ファルコン ラン。 【adidas公式通販】アディダスランファルコン / adidasRunfalcon [DBH80]|ランニング スポーツシューズ|アディダス オンラインショップ

【adidas公式通販】アディダスランファルコン / adidasRunfalcon [DBH80]|ランニング スポーツシューズ|アディダス オンラインショップ

ファルコン ラン

ジョギングが楽しい習慣になる、魅力的なランニングシューズ【ファルコンラン W 】。 丈夫で通気性のあるメッシュと合成皮革のアッパーをあしらい、中足部にホールド感を高めるケージを備えている。 軽いクッショニングが、快適な走りをもたらす。 サイズ:24. 5cm• アッパー素材:合成皮革・合成繊維• アウトソール素材:ゴム底• 重量:232g(24cm片足重量)• ミッドソールドロップ:9. 5mm(ヒール:27. 9mm• 推奨される用途:マルチスポーツトレーニング• アーチタイプ:ノーマル ジャンルから探す• お店から探す•

次の

ファルコン・ランチとは (ファルコンランチとは) [単語記事]

ファルコン ラン

メンズ・男性・紳士 デイリーランにお奨めの、サポート力のある一足。 タイムの測定が楽しくなる、軽量ランニングシューズ。 快適なフットワークを生み出すソフトなクッショニングを備えたこの一足は、ストリートランやトレッドミルで活躍。 軽い異素材ミックスのアッパーをあしらい、ホールド感を高めるミッドフットケージを備えている。 参考サイズ:27. また甲の広い方は0.5cmアップをオススメします。 サイズの不安が御座いましたら、普段使用されてるシューズ名、サイズ、状況等を記し、弊店までお気軽にメール下さい。 商品によって発送までの日数が異なりますので、お急ぎの方はメールにてお問い合わせください。 全国一律500円 同時に何個おまとめして頂いても送料一律) ゆうパケットは全国一律295円 クレジットカード決済のみ対応可能 送料無料商品を1つお買い上げの場合は何点購入(同梱分は)されても送料無料となります。 全店舗営業日時は、平日10:30から18:30となっております。 お電話でのお問い合わせについては平日の営業時間内にお願いします。 また土日祝祭日は休日の為、メール対応、出荷、お問い合わせ等の業務全てが停止しております。 ・ 消費税は価格に含ませて頂いております。 ・ 閲覧環境等により画像の色目が若干異なる場合もございますので、その旨をご理解のされた上でのご購入をお願い致します。 ) また、取寄せとなる商品の場合はお時間を頂く場合がございます。 ・ お届けした商品が破損、汚損していた場合は送料を当方が負担して交換させていただきます。 サイズ交換等のお客様ご都合による交換は到着一週間以内で未使用品のみのご対応となり、在庫がある場合に限らせて頂き、往復の送料代お客様負担でご対応させて頂いております。 在庫の確保や手順などをご説明させていただきます。 ・ 種類の大小や希望対応等の関係により基本的にはプレゼント包装はお受付しておりませんが、商品により簡易包装でしたら対応させて頂きますので、ご希望の方はご注文の際にご要望欄よりお申し付けください。 1 ご注文ごとに、商品をひとまとめにして包装致します。 個別包装での対応はできませんのでご了承くださいませ。 2 一部商品についてはサイズの関係でラッピング対象外となります。 3 ゆうパケットはプレゼント包装は出来ませんので御了承ください。 ・ 増税前に仕入れた一部商品のタグ記載価格が旧税率の税込表記されている商品がございます。 予めご了承下さい。

次の

【楽天市場】送料無料 ランニングシューズ アディダス adidas FALCONRUN M メンズ ファルコンラン 初心者 マラソン ジョギング ランニング シューズ ランシュー 靴 スニーカー 2020春新色 27%OFF F36199 F36200 F36202 G28970 G28971 EG8603 EG8605 EG8609 EG8611:エレファントSPORTS

ファルコン ラン

