キャンピングカー バッテリー 充電。 「車載型インバーター」と「サブバッテリー」。これさえあれば災害時の電源も確保できる

キャンピングカーのナッツ社エボリューション充電システムってすごいらしいょ!

キャンピングカー バッテリー 充電

車中泊で、やっぱり気になるのは電源でしょう。 RVパークなど、外部電源が使える処でなければ、キャンピングカーはサブバッテリーに頼らざるを得ません。 サブバッテリーのお蔭で、エンジンをかけていなくても電気が使えるのですが、サブバッテリーと言えども有限、いつかは空っぽになってしまいます。 特に、エアコンや電子レンジの様に消費電力が大きい機器を使う時などは、その残量が気になって冷や冷やものです。 ですから、多くのキャンカー乗りは、サブバッテリーを増強、例えば、通常2個のところを3個から4個搭載するなどして、その容量を増やしたりしますが、搭載スペースや重量、また鉛電池だと、その性能的な限界もあり、例えば、サブバッテリー駆動で一晩中、エアコンをつけっぱなしにスヤスヤ安眠などは、簡単にできるものではありませんでした。 そこで、注目されたのが、 リチウム電池です。 ビデオやスマホ、タブレットなどではおなじみのリチウム電池ですが、これまでは、そのコストや安全性などの問題もあり、中々、キャンピングカーのサブバッテリー用として広く普及するまでには至りませんでした。 一部で、恐ろしく目玉がぽんっ!と飛び出る価格のリチウムを搭載している方もいて、一般大衆の垂涎の的、いつしか 「いつかはリチウム」という一種、神がかった憧れにもなっていました。 が、ここにきて以前よりは、求めやすい価格、しかも安全性にも配慮されたバッテリー、そしてその周辺機器なども揃ってきて「いつかはリチウム」も現実化を帯びてきたのです。 私も以前から、愛車のビルダーさんの社長に「そろそろリチウムを」とお願いしてきましたが、その都度「いやまだまだ安全性が・・」とか「いやいやまだ満足のいくものが・・」と、とりあってもらえませんでした。 それが今回、やっと実現した訳です。 前置きが長くなりましたが、私の リチウムアンセイエをご紹介致しましょう。 愛車リチウム・アンセイエのバッテリー 目次• リチウムシステム概要「ミスティックエコパワーリチウム」 エコでパワフルなリチウムというミスティック社のシステム これは社外秘との事なので、社名・型番はお伝えできませんが、中国製としては実績のあるリチウム電池を ミスティックの社長さんが、やっとの思いで探し出してきたそうです。 ガンコ・・いや、実質を重んじる社長らしく、高くて良いのは当たり前なので、安くて良いもの、勿論、リチウムでは問題となる安全性の上で満足のいくものが、選定条件だったそうです。 それに、電池本体以外にも、最適化された外部電源充電器、走行充電器を採用。 更にはリチウムをバックアップするソーラーパネルは320W、これまたそれに最適化されたコントローラーとなっています。 もともとミスティック社の信念と誇りである MysticTSC(ミスティックテクノロジー・セーフティ&チャレンジ)思想のとおり、テクノロジーと安全性と挑戦(今回は価格にも挑戦)を重視したシステムになっているとの事です。 先ずは、大消費電力機器エアコン駆動テスト アンセイエに搭載されている家庭用エアコン 一番やりたいのは 『真夏のクソ暑い時期に外部電源もない所で喧しい発電機に頼らずサブバッテリーだけのエアコン冷房でスヤスヤ一晩眠りたい!』でしたが、今は冬。 コート着こんで冷房テストは逆・我慢大会になってしまうので、今回はエアコン暖房を試してみました。 勿論、通常はFFヒーターがあり、サブバッテリーでエアコン暖房なんて使う機会はないと思いますが、消費電力が多い暖房でいけるなら、冷房もいけるのではとテストしてみました。 結果、電圧が11V、残量10%になるまで、約10時間以上、駆動出来ました。 (この間、他の使用機器は照明と冷蔵庫とPC駆動位)インバーターの最低切断電圧が10Vなので、もう少しはいけたのかもしれませんが、電圧計がピーピー煩いので、ここで終了。 私のアンセイエについているのは家庭用エアコンで、消費電力は冷房135~720W、暖房125~1220Wなので、冷房でもほぼ同じ位の結果になりそうです。 これは今年の暑い夏が楽しみです。 早く来い来い夏休み! 100%の満充電状態から、約10時間エアコンを駆動して残量10%に 走行充電テストとソーラー充電 アンセイエには、160WX2の計320Wのソーラーパネルを搭載 さて、一晩中、快適に過ごせても、サブバッテリーがカラッカラになってしまったら、充電しないといけません。 