チョウチンアンコウ 同化。 チョウチンアンコウの独特すぎる生態を紹介 メスがオスを吸収?

チョウチンアンコウは、「子孫を残すのに雄が雌の体に同化する~、と言う可哀想...

チョウチンアンコウ 同化

アンコウはオスがメスに同化して子孫を残しているようです。 そんなアンコウの生態を紹介している漫画があったので紹介します。 「アンコウ」 アンコウすごいですね! — 管管 guanguanblog オスはメスに噛み付いて合体、オスの心臓や目、脳などはなくりなり精嚢のだけが残る。 プロセスとして メスが出すフェロモンを感じ近づいていき、そしてオスは同じ仲間のメスと判ると体に噛みつきます。 オスは鋭い歯で噛みつき、さらにはくさびのようなもので外れないように工夫します。 オスはメスと融合するために口から酵素を出して体を融合させます。 目や内蔵は徐々に退化していき最終的には精巣だけが残る。 産卵のタイミングになると血液ホルモンを通じてオスに伝わり、タイミング良く産卵と放精が行われるのです。 ・・・・なんというかオスの使い捨て感が半端ない。 どうしてこういう形態になったのか興味がつきないですね。 アンコウは一妻多夫だそうです。 オスは2~3cmでメスは40cm前後 確かに衝撃的な内容ですね! 変な妄想がよぎるのが辛いところです。

次の

メスの体に噛み付いて同化するオスのアンコウ←進化でこんな生態になるのでしょ...

チョウチンアンコウ 同化

概要 名前の「チョウチン」はを意味する。 頭頂部についた誘引突起が提灯をつるしたに見えることと、それを光らせることによってとなるをおびき寄せることからそう名づけられた。 食用にはされないものの、がとして描かれる場合、このチョウチンアンコウがになることが多いほど一般的な種である。 標準和名「チョウチンアンコウ」の特徴 標準和名を チョウチンアンコウと呼ばれるものは、いわゆる誰もが想像するであろう姿かたちをしているもの。 チョウチンアンコウ科チョウチンアンコウ属に属す。 学名は Himantolophus groenlandicusで、頭の誘因突起は先端に発光器を持つ10の皮弁と発光器を持たないふくらみを持つ。 この誘因突起は発光液を発射する事も出来る。 丸みを帯びた体格で下あごが出っ張っている。 体表にはいぼのような突起物を確認する事が出来る。 水深200mから800m位のに生息する。 が40cm以上成長するのに対し、は4cm程度と、メスがオスに比べてかなり大きいのが特徴。 生態 チョウチンアンコウの仲間は外洋の深海を漂泳するように進化した一群で、水深200から3000mに見られる。 全ての仲間でオスはメスよりはるかに小さい。 全ての仲間が発光器を持つわけではなく、科などいくつかの科では持たない。 また発光器の位置も、のように口の中に持つものやのように下顎の先に持つものがいるように種類差がある。 また、幼魚は浅い海で生活を行う種類もいる。 繁殖方法 前述のようにメスに比べてオスの体長は圧倒的に小さい。 そのため、、、 といった一部のチョウチンアンコウの仲間は、体の小さなオスは、メスに出会うとメスの体に、離れないように する。 噛み付いたオスはそのうちメスの体と。 でつながることでメスの体の一部となり をとなってしまう。 これは、広く暗いでオスとメスが出会える確率は少なく、一度出会えてもまた出会えることが出来ない可能性のほうが大きいためだと考えられている。 1匹のメスに対してオスも1匹というわけではないため、中には個体もある。 ただし、これらの特徴は、前述したチョウチンアンコウの仲間等以外では見られず、通常食用にされるの仲間、その他のアンコウの仲間、標準和名が チョウチンアンコウと呼ばれる種類の仲間、といったチョウチンアンコウの仲間などでは見られない。 こういったシステムは「矮小雄」や「矮雄」などと呼ばれ、原始的な生物の世界ではわりとであったりする()。 チョウチンアンコウをモチーフにしたキャラクター 特撮• ゲーム• アンコーワット 漫画・アニメ• やきとり()• ・・・ばるぱんさー氏による海洋生物がテーマの漫画作品。 四話の主題はチョウチンアンコウである。 ・・・厳密にはがによって変異したもの。 随時募集中 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 21:06:41• 2020-07-18 21:06:36• 2020-07-18 21:06:33• 2020-07-18 21:06:17• 2020-07-18 21:05:35 新しく作成された記事• 2020-07-18 20:53:09• 2020-07-18 20:47:19• 2020-07-18 20:44:35• 2020-07-18 20:15:58• 2020-07-18 20:45:19•

次の

海水魚界NO.1のヒモ男!

チョウチンアンコウ 同化

「ヒモ」という言葉をインターネットの百科事典・で引いてみると「女性を自分の魅力で惹きつけ、女性に経済的に頼る男性のこと。 家事の分担の多くを受け持つ主夫とは異なる」と記述しています。 我々にとって名前に馴染みがある生き物の中で、一番「ヒモ=なにもしない」にかぎりなく近い生き方をしているのはアンコウではないでしょうか。 そう、アンコウ鍋などで有名な、アンコウです。 アンコウの種類はたくさんあるのですが、「ビワアンコウ」「ミツクリ」などの数種のオスが、結婚した後は完全にヒモ生活を送ることで有名です。 それも「エサを取ってこない」とか「あまり動かない」とかいうレベルではなくて、生まれた時は別々の個体ですが、婚活に成功して結婚した後は身体ごとメスに吸収してもらい、その後はメスの体内でほぼ溶けた状態で生きていくのです。 オスはメスの体内で「100%ヒモ」として人生ならぬ魚生を生きていくので、外を見ることは2度となくなります。 だから目は消滅。 やがて自発呼吸すらやめて、完全にメスの体内で栄養をもらうだけの存在になります。 自分では目も見えないし、自力呼吸すら出来ない存在。 アンコウは深海魚の一種で、種類にもよりますが数百メートルの深度に棲んでいます。 生物の密度は極めて低く、だからオスとメスが出会うのは大変で、滅多に会えないために一度出会ったら「即結婚」を狙います。 特にオスはメスを見つけ次第、噛みつきます。 だって一生養ってもらえるかどうかの瀬戸際ですから。 噛みついたら絶対に離さずに、身体が溶けて融合する物質を出して、2匹の身体の融合を進めていきます。 身体の大きさはオスが1だとしたら、メスは20ほどもあったりします。 人間でいえば身長1センチの男子と身長2メートルの女子という感じですね。 それもこれもメスの体内に寄生して、吸収してもらって生きるため。 同じ大きさだとメスの負担は大変ですが、このくらい小さいと「まあ、いいか」となるんでしょうか。 大きいメスの個体だと、何匹ものオスがくっついて融合してる場合もあるそうです。 結婚後は、もう個体というよりほとんど雌雄同体。 オスの身体から「目」「内臓」などはなくなっていきますが、最後まで残るのが「精巣」。 他の機能がなくなっても、この精巣だけはむしろ結婚後に大きくなり、機能を果たすそうです。 ますますもって「ヒモ」ですね。 メスの身体にを提供するだけのために生存しています。 こうした生き方は極端に見えますが、エサが少ない深海の世界では、理にかなっている面もあります。 深海ではオスが食べるだけのエサは充分にはありません。 だったら同じ身体になるのは一つの手というわけです。 waterbugs.

次の