豚肉 の 生姜 焼き。 【殿堂】生姜焼きレシピ!人気1位は?つくれぽ1000超えの絶品だけ集めました♪

「タモリ流生姜焼き」がウマすぎる♪時短&ヘルシーレシピ【作ってみた】

豚肉 の 生姜 焼き

みそがだまになって味にムラが出ないよう、調味料はよく混ぜ合わせます。 豚肉を入れてもみ込んだら、まんべんなく味がいきわたるよう、平たくして漬け込みます。 ポリ袋から漬け汁がもれる可能性もあるので、バットや保存容器に入れて保存することをオススメします。 メモ3:食べごろについて• 漬けたその日に焼く場合でも、20分以上は漬け込んだほうがよいです。 冷蔵保存4日と書いていますが、漬けて2、3日めが味の漬かり具合もちょうどよく、一番おいしい食べごろです。 メモ4:冷凍保存• 小分けにするか、まるごと冷凍保存用のポリ袋に入れ、平たくして空気を抜いて凍らせます。 焼くときは、冷蔵庫に移して半日から1日かけて解凍するとよいです。 凍ったまま焼いてもよいですが、肉質が少し固めに仕上がります。 レシピ動画.

次の

生姜焼きの糖質はどのくらい?低い高い?カロリーは?