Millennium Falcon 別名または別表記 別名• 製造に関する情報 製造元 型式 改良型ハイブリット 級種 軽貨物船 改造者• 技術設計に関する情報 全長 34. 75 m 全幅 25. 61 m 全高 8. クラス0. クラス10(予備) ハイパードライブ 製(大幅に改造) 動力機関• CEC社製非常用パワー・ジェネレーター• シールド• 製前方• 製(右舷および左舷プロジェクター)• 製後方偏向シールド発生装置• ナビゲーション偏向シールド・システム 装甲 ・プレート センサー• ファブリテク社製• 航法システム 製 航行装備 製 主コンピュータ 製、以下3体のドロイド・ブレーンで再構築:• 防御装備• 製パッケージ• カーバンティ社製 武装• 改良型製 2基(背面 1基、腹面 1基)• 隠蔽型製 1基(射程距離50メートル)• 製発射管 2門(各6発装填)• 高出力発生装置• 脱出ポッド 5機以上 操縦要員• 副操縦士 1名• 2名 最小乗員 2名 乗客定員 6名 積載重量 100 t 貨物処理システム• 貨物用トラクター・ビーム• 係留クリップ• 荷積み用アーム• 航続期間 2ヶ月間 生命維持システム• 製 通信装備• 製高感度• 帝国製 その他の装備• および• 使用に関する情報 役割• 貨物船• 密輸船 年代• 最初の使用 60 BBY 参加した戦い• 主な所有者• 主な乗員• 主な船長• 船籍 上空を飛ぶ<ミレニアム・ファルコン> <ミレニアム・ファルコン>の外見はほぼ標準的な製であるが、その内部は大幅に改造されており、の標準貨物船としては前代未聞の性能を有している。 光速を0. 5超えるその速度はの最新型を除けばで最速であり、その高いパワー能率はコンピューターと推進システムに施された違法かつ大胆な改造のなせる技である。 <ファルコン>に搭載されている無許可の構成パーツの多くは、が密輸仲間から様々なルートを通じて入手したものであり、彼とによって整備されていた。 こうした改造は<ファルコン>に他の船には無い「個性」を与えており、壊れていてもソロが隔壁を叩くことによって調子を取り戻すということも珍しくなかった。 <ミレニアム・ファルコン>の動力、推進システム、コンピューター・システムの整備と調整には定期的なメンテナンスが必要であり、その作業には航行時間のおよそ2倍の時間が必要となるが、ソロはそれだけの手間を掛ける価値があると考えていた。 実際に彼は<ファルコン>のずば抜けた速度と性能に何度も命を救われているのだ。 標準型YT-1300の速度は光速を0. 1上回るだけだが、<ファルコン>は強化型をエンジンの中枢に搭載することによって速度を増加させた。 また、エンジンが極度に過熱しているときでも、4本の棒型燃料タンクを追加することによって長い航続距離を保つことができ、燃料補給も月に一度で済むようになっていた。 だが、高速度と引き換えに、<ファルコン>には標準型YT-1300より高性能な航法コンピューターが要求される。 高速なはに突入する際により複雑な軌道計算が必要とされるのだ。 ソロはここに別の宇宙船のコンピューターと・ロジック・システムという特異で危険な組み合わせを導入し、極めて有用な航法コンピューター・システムを作り上げたのだった。 <ファルコン>の以前の所有者であるはYT-1300の標準装備である前部のツイン・を取り外し、背面と腹面にを取り付けた。 後にソロはレーザーのエネルギー増幅クリスタルを大型のものに換装して火力を増加させ、追跡するなどの小型船を一撃で破壊できるようにした。 これらの兵器は長時間の連続稼動にも耐えられるように設計されており、銃座からでもコクピットからでも発射することが可能である(ただし、専用の銃座を使用したほうが命中精度は高い)。 また、前部の右舷区画には船体が地上にあるときにのみ使用できる小型が隠されており、コクピットの照準パネルから操作することができる。 さらに前部の二股の突出部中央には発射管が搭載されており、これも同じパネルから極めて高い命中精度で発射することができる。 これらのミサイルは軽装甲や低出力の程度ならば簡単に貫通してしまい、一般的なと同程度の威力を持っている。 事実、<ファルコン>はたった2発のミサイルでの主反応炉を破壊しているのだ。 <ファルコン>のシールドには、これもまたソロが強化した偏向シールド・システムが2基搭載されており、帝国軍で標準的に使われているものに匹敵する強度を誇っていた。 このシールドは角度をつけることによって敵の攻撃から効率よく船体を保護することができ、集中攻撃を受けているときでも全エネルギーを効率よく使ってかなりの確率で無事に退却することができる。 さらに、船体前部には航行用偏向シールド発生装置が搭載されており、航路上にある微細な障害物から船体を守ることができた。 <ファルコン>の船体前部の2本の突出部には、設計当時の収容能力をはるかに超える航行装備品が詰め込まれていた。 そのため、この区画にはパワー・ケーブルやコンピューター連結装置が複雑に絡み合っており、整備を困難なものにしていた。 標準型YT-1300が与圧されない収納スペースとして用意している空間にも、航行センサーや発生装置、多くの通信装置、長距離用攪乱装置、重力補正装置などが詰め込まれていた。 これらのシステムの一部には4本のチューブ型ポートによってアクセスできるが、多くは隔壁を取り外さなければ触ることができない。 また、突出部の先端には低空飛行時に使用する投光照明装置が搭載されている。 <ファルコン>の最も顕著な外見的特長は、左舷上部に取り付けられた、このサイズの船にしては巨大なレーダー受信盤であり、これは遠距離からでも敵の存在を感知できるようにソロが取り付けたものである。 そのため<ファルコン>は接近してくる敵機より数分先に相手の存在を探知することができ、場合によっては逃げることも可能である。 実際、ソロは勝てる見込みがあれば真っ向から戦うが、本心ではできる限り厄介ごとを避けたいと考えていたのだ。 歴史 中の<ミレニアム・ファルコン> の60年前、にあるのでとして製造された<ミレニアム・ファルコン>は、数年間在庫品として存在していた。 このときの所有権に関する文書は一切発見されていないが、が権力を得る前に一部のが密かにこの船を所有し、使用していたという噂が絶えず囁かれている。 末期のの直後には、この船はでのドッキング・ベイ付近を飛んでおり、、、パルパティーンを乗せたシャトルの下に入港していた。 その後、<ファルコン>はとの衝突によってフレーム全体に深刻なダメージを受け、船の残骸は近郊の軌道ジャンクヤードを漂流することになる。 <ファルコン>はしばらくの間その場で漂い続けたが、やがて商魂のある技術者によって購入された。 この技術者の所有物となった<ミレニアム・ファルコン>はコアから外殻にいたるまで改装され、さまざまなシステムが新しいハードウェアに置き換えられたのだった。 この作業には多大な時間と技術が費やされたが、技術者は自分の仕事を愛しており、自身の技能を試す意味も込めてこの作業をやり遂げたのである。 この間、いくつかの区画が、かつて外交船として使用され、その後廃船となった旧型ののモジュール式の部品で置き換えられた。 <ファルコン>の名前が与えられたのもこのときである。 しかし、それ以前にこの船がなんと呼ばれていたかは分かっていない。 その後の数年間、<ファルコン>は新しい所有者のもとで簡単な輸送の仕事に使われていたが、機会を伺っていた海賊によって盗まれてしまう。 この出来事の後、<ファルコン>は数回のいかがわしい取引で売買され、さらにはギャンブルの掛け金代わりにも使われ、ついに若きの手に渡ったのだった。 その間、この船はいずれかの所有者によって密輸の仕事をしやすくするために識別プレートを外されおり、さらにそれぞれの所有者によって「特別な改造」を施されていった。 ランドが手に入れたときには、既に同サイズのほとんどの船を上回る速さで飛ぶことができるようになっていたのである。 密輸の日々 が<ファルコン>を失った運命の・ゲーム ランド・カルリジアンはヤヴィンの戦いの5年ほど前にで行われたのゲームで、負債を払いきれなかったギャンブラーから<ファルコン>を手に入れた。 そして、彼は新しい友人から基本的な操縦法を学んだ後、の相棒と組んでフリーランスの運び屋となったのだった。 カルリジアンはこの船を使ってのやの星洞などで密輸を行った。 