美女と野獣 映画。 「美女と野獣」は女性問題がテーマ? エマ・ワトソンが語る現代女性の窮屈さ

作品情報|美女と野獣|ディズニー公式

美女と野獣 映画

価格・情報の取得:2020-06-20 美女と野獣 2017年 のネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 舞台はフランスの近世。 ある城に美しいものを愛する若く傲慢な王子が住んでいた。 王子は夜な夜な豪華絢爛なパーティを城で開き、人々は美しいピアノとアリアの旋律に乗りながら華麗なダンスを踊っていた。 そんなある日、激しい嵐の中一人の醜い老婆が城を訪れ、王子に慈悲を求めこう言った。 「寒さをしのがせてくださったら、一輪のバラを差し上げましょう」。 しかし、王子は老婆に慈悲を示すどころか、招待客とともに老婆を笑い、その願いを断ってしまう。 すると、老婆はたちまち姿を変え、まばゆい光に包まれた美しい魔女へと姿を変える。 招待客が老婆の変貌に恐怖し逃げる中、魔女は王子と召使いたちと城に恐ろしい呪いをかける。 王子は角が生え厚い体毛に覆われた恐ろしい野獣に、召使いたちは皆家財道具に姿を変えられ、美しかった城の装飾は黒色の恐ろしいものへと変えられ、城は年中雪に閉ざされるようになってしまう。 魔女は城を去る前に、野獣に魔法がかけられた品々を置いていく。 それは、見たいと望むものの現在の姿を映し出す魔法の鏡、行きたいと望む場所へと連れて行く魔法の本、そして一輪の赤いバラの三つだ。 この赤いバラが散ってしまえば、呪いを解くことは永遠にかなわなくなってしまう。 呪いを解く方法は傲慢な王子が誰かを愛し真実の愛を知ることだが、深い雪に閉ざされた城を訪れる女性は一向に現れず、バラの花びらは少しずつ散って行くのだった。 【起】 — 美女と野獣 2017年 のあらすじ1 王子が野獣に姿を変えられてから時が経ち、バラの花びらも残り数枚となったときのこと。 城からそれほど遠くない田舎の村にベルという名の美しい娘が住んでいました。 無類の本好きで外の世界に興味を持つベルは、保守的な村の中では変わり者扱いをされていました。 同年代の娘たちはそろそろ結婚を考えているというのに、ベルはオルゴール職人の父モーリスと愛馬のフィリップと暮らす日々を続けていました。 そんなベルにしつこく言い寄るのは、美男子ではあるものの極度の自惚れ屋のガストン。 村の女たちはガストンにぞっこんでしたが、ベルは粗野で乱暴者のガストンにうんざりしていました。 そんなある日、父モーリスが愛馬のフィリップとともに行商に出かけることとなりました。 ベルはお土産に大好きなバラの花をねだり笑顔で父を送り出しますが、翌日家に帰ってきたのはフィリップだけでした。 父を心配するベルはすぐにフィリップにまたがり父を追いますが、たどり着いたのは6月だというのに雪と氷に覆われた古城でした。 恐る恐る真っ黒な場内に入ったベルは、牢に閉じ込められた父の姿を見つけました。 すると、暗闇の中から城の主と思しき人物が現れましたが、その正体は恐ろしい姿をした野獣でした。 その姿に一瞬驚いてしまうベル。 野獣の話によれば、父モーリスは城のバラを盗もうとしたといいます。 モーリスはベルのお土産のためにバラを摘もうとしたのです。 事の経緯を知ったベルは父の身代わりに牢に入ることを決め、自由の身になったモーリスは村の人々に助けを呼ぶために急いで城を後にするのでした。 野獣はそんな父娘の姿に呆れすぐに姿を消してしまいましたが、囚われの身となったベルの前には家財道具となった召使いたちが現れ、すぐにベルを牢から解放し客室へと案内しました。 言葉を話す道具たちにひどく驚いたものの、彼らの心からのもてなしにベルは徐々に笑顔を取り戻していきました。 金の燭台のルミエール、置き時計のコグスワース、ティーポットのポット夫人とその息子でティーカップのチップ、羽ほうきのプリュメット、洋服タンスのマダム・ド・ガルドローブ、その夫でハープシコードのカデンツァ…ベルを手厚くもてなす一方で、彼らはベルこそが呪いを解く運命の女性と考えていました。 燭台のルミエールは早速ベルと夕食をともにするよう野獣を説得しますが、野獣の乱暴な誘いにベルは拒否感を示し、飢えた方がマシとまで言い切ってしまいます。 ポット夫人に「ご主人様を見た目で判断しないで」となだめられるものの、ベルはどうしても野獣の乱暴な態度に耐えられずにいました。 結局、ベルは一人で夕食を食べることになりましたが、そこでもルミエールらはベルに最高のもてなしをしようとテーブルで豪華絢爛な踊りと歌を披露します。 ベルはハイテンションな召使いたちのもてなしに再び笑顔を見せるのでした。

次の

美女と野獣のあらすじが原作と違う!ボーモン婦人版とディズニー版のストーリーを比較!