そもそも外部電源がないところで車中泊してカラッカラになったと想定すると、先ずは、走行充電かソーラーからの充電となりますが、ソーラーは320Wしかなく、しかも天候に左右されるので、手っ取り早く充電となると走行充電に頼る事になります。 リチウム搭載後、何回か使用テストをして減った分を走行充電してみましたが、おおよその目安としては、100km走って、10%復活という感じでした。 つまり、満充電から30%つかって残量70%になった場合、帰路で約300km走らないと満充電になりません。 これは、夏休みで北海道に行くならまだしも、週末のクルマ旅だと、帰路だけで300㎞走る機会は少ないと思うので、走行充電だけで満充電にするのは現実的ではない様です。 一方のソーラー充電ですが、テストしたのが12月。 太陽の高度も低く、ピーカンではありませんでしたが、12時(正午)で、8. 78A発電されていました。 やはりこれで満充電というよりは、いつも動かしている冷蔵庫やPC、コントローラーの暗電流などの少ない消費電力や、バッテリーの自然減衰を補う為に使うのが宜しいかと思います。 ソーラーの長~く、だらだらのいんだら充電は、バッテリーにも優しいと言います。 さすがのリチウム搭載でも、しばらく乗らなければ、それなりに減っていくので、それを維持してくれるという意味では、便利な補完システムと言えます。 コントローラーに表示された電流は8. 78A 外部電源充電テスト パワフルな充電器。 最大80Aで充電してくれます さあ、真打登場です。 大容量を誇るリチウム電池ですが、それゆえに満充電にする事が重要になってきます。 鉛電池でも3つ4つ搭載しても、容量が大きくなった分、満充電にするのが大変でしたが、リチウムは比較的早く充電できるのもメリットとなっています。 実際に試してみました。 まずは68%まで減らしてから外部電源をつなぐと、直ぐに充電器が作動して、約80Aでバルク充電を開始しました。 なんと、10%回復するのに約30分しかかかりません。 凄い勢いで充電していて、一向に吸収充電にならないので、100%になっても充電が止まらなかったらどうしよう、その時は、外部電源を引っこ抜こうかと・・と心配してしまいました。 でもギリギリの99%で、設定充電電圧の14. この後、フロート充電になり、中々、賢い充電器だと感心しました。 結局、68%から100%まで、約一時間半で終了。 このペースですと、残量10%くらいまで使っても、約5時間で満充電になる事になります。 つまり、外部電源のあるところでは一晩泊まれば満充電となります。 実際の使用状況を考えると、例えば、電源のない所で車中泊しても、次の車中泊場所に外部電源があれば、そこまでの移動は走行充電、移動後は外部電源からの充電で、見事にキャッチアップできる事になります。 これは、外部電源のない車中泊地と、電源のあるパークを上手く織り交ぜれば、トンでもなく快適なクルマ旅が出来そうです。 約80Aでバルク充電。 これで約5時間で満充電 総論とこれから 結論から申しますと、今回の ミスティックエコパワーリチウムシステムは、期待通りと言えます。 社長の話だと、鉛電池の実質3倍程度使用可能との事。 これは心強いですね。 勿論、安くなったと言っても、鉛電池に比べれば、まだまだ高いですし、普及していけば、周辺機器も含め、今後も更に新しいものが色々と出てくる可能性もありますが、以前に比べてビックリおったまげ!の高根の花ではなくなってきたので、そろそろリチウム電池にしないという選択肢はないやろ?という気分です。 また、テストを進めている内に、自分自身も微妙に変化してきました。 それは電化への道です。 いままでビクビクして使っていた電気機器が、安心して使えるようになったと思うと、より大型のTVや高性能のBSチューナーや、普段では当たり前の様に使っていた家庭用機器をキャンピングカーでも使いたくなってきました。 実際に、リチウムにした知人が、小さい冷蔵庫から大きな家庭用冷蔵庫に乗せ換えて、常に駆動させています。 私も、家電店に行くと、キャンピングカーとは関係ないと思っていた家電機器コーナーを覗いて、今、人気?の電気圧力釜とかを撫でながら・・「これはキャンピングカーでも使えるかも~」とほくそ笑んでしまっています。 たかが電池、されど電池。 高性能のリチウム電池に換えたというだけでなく、キャンピングカーライフ、クルマ旅ライフまでも変えてしまう予感がします。

