俺ガイル ss 突然。 俺ガイル

【八色・俺ガイルSS】いろは「先輩、もっといじめてくれてもいいですよ?」

俺ガイル ss 突然

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 おいこういう時なんて言えばいいんだおい。 八幡「あ・・・あの・・・その・・・」 いろは「・・・んっ」チュッ 八幡「!!?」 なん・・・だと・・・。 一色の奴が俺にキスキス行為を!? いろは「んん・・・」 八幡「んぐ・・・」 長い。 30秒は唇くっつけてるぞ。 ちょっとこれモノレールの中だしこんなん他の客に見られたらたまったもんじゃない。 vip2ch. 葉山にフラレたショックでどうにかしちまったのか。 八幡「な、なあ一色・・・」 いろは「んっ・・・!」チュルッ 八幡「んぐうっ!?」 いろは「んあっ・・・んちゅ・・・ちゅっ・・・」チュパチュパ おいいいいい!今度は舌入れてきたよこの子!こ、これが伝説に聞くベロチューってやつなのか・・・ いろは「んっ!・・・んんっ・・・ちゅっ・・・!!」チュパチュパ 一色の舌は俺の口内をめちゃくちゃに舐め回している。 このままだと他の客にこの光景を見られてしまうリスクがある。 いろは「んあっ・・・。 ふー・・・」パッ お、離してくれた。 やっと終わりか・・・ いろは「はあ・・・はあ・・・。 ・・・んんっ!」ガバッ 八幡「うおおっ!?」ドサッ と思ったら今度は一色が俺を押し倒してきた!お、おいこいつまさか・・・ いろは「はあ・・・はあ・・・せんぱぁい・・・」スッ 一色は俺の上着を脱がそうとする。 ってこれはさすがにヤバイ。 乗客や駅員に見られたら大変だろうが・・・」 いろは「んもう・・・。 じゃあ・・・家まで送ってくれますよね・・・」 八幡「あ、ああ。 それくらいなら・・・」 流れで俺はこいつを家まで送らなければならんことに。 しかしさっきは危なかった。 俺も理性を保つのに限界を迎えそうだった。 限界を迎えたら何するか自分でもわからんからな。 いろは「ここ・・・降りる駅です」 八幡「ああ・・・」 一色の最寄りの駅にモノレールから降りて外に出た。 あとはなんとかこいつを家まで送ってやれば俺は解放される・・・ あー早く小町が待ってるホームへ帰還したい。 なんちゅーかピンクで光る建物ばっかりの街中なんですけど。 いろは「・・・ねぇ先輩」グイ 八幡「ん・・・。 なんだよ」 いろは「歩くの疲れましたぁ。 ちょっと休憩したいです・・・」 八幡「休憩って・・・どこでだよ・・・」 いろは「・・・あそこ」スッ 八幡「」 一色が指す先はベッドが回ると評判のホテルだった。 っておい。 ホテルに入ったはいいが・・・俺チェリーだし何からしていいかわからん。 てか帰っていいこれ?俺の人生設計プランでこんなところ入るなんて無いんですけど。 八幡「・・・」 いろは「・・・」 気まずい。 やっぱ気まずい。 だいたい俺にそういうの求めるのは間違ってるぞ。 俺から行動を移せと問われたら迷わず帰宅するんですけどいいのそれで? いろは「・・・もう」 ちょっと機嫌が悪くなったのか一色は俺を睨む。 やめてって。 理性保つので精一杯なんだよ俺は。 いろは「・・・私をメチャクチャにしていいんですよ」ボソッ 八幡「」 そう耳元で囁く一色。 これにより俺の理性は崩壊した。 その先のことは覚えてない。 八幡「くっ!!」ガバッ!!! いろは「きゃっ!!」ドサッ 八幡「はあ・・・はあ・・・!」 いろは「せ、先輩・・・。 いきなり押し倒すなんて・・・ま、まあ嫌いじゃないですけど・・・んむっ!?」 