スルメイカ おつまみ。 あたりめとするめ、さきいかの違いは?使うイカの種類など違うの?

【楽天市場】健康、癒しをテーマに家族が喜ぶおつまみ・珍味・おやつを取扱っています。:おつまみ研究所[トップページ]

スルメイカ おつまみ

イカと一口にいっても、さまざまな種類がある。 日本で獲れるイカは、約130種類。 世界では、なんと500種類ものイカが生息しているといわれている。 中でも日本で一番多く獲れるといわれているのが、今回紹介するスルメイカだ。 イカは、旬を問わず一年中美味しく食べることができる魚介類である。 スルメイカがとくに美味しくなるのは、5~9月の間。 春から秋にかけてと、比較的長い期間旬を迎える食材なのだ。 「夏イカ」「秋イカ」などという呼び名が付くこともあり、それぞれの時期による味を楽しむことができる。 7〜10月までの間は、「昼イカ漁」という漁が盛んに。 昼間に釣りあげたスルメイカを夕方に水揚げするため、ほかの時期よりも新鮮なものを味わうことができる時期なのだ。 旬を問わず美味しく味わうことができるスルメイカだが、より美味しいものを味わうなら、夏の時期を狙うのがおすすめである。 スーパーの魚売り場などでもよく見かけるスルメイカだが、特徴をご存知だろうか。 スルメイカは主に北太平洋海域、日本列島の周辺で獲れるイカである。 大きさは、胴の長さが大きいもので約30cm。 6~8月にかけて、最盛期を迎えることで知られている。 春から夏にかけて誕生するもの、秋に誕生するもの、冬に誕生するものの3タイプに分類される。 日本海には秋生まれのスルメイカが、太平洋側では冬生まれのスルメイカが多いとされている。 東シナ海から、暖流にのって北上。 オスよりもメスの身体つきが大きく、寿命は約1年と短命なのが特徴だ。 スルメイカは肉食のため、小魚などを食べて成長する。 世界には500種類ほどのイカが存在するが、その中でもスルメイカは活発な部類で、自分と変わらない大きさの魚を食べることがあるのも特徴のひとつだ。 新鮮なものは刺身で食べることも可能だが、アニサキスが寄生しているケースも珍しくない。 心配な場合や獲れてから時間が経っているものは、フライや塩焼きなどにして調理を食べるのがおすすめだ。

次の

あたりめとするめ、さきいかの違いは?使うイカの種類など違うの?

