どんなときもwi-fi 解約金。 どんなときもWiFi「いつでも解約サポート」が違約金なしの理由

どんなときもWiFiを解約して端末返却|送料最安値を比較した結果は「佐川急便」

どんなときもwi-fi 解約金

でも、いろんな理由で解約が必要にな人もいるので、解約時の注意点を説明しますね。 これを読めば無駄な解約金を支払わなくて済むでしょう。 ですが、中には様々な理由でもう 解約したいと思っている人もいるでしょう。 解約方法は公式サイトを見れば分かることではあります。 ですが、細かい注意点をサイトの隅々までチェックしたり、 「 複雑な違約金」 の仕組みを理解するのは大変です。 なので、この記事では公式サイトを見ただけでは見落としがちな、 「 どんなときもWiFiの解約方法と違約金、その他注意点」 について分かりやすくまとめています。 また、記事の最後では、どんなときもWiFi解約後に 「 おすすめな乗り換え先のサービス」 も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 25か月目以降は高くなるから、更新はしない方がいいんです。 契約期間は契約開始月を0カ月目として数えます。 そして、 25カ月目が更新月です。 解約しても違約金の 契約解約料がかからない月です。 そこで解約しない場合は、次の更新月が 49カ月目です。 また次が 73カ月目となります。 このような違約金制度は、携帯会社でも取り入れているのでお馴染みだと思います。 どんなときもWiFiのようなネット回線サービスの契約でも ほぼ必ずあるルールです。 これにより、 「 違約金があるから簡単に解約できない」 という人が多く、顧客流出を防ぐ効果があります。 とりあえず、更新月に解約すればいいということなのです。 ですが、自分の更新月がいつなのか忘れてしまい、 「2年間でたった 1カ月間しかない更新月」 を逃してしまう人も多いです。 そうならないためにも、更新月がいつになるのかは• カレンダー• スケジュール帳 などにメモしておくと良いでしょう。 どんなときもWiFiの場合は、お客様ページへログインし 「 ご利用明細の確認」 から、今現在契約何カ月目にあたるのかが分かるようになっています。 また、更新月の2カ月前に登録済みのメールアドレスの通知もくるため、どんなときもWiFiは比較的親切なほうです。 お客様ページより解約申請する!• 2解約専用ダイヤル 電話で解約したい場合は、 「 グッドラックサポートセンター」 へ連絡し、担当オペレーターに解約希望である旨を伝えます。 担当オペレーターがお客様情報を確認して解約の処理を行います。 そのため、手軽さで言えばネットの 申請フォームよりも簡単です。 特に 月曜日は休み明けのため電話が殺到し、非常に繋がりにくい状態です。 月曜以外の場合でも 午前中は基本的に繋がりにくいです。 どんなときもWiFiは2年経つと料金が上がってしまうので、次の契約先としておすすめのサービスを紹介します! どんなときもWiFiを解約しようと思っている方の理由には、次のようなものが挙げられます。 ・25カ月目以降の 月額料金が高くなってしまうから ・もっと 安い料金のサービスを使いたいから ・ 通信速度がイマイチだから そのような方におすすめの乗り換え先は、 『 縛りなしWiFi』 です。 縛りなしWiFiであれば、どんなときもWiFiよりも 安い料金で利用できます。 25カ月目以降に料金が高くなるなんてこともありません。 月額料金 どんなときもWiFi 24カ月目まで3,480円 25カ月目以降3,980円 縛りなしWiFi(縛りなしプラン) 3,300円(永年) それと、2年毎の更新だとなかなか解約のタイミングが合わなくて不便に思っている人も多いようです。 ですが、縛りなしWiFi 『 縛りなしプラン』 であれば、どんなときもWiFiと違って契約期間の定めがないため いつでも解約できます。 また、どんなときもWiFiや縛りなしWiFi 『縛りなしプラン』 はどちらも レンタルサービスなのです。 ですが、そもそもレンタルではなく買取型のWi-Fiが良いという方もいるでしょう。 買取型であれば、解約時に端末返却が不要なので• 故障 などで 機器損害金を請求されることが無いというメリットがあります。 そんな方には縛りなしWiFiの 『 縛っちゃうプラン』 がおすすめです。 縛りなしWiFi 『 縛っちゃうプラン』 であれば、縛りなしWiFi 『縛りなしプラン』 よりもさらに 安く利用できます。 さらに、端末も601HWシリーズなので 通信速度が速いです。 ただし、 契約期間が3年間なので、どんなときもWiFiの 2年間よりも長いという点には注意が必要です。