八幡「んっ!んちゅっ・・・んぐっ!あむっ・・・ん!!」チュパチュパチュパ!!! いろは「んぐうっ!!?」 え、ええええええっ!?私の口にいきなり先輩はおちんちんを・・・! 八幡「おい何やってんだ!早くしゃぶれ!しゃぶれよぉ!!」グイッ いろは「ううっ!」 か、髪引っ張らないでくださいよぉ。 それ喘ぎ声ですかぁ?後輩にこんな事させてそんな声出すなんて先輩は変態ですね!ここからは私が責めです! ジュポジュポジュポ!!! 八幡「ぐっ・・・う・・・ああああああっ!!!」ドピュルルルルル!!! 口の中先輩のでいっぱいですよぉ」 八幡「・・・脱げ」 いろは「え?」 八幡「脱げって言ってるんだよ!!」 いろは「は、はいっ・・・わかりましたよぉ!」スッ サッ イったばかりなのにまだシたいんですかせんぱぁい・・・。 まあいいです。 覚えてないんですかぁ?でもまあ・・・ゴムしないでヤり出したのはちょっと焦りましたけど」 八幡「ええっ!?お、おい・・・いくらなんでもそこまで責任取れってのは・・・」 いろは「大丈夫ですよ。 ほら、先輩イく直前に出してくれたじゃないですかぁ。 で、私の体にぶっかけました」 八幡「それでびちゃびちゃなのか」 いろは「もー。 先輩が激しくしたんで体中筋肉痛です。 そうか・・・わかった・・・」 いろは「・・・何か他に言うことあるんじゃないですか?」 八幡「・・・その・・・あんま覚えてないんだけど、なんかすまん」 いろは「なんですかその謝罪。 先輩にはもっと責任取って貰わなきゃですね。 私を女にしたんですから」 八幡「それは俺も男になっちゃったんだからお互い様ってことでいいだろ」 いろは「もう!こういうのは男性が責任取るって決まってるんですよ!だから、これからは私の付き合いには絶対ですからね!断るとか許しません」 八幡「わ、わかったよ・・・」 いろは「わかったんならいいです。 じゃあ、また学校で。 おやすみなさい」 八幡「おう」 なんとか解放された。 いやいろんな事考えるとまだ解放されてない。 くっそ!もうひとりの僕!お前は一色に何シたんだよ。 そんなある日、部活も終わり帰ろうとした時のことだ。 八幡「・・・」スタスタ いろは「あ、いたいた。 せーんぱい。 お疲れ様です」 八幡「お、おう・・・。 お疲れ」 いろは「じゃ、行きましょうか」グイ 八幡「いや、何?どこへ?いずこへ?」 いろは「どこって、私の家に決まってるじゃないですかぁ」 決まってるの?俺自分の家帰りたいんだけど。 何故俺がお前の家に行かなきゃならん」 いろは「今日、父も母も仕事だとか用事だとかで明日まで帰ってこないんです。 だから私一人だけなんですよぉ」 八幡「おお・・・」 いろは「で、女の子一人だけだと不安じゃないですかぁ。 だから私のボディーガードに先輩を置いておこうと思いまして」 八幡「俺はお前のお守りかよ。 嫌だよなんでそんなメンドくさい」 いろは「は?先輩に拒否権なんて無いんですよ。 ほら、言いましたよね?あの日の夜。 先輩が私を女にした日」 八幡「う」 そういえば、付き合いには断るなとか一方的な条件突きつけられてたな。 俺もつい承諾しちまってたんだっけ・・・ 八幡「わ、わかったよ。 わかったからあんまり言いふらさないでくれ・・・」 いろは「言いふらしてませんよ。 あの時の事は私と先輩だけの秘密の夜です」 八幡「お、おお・・・」 今夜もこいつ変なアプローチかけてきそうだな・・・。 はあ・・・とりあえず小町に家帰らないってメールしとくか。 親がいないってのは本当だったか。 