豚肉 の 生姜 焼き

美味しい生姜焼きのアレンジで代表的なのがタマネギを加えたレシピです。 これが定番という家庭も多いのではないでしょうか。 テレビでタモリさんが紹介して話題にもなりました。 ここではタモリさんの生姜焼きアレンジレシピをご紹介します。 タマネギを加えた生姜焼きの材料• 豚肉(こま切れ・ロース)・・・ 200g• タマネギ・・・適量• 天ぷら粉(小麦粉)・・・適量• 豚肉に天ぷら粉(小麦粉)をまぶしておきます。 タマネギをお好みの厚さにカットします。 油はひきません。 タマネギは焦げる寸前くらいが美味しく仕上がります。 口の中が生姜焼きで油っぽくなったらポテトサラダをいただくとスッキリとした箸休めになります。 下の記事ではポテトサラダのリメイクをご紹介していますので余った時の参考にしてみてください。 じゃがいも・・・中2個• ハム・・・2枚• マヨネーズ・・・大さじ5• 塩・・・少々• こしょう・・・少々 ポテトサラダの作り方• じゃがいもをゆでてマッシュポテトにしておきます。 たまねぎ・にんじん・きゅうり・ハムをカットしておきます。 マヨネーズ・塩・こしょうで味を調えたら出来上がりです。 きんぴらごぼうは生姜焼きの献立の付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのおかずです。 常備菜として常に冷蔵庫にストックしているという人も多いのではないでしょうか。 ささっと作れて歯ごたえも楽しめるのでいいですね。 ごぼう・・・200g• にんじん・・・50g• 赤唐辛子・・・1本• ごま油・・・大さじ1• 白ごま・・・適量• ごぼうとにんじんを細切りにしごぼうは水につけてあくを抜きます。 水分がなくなったら盛り付けて白ごまをふったら出来上がりです。 お好みの野菜を生姜焼きを作ったあとのフライパンで炒めれば簡単で美味しい生姜焼きの味を生かした野菜炒めが出来上がります。 豚肉(もも薄切り肉・ロース肉・バラ肉のいずれか)・・・150g• 塩・・・少々• こしょう・・・少々• ピーマン・・・2個• しめじ・・・1パック• 鶏がらスープ・・・小さじ2• オイスターソース・・・大さじ1• サラダ油・・・大さじ2 野菜炒めの作り方• 豚肉3~4㎝幅にカットし塩・こしょうで下味をつける。 キャベツはひと口大・にんじんとピーマンは短冊切り・しめじは小房に分ける。 火が通ったら丸鶏がらスープとオイスターソースの順に加え炒めます。 生姜焼きがしょう油ベースの味付けなので味噌味のナス味噌炒めは口の中の気分転換になってとてもよい副菜です。 生姜焼きとはまた違うナスやピーマンの歯ごたえもまた楽しい一品です。 なす・・・3本• ピーマン・・・2個• 豚肉(豚バラ・切り落としなど)・・・150g• サラダ油・・・適量• ごま油・・・少々 なす味噌炒めの作り方• 一口大に切った豚肉・なす・ピーマンの順番で炒めます。 ごま油を回し入れてできあがりです。 さっぱりとしているので油の多い生姜焼きによく合います。 生姜焼きで口の中が油っこくなった時に酢の物を食べると口の中が落ち着いてまた生姜焼きを美味しくいただけます。 酢の物の作り方• たこ 刺身用 ・・・100g• きゅうり・・・1本• うすくちしょう油・・・小さじ1• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• 塩・・・少々 酢の物の作り方• きゅうりを小口切りにして塩をまぶししんなりしたら水気をしぼります。 たこをそぎ切りにします。 すべてを合わせて2~3分なじませたら出来上がりです。 ふわふわの卵が優しい口当たりで生姜焼きとのバランスがとてもよい汁ものです。 卵を溶いたときに片栗粉を少々加えておくとふわふわの柔らかいかきたまになりますよ。 卵・・・2個• 青ねぎ・・・適宜• だし汁・・・700ml• 塩・・・小さじ1• 片栗粉・・・小さじ2• 水・・・小さじ2 かきたま汁の作り方• 卵は溶きほぐし青ねぎは小口切りにしておきます。 だし汁を煮立て淡口しょう油と塩を加えたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。 再び煮立ったら溶き卵を回し入れふんわりと固まりかけたら火を止めます。 器に入れてお好みで青ねぎを散らしたら出来上がりです。 焼肉屋さんなどで定番のわかめスープは生姜焼きにもよく合います。 手軽に作ることができるのでおすすめです。 わかめ 塩蔵 ・・・20g• ねぎ・・・6㎝• ごま油・・・小さじ2• しょう油・・・小さじ1• こしょう・・・少々• いりごま 白 ・・・適量 わかめスープの作り方• わかめは塩抜きをしてざく切りにねぎは細切りにします。 