スルメイカ おつまみ

スルメイカ(産) : : : : : : : : : : , : スルメイカ , Ommastrephes pacificus , Ommastrephes sloani pacificus 1929 Todarodes sloanei pacificus , スルメイカ 英名 Japanese Common Squid Pacific Flying Squid 下位分類群()• pacificus , ()• pusillus Dunning, スルメイカ(鯣烏賊、: )は、 - () - のスルメイカ属に分類される(十腕形類)の一種である。 ただし、分類上、スルメイカ亜科をスルメイカ科としてアカイカ科の外に置く説もある。 沿海を中心とした海域に分布し、古来、はこれを食してきた。 今日においても最も消費量の多いである。 また、では時代以降( が編纂した『 ()』の刊行[西暦]以降)もしくは、遅くとも以降、日本産のイカとして知られている。 真イカのこと。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2019年9月) 現在では、加工後のを「 するめ」と呼び、その材料になる生物、すなわち本種を「 スルメイカ」と呼ぶのが普通だが、古くは加工前のイカ自体をも「するめ」と呼んだ。 後に干物との呼び分けの必要が生じて、「するめいか」という合成語が使われるようになったらしい。 なお、平安時代の辞書『』を見ると、「小蛸魚」の項に訓じて「知比佐岐太古、一云須流米」(ちひさきたこ、するめともいふ)とあり、「するめ」は古くには、さらに異なる意味をもっていたことがうかがわれる。 である夏に獲れるスルメイカは「 夏イカ」とも呼ばれる。 また、春から初夏にかけて獲れるまだ小振りのものを魚市場では「バライカ」、初夏になど関東周辺で獲れる若く小さなイカ(外套長20cm以下の若齢個体)を「ムギイカ」と言う。 後者は、が実るころ獲れ始めることに由来するものである [ ]。 方言では他にも、「 真イカ 」「マツイカ」「トンキュウ」「ガンゼキ」「シマメイカ」「サルイカ 」などがある。 名は、 Japanese Flying Squid、 Japanese Common Squid、 Pacific Flying Squid など。 日本語では漢字に「」の字を充てることがある。 生物的特徴 [ ] 分類 [ ] 腹側、スルメイカ• (統合分類学情報システム)データベースにおける、スルメイカ(種)とその下位分類(亜種)• メスが大きく、オスは小さい。 外套の先端に三角形のエンペラが一対あり、併せて菱形をなす。 ツツイカ目に共通の特徴として、体内にした透明で細長い軟甲を持つ。 生体の体色は多分に透明色の要素を持つが、興奮時には全体的に赤褐色となる。 水温5- 27の間で生息可能であり、比較的上層の海域で暮らす。 彼らは小魚などを獲る俊敏なであるが、同時に、多くの捕食動物の生態を支える被捕食者でもある。 の中では極めて低次のであり、中型の魚類、鳥類、、類、、などがこれを獲物としている。 沿岸には生まれた時期別に秋・冬・夏の3群があり、そのため同じ時期に違った大きさのスルメイカを獲ることができる。 秋生まれの系群:9月から11月にかけて、北部から日本海南西部までの沿海にて発生。 日本海の沖合を回遊しつつ成長する。 日本海での漁獲量の7割を占める。 冬生まれの系群:12月から3月にかけて、東シナ海から九州北部までの沿海にて発生。 黒潮に乗って太平洋側を回遊し、3群のなかで最も高緯度海域に達するもの。 太平洋側での水揚げの多くはこの系群である。 春から夏生まれの系群:4月から8月にかけて、日本海本州沿岸から九州沿岸までと、伊豆半島周辺海域にて発生する。 資源量は比較的小さい。 は体長1mm程度で、に乗って成長しながら北上する。 分布 [ ] 古来、スルメイカは日本列島周辺の海域に固有の種であり、北はから、日本海・東シナ海にかけての近海の表層・中層に多く生息している。 現在これを漁獲対象としている地域は、主に・日本列島・である。 また、近年のスルメイカは北に分布域を拡大し、米国から西部の近海にまで達している。 一方、南に目を転じれば、昔は日本から輸入していたにも及び、今は多数が生息している。 なお、の 3 に分布図が示されている。 漁業 [ ] 2016年漁期(2016年6月-2017年1月)、北海道では記録的な不漁に陥った。 函館市水産物地方卸売市場における取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1,493トン、キロ単価は779円と最高となった。 水産庁によれば、水揚げ量は2000年度から2014年度までは15万 - 30万トンほどで、2015年以降、激減し、2019年4月 - 12月末は2. 1万トンで、1951年以降最低だった2018年同期を下回った。 食文化 [ ] 近代以前 [ ] 日本では古代から朝廷への貢ぎ物としてスルメが奉じられてきた。 今日でも縁起の良い品であることに変わりは無く、における祭儀ではとして多用される。 スルメは、のやその後ので、や向けの日本の重要な輸出品目の一つとされ、それは・まで続いた。 漁 [ ] 現代日本において魚介類消費の多くを占めるイカであるが、そのイカの漁獲の大半をスルメイカで占めている。 世界のスルメイカ漁獲量の筆頭は日本であり、最大消費国・最大輸出国ともに日本。 そしてその最大輸出先はである。 世界におけるスルメイカおよびイカ類の消費の伸びには、の普及が関係している。 日本においてスルメイカは、、TAC()魚種に指定され、将来的に持続可能な水産資源として管理されている。 旬は夏から秋にかけてであり、を点けておびき寄せ、擬似餌(ぎじえ)を使って釣り上げる。 また、や小型定置網を使ったも行われる。 なお、昔の漁師達は漁り火(いさりび)などを使っていたが、イカのほうから習性によって押し寄せてくる天然の漁場なども多くあったようである。 スルメイカとサトイモの煮付け 食材 [ ] 日本で鮮魚として出荷されるイカの中で最も安価であり、そのため、日本人にとっては最も馴染み深いイカである。 や寿司、・に、やその他のなどのほか、内臓を活かしてでも食される。 また、(いかめし)や(いかそうめん)なども人気の料理である。 「」も参照。 内臓と眼球を取り除き、天日などで干したものを「 するめ(鯣)」と言う。 ただし、「するめ」はスルメイカに限っての呼称ではなく、高級とされる、もしくはのそれを「一番するめ」と呼び、スルメイカのそれは「二番するめ」と呼ばれる(詳しくは「」を参照)。 また、スルメイカは内臓を取り除かずとしても加工される。 塩辛では、地方の魚醤である「」の材料として、スルメイカとの内臓が使われている。 レシピ [ ] 焼きイカ スルメイカを焼いたもの。 一般的に味または塩味で食する。 の搾り汁や、おろしたショウガを薬味とすることが多い。 スルメイカとサトイモの煮物 イカは1cm程度の輪切りとし、は皮をむいて下茹でしておく。 鍋にとを煮立てて出汁を加え、サトイモとスルメイカを入れて落とし蓋をして煮込み、十分に味を染み込ませる。 肝のホイル焼き 1cm程度の大きさに切ったイカの身に、を搾り出したものと、日本酒を少し混ぜ、でくるんだものをなどで蒸し焼きにしたもの。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