まあいたとしたらなんて挨拶したらいいかわからないしこれでいいか。 八幡「お邪魔します・・・」 いろは「はい、どうぞ上がってください」 八幡「じゃあ俺この部屋でずっと横になってていいか?家いるだけでいいんだろ」 いろは「ちょっと、なんでそうなるんですか。 ボディーガードなんですから常に私と一緒にいてくださいよ」 八幡「いやあ・・・俺いざとなってもお前守れない自信あるよ」 いろは「なんですかそのマイナス思考の自信・・・ま、盾くらいには使えそうですし、だから一緒にいてください」 八幡「俺は防具扱いかよ・・・」 いろは「じゃあまず夕飯ですね。 先輩料理出来るんでしょ?何か作ってくださいよー。 あの時は私が痛いって言っても止めてくれなかったのに」 八幡「うぐ・・・」 今その話をするか・・・。 俺も覚えてないんだって・・・ いろは「あ、カレーにウィンナー入れるんですか?」 八幡「おお。 肉が無かったんでな。 その代用だ」 いろは「そうですかー。 ・・・先輩のおちんちんみたいですね・・・」 八幡「ブッ!! あの時強引に口の奥まで入れたじゃないですかぁ」 八幡「そ、そうなのか・・・」 いろは「先輩のウィンナーから先輩のミルクを思いっ切り私の口の中で射精させたんですよねぇ」 八幡「そ、そうだったっけか・・・」 いかん・・・話題を変えなければ・・・ 八幡「や、野菜切らなきゃな!まずは玉ねぎから」 いろは「先輩のキンタマってー。 相当溜まってますよね?」 八幡「ブッ!! 70 ID:25KGiRdY0 いろは「先輩はあんまり一人エッチとかしないんですか?日常的に射精してるのかなーって」 真顔でなんて質問してんだこいつ・・・ 八幡「まあ・・・ご想像にお任せします」 いろは「ふーん。 週4とかですかね」 惜しい!週3でしたー。 八幡「さ、さて・・・おしゃべりはそのへんにしとこう。 カレー作るから」 いろは「そうですね。 67 ID:25KGiRdY0 八幡「ほい。 出来たぞ」 いろは「わー。 美味しそうですねぇ先輩」 八幡「まあ食え。 いただきます」 いろは「ではではーいただきまーす」パクッ いろは「んんー。 美味しいですよ。 先輩意外と料理上手いんですね。 アッチは下手くそですけど」 八幡「んぐ・・・いいだろ別に」 いろは「まあ、下手くそというより強引ですよね。 19 ID:25KGiRdY0 いろは「ごちそうさまでした。 美味しかったです」 八幡「そりゃ良かった。 じゃあ風呂入って寝るかー」 いろは「違いますよ先輩」 八幡「何が違うんだよ・・・」 いろは「ほら、今は食欲を満たしたじゃないですかぁ。 10 ID:25KGiRdY0 いろは「あ、ちょっと暑くなってきましたね・・・」スッ おい、そんなボタン外すと・・・ぶ、ブラ見えてる!てか見せてるのか? 八幡「・・・」ジッ- くそっ!男としてそっちに視線寄せるのはもはや生理現象だ。 90 ID:25KGiRdY0 いろは「ん・・・んちゅっ・・・ちゅっ・・・ちゅうっ!」レロレロ 八幡「あ、あががが・・・」 右耳は唾液のいやらしい音しか聞こえない・・・ いろは「じゅじゅっ・・・ちゅっ・・・!!」レロレロレロ 八幡「あ・・・ああ・・・」 一色の手は俺の股間に・・・!も、もうヤバイ! そして俺は・・・またもやこの先の記憶は無い 八幡「う・・・うおあああああああああ!!!」ガバッ!! いろは「きゃっ!」ドサッ! 24 ID:25KGiRdY0 八幡「ふんっ!ふんっ!!」ブチブチブチ! いろは「っ!!」 