美女と野獣 映画

ナレーションはジャン・コクトー自身です。 作品情報• 脚本、監督:ジャン・コクトー• 撮影:アンリ・アルカン• 原作:ボーモン夫人の『美女と野獣』• 主演:ジャン・マレー(野獣、アブナンの二役)、ジョゼット・デイ(ベル)• フランス語、93分。 白黒映画• 公開:1946年10月29日(フランスにて)• 気高く美しいベルと、醜い外見とはうらはらにやさしく紳士的な野獣の愛の物語 あらすじ(さわりの部分) 時代は中世あたり。 ベル(美人)は、いじわるで虚栄心の強い姉2人に、女中扱いされていた。 この一家は最近、金持ちから貧乏になったらしい。 兄は、ベルにやさしいが、ぐーたらで役にたたない。 兄の友達、アヴナンは、とてもハンサムで、ベルに気があり、「結婚しよう」という。 しかしベルは「父親を置いて家を出るなんてできない」と言って承諾しない。 そんなある日、父親の船が港に戻ったと知らせがあり、父は荷物を引き受けに出かける。 姉たちは、いろいろお土産を父にせがむ。 父が、ベルのリクエストも聞いたところ、ベルは、「バラの花を1輪お願いします」と頼む。 父が港についたら荷物はほかの人に取られていた。 一文無しになり、今夜の宿代もない父は、さまよっている間に、あるお屋敷にたどりつく。 このお屋敷がとても不思議で、扉を開けて入ると、人間の手が持つ燭台が、廊下に次々と出てくるし、テーブルの上の燭台も手だし、壁の飾りの彫像みたいなものは、本物の人間の顔だったりする(リアルの彫像が飾りのときもある)。 父はワインを飲んだあと椅子の上で眠り、目がさめたあと、ふらふらと庭に出ていき、バラを見つけ、「娘に」と思って1輪いただく。 するとそこへ、顔中、毛むくじゃらの動物のような人間(野獣、という名の生き物)があらわれ、「バラを盗んだ罰として、おまえには死んでもらう」、と父に言う。 「お助けください、娘に頼まれたんです」と命乞いをする父に、野獣は、「おまえの代わりに娘を1人よこせ」と言って父親を帰す。 父親が自宅で、子どもたちに事情を話すと、ベルは1人で野獣の屋敷に向かう。 最初は野獣を見て恐怖のため失神したベルだが、次第に野獣と仲良くなっていく。 アヴナンという男性は、ボーモン夫人の原作には出てきません。 役者の芝居は全体的に大げさで、舞台劇ふうです。 シーンとシーンのつなぎがスムーズでない(唐突に変わる)のも、戯曲のようです。 大人むけのおとぎ話 子供の頃、この映画を見て、今ひとつピンと来なかったのですが、この映画は、子ども向けでなく、大人むけの童話のリテリングだと思います。 実際、映画の冒頭に、「きょうは子供になった気分で見てください」というコクトーの文章が出てきます。 わたしたちに幸運をもたらすために。 魔法の4つの言葉を言わせてください。 本物の子供時代の「開け、ごま」と。 昔むかし・・・。 「不思議できれいなものがいっぱい出てきて、おもしろいなあ」と思いながら見る映画と言えましょう。 ポスターはカラー 野獣でいたほうが魅力的だった野獣 ベルと野獣はだんだん仲良くなりますが、セリフがあまりないので、なぜ、ベルが野獣を次第に好きになっていくのかよくわかりません。 というよりも、最初からベルは野獣を好きなように思われます。 野獣が、「このお屋敷の主人はあなただ、ベル」というせいか、ベルはわりと、上から目線で、野獣と話をしています。 家では、お姉さんたちにいじめられていたので、野獣の家では、その反動で、のびのびできたのかもしれません。 原作では、結婚を承諾してくれる美しい女性があらわれたので、野獣は王子の姿に戻ります。 しかし、この映画では、アヴナンと野獣の外見が最後に入れ替わります。 アヴナンが野獣のお宝の入ったお蔵(?)に屋根の上から押し入ろうとしたとき、狩りの女神、ディアーナの彫像が彼に矢を放ちます。 それが背中に突き刺さって、アヴナンは落ちますが、そのとき野獣の姿で死にます。 その瞬間、川のそばに横たわり、死にそうになっていた野獣が、ハンサムな王子になって立ち上がり、にこにこします。 これはいったい何を意味しているのか? バチ当たりな行いをしたアヴナンが、野獣の罪を引き受けてくれたのでしょうか? 王子(野獣)は、両親が精霊を信じなかったので、精霊によって野獣の姿に変えられていた、とベルに説明します。 野獣がいきなり、アヴナンそっくりの王子に変身し、にこやかに笑っているので、ベルはとまどっていました。 たぶん、ベルは、苦悩する野獣のほうが好きだったのだと思います。 私もそうです。 幻想的で美しい映画だし、コクトーの工夫や実験精神もあふれているので、『美女と野獣』が好きな方は一見の価値があります。 なんといっても、この映画、昭和21年の映画ですから。 昭和21年は、第二次世界大戦が終わった翌年で、昭和天皇が人間宣言した年です。

