精 剣 伝説 switch。 【Switch】聖剣伝説コレクション

聖剣伝説

精 剣 伝説 switch

2017年6月1日に発売される「」は,Nintendo Switchの特性とゲーム内容がうまくかみ合い,楽しく遊べる仕上がりになっていた。 シリーズの原点である初代作 「聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜」(以下,FF外伝),マルチプレイが話題を呼んだ 「聖剣伝説2」(以下,聖剣2),そして初移植となる 「聖剣伝説3」(以下,聖剣3)を収録した同作のプレイフィールをお伝えしていこう。 「聖剣伝説」シリーズは,スクウェア・エニックスが展開するアクションRPG。 1991年にゲームボーイ用として発表されたFF外伝は,その名が示すとおり,「ファイナルファンタジー」のスピンオフという位置付けだった。 その後,1993年に発売されたスーパーファミコン用の聖剣2で独立シリーズ化。 1995年に,やはりスーパーファミコン用としてリリースされた聖剣3では,高いストーリー性が話題となって,一大ブランドとして定着している。 さて,聖剣伝説コレクションは,シリーズ25周年を記念し,初期作3本をNintendo Switchで遊べるようにしたものだ。 FF外伝はリメイクされ,聖剣2はバーチャルコンソール版やスマートフォン移植版が配信されてきたが, 聖剣3がスーパーファミコン以外のハードで遊べるのはこれが初めてとなる。 移植を担当したのは,ニンテンドー3DS用「セガ3D復刻アーカイブス」や,バーチャルコンソール版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」など,レトロゲームの復刻で知られるエムツー。 原典を大きくアレンジすることなく現代風の便利な機能を追加することで,素材の味を活かした移植に仕上げている。 まず,ファンにとって嬉しいのが ミュージックモードの追加だろう。 タイトル選択画面から曲名付きで楽曲を聴くことができる。 音楽に定評がある聖剣伝説シリーズだけに,ゲームを遊んだことはなくても「Rising Sun」「子午線の祀り」「Meridian Child」といった名曲の名前には見覚えのある人も多いはず。 本作で原曲に触れてみるのもいいのではないだろうか。 [ZL]でオプションメニューを呼び出せば,いつでもセーブとロードが可能だ。 セーブスロットはタイトルごとに三つずつ用意されており,決められた場所でしかセーブできなかった聖剣2,聖剣3を遊ぶときには,とくに便利に感じられた。 もちろん通常どおりのセーブも可能だ。 ステータスの振り分けやクラス選択など,予備知識がないと迷うところがあるシリーズだけに,初めて遊ぶ人はこまめにクイックセーブをするといいだろう。 [ZL]で呼び出すオプションメニューにはクイックセーブなどの追加機能が用意されている(左)。 どのステータスを上げようか迷ったときなどは,直前でクイックセーブをしてから軽く試してみてもいい(右) オリジナル版とNintendo Switchでは画面のアスペクト比が4:3から16:9に変更されているが,これについては余った部分に壁紙を配するという形で対応している。 気になる壁紙の絵柄は,聖剣2,聖剣3はオリジナル版のパッケージアート。 そしてFF外伝は,昔のPCゲーム風の描き下ろしイメージイラストになっており,独特の色使いとドットのジャギーが懐かしい。 聖剣2,聖剣3は[ZR]ボタンを一押しすると画面サイズを小(左)と大(右)に切り替えられる どのタイトルでも,[ZR]ボタンを押すと 画面サイズを大小2種類に切り替えることが可能。 FF外伝の場合は画面サイズに加え,モノクロの「デフォルト」,ブラウンの「スーパーゲームボーイ」,そして実機の液晶画面を再現した「ゲームボーイ」という三つのカラーモードが用意されている。 それぞれで画面サイズを切り替えられるため,FF外伝に関しては合計6種の画面設定が存在するという充実ぶりだ(ちなみに「ゲームボーイ」モードでは壁紙も画面に合わせた色合いになる)。 FF外伝「デフォルト」の画面サイズ小(左)と大(右) FF外伝「スーパーゲームボーイ」の画面サイズ小(左)と大(右) FF外伝「ゲームボーイ」の画面サイズ小(左)と大(右)。 ゲームボーイ実機の液晶画面が再現されている 操作はJoy-Conで行うのだが,単体でもグリップに取り付けた状態でもプレイ可能。 もちろん聖剣2では最大3人,聖剣3では2人でのオフラインマルチプレイに対応している。 筆者も当時は友達の家にスーパーファミコン一式を持ち込んで遊んでいたものだが,Nintendo Switchならもっと手軽にマルチプレイが楽しめるわけで,時代の流れをしみじみと感じてしまった。 聖剣2,聖剣3ではオフラインマルチプレイが可能。 