ちょっと先輩ったら・・・上着脱がすのはいいですけど強引にボタン取らないでくださいよぉ いろは「先輩・・・今日は胸からですかぁ・・・?」 八幡「黙ってろ」 いろは「え」 八幡「気が散るから黙ってろよおおおお!!!」ムンズ! モミモミモミ!!! いろは「やっ!ああんっ!!んっ・・・!!」 ちょっ・・・先輩力入れすぎです!!おっぱい揉むのにそんな力入れて・・・!! 八幡「これも邪魔だな!」ビリ スッ いろは「きゃっ」 ぶ、ブラ外しますか。 先輩みたいな変態じゃありませんよ」 八幡「ほお」ツネッ いろは「いいっ!!ひゃああああん!」 八幡「気持ちよさそうな顔してるな一色。 乳首つねって引っ張られてイきそうなんだろ?ほら!!」ギュッ!! 98 ID:25KGiRdY0 いろは「はぁ・・・はぁ・・・あっ・・・」ビクンビクン 八幡「イったな。 お前痛めつけられて感じるタイプだったんだな」 いろは「え、えぇ・・・?」 わ、私ってそんなMっ気強いんですかぁ・・・ いろは「そ、そんな・・・私Mじゃないですっ!」 八幡「そうか」バチン!! いろは「いやあんっ!!」 八幡「おい。 65 ID:25KGiRdY0 八幡「よーし。 じゃあこっちはどうかな」クチュ いろは「ひっ!やっ・・・!」 八幡「おいおい。 お前のここ溢れ出そうじゃねえかよ。 何?そんな興奮したか?」 いろは「さ、さあどうでしょうかね!」 八幡「まだ強がるのか。 まあいいや。 こっちの処理してもらおうか」ボロンッ いろは「きゃっ」 先輩のおちんちん・・・前よりも大きくなってるんじゃないですかこれ? 八幡「いたぶられるのが好きなお前にはこうしてやろう。 ・・・ふん!」ボスッ! いろは「うぐっ!!?」 せ、先輩!?先輩のギンギンに硬くなったおちんちんで私のお腹をっ!? 八幡「ほら!俺のちんこで腹パンだ!」ボンボンボン!!! ただ指でいじるだけじゃつまらないよな。 ・・・よし。 これでいこう」グリグリ いろは「っ!!!?」 八幡「これいいじゃん。 34 ID:25KGiRdY0 八幡「すげえ音だな。 わかってきたじゃねえか。 後お前は完全にドMだな。 俺に攻められてすげえ嬉しそうだったぞ」 いろは「そ、それは・・・先輩が攻め上手だからですよぉ」ウルウル 八幡「そ、その表情そそるな・・・。 おい一色、もう一度処理しろ!」ズボッ!! 63 ID:25KGiRdY0 八幡「はっ!はっ!ああああっ!!!」ジュポジュポ!!! いろは「あっ!先輩!もっと!もっと激しくうううううう!!」パンパンパン!!! 八幡「うおおおおおおおおおおおおおお!!!」ジュポジュポジュポ!!!! いろは「ヤバイですぅ!先輩のおちんちん気持ちいいですう!!!」 八幡「うあああああああああああ!!!」ジュポジュポジュポ!!!!! いろは「あっ!あんっ!!も、もっとぉ!もっと突いて下さい!!もっと私を犯して下さい!!!」 八幡「うおらあああああああああああああああ!!!」ジュポポポポオオオオオオ!!! いろは「ああああああああっ!!はうっ!!ひゃんっ!!」 八幡「イ、イくっ!!!」ドピュルルルルッ!!! 37 ID:25KGiRdY0 ーーー 八幡「お、俺またやっちまったのか・・・?」 いろは「はいまあ・・・中に出しましたね。 それも大量に」 八幡「マジでか・・・。 嫌だよ俺、この歳でパパになるのは」 いろは「まあ、その時はその時です・・・。 48 ID:25KGiRdY0 終わりです。 vip2ch. カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

