婚姻 届 証人。 【婚姻届の書き方】婚姻届にある「証人」、なぜ必要なの?誰にお願いするの?

【婚姻届の書き方】婚姻届にある「証人」、なぜ必要なの?誰にお願いするの?

婚姻 届 証人

婚姻届の捨印とは何なのか? 婚姻届を一度提出して、 間違いがあった為に 役所へ再び行って 間違いを修正するというのは 手間がかかってしまいますよね。 なので、捨印は 「もしも提出した後に 修正する箇所が見つかった時、 記入した本人以外が 訂正して頂いて構いません」 という意味で押印するもののことを言います。 この捨印があることで、 もし訂正しなければいけないところがあっても わざわざ役所へ行く必要がなく、 訂正しておいてもらえるということです。 ただし、住所の一部が抜けていたとか、 多少の誤字脱字程度であれば 訂正してもらえますが、 住所が全て間違っていたり、 本人のみの記入しか認められていない重要な部分に 不備があった場合は 本人が訂正する必要があります。 証人の捨印は絶対ではないけどある方が安心 基本的に婚姻届を提出する際に 証人が一緒に行くということは しないと思うので、 もし証人の記入した部分に間違いがあれば、 また証人のところへ行って 修正してもらわなければいけないので、 手間がかかってしまいます。 なので、 証人は必須というわけではないですが、 捨印はあった方が安心ですね。 捨印はどこに押す? 婚姻届に元々捨印を押す欄がある場合もあります。 出典: Sponsored Link ちなみに証人二人が同じ苗字でも それぞれ別の印鑑が必要です。 証人の印鑑がない! 今すぐ用意する必要がある場合はネット注文が最速です。 婚姻届は実印の必要はありません。 認印で大丈夫です! 婚姻届で間違えた時の修正方法は 婚姻届を記入している途中で 間違いに気づいた時の修正方法をご紹介します。 婚姻届だけに限らず 契約書などの書類で 修正液を使用することはNGです。 使用してしまうと 受理されなくなるので気を付けましょう。 まずは、ミスをしてしまった部分に、 2本の線を引きます。 そしてその欄内の空いている部分に 訂正する内容を書いてください。 基本的に捨印があれば、 訂正した箇所に押印はしなくても 構わないことがほとんどです。 証人が間違えたところの訂正も 先ほどと同じようにします。 訂正をした場合は 必ず捨印が必要なので 忘れないようにしましょう。 婚姻届の捨印って何?のまとめ 捨印とは、 「もしも婚姻届に何か小さなミスがあった場合には、 記入した本人の代わりに 役所が訂正することを認めます」 ということを意味するものです。 役所に提出してから 不備があったのが分かり、 再び訂正をしに役所へ行かなければいけない ということを避けることが出来るので、 忘れず押印しておくことをおすすめします。 捨印に押印していないと 提出する際に押印するよう 言われる場合もあります。 届出人の欄と捨印の欄に押印してあれば 基本的にその他にハンコが必要になることはありませんが、 念のため提出する際に 夫婦二人分の印鑑は持って行っておくと 安心かと思います。 そして証人の捨印も、 後々ミスが見つかって 再び証人のところへ行って訂正してもらい 提出するというのはとても面倒なので、 捨印を押しておくことをおすすめします。 ちなみに、婚姻届のはんこはシャチハタの使用は認められていません。 大至急、印鑑 認印 が必要って場合は.

