僕が座ってテレビを見ている間に、治療をしてくれるんです。 (Michael、イギリス) (ダーマドライは)家でできる治療で、本当に簡単なんです。 誰の助けも入らず、パンフレットを読むだけでできて、よく効きます。 多汗症だと、服を選ぶ時に汗のことを考えて、選ばないといけないのはうっとおしいですよね。 私はいろいろとバラエティのある服を着たいんです。 薄青のトップを、ワキの汗ジミを気にしないで着れるようになりたかった。 ダーマドライを使った結果はとても良かったです。 今では、今まで着れなかった服も着れるようになりました。 (Livia, カナダ) 私の人生で(ダーマドライが)一番お金を費やした甲斐があることです!今まで似たような機器を、4種類も試したことがあるんです。 他にもアルミニウム入りの制汗剤やボトックスの注射も試しました。 個人的にはダーマドライが一番だと思います。 (Maka、日本) ダーマドライを使って、人生が変わりました。 6週間使っていますが、2週間を過ぎたところから、確実に汗が減ったのを感じられました。 (Natalie、カナダ).

次の

ダーマドライ(Dermadry) の口コミ・効果・評価を検証!【4ヵ月使用レビュー】

ダーマ ドライ

こんにちは、多汗ライターカンタです。 今日は、カナダ製の家庭用イオントフォレーシス機器 「」を3ヶ月間使用しての感想をまとめたいと思います。 「Dermadry、すごく気になるけど、本当に多汗症を抑えることができるのかな?値段高いし不安だな…」「そもそも家庭用機器って効果あるのかな?」 こういった方に向けて、できるだけ具体的に使用感について書いていきます。 Dermadry ダーマドライ は多汗症に効果があった? 1ヶ月間毎日使用した結果… 結論から言うと、Dermadry ダーマドライ は 多汗症レベル3の僕の手汗にも一定の効果がありました。 まず手のひらの効果についてです。 1日20分の治療を毎日継続。 電圧は、試しに10mAからスタートしてみたものの、わりとビリビリきたので5mAに設定して始めました。 2周目ぐらいからは電圧に慣れてきて、最終的には9mAまで上げて続けています。 肝心な効果ですが、使用開始から一ヶ月ちょっと経ったあたりで、水に浸かっている大半の部分の発汗が治まりました。 イオントフォレーシスの効果自体はすでに実感済みでしたが、改めて電気治療の効果はスゴイ…。 効果の持続性はいまひとつ…? イオントフォレーシスの特徴として、一旦発汗が治まると、しばらくの間効果が持続するということで、試しに治療頻度を週1回に減らしてみました。 全体の50%ぐらいの範囲に効かない? レベル3の多汗症にも一定の効果が見られたDermadryですが…。 足、脇の効果は? 僕は、足、脇にも使用できる「total」を購入したので、手と同様に足、脇の治療も行いました。 足に関しては、3ヶ月続けた結果ほとんど効果が得られず。 やはり皮膚の分厚い箇所には効かない…? 一方で比較的皮膚の薄い、かかと周りと指先の表面だけ制汗しました。 脇の場合、こういった専用機器を取り付けて、パットを水に濡らして15分間脇に挟みます。 手、足と同じ要領ですね。 脇は、足と違ってしっかり効果が出ました。 脇は範囲が狭いからか、3週間ぐらいで発汗が止まりました。 足汗治療でのDermadryはあまりおすすめできませんが、脇汗にはかなり効きますね。 今のところ、代償性発汗なんかも出ていないので、シンプルに汗の量を減らすことができています。 痛み、刺激はある? 最後に、痛み、刺激についてですが、Dermadryは他機器に比べてやや電気の出力が強いかな?と感じます。 電圧を1mA単位で調整できるので、痛くて続けられないなんてことはありませんが、効果を得るためには、多少のピリピリ感を我慢しつつ8mA以上での治療をおすすめします。 mA数が同じでも、サーリオのシリコン製の電極マットに比べて Dermadryの電極板から伝わる電気の方が強いです の効果については後ほど紹介します。 Dermadry ダーマドライ を3ヶ使用しての率直な感想 初期費用を抑えたい人にはおすすめ まずDermadry ダーマドライ の制汗効果についてですが、上記のとおり 完全に発汗を抑えることは難しいです。 初期治療が完了した後の効果の持続性も期待していた程ではなく、半永久的に1~2日おきの治療が必要と考えると少し根気がいりますね…。 とはいえ、4万円以下で購入できる家庭用機器の中では、Dermadryが断トツでコスパ良いです。 ですが僕の率直な感想としては、 いずれにせよ高額な出費をするなら、より高性能なを選んでおくのが無難かなと思います。 初期予算を抑えて自宅治療をしたい方にはおすすめです。 下記リンクからダーマドライの購入画面に進むと、 4,000円OFFのクーポンが適用されます。 長い目で見ると「サーリオ」の方が経済的? ドライオニック、Dermadry、Iontoderma、サーリオと主要なイオントフォレーシスは全て試したけど、サーリオ以外は効果が似たり寄ったりという感じ。 サーリオはコストがネックになるけど、効果の持続性が高いことと、消耗品が無い点で長い目で見ると一番経済的かな…? — カンタ 多汗ライター acerola100 結果的に、僕はドイツ製の「」に落ち着いたのですが、サーリオに乗り換えてからは 週1回の治療で手、足、脇の発汗を抑えることができています。 それぞれの部位の一回あたりの治療時間も10分程度なので、1度の治療にかかる時間もDermadryの半分に時短できています。 また、サーリオが他機器に比べて優れている点は、 「定期交換が必要な消耗品がない」ということ。 Dermadry、iontodermaの場合、電極板やフェルトが劣化したら交換が必要ですし、ドライオニックに至っては専用電池の交換が必要です。 家庭用イオントフォレーシス機器は、一度購入すると、 先10年、20年と長く使用するものだと思うので、消耗品が無いサーリオは結果的に一番経済的なのかなと思います。 初期のコストだけネックになりますが、「施術時間の時短」「消耗品交換からの解放」の2点を考慮すると、コスパは他機器とは比べ物にならないくらい高いです。 の詳しい使用感、効果については、下記のレビュー記事でまとめていきますので、ぜひ参考にしてください。 サーリオは日本の通販サイトで日本語購入できます そんなサーリオは、 日本の通販サイトから購入できる唯一の機器でもあります。 購入後のアフターサポートや、万が一の返金手続きの際を考えると、日本語購入できるサーリオは安心です。 家庭用イオントフォレーシス主要4機器比較 これまでDermadry、サーリオを含む下記4つの主要機種を使用しました。 個人的には、上記の通り「最初からドイツ製のを選んでおくのが無難かな…?」という印象です 4つ目でやっとサーリオに行きついた僕が言うのも何ですがw 僕自身は、サーリオのおかげでようやく友人と気軽にスマホ等の受け渡しができたり、握手や書き物もストレス無くできるようになって、 控えめに言って人生が変わりました。 「ETS手術をせずに多汗症治療したい」「自宅で気軽に治療がしたい」という方はぜひ一度家庭用イオントフォレーシス機器の効果を体感してみてください!.

次の