Joy-Conを本体から取り外し,オプションメニューからコントローラーを設定(左)すれば,仲間と一緒に冒険できる(右) 本作を遊んでみて強く感じられたのが,携帯モードとの相性の良さだ。 ベッドに寝っ転がってマイペースで遊び,クイックセーブ機能で気軽に中断する。 ゴロゴロしつつプレイする聖剣伝説がこんなに楽しいものだとは思ってもみなかった。 これは実に嬉しい誤算だ。 それというのも,聖剣伝説シリーズは「町の外に出れば即座にバトルが展開する」という,当時らしい作りになっているから。 これがゴロゴロプレイ&クイックセーブと実に相性がいいのだ。 聖剣伝説に限らず,「ドラゴンクエスト」や「フロントミッション」など,ファミコン&スーパーファミコン時代のソフトは,みんなクイックセーブを付けてNintendo Switchに移植してしまえばいいのではないか……と思えるほどの快適さだった。 ここで負けても救済措置はないというシビアさが昔のゲームらしい。 なんとか隙をついて脱出し,謎めいたヒロインを助け出す。 木を切り倒す「バトルアックス」,草を刈る「くさりがま」といった装備を手に入れることで,攻撃のバリエーションが増え,行動半径も広がっていく。 実に骨太な面白さだ。 NPCとの共闘や,攻撃しないことで溜まっていく武器のパワーゲージなど,聖剣伝説シリーズを象徴する要素はFF外伝ですでに盛り込まれている辺りも興味深い。 なお,「ファイナルファンタジー外伝」というサブタイトルの通り,一部のグラフィックスとアイテム,魔法といった要素がFFシリーズと共通しているので,本作に初めて触れるファイナルファンタジーファンはこうした点を比べてみるのも面白いだろう。 一部のグラフィックスや魔法名などは「ファイナルファンタジー」と共通だ 「聖剣伝説2」 シリーズがブレイクしたのが聖剣2だ。 よそ者として虐められていたランディが聖剣を抜いてしまい,村から追放される冒頭部分は正にジュブナイルものの王道であり,あらためて見ても胸が締め付けられる。 しかし今回プレイしてみたところ,村人の不安を抑えるためにランディを犠牲にしなければならない村長の苦しい胸の内も,少しは理解できてしまい,時間の流れというものに思いを馳せざるを得なかった。 運命に導かれてランディ達3人が出会い,仲間となっていく過程は今見てもワクワクしてしまう。 さまざまな武器や魔法を使い込んでレベルを上げていくのも楽しく,やはりバトル系アクションRPGの傑作と呼んで差し支えないだろう。 初めて遊ぶ人は,仲間ができたらメニューリングの「ACT」から行動を指定するのをお忘れなく。 最初は右下の状態で積極的に戦闘に参加させないようにしつつ,レベルが上がったら色々なセッティングを試してみよう。 シリーズを代表するリングコマンドは聖剣2から登場 「聖剣伝説3」 ドット絵表現は聖剣3でさらに進化。 淡い色合いがまるで絵本のようなテイストを醸し出している。 小さなキャラクターがいろいろな芝居をするのも楽しく,いま見ても目を見張るものがある。 インディーズゲームを中心に,ドット絵という表現手法が注目されている時代だからこそ,あらためて聖剣3を見直してみるとそこから得られるものがありそうだ。 6人の主人公達から3人を選ぶシステムが特徴で,旅の中で彼らのエピソードが絡み合っていく様は群像劇の趣がある。 バトルにおいては「クラスチェンジ」がポイントだろう。 「光」と「闇」いずれかのクラスを選ぶことができ,それぞれに特性が異なっている。 昔のプレイ時に使わなかったクラスを選んでみるのもいいし,クイックセーブを使ってある程度使用感を確かめてみるのもいいだろう。 なお,それぞれの作品を起動する際にはちょっとした オリジナル演出が入っている。 FF外伝だとロゴがモノクロになり,聖剣2だとパッケージアートで印象的だったフラミンゴが飛んでいき,聖剣3はオープニング画面のように画面下から雲がわき出すといった具合で,それぞれツボを押さえたものになっているのが嬉しい。 各作品の起動時にはちょっとしたオリジナル演出がみられる。 FF外伝はロゴがモノクロに(上)。 聖剣2はフラミンゴが飛んでいく(中)。 聖剣3はオープニング画面のように雲がわき出す(下) プレイ感も快適で,追加された機能も使いやすいなど,移植という面では満足できるものの,アナログスティックを使って遊ぶ場合,最初のうちはリングコマンドが回転しすぎてしまうことがあった。 プレイを進めるうちに自然と慣れたのだが,アナログスティックの感度を調整するオプションがあれば良かったとと感じられた。 ともあれ,素材の味を活かした移植と,Nintendo Switchの携帯モードとの相性の良さで,かつて原典をプレイした人でも,初めて遊ぶ人でも楽しめるのは間違いない。 とくに原典に触れたことのある人ならば,友達の家にNintendo Switchを持ち込んでJoy-Conを「おすそわけ」してマルチプレイすれば,きっとさまざまな感慨が浮かんでくることだろう。