次の

婚姻届の証人は誰に頼む?両親や友人など体験談まとめ

婚姻 届 証人

戸籍の届出で証人が必要なのは、 婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁 の4種類です。 右下にあるように民法で定められています。 この4つの届出に共通していることは、身分の変動を伴う重要な届出で、しかも、当事者お互いの合意が何よりも重要と言うことです。 そんなわけで、 届出の正確性を高めるため に、この4つの届出には当事者の意思を証明する人として、2人以上の証人が必要とされているのだと思います。 他にも重要な届出はありますが (戸籍の届出はみんな重要ですね!) 、出生届には出生証明書、死亡届には死亡診断書、入籍届には許可の謄本及び確定証明書、その他、国籍取得届、帰化届、名の変更届などなど、事実を証明する添付書類を必要としていますので、証人は必要ないわけです。 転籍届は本籍が変わるだけでその戸籍に在籍している人の身分関係は何も変わりません。 本籍がどこかということとその人の身分とは何の関係もないわけです。 そういう意味では、身分変動を伴う婚姻、離婚、養子縁組等の届けとは、少し違いがありますので、転籍届には、当事者以外の証人を必要としていないのだと思います。 筆頭者とその配偶者が届出人として証人なしで届け出ることができます。 第739条 婚姻は、戸籍法 の定めるところによりこれを届け出ることによつて、その効力を生ずる。 第764条 第738条、 第739条及び第747条の規定は、協議上の離婚にこれを準用する。 第799条 第738条及び 第739条の規定は、縁組にこれを準用する。 第812条 第738条、 第739条、第747条及び第808条第1項但書の規定は、協議上の離縁にこれを準用する。 「当事者2人の合意が重要なら、当事者以外の証人は必要ないのでは」という声が聞こえてきそうです。 いえいえ、世の中そんなに甘くはないのですよ。 重要だからこそ証人が必要なのです。 「間違いなく2人は離婚(婚姻)することに合意してます」と証明してくれる第三者の人がいれば、当事者2人だけよりは信憑性がありますね。 たとえば、本人だけが「自分は本人だ」と主張するよりも、本人をはじめ本人以外の人も「この人は間違いなく本人です」と証明したほうが信憑性がありますし、運転免許証などの身分証明書があればよりいっそう確実です。 印鑑登録の本人確認などが良い例です。 裁判離婚なら、「判決書または審判書謄本」あるいは「調停調書謄本」など、間違いなく離婚することを証明する書類があります。 ところが、2人の合意のみによって成立する婚姻や協議離婚は、これらの証明書がありません。 そこで、当事者2人の合意を証明する証人が必要になるわけです。 手続の簡素化と正確性の確保のバランスは、今、時代とともに厳しくなっているといえるでしょう。 正確性を保てるものは簡素化している部分もありますが、正確性を求めるためにより厳しく複雑な手続に変化しているものもあります。 時代の流れとしては、「婚姻届に証人は必要ない」という意見よりも、「婚姻届を勝手に出されてはこまるから、2人以上の証人となっているのを5人以上、いや、10人以上の証人がなければ届け出ることはできないと改めて欲しい。 あるいは、当事者も実印、証人も実印を押し、印鑑証明書を添付するよう義務づけて欲しい」という意見が出てきそうな予感がするほど厳しい状況です (実際に聞いたことはありません)。 こうなれば、勝手に婚姻届や養子縁組届を出されてしまうという事件は減るかもしれませんね。 でも、正確性を保とうとするために手続が面倒になってきます。 「2人以上の証人」というのは、とりあえずバランスが取れているのではないでしょうか。 証人になった人は、当事者の意思を証明するというだけで、保証人としての責任や義務はまったく発生しません。 たとえば、「婚姻の証人になるのはいいけれど、数ヶ月ですぐ離婚するようなことになったら、責任を取らされるんじゃないか」なんてことは心配する必要ないです。 でも、当事者が合意していないのを知っていながら虚偽の証人になった場合は、虚偽の届出の証人として責任を問われることになるかもしれません。