鍋にごま油を熱したらわかめとねぎを軽く炒めて鶏ガラスープを注ぎます。 ひと煮立ちしたらしょう油を加えこしょうで味を調えます。 器によそったらごまをふって出来上がりです。 千切りにした大根にドレッシングを合わせればあっという間に出来上がるのでおすすめです。 ニンジンなど他の野菜をミックスするのもいいですね。 大根にはダイエット効果もあるので下の記事を参考にして日頃から摂るようにするといいですね。 大根・・・400g• かいわれ菜・・・1パック• 油あげ・・・1枚• かつお削り節・・・2パック• 醤油・・・大さじ2. 酢・・・大さじ2• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• サラダ油・・・大さじ1• 塩・・・ひとつまみ• だし汁・・・大さじ2(あればでOK) 大根サラダの作り方• 野菜を下準備します。 大根は千切り・かいわれ菜は4~5㎝の長さ・油揚げはカリッと焼いて細めの短冊切りにします。 醤油・酢・みりん・砂糖・サラダ油・ごま油・塩・だし汁を合わせてドレッシングを作ります。 チョレギサラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 レタスなどの野菜を食べやすいようにカットしたらごま油や醤油・酢などで味付けをします。 鶏がらスープを味付けに加えるとワンランクアップのおいしさになります。 鶏がらスープがないという時は下の記事を参考にしてみて下さい。 ごま油・・・大さじ1• 醤油・・・小さじ2• 酢・・・小さじ2• 砂糖・・・小さじ1• 白炒りごま・・・大さじ1• お好みの野菜・・・適量 チョレギサラダの作り方• ボールに野菜以外の材料をすべて入れて混ぜておきます。 中華サラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 さっとゆでたもやしや千切りにしたハム・きゅうりを中華ドレッシングで合わせれば簡単で美味しい中華サラダの出来上がりです。 もやしは足がはやいので下の記事を参考に正しく保存しましょう。 もやし・・・1袋• きゅうり・・・1本• ハム・・・4枚• もやしをさっとゆでて水で洗い流し冷まします。 きゅうりとハムを千切りにします。 アサリの酒蒸しは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめの魚介メニューです。 アサリの砂抜きに多少時間がかかるので前もって下準備の時間を取る必要がありますが砂抜きがすでに済んでいるアサリを使えばその手間が省けます。 あさり(殻つき)・・・600g• 赤唐辛子・・・1本• 酒・・・大さじ2• 塩・・・少々• 小ねぎ(小口切り)・・・少々 アサリの酒蒸しの作り方• アサリの砂出しをします。 海水程度塩水にアサリを入れて冷暗所でしばらく置いておきます。 さっぱりとしているので箸休め代わりに付け合わせておくといいですね。 ホタテをマリネ液につけておくだけでできるので簡単にできますよ。 ホタテ 貝柱 ・・・5~6個• トマト・・・1個• 砂糖・・・小さじ1• サヤインゲン・・・2~4本• 塩・・・適量• ホタテを厚み2~3等分に削ぎ切りにして塩水で洗い水気をきります。 トマトを粗いみじん切りにしたら塩少々を振って5~6分置きさらに砂糖も加えて置いておきます。 茹でたサヤインゲンを縦半分にカットします。 メインの生姜焼きがお肉なので付け合わせはベーコンなど生姜焼きを邪魔しないものがいいですね。 生姜焼きを作ったフライパンで作ると旨味を吸収してより美味しくなりますよ。 ほうれん草・・・1束• ベーコン…1枚• バター・・・小さじ1• 塩・胡椒・・・適量• しょう油・・・ひとまわし ほうれん草とベーコンのソテーの作り方• ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさにカットします。 熱したフライパンにバターを溶かしほうれん草の茎の部分を炒めます。 塩・胡椒・しょう油で味を調えたら出来上がりです。 ほうれん草とベーコンのソテーよりもガッツリとお肉を使っているので付け合わせというよりも生姜焼きとダブルでメインメニューにしてもいいですね。 オイスターソースがない時には下の記事を参考にして下さい。 ピーマン・・・6個• 合いびき肉・・・300g• 小麦粉・・・大さじ1• 塩・胡椒・・・各少々• みじん切りにして500wで3分加熱したタマネギとパン粉・卵・牛乳を混ぜておきます。 半分にカットし種を取り除いたピーマンに小麦粉をまぶしておきます。 肉の面を下にして焼き目を付けます。

