年の瀬 の 挨拶 文。 【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

結びの挨拶(12月・師走)

年の瀬 の 挨拶 文

年の瀬とは 年の瀬とは、一年の終わりの時期である 12月のことを言います。 「年末」や 「年の暮れ」と同じ意味ですが、「年の瀬」は 少し緊迫した状況を言い表すときに使われます。 その理由は、年の瀬の言葉の意味にあります。 年の瀬の意味 年の瀬の 「瀬(せ)」とは、川の流れが急な箇所のことを言います。 その意味が転じて、 年末の非常に慌ただしい様、大変な様子という意味で使われています。 「年の瀬」の語源は江戸時代にあると言われています。 当時、米、味噌、醤油、酒など、一年間の生活にかかったお金をツケておいて、年末に精算するのが江戸庶民の習慣でした。 しかし、ほとんどの人が裕福でないためにツケを払えず、年を越す食料も得られずに貧しい思いをしたそうです。 寒い時期で暖をとれずに苦労する人が多く、非常に緊迫した状況だったと言われています。 江戸庶民にとって、年末がやって来ることはまさに死活問題だったわけです。 当時の人々にとって決して楽ではなかった年越しの窮困さを川の瀬に例えて「年の瀬」と呼んだようです。 年末がやって来ることは、急な川の流れに飲み込まれるほど大変な状況だったのでしょうね。 では、年の瀬はいつからいつまでなのでしょうか? 年の瀬の時期はいつからいつまで? 年の瀬は12月を表す言葉ですが、主に 12月中旬から年末までを指しています。 と言っても、12月に入れば年の瀬という言葉をいつ使っても大丈夫なようです。 正確にいつからという決まりはありません。 (12月31日までというのは決まっていますが) ただ、時期によって年の瀬の言い回しが異なります。 年の瀬の使い方 「年の瀬」を使った表現に、 「年の瀬を迎え」「年の瀬も押し迫り」「良い年の瀬を」といったものがあります。 これらは、時期によって使い分ける必要があります。 12月上旬 「年の瀬を迎え…」 「年の瀬に入りまして…」 12月に入ったことを表します。 年末の挨拶の冒頭でよく使われる表現です。 12月中旬以降 「年の瀬も押し迫まり…」 「年の瀬も押し詰まり…」 12月も終わりに近づいているということを意味します。 「押し迫る」と「押し詰まる」という表現がありますが、前者より後者の方が終わりに近いことを表しています。 12月下旬 「良い年の瀬を…」 「良い年末をお過ごし下さい」という意味です。 年末の挨拶の締めくくりで使われることが多いです。 江戸時代のように苦しむことなく、落ち着いて一年を締めくくりましょうという響きを感じられますね。 ちなみに、「良いお年を」という表現がありますが、これには「新しい年が良い年でありますように」「最後まで無事にお過ごし下さい」という願いが込められています。 「良い年の瀬を」と「良いお年を」はニュアンスが異なるため気を付けましょう。 年の瀬に使える挨拶の例文 年の瀬にする挨拶を 「時候(じこう)の挨拶文」と言います。 時候とは季節のことを言い、四季のある日本では春夏秋冬それぞれの季節ごとに挨拶をします。 ここでは、年の瀬の挨拶の例文をいくつかご紹介します。 結びの挨拶の例 「結び」は挨拶の締めくくりであるため、非常に重要な部分です。 今年もお世話になりました。 来年もよろしくお願い致します。 来年も素晴らしい一年でありますように。 寒い日が続きますが、お身体に気をつけて良い年の瀬をお過ごしください。 来年も皆様にとって素晴らしい一年でありますよう願っております。 年末ご多忙とは存じますが、お身体ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 ご家族一同良い新年を迎えられますようお祈り申し上げます。 来年もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 ビジネスメールの例文 お世話になった取引先やお客様へ、メールで年の瀬の挨拶を送る場合の例文です。 メールで挨拶する場合は、面倒でも一言「メールにて失礼します」とお詫びの言葉を入れておくと印象が良くなります。 年の瀬も押し迫り、早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。 年末のご挨拶、メールにて失礼致します。 この一年間は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 おかげさまで、ご協力頂きました企画を無事成功させることができました。 来年もより一層のご愛顧を賜りますよう、当社従業員一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の営業は12月25日を仕事収めとさせて頂きます。 新年は1月4日から通常通り営業致します。 何かとご不便をお掛けしますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。 それでは、どうぞ良いお年をお迎えください。 敬具 上司向けの挨拶の例文 お世話になった上司へメールで年の瀬の挨拶を送る場合の例文です。 あまり堅苦しくせず、どれだけ感謝しているかが分かるような文章を書くと、相手に気持ちが伝わりやすくなるでしょう。 年の瀬が押し迫ってまいりました。 年末のご挨拶メールにて失礼致します。 ご一緒にお仕事させて頂けたこと、大変嬉しく感じております。 来年もご期待に添えられるよう、会社の二の腕となり誠心誠意尽くす所存ですので、何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。 年末ご多忙の折り、風邪など引かれないようくれぐれもお体にお気をつけて、ご家族の皆様と良い新年をお迎えください。 敬具 直属の上司であれば、 直接挨拶するのが礼儀です。 新年を気持ち良く迎えられるよう、しっかり挨拶するようにしましょうね。 まとめ 12月になるとやりかけの仕事を片付けたり、納品物の支払いを回収するなど、昔の習慣が受け継がれている部分がありますね。 その緊迫した様は、師匠が慌てて走り回るという言葉の由来を持つ「師走」の意味ともなんだか似ているような気がします。 慌ただしい年の瀬の意味を理解した上で時候の挨拶文を書いてみると、さらに相手に気持ちが伝わるかもしれませんね。 関連記事.