次の

『聖剣伝説2 SECRET of MANA』がNintendo Switchで発売されない理由

精 剣 伝説 switch

聖剣伝説3のリメイク版を、PS4版とNintendo Switch版のどちらを買おうか迷っています。 公式ツイッターで、トライアルズ オブ マナ コレクターズ エディションの在庫が残りわずかとあり、今のうちに予約するつもりです。 PS4もスイッチも両方本体を持っています。 商品の価格や機能はどちらも同じようです。 おそらく映像を取るならPS4で、持ち歩きならスイッチなので、今のところ持ち歩く予定がないためPS4が無難かと思っています。 ただ、PS4版で規制による仕様変更があるという情報がありました。 リースのひらひら具合が違う程度ならかまいませんが、戦闘シーンに変化があると嫌だなと思います。 (ただの調整なだけの可能性あり) もし規制があるのなら、開発そのままで規制されていない状態がいいと思います。 規制が本当にあるのか、また、買う方をもう決めた方の、決めたポイントなどがありましたら、よろしくお願い致します。 ・規制が本当にあるのか、 現時点では不明。 ハード別の規制云々の話ならソニーも任天堂もどちらもやらかしている実績がある。 また、規制の都合があるとしたらハートメーカーよりソフトメーカーの海外向けの規制の可能性が高い。 海外販売するにあたって日本では問題視されないようなスケベ衣装も海外だとフェミニズムでガチギレする手合が多いから。 逆に海外だとスケベはアウトでもゴア表現やアダルト表現に関しては激ヌルなので海外向けではフェミニズムに向けた規制はよくある。 今回の話題が本当にハード別の規制の差なのか、単に使っている開発ビルドのバージョン差なのか、規制するにしても国内外で違うのか、実態は今後の公式アナウンスがなければ発売後に情報収集するしかない。 ・戦闘シーンに変化があると嫌だなと思います どう考えてもスケベ要素のフェミニズム向け規制になるだけだろうから、ゲーム性やストーリーに干渉が入るレベルのものではない。