俺ガイル ss 突然

オススメ作品 個人的名作・特におすすめの作品 よくある「嘘から出た真」系のお話。 個人的には大好物でして、本作は雪乃がとても魅力的に描かれている良作です。 これはいいコメディ。 サブレがいい味出しています。 これはいいいろはす。 大学でいろはに再会してからの短編3連作です。 こうした作品が読めるのはSSならではですね。 さりげない心理描写も上手で、かなりのSS巧者とお見受けしました。 主人公がヒロインに看病されるという、SSではよくあるシチュエーションですが、このいろはすはかなりポイント高いです。 みんな素直だったら・・・というIF。 カナダってすごい。 お笑いコンビ「アンジャッシュ」のコントのような作品・・・と言えば大体どんな内容か伝わるでしょうか。 起承転結が上手くまとまっていて、SSの見本のような作品です。 本作は結衣がメインです。 タイトルから推測できるとおり、八幡と雪乃の間の子どもである「比企谷小雪」が登場するのですが、オリジナル子どもキャラが登場する俺ガイルSSでは、本作が個人的に最高傑作だと思っています。 ラストシーンが愛おしいほど素晴らしいです。 WEB小説投稿サイトからは、こちらの作品をチョイス。 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。 解決のため八幡が偽装彼氏となるが・・・というお話。 際どい表現があるのでご留意を。 奉仕部がある以上、納得感のある形でいろはと距離を縮めるには相当な描写の積み重ねが必要で、本作はそれを高いレベルでクリアしており、いろはモノとしては最高峰でしょう。 素晴らしい作品。 ヒロイン3人との絶妙な関係性・距離感が、軽快なやりとりでスラップスティック的に展開されます。 台詞回しも自然で滅茶苦茶レベル高いです。 個人的には俺ガイルSSの1つの到達点とも言える作品です。 シチュエーションがいいですね、大好物です。 本好きの2人の距離を縮めるためのそのアイデアに脱帽しました。 その他のおすすめ作品 平塚先生物。 「ウブ・思い込み激しい・すぐ泣く」という二次創作における静先生の要素が程よくまとまっている作品です。 珍しい三浦物。 原作の世界観とかけ離れることなく、絶対に描かれないであろうストーリーを上手に魅せてくれます。 催眠術で八幡を葉山のようにすると・・・というお話。 SSならではの設定ですが、それを上手に料理していて面白いです。 タイトルとは違い実際には、奉仕部の3人のお話。 なるほど、こういうSSもありなのか、と思わされました。 メタ的な楽しみができますね。 設定が一捻り。 好き嫌いがあるかもしれませんが、私は純粋に感心しました。 こういうSSを書こうとする発想は自分では出てこないですね。 脱帽です。 ホワイトデーで女性陣にお返しする様子が淡々と描かれますが、これくらいサラッとした作品もいいと思います。 俺ガイルSSでなくても通用しそうですが、こういうしっとりとした作品もアリです。 の作者の作品のようです。 バレンタインデーのIF。 特定のカップリングはなく、雪乃・結衣・いろは・沙希・小町が登場します。 こちらもバレンタインデーのIF。 奉仕部の3人を中心にバレンタインデーの様子が丁寧に描かれます。 本当に共感できる「あるある」で笑ってしまいました。 後半は初詣のお話。 八幡がみんなに誕生日を祝ってもらいます。 誰の娘なのか一目瞭然ですね。 雪乃分がかなり色濃くでた娘ものです。 ドラマCDとかにしてほしい作品です。 ホワイトデーのお話。 丁寧な描写に好感が持てます。 別にクロスオーバー作品ではなく、中の人つながりの折本もので、中身は程よいイチャイチャもので、こういう世界線もありかな、と思わされます。 タイトルどおり、席替えによって始まる新たな俺ガイルの物語・・・。 未来からやってきたという三人の娘はそれぞれ母親が違って・・・オリキャラ注意ですが、筆力高いので、気になりません。 起承転結もしっかりしており、かなりの良作です。 俺ガイルSSといっていいかは微妙ですが、そのアイデアに脱帽です。 八幡がいない奉仕部でヒロイン3人が、八幡について語ります。 3人がどんな表情・動きで盛り上がっているかが想像できそうな高い描写力のある作品です。 折本好きにぜひおすすめしたい作品。 折本作品の展開は大体どの作品も同じようなルートを通るわけですが、台詞回しも自然で原作に近い空気感なので、こんなルートもあり得るのかな、と思わされます。

次の

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

俺ガイル ss 突然

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完」の場面カット (C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 完 テレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完』の第2話先行カットが16日、公開された。 第2話「今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。 」は、雪乃の願いをかなえるため、陽乃に会いにいく3人。 将来の希望を母に伝えたいという雪乃に陽乃は協力をするという。 陽乃の態度に違和感を覚え、後を追う八幡に陽乃は「予言してあげる。 君は、酔えない」というのだった…。 同作は、ガガガ文庫(小学館)より2011年から刊行されている、人気ライトノベルが原作(原作:渡航、イラスト:ぽんかん(8))。 ひねくれ高校生の主人公・比企谷八幡が「奉仕部」に入部して、学校一の美少女・雪ノ下雪乃らとともにまちがいだらけの青春を繰り広げていくストーリー。 現在放送中のテレビアニメは第3期となる。 また、原作者の渡航氏と豪華ゲスト声優が出演する配信イベントが開催決定。 アニメを見ながら作品を振り返り、思いの丈やここでしか聞けない本音トークを語る予定。 完』をみんなで見て振り返り【第一夜】 【開催】8月4日(火)午後8時〜 【出演】原作者:渡航 ゲスト:江口拓也(比企谷八幡役)、 MC:天津向 受講申し込みはイベント公式サイトで受付中。 (有料配信 受講料2500円税別).

次の