この間も、彼は自分の身をより厳重に守るため、愛機の改造を続けたが、のと衝突した際に、<ファルコン>は昇降ランプの近くに大きな亀裂を受けている。 の最終ラウンドで、カルリジアンは自分の所有する船の中から勝者がほしい1隻を自由に選べる権利を賭けると約束した(このとき彼は多くの中古宇宙船を所有していたのだ)。 ソロと他の挑戦者たちはカルリジアンがこのトーナメントに乗ってきた高級クルーザーと、その影においてある<ファルコン>の存在を知っており、この条件を受け入れた。 そしてゲームに勝利したソロは、不運な対戦相手が巧妙に隠していた<ファルコン>を要求したのである。 カルリジアンから<ミレニアム・ファルコン>を勝ち取ったソロは、歴代オーナーたちの改造に更なる改造を加えていった。 彼の行った改良は、装甲プレート、武器、エンジン、センサー、そしてセンサー妨害装置の強化である。 特に、ソロが設置した妨害装置は非常に強力であり、当初はテストを行っていたが、帝国軍のコルヴェットが接近した際に<ファルコン>内部の情報リレーまで混乱させてしまったほどだった。 ソロにとっては不運なことに、このシステムは強力すぎたため自分自身を妨害してしまい、シャットダウンさせてしまったのである。 そのため、ソロは警報なしでの逃走を強いられたのだった。 <ミレニアム・ファルコン>でのソロの最初の使命は、の副操縦士への報酬となるへの旅だった。 <ファルコン>はこのを拠点とし、帝国の宙域からへ、やなどの犯罪王たちの密輸品を運んでいた。 こうした非合法な活動の結果、彼らはと頻繁に小競り合いを演じることになる。 そのなかで、ソロは共同体の秘密の囚人施設、を破壊し、共同体の力を持った一握りの役人たちが奴隷売買の組織に関わっていることを暴露した。 さらに、彼はの財宝をめぐる不吉な探求にも乗り出したのだった。 やがて企業セクターから戻った<ファルコン>は、の密輸(主に)の仕事を続けていた。 そしての数ヶ月前、ソロはの乗り込み調査を受けた際に、ジャバのの積荷を投棄することを余儀なくされたのである。 そのころ、ソロとチューバッカはのに雇われ、スパイス商を装ってをのから連れ出すという仕事を請け負った。 そして、ケッセルからザーンを奪回した<ファルコン>の乗員たちは、ジャバに積荷の負債を返済する努力を続けたのだった。 運命の旅 へ発つ直前の、のにおける<ファルコン> 数ヵ月後、取るに足らない密輸業の道具に過ぎなかった<ミレニアム・ファルコン>の運命は、のでとから行きのチャーターとして雇われた際に大きく変わることになる。 このときはオビ=ワンに対し、<ファルコン>は光速を0. 5超える性能を持ち、を12パーセクもかからずに飛んだと豪語したのだった。 オルデランへの旅は単なる旅客輸送とは違うものだった。 モス・アイズリーを飛び立つとき、<ファルコン>は積荷を回収しようとするの駐留部隊から銃撃を受けたのだ。 さらにタトゥイーン上空には2隻のまで待機しており、彼らは辛うじてへ逃れることができたのだった。 <ファルコン>はの中でハイパースペースを離脱した。 そして何も無い空間に取り残されていた単独のを追跡した後、<ファルコン>はのの1つに掴まれ、巨大宇宙ステーションのハンガー・ベイへと吸い込まれてしまう。 だが、乗員たちは素早く密輸品用の秘密の船倉に隠れたため、を離陸直後に脱出したように見せかけることができた。 船はの捜索を受けたが、無人であると報告されたのである。 この秘密の船倉はほとんどのタイプのスキャナーから中身を隠すことができたのだ。 <ミレニアム・ファルコン>を追跡する 数時間後、<ミレニアム・ファルコン>はを乗せて、再びから逃走することになる。 そして帝国軍戦闘機との追撃戦を逃れてハイパースペースに突入した後、<ファルコン>はにあるの秘密基地に到着した。 だが、船がデス・スター内に停泊していた際に、帝国軍はレイアを追うため<ファルコン>にを取り付けていたのだった。 反乱軍はデス・スターへの先制攻撃のため戦闘機部隊を緊急発進させるが、ハンは受け取った報酬金を<ファルコン>に積み込み、を離れてしまう。 しかし、彼は(チューバッカの強い説得によって)考えを改めた。 <ファルコン>はがまさに死に瀕していたときに姿を現し、デス・スターの破壊と反乱同盟軍の延命に貢献したのである。 ヤヴィンの後 借金返済のためへ戻る旅の途中、<ファルコン>は率いる海賊軍に乗り込まれた。 ハンはジャバに返済するを盗まれてしまい、彼にとってに参加することが最善の選択肢となったのだった。 こうして<ファルコン>は、反乱軍船団を構成する雑多な船の中で最も高速なとなったのである。 ホスからの脱出 で修理中の<ファルコン> から3年後、によるへの攻撃が開始されたとき、<ファルコン>はのメイン・ハンガーで修理を受けていた。 同盟軍が基地からの緊急脱出を開始すると、ハンとチューバッカも脱出に向け愛機の修理を急ぐのだった。 また、レイア姫も洞窟内のトンネルからへの搭乗を見送り、ハン、チューイー、と共に<ファルコン>でのホスからの脱出を強いられた。 ソロはこの船の驚異的な機動性と操縦技術でを封鎖していた3隻のを回避することができた。 <ファルコン>の回避航行によって3隻のスター・デストロイヤーが衝突しそうになったのだ。 そして、<ファルコン>はにジャンプしようとしたが、故障のためできなかった。 ハンは捕虜になることを避ける苦肉の策として近くのに突入することを決め、帝国軍による追跡を逃れたのである。 のにおける<ファルコン> との危険な遭遇から逃れた<ファルコン>はのへ向かい、ハンはそこで執政官の地位に就いていた旧友、と再会した。 しかし、帝国軍が先に到着しており、<ファルコン>の乗員たちは捕らえられ、尋問され、拘留されてしまう。 その後、ハンはで凍結され、に渡されたのだった。 残されたメンバーたちはランドと合流し、<ファルコン>で脱出する。 そしてクラウド・シティ下腹部の気象観測アンテナにぶら下がっていたを救出した後、<ファルコン>はベスピンを離れ、光速ジャンプを試みた。 修理されたはの部下によって切断されていたが、によって破損箇所が接続され、<ファルコン>は間一髪のところで帝国軍の手から逃れることができたのだ。 ハンの救出 その後の数ヶ月間、<ファルコン>はソロ救出のためにフェットを追跡するレイアとランドの本拠地として使われた。 <ファルコン>は宇宙港衛星の危険な渓谷を駆け抜け、さらにはでもっと有名な反乱軍の船であるにも関わらず、への潜入まで果たしたのだった。 そこでは・ので繰り広げられたに参加し、その後、反乱軍の秘密基地へと帰還した。 そして最終的にの手中からハンを救出した後、<ファルコン>は反乱軍艦隊と合流し、攻撃の準備を開始したのである。 エンドアの戦い で宇宙戦闘機部隊を率いる<ファルコン> では、ランドとの副操縦士がゴールド・リーダーとして<ファルコン>を飛ばした。 そして、を防御する惑星が破壊されると、<ファルコン>はの数機のを引き連れてバトル・ステーションの内部へと侵入し、導管の絡み合う通路を経てリアクター・コアを目指した。 だが、コアへ続く導管トンネルは比較的大きな<ファルコン>には狭く、遮断壁と接触した際にセンサー・ディッシュが失われてしまう。 それでもランドはメイン・リアクターのあるエネルギー・コアに到達し、を一斉発射すると、脱出ポートへと向かった。 デス・スターは大爆発を起こしたが、<ファルコン>は辛うじて脱出することができた。 その直後に帝国艦隊も撤退し、はの死を祝ったのである。 この戦いの前に、ランドはハンに<ファルコン>を無傷で返すと約束していた。 第2デス・スター内でセンサー・ディッシュが失われたため、この約束は果たせなかったが、ハンがランドに償いを要求することは決してなかった。 新共和国 後、<ミレニアム・ファルコン>は戦闘可能な状態にある数少ない船の1隻だったため、の侵略を阻止するべくに駆り出されることになった。 その直後には、上空でのにおいて皮肉にもの軍と対峙したが、このとき<ファルコン>は大きな損傷を負ってしまった。 エンドアの戦い後の数年で、この船は、、などに参加しており、やがて、、のためのの外交船となったのである。 密輸時代から時代を通じて何度も修理を繰り返してきた<ファルコン>は、数多くの問題点を抱えていた。 システムも辛うじて連携している状態であり、相性の悪いパーツも多数組み合わせてあったため、無数の機能不全箇所があったのだ。 