次の

【解約金ナシ】ダントツにオススメのモバイルWi

どんなときもwi-fi 解約金

USBケーブルとストラップも出来れば返却とのことだったので、一緒に入れておきました。 外箱はどんなときもWiFiを契約したときに送られてきた箱を残していたので、そのまま使います。 捨ててしまった方は、その辺の段ボールでも構いません。 モバイルルーターは精密機械なので、万が一、配送中に壊れでもしたら機器損害金の18,000円を請求されかねません。 営業所へ直接持ち込むことで、通常価格よりさらに「100円」割引されるため、近くに営業所がある場合は佐川急便を利用することで少しでも安く返却することが可能です。 ただし、郊外市街関係なくどこにでもある郵便局や、コンビニからも発送できるヤマト運輸と比較すると、圧倒的に発送可能な営業所が少ないのがネックです。 今回はヤマト運輸の宅急便を利用しました わたしはクレジットカードを登録しておけばオンライン決済可能な宅急便を利用しました。 ヤマトの方が慣れているという単純な理由です。 「着払いで送った」との情報もあったけど、トラブって18,000円請求されるのも嫌だから元払いにしておいた。 メールでは送料はお客様負担となっていたし。 保険ですね。 — すえぽん|巻き返す ysgenfu 何らかの事情で期日内に届かないといったことがないように、送り状の控えはしっかり保管するようにしておきましょう。 モバイルルーターは航空輸送ができないため、遅くとも期日の5日前には発送しておくことをおすすめします。 特に離島にお住まいの方は配達期日にご注意ください。