次の

【キャンピングカー】サブバッテリーの充電方法3パターンを解説!

キャンピングカー バッテリー 充電

バッテリー容量とその使い方 バッテリーの容量には、80Aとか105Aとかありますが、実際どういう意味なんでしょう。 例えば80Ah 5HR と表示されているバッテリーは、5時間率で80アンペアアワーと読みます。 5時間率とは、満充電のバッテリーを放電させて、5時間後にバッテリー電圧が10.5Vに降下した時までの総放電電流をバッテリー容量とする表し方です。 80Aのバッテリーは、単純計算で16Aで5時間放電できる能力があるバッテリーという事になりますが、40Aなら2時間放電できるという事にはなりません。 放電電流の値が大きくなれば、使える時間は短くなる傾向にあります。 電子レンジ装備のお車も多いと思いますが、電子レンジの消費電力が約900W、インバーターを使って作動させると約75Aの消費電力となります。 100Aクラスのバッテリーであれば、1時間は使えそうに思いますが、上で触れたように電流値が大きくなるほど、使える時間はどんどん短くなります。 使用は5分〜10分以内に抑え、使用中・使用後は走行充電・外部充電で少しでも充電させた方がバッテリーの負担を抑えられます。 またバッテリーは80Aあるからといって全て使えるわけではありません。 バッテリーは表示された容量の7〜8割位が実際に使える容量と考えた方が良いでしょう。 容量を増やしたいといっても、ただバッテリーの数を増やすわけにもいきません。 基本的にはサブバッテリーは2台仕様までが一般的で、3台以上の接続は充電等の管理が難しいのであまりお勧めしません。 この限られた中でいかに効率良く使うか。 エンジンや発電機をかけて充電、ソーラーでまかなうなど方法はありますが、常に節電を心がけた使い方が大切です。 カトーモーターではバッテリー2系統、ソーラー2系統、外部充電、走行充電を一台でマルチニコントロールするCPU搭載のインテリジェントタイプのサブバッテリーコントローラーを開発し、販売しております。 バッテリーの寿命はどれ位? よくお問い合わせを頂く中で多いのがこの質問です。 バッテリーの寿命は平均して3年前後といわれています。 ただ、これは使ったらすぐ充電、また過放電や過充電に気を付けてしっかり管理された環境での目安です。 弊社でおつくりする車両にはサブバッテリー保護のためのコントローラーが装着してあります。 これにはバッテリー電圧が10.5V以下になると自動的に電気の出力をカットする機能が付いています。 バッテリーの使用限界としてこの10.5Vが結構大事な数字になってきます。 10.5Vまで電圧が下がると、照明であれば暗く感じたり、もっと消費電力の多い冷蔵庫などは動作しなくなったりしてきます。 10.5Vよりもさらに放電させると過放電になり、充電をしても元の状態にはなかなか戻りにくくなってしまうのです。 これはサブバッテリーを使う上での目安として覚えて頂ければ幸いですが、無負荷状態で 電気を何も使ってなく、充電もされていない状態です 12.6〜12.8Vは満充電、 11.5〜12.5Vまでが安心して電気を取り出せる状態、 10.5〜11.5Vまでは使用は可能ですが、できれば使用を控えて充電をした方が良い状態、 10.5V以下は即使用をやめ充電が必要な状態になります。 バッテリーの電圧を常に気にして過放電させず減ったらすぐ充電、実際やるとなると面倒かもしれませんがこの事を徹底すればバッテリーの性能を長く維持して使う事ができるでしょう。 繰り返しになりますが、安心して使えるのは11.5Vまで!そこまで減ったらできるだけ早く充電を! 3. バッテリー保護のために バッテリーにダメージを与えてしまう代表的な原因として上でお話した過放電や過充電があります。 過放電は10.5Vよりもさらに放電してしまった状態で、いくら繰り返しの充放電に強いとされるディープサイクルタイプの バッテリーでも過放電させてしまうと著しく能力が落ちてしまいます。 過放電が重なってバッテリーに深刻なダメージを 与えてしまうと、いくら時間をかけて充電しても使い出すとすぐ空になってしまう状態になってしまいます。 こうなってしまうと元の状態に戻る事はほとんど無く、寿命=交換となってしまいます。 次に過充電ですが、充分に充電された満充電状態の時にさらに充電を重ねるとバッテリー内部で充電時における化学反応が進み、水素ガスの大量発生やそれによるバッテリーケースの膨張など、これも寿命を一気に縮める原因となってしまいます。 弊社製車両の充電器は過充電防止装置が内蔵されておりますのでこの心配はありません。 25A 蛍光灯 8W 2 1. 34A ハロゲン灯照明 10W 1 0. 8A LED照明 3. 6W・2. 4W 各1 0. 5A FFヒーター 平均19W 1 1. 6A 冷蔵庫 平均18W 1 1. 5A 液晶TV・地デジチューナー 計約60W 各1 5A 以上の電装品を、バッテリーがフル充電の状態から午後18:00から23:00まで、 23:00以降翌朝8:00まではFFヒーターのみ稼動させた場合の例をとります。 18:00〜23:00(5時間) 照明:合計3. 89A 3. 45Ah 冷蔵庫:1. 4Ah 合計:19. 45+7. 5+25+22. 4=74. 35Ah これだけの電気製品を使うと、1泊あたり約74Aの電気を消費する計算になります。 バッテリーの実質取り出せる容量が7〜8割という事を考えると、105Aのバッテリー1台で1泊が限界、 2台装備でも2泊が限界といった所になります。 これは途中充電などが全くされていない前提ですので、 途中でエンジンをかけたり、走行したりという状態がはさまれば使用時間は延びる事にはなります。 冷蔵庫は出かける前に外部充電をしているうちから冷やしておく、電子レンジなど大きな電気を必要とするものはエンジンをかけながら使う、天気の良い日は充電できるようにソーラーなどを追加するなどなどキャンピングカーもこの限られた電気を外部充電・走行充電上手く利用して節約しながら使っていくかが重要になってきます。 キャンピングカーについて.

次の

「車載型インバーター」と「サブバッテリー」。これさえあれば災害時の電源も確保できる

キャンピングカー バッテリー 充電

adobe. com 車におけるサブバッテリーとは、エンジンや車載の電装品を動かすため以外に使用する電源を指します。 この場合、車にもともと搭載されているバッテリーを「メインバッテリー」と呼ぶため、その他の用途のバッテリーという意味で「サブバッテリー」という言葉が使われています。 キャンプや車中泊をするにあたり、車に搭載されているメインバッテリーに電化製品を繋いでしまうと、エンジンが掛けられなくなってしまう可能性があります。 そのため、電化製品を使うためのサブバッテリーを用意する必要があるのです。 サブバッテリーがあれば、エンジンを停止していても電気製品を使用することができます。 メインバッテリーは、エンジンを始動する役割を担っているため「スターターバッテリー」と呼ばれています。 スターターバッテリーはエンジン始動時、瞬間的に大きな電力を供給します。 対してサブバッテリーによく使われるのは「ディープサイクルバッテリー」というタイプです。 ディープサイクルバッテリーは、少量の電力を長時間供給し続ける能力に優れていて、空になるまで放電できることから、電化製品の電源に向いています。 車におけるサブバッテリーとは、エンジンや車載の電装品を動かすため以外に使用する電源を指します。 この場合、車にもともと搭載されているバッテリーを「メインバッテリー」と呼ぶため、その他の用途のバッテリーという意味で「サブバッテリー」という言葉が使われています。 バッテリーの種類とサブバッテリーの選び方 人気なのは万能のリチウムイオンバッテリー 鉛ディープサイクルバッテリーは安価で入手することができますが、大きくて重いうえにサイズに対して蓄電量が少ないという特徴があります。 また、水素ガスが発生するものもあるので注意が必要です。 近年、リチウムイオンバッテリーの進化や普及が進み、重量が大きく充放電回数の少ない鉛ディープサイクルバッテリーは減少傾向にあります。 価格を抑えたいなら鉛ディープサイクルバッテリー リチウムイオンバッテリーは、軽量かつ小型化に成功しながら蓄電量が多く、寿命が長いのが特徴です。 ノートパソコンやのバッテリーなどに採用され、広く普及しています。 瞬間的に大きな電力を供給することと、小さな電力を長時間供給することの両方で優れた性能を発揮し、まさに万能バッテリーと言ってもよいでしょう。 非常時にも使えるポータブルバッテリー ポータブルバッテリーはリチウム電池を利用して作られているので、コンパクトで大容量の充電が可能で、非常時にも使用できることが特徴です。 ポータブルバッテリーは、付属の充電器を家庭用のコンセントに差し込むだけで充電できるので、誰でも手軽に使えます。 安全装置付が付いているタイプもあり、災害時などでも安心して使用できます。 サブバッテリーの充電方法|走行充電はできる? 使用にはサブバッテリーチャージャーが必須 サブバッテリーを使用する際は、サブバッテリーチャージャーを利用して車のメインバッテリーを保護する必要があります。 サブバッテリーチャージャーには、走行充電・ソーラーパネルで充電・外部充電の3つの方法があります。 外部充電がもっともおすすめの方法です。 バッテリー充電器を利用して家庭用のコンセントに繋ぎ、サブバッテリーにチャージします。 手軽にできて効率が良く、充電器だけでチャージできるので人気があります。 サブバッテリーの充電方法 走行充電 走行充電とは、文字通り走行中に充電を可能にするシステムのことです。 制御方式にはリレー式、アイソレーター式、手動式、自動制御式の4種類があり、メーカーや車種によって制御方式は異なっています。 ただし、走行充電ではサブバッテリーを満充電状態にすることができませんので注意が必要です。 ソーラーパネルで充電 キャンピングカーの上部にソーラーパネルを取り付けて、太陽光を電気に変えて充電する方法です。 ソーラーパネルで発電された電気はそのまま使用することができないため、インバーターで変換しなければいけません。 この方法には、発電効率のよいソーラーパネルと充電コントローラーが必要です。 外部充電 バッテリー充電器を使用して、家庭用コンセントに接続して充電する方法です。 出発前に家で充電しておき、外出後は電源のあるところで充電するという方法が安心です。 サブバッテリー愛用者の口コミでは、外部充電がもっとも効率がよく安定した方法だと言われています。 サブバッテリーはDIYで自作できる? サブバッテリーは廃バッテリーを再利用すれば自作も可能です。 サブバッテリー・サブバッテリーチャージャー・インバーター代を節約したいときなどに、廃バッテリーにシガーソケットから充電することでサブバッテリーをDIYできます。 市販品のように満充電にはなりませんが、廃バッテリーをお持ちならリユースしてみてはいかがでしょうか。

次の