次の

美女と野獣

美女と野獣 映画

フランスの中でも、 コルマールという場所が、映画内では描かれているようです。 コルマールはドイツとの国境の街、 アルザス地方に属しています。 映画【美女と野獣】の主題歌 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 映画内ではアンジェラ・ランズベリーが歌っています。 エンドロールでは、 セリーヌ・ディオンと ピーボ・ブライソンのデュエットが使用されています。 映画【美女と野獣】の評価 4. まだ知りたくないと言う場合はご注意ください。 ある夜に、醜い老女が一本のバラと引き換えに、城で一泊させてほしいと頼み込んできました。 しかし男は、あまりにも醜い姿の老女を追い払おうとしました。 すると老女はとたんに姿を変え、美しい魔女へと変身しました。 そして、容姿で人を判断するような傲慢な男と、城の使用人たちに呪いの魔法をかけました。 男は醜い 野獣の姿に、使用人たちは 家具や食器に、城全体までもが廃墟のように変えられてしまいました。 ベルの父モーリスは発明家です。 ベルは本を読んだり、目には見えない何かを考えたりするのが大好きで、街の人からは不思議がられ、街に馴染めずにいました。 そして、街で一番のイケメンですが自惚れ男のガストンからしつこく結婚を求められていました。 ある日、発明発表会に出かけていたモーリスが、森の中でオオカミに襲われ、たまたま見つけた城の中へ入りました。 そして、モーリスは不法な侵入者として城に閉じ込められることになりました。 ベルは父のモーリスを心配し、自分が身代わりになることを提案します。 そして、それを城の男(野獣)も承諾しました。 ベルは一人で城の中に囚われてしまうことになりました…。 しかし、未だ傲慢で失礼な態度の野獣にベルは怒り心頭。 城から逃げ出してしまいます。 大吹雪の中、ベルはオオカミの集団に襲われそうになりますが、野獣に命を救われます。 この出来事をきっかけに、野獣は口下手で不器用ではありますが、心は優しいと気づきます。 そして互いに惹かれ合っていきます。 城の中で二人だけの晩餐会を開きました。 ベルは美しい黄色のドレスを着て野獣と踊りました。 ロマンティックな時間を過ごしていた二人でしたが、その夜、ベルは父のモーリスのことが心配でたまらなくなってきました。 野獣は魔法の鏡を使って、モーリスのことを映し出してあげました。 そこにはベルを心配し続け、疲れ果てベッドで寝込んでいるモーリスの姿がありました。 野獣は、魔法の鏡をベルに渡し、急いでモーリスの元へ行くようにとベルに言いました。 この時、バラの花びらは残り僅かで、ベルが帰ってこなければ全て散ってしまうかもしれないという状況でした。 しつこく結婚を求めてくるガストンに対し、魔法の鏡を使って、自分が愛しているのは野獣だ、とその姿を映し出しました。 あまりにも自分より醜い容姿の野獣に嫉妬に狂い、モーリスとベルを地下に閉じ込め、城にいる野獣に襲撃を仕掛けに行きました。 城ではルミエールたちが必死にガストン一味を追い払おうとしましたが、ガストンだけは野獣のもとにたどり着いてしまいます。 そのころ、ポット夫人に助けられたベルは城へと急ぎます。 野獣の背後から矢を打ち、殺そうとしているガストンを止めようとベルが立ちはだかりました。 その隙に野獣はガストンを追い詰め、城から出ていくようにと言って、ガストンを殺すことはしませんでした。 しかし、再びガストンは野獣を襲い、ナイフで刺しました。 ガストンはそのまま城のベランダから落下して死んでしまいました。 野獣は最後の力を振り絞って、ベルに愛を伝えたものの息絶えてしまいます。 野獣も自分のことを愛していたことが分かり、涙が止まらないベル。 そんな彼女の前で信じがたい出来事が起こります。 なんと、野獣が人間へと戻り生き返ったのです。 それは、使用人たちや、廃墟と化した城も同じでした。 ベルとの 「真実の愛」によって呪いが解けたのでした。 その後、二人は結婚し幸せな生活を送るのでした。 感想・レビュー・口コミ いちばん好きなミュージカル アニメとしても一番好き 何もかも好き 90年代初頭だったんよね。 でも全く古さ感じません。 もってるVHSは古くて、もはや家にビデオデッキないけど。 DVDとブルーレイあるから今でもたまにみる。 この作品もあまりにも有名なので、90年代初頭に公開された作品と知った時には驚いてしまいました。 (現在はオープン時期未定とのこと) まとめ いかがでしたか?今回は映画「 美女と野獣」のネタバレあらすじ、感想などについて見てきました。 先週の名探偵コナンに続き、2020年4月の金曜ロードショーは名作揃いですね! 外出自粛にも気が滅入ってくる頃ではありますが、 映画を観て楽しい時間を過ごしていただければと思います! ではまた次回!.

次の