次の

『聖剣伝説2 SECRET of MANA』がNintendo Switchで発売されない理由

精 剣 伝説 switch

1995年にスーパーファミコンで発売されたアクションRPG『聖剣伝説3』が、25年の時を経て現行機種でフルリメイク。 6人のキャラクターの中から主人公1人と仲間2人を選び、その組み合わせによって物語が展開する「トライアングルストーリー」、また育成面においても「光」と「闇」に分岐していく、何度も楽しめる作りとなっているのが特徴。 『聖剣伝説3』はこれまでリマスターもされておらず、リメイクされるのは今回が初めて。 リメイク版はオリジナル版からどのような進化・変化を遂げた内容となっているのでしょうか。 コンテンツ• トレーラー 進化形としてのリメイク スーパーファミコン版『聖剣伝説3』は日本国内でのみ発売され、海外では発売されていませんでした(海外版『聖剣伝説コレクション』でようやくデビュー)。 元作品が海外で出ていなかったということもあり、『3』をオリジナル版を尊重した『聖剣伝説2』と同じ方向性でリメイクしても海外ファンには伝わらない。 加えて、日本のファンからはリメイクするにあたっての期待も大きい。 オリジナル版を遊んだユーザーでも新しい体験ができ、初めて遊ぶユーザーは現代風のゲームとして楽しんでもらえるよう制作されています。 各機種版の仕様比較 各バージョンの特徴は次の通りです(リメイク版は判明分)。 原作は2Dドット絵でしたが、リメイク版はフル3D。 現在『聖剣伝説』シリーズのイラストを手がけているHACCANさんのイラストが、画面内でそのまま動くよう表現されています。 またリメイク版では30人以上のキャラクターにボイスがついたり、アレンジ楽曲が収録。 3Dに変わったことで、イベント演出も変化しているといいます。 バトルシーンはアクションRPGとしてアクション性が高められています。 通常攻撃は「弱攻撃」「強攻撃」の2種類になり、組み合わせてコンボを出すことも可能。 また「ジャンプ攻撃」も導入されました。 キャラクターが成長するにつれ、使えるアクションも増えていきます。 見た目チェンジ、クラスリセット 『聖剣伝説3』のキャラクターはレベルアップとは別にクラスチェンジを行い能力を強化することができます。 クラスチェンジをすると新たな技・魔法などスキルを習得することができ、またクラスチェンジによってキャラクターの見た目(衣装)も大きく変化します。 この時の衣装が好きなんだけどなというときに、リメイク版では現状のクラスの能力を保ちながら見た目だけ以前のクラスに変更することができる「見た目チェンジ」という機能が搭載。 お気に入りの衣装のまま冒険することができます。 また、「クラスリセット」という機能も搭載されています。 「女神の天秤」というアイテムを使うことでクラス1の状態に戻すことが可能に。 別のクラスへ育成していくことができるようになりました。 アビリティ 『聖剣伝説』に『ファイナルファンタジー』シリーズなどでおなじみアビリティシステムが搭載。 様々な効果のあるアビリティ(能力)を装備して、冒険を有利にすすめることができます。 その数は300種以上。 新エピソード&クラス4 リメイク版では新たなエピソードが追加。 「クラス4」の存在を知った主人公たちは、クラスチェンジするためにそれぞれの縁の地へ向かうことになります。 オリジナル版ではクラス3までクラスチェンジを行うことが可能でしたが、リメイク版では新たに「クラス4」が追加。 光と闇にそれぞれ1つずつ用意されており、見た目の変化だけでなくクラス4固有の武器・特殊攻撃が登場します。 新エピソードを完了したセーブデータがあると、「強くてニューゲーム」を選択可能に。 一分のデータを引き継いで最初からプレイすることが可能となります。 主人公や、仲間に選んで新エピソードまでをクリアしたキャラクターは、次回以降のプレイ時にクリア時のレベルが引き継がれます。 多くのキャラクターのストーリーを体験するときに便利。 原作をNintendo Switchで遊ぶ 2017年に『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』のシリーズ3作品を1つにまとめた『聖剣伝説コレクション』がNintendo Switchで発売され、原点を遊べるようになりました。 中でも『聖剣伝説3』はシリーズ前2タイトルとは異なり、バーチャルコンソール展開などがなかったため、ようやく再訪機会が訪れました。 クイックセーブ機能が追加されているものの、その他の部分は基本的にオリジナル版そのまま。 バーチャルコンソール的な、いわゆるベタ移植。 懐かしく、そして当時のスクウェアのドット絵技術の高さを感じられる表現豊かなグラフィック、音源で楽しむことができます。

次の