次の

【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年の瀬 の 挨拶 文

Sponsored Link 日本語には、微妙なニュアンスをひと言で表すことができるきれいな言葉がたくさんあります。 「年の瀬」もそのひとつ。 年末の気忙しい空気をよく表した言葉ですね。 今回は、 年の瀬という言葉の意味や使い方を詳しく説明していきます。 年の瀬という言葉の由来を知ると、意味や使い方が掴みやすくなりますよ。 ・年の瀬の意味は?語源は? ・年の瀬の時期はいつ頃のこと? ・年の瀬の使い方や年の瀬の挨拶状の例文。 結びで使う場合は? ・年の瀬を英語で表現するには? Sponsored Link 年の瀬の意味は?語源は? 年の瀬の意味は、 年の暮れと同じで 年末という意味です。 でも、ただ年末というよりも、年の瀬という言葉を使った方が慌ただしいニュアンスになります。 そのニュアンスは、 年の瀬の語源を調べてみるとよく分かります。 こういう場所は、急流となっていて舟で通る時にとても危険な場所です。 ですから、瀬という言葉は、慌ただしく困難な状況を表しているのです。 年末は、現在でも慌ただしいものですが、江戸時代にはそれに加えて、 年末までにツケ払いにしていたものを清算しないといけないという風習がありました。 溜まった借金を返す方も大変ですし、取り立てる方としても年末までに清算して貰わないと、今度はいつ清算して貰えるのか分からなくなってしまうので死活問題です。 庶民にとっては年を越えるのも一苦労であったため、 超えることが困難な川の瀬に喩えたのです。 年の瀬の時期はいつ頃のこと? 年の瀬は、 その年の 終わりごろに使う言葉です。 12月中旬から大晦日までに使うのが一般的ですが、12月に入っていれば年の瀬という言葉を使っても間違いではありません。 でも、使い方は微妙に変えた方がいいですね。 12月に入ってすぐに使う時は、「年の瀬ですね」というふうに使います。 「年の瀬が近づいてきましたね」でもいいですね。 12月中旬ころからなら、「もう年の瀬ですね」、「年の瀬が押し迫ってきました」両方使っても違和感がありません。 Sponsored Link 年の瀬の使い方や年の瀬の挨拶状の例文。 結びで使う場合は? 時候の挨拶として、年の瀬を使う場合 ・年の瀬を迎え寒くなりましたが元気にお過ごしですか? ・年の瀬もいよいよ押しつまり、今年もまさに暮れようとしております。 文末の挨拶として、年の瀬を使う場合 ・くれぐれも身体に気を付けて良い年の瀬を過ごしてください。 ・何かと気忙しい年の瀬ですが、健康には十分にご留意ください。 挨拶状の例文 拝啓 寒さもひとしお身にしみるころ、皆さまいかがお過ごしでしょうか? ~中略~ 何かと気忙しい年の瀬ですが、健康には十分にご留意ください。 敬具 年の瀬という言葉は、 時候の挨拶か文末の挨拶のどちらかで使います。 両方に使っても間違いではありませんが、少々クドイ表現になってしまいますので気をつけましょう。 年の瀬をビジネスで使う場合の例文は? 時候の挨拶として、年の瀬を使う場合の例文 ・年の瀬も間近になって参りましたが、ご健勝のこととお喜び申し上げます。 ・年の瀬も間近になって参りました。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 ・年の瀬を迎えご多用の折 ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 というふうに使います。 ・年の瀬を迎え何かとご多用の折、ご自愛くださり良いお年を迎えられますようお祈り申し上げます。 など、 文末の挨拶としても使えます。 でも、これらの表現では単に 「年末」というニュアンスになります。 年の瀬は、たんに年末という意味だけでなく、 一年の終わりの慌ただしい雰囲気を漂わせる言葉だということが分かりましたね。 「年末で忙しい時」というより「年の瀬が迫る頃」という方が、表現としてきれいですから、 年末の挨拶の時などに使ってみてください。