スルメイカ

スルメイカ おつまみ

おつまみに欠かせない具材の一つ『いか』。 でもいつもとは違う食べ方をしたい!というときもあるのではないでしょうか。 日々ビールに合うおつまみを提案する「」から、今夜は『いか』を使ったおつまみレシピを紹介します! 1. 屋台の味!イカの姿焼き 気分はお祭りの屋台おつまみ! 『イカの姿焼き』をお祭りなどでよく見かけますよね。 香ばしい香りがただよってくるとついついキンと冷えたビールが飲みたくなるアレ!プリッとした歯応えもまたボリューミーで彼にもよろこばれそう。 いかの山わさび和え 手に入ったら作りたい一品! 『山わさび』は西洋ワサビやホースラディッシュとも呼ばれ、ローストビーフに添えるのが一般的。 生の山わさびが手に入ったら作りたい!お刺身用の『イカ』を切って薬味と和えるだけでできちゃう簡単レシピ。 山わさびのツンとした辛さがクセになります。 やわらかヤリイカのアンチョビガーリックソテー 初めてでもチャレンジする価値あり! オシャレなビール女子に今が旬でとびきり美味しい『ヤリイカのソテー』をご紹介します。 スルメイカに比べて小ぶりな『ヤリイカ』は、身もやわらかく下処理もしやすいのでチャレンジする価値ありですよ! 4. セロリとイカの塩辛炒め 日本酒だけじゃない!ビールにもぴったり サラダなど、生で食べることの多い『セロリ』と、日本酒やご飯のお供のイメージが強い『イカの塩辛』を一緒に炒めるとビールにピッタリのおつまみに変身!『イカの塩辛』が具と調味料両方の役割をはたしてくれる、ラク旨レシピです。 ホタルイカのオリーブオイル揚げ スペイン風おつまみ 濃厚なワタの旨味がやみつきになる『ホタルイカ』。 『オリーブオイル』でカラッと揚げて『レモン』をキュッと搾れば、スペイン風に変身します。 ホタルイカの下処理はしっかり行って、ビールをより一層美味しく飲みましょう。 ふわふわコリッ!イカメンチ オシャレな郷土料理 次にご紹介するのは青森の郷土料理『イカメンチ』。 磯の香りと歯応えが心地よいイカと、たっぷりと入った野菜でフワフワコリッのおつまみです。 イカのアドボ 調理時間はたったの3分!! 『アドボ』はマリネや煮込みを意味するフィリピン料理。 お酢を使って、暑い地域で保存性を高めた調理法と言えます。 下ごしらえさえ済めば、調理時間はたった2~3分の忙しい時にオススメのメニュー! 8. サクフワッ! イカゲソの唐揚げ 居酒屋メニューをお家で! おつまみに唐揚げって定番中の定番ですよね!今回は鶏肉ではなくスルメイカの『イカゲソ』。 居酒屋さんメニューもポイントをおさえれば、家庭でも簡単に作れちゃう。 冷めても美味しくもちろんビールのおともに最高です。 ホタルイカと菜の花のアヒージョ 女子会やホームパーティーで作りたい スペインタパスの一つ『アヒージョ』を一度は食べたことがあるのでは?数あるアヒージョの中でもおすすめなのが、『ホタルイカと菜の花』。 イカと大根菜のゴロ煮 丸ごと使って大満足! 新鮮なイカがまるごと手に入ったら、「ゴロ」と呼ばれる肝まで残さず使ってしまいましょう! ちょっとしたひと手間で、調味料だけでは出せないコクや深みが加わります。 簡単!イカのフリット 定番おつまみを簡単に 揚げ物は手がかかるし苦手〜と思いがちですが、これなら簡単。 シンプルな味付けだから『イカ』の甘みやコーングリッツの芳ばしさがなんともポップ! セルバチコとマスタードドレッシングの程よい辛みがまたビールによく合いますよ! 12. イカとししとうのオイスターマヨ炒め 抜群コンビが奏でるこってりおつまみ ビールにはやっぱりこってり美味しいおつまみが欠かせませんよね。 イカのフェ〜韓国のピリ辛お刺身 時間がない日こそ作りたい 『フェ』とは韓国で言うところのお刺身のことで、チョコチュジャンという酸っぱい辛みそダレで絡めていただきます。 イカとセロリのマリネ さっぱりマリネ! マリネ液がしみ込んだセロリは本当に美味しい!!作って冷蔵庫で冷やしておけば、疲れて帰ってきた夜もすぐ食べられます。

次の