次の

婚姻届に証人が必要な理由

婚姻 届 証人

書く前に準備するもの はじめに、婚姻届を書くのに必要なものを手元にそろえましょう。 全部で3つあります。 婚姻届の用紙 用紙の入手方法やルールについて知りたい人は、下の記事を見てください。 黒のボールペン、または万年筆 鉛筆や消えるボールペン、消えやすいインクのペンなどは避けましょう。 印鑑 二人それぞれの「旧姓の」印鑑を用意してください。 印鑑は、ちゃんと朱肉を使うものを。 シャチハタは使えません。 必要なものがそろったら、いよいよ実際に書いていきましょう! Part1~Part3に分けて、書き方をご紹介します。 婚姻届の書き方 Part1 まず、婚姻届の全体図を見てみましょう。 なかなか書くところが多いですね。 でも、一つひとつ見ていけばそんなに難しくないので大丈夫です。 さっそく、用紙の左上から順番に説明していきます。 [届出日・届出先] 「平成 年 月 日届出」というところに、 「婚姻届を提出する日」を書きます。 書類に間違いがなければ、この届出日が二人の「入籍日」に。 つぎに、その下の「 長 殿」というところへ、婚姻届を提出する市または区の名前を書きます。 婚姻届の提出先は、地域によって市役所だったり区役所だったりするので、確認しておきましょう。 [ 1 氏名 生年月日] 二人の名前を「旧姓で」書きましょう。 戸籍に旧字体で名前がのっている人は、新字体ではなくきちんと旧字体で書くようにしてください。 生年月日は、西暦ではなく「昭和」「平成」などの元号で書きましょう。 [ 2 住所] ここには、婚姻届を出す時点で「住民票が置いてある住所」を書きます。 「もう二人で新しい住所に住んでます」 という人。 転入届の提出が済んでいるなら、この欄に新住所を書いてもOKです。 それから、この欄には「世帯主の氏名」を書くところがあります。 世帯主というのは、その世帯 一緒に暮らしている人たち の代表者のこと。 住民票にのっているので、誰が世帯主なのか分からなければ、住民票を見てみましょう。 [ 3 本籍] 「二人が結婚する前の本籍地の住所」を書きます。 ちなみに本籍地とは、「その人の入っている戸籍が置いてある住所」のこと。 「自分の本籍地がわからないよ~」という人は、家族に確認してみましょう。 下の方の「筆頭者の氏名」という欄には、筆頭者、つまり「戸籍のいちばん最初にのっている人」の名前を書いてください。 婚姻届の書き方 Part2 ここからは、場合によって書く内容が変わります。 少しややこしいですが、がんばっていきましょう! [父母の氏名・父母との続き柄] この欄は、「氏名」を書くところと「続き柄」を書くところに分かれているので、それぞれ見ていきましょう。 【「父母の氏名」欄】 ここには二人それぞれの「実の父母の氏名」を書きます。 書き方は3つの場合に分かれるので、自分に当てはまるものをチェックしてくださいね。 離婚している場合の注意点として、 「離婚前の氏名」ではなく、「現在の、離婚後の姓・名」を書くことです。 つまり、離婚して父母の名字が別々になっている場合は、別々の名字を書くことになります。 お間違えなく。 以上、父母の氏名の欄についてでした。 つぎは、父母との「続き柄」についてです。 【「続き柄」欄】 たとえば、あなたが長女であれば、「長女」と書く欄です。 注意しなければならないのは、 「次男」や「次女」の場合。 婚姻届では 「次男」は、「二男」または「弐男」。 「次女」は、「二女」または「弐女」。 と書く決まりとなっています。 ここまでが、[父母の氏名・父母との続き柄]の欄のお話でした。 次の欄に移りましょう。 [ 4 婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍] この欄も2つに分かれています。 1つめが、「夫の氏・妻の氏」の欄。 2つめが、「新本籍」の欄です。 それぞれ見ていきましょう。 【「夫の氏・妻の氏」欄】 「二人が結婚後にどちらの姓を名乗るか」をチェックしてください。 二人のうち、チェックした方の姓を持つ方が、新しい戸籍の筆頭者になります。 「新しい戸籍・・・?」 婚姻届を出すと、役所で二人のための新しい戸籍がつくられるんです。 婚姻届と戸籍の関係については、下の記事を参考に。 【「新本籍」欄】 二人の「新しい戸籍を置く住所」を書きます。 新居の住所か、どちらかの実家の住所にする人が多いようですね。 以上、 4 番の欄についてでした。 