次の

【解約金ナシ】ダントツにオススメのモバイルWi

どんなときもwi-fi 解約金

違約金なしで解約できる「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」は、• 契約ユーザーなら契約期間中いつでも利用可能• ユーザーに合った乗り換える回線・WiFi会社を紹介• 違約金なしで解約後に他社回線に乗り換え というのが特徴です。 通常解約の他にも、いつでも解約サポートと呼ばれる上記の特徴を持ったサービスを利用すると、違約金なしで解約出来ます。 いつでも契約サポートを利用すると違約金なしで解約できるので、一見すると お得なサービスに見えますが、実はきちんと理由があるのです。 なぜ違約金なしで解約できるのか?その理由を次項でご案内します。 どんなときもWiFiが紹介する他社への契約で違約金なしになるのが理由 どんなときもWiFiを解約する方法は下記の表のようになります。 いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるのですが、 紹介してもらう他社で回線サービスを申込む必要があります。 ユーザー自身に合った契約を見直したいなら適していますが、今の通信契約を全て解約してリセットしたいという人には向いていませんのでご注意下さい。 いつでも解約サポート利用時にどの通信会社がおすすめされるかは公表されていない いつでも解約サポート利用時には、ユーザーとどんなときもWiFi側で乗り換え先の通信事業者を決めていくようになっています。 乗り換え先を提案するのは、どんなときもWiFiで、ユーザーへのヒアリングを基におすすめの通信会社を紹介されるようですが、 どの会社をおすすめされるかは非公表です。 1つの予想ですが、どんなときもWiFiを運営している株式会社グッド・ラックが運営している、下記のモバイルWiFiや固定回線を提案されるのでは? という声もあります。 ONE MOBILE モバイルWiFi• モバレコAir ホームルーター この3社はどんなときもWiFiよりも前から株式会社グッド・ラックが運営している通信会社なので、信頼しても良いかと思います。 いつでも解約サポートを利用するシチュエーション いつでも解約サポートは、どんなときもWiFiが おすすめする通信事業者に乗り換えると、違約金なしになる特殊な解約方法で、利用されるシチュエーションも通常解約とは違います。 どんなときもWiFiが想定している、いつでも解約サポートの利用シチュエーションは、主に以下の2点です。 無線よりも有線の固定回線を使いたくなった人 どんなときもWiFiのモバイルルーターの受信速度は、最大150Mbpsで実効速度は30~50Mbps程度、どうしても光回線には通信速度が及びません。 ビジネスで利用する人や自宅で高画質な動画をたっぷり見たい人には、モバイルルーターよりも固定回線の方が適性は高いのでいつでも解約サポートはおすすめできます。 モバイルルーターの通信速度が遅いので乗り換えたい人 「どんなときもWiFiを家の固定回線の代わりに契約したが、想定以上に通信速度が遅い」という方には2年契約を継続するより、いつでも解約サポートを推奨しています。 ただし、どんなときもWiFiのモバイルルーターの仕様上、今まで使えていたのに急に遅くなった場合は、他社に乗り換えた場合でも通信速度が改善しない可能性もあります。 通信速度が遅くなったから、「いつでも解約サポートを利用して別のモバイルWiFiが欲しい」という方は一旦、 モバイルルーターが故障を起こしていないか確認しましょう。 モバイルルーターの通信速度が急低下なら故障の可能性あり モバイルルーターの通信速度低下が解約の理由になる場合、解約は少し待って、モバイルルーターが 故障や不具合を起こしていないか確認した方がおすすめです。 最初から異常をきたしているなら初期不良の可能性がありますが、今まで問題なく使えていたのに急に通信速度が落ちた場合は、回線起因ではなくモバイルルーターが原因の可能性があります。 どんなときもWiFiは複数のLTE回線が使用できる仕様な点を思い出そう どんなときもWiFiのモバイルルーターはドコモ、au、ソフトバンクの3社のLTE回線が使える次世代クラウドSIMを搭載したモバイルルーターです。 1社のキャリア回線が使えない、速度が低下した場合は、他社の回線がフォローするので 通信の安定性が高いのが特徴です。 それでもモバイルルーターの通信速度が急に下がった場合は、モバイルルーターの故障や不具合の可能性が高くなってきます。 いつでも解約サポートを利用する手順 いつでも解約サポートを利用して他社のネット回線に乗り換える場合、乗り換え先が モバイルルーターか固定回線かで手続きが若干変わります。 具体的には、乗り換え先が開通前の手続きまでは一緒ですが、乗り換え先が開通後の手続きが、固定回線の方が若干手間はかかるので留意しておきましょう。 下記の手順で手続きすることになります。 モバイルルーターに乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートでモバイルルーターに乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象のモバイルルーターを案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 移行先のモバイルルーター開通後、どんなときもWiFiを解約• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 いつでも解約サポートを利用して、他社のモバイルルーターに乗り換える場合の手続きは上記のようになります。 どんなときもWiFiの解約は移行先の回線が開通後、どんなときもWiFiで承るとの事なので、 解約の連絡が必要か否か事前に確認しておきましょう。 固定回線に乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートで固定回線に乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象の固定回線を案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 開通後、再度1の電話番号へ電話し解約希望の旨を伝達• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 固定回線の場合はモバイルルーターの時と違い、 開通後ユーザー側で解約の手続きを踏まなくてはいけません。 忘れずに最初に解約の電話をかけたフリーダイヤルに連絡し、どんなときもWiFi解約の旨を伝えておきましょう。 固定回線が開通できたからどんなときもWiFiの契約も完了していると思い込んでしまうと、手続きが完了しませんので早めに解約手続きを行いましょう。 乗り換え後は速やかにどんなときもWiFiに機器一式を返却しよう モバイルルーターと固定回線どちらで乗り換える場合でも、最終的にどんなときもWiFiは解約するので、レンタルした機器一式の返却が必要です。 モバイルルーターから充電用ケーブルまで一式揃えて期日までに返却しないと、 機器損害金18,000円が違約金とは別に請求されてしまいます。 機器損害金はいつでも解約サポートでは免除されないので、不要な出費を避ける為にも、解約後には忘れずに早めにレンタルした機器を返却しましょう。 いつでも解約サポートを利用する際の注意点 いつでも解約サポートは、通常解約とは異なった処理なので、その分ユーザー側も注意事項を抑えておく必要があります。 事務手数料や初期費用は免除されない• 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される• 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない 重要なのは主に3つですが、その他の注意事項の項目も大事なので、一通り目を通してからいつでも解約サポートを申込みましょう。 事務手数料や初期費用は免除されない いつでも解約サポートで 免除されるのは違約金のみで、契約初期の初期費用や事務手数料は免除されずキャッシュバックもされません。 先ほどお伝えした機器損害金18,000円も免除の対象外なので、いつでも解約サポートを利用しても、ユーザー側で手続きが遅れると追加料金が発生する可能性があります。 よくあるケースとしては、「モバイルルーター本体は返送したのは良いがケーブルの返品が必要無いと思って同梱を忘れてしまった」という、うっかりパターンがありますのでご注意下さい。 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される いつでも解約サポートで移行したモバイルルーターや固定回線を使用したが、調子が悪い、エリアが通じないといった理由で解約すると免除された違約金が再度請求されます。 いつでも解約サポートを利用した時の唯一違約金が請求されるパターンなので、移行したら必ず利用するという気持ちでいるべきでしょう。 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない いつでも解約サポートを利用して他社のモバイルルーターや固定回線に乗り換えた後、やっぱり、どんなときもWiFiに戻したいと思っても契約を戻す事は出来ません。 他社に移行した時点で、どんなときもWiFiの契約は既に解約済みなので、どうしても どんなときもWiFiを契約したいなら新規で契約し直す必要があります。 その場合、再度新しい回線は2年契約でスタートしますので、乗り換え前にはどんなときもWiFiを解約しても良いか、よく考えてから申し込みしましょう。 いつでも解約サポートを利用すると1年間は再度適用できない• 乗り換え後の回線で初期費用や開通工事費用が発生した場合は、どんなときもWiFiは関知しない• 解約までに開通できない場合は一旦違約金を請求し開通後に違約金をキャッシュバックする いつでも解約サポートのその他の注意事項は上記になり、特に注意したいのが、 1度利用すると1年間は利用出来ないので乱用はできません。 違約金なしには出来ますが、固定回線で開通工事費が生じた場合も免除の対象外になるので、契約次第では出費もある点は覚悟しておきましょう。 回線にどうしても不満の場合にいつでも解約サポートを利用しよう いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるので、一見すると解約し放題に思えますが、紹介される他社との契約が必要です。 これは、回線に不満がある人が利用する為のサービスなので、お得な解約手段というよりも、 回線に納得できない方への救済措置としての意味合いが強めです。

次の