後の数年で、とはこれらの困難を解決し、の不安解消に努めたのだった。 の8年後、ハンは<ファルコン>でレイア・オーガナを誘拐した。 のゲームでの所有権を獲得した彼は、この惑星を贈ることで彼女の心を勝ち取ろうとしたのである。 のがレイアに求婚していたため、ハンには彼女を遠くに連れ去る必要があったのだ。 だが、<ファルコン>はダソミアに駐留するの帝国軍守備隊に捕らえられてしまう。 しかしその後、ハンは愛機を奪い返し、と彼のを滅ぼしたのだった。 での事件の直後、ハンとレイアは結婚し、の「」に隠されたの情報コードを回収する任務のため、<ファルコン>でへと向かった。 彼らは古いの隠れ家に船を隠し、任務を成功させたのである。 の11年後、ハンとチューイーは<ファルコン>に乗り、の外交任務でへと向かった。 しかし、に着いた途端、彼らはの攻撃を受け、墜落してしまう。 ハンとチューイーは奴隷となって鉱山で働かされ、その間、<ファルコン>は修理を受けて傭兵艦隊に加えられたのだった。 その後、船はによって解放されるが、ハン、、チューイーは、そのことを知る前にであわや<ファルコン>を破壊してしまうところだった。 その直後に、ランドはハンが最初に<ファルコン>を手に入れたときの・ゲームの正当性について抗議し、2人は再び<ファルコン>を賭けてゲームを行った。 最初に勝ったのはランドであり、彼は船のアップグレードとコンピューター・システムの合理化を行った。 だが、勝負はこれだけでは終わらず、2回目のゲームではハンが再び愛機を取り戻した。 そして、両者が最後と決めた勝負が行われ、最終的に<ファルコン>を獲得したのはランドだった。 だが、彼はの前でいい印象を見せるため、<ファルコン>をハンに返したのである。 その3年後、<ファルコン>はへのへ向かった。 このとき、この船は一切の損傷を受けることなく任務を乗り越えている。 ヤヴィンの戦いの16年後、の前に、<ファルコン>はの技術チームによって数ヶ月以上にわたる改修を受けた。 基本フレームがすべて剥がされ、変形した部分は置き換えられ、基礎部分からの再構築が行われたのである。 電子機器は適切にアースされ、パルス・シールドが施された。 機械部分は対衝撃処理がなされ、ケーブル類も束ねられて分類された。 他のパーツにもラベルと説明書きが付けられ、新テクノロジーによってすべての効率が一段と増したのである。 、、、下部の、もすべてアップグレードされ、再調整された。 乗員室と船倉のカーペットも張り替えられ、除菌装置も洗浄され、も製のものに置き換えられた。 さらに、が設置され、無くなったも補充されたのだった。 だが、ハンとチューバッカは不満を示し激怒した。 性能が完璧になり過ぎて、操縦がスムーズになり過ぎたのだ。 ハンは故意にナットとボルトをいくつか取り外し、元の不安定さのある<ファルコン>に戻したのだった。 ユージャン・ヴォング大戦 の勃発時におけるの死後、ハン・ソロは<ファルコン>に艶のない黒い表面塗装を行った。 彼はこれを偽装のためだと説明するが、レイアはこれにハンの副操縦士であり最高の友人でもあったチューイーへの哀悼の意味が込められていることを知っていた。 この間、ハンはでと名乗るを救助し、一時的に彼は<ミレニアム・ファルコン>でチューバッカが死んでから最初の副操縦士となったのだった。 やがて、が新しい副操縦士となり、夫を抱擁することが彼女の役割となった。 ハン・ソロはチューバッカが使っていた大きな副操縦士席をレイアにちょうどいいサイズのものに交換した。 そしてついにすると、2人はコルサントから脱出したのである。 この戦争の間、<ファルコン>は、そしてその後のがのを効果的に倒す方法を編み出す際に大きな役割を果たした。 が、の角度をわずかにコースを横切るように調整することによって、コーラルスキッパーへの少なくとも一回のレーザー砲火でを貫けることを発見したのである。 その後、ハンとレイアはの古いの星図を入手するため、<ファルコン>でからへ向かい、との交渉を行った。 彼らはこの長旅をしばらく2人きりで過ごしたいと考え、のボディガードたちをおいてきたのだった。 しかし、帝国は司令官の同伴を要求し、2人の計画は台無しになってしまう。 