次は、 5 番の欄です。 [ 5 同居を始めたとき] 「二人が結婚式を挙げたとき」、もしくは「同居を始めたとき」のうち、どちらか早い方を記入。 挙式も同居も両方ともまだしていないという人は、空欄のままでOKです。 婚姻届の書き方 Part3 ここまでくれば、あとはラストスパートです! [ 6 初婚・再婚の別] 二人がそれぞれ初婚か再婚かを選んでチェック。 再婚の場合は、前の妻・夫と死別もしくは離別した年月日を書きます。 [ 7 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事と 8 夫妻の職業] 7 の欄には、6つに分けられた仕事の分類の中から、二人それぞれが当てはまるものにチェックをします。 8 は、婚姻届を提出する時点での二人の職業を書く欄です。 この欄を書くのは5年に一度、国勢調査の年だけなので気をつけてください。 7 と 8 の欄については、下の記事でくわしく書き方などを説明しています。 どう書けばいいか分からない人は、参考にしてくださいね。 [その他] 「その他」の欄には、主に次の3つのケースのどれかに当てはまる人が記入します。 当てはまらない人はパスして大丈夫です。 ・【未成年者が結婚する場合】 未成年者の結婚には父母の同意がいります。 同意の証明として、「その他」の欄に親のサインとハンコをもらいましょう。 ・【氏の漢字を旧字体から新字体に変更したい場合】 戸籍にのっている氏名の漢字が、旧字体の場合。 このときは、婚姻届の「氏名」の欄にも、旧字体で書かないといけないのが原則ですが・・・ じつは、「新字体に変更したい」と「その他」の欄に書けば、新字体で登録することができます。 たとえば「澤」を「沢」に変更したい場合は次のようになります。 ステップ1. 「その他」欄に「夫の名字『澤』を『沢』へ変更してください」と書く ステップ2. 夫妻それぞれの旧姓の印鑑を押す ・【父母が養父母の場合】 両親が養父母の場合は、 5 番の「父母の氏名・父母との続き柄」欄ではなく、「その他」欄にサインをもらってください。 「その他」の欄については、以上です。 次の欄を見ていきましょう。 [届出人署名押印] この欄には、二人の結婚前の氏名を書き、それぞれ旧姓の印鑑で捺印します。 「『氏名』の欄を旧字体で書いた人は、印鑑も旧字体じゃないといけないの?」 いいえ、字体は、印鑑と「氏名」欄とで違っていても大丈夫です。 [証人] 用紙の右側へ移って、「証人」の欄。 ここには、婚姻届の証人となる人に記入をしてもらいます。 証人には、成人している人2名が必要。 それぞれ氏名、生年月日、住所、本籍を、かならず「証人の自筆で」書いてもらいましょう。 最後に認印を押してもらってください。 シャチハタは使えないのでご注意を。 ちなみに印鑑は、証人2人でそれぞれ別のものを押してもらう決まりになっています。 夫婦や兄弟など、名字が同じ二人に証人をお願いする場合には、特に気をつけたい点ですね。 [連絡先] 用紙の一番下にある欄です。 自宅・勤務先・携帯電話など、昼間に出られる電話番号を書きます。 提出してから記入ミスが見つかったりしたら、ここに書いた番号へ役所から電話がかかってきます。 以上で婚姻届の記入は終了です。 お疲れさまでした! 書くときに注意したいこと 最後に、婚姻届を書くときの注意点を3つご紹介します。 書く字に気をつけよう 婚姻届は、二人の結婚を届け出る大切な書類です。 文字は崩さず、略さず、丁寧に書きましょう。 間違えても修正液は使わない いくら慎重に書いたって、書き間違えてしまうことはありますよね。 そんなとき、慌てて修正液や修正テープを使うのはNG。 間違えたところに二重線を引いて、左側の欄外に「旧姓の印鑑」を押して訂正しましょう。 「捨印」を押しておくと安心 捨印(すていん)とは、書類の欄外に押して、 「このページはそちらの判断で修正してもらって大丈夫です」 ということを示すもの。 婚姻届には、この捨印を押しておきましょう。 提出した婚姻届に記入ミスがあっても、捨印があれば、役所の方で「軽微な誤り」として修正してもらえます。 実際に捨印を押した婚姻届がこちら。 婚姻届のフォーマットによっては、上のように左側に捨印を押す欄があります。 また、証人欄で記入ミスがあった場合は、証人の捨印がないと役所で修正してもらえません。 不安な人は、証人欄の「右側の欄外」に証人の捨印を押してもらえば完璧です。

次の