凱旋 ブラック ホール 3 回。 ミリオンゴッド凱旋で3回目のGOD揃い!赤7揃いもね! 【パチスロ】

【解析情報完全版!】ミリオンゴッド

凱旋 ブラック ホール 3 回

撤去くらう前にこのモヤモヤを解消したくてみなさんに聞いてみたいと思います。 ブラックホール演出中にハズレたとき通常画面に戻りますよね!? その戻った画面 ベットボタンもなにも触らない状態 で画面上の数字がブルブル震えたままの演出を見たことある人いますか? 凱旋打ちはじめてまだ浅い時期にそれを出して、その時はただの確定演出かなと思って気にしなかったんですが もちろんそのあと数ゲームであたりました それから今まで相当凱旋打ちました。 が、それ以降そんな演出1度もこないし、ネットで探しても見つかりません。 今となってはあれはなんだったのか本当に謎です!絶対見間違えなんかじゃありませんでした!! どなたか知ってる方いたら教えてください• さらば冥王。 ブラックホールのその演出は見たことないですが、添付の赤7は多分上段赤7ではないでしょうか?デカミリの下半分が揃ってますよね? めったに見ない形なので確証はないですが。。 恐らく演出的には次ゲームもブラックホールだけど、何らかのバグで背景のブラックホールだけが消えてしまったのではないかと思います。 検索しても出てこないので、私も見間違いかなと思ってました。 それでハズレるのはもっとレア。 恐らくVモード示唆か高確示唆なんだと思います。 そして強いブルブルも示唆ではないかと思います。 例えばゼウスモードの画面登場の時は数字も台自体も強く揺れます。 数ゲームで当たると言う事は、ブルブルが当たり示唆か超天国突入の示唆かも知れませんね。

次の

パチンコ機種回顧録 ギャラクシー&CRブラックホール3(奥村)

凱旋 ブラック ホール 3 回

(写真クリックで拡大) 「今回、最初に話題にしたような銀河の中心の超巨大ブラックホール、太陽質量の数百万倍から数億倍とかっていうものについて言えば、多分、銀河の数だけあるっていうことになるんで、銀河って何個あるんだっけ(笑)。 バルジにブラックホールがない銀河というのも見つかってはいるんですが、基本的にはブラックホールがある、と。 で、さらに小さな恒星質量ブラックホールまで含めたら、幾つになるのかもう分からないですね……」 河野さんに後で確認してもらったところ、教科書的には宇宙に銀河は約千億あることになっているそうなので、銀河中心の超巨大ブラックホールだけでも、それくらいはあることになるのだろう。 そして、恒星質量、中間質量のものを含めると、もう試算すらできない、というというわけだ。 なお、出てきた、ブラックホールが活動しているという表現に違和感を抱いた人がいるかもしれない。 「ブラックホールと銀河の共進化」ともかかわるテーマのようなので、説明していただいた。 「ブラックホール周りに物やガスが供給されると、それがブラックホールの周りをグルグル回って落ちていきつつ降着円盤というのを作るのですが、その中で互いに摩擦したりすることで加熱されて光ります。 そこに加わる物質の量が多ければ、たくさん光ることになるので(中にはそうならない、ヘンな奴もありますが)、それを指してブラックホールの活動と言っているわけです。 活発に活動しているものは活動銀河核といいます。 我々の銀河の中心にあるブラックホールはあまり活発ではないですね」 通常の恒星なら、星の内部で起きている核融合などを「活動」の本質的な部分と捉えることになると思うのだが、ブラックホールに関しては、その外側での活動が問題になるというのが面白い。

次の

【攻略メモ】宇宙編第3章 ブラックホール【にゃんこ大戦争】

凱旋 ブラック ホール 3 回

(写真クリックで拡大) 「今回、最初に話題にしたような銀河の中心の超巨大ブラックホール、太陽質量の数百万倍から数億倍とかっていうものについて言えば、多分、銀河の数だけあるっていうことになるんで、銀河って何個あるんだっけ(笑)。 バルジにブラックホールがない銀河というのも見つかってはいるんですが、基本的にはブラックホールがある、と。 で、さらに小さな恒星質量ブラックホールまで含めたら、幾つになるのかもう分からないですね……」 河野さんに後で確認してもらったところ、教科書的には宇宙に銀河は約千億あることになっているそうなので、銀河中心の超巨大ブラックホールだけでも、それくらいはあることになるのだろう。 そして、恒星質量、中間質量のものを含めると、もう試算すらできない、というというわけだ。 なお、出てきた、ブラックホールが活動しているという表現に違和感を抱いた人がいるかもしれない。 「ブラックホールと銀河の共進化」ともかかわるテーマのようなので、説明していただいた。 「ブラックホール周りに物やガスが供給されると、それがブラックホールの周りをグルグル回って落ちていきつつ降着円盤というのを作るのですが、その中で互いに摩擦したりすることで加熱されて光ります。 そこに加わる物質の量が多ければ、たくさん光ることになるので(中にはそうならない、ヘンな奴もありますが)、それを指してブラックホールの活動と言っているわけです。 活発に活動しているものは活動銀河核といいます。 我々の銀河の中心にあるブラックホールはあまり活発ではないですね」 通常の恒星なら、星の内部で起きている核融合などを「活動」の本質的な部分と捉えることになると思うのだが、ブラックホールに関しては、その外側での活動が問題になるというのが面白い。

次の