そしてこの旅の途中、<ファルコン>はの機雷によってでから引き戻され、コーラルスキッパーからの攻撃を受けることになる。 だが、彼らは辛くもこの攻撃を退け、救助に駆けつけたとその中隊の助けを得たのだった。 およそ3ヶ月後、<ファルコン>はに参加した。 はを使うよう勧めたが、ハンは<ファルコン>をとしてこの戦いでの部隊を指揮したのである。 また、ハン・ソロとレイア・オーガナ・ソロは銀河中の通信チェック・ポイントを再構築する中で、作業拠点として<ファルコン>を使った。 その後、<ミレニアム・ファルコン>はに参加することになる。 第2次銀河内乱 の時代までに、<ファルコン>(このとき製造から100年を迎えていた)はエンジンの修理を必要としていた。 に着陸しようとする際にエンジンの振動で船体の一部が剥がれ落ちはじめたのだ。 もはやハンとレイアの操縦でさえ、墜落を回避するのは難しい状況だった。 レイアはを使って降下速度を落とそうとしたが、うまく制御することができなかった。 が自分の力で遠隔から母を支え、レイアは船を安全な姿勢で抱えることができたが、不時着となってしまう。 による修理に時間がかかったため、それからの数週間、<ファルコン>は使い物にならなかった。 その後、上空での戦いで、<ミレニアム・ファルコン>は指揮を執っていたレイア・ソロと共に戦闘を避けようと試みた。 このときジェイセン・ソロは両親が自分を危険な目に遭わせたテロリストだと信じており、に<ファルコン>(このときのはだった)への攻撃を命じた。 戦艦から長距離の閃光が発射され、<ファルコン>の中央コアとガン・タレットが破壊される。 不幸にも、このときタレットの中には2人の、とがいた。 <ファルコン>は辛うじて戦闘を脱出するが、深刻なダメージを負ってしまうのだった。 <ファルコン>はので修理を受け、新しいタレットと中央コアを取り付けられた。 その後、<ファルコン>は、、、の戦いに参加し、これらを生き延びたのである。 そしての終結後、、、その孫娘は、<ファルコン>の起源を調べるための旅に出発した。 アラーナが船内にあった不思議な物体から、打倒に失敗した古い計画を発見したのである。 内部構成と改造 との2人がそれぞれ所有していた間に、<ファルコン>は無数の改造や再構築を受けた。 ランドはデッキ・プレートの下に秘密の貨物区画を設けたが、とりわけこれは決定的な改造だった。 この区画があったおかげでランドとハンは密輸品を容易に隠すことができ、に捕捉された際にも乗員を隠すことができたのだ。 また、ランドは船のを強化し、船首の下顎部分に1対の小型を設置している。 <ファルコン>は船体の重要な部分の大半がのプレートで覆われており、右舷ドッキング・アームはの船尾から取り外した装甲プレートで強化されていた。 さらにこの船は、、のを組み合わせて装備していたが、これらはハンがの造船所から拝借してきたものである。 これらのシールド発生装置は<ファルコン>に戦艦並みの防御力を与え、通常のが破壊されてしまうようなレーザーの直撃にも耐えることができた。 また、<ファルコン>の大型レクテナ・センサー・ディッシュには一連の高感度センサー・シートが直結されており、逆に戦闘中には強力なが船を守っていた。 <ファルコン>のラウンジ・エリア ハンは操縦時の手間の削減とプライバシーの保護についても考えており、コクピットまたは主船倉のエンジニアリング・ステーションから主要システムの大半にアクセスできるよう<ファルコン>を改造していた。 当初、無数に存在する船の制御機能は製・コンピューターへ通じていたが、3つのを用いて改良を行った結果、<ファルコン>の頭脳は一貫性のない分裂状態に陥ってしまった。 <ファルコン>の内部通路にはありとあらゆる機械部品が散らばっており、汚れた船内はその古めかしい外観とよくマッチしていた。 主船倉はの希望で設置されたのあるラウンジ・エリアになっており、一方でデッキ・プレートの下には貨物の射出機能の付いた秘密の船倉があった。 また、<ファルコン>にはがなく、その代わりにが用意してあった。 これは生きた貨物を運ぶ際や、重症患者を適切な医療施設へ届ける際に使用されていたものである。 <ファルコン>の密輸用隠し倉庫 <ファルコン>は頻繁に全速力で逃げることを要求されが、興味深いことにこの船はおよそ3分という驚異的な早さで始動できた。 また、より大きな火力が必要なとき、は腹部の搭乗ランプ付近に隠された対歩兵用連射式を使うことができた。 継ぎ接ぎだらけの姿だった<ファルコン>は、密輸船時代からで使用されていた時代までを通じて、数多くの問題に直面した。 互換性のないシステムが数多く組み合わされていたため各部の連携が乏しく、結果として無数の機能不全を起こしていたのである。 この点については、もこの船がどこで会話を学んだのか見当も付かないとコメントしている(だだし、これは船の方言であるとも解釈され、コンピューターがスラングや、C-3POの感覚を狂わすほどの野蛮な言葉を使っていたとする可能性もある)。 そしての数年後、ハン・ソロとチューバッカはこの問題の解決を行った。 彼らは船の内部オペレーション・システムを仮想再構築したとされているが、その詳細については分かっていない。 武装 <ファルコン>の 隠れたに加えて、<ファルコン>は背面と腹面に1対の製を装備しており、これらは製から直接エネルギーを得ていた。 これらはもともとランドが下顎部のと換装したものである。 ハンは<ファルコン>の所有権を手に入れると、キャノンに高性能、大型ガス給送管、カスタム・などを加えることで大幅な改良を行った。 これによってキャノンの出力が向上し、一撃でを破壊できるようになったのだ。 また、これらのキャノンは手動で操作されることが多いが、ハンがコクピットから遠隔で操作することもできた。 実際に直後のの際に、彼はコクピットからの操作を行っている。 さらに、<ファルコン>には前方の下顎部分に1対の製発射管も装備されていた。 これは民間船への装備が禁止されていた武器だが、でのリアクター・コアを破壊する際に使用されたのだった。 その後、、、の外交船となった<ファルコン>は、パワー・ジェネレーター、推進システム、武器を軍事仕様のものに改修された。 クワッド・ブラスター・キャノンはライト・に置き換えられている。 しかし、ヤヴィンの戦いの40年後に勃発したで、という間違った応答コードを送信してしまったため、<ファルコン>のターボレーザー砲塔はの放った長距離ターボレーザーの一撃によって破壊されてしまった。 後にこのターボレーザーは新しいものに置き換えられている。 また、がとして復活したとき、<ファルコン>のミサイル発射管は一時的に船首左舷の製に置き換えられていたが、これはのによって破壊されてしまった。 だが、ハンはこの改造を気に入っていなかったため、蘇った皇帝による危機が終わると、即座に改造箇所を元に戻したのだった。 速度の秘密 <ミレニアム・ファルコン>の最も顕著な特徴はである。 <ファルコン>に搭載されたハイパードライブ・システムは、標準仕様のが持つハイパードライブの2倍の大きさがあった。 このシステムによって<ファルコン>はクラス0. 5相当のハイパードライブを持つことになり、これは多くののの2倍の速度だった。 この速度の秘密は熟練した宇宙船技師、の行った改良にあり、その内容は周囲の時空連続体の歪みを制御することによって中で船を流線形にするというものである。 この流線形改造を行っていない船がスピードで<ファルコン>に対抗しようとした場合、宇宙の塵となって吹き飛んでしまうことになる。 <ミレニアム・ファルコン>の速度を支えるもう1つの鍵はである。 <ファルコン>の航法コンピューターはや小惑星帯を避けつつ、2点間を最速で結ぶルートを探すことができるのだ。 偽名 長年にわたって<ファルコン>の所有者たちは素性を隠して活動していたため、船に数多くの偽名を付けていた。 ハン・ソロだけでもヤヴィンの戦いの8年後までに6つ以上の偽名を使っている。 主な偽名は以下のとおりである。 主な乗員 ランド・カルリジアンの時代• (船長)• (副操縦士)• (副操縦士、)• (砲手、エンドアの戦い)• (エンドアの戦い)• (副操縦士) ハン・ソロの時代• (船長)• (副操縦士)• (副操縦士)• (副操縦士)• のボディガードたち(砲手) 登場エピソード• 外部リンク•

次の