次の

「年の瀬」はいつから?意味や使い方、挨拶で使える例文、類語を紹介!

年の瀬 の 挨拶 文

Contents• 年末の挨拶メールの件名やタイトル タイトルはどれ?• 年末のご挨拶 (普通にあっさりと)• 本年もお世話になりました。 (親しみを込めて)• 年末年始の就業日のお知らせ (これが大事な相手には大切な部分をタイトルに) 私は兄のPCにメールする時に、自分の名前をタイトルに入れます。 あまりにも沢山メールがくるから間違えて消されたりしないようにするためです。 タイトルが事実でもイタズラだと思われたことがあるからですよ。 (笑) 年末の挨拶メールを先輩へ 本人に会ってご挨拶するのが良いのですが、会えなかった場合にはメールで年末のご挨拶をするのが良いですね。 例えば、遠くの事業所に居るとかで会えない時。 実家に帰ってしまっていて会えないとき。 仕事の先輩の場合 会社のPCへ送るときには、就業最終日では読んでもらえないかも知れないので、就業日の3日から1週間前にはメールをした方がよいでしょう。 個人的にスマホへ送るなら年末で良いですね。 今年ものこすところあと僅かになりました。 本年は大変お世話になり、ありがとうございました。 ありがとうございます。 来年もどうぞよろしくお願い致します。 それではよいお年をお迎えください。 学校の先輩の場合 スマホへのメールはPCでのメールや会社の先輩へのメールに比べたら少しくだけた感じになりますよね。 来年もどうぞよろしくお願い致します。 それではよいお年を! 年末の挨拶をメールで友人へ スマホなら絵文字も入れて送りますよね。 また、無料のLINE APPからLINE CARDをインストールしてカードを送るのがライン流の挨拶ですね! スポンサーリンク ビジネスでも年末の挨拶をメールで! 仕事上の親しい人なら、ご挨拶と年末年始の就業日だけではちょっとビジネスライク過ぎて冷たいとかつまらないと感じてしまうかも。 そういうときには、追伸を入れて個性を出す! 追伸 例1)忘年会の2次会のカラオケは楽しかったですね。 一次会では席も遠かったですが、2次会で隣の席だったので個人的にお話もできてよかったです。 また来年も是非ご一緒する機会を作りましょう。 例2)いつも明るい声で電話に出てくれるのでこちらも元気をもらっています。 年末はスケジュールが合わず会えないのでメールでのご挨拶で失礼します。 声が聞けなくてちょっと残念です。 例3)いつもFAXの注文に素早く答えて下さってありがとうございます。 来年こそ絶対に数字を間違えないように細心の注意をします! この記事を読んだ方は下の記事も読んでいますよ! この記事のおさらい• 年末の挨拶は会ってするのが良いです。 会えないときはメールで年末の挨拶をしましょう。 PCではやや改まって書いても、スマホでは親しみを込めたほうが印象がよさそう。 友達への挨拶は、ラインならスタンプや動画を送ったら楽しそう。 年末に友人に会えなかったときはメールでご挨拶すれば、良いですね。 いつも気にかけているよっていうことが伝わるように。 以上、「年末の挨拶を友人や先輩にメールのコツは?件名 タイトル はどうするの?ビジネスメールでのポイントは?」でした!.

次の