次の

【豚の生姜焼き】栗原はるみ流簡単レシピ!NHKで放送

豚肉 の 生姜 焼き

美味しい生姜焼きのアレンジで代表的なのがタマネギを加えたレシピです。 これが定番という家庭も多いのではないでしょうか。 テレビでタモリさんが紹介して話題にもなりました。 ここではタモリさんの生姜焼きアレンジレシピをご紹介します。 タマネギを加えた生姜焼きの材料• 豚肉(こま切れ・ロース)・・・ 200g• タマネギ・・・適量• 天ぷら粉(小麦粉)・・・適量• 豚肉に天ぷら粉(小麦粉)をまぶしておきます。 タマネギをお好みの厚さにカットします。 油はひきません。 タマネギは焦げる寸前くらいが美味しく仕上がります。 口の中が生姜焼きで油っぽくなったらポテトサラダをいただくとスッキリとした箸休めになります。 下の記事ではポテトサラダのリメイクをご紹介していますので余った時の参考にしてみてください。 じゃがいも・・・中2個• ハム・・・2枚• マヨネーズ・・・大さじ5• 塩・・・少々• こしょう・・・少々 ポテトサラダの作り方• じゃがいもをゆでてマッシュポテトにしておきます。 たまねぎ・にんじん・きゅうり・ハムをカットしておきます。 マヨネーズ・塩・こしょうで味を調えたら出来上がりです。 きんぴらごぼうは生姜焼きの献立の付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのおかずです。 常備菜として常に冷蔵庫にストックしているという人も多いのではないでしょうか。 ささっと作れて歯ごたえも楽しめるのでいいですね。 ごぼう・・・200g• にんじん・・・50g• 赤唐辛子・・・1本• ごま油・・・大さじ1• 白ごま・・・適量• ごぼうとにんじんを細切りにしごぼうは水につけてあくを抜きます。 水分がなくなったら盛り付けて白ごまをふったら出来上がりです。 お好みの野菜を生姜焼きを作ったあとのフライパンで炒めれば簡単で美味しい生姜焼きの味を生かした野菜炒めが出来上がります。 豚肉(もも薄切り肉・ロース肉・バラ肉のいずれか)・・・150g• 塩・・・少々• こしょう・・・少々• ピーマン・・・2個• しめじ・・・1パック• 鶏がらスープ・・・小さじ2• オイスターソース・・・大さじ1• サラダ油・・・大さじ2 野菜炒めの作り方• 豚肉3~4㎝幅にカットし塩・こしょうで下味をつける。 キャベツはひと口大・にんじんとピーマンは短冊切り・しめじは小房に分ける。 火が通ったら丸鶏がらスープとオイスターソースの順に加え炒めます。 生姜焼きがしょう油ベースの味付けなので味噌味のナス味噌炒めは口の中の気分転換になってとてもよい副菜です。 生姜焼きとはまた違うナスやピーマンの歯ごたえもまた楽しい一品です。 なす・・・3本• ピーマン・・・2個• 豚肉(豚バラ・切り落としなど)・・・150g• サラダ油・・・適量• ごま油・・・少々 なす味噌炒めの作り方• 一口大に切った豚肉・なす・ピーマンの順番で炒めます。 ごま油を回し入れてできあがりです。 さっぱりとしているので油の多い生姜焼きによく合います。 生姜焼きで口の中が油っこくなった時に酢の物を食べると口の中が落ち着いてまた生姜焼きを美味しくいただけます。 酢の物の作り方• たこ 刺身用 ・・・100g• きゅうり・・・1本• うすくちしょう油・・・小さじ1• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• 塩・・・少々 酢の物の作り方• きゅうりを小口切りにして塩をまぶししんなりしたら水気をしぼります。 たこをそぎ切りにします。 すべてを合わせて2~3分なじませたら出来上がりです。 ふわふわの卵が優しい口当たりで生姜焼きとのバランスがとてもよい汁ものです。 卵を溶いたときに片栗粉を少々加えておくとふわふわの柔らかいかきたまになりますよ。 卵・・・2個• 青ねぎ・・・適宜• だし汁・・・700ml• 塩・・・小さじ1• 片栗粉・・・小さじ2• 水・・・小さじ2 かきたま汁の作り方• 卵は溶きほぐし青ねぎは小口切りにしておきます。 だし汁を煮立て淡口しょう油と塩を加えたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。 再び煮立ったら溶き卵を回し入れふんわりと固まりかけたら火を止めます。 器に入れてお好みで青ねぎを散らしたら出来上がりです。 焼肉屋さんなどで定番のわかめスープは生姜焼きにもよく合います。 手軽に作ることができるのでおすすめです。 わかめ 塩蔵 ・・・20g• ねぎ・・・6㎝• ごま油・・・小さじ2• しょう油・・・小さじ1• こしょう・・・少々• いりごま 白 ・・・適量 わかめスープの作り方• わかめは塩抜きをしてざく切りにねぎは細切りにします。 鍋にごま油を熱したらわかめとねぎを軽く炒めて鶏ガラスープを注ぎます。 ひと煮立ちしたらしょう油を加えこしょうで味を調えます。 器によそったらごまをふって出来上がりです。 千切りにした大根にドレッシングを合わせればあっという間に出来上がるのでおすすめです。 ニンジンなど他の野菜をミックスするのもいいですね。 大根にはダイエット効果もあるので下の記事を参考にして日頃から摂るようにするといいですね。 大根・・・400g• かいわれ菜・・・1パック• 油あげ・・・1枚• かつお削り節・・・2パック• 醤油・・・大さじ2. 酢・・・大さじ2• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• サラダ油・・・大さじ1• 塩・・・ひとつまみ• だし汁・・・大さじ2(あればでOK) 大根サラダの作り方• 野菜を下準備します。 大根は千切り・かいわれ菜は4~5㎝の長さ・油揚げはカリッと焼いて細めの短冊切りにします。 醤油・酢・みりん・砂糖・サラダ油・ごま油・塩・だし汁を合わせてドレッシングを作ります。 チョレギサラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 レタスなどの野菜を食べやすいようにカットしたらごま油や醤油・酢などで味付けをします。 鶏がらスープを味付けに加えるとワンランクアップのおいしさになります。 鶏がらスープがないという時は下の記事を参考にしてみて下さい。 ごま油・・・大さじ1• 醤油・・・小さじ2• 酢・・・小さじ2• 砂糖・・・小さじ1• 白炒りごま・・・大さじ1• お好みの野菜・・・適量 チョレギサラダの作り方• ボールに野菜以外の材料をすべて入れて混ぜておきます。 中華サラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 さっとゆでたもやしや千切りにしたハム・きゅうりを中華ドレッシングで合わせれば簡単で美味しい中華サラダの出来上がりです。 もやしは足がはやいので下の記事を参考に正しく保存しましょう。 もやし・・・1袋• きゅうり・・・1本• ハム・・・4枚• もやしをさっとゆでて水で洗い流し冷まします。 きゅうりとハムを千切りにします。 アサリの酒蒸しは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめの魚介メニューです。 アサリの砂抜きに多少時間がかかるので前もって下準備の時間を取る必要がありますが砂抜きがすでに済んでいるアサリを使えばその手間が省けます。 あさり(殻つき)・・・600g• 赤唐辛子・・・1本• 酒・・・大さじ2• 塩・・・少々• 小ねぎ(小口切り)・・・少々 アサリの酒蒸しの作り方• アサリの砂出しをします。 海水程度塩水にアサリを入れて冷暗所でしばらく置いておきます。 さっぱりとしているので箸休め代わりに付け合わせておくといいですね。 ホタテをマリネ液につけておくだけでできるので簡単にできますよ。 ホタテ 貝柱 ・・・5~6個• トマト・・・1個• 砂糖・・・小さじ1• サヤインゲン・・・2~4本• 塩・・・適量• ホタテを厚み2~3等分に削ぎ切りにして塩水で洗い水気をきります。 トマトを粗いみじん切りにしたら塩少々を振って5~6分置きさらに砂糖も加えて置いておきます。 茹でたサヤインゲンを縦半分にカットします。 メインの生姜焼きがお肉なので付け合わせはベーコンなど生姜焼きを邪魔しないものがいいですね。 生姜焼きを作ったフライパンで作ると旨味を吸収してより美味しくなりますよ。 ほうれん草・・・1束• ベーコン…1枚• バター・・・小さじ1• 塩・胡椒・・・適量• しょう油・・・ひとまわし ほうれん草とベーコンのソテーの作り方• ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさにカットします。 熱したフライパンにバターを溶かしほうれん草の茎の部分を炒めます。 塩・胡椒・しょう油で味を調えたら出来上がりです。 ほうれん草とベーコンのソテーよりもガッツリとお肉を使っているので付け合わせというよりも生姜焼きとダブルでメインメニューにしてもいいですね。 オイスターソースがない時には下の記事を参考にして下さい。 ピーマン・・・6個• 合いびき肉・・・300g• 小麦粉・・・大さじ1• 塩・胡椒・・・各少々• みじん切りにして500wで3分加熱したタマネギとパン粉・卵・牛乳を混ぜておきます。 半分にカットし種を取り除いたピーマンに小麦粉をまぶしておきます。 肉の